"物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60530)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Physical Identity and Access Management Technology is a solution that works in identity management, it also disparate automating processes, physical security systems, and simplifying control of vendors, employees and other identities. PIAM software allows organization to manage the “life cycle” of identities as they relate to physical access; it includes synchronization of on/off-boarding across all systems harboring an identity record, access zone and profile management, and role-based physical access. These unified software systems can better meet the dual challenge of access control and identity verification by centralizing all identity information across relevant systems while applying rules based conformance. Deployment of Physical identity and access management (PIAM) is increasing because of the development of technology and product, compliance mandates, a greater desire has developed to manage alternative user populations such as contractors and on-premises visitors, and a sharp emphasis is done on timely and secure access. Organizations should continue to work for the developments in external authorization capabilities because of the potentially benefits it consists.The basic concept of Physical identity and access management technology is to make sure that no person or facility is on a place where it should not be present.

Factors those are driving the market are its ability to provide seamless end to end security management due to these benefits they are even suggested by the security managers. PIAM is also flourishing due to the emergence of promising markets such as airport, IT, Telecom, BFSI etc. Some of the challenges faced by the market are lack of support from investors and difficulty in dealing with multiple identities.

The demand for Physical identity and access market is expected to increase in forecasted period due to the increasing security and operation management concerns. Country level analysis has been done in our reports through which it can be concluded that North America is the leading market in the field followed by Europe and Asia pacific region.

Companies Profiled include
1. Alert enterprise
2. Integid Gmbh
3. Netiq
4. Intellisoft
5. Identiv
6. Access Security Corporation
7. Quantum Secure
8. Integid
9. Portal guard
10. Avatier
11. Okta
12. Access manager
13. JiJi password reset suite
14. WSO2 identity server
15. OpenIDM
16. Tuple
17. Userbase
18. Adaxes
19. 4tress
20. Access sentinel
21. Access:One
22. Account genious
23. AIMS
24. Apache syncope
25. ARMS
26. Bi-Cube IPM
27. CA identity suite
28. CL Badge
29. Cloudthentic
30. Courion
31. Horacius


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1 Executive Summary
1.2 Estimation methodology
2. Market overview
2.1 Market definition and scope
2.2 Key findings
2.3 Parametric analysis
2.3.1 Expenditure on physical identity and access management by promising sectors
2.3.2 Various identities and groups to be dealt by PIAN provider
2.3.3 Share of different services of PIAM
2.4 Key market insights
2.4.1 Top 3 emerging countries
2.4.2 Top 3 revenue generating segments
2.4.3 Market trends
2.4.4 Winning strategy
2.4.5 Innovation in the field
2.5 R & D Scenario
2.6 Competitive intelligence
2.6.1 Market share analysis
2.6.2 Top winning strategies
2.6.3 Case study; top competitive moves
2.7 Value chain analysis
2.8 Key buying criteria
2.9 Strategic recommendation
2.10 Strategic conclusion
3. Market determinants
3.1 Market drivers
3.1.1 Seamless end to end security management
3.1.2 Role based physical access control
3.1.3 End to end regulatory compliance
3.1.4 Self service & delegated administration
3.1.5 Emergence of promising market sectors such as airport
3.2 Market Restraints
3.2.1 Lack of leadership and support from investors
3.2.2 Work station software and windows group policy
3.2.3 Dealing with multiple identities
3.2.4 Password management
3.3 Market opportunities
3.3.1 Authentication
3.3.2 Recommendations by security managers
3.3.3 Increase user productivity
3.4 Market challenges
3.4.1 Proprietary and antiquated hardware
3.4.2 Emergency access is a hurdle in the process
4 Sector analyses
4.1 Parent market analysis
4.2 Competitor market analysis
4.3 Alternative market analysis
5 Market Segmentation
5.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of offering type, 2014-2021, ($ millions)
5.1.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of software , 2014-2021($ millions)
5.1.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of services, 2014-2021($ millions)
5.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Verticals,2014-2021($ millions)
5.2.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of airport, 2014-2021($ millions)
5.2.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Utilities, 2014-2021($ millions)
5.2.3 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Government and public sector, 2014- 2021($ millions)
5.2.4 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of Transportation and logistics, 2014-2021($ millions)
5.2.5 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of defense and securities, 2014-2021($ millions)
5.2.6 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of education, 2014-2021($ millions)
5.2.7 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of banking and financial sectors, 2014-2021($ millions)
5.2.8 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of it and telecom, 2014-2021($ millions)
5.2.9 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of chemical and Pharma , 2014-2021($millions)
5.3 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of anatomy PIAM, 2014-2021($ millions)
5.3.1 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of authenticator, 2014-2021($ millions)
5.3.2 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of controller, 2014-2021($ millions)
5.3.3 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of reader, 2014-2021($ millions)
5.3.4 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of door controller, 2014-2021($ millions)
5.3.5 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of locks, 2014-2021($ millions)
5.3.6 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of host, 2014-2021($ millions)
5.3.7 Global Physical Identity & Access Management market on the basis of card management system, 2014-2021($ millions)

6 Geographic analysis
6.1 North America Physical Identity & Access Management market, 2014-2021,($ millions)
6.1.1 U.S Physical Identity & Access Management market,2014-2021,($millions)
6.1.2 Canada Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2 Europe Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.1 U.K Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.2 Germany Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.3 France Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.4 Spain Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.5 Italy Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.2.6 Rest of Europe Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3 Asia Pacific Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.1 China Physical Identity & Access Management market ,2014 -2021,($millions)
6.3.2 India Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.3 Korea Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.4 Japan Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.5 Australia Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.3.6 Rest of Asia Pacific Physical Identity & Access Management market,2014 -2021,($millions)
6.4 Rest of the world
7 Company Profiling
7.1 Alert enterprise
7.2 Integid Gmbh
7.3 Netiq
7.4 Intellisoft
7.5 Identiv
7.6 Access Security Corporation
7.7 Quantum Secure
7.8 Integid
7.9 Portal guard
7.10 Avatier
7.11 Okta
7.12 Access manager
7.13 JiJi password reset suite
7.14 WSO2 identity server
7.15 OpenIDM
7.16 Tuple
7.17 Userbase
7.18 Adaxes
7.19 4tress
7.20 Access sentinel
7.21 Access:One
7.22 Account genious
7.23 AIMS
7.24 Apache syncope
7.25 ARMS
7.26 Bi-Cube IPM
7.27 CA identity suite
7.28 CL Badge
7.29 Cloudthentic
7.30 Courion
7.31 Horacius

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年1月6日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60530
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】物理的アイデンティティ、アクセス管理
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
物理的アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ウェアラブルパッチの世界市場2016-2020:通常ウェアラブルパッチ、コネクテッドウェアラブルパッチ
    当調査レポートでは、ウェアラブルパッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルパッチの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 環境健康と安全の世界市場分析:製品別(ソフトウェア、ハードウェア)、用途別(医療廃棄物管理、産業廃棄物管理、廃水管理)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、環境健康と安全の世界市場について調査・分析し、環境健康と安全の世界市場動向、環境健康と安全の世界市場規模、市場予測、セグメント別環境健康と安全市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 感染症分子診断の世界市場:地域別市場予測、市場シェア、新技術、競争環境
  • ポルトガルの末梢血管用装置市場見通し
  • 防護用織物の世界市場:不燃性・耐熱性織物、耐薬品性織物、紫外線抵抗性織物
    当調査レポートでは、防護用織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スチレンブタジエンラテックスの世界市場
    当調査レポートでは、スチレンブタジエンラテックスの世界市場について調査・分析し、スチレンブタジエンラテックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • D4アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD4アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D4アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・D4アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD4アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D4アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D4アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ワイヤレス充電の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワイヤレス充電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワイヤレス充電の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤の概要 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Anti-CD152抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD152抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD152抗体の概要 ・Anti-CD152抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD152抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD152抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD152抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アメリカの坑内採鉱装置市場予測
  • タイのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ガイドワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ガイドワイヤの世界市場について調査・分析し、ガイドワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ガイドワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、ガイドワイヤ種類別分析()、ガイドワイヤ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ガイドワイヤの市場概観 ・ガイドワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ガイドワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ガイドワイヤの世界市場規模 ・ガイドワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ガイドワイヤのアメリカ市場規模推移 ・ガイドワイヤのカナダ市場規模推移 ・ガイドワイヤのメキシコ市場規模推移 ・ガイドワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ガイドワイヤのドイツ市場規模推移 ・ガイドワイヤのイギリス市場規模推移 ・ガイドワイヤのロシア市場規模推移 ・ガイドワイヤのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ガイドワイヤの日本市場規模推移 ・ガ …
  • 脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ワニスメーカー・ペインターズナフサ、ミネラルスピリット、ヘキサン、ヘプタン)分析、用途別(塗料・コーティング、クリーニング・脱脂、接着剤、エアロゾル、ゴム・ポリマー)分析、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場規模が2019年46億ドルから2024年52億ドルまで年平均2.7%成長すると予測しています。
  • 獣医用手術機器の世界市場予測:縫合糸、鉗子、鋏、電気外科器具、カニューレ
    当調査レポートでは、獣医用手術機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、動物別分析、用途別分析、地域別分析、獣医用手術機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーディエンスアナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、用途別(販売・マーケティング管理、顧客経験管理、競合他社の特別情報)、組織サイズ別、垂直産業別、地域別予測
    本資料は、オーディエンスアナリティクスの世界市場について調べ、オーディエンスアナリティクスの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、用途別(販売・マーケティング管理、顧客経験管理、競合他社の特別情報)分析、組織サイズ別分析、垂直産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オーディエンスアナリティクスの世界市場概要 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場環境 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場動向 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:用途別(販売・マーケティング管理、顧客経験管理、競合他社の特別情報) ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:組織サイズ別 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:垂直産業別 ・オーディエンスアナリティクスの世 …
  • バイオ殺虫剤の世界市場:バチルス・チューリンゲンシス、ボーベリア・バシアナ、バーティシリウム・レカニ、メタリジウム
    当調査レポートでは、バイオ殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乗用車・小型トラック用車軸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乗用車・小型トラック用車軸の世界市場について調査・分析し、乗用車・小型トラック用車軸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乗用車・小型トラック用車軸シェア、市場規模推移、市場規模予測、乗用車・小型トラック用車軸種類別分析(前車軸、後車軸)、乗用車・小型トラック用車軸用途別分析(乗用車、小型トラック)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乗用車・小型トラック用車軸の市場概観 ・乗用車・小型トラック用車軸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乗用車・小型トラック用車軸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乗用車・小型トラック用車軸の世界市場規模 ・乗用車・小型トラック用車軸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乗用車・小型トラック用車軸のアメリカ市場規模推移 ・乗用車・小型トラック用車軸のカナダ市場規模推移 ・乗用車・小型トラック用車軸のメキシコ市場規模推移 ・乗用車・小型トラック用車軸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリ …
  • ハイドロ・フライヤーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハイドロ・フライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイドロ・フライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はハイドロ・フライヤーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DEFY WaterFlight、FlyDive、Stratospheric Industries、Zapata等です。
  • エッセンシャルオイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エッセンシャルオイルの世界市場について調査・分析し、エッセンシャルオイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エッセンシャルオイルの世界市場:市場動向分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:競争要因分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:用途別 ・クリーニング・ホーム ・食品・飲料 ・SPA・リラクゼーション ・医療用 ・アロマテラピー ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:製品別 ・レモン ・ユーカリ ・クローブリーフ ・コーンミント ・スペアミント ・ペパーミント ・オレンジ ・ライム ・シトロネラ ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:主要地域別分析 - エッセンシャルオイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - エッセンシャルオイルのヨーロッパ市場規模 - エッセンシャルオイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エッセンシャルオイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スマートリングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートリングの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 記憶障害(Memory Impairment):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における記憶障害(Memory Impairment)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、記憶障害(Memory Impairment)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・記憶障害(Memory Impairment)の概要 ・記憶障害(Memory Impairment)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の記憶障害(Memory Impairment)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・記憶障害(Memory Impairment)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • マイクロ灌漑システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、マイクロ灌漑システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイクロ灌漑システム市場規模、製品別(スプリンクラー灌漑 システム、点滴潅漑システム)分析、用途別(果樹園収穫物、農作物、プランテーション作物、乾草及び草)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マイクロ灌漑システムの世界市場概要 ・マイクロ灌漑システムの世界市場環境 ・マイクロ灌漑システムの世界市場動向 ・マイクロ灌漑システムの世界市場規模 ・マイクロ灌漑システムの世界市場:業界構造分析 ・マイクロ灌漑システムの世界市場:製品別(スプリンクラー灌漑 システム、点滴潅漑システム) ・マイクロ灌漑システムの世界市場:用途別(果樹園収穫物、農作物、プランテーション作物、乾草及び草) ・マイクロ灌漑システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マイクロ灌漑システムの北米市場規模・予測 ・マイクロ灌漑システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マイクロ灌漑 …
  • ハロゲンフリー難燃剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハロゲンフリー難燃剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハロゲンフリー難燃剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動給飼装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動給飼装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、装置別分析、家畜別分析、地域別分析、自動給飼装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のネットワークセキュリティ・ファイアウォール市場:展開別、地域別
    本調査レポートはネットワークセキュリティ・ファイアウォールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、展開別(オンプレミス、クラウドベース)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ネットワークセキュリティ・ファイアウォールの世界市場:展開別(オンプレミス、クラウドベース) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • シリコーンの世界市場2020-2024
    「シリコーンの世界市場2020-2024」は、シリコーンについて市場概要、市場規模、製品別(エラストマー、流体、樹脂、ゲルなど)分析、エンドユーザー別(工業プロセス、建設、パーソナルケアおよび消費財、輸送、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・シリコーンの世界市場:製品別(エラストマー、流体、樹脂、ゲルなど) ・シリコーンの世界市場:エンドユーザー別(工業プロセス、建設、パーソナルケアおよび消費財、輸送、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場2014-2025:製品別(機器、顕微鏡、自動細胞分析装置、サービス、ソフトウェア)、用途別、最終用途別
    本調査レポートでは、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場について調査・分析し、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場動向、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動害虫モニタリングシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動害虫モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動害虫モニタリングシステム市場規模、エンドユーザー別(小規模農業者、大規模農業者)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:エンドユーザー別(小規模農業者、大規模農業者) ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 自動害虫モニタリングシステムのヨーロッパ市場規模 ・ 自動害虫モニタリングシステムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動害虫モニタリングシステムの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Conagra Brands、McCain Foods、Mondelēz International、Snyder's – Lance等です。
  • 1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))のフェーズ3治験薬の状況 ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))治療薬の市場規模(販売予測) ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))のフェーズ3治 …
  • 世界のフォノプリアンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のフォノプリアンプ市場2015について調査・分析し、フォノプリアンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 凝固検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、凝固検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、凝固検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • クラミジア感染症(Chlamydia Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、クラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のクラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬剤
  • 美容整形手術・術法の世界市場:用途別(外科、非外科)、エンドユーザー別(医療用途、その他)、地域別予測
    本資料は、美容整形手術・術法の世界市場について調べ、美容整形手術・術法の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(外科、非外科)分析、エンドユーザー別(医療用途、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies LLC、Sanofi、Valeant Pharmaceuticals、Lumenis、Genesis Biosystems、Covidien、A.P. Pharma、Zeltiq Aesthetics、Cynosure、Allergan、Cutera、Cynosure、Ipsen、Sientra などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・美容整形手術・術法の世界市場概要 ・美容整形手術・術法の世界市場環境 ・美容整形手術・術法の世界市場動向 ・美容整形手術・術法の世界市場規模 ・美容整形手術・術法の世界市場規模:用途別(外科、非外科) ・美容整形手術・術法の世界市場規模:エンドユーザー別(医療用途、その他 …
  • 生分解性プラスチックの世界市場予測(~2023年):PLA、デンプンブレンド、生分解性ポリエステル、PHA
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(PLA、デンプンブレンド、生分解性ポリエステル、PHA)分析、最終用途産業別(パッケージング・バッグ、消費財、農業・園芸)分析、生分解性プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 作物保護用農薬の世界市場
    本調査レポートでは、作物保護用農薬の世界市場について調査・分析し、作物保護用農薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場予測(~2025年)
    飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場は、2019年の25億米ドルから2025年には30億米ドルに達し、この期間中3.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、作物中のマイコトキシンの産生、飼料製品中のマイコトキシンを制限する厳格な規制、家畜飼料中のマイコトキシン汚染の危険性の世界的な増加、農家畜産物の需要および消費増加などが考えられます。一方で、飼料添加物としてのカビ防止剤、酸性化剤、およびその他飼料防腐剤の顕著な使用増加と小規模畜産業者の意識の欠如は、市場の成長を抑制しています。当調査レポートでは、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(結合剤、改質剤)分析、家畜別(家禽、ブタ、反芻動物、水生動物)分析、原料別(無機、有機)分析、形態別(乾燥、液体)分析、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メインフレームの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、メインフレームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メインフレームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメインフレームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBMC Software、Dell EMC、FUJITSU、Hitachi Data System、IBM等です。
  • 窒素肥料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、窒素肥料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、窒素肥料市場規模、製品別(尿素、NPK、CAN及びAN、DAP及びMAP、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・窒素肥料の世界市場概要 ・窒素肥料の世界市場環境 ・窒素肥料の世界市場動向 ・窒素肥料の世界市場規模 ・窒素肥料の世界市場:業界構造分析 ・窒素肥料の世界市場:製品別(尿素、NPK、CAN及びAN、DAP及びMAP、その他) ・窒素肥料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・窒素肥料の北米市場規模・予測 ・窒素肥料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・窒素肥料のアジア太平洋市場規模・予測 ・窒素肥料の主要国分析 ・窒素肥料の世界市場:意思決定フレームワーク ・窒素肥料の世界市場:成長要因、課題 ・窒素肥料の世界市場:競争環境 ・窒素肥料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 熱可塑性ポリアミドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、熱可塑性ポリアミドの世界市場について調査・分析し、熱可塑性ポリアミドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別熱可塑性ポリアミドシェア、市場規模推移、市場規模予測、熱可塑性ポリアミド種類別分析(PA12型、PA6型、PA11型、その他)、熱可塑性ポリアミド用途別分析(自動車部品、スポーツ用品、医療業界、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・熱可塑性ポリアミドの市場概観 ・熱可塑性ポリアミドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・熱可塑性ポリアミドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・熱可塑性ポリアミドの世界市場規模 ・熱可塑性ポリアミドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・熱可塑性ポリアミドのアメリカ市場規模推移 ・熱可塑性ポリアミドのカナダ市場規模推移 ・熱可塑性ポリアミドのメキシコ市場規模推移 ・熱可塑性ポリアミドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・熱可塑性ポリアミドのドイツ市場規模推移 ・熱可塑性ポリ …
  • 超音波洗浄機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波洗浄機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波洗浄機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の頭蓋内圧モニタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の頭蓋内圧モニタ市場2015について調査・分析し、頭蓋内圧モニタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場分析:サービス別(プロフェッショナルサービス、トレーニングサービス)、組織別(中小企業、大企業)、用途別(BFSI、通信・IT、ヘルスケア、小売、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場について調査・分析し、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場動向、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の無鉛石油(ULP)市場2015
    本調査レポートでは、世界の無鉛石油(ULP)市場2015について調査・分析し、無鉛石油(ULP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • HIPPS(高度圧力保護システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、HIPPS(高度圧力保護システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HIPPS(高度圧力保護システム)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冠血流予備量比(FFR)測定装置市場規模、製品別(FFRガイドワイヤ、FFR監視システム)分析、用途別(多枝冠動脈疾患、一枝冠動脈疾患)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場概要 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場環境 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場動向 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場規模 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:業界構造分析 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:製品別(FFRガイドワイヤ、FFR監視システム) ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:用途別(多枝冠動脈疾患、一枝冠動脈疾患) ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置のアメリカ市場規模・予測 ・冠 …
  • オーバーザトップのインドネシア市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、デバイスタイプ別(スマートフォン、スマートテレビ、ラップトップ、デスクトップおよびタブレット、ゲームコンソール)、コンテンツタイプ別(ビデオ、オーディオ/ VoIP、ゲーム、通信など)、収益 モデル別(サブスクリプション、広告、ハイブリッド、その他)、ユーザータイプ別(個人、商用)、エンドユーザー別(メディアおよびエンターテイメント、教育およびトレーニング、健康およびフィットネス、ITおよびテレコム、電子商取引)
  • 世界のPETグリーンテープ市場2015
    本調査レポートでは、世界のPETグリーンテープ市場2015について調査・分析し、PETグリーンテープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"