"物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60530)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Physical Identity and Access Management Technology is a solution that works in identity management, it also disparate automating processes, physical security systems, and simplifying control of vendors, employees and other identities. PIAM software allows organization to manage the “life cycle” of identities as they relate to physical access; it includes synchronization of on/off-boarding across all systems harboring an identity record, access zone and profile management, and role-based physical access. These unified software systems can better meet the dual challenge of access control and identity verification by centralizing all identity information across relevant systems while applying rules based conformance. Deployment of Physical identity and access management (PIAM) is increasing because of the development of technology and product, compliance mandates, a greater desire has developed to manage alternative user populations such as contractors and on-premises visitors, and a sharp emphasis is done on timely and secure access. Organizations should continue to work for the developments in external authorization capabilities because of the potentially benefits it consists.The basic concept of Physical identity and access management technology is to make sure that no person or facility is on a place where it should not be present.

Factors those are driving the market are its ability to provide seamless end to end security management due to these benefits they are even suggested by the security managers. PIAM is also flourishing due to the emergence of promising markets such as airport, IT, Telecom, BFSI etc. Some of the challenges faced by the market are lack of support from investors and difficulty in dealing with multiple identities.

The demand for Physical identity and access market is expected to increase in forecasted period due to the increasing security and operation management concerns. Country level analysis has been done in our reports through which it can be concluded that North America is the leading market in the field followed by Europe and Asia pacific region.

Companies Profiled include
1. Alert enterprise
2. Integid Gmbh
3. Netiq
4. Intellisoft
5. Identiv
6. Access Security Corporation
7. Quantum Secure
8. Integid
9. Portal guard
10. Avatier
11. Okta
12. Access manager
13. JiJi password reset suite
14. WSO2 identity server
15. OpenIDM
16. Tuple
17. Userbase
18. Adaxes
19. 4tress
20. Access sentinel
21. Access:One
22. Account genious
23. AIMS
24. Apache syncope
25. ARMS
26. Bi-Cube IPM
27. CA identity suite
28. CL Badge
29. Cloudthentic
30. Courion
31. Horacius


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1 Executive Summary
1.2 Estimation methodology
2. Market overview
2.1 Market definition and scope
2.2 Key findings
2.3 Parametric analysis
2.3.1 Expenditure on physical identity and access management by promising sectors
2.3.2 Various identities and groups to be dealt by PIAN provider
2.3.3 Share of different services of PIAM
2.4 Key market insights
2.4.1 Top 3 emerging countries
2.4.2 Top 3 revenue generating segments
2.4.3 Market trends
2.4.4 Winning strategy
2.4.5 Innovation in the field
2.5 R & D Scenario
2.6 Competitive intelligence
2.6.1 Market share analysis
2.6.2 Top winning strategies
2.6.3 Case study; top competitive moves
2.7 Value chain analysis
2.8 Key buying criteria
2.9 Strategic recommendation
2.10 Strategic conclusion
3. Market determinants
3.1 Market drivers
3.1.1 Seamless end to end security management
3.1.2 Role based physical access control
3.1.3 End to end regulatory compliance
3.1.4 Self service & delegated administration
3.1.5 Emergence of promising market sectors such as airport
3.2 Market Restraints
3.2.1 Lack of leadership and support from investors
3.2.2 Work station software and windows group policy
3.2.3 Dealing with multiple identities
3.2.4 Password management
3.3 Market opportunities
3.3.1 Authentication
3.3.2 Recommendations by security managers
3.3.3 Increase user productivity
3.4 Market challenges
3.4.1 Proprietary and antiquated hardware
3.4.2 Emergency access is a hurdle in the process
4 Sector analyses
4.1 Parent market analysis
4.2 Competitor market analysis
4.3 Alternative market analysis
5 Market Segmentation
5.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of offering type, 2014-2021, ($ millions)
5.1.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of software , 2014-2021($ millions)
5.1.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of services, 2014-2021($ millions)
5.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Verticals,2014-2021($ millions)
5.2.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of airport, 2014-2021($ millions)
5.2.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Utilities, 2014-2021($ millions)
5.2.3 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Government and public sector, 2014- 2021($ millions)
5.2.4 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Transportation and logistics, 2014-2021($ millions)
5.2.5 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of defense and securities, 2014-2021($ millions)
5.2.6 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of education, 2014-2021($ millions)
5.2.7 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of banking and financial sectors, 2014-2021($ millions)
5.2.8 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of it and telecom, 2014-2021($ millions)
5.2.9 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of chemical and Pharma , 2014-2021($millions)
5.3 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of anatomy PIAM, 2014-2021($ millions)
5.3.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of authenticator, 2014-2021($ millions)
5.3.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of controller, 2014-2021($ millions)
5.3.3 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of reader, 2014-2021($ millions)
5.3.4 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of door controller, 2014-2021($ millions)
5.3.5 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of locks, 2014-2021($ millions)
5.3.6 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of host, 2014-2021($ millions)
5.3.7 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of card management system, 2014-2021($ millions)

6 Geographic analysis
6.1 North America Physical Identity & Access Management market, 2014-2021,($ millions)
6.1.1 U.S Physical Identity & Access Management market,2014-2021,($millions)
6.1.2 Canada Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2 Europe Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.1 U.K Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.2 Germany Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.3 France Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.4 Spain Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.5 Italy Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.6 Rest of Europe Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3 Asia Pacific Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.1 China Physical Identity & Access Management market ,2014 -2021,($millions)
6.3.2 India Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.3 Korea Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.4 Japan Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.5 Australia Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.6 Rest of Asia Pacific Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.4 Rest of the world
7 Company Profiling
7.1 Alert enterprise
7.2 Integid Gmbh
7.3 Netiq
7.4 Intellisoft
7.5 Identiv
7.6 Access Security Corporation
7.7 Quantum Secure
7.8 Integid
7.9 Portal guard
7.10 Avatier
7.11 Okta
7.12 Access manager
7.13 JiJi password reset suite
7.14 WSO2 identity server
7.15 OpenIDM
7.16 Tuple
7.17 Userbase
7.18 Adaxes
7.19 4tress
7.20 Access sentinel
7.21 Access:One
7.22 Account genious
7.23 AIMS
7.24 Apache syncope
7.25 ARMS
7.26 Bi-Cube IPM
7.27 CA identity suite
7.28 CL Badge
7.29 Cloudthentic
7.30 Courion
7.31 Horacius

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年1月6日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60530
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】物理的アイデンティティ、アクセス管理
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ベトナムの半導体市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベトナムの半導体市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベトナムの半導体市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤の概要 ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エレクトロクロミック・ストレージ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エレクトロクロミック・ストレージ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エレクトロクロミック・ストレージ装置の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエレクトロクロミック・ストレージ装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.10 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• PPG, • Gentex, • Plansee等です。
  • 農業バイオテクノロジーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業バイオテクノロジー市場規模、技術別(バイオチップ、リボ核酸干渉(RNAi)、ゲノム編集ツール、合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)シークエンシング)分析、製品別(作物保護製品、トランスジェニック種子、合成生物製品)分析、種類別(分子診断、分子マーカー、体組織培養、ワクチン、遺伝子工学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:市場動向分析 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:競争要因分析 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:技術別(バイオチップ、リボ核酸干渉(RNAi)、ゲノム編集ツール、合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)シークエンシング) ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:製品別(作物保護製品、トランスジェニック種子、合成生物製品) ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:種類別(分子診断、分子マーカ …
  • ヘパリンの世界市場:未分画へパリン、低分子へパリン
    当調査レポートでは、ヘパリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘパリンパイプライン製品、ヘパリン原薬市場、ヘパリンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタン(PU)の世界市場分析:製品別(硬質フォーム、軟質フォーム、塗料、接着剤およびシーラント、エラストマー)、エンドユーザー別(家具・インテリア、建築、家電家具、自動車、靴、包装)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリウレタン(PU)の世界市場について調査・分析し、ポリウレタン(PU)の世界市場動向、ポリウレタン(PU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリウレタン(PU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)市場2016
    本調査レポートでは、世界の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)市場2016について調査・分析し、耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートワークプレイスの世界市場2017-2021:スマート空調、スマート照明、スマートセキュリティ、スマートサーモスタット、スマート窓
    当調査レポートでは、スマートワークプレイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートワークプレイスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型VDIの世界市場:導入別(民間、公的、複合型)、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)、地域別予測
    本資料は、クラウド型VDIの世界市場について調べ、クラウド型VDIの世界規模、市場動向、市場環境、導入別(民間、公的、複合型)分析、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウド型VDIの世界市場概要 ・クラウド型VDIの世界市場環境 ・クラウド型VDIの世界市場動向 ・クラウド型VDIの世界市場規模 ・クラウド型VDIの世界市場規模:導入別(民間、公的、複合型) ・クラウド型VDIの世界市場規模:最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他) ・クラウド型VDIの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウド型VDIの北米市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアメリカ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのヨーロッパ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアジア市場規模・予測 ・クラウド型VDIの日本市場規模・予測 ・クラウド型VDIの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 工業用・商業用冷媒の世界市場2017-2021:フルオロカーボン、炭化水素、無機化合物
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、工業用・商業用冷媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用・商業用冷媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は工業用・商業用冷媒の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はArkema、Airgas、DAIKIN INDUSTRIES、The Dow Chemical Company、Honeywell International等です。
  • イギリスの股関節置換処置動向(~2021)
  • 雨水貯留システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、雨水貯留システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、雨水貯留システム市場規模、最終用途別(非住宅用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・雨水貯留システムの世界市場概要 ・雨水貯留システムの世界市場環境 ・雨水貯留システムの世界市場動向 ・雨水貯留システムの世界市場規模 ・雨水貯留システムの世界市場:業界構造分析 ・雨水貯留システムの世界市場:最終用途別(非住宅用、住宅用) ・雨水貯留システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・雨水貯留システムのアメリカ市場規模・予測 ・雨水貯留システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・雨水貯留システムのアジア市場規模・予測 ・雨水貯留システムの主要国分析 ・雨水貯留システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・雨水貯留システムの世界市場:成長要因、課題 ・雨水貯留システムの世界市場:競争環境 ・雨水貯留システムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • プリプレグの世界市場:炭素繊維プリプレグ、ガラス繊維プリプレグ、アラミド繊維プリプレグ
    当調査レポートでは、プリプレグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、樹脂種類別分析、製造プロセス別分析、用途別分析、プリプレグの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子セラミックス・電気セラミックス市場規模、用途別(生活家電、スマート家電、電力網・エネルギー、医療機器、その他)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, CeramTec, CoorsTek , KYOCERA, Morgan Advanced Materialsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場概要 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場環境 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場動向 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場規模 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場:業界構造分析 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場:用途別(生活家電、スマート家電、電力網・エネルギー、医療機器、その他) ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場:製 …
  • モバイル端末用カメラモジュールの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、モバイル端末用カメラモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル端末用カメラモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の北米市場
  • フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場分析:用途別(UPS、分散型発電、輸送、データセンター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場動向、フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場規模、市場予測、セグメント別フライホイールエネルギー貯蔵市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱変色性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(ロイコ染料、液晶、顔料)分析、エンドユーズ産業別(包装、印刷およびコーティング、医療、繊維)分析、熱変色性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱変色性材料の世界市場規模が2019年13億ドルから2024年21億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • 石炭層メタンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石炭層メタンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石炭層メタン市場規模、エンドユーザー別(産業、建物、輸送)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Arrow Energy, Baker Hughes, BP, Encana, Santosなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石炭層メタンの世界市場概要 ・石炭層メタンの世界市場環境 ・石炭層メタンの世界市場動向 ・石炭層メタンの世界市場規模 ・石炭層メタンの世界市場:業界構造分析 ・石炭層メタンの世界市場:エンドユーザー別(産業、建物、輸送) ・石炭層メタンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石炭層メタンの北米市場規模・予測 ・石炭層メタンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・石炭層メタンのアジア太平洋市場規模・予測 ・石炭層メタンの主要国分析 ・石炭層メタンの世界市場:意思決定フレームワーク ・石炭層メタンの世界市場:成長要因、課題 ・石炭層メタンの世界市場: …
  • 喘息用スペーサーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、喘息用スペーサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、喘息用スペーサー市場規模、流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・喘息用スペーサーの世界市場概要 ・喘息用スペーサーの世界市場環境 ・喘息用スペーサーの世界市場動向 ・喘息用スペーサーの世界市場規模 ・喘息用スペーサーの世界市場:業界構造分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア) ・喘息用スペーサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・喘息用スペーサーの北米市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・喘息用スペーサーの主要国分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・喘息用スペーサーの世界市場:成長要因、課題 ・喘息用スペーサーの世界市場:競争環境 ・喘息用スペーサーの …
  • 工業用手動工具の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用手動工具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用手動工具市場規模、製品別(タップ・金型、設計・測定器具、金属切削器具、一般用途器具)分析、販売経路別(小売販売、卸売販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用手動工具の世界市場:市場動向分析 ・ 工業用手動工具の世界市場:競争要因分析 ・ 工業用手動工具の世界市場:製品別(タップ・金型、設計・測定器具、金属切削器具、一般用途器具) ・ 工業用手動工具の世界市場:販売経路別(小売販売、卸売販売、オンライン販売) ・ 工業用手動工具の世界市場:主要地域別分析 ・ 工業用手動工具の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 工業用手動工具のヨーロッパ市場規模 ・ 工業用手動工具のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工業用手動工具の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 中国のマンナンオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、中国のマンナンオリゴ糖市場2015について調査・分析し、マンナンオリゴ糖の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの個人用防護具(PPE)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの個人用防護具(PPE)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの個人用防護具(PPE)市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PCB設計ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、PCB設計ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:産業別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアのアメリカ市場規模予測 ・PCB設計ソフトウェアのヨーロッパ市場規模予測 ・PCB設計ソフトウェアのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • セキュリティラベルの世界市場:バーコード、無線周波数識別、ホログラフィック
    当調査レポートでは、セキュリティラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、識別方式別分析、構成品別分析、形態別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cargill、Emery Oleochemicals、Kuala Lumpur Kepong Berhad、Wilmar International、Wratislavia-BIOdiesel等です。
  • 写真撮影装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、写真撮影装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、写真撮影装置市場規模、製品別(カメラ、その他)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Canon, FUJIFILM Holdings Corporation, Nikon Corporation, Panasonic Corporation, SAMSUNG, Sony Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・写真撮影装置の世界市場概要 ・写真撮影装置の世界市場環境 ・写真撮影装置の世界市場動向 ・写真撮影装置の世界市場規模 ・写真撮影装置の世界市場:業界構造分析 ・写真撮影装置の世界市場:製品別(カメラ、その他) ・写真撮影装置の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・写真撮影装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・写真撮影装置の北米市場規模・予測 ・写真撮影装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規 …
  • 神経血管用コイル&非コイル装置の世界市場ー成長、動向、予測
  • 中国の産業用パソコン市場2015
    本調査レポートでは、中国の産業用パソコン市場2015について調査・分析し、産業用パソコンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 国土セキュリティ用監視カメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、国土セキュリティ用監視カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、国土セキュリティ用監視カメラの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防音材の世界市場
    本調査レポートでは、防音材の世界市場について調査・分析し、防音材の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 分散アンテナシステム(DAS)の世界市場予測2022:所有権、サービス区域、装置、サービス、産業、利用者機能、地域別分析
    当調査レポートでは、分散アンテナシステム(DAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、所有権別分析、サービス区域別分析、装置・サービス別分析、産業別分析、分散アンテナシステム(DAS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用添加剤の世界市場予測(~2022年):可塑剤、空気連行剤、防水剤、遅延エージェント、遅延剤、鉱物、繊維
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、建設用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、建設用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDライトエンジンの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、LEDライトエンジンの世界市場規模が2017年218.8億ドルから2026年845.3億ドルまで年平均16.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、LEDライトエンジンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、LEDライトエンジン市場規模、フォーム別(フレキシブル、リジッド)分析、製品別(ランプ、照明器具)分析、インストール別(新規インストール、レトロフィットインストール)分析、エンドユーザー別(室内照明、屋外照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ LEDライトエンジンの世界市場:市場動向分析 ・ LEDライトエンジンの世界市場:競争要因分析 ・ LEDライトエンジンの世界市場:フォーム別(フレキシブル、リジッド) ・ LEDライトエンジンの世界市場:製品別(ランプ、照明器具) ・ LEDライトエンジンの世界市場:インストール別(新規インストール、レトロフィットインストール) ・ LEDラ …
  • 血管閉鎖装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管閉鎖装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管閉鎖装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の乳化機市場2016
    本調査レポートでは、世界の乳化機市場2016について調査・分析し、乳化機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳機能モニタリングの世界市場:MRI、CT、PET、EEG、MEG、ICP、経頭蓋ドップラー、脳内酸素測定器
    当調査レポートでは、脳機能モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、処置別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬剤
  • 油圧ボルトテンショナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、油圧ボルトテンショナーの世界市場について調査・分析し、油圧ボルトテンショナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別油圧ボルトテンショナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、油圧ボルトテンショナー種類別分析()、油圧ボルトテンショナー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・油圧ボルトテンショナーの市場概観 ・油圧ボルトテンショナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・油圧ボルトテンショナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・油圧ボルトテンショナーの世界市場規模 ・油圧ボルトテンショナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・油圧ボルトテンショナーのアメリカ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのカナダ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのメキシコ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・油圧ボルトテンショナーのドイツ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのイギリス市 …
  • 携帯型クーラーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、携帯型クーラーの世界市場について調べ、携帯型クーラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、携帯型クーラーの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は携帯型クーラーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均14%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・携帯型クーラーの市場状況 ・携帯型クーラーの市場規模 ・携帯型クーラーの市場予測 ・携帯型クーラーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・携帯型クーラーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向 …
  • 産業用ファブリックの世界市場:繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料)、用途別(コンベアベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防炎性衣類)、地域別予測
    本資料は、産業用ファブリックの世界市場について調べ、産業用ファブリックの世界規模、市場動向、市場環境、繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料)分析、用途別(コンベアベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防炎性衣類)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・産業用ファブリックの世界市場概要 ・産業用ファブリックの世界市場環境 ・産業用ファブリックの世界市場動向 ・産業用ファブリックの世界市場規模 ・産業用ファブリックの世界市場規模:繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料) ・産業用ファブリックの世界市場規模:用途別(コンベアベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防炎性衣類) ・産業用ファブリックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ファブリックの北米市場規模・予測 ・産業用ファブリックのアメリカ市場規模・予測 ・産業用ファブリックのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用ファ …
  • ベーマイトの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベーマイトの世界市場について調査・分析し、ベーマイトの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベーマイトシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベーマイト種類別分析(0
  • 末梢動脈閉塞性疾患(PAOD):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)の概要 ・末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・末梢動脈閉塞性疾患(PAO …
  • ハーブ系サプリメントの世界市場
    当調査レポートでは、ハーブ系サプリメントの世界市場について調査・分析し、ハーブ系サプリメントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ハーブ系サプリメントの世界市場:市場動向分析 - ハーブ系サプリメントの世界市場:競争要因分析 - ハーブ系サプリメントの世界市場:機能別 ・芳香 ・薬効 ・その他 - ハーブ系サプリメントの世界市場:形状別 ・カプセル&錠剤 ・オイル ・粉末 ・シロップ ・その他 - ハーブ系サプリメントの世界市場:用途別 ・食品&飲料 ・パーソナルケア ・医薬品用 ・その他 - ハーブ系サプリメントの世界市場:由来別 ・木の皮 ・果物&野菜 ・葉 ・根 ・その他 - ハーブ系サプリメントの世界市場:流通経路別 ・小売店 ・オンライン - ハーブ系サプリメントの世界市場:製品別 ・アロエベラ ・エキナセア ・ニンニク ・ショウガ ・イチョウ ・大豆 ・セントジョーンズワート ・特殊なハーブ ・様々なハーブ ・その他 - ハーブ系サプリメントの世界市場:主要地域別分析 - ハーブ系サプリメ …
  • 形質転換増殖因子アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における形質転換増殖因子アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤の概要 ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の形質転換増殖因子アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 肺癌手術の世界市場予測(~2021):処方術別(胸腔切開術(肺摘除術、肺切除術、セグメンテーション切除術)、最小侵襲性)、機器別(外科手術(クランプ、鉗子、リトラクタ、ステープラ)、監視方法別(カメラ、トロカール)、内視鏡装置)
    当調査レポートでは、肺癌手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、処方術別分析、機器別分析、地域別分析、肺癌手術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別先進運転支援システム(ADAS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、先進運転支援システム(ADAS)種類別分析(アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱警告(LDW)システム、駐車アシスト、死角検知、その他)、先進運転支援システム(ADAS)用途別分析(乗用車、小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・先進運転支援システム(ADAS)の市場概観 ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模 ・先進運転支援システム(ADAS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・先進運転支援システム(ADAS)のアメリカ市場規模推移 ・先進 …
  • スーパーキャパシタの世界市場予測(~2022):二重層、 疑似キャパシタ、ハイブリッド
    当調査レポートでは、スーパーキャパシタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、スーパーキャパシタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • バイオシミュレーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"