"石油化学製品およびポリマーの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60540)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"石油化学製品およびポリマーの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Polyurethane is polymer made from monomer units of urethane (carbamate). Polyurethanes are versatile material which can converted in various forms such as thermosetting plastics, thermoplastics and synthetic rubber (elastomer). Most of polyurethanes are thermosetting plastics which do not melt when heated. Most commonly polyurethanes are made by the reaction of polyol and polyisocyanate. Commercially methylene diphenyl diisocyanate (MDI) and diisocyanate (TDI) are used for production of polyurethanes. Different types of polyurethanes are available in the market such as flexible polyurethane foam, rigid polyurethane foam, thermoplastic polyurethanes and polyurethane binders for variety of applications such as Automotive, building & construction, Footwear, furniture & bedding, Electronics and many other applications. Raw materials used for the production of polyurethanes are polyol and isocynates. These materials are petrochemicals which are derived from the crude oil. TDI and MDI are the commonly used Isocynates in the market.

There are many big players who are into the MDI, TDI and polyol market such as BASF, Bayer, Dow Chemicals, Sadara group and many more. Supply of raw material is a factor for the production of polyurethanes. In the market there is oversupply of the raw materials therefore the market is competitive. Asia Pacific is the largest supplier of raw material for the production of polyurethanes. There is no issue with supply of the raw material however the price of raw material is not stable due to fluctuation in crude oil price. These raw materials are derived from the crude oil therefore the fluctuation in oil price is a big concern here.

The two major application areas that show significant benefits in terms of energy efficiency from polyurethane are construction and transportation. In building and construction use of Polyurethane in polyurethane roof and wall insulation, wall and window insulation and pipe insulation ensures that temperatures are maintained. Use of Polyurethane in cars and trucks leads to a reduction in vehicle weight, and therefore provides greater fuel economy. Polyurethane thermal insulation in refrigerators, freezers, water heaters and other such appliances, requires less energy to power these units.

Companies profiled include
1 BASF
2 Dow Chemicals
3 Bayer
4 Saudi Basic Industries Corporation
5 Lyondell Basell Industries
6 DuPont
7 Lanxess
8 China National Petroleum Corporation
9 Braskem
10 Aryasasol
11 Indian Petrochemicals Corporation Limited
12 INEOS,
13 Formosa Plastics
14 Akzo Nobel/Imperial Chemical Industries
15 Evonik Industries
16 Asahi Kasei,
17 Toray Industries,
18 Chevron Phillips
19 PPG Industries,
20 Shin-Etsu Chemical
21 PTT Group
22 Cargill
23 Mitsubishi Chemical
24 Rogers Corporation
25 PolyOne Corporation
26 Lotte Chemical
27 Total petrochemical
28 Hitachi Chemical
29 Lanxess
30 Arkem

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"石油化学製品およびポリマーの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Executive Summary
2. Market Overview
2.1. Market Definition
2.2. Value Chain Analysis
2.3. Strategic Recommendation
3. Market Determinants
3.1. Market Drivers
3.1.1. Extensive use in automotives & furniture industry
3.1.2. Multiple utility due to varied properties
3.1.3. Increasing demand for energy efficiency
3.2. Market Restraints
3.2.1. Environmental Issues
3.2.2. Industry moving towards bio based PU
3.3. Market Opportunities
3.3.1. High cost of metals
3.3.2. Increasing demand for polyurethane foam in Asia Pacific
3.4. Market Challenges
4. Market Share Analysis
4.1. Key Company Analysis
4.2. Key Strategies
5. Market Segmentation
5.1. Market Segmentation by type
5.1.1. Flexible Foam
5.1.2. Rigid Foam
5.1.3. PU Coating
5.1.4. Adhesive & Sealants
5.1.5. Elastomers
5.1.6. Binders
5.2. Market Segmentation by application
5.2.1. Automotives
5.2.2. Building & Construction
5.2.3. Foot ware
5.2.4. Furniture & Bedding
5.2.5. Electronics
5.2.6. Others
6. Polyurethane Market by Geography
6.1. North America
6.1.1. USA
6.1.2. Canada
6.2. Asia Pacific
6.2.1. Japan
6.2.2. China
6.2.3. India
6.2.4. Thailand
6.2.5. RoAPAC
6.3. Europe
6.3.1. Germany
6.3.2. France
6.3.3. UK
6.3.4. RoE
6.4. ROW
6.4.1. Brazil
7. Company Profiling
1. BASF AG
2. Bayer AG
3. British Vita Unlimited
4. The DOW Chemical Company
5. FXI – Foamex Innovations
6. Huntsman Polyurethanes
7. Mitsui Chemicals Inc.
8. Rectiel SA
9. Woodbridge Foam Corporation
10. Lyondell Basell Industries
11. Carpenter Co
12. Chemtura Corporation
13. Eurofoam
14. Yantai Wanhua
15. Rogers Corporation
16. Mobay Chemical Company
17. Hennecke GmbH Polyurethane Technology
18. Beamech Group Limited
19. Albrecht Bäumer Company GmbH & Co. KG
20. PolyOne Corporation
21. Formosa Plastics
22. Mitsubishi Chemical,
23. Toray Industries
24. Chevron Phillips
25. PPG Industries,
26. Shin-Etsu Chemical
27. INEOS,
28. Sumitomo Chemical
29. ExxonMobil

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】石油化学製品およびポリマーの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年1月3日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60540
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】石油化学製品、ポリマー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
石油化学製品およびポリマーの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ナノクレイ補強の世界市場分析:用途別(包装、自動車部品、コーティング)、エンドユーザー別(自動車、建設、海洋、電子部品・家電、軍事・防衛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ナノクレイ補強の世界市場について調査・分析し、ナノクレイ補強の世界市場動向、ナノクレイ補強の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノクレイ補強市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用プラスチックの世界市場分析:用途別(医療機器包装、医療機器、整形外科インプラント包装、整形外科用ソフトグッズ、創傷ケア、歯科インプラント、義歯床材)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、医療用プラスチックの世界市場について調査・分析し、医療用プラスチックの世界市場動向、医療用プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ダイエット用サプリメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ダイエット用サプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイエット用サプリメントの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クリアブライン液の世界市場
    当調査レポートでは、クリアブライン液の世界市場について調査・分析し、クリアブライン液の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ナノカプセルの世界市場分析:用途別(ヘルスケア、食品・栄養補助食品、化粧品、農業生産、その他)、治療分野別(腫瘍学、疼痛管理、内分泌学、その他)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノカプセルの世界市場について調査・分析し、ナノカプセルの世界市場動向、ナノカプセルの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノカプセル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 静脈内輸液バッグの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、静脈内輸液バッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、静脈内輸液バッグ市場規模、最終用途別(病院、在宅医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・静脈内輸液バッグの世界市場概要 ・静脈内輸液バッグの世界市場環境 ・静脈内輸液バッグの世界市場動向 ・静脈内輸液バッグの世界市場規模 ・静脈内輸液バッグの世界市場:業界構造分析 ・静脈内輸液バッグの世界市場:最終用途別(病院、在宅医療、その他) ・静脈内輸液バッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・静脈内輸液バッグのアメリカ市場規模・予測 ・静脈内輸液バッグのヨーロッパ市場規模・予測 ・静脈内輸液バッグのアジア市場規模・予測 ・静脈内輸液バッグの主要国分析 ・静脈内輸液バッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・静脈内輸液バッグの世界市場:成長要因、課題 ・静脈内輸液バッグの世界市場:競争環境 ・静脈内輸液バッグの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の車載インフォテインメント市場:コンポーネント別(ディスプレイユニット、コントロールパネル、TCU、HUD)、OS別(Linux、QNX、MS、その他)、サービス別(エンターテイメント、ナビゲーション、eコール、診断)、接続性別、フォーム別、場所別、車両タイプ別、地域別
    MarketsandMarkets社は、車載インフォテインメントの世界市場規模が2019年243億ドルから2027年548億ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の車載インフォテインメント市場を広く調査・分析し、市場概要、フォーム別(組み込み、テザー、統合)分析、場所別(フロントRoW、リアRoW)分析、コンポーネント別(ディスプレイユニット/インフォテインメントユニット、コントロールパネル、テレマティクスコントロールユニット(Tcu)、ヘッドアップディスプレイ)分析、接続性別(3G、4G、5G)分析、作動システム別(Linux、Qnx、Microsoft、Os-その他)分析、サービス別(エンターテインメントサービス、ナビゲーションサービス、E-Call、車両診断、その他)分析、車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の車載インフォテインメント市場:フォーム別(組み込み、テザー、統合) …
  • 世界のコネクテッドオートバイ市場:サービス別(ドライバーアシスタンス、安全、車両管理とテレマティクス、インフォテインメント、保険)、ネットワーク別(セルラー、DSRC)、呼び出しサービス別(eCall、bCall)、エンドユーザー別、通信別、ハードウェア別、地域別
    MarketsandMarkets社は、コネクテッドオートバイの世界市場規模が2019年39百万ドルから2027年912百万ドルまで年平均48.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のコネクテッドオートバイ市場を広く調査・分析し、市場概要、呼び出しサービス別(緊急電話(eCall)、内訳電話(bCall)、情報電話(iCall))分析、サービス別(運転支援、インフォテインメント、安全性、車両管理およびテレマティクス、保険)分析、ハードウェア別(埋め込み、テザー)分析、通信種類別(V2V 、V2I )分析、ネットワーク種類別(セルラーV2X(C-V2X)、専用近距離通信(DSRC))分析、エンドユーザー別(プライベート、コマーシャル)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のコネクテッドオートバイ市場:呼び出しサービス別(緊急電話(eCall)、内訳電話(bCall)、情報電話(iCall)) ・世界のコネクテッドオートバイ市場: …
  • 対IED(即席爆発装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、対IED(即席爆発装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、対IED(即席爆発装置)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、装置別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオエタノールの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、バイオエタノールの世界市場について調査・分析し、バイオエタノールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バイオエタノールの世界市場:市場動向分析 - バイオエタノールの世界市場:競争要因分析 - バイオエタノールの世界市場:種類別 ・セルロース由来 ・でんぷん由来 ・砂糖由来 ・その他 - バイオエタノールの世界市場:調合燃料別 ・E5 ・E10 ・E15 - E70 ・E75 - E85 ・その他 - バイオエタノールの世界市場:業界別 ・アルコール飲料 ・化粧品 ・医薬品 ・発電 ・輸送 ・その他 - バイオエタノールの世界市場:主要地域別分析 - バイオエタノールの北米市場規模(アメリカ市場等) - バイオエタノールのヨーロッパ市場規模 - バイオエタノールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・バイオエタノールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場:PGD/PGS別、類型別(胎芽検査、異数性スクリーニング)、用途別
    本調査レポートでは、着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場について調査・分析し、着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場動向、着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場規模、市場予測、セグメント別着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) 市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 弾薬の世界市場
    当調査レポートでは、弾薬の世界市場について調査・分析し、弾薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用車軸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用車軸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用車軸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・市場の成長要因 ・成長要因の影響力 ・課題 ・成長要因・課題の影響力 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 血流予備比の世界市場:用途別(多血管性、単血管性)、製品別(モニタリングシステム、ガイドワイヤー)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、血流予備比の世界市場について調査・分析し、血流予備比の世界市場動向、血流予備比の世界市場規模、市場予測、セグメント別血流予備比市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 出版の世界市場:新聞発行、書籍発行、雑誌発行
    当調査レポートでは、出版の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、出版の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気電子機器廃棄物(E-waste )の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気電子機器廃棄物(E-waste )の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気電子機器廃棄物(E-waste )の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・地域別分析 ・廃棄物種類別の市場分類 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)市場規模、最終用途別(住居用、非住居用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場概要 ・太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場環境 ・太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場動向 ・太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場規模 ・太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場:業界構造分析 ・太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマイクロインバータ―)の世界市場:最終用途別(住居用、非住居用) ・太陽光発電用マイクロインバータ―(ソーラーマ …
  • デンマークの心臓律動管理装置市場見通し
  • ホットメルト接着剤の世界市場予測
    当調査レポートでは、ホットメルト接着剤の世界市場について調査・分析し、ホットメルト接着剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ホットメルト接着剤の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ホットメルト接着剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・ホットメルト接着剤の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スープの米国市場2017-2021:ウェットスープ、乾燥スープ、だし汁、ブイヨン
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スープの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スープの米国市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスープの米国市場が2017-2021年期間中に年平均0.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Conagra Brands、CSC Brand (Campbell Soup Company)、General Mills、The Kraft Heinz Company、Unilever等です。
  • エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 紫外可視分光光度計の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、紫外可視分光光度計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置種類別分析、用途別分析、地域別分析、紫外可視分光光度計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイクロフィリンD阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクロフィリンD阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクロフィリンD阻害剤の概要 ・サイクロフィリンD阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクロフィリンD阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクロフィリンD阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクロフィリンD阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医療用接着剤・シール材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医療用接着剤・シール材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用接着剤・シール材の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートワークプレイスの世界市場2017-2021:スマート空調、スマート照明、スマートセキュリティ、スマートサーモスタット、スマート窓
    当調査レポートでは、スマートワークプレイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートワークプレイスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 原子力艦艇の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、原子力艦艇の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原子力艦艇の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 炭酸エチレンの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、炭酸エチレンの世界市場について調べ、炭酸エチレンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、炭酸エチレンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(リチウム電池電解液、溶剤、潤滑剤、調光剤、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は炭酸エチレンの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・炭酸エチレンの市場状況 ・炭酸エチレンの市場規模 ・炭酸エチレンの市場予測 ・炭酸エチレンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(リチウム電池電解液、溶剤、潤滑剤、調光剤、その他) ・炭酸エチレンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 水産養殖のインドネシア市場2017-2021
    当調査レポートでは、水産養殖のインドネシア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、水産養殖のインドネシア市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は水産養殖のインドネシア市場が2017-2021年期間中に年平均13.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• PT. Bumi Menara Internusa• PT. Dharma Samudera Fishing Industries• PT. Japfa Comfeed Indonesia• PT. Mega Marine Pride等です。
  • 脂漏性角化症治療剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、脂漏性角化症治療剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脂漏性角化症治療剤市場規模、種類別(冷凍療法、電気焼灼術、その他治療債)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場概要 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場環境 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場動向 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場規模 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:業界構造分析 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:種類別(冷凍療法、電気焼灼術、その他治療債) ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脂漏性角化症治療剤の北米市場規模・予測 ・脂漏性角化症治療剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・脂漏性角化症治療剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・脂漏性角化症治療剤の主要国分析 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:成長要因、課題 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:競争環境 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分 …
  • 自動車用エレクトロニクスの世界市場:コンポーネント別(ECU、通電デバイス、センサー)、アプリケーション別(安全システム、ADAS、ボディエレクトロニクス)、販売チャネル別、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、自動車用エレクトロニクスの世界市場動向、自動車用エレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用エレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 装填材・仕切りの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、装填材・仕切りの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、装填材・仕切り市場規模、製品別(仕切り、装填材)分析、材料別(紙、高分子)分析、仕切り種類別(合板、ダイカット、ファイバー)分析、エンドユーザー別(パーソナルケア用品・化粧品、工業、食料・飲料、エレクトロニクス、消費財、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 装填材・仕切りの世界市場:市場動向分析 ・ 装填材・仕切りの世界市場:競争要因分析 ・ 装填材・仕切りの世界市場:製品別(仕切り、装填材) ・ 装填材・仕切りの世界市場:材料別(紙、高分子) ・ 装填材・仕切りの世界市場:仕切り種類別(合板、ダイカット、ファイバー) ・ 装填材・仕切りの世界市場:エンドユーザー別(パーソナルケア用品・化粧品、工業、食料・飲料、エレクトロニクス、消費財、その他) ・ 装填材・仕切りの世界市場:主要地域別分析 ・ 装填材・仕切りの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 装填材・ …
  • ネパールの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の液晶ポリマー市場2016
    本調査レポートでは、世界の液晶ポリマー市場2016について調査・分析し、液晶ポリマーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフケア用医療機器の世界市場:血糖自己測定(SMBG)デバイス、腹膜透析、睡眠時無呼吸、インシュリンポンプ、体温モニタ、吸入器、歩数計、血圧モニタ、ネブライザー、男性用外付けカテーテル、ホルターモニター
    当調査レポートでは、セルフケア用医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフケア用医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 表面実装技術(SMT)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、表面実装技術(SMT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、装置別分析、用途別分析、地域別分析、表面実装技術(SMT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外診断薬(IVD)の世界市場:製品別(機器、試薬、サービス)、技術別(臨床化学、分子診断、微生物学)、セグメント予測
    体外診断薬(IVD)の世界市場は2025年には989億9000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、病気にかかりやすく、定期的な診断検査を必要とする老齢人口の増加が考えられます。さらに、心血管疾患、がん、糖尿病やその他の慢性疾患の蔓延、および臨床現場における診断に対する需要増加によっても、この市場の成長が促されるとされています。本調査レポートでは、体外診断薬(IVD)の世界市場について調査・分析し、体外診断薬(IVD)の世界市場動向、体外診断薬(IVD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別体外診断薬(IVD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロシアのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 食品産業用ロボットの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、食品産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、食品産業用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 採用管理システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、採用管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入別(オンプレミス、クラウド)分析、組織サイズ別分析、垂直産業別(小売・消費財、政府機関・公共部門、製造)分析、採用管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の概要 ・消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • 歯科診断および手術器具の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、歯科診断および手術器具の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・歯科診断および手術器具の世界市場:イントロダクション ・歯科診断および手術器具の世界市場:市場概観 ・歯科診断および手術器具の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・歯科診断および手術器具の世界市場:セグメント別市場分析 ・歯科診断および手術器具の世界市場:種類別分析/市場規模 ・歯科診断および手術器具の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・歯科診断および手術器具の世界市場:主要地域別市場分析 ・歯科診断および手術器具の世界市場:関連企業分析
  • 電子設計自動化(EDA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電子設計自動化(EDA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子設計自動化(EDA)の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プライバシービジネス:プライバシーのインターネットビジネスモデルへの影響
  • 暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場:製品の種類別(窓用・ポータブルエアコン、セパレート式ミニエアコン、パッケージ式エアコン、チラー、エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット、マルチ空調システム(可変冷媒流量制御))、地域別予測
    本資料は、暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場について調べ、暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界規模、市場動向、市場環境、製品の種類別(窓用・ポータブルエアコン、セパレート式ミニエアコン、パッケージ式エアコン、チラー、エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット、マルチ空調システム(可変冷媒流量制御))分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSamsung Electronics Co Ltd、Carrier、Johnson Controls International Plc、Lennox International Inc.、Daikin Industries Ltd.、Trane、LG Electronicsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場概要 ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場環境 ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場動向 ・暖房、換気、空調シス …
  • 農業用バイオ技術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農業用バイオ技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用バイオ技術市場規模、用途別(遺伝子組換種子、作物保護用バイオ農薬)分析、技術別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業用バイオ技術の世界市場概要 ・農業用バイオ技術の世界市場環境 ・農業用バイオ技術の世界市場動向 ・農業用バイオ技術の世界市場規模 ・農業用バイオ技術の世界市場:業界構造分析 ・農業用バイオ技術の世界市場:用途別(遺伝子組換種子、作物保護用バイオ農薬) ・農業用バイオ技術の世界市場:技術別 ・農業用バイオ技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用バイオ技術の北米市場規模・予測 ・農業用バイオ技術のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・農業用バイオ技術のアジア太平洋市場規模・予測 ・農業用バイオ技術の主要国分析 ・農業用バイオ技術の世界市場:意思決定フレームワーク ・農業用バイオ技術の世界市場:成長要因、課題 ・農業用バイオ技術 …
  • 自動車内装材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車内装材料の世界市場について調査・分析し、自動車内装材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車内装材料の世界市場:市場動向分析 - 自動車内装材料の世界市場:競争要因分析 - 自動車内装材料の世界市場:車種別 商業用軽自動車 商業用大型自動車 乗用車 - 自動車内装材料の世界市場:材料別 布生地 合成皮革 ビニール 熱可塑性ポリマー ガラス 人工皮革 本革 木材 その他の材料 - 自動車内装材料の世界市場:製品別 座席カバー ライトカバー 内装飾材 ダッシュボード バンパー リザーバー エアバッグ シートベルト スカッフプレート ドアトリム 送風ダクト フロアマット その他の製品 - 自動車内装材料の世界市場:主要地域別分析 - 自動車内装材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車内装材料のヨーロッパ市場規模 - 自動車内装材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車内装材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ギリシャの心臓律動管理装置市場見通し
  • 自動下書き
  • IoTインフラ市場:IoTプラットフォーム、ハードウェア、ソフトウェア
  • 道路照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、道路照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、道路照明の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"