"PR(広報)用ロボットの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9460)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"PR(広報)用ロボットの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Public Relation Robots Market
Robotics, which was a traditional part of the industry sector, is making its mark in the service sector, such as in hotels, hospitals, warehouses, restaurants, and departmental stores. Recent developments in AI technologies, assistive technologies, and machine learning algorithms have helped vendors to design public relation robots. Public relation robots are used as a replacement for handling customers in sectors, such as hotel and restaurant, mobile guidance, information areas, and marketing.

Technavio’s analysts forecast the global public relation robots market to grow at a CAGR of 26% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global public relation robots market for 2016-2020. To calculate market size, we have considered the revenue generated from sales and aftermarket services of public relation robots (service robots). It includes the revenue generated by the robots deployed to hotels, restaurant chains, and departmental store.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Public Relation Robots Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Rethink Robotics
• Robosoft
• Savioke
• Anybot
• Hajime Research Institute

[Other prominent vendors]
• Alphabet
• Honda Robotics
• Toyota
• Boston Dynamics
• Softbank
• Ams
• Aldebaran
• Avatarmind
• Dyson
• Kawada Robotics
• Samsung
• WowWee Holdings
• Mekka Robotics

[Market driver]
• Need to improve productivity
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• End-users’ reluctance to adapt to changes in technology
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Growing adoption of humanoids in hotels
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"PR(広報)用ロボットの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings
• Other prominent vendors

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Value chain analysis
• Overview
• Key stakeholder responsibilities

PART 07: End-user segmentation
• End-user segmentation of global public relation robots market
• Public relation robots market in hotels
• Public relation robots market in hospitals
• Public relation robots market in restaurants

PART 08: Geographical segmentation
• Geographical segmentation of global public relation robots market
• APAC
• Americas
• EMEA

PART 09: Market drivers

PART 10: Impact of drivers

PART 11: Market challenges

PART 12: Impact of drivers and challenges

PART 13: Market trends

PART 14: Vendor landscape
• Competitive landscape
• Competition business overview
• Rethink Robotics
• Robosoft
• Savioke
• Anybot
• Hajime Research Institute

PART 15: Key takeaways

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: List of other prominent vendors
Exhibit 03: Some of top humanoid robots
Exhibit 04: Global public relation robots market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 05: Five forces analysis
Exhibit 06: Public relation robots: Value chain analysis
Exhibit 07: End-user segmentation of global public relation robots market 2015
Exhibit 08: End-user segmentation of global public relation robots market 2015-2020
Exhibit 09: Global public relation robots market in hotels 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 10: Global public relation robots market in hospitals 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 11: Global public relation robots market in restaurants 2015-2020 ($millions)
Exhibit 12: Geographical segmentation of global public relation robots market 2015
Exhibit 13: Geographical segmentation of global public relation robots market 2020
Exhibit 14: Geographical segmentation of global public relation robots market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: Public relation robots market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 16: Public relation robots market in the Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 17: Public relation robots market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 18: Impact of drivers
Exhibit 19: Impact of drivers and challenges
Exhibit 20: Product offerings
Exhibit 21: Indoor mobile robots
Exhibit 22: Outdoor mobile robots
Exhibit 23: People movers
Exhibit 24: Manipulators
Exhibit 25: Remote controls
Exhibit 26: Product offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】PR(広報)用ロボットの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月20日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9460
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】PR(広報)、PRロボット、ホテルロボット、病院ロボット、レストランロボット、マーケティング
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
PR(広報)用ロボットの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 高毒性ガス検知器の世界市場
    当調査レポートでは、高毒性ガス検知器の世界市場について調査・分析し、高毒性ガス検知器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 高毒性ガス検知器の世界市場:市場動向分析 - 高毒性ガス検知器の世界市場:競争要因分析 - 高毒性ガス検知器の世界市場:技術別 ・触媒 ・電気化学 ・赤外線吸収 ・ナノテクノロジー金属酸化膜半導体(NTMOS) - 高毒性ガス検知器の世界市場:用途別 ・化学工場 ・個人モニタリング ・精製所/石油化学製品 ・半導体工場 ・公益事業 ・廃水処理 - 高毒性ガス検知器の世界市場:主要地域別分析 - 高毒性ガス検知器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 高毒性ガス検知器のヨーロッパ市場規模 - 高毒性ガス検知器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高毒性ガス検知器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 分散型制御システム(DCS)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、分散型制御システム(DCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 捜索救難(SAR)装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、捜索救難(SAR)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、装置別分析、種類別分析、地域別分析、捜索救難(SAR)装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車ストラットバー市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ストラットバー市場2016について調査・分析し、自動車ストラットバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用ハンドブレンダーの世界市場2017-2021:コード式、電池式
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商業用ハンドブレンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用ハンドブレンダーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商業用ハンドブレンダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Dynamic、Robot Coupe、Sirman、Univex、Waring等です。
  • ピクルス(漬物)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ピクルス(漬物)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピクルス(漬物)の世界市場規模及び予測、流通別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ-2Cアンタゴニストの概要 ・アルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ-2Cアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ-2Cアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ-2Cアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高級ホテルの世界市場
    本資料は、高級ホテルの世界市場について調べ、高級ホテルの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(空港ホテル、リゾート、ビジネスホテル、スウィートホテル、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPanasonic、Osaki、Inada、Human Touch、Fujiiryoki、Titan、Cozzia、OSIM、Omega、Luraco、Infinity、Ogawa、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高級ホテルの世界市場概要 ・高級ホテルの世界市場環境 ・高級ホテルの世界市場動向 ・高級ホテルの世界市場規模 ・高級ホテルの世界市場規模:種類別(空港ホテル、リゾート、ビジネスホテル、スウィートホテル、その他) ・高級ホテルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高級ホテルの北米市場規模・予測 ・高級ホテルのアメリカ市場規模・予測 ・高級ホテルのヨーロッパ市場規模・予測 ・高級ホテルのアジア市場規模・予測 ・高級ホテルの日本市場規模・予測 ・ …
  • ウェイクボード用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウェイクボード用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェイクボード用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 細胞培養の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、細胞培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(消耗品(メディア、FBS)、機器(バイオリアクター、遠心分離機、インキュベーター、顕微鏡、オートクレーブ))分析、用途別(幹細胞、ワクチン、治療用タンパク質)分析、エンドユーザー別(製薬、研究機関)分析、細胞培養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、細胞培養の世界市場規模が2019年160億ドルから2024年292億ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。
  • HIVリポジストロフィー症候群:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるHIVリポジストロフィー症候群の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、HIVリポジストロフィー症候群治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・HIVリポジストロフィー症候群の概要 ・HIVリポジストロフィー症候群の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のHIVリポジストロフィー症候群治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIVリポジストロフィー症候群治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・HIVリポジストロフィー症 …
  • ドローンソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ドローンソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成別分析、アプリケーション別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、ドローンソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血栓除去術用装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、血栓除去術用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血栓除去術用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルシグナルブースターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルシグナルブースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルシグナルブースターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロテオミクスの世界市場予測(~2024年)
    プロテオミクスの世界市場は、2019年の195億米ドルから2024年には387億米ドルに達し、この期間中14.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、個別化医療や創薬の分野における研究活動の増加、製薬・バイオテクノロジー企業による研究開発費の増加、政府の資金援助、技術の進歩などが考えられます。さらには、精密医療におけるナノプロテオミクスや個別化されたプロテオミクスに注目が集まることも、この市場の成長の後押しとなっています。当調査レポートでは、プロテオミクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機器(分光法、クロマトグラフィー、電気泳動、マイクロフルイディクス、X線結晶解析)分析、試薬・サービス・ソフトウェア(タンパク質同定、キャラクタリゼーション、バイオインフォマティクス)分析、用途分析、プロテオミクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルペットケアの世界市場:ペット美容、獣医医療
    当調査レポートでは、モバイルペットケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルペットケアの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの外傷固定処置動向(~2021)
  • ナノ磁気の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ナノ磁気の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ磁気の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 北米のバイオメトリクス(生体認証)市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米のバイオメトリクス(生体認証)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のバイオメトリクス(生体認証)市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の喉頭鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の喉頭鏡市場2015について調査・分析し、喉頭鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場規模が2017年19.1億ドルから2026年49.6億ドルまで年平均11.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬市場規模、疾患別(乳がん、大腸がん、肺癌、その他の疾患)分析、遮断薬別(モノクローナル抗体、チロシンキナーゼ阻害剤(TKI))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:市場動向分析 ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:競争要因分析 ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:疾患別(乳がん、大腸がん、肺癌、その他の疾患) ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:遮断薬別(モノクローナル抗体、チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)) ・ 上皮増殖因子受容 …
  • 防音材の世界市場
    本調査レポートでは、防音材の世界市場について調査・分析し、防音材の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 体脂肪測定の世界市場分析:、製品別(生体インピーダンスアナライザ、体脂肪皮脂厚計、空気変位脈波検査、静水圧計量、二重放射X線吸光光度計、製品ポジショニング、比較KOP)、セグメント予測、– 2020
    本調査レポートでは、体脂肪測定の世界市場について調査・分析し、体脂肪測定の世界市場動向、体脂肪測定の世界市場規模、市場予測、セグメント別体脂肪測定市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 動物飼料用酵素の世界市場分析:製品別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ)、処方別(液体、乾燥)、用途別(家禽、豚、反芻動物、ペット、魚類)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物飼料用酵素の世界市場について調査・分析し、動物飼料用酵素の世界市場動向、動物飼料用酵素の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物飼料用酵素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アンジオグラフィー装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アンジオグラフィー装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アンジオグラフィー装置市場規模、製品別(血管閉塞デバイス、付属品、ガイドワイヤー、バルーン、カテーテルチューブ、アンジオグラフィーシステム、造影剤)分析、症状別(心臓弁膜症、鬱血性心不全、冠動脈疾患(CAD)、先天性心疾患、その他)分析、技術別(X線血管造影装置、CT血管造影装置、MR血管造影装置)分析、装置別(冠動脈造影(CAG)、デジタルサブトラクション血管造影(DSA)、カテーテル血管造影、磁気共鳴血管造影(MRA)、CT血管造影(CTA)、従来式血管造影、その他)分析、処置別(冠動脈造影、ミクロ血管造影、非冠動脈造影、腎血管造影、脳血管造影、肺血管造影、四肢血管造影、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アンジオグラフィー装置の世界市場:市場動向分析 ・ アンジオグラフィー装置の世界市場:競争要因分析 ・ アンジオグラフィー装置の世界市場: …
  • 従来式創傷管理の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:包帯、ガーゼ、ガーゼスポンジ、スポンジ
  • PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、企業種類別(SME、大企業)分析、業種別(IT&テレコミュニケーション、ヘルスケア&ライフサイエンス、教育、BFSI、政府)分析、PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場規模が2019年159億万ドルから2024年1416億万ドルまで年平均54.9%成長すると予測しています。
  • 産業用ローラーチェーンドライブの世界市場
    当調査レポートでは、産業用ローラーチェーンドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ローラーチェーンドライブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の概要 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • データセンターの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、データセンターの世界市場について調べ、データセンターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、データセンターの市場規模をセグメンテーション別(コンポーネント別(ITインフラ、電力管理システム、機械構造、一般的建設、セキュリティソリューション装置)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデータセンターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・データセンターの市場状況 ・データセンターの市場規模 ・データセンターの市場予測 ・データセンターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:コンポーネント別(ITインフラ、電力管理システム、機械構造、一般的建設、セキュリティソリューション装置) ・データセンターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因 …
  • 乳酸エステルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乳酸エステルの世界市場について調査・分析し、乳酸エステルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乳酸エステルシェア、市場規模推移、市場規模予測、乳酸エステル種類別分析()、乳酸エステル用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乳酸エステルの市場概観 ・乳酸エステルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乳酸エステルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乳酸エステルの世界市場規模 ・乳酸エステルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乳酸エステルのアメリカ市場規模推移 ・乳酸エステルのカナダ市場規模推移 ・乳酸エステルのメキシコ市場規模推移 ・乳酸エステルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・乳酸エステルのドイツ市場規模推移 ・乳酸エステルのイギリス市場規模推移 ・乳酸エステルのロシア市場規模推移 ・乳酸エステルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・乳酸エステルの日本市場規模推移 ・乳 …
  • ビッグデータの世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「ビッグデータの世界市場2020-2024」は、ビッグデータについて市場概要、市場規模、展開別(オンプレミス、クラウドベース)分析、種類別(サービス、ソフトウェア)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ビッグデータの世界市場:展開別(オンプレミス、クラウドベース) ・ビッグデータの世界市場:種類別(サービス、ソフトウェア) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ブラジルのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • バドミントン用品の世界市場:バドミントン・ラケット、羽根、靴
    当調査レポートでは、バドミントン用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バドミントン用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リスク分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、リスク分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア種類別(ETL、リスク計算エンジン、スコアカード、視覚化)分析、サービス別分析、リスク種類別(戦略的リスク、運用リスク、財務リスク)分析、展開モード別分析、リスク分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、リスク分析の世界市場規模が2019年230億ドルから2024年459億ドルまで年平均14.8%成長すると予測しています。
  • マラリア(Malaria):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、マラリア(Malaria)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マラリア(Malaria):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬の状況 ・マラリア(Malaria)治療薬の市場規模(販売予測) ・マラリア(Malaria)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のマラリア(Malaria)治療薬剤
  • 食品添加物の世界市場
    当調査レポートでは、食品添加物の世界市場について調査・分析し、食品添加物の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 化学療法用機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、化学療法用機器の世界市場について調査・分析し、化学療法用機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別化学療法用機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、化学療法用機器種類別分析(LVP(大容量ポンプ)、シリンジポンプ、エラストマーポンプ)、化学療法用機器用途別分析(病院・クリニック、在宅治療)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・化学療法用機器の市場概観 ・化学療法用機器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・化学療法用機器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・化学療法用機器の世界市場規模 ・化学療法用機器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・化学療法用機器のアメリカ市場規模推移 ・化学療法用機器のカナダ市場規模推移 ・化学療法用機器のメキシコ市場規模推移 ・化学療法用機器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・化学療法用機器のドイツ市場規模推移 ・化学療法用機器のイギリス市場規模推移 ・化学療法用機器のロシア市場規模 …
  • ブラシ付DCモーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブラシ付DCモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブラシ付DCモーターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・定格別市場分類 ・エンドユーザ―別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • インドの発電市場2016
  • 手術ナビゲーションシステムの世界市場:最終用途別(通院外科診療所、病院)、技術別、用途別(脳神経外科、耳鼻咽喉科)、セグメント予測
    手術ナビゲーションシステムの世界市場は2025年には12億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、耳鼻咽喉科の疾患、脳腫瘍、変性疾患などの標的疾患の罹患率の上昇、さらに関節の退行性疾患をより起こしやすい高齢者人口の増加などが考えられます。本調査レポートでは、手術ナビゲーションシステムの世界市場について調査・分析し、手術ナビゲーションシステムの世界市場動向、手術ナビゲーションシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別手術ナビゲーションシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ニュートリゲノミクスの世界市場:用途別(肥満、心血管疾患、がん研究)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ニュートリゲノミクスの世界市場について調査・分析し、ニュートリゲノミクスの世界市場動向、ニュートリゲノミクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ニュートリゲノミクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 胎児・新生児ケア装置の世界市場
    本調査レポートでは、胎児・新生児ケア装置の世界市場について調査・分析し、胎児・新生児ケア装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のマイクロディスプレイー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロディスプレイー市場2015について調査・分析し、マイクロディスプレイーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場:除草剤、殺菌剤、殺虫剤
    当調査レポートでは、穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルパソロジーの世界市場分析:技術別(液晶ディスプレイ(LCD)、発光ダイオード(LED)、前面投影)、用途別(小売、企業、銀行、ヘルスケア、教育、輸送)、タイプ別(ビデオウォール、ビデオスクリーン、透明なLEDスクリーン、デジタルポスター、キオスク)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、デジタルパソロジーの世界市場について調査・分析し、デジタルパソロジーの世界市場動向、デジタルパソロジーの世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタルパソロジー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車産業におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車産業におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマート・エレベーターの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、スマート・エレベーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・エレベーターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"