"体外受精(IVF)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60566)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"体外受精(IVF)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Infertility is one of the major concerns in the world. One out of six couples in the world suffers from some form of infertility. About 10% women aged 20-44 suffer from infertility. There are various causes for infertility which include physiological (20-30% cases), some cases include genetically induced disorders whereas sometimes it may be self induced as in case of contraceptive surgeries. The market is driven by rising awareness amongst couples, a strong and developed health structure in developing nations, low cost treatment options available, and rise in the new methods like in vitro activation and surrogacy.
The testing and treatment market is growing at a faster rate in males than females. The earlier social taboos among men regarding male fertility have been declining, leading to increase in the male infertility testing and treatment market.

The cost of fertility treatment varies vastly from country to country leading to a rise in medial tourism in relationship with fertility treatments Israel is one of the leading countries with high quality treatments for infertility. The success rate of infertility treatment in Israel is around 46% which in one of the best globally

The companies profile in this report include
1. Merck Sereno
2. Origio
3. Vitrolife AB
4. Axilium Pharma
5. Andology Solutions
6. Auxillum Pharmaceuticals
7. Auxogyn
8. Ferring Pharmaceuticals
9. Genea
10. Helotech DNA
11. Ovascience

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"体外受精(IVF)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chap 1. Executive Summary
Chap 2. Market overview
2.1. Market Share for Drug & Hormone Therapy
2.2. Key buying criteria
2.2.1. Treatment options
2.2.2. Quality of medical procedures
2.2.3. Price of treatments
2.2.4. Shift towards medical tourism
2.2.5. Reimbursement
2.3. Key Findings
2.3.1. highest growth in Male infertility treatment segment
2.3.2. Fertility tourism- The biggest and the growing trend
2.3.3. Upper middle income group is the key target
2.3.4. Regulatory environment key market enabler
2.3.5. Surrogacy preferred for failures in IVF treatments
2.3.6. Technological advancement enhancing success rates of fertility treatments
Chap 3. Male and Female Infertility
3.1. Causes
3.1.1. Causes of male infertility
3.1.1.1. Medical reasons
3.1.1.2. Environmental factors
3.1.1.3. Lifestyle issues
3.1.2. Causes of female infertility
3.1.2.1. Ovulatory disorders
3.1.2.2. Poor functioning or damage to fallopian tube and other issues
3.2. Ethical issues in infertility treatment
Chap 4. Market Determinants
4.1. Market Drivers
4.1.1. Rise in infertility
4.1.2. Fertility Tourism
4.1.3. Surrogacy also responsible for fertility tourism
4.1.4. Technological advancement in healthcare domain
4.1.5. Increase in success rate of treatments
4.1.6. Increasing acceptance of donor eggs by consumers
4.2. Market Restraints
4.2.1. Expensive procedure
4.2.2. Legal issues
4.3. Market Opportunities
4.3.1. Global requirement for low cost instruments and drugs in IVF
4.3.2. IVF an attractive sector for investment for private equity investors
4.3.3. Reproductive tourism
4.4. Market Challenges
4.4.1. Cost barrier for locals in emerging economies
4.4.2. Low acceptance of infertility treatment amongst men
4.4.3. Multiple births and birth defects
Chap 5. Market Segmentation
5.1. Male Infertility Market
5.1.1. Male Infertility tests
5.1.1.1. Semen analysis techniques
5.1.1.1.1. CASA provides more accurate results in lesser time
5.1.1.2. DNA fragmentation
5.1.1.2.1. Importance of sperm DNA fragmentation
5.1.1.2.2. When the test is conducted
5.1.1.2.3. Causes of Sperm DNA fragmentation
5.1.1.3. Oxidative Stress Analysis
5.1.1.4. Testicular Biopsy
5.1.1.5. Azoospermia is the reason in 15 percent infertile males
5.1.1.6. Risks in testicular biopsy
5.1.1.7. CNB and FNA Mapping is an emerging trend
5.1.2. Male infertility treatment types
5.1.2.1. Surgery
5.1.2.1.1. Vasovasectomy and Vasoepididymostomy (Vasectomy reversal)
5.1.2.1.2. Sperm Retrieval Treatment
5.1.2.1.2.1. Microsurgical Sperm Aspiration (MESA)
5.1.2.1.2.2. Testicular Sperm Extraction (TESE)
5.1.2.1.3. Varicocele repairs
5.1.2.1.4. Drug & Hormone Therapy
5.1.2.1.5. Assisted Reproductive Techniques (ART)
5.1.2.1.5.1. Intrauterine insemination (IUI)
5.1.2.1.5.2. In vitro fertilization (IVF)
5.1.2.1.5.3. Intra cytoplasmic sperm injection (ICSI)
5.2. Female infertility
5.2.1. Female infertility test
5.2.1.1. Ovulation Testing
5.2.1.2. Hysterosalpingography
5.2.1.3. Laparoscopy
5.2.1.4. Ovarian reserve testing
5.2.1.5. Genetic Testing
5.2.2. Female infertility treatment types
5.2.2.1. In vitro fertilization
5.2.2.2. Intrauterine insemination (IUI)
5.2.2.3. Drug and hormone therapies
Chap 6. IVF & Infertility market geography wise
6.1. North America
6.1.1. US
6.1.2. Canada
6.1.2.1. Regulation for IVF in Canada
6.2. Asia
6.2.1. China
6.2.2. India
6.2.2.1. Growing fertility tourism in India
6.2.2.2. Need for a regulatory framework
6.2.3. Japan
6.2.3.1. Fertility Regulations in Japan
6.2.4. South Korea
6.2.5. Thailand
6.3. Europe
6.3.1. Italy
6.3.2. France
6.3.2.1. Regulations in France
6.3.2.2. Low cost treatment with social security cover in France
6.3.3. Germany
6.3.3.1. Coverage Policy
6.3.3.2. Regulations
6.3.4. Spain
6.3.4.1. Regulations in Spain
6.3.5. Russia
6.3.5.1. Regulations
Chap 7. Company Profiling
7.1. Andrology Solutions
7.1.1. Overview
7.1.2. Product Portfolio
7.1.3. SCOT Analysis
7.2. Auxilium Pharmaceuticals
7.2.1. Overview
7.2.2. Product Portfolio
7.2.3. Revenue Analysis
7.2.4. Strategic Moves
7.2.5. SCOT Analysis
7.3. Auxogyn
7.3.1. Overview
7.3.2. Products
7.3.3. Strategic Moves
7.3.4. SCOT Analysis
7.4. Ferring Pharmaceuticals
7.4.1. Overview
7.4.2. Product Portfolio
7.4.3. Strategic Moves
7.4.4. SCOT Analysis
7.5. Genea
7.5.1. Overview
7.5.2. Product Portfolio
7.5.3. Strategic Moves
7.5.4. SCOT Analysis
7.6. Halotech DNA
7.6.1. Overview
7.6.2. Product Portfolio
7.6.3. Strategic Moves
7.6.4. SCOT Analysis
7.7. Irvine Scientific
7.7.1. Overview
7.7.2. Product Portfolio
7.7.3. Strategic Moves
7.7.4. SCOT Analysis
7.8. Merck Serono
7.8.1. Overview
7.8.2. Product Portfolio
7.8.3. Revenue Analysis
7.8.4. Strategic Moves
7.8.5. SCOT Analysis
7.9. Origio
7.9.1. Overview
7.9.2. Product Portfolio
7.9.3. Strategic Moves
7.9.4. SCOT Analysis
7.10. Ovascience
7.10.1. Overview
7.10.2. Product Portfolio
7.10.3. Strategic Moves
7.10.4. SCOT Analysis
7.11. Vitrolife AB
7.11.1. Overview
7.11.2. Strategic Moves
7.11.3. SCOT Analysis

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】体外受精(IVF)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年1月22日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60566
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】体外受精(IVF)
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
体外受精(IVF)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • LEDバックライトDDIC(ディスプレイ用ドライバーIC)の世界市場
    当調査レポートでは、LEDバックライトDDIC(ディスプレイ用ドライバーIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LEDバックライトDDIC(ディスプレイ用ドライバーIC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロイコトリエンA4アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるロイコトリエンA4アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ロイコトリエンA4アンタゴニストの概要 ・ロイコトリエンA4アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のロイコトリエンA4アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ロイコトリエンA4アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ロイコトリエンA4アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エキソソーム研究関連製品の世界市場予測(~2024年)
    エキソソーム研究関連製品の世界市場は、2019年の9,100万米ドルから2024年には2億6,400万米ドルに達し、この期間中23.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ライフサイエンス研究への資金提供の増加、がんの蔓延、およびエキソソームベースの治療への関心の高まりなどが考えられます。一方で、熟練した専門家の不足により、この市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、エキソソーム研究関連製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス(キット、試薬、機器、サービス)分析、用途(がん)分析、エンドユーザー(病院、学術機関、研究所)分析、エキソソーム研究関連製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルドース還元酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルドース還元酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルドース還元酵素阻害剤の概要 ・アルドース還元酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルドース還元酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルドース還元酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルドース還元酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 法人向け秘書サービスの世界市場:製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス)、用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関)、地域別予測
    本資料は、法人向け秘書サービスの世界市場について調べ、法人向け秘書サービスの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス)分析、用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTMF Group、PwC、Deloitte、Vistra、Mazars Group、KPMG、Ecovisなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・法人向け秘書サービスの世界市場概要 ・法人向け秘書サービスの世界市場環境 ・法人向け秘書サービスの世界市場動向 ・法人向け秘書サービスの世界市場規模 ・法人向け秘書サービスの世界市場規模:製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス) ・法人向け秘書サービスの世界市場規模:用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関) ・法人向け秘書サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 医療機器メンテナンスの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療機器メンテナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、ベンダー種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線手術・放射線治療用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、放射線手術・放射線治療用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、放射線手術・放射線治療用ロボットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソルガムの世界市場
    当調査レポートでは、ソルガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソルガムの世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 報酬管理ソフトウェアの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、報酬管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、報酬管理ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 報酬管理ソフトウェアの世界市場:市場動向分析 - 報酬管理ソフトウェアの世界市場:競争要因分析 - 報酬管理ソフトウェアの世界市場:導入形態別 ・オンプレミス ・クラウドベース - 報酬管理ソフトウェアの世界市場:主要地域別分析 - 報酬管理ソフトウェアの北米市場規模(アメリカ市場等) - 報酬管理ソフトウェアのヨーロッパ市場規模 - 報酬管理ソフトウェアのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・報酬管理ソフトウェアの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015
    本調査レポートでは、中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015について調査・分析し、酸化亜鉛ナノ粒子の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートミラーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別(自動車、ホスピタリティ・小売)分析、自動車用スマートミラー別(タイプ、機能)分析、ホスピタリティ・小売用スマートミラー別(コンポーネント、技術、拡張現実)分析、スマートミラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞分析の世界市場:プロセス別(単一細胞分析、細胞増殖、細胞計測・品質管理、細胞相互作用)、製品別(装置、消耗品)、エンドユーザー別(医薬品、病院、CRO、バイオテクノロジ)、地域別予測
    本資料は、細胞分析の世界市場について調べ、細胞分析の世界規模、市場動向、市場環境、プロセス別(単一細胞分析、細胞増殖、細胞計測・品質管理、細胞相互作用)分析、製品別(装置、消耗品)分析、エンドユーザー別(医薬品、病院、CRO、バイオテクノロジ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAgilent Technologies, Inc.、Becton, Dickinson and Company、Danaher Corporation、GE Healthcare、Merck KGAA、Olympus Corporation、PerkinElmer, Inc.、Promega Corporation、Tecan Group Ltd.、Thermo Fisher Scientific, Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・細胞分析の世界市場概要 ・細胞分析の世界市場環境 ・細胞分析の世界市場動向 ・細胞分析の世界市場規模 ・細胞分析の世界市場規 …
  • 食品用アルコールの世界市場予測(~2022年):エタノール、ポリオール
    当調査レポートでは、食品用アルコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、食品用アルコールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティの世界市場:スマートセキュリティ、スマートインフラ、スマートエネルギー、スマートガバナンス、スマート教育、スマートビル、スマート医療、スマートモビリティ
    当調査レポートでは、スマートシティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシティの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインスポーツ用品販売の世界市場
    当調査レポートでは、オンラインスポーツ用品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンラインスポーツ用品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場におけるトップ15企業分析2016
    当調査レポートでは、液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場におけるトップ15社について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 大規模陸上液化インフラ市場の概要 3. 重要問題 4. LNG市場における競合企業のポジショニング 5. LNG市場における主要企業 6. 大規模陸上LNGインフラ市場のPEST分析 7. 専門家の意見 8. 結論 9. 用語集
  • 伝熱流体の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、伝熱流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(鉱油、合成液、グリコール、その他)分析、エンドユーズ産業別(化学、石油およびガス、自動車、再生可能エネルギー、医薬品、食品および飲料、HVACR、およびその他)分析、伝熱流体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、伝熱流体の世界市場規模が2019年32億ドルから2024年50億ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。
  • ギリシャの整形外科補綴市場見通し
  • 世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別
    本調査レポートは炭化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(アセチレン生産、還元剤及び脱水剤、製鋼、カルシウムシアナミド生産、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・炭化カルシウムの世界市場:用途別(アセチレン生産、還元剤及び脱水剤、製鋼、カルシウムシアナミド生産、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 免疫療法治療薬の世界市場予測(~2021):薬種類別(成人用ワクチン、チェックポイント阻害剤、インターフェロンアルファ)、治療分野別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、免疫療法治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、薬種類別分析、治療分野別分析、需要先別分析、地域別分析、免疫療法治療薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラスDオーディオアンプの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラスDオーディオアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、デバイス別(スマートフォン、テレビ、ホームオーディオシステム、自動車用インフォテインメントシステム)分析、アンプ種類別(モノチャンネル、2チャンネル、4チャンネル、6チャンネル)分析、エンドユーザー産業別分析、クラスDオーディオアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラスDオーディオアンプの世界市場規模が2019年23億ドルから2024年36億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:中国の治療薬市場
  • コニャックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コニャックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コニャック市場規模、製品別(VS、VSOP、XO)分析、流通経路別(オフトレード、オントレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コニャックの世界市場概要 ・コニャックの世界市場環境 ・コニャックの世界市場動向 ・コニャックの世界市場規模 ・コニャックの世界市場:業界構造分析 ・コニャックの世界市場:製品別(VS、VSOP、XO) ・コニャックの世界市場:流通経路別(オフトレード、オントレード) ・コニャックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コニャックの北米市場規模・予測 ・コニャックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コニャックのアジア太平洋市場規模・予測 ・コニャックの主要国分析 ・コニャックの世界市場:意思決定フレームワーク ・コニャックの世界市場:成長要因、課題 ・コニャックの世界市場:競争環境 ・コニャックの世界市場:関連企業情報(ベンダ …
  • 窒化アルミニウムの世界市場
    当調査レポートでは、窒化アルミニウムの世界市場について調査・分析し、窒化アルミニウムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 窒化アルミニウムの世界市場:市場動向分析 - 窒化アルミニウムの世界市場:競争要因分析 - 窒化アルミニウムの世界市場:分類別 ・分析的な分類 ・技術的な分類 - 窒化アルミニウムの世界市場:用途別 ・航空システム ・防衛 ・排出制御 ・マイクロエレクトロニクス ・Naval Radio ・パワーエレクトロニクス ・その他 - 窒化アルミニウムの世界市場:種類別 ・直接窒化法 ・炭素熱還元法および窒化物形成法 - 窒化アルミニウムの世界市場:主要地域別分析 - 窒化アルミニウムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 窒化アルミニウムのヨーロッパ市場規模 - 窒化アルミニウムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・窒化アルミニウムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 心臓律動管理(CRM)機器の世界市場2017-2021:除細動器、ペースメーカー、CRT機器
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、心臓律動管理(CRM)機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓律動管理(CRM)機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は心臓律動管理(CRM)機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Boston Scientific、Medtronic等です。
  • 欧州の物流市場2017-2021
    当調査レポートでは、欧州の物流市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、欧州の物流市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場分析:製品別(乳がん、肺がん、結腸/直腸がん、前立腺がん、肝臓がん、骨がん、神経/筋骨格/心臓血管がん)、乳房CAD画像診断法別(マンモグラフィー、磁気共鳴イメージング、超音波イメージング、トモシンセシス、核イメージング)、撮像方法別(X線イメージング、コンピュータ断層撮影、超音波イメージング、磁気共鳴、核医学イメージング)、セグメント予測
    本調査レポートでは、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場について調査・分析し、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場動向、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ支援診断(CAD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電子タバコの世界市場:製品別(充電式、モジュラー式、使い捨て)、販売チャネル別(小売、オンライン)、コンポーネント別、セグメント予測
    電子タバコの世界市場は2025年には471億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率23.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、若者の間で電子タバコ人気が急上昇していることが考えられます。本調査レポートでは、電子タバコの世界市場について調査・分析し、電子タバコの世界市場動向、電子タバコの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子タバコ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 騎乗式トロウェルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、騎乗式トロウェルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、騎乗式トロウェル市場規模、操舵装置別(機械式、油圧式)分析、刃の直径別(36”、46”/48”、48”超)分析、燃料別(電気、ガソリン、ディーゼル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:市場動向分析 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:競争要因分析 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:操舵装置別(機械式、油圧式) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:刃の直径別(36”、46”/48”、48”超) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:燃料別(電気、ガソリン、ディーゼル) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:主要地域別分析 ・ 騎乗式トロウェルの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 騎乗式トロウェルのヨーロッパ市場規模 ・ 騎乗式トロウェルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・騎乗式トロウェルの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • サーボドライブおよびモーターの世界市場
    当調査レポートでは、サーボドライブおよびモーターの世界市場について調査・分析し、サーボドライブおよびモーターの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の暗号通貨市場規模・予測2017-2025:種類別(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ダッシュコイン・その他)、エンドユーザー別(ピアツーピア、送金、Eコマース、・小売)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の暗号通貨市場について調査・分析し、世界の暗号通貨市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の暗号通貨関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 高度サスペンション制御システムの世界市場見通し2016-2022:アクティブサスペンションシステム、セミアクティブサスペンションシステム
    当調査レポートでは、高度サスペンション制御システムの世界市場について調査・分析し、高度サスペンション制御システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・高度サスペンション制御システムの世界市場:市場動向分析 ・高度サスペンション制御システムの世界市場:競争要因分析 ・高度サスペンション制御システムの世界市場:技術別分析/市場規模 ・高度サスペンション制御システムの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・高度サスペンション制御システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・高度サスペンション制御システムの北米市場規模 ・高度サスペンション制御システムの欧州市場規模 ・高度サスペンション制御システムのアジア市場規模 ・高度サスペンション制御システムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のレトルトパウチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のレトルトパウチ市場2015について調査・分析し、レトルトパウチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアボーンウェポンデリバリーシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エアボーンウェポンデリバリーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアボーンウェポンデリバリーシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 気象予報システム及びソリューションの世界市場:予測範囲別(短期、中期、長期)、コンポーネント別、最終用途別(企業、防衛・軍事)、セグメント予測
    本調査レポートでは、気象予報システム及びソリューションの世界市場について調査・分析し、気象予報システム及びソリューションの世界市場動向、気象予報システム及びソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別気象予報システム及びソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の石油・ガスパイプライン産業見通し
  • 世界及び欧州のステップストゥール市場-分析及び展望(~2022年)
  • 世界の変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界の変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)市場2016について調査・分析し、変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 仙骨神経刺激療法(SNS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仙骨神経刺激療法(SNS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仙骨神経刺激療法(SNS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ハウス用フィルムの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ハウス用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、厚さ別分析、幅別分析、地域別分析、ハウス用フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎臓神経除去の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、腎臓神経除去の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、腎臓神経除去の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 周波数変換器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、周波数変換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、周波数変換器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル電子機器の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ウェアラブル電子機器の世界市場について調査・分析し、ウェアラブル電子機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ウェアラブル電子機器の世界市場:市場動向分析 - ウェアラブル電子機器の世界市場:競争要因分析 - ウェアラブル電子機器の世界市場:製品別 ・手首に着用 ・首に着用 ・眼に着用 ・脚に着用 ・体に着用 ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:技術別 ・コンピューター技術 ・ディスプレイ ・音声認識 ・センサー技術 ・測位技術 ・ネットワーク技術 - ウェアラブル電子機器の世界市場:構成要素別 ・知覚 ・ディスプレイ ・インターフェース ・メモリー ・制御 ・測位とネットワーク ・電源 ・PCB ・電池 ・音声 ・カメラ ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:用途別 ・家電 ・医療 ・企業・産業 ・娯楽アプリ ・防衛 ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:主要地域別分析 - ウェアラブル電子機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - ウェアラブル電子機器の …
  • 牧草用・飼料用機械の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、牧草用・飼料用機械の世界市場規模が2017年から2026年まで年平均5.27%成長すると予測しています。当調査レポートでは、牧草用・飼料用機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、牧草用・飼料用機械市場規模、種類別(テッダー・熊手、飼料収穫機、ベーラー、芝刈り機)分析、用途別(中小農場、大農場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:市場動向分析 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:競争要因分析 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:種類別(テッダー・熊手、飼料収穫機、ベーラー、芝刈り機) ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:用途別(中小農場、大農場) ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:主要地域別分析 ・ 牧草用・飼料用機械の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 牧草用・飼料用機械のヨーロッパ市場規模 ・ 牧草用・飼料用機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・牧 …
  • 北米の使い捨てアイスパック市場:用途別、製品別、地域別
    本調査レポートは使い捨てアイスパックの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(食品及び飲料、医療及びヘルスケア、化学薬品)分析、顧客状況、製品別(ドライアイスベース、ゲルベース)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・使い捨てアイスパックの北米市場:用途別(食品及び飲料、医療及びヘルスケア、化学薬品) ・顧客状況 ・使い捨てアイスパックの北米市場:製品別(ドライアイスベース、ゲルベース) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 植物生長調整剤(PGR)の世界市場予測(~2022年):オーキシン、サイトカイニン、ジベレリン、エチレン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、植物生長調整剤(PGR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、作物タイプ別分析、構成別分析、地域別分析、植物生長調整剤(PGR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車向けドライバ状態監視装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車向けドライバ状態監視装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車向けドライバ状態監視装置の世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 近赤外線分光法の世界市場
    当調査レポートでは、近赤外線分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、近赤外線分光法の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 医薬品有効成分(API)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医薬品有効成分(API)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品有効成分(API)の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"