"コハク酸の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60543)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コハク酸の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Succinic is emerging as one of the most competitive bio based chemicals. The US department of energy has included succinic acid among the top 12 value added bio-based chemicals. Succinic Acid is an intermediate in many chemical processes and is used in the production of various products in a fragmented industry that has multiple players in this production process. The market shows a huge potential of growth depended vastly on the sustainable production of bio-based succinic acid.
Succinic acid is a chemical which has a large number of applications ranging from BDO, polymers, fibres, pharmaceuticals, food, polyurethanes, plasticizers to dyes and coatings. However the major demand originates from coating, resins, BDO, plasticizers and polyurethanes along with the food industry. Currently there is very small number of companies producing succinic acid in large amounts. Most of the companies are small scale and with limited capacity.
Developing countries like China and India are dotting with small scale producers of succinic acid.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"コハク酸の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chap 1. Executive Summary
Chap 2. Market Overview
2.1. Introduction
2.2. Value Chain Analysis
2.2.1. Raw Material
2.2.2. Product
2.2.3. Markets
2.3. Key Buying Criteria
2.3.1. Objective
2.3.1.1. Utility
2.3.1.2. Personal Care
2.3.1.3. Substitute For Petrochemical-Based Succinic Acid
2.3.1.4. Replacement To Plastic And Derivatives
2.3.1.5. Pharmaceuticals
2.3.1.6. Favorable Government Policies And Regulations
2.3.2. Price
2.3.3. Availability
2.3.4. Quality
2.3.5. Environment Effects
2.4. Strategic Recommendations
2.4.1. Inviting Government Funding
2.4.2. India And ASEAN Market
Chap 3. Market Motivators
3.1. Market Drivers
3.1.1. Government Policies Giving Rise To Succinic Acid Market
3.1.2. Availability Of Renewable Raw Materials
3.1.3. Rise In Petroleum Prices
3.2. Restraints
3.2.1. High Price Of Bio Based Succinic Acid
3.2.2. Competitive Market
3.3. Opportunity
3.3.1. Varied Applications
3.3.1.1. Food And Beverages
3.3.1.2. Pharmaceuticals
3.3.2. Effective Treatment
3.3.3. Go Green Initiative
3.3.4. Substitute To Key Chemicals
3.3.5. Bio-Based Biodegradable Plastic In Demand
3.3.6. Pharmaceutical Use
3.4. Challenges
3.4.1. High Processing Cost
3.4.2. Awareness
3.4.3. Time Consuming Process
Chap 4. Market Segmentation
4.1. By Applications
4.1.1. Food & Beverages
4.1.1.1. Preservatives
4.1.1.2. Softening Agent
4.1.1.3. Packaging
4.1.2. Pharmaceuticals
4.1.2.1. Cosmetics
4.1.2.2. Preparation Of Drugs
4.1.3. Industrial Applications
4.1.3.1. 1,4-Butanediol(BDO)
4.1.3.2. Plasticizers
4.1.3.3. PBS (Polybutylene Succinate)
4.1.3.4. Solvents And Lubricants
4.1.4. Other Industrial Use
4.2. By Raw Material
4.2.1. Petrochemical- Based Succinic Acid
4.2.1.1. Maleic Anhydride
4.2.2. Bio-Based Succinic Acid
4.2.2.1. Production From Corn
4.2.2.2. Production From Molasses
Chap 5. Alternative Market For Succinic Acid
5.1. Maleic Anhydride (MAN)
Chap 6. Competitive Intelligence
6.1. Key Market Strategies
6.1.1. Highly Competitive Market Triggers Innovation
6.1.2. Building Strong Distribution Network
6.1.3. Companies Focusing On Asian Markets (Production) And European (Consumer) Markets
6.1.4. Collaborations And Partnerships
6.1.5. Reducing Carbon Footprints By Adapting Eco Friendly Solutions
Chap 7. Market Share Analysis
Chap 8. Geographical Analysis
8.1. North America
8.1.1. United States Of America
8.1.1.1. Key Factors Affecting The US Market
8.1.1.2. Infrastructure Capabilities
8.1.2. Canada
8.1.2.1. Agriculture
8.1.2.1.1. Opportunities
8.2. Europe
8.2.1. Price Of Raw Material Is A Key Restraint For Succinic Acid
8.3. Asia Pacific (APAC)
8.3.1. China
8.3.2. India
8.3.3. Japan
8.4. Row
8.4.1. Brazil
Chap 9. Corporate Profiling
9.1. Bioamber Inc.
9.1.1. Product Portfolio
9.1.2. Company Overview
9.1.3. Scot Analysis
9.2. Myriant Corporation
9.2.1. Company Overview
9.2.2. Scot Analysis
9.3. BASF SA
9.3.1. Company Overview
9.3.2. Scot Analysis
9.4. DSM Netherlands
9.4.1. Company Overview
9.4.2. Scot Analysis
9.5. Mitsui & Co. Ltd
9.5.1. Company Overview
9.5.2. Scot Analysis
9.6. Mitsubishi Chemical Corporation
9.6.1. Company Overview
9.6.2. Scot Analysis
9.7. Purac (Carbion NV)
9.7.1. Company Overview
9.7.2. Scot Analysis
9.8. Reverdia (DSM – Roquette)
9.8.1. Company Overview
9.8.2. Scot Analysis
9.9. Gadiv Petrochemical Industries Ltd.
9.9.1. Company Overview

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コハク酸の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年1月23日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60543
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】コハク酸
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コハク酸の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ハンチントン病(Huntington’s Disease):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ハンチントン病(Huntington's Disease)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ハンチントン病(Huntington's Disease):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ハンチントン病(Huntington's Disease)のフェーズ3治験薬の状況 ・ハンチントン病(Huntington's Disease)治療薬の市場規模(販売予測) ・ハンチントン病(Huntington's Disease)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ハンチントン病(Huntington's Disease)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のハンチントン病(Huntington's Disease)治療薬剤
  • 贋金検出の世界市場:偽札鑑別機、通貨処理機
    当調査レポートでは、贋金検出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米のDNAシークエンシング市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、北米のDNAシークエンシング市場について調査・分析し、北米のDNAシークエンシング市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界主要国における膜式除湿器市場2018-2023
    本調査レポートでは、膜式除湿器の世界市場について調査・分析し、膜式除湿器の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(多孔質膜、非多孔質膜)、用途別市場規模(食品・飲料、医療、産業、テレコム、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、膜式除湿器の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・膜式除湿器の世界市場概要 ・膜式除湿器の企業別市場シェア ・膜式除湿器の地域別市場規模 ・膜式除湿器の種類別市場規模(多孔質膜、非多孔質膜) ・膜式除湿器の用途別市場規模(食品・飲料、医療、産業、テレコム、その他) ・膜式除湿器の主要企業分析 ・膜式除湿器の北米市場規模 ・膜式除湿器の米国市場規模 ・膜式除湿器の南米市場規模 ・膜式除湿器の欧州市場規模 ・膜式除湿器のアジア市場規模 ・膜式除湿器の日本国内市場規模 ・膜式除湿器の中国市場規模 ・膜式 …
  • ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場について調査・分析し、ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビスマレイミド(BMI)樹脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビスマレイミド(BMI)樹脂種類別分析(粉末、溶液)、ビスマレイミド(BMI)樹脂用途別分析(航空、自動車、軍事、エレクトロニクス)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂の市場概観 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場規模 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のアメリカ市場規模推移 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のカナダ市場規模推移 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のメキシコ市場規模推移 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のヨーロッパ市場分析(ド …
  • メキシコの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • ホーム・オートメーションの世界市場
    当調査レポートでは、ホーム・オートメーションの世界市場について調査・分析し、ホーム・オートメーションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • イギリスの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • ホメオパシー療法の世界市場:種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来)、用途別(病院、ホメオパシークリニック)、地域別予測
    本資料は、ホメオパシー療法の世界市場について調べ、ホメオパシー療法の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来)分析、用途別(病院、ホメオパシークリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHahnemann Laboratories Inc. 、Natural Health Supply、Boiron USA、Homelab USA、SBL、Hyland’s Homeopathic、Nelson & Co. Ltd. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホメオパシー療法の世界市場概要 ・ホメオパシー療法の世界市場環境 ・ホメオパシー療法の世界市場動向 ・ホメオパシー療法の世界市場規模 ・ホメオパシー療法の世界市場規模:種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来) ・ホメオパシー療法の世界市場規模:用途別(病院、ホメオパシークリニック) ・ホメオパシー療法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホメオパシー療法の北米市 …
  • 歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場について調査・分析し、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別歯科用洗浄機・殺菌器シェア、市場規模推移、市場規模予測、歯科用洗浄機・殺菌器種類別分析(ベンチトップ、カウンター下、自立式)、歯科用洗浄機・殺菌器用途別分析(歯科クリニック、病院、研究所)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・歯科用洗浄機・殺菌器の市場概観 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場規模 ・歯科用洗浄機・殺菌器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のアメリカ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のカナダ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメキシコ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のドイツ市場規模推移 ・歯 …
  • 配電自動化システムの世界市場分析:実施方法別(変電所自動化、供給者自動化、消費者側自動化)、用途別)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、配電自動化システムの世界市場について調査・分析し、配電自動化システムの世界市場動向、配電自動化システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別配電自動化システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 危険環境用廃棄物処理ロボットの世界市場2017-2021:工業、電子力
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、危険環境用廃棄物処理ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、危険環境用廃棄物処理ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は危険環境用廃棄物処理ロボットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.64%成長すると予測しています。
  • セミトレーラーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セミトレーラーの世界市場について調査・分析し、セミトレーラーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セミトレーラーシェア、市場規模推移、市場規模予測、セミトレーラー種類別分析()、セミトレーラー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セミトレーラーの市場概観 ・セミトレーラーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セミトレーラーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セミトレーラーの世界市場規模 ・セミトレーラーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・セミトレーラーのアメリカ市場規模推移 ・セミトレーラーのカナダ市場規模推移 ・セミトレーラーのメキシコ市場規模推移 ・セミトレーラーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・セミトレーラーのドイツ市場規模推移 ・セミトレーラーのイギリス市場規模推移 ・セミトレーラーのロシア市場規模推移 ・セミトレーラーのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 自動車用パワースライドドアシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用パワースライドドアシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワースライドドアシステム市場規模、最終用途別(乗用バン、カーゴバン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場概要 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場環境 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場動向 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場規模 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:最終用途別(乗用バン、カーゴバン) ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワースライドドアシステムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用パワースライドドアシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用パワースライドドアシステムのアジア市場規模・予測 ・自動車用パワースライ …
  • 弁輪形成修復機器の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、弁輪形成修復機器の世界市場について調査・分析し、弁輪形成修復機器のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(僧帽弁、三尖弁)、用途別販売分析(病院、クリニック)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、弁輪形成修復機器産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・弁輪形成修復機器市場概要 ・弁輪形成修復機器のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・弁輪形成修復機器の世界市場:種類別販売量(僧帽弁、三尖弁) ・弁輪形成修復機器の世界市場:用途別販売量(病院、クリニック) ・弁輪形成修復機器の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・弁輪形成修復機器の米国市場規模 ・弁輪形成修復機器の中国市場規模 ・弁輪形成修復機器の欧州市場規模 ・弁輪形成修復機器の日本市場規模 ・弁輪形成修復機器の東南アジア市場規模 ・弁輪形成修復機器のインド市場規模 ・弁輪形成修復機器のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・弁輪形成修復機器のコスト分析・価格動向 ・弁輪形成修復機器の産業チェーン …
  • 光干渉断層画像診断法(OTC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、光干渉断層画像診断法(OTC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光干渉断層画像診断法(OTC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 床材の世界市場:ソフト床材、床タイル、木質床材
    当調査レポートでは、床材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、床材の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 坑井介入の北米市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、坑井介入の北米市場規模が2019年30億ドルから2024年42億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • DevOpsプラットフォームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、DevOpsプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DevOpsプラットフォームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び日本のボラード市場2017-2022
  • 防火システムの世界市場:火災感知センサー、感知器、RFID、スプリンクラー設備、消火器
    当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 泡消火剤の世界市場:水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他
    当調査レポートでは、泡消火剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、泡消火剤市場規模、製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Angus International Safety Group, DIC CORPORATION, Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer, Johnson Controls, The Solberg Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・泡消火剤の世界市場概要 ・泡消火剤の世界市場環境 ・泡消火剤の世界市場動向 ・泡消火剤の世界市場規模 ・泡消火剤の世界市場:業界構造分析 ・泡消火剤の世界市場:製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他) ・泡消火剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・泡消火剤の北米市 …
  • 先進タイヤの世界市場:オンハイウェイ車種別(LDV、HDV)、技術別(チップ埋め込みタイヤ、自動膨張式タイヤ、マルチチャンバータイヤ、オールインワンタイヤ)、オフハイウェイ車種別(車載・車外クラウドサービス対応トラクター、建設・採鉱装置、産業機器)、ニッチテクノロジー別(3Dプリントタイヤ、自律走行車用先進タイヤ)、材料別(天然ゴム、合成ゴム、スチール、エラストマー、その他)、地域別予測
    本資料は、先進タイヤの世界市場について調べ、先進タイヤの世界規模、市場動向、市場環境、オンハイウェイ車種別(LDV、HDV)分析、技術別(チップ埋め込みタイヤ、自動膨張式タイヤ、マルチチャンバータイヤ、オールインワンタイヤ)分析、オフハイウェイ車種別(車載・車外クラウドサービス対応トラクター、建設・採鉱装置、産業機器)分析、ニッチテクノロジー別(3Dプリントタイヤ、自律走行車用先進タイヤ)分析、材料別(天然ゴム、合成ゴム、スチール、エラストマー、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはContinental 、Bridgestone 、 Michelin 、 Goodyear 、 Pirelli 、 Sumitomo 、 Yokohama 、 Hankook Tire 、 Nokian 、 Ceat 、 Toyo Tire & Rubber Co. Ltd.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・先進タイヤの世界市場概要 ・先進タイヤの世界市 …
  • 移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Anaconda Equipment、Komatsu、Metso、Sandvik、Terex等です。
  • オンライン個別指導の世界市場:コース別(STEM、語学、その他)、地域別予測
    本資料は、オンライン個別指導の世界市場について調べ、オンライン個別指導の世界規模、市場動向、市場環境、コース別(STEM、語学、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはClub Z Tutoring、Fleet Education Services、Pearson ELT、ArborBridge、BechPrep、EF Education First、Kaplan、Knewton 、Revolution Prep.、Sylvan Learningなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オンライン個別指導の世界市場概要 ・オンライン個別指導の世界市場環境 ・オンライン個別指導の世界市場動向 ・オンライン個別指導の世界市場規模 ・オンライン個別指導の世界市場規模:コース別(STEM、語学、その他) ・オンライン個別指導の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンライン個別指導の北米市場規模・予測 ・オンライン個別指導のアメリカ市場規模・予測 ・オンラ …
  • 世界の経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の概要 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:開発段階別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:セグメント別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:領域別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:規制Path別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の最近動向
  • 世界のテルル化カドミウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のテルル化カドミウム市場2015について調査・分析し、テルル化カドミウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 5Gインフラストラクチャーの世界市場
    本資料は、5Gインフラストラクチャーの世界市場について調べ、5Gインフラストラクチャーの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(ソフトウェアデファインドネットワーキング、ネットワーク機能仮想化、モバイルエッジコンピューティング、フォグコンピューティング)分析、用途別(医療アラートシステム、アクセス制御&管理ソリューション、侵入アラームソリューション、インターコムシステム、ビデオ監視システム、防火システム、統合セキュリティーソリューション)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSGS、Eurofins、Intertek、Bureau Veritas、TUD SUD、ALS Limited、3M、Thermo Fisher、Merck、Agilent Technologies、Bio-Rad、Romer Labs、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・5Gインフラストラクチャーの世界市場概要 ・5Gインフラストラクチャーの世界市場環境 ・5Gインフラス …
  • 建設用塗料の東南アジア市場
  • 末梢血管ステントの世界市場2017-2021:自己拡張型、バルーン拡張型、薬剤溶出型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、末梢血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、末梢血管ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は末梢血管ステントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoston Scientific、Abbott、Medtronic、Cook、C. R. Bard、BIOTRONIK、Cordis (a Cardinal Health company)等です。
  • 元素分析の世界市場2014-2025:元素タイプ別(有機、無機)、技術別(破壊技術、非破壊技術)、地域別
    本調査レポートでは、元素分析の世界市場について調査・分析し、元素分析の世界市場動向、元素分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別元素分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 配電変圧器の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、配電変圧器の世界市場について調査・分析し、配電変圧器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 殺菌剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、殺菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、作物別分析、用途別分析、形状別分析、殺菌剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の下気道感染症(Lower Respiratory Tract Infec …
  • 腎性骨形成異常症(Renal Osteodystrophy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腎性骨形成異常症(Renal Osteodystrophy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腎性骨形成異常症(Renal Osteodystrophy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腎性骨形成異常症(Renal Osteodystrophy)の概要 ・腎性骨形成異常症(Renal Osteodystrophy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腎性骨形成異常症(Renal Osteodystrophy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腎性骨形成異常症(Renal Osteodystrophy)治療薬の評価    …
  • 商用車テレマティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、商用車テレマティクスの世界市場について調べ、商用車テレマティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、商用車テレマティクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(LCV、M&HCV)、種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は商用車テレマティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均21%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・商用車テレマティクスの市場状況 ・商用車テレマティクスの市場規模 ・商用車テレマティクスの市場予測 ・商用車テレマティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(LCV、M&HCV) ・市場セグメンテーション:種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス) ・商用車テレマ …
  • 痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))の概要 ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Ar …
  • 世界のプロピオン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロピオン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、プロピオン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:ACC、HUD、TPMS、LDWS、死角検出、 アダプティブ・フロント・ライト、電子制御ブレーキ、パーク・アシスト、ナイトビジョン、歩行者検出、道路標識認識、眠気モニター
    当調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、センサー種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体レーザーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 免疫タンパク質検査の世界市場:アメリカ、ヨーロッパ、日本市場の検査数および販売予測
  • スカッシュ用品の世界市場:ラケット、ボール、シューズ、その他
    当調査レポートでは、スカッシュ用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スカッシュ用品市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amer Sports, ASICS, Dunlop Sports, Harrow Sports, HEAD, Tecnifibreなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スカッシュ用品の世界市場概要 ・スカッシュ用品の世界市場環境 ・スカッシュ用品の世界市場動向 ・スカッシュ用品の世界市場規模 ・スカッシュ用品の世界市場:業界構造分析 ・スカッシュ用品の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スカッシュ用品の世界市場:製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他) ・スカッシュ用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スカッシュ用品の北米市場規模・予測 ・スカッシュ用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ス …
  • 世界の画像誘導手術デバイス開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、画像誘導手術デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・画像誘導手術デバイスの概要 ・画像誘導手術デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・画像誘導手術デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・画像誘導手術デバイスの開発動向:領域別分析 ・画像誘導手術デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・画像誘導手術デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別画像誘導手術デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・画像誘導手術デバイスの最近動向
  • バイオリキッド熱電併給の世界市場予測(~2022年):熱生産、電気発電、バイオエタノール、バイオディーゼル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バイオリキッド熱電併給の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、種類別分析、地域別分析、バイオリキッド熱電併給の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品および食料品小売の世界市場:タイプ別(パッケージされていない、パッケージ済み、飲料、タバコ、家庭用品)、セグメント予測
    食品および食料品小売の世界市場は2020年には12兆2400億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.9%で成長すると予測されています。近年、この業界は着実に成長しており、予測期間にわたって成長を続けるものと期待されています。特に、アジア太平洋地域の国々における成長が顕著です。インド、中国、インドネシアなどの国々では、近代的な店舗の数が増えたもあり顕著な成長を見せています。一部の国々、特に西ヨーロッパにおいては、市場は成熟しており飽和状態にあります。本調査レポートでは、食品および食料品小売の世界市場について調査・分析し、食品および食料品小売の世界市場動向、食品および食料品小売の世界市場規模、市場予測、セグメント別食品および食料品小売市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シャワーヘッド及びパネルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シャワーヘッド及びパネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シャワーヘッド及びパネルの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのプレハブ建築(システム建築)市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドのプレハブ建築(システム建築)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドのプレハブ建築(システム建築)市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストの概要 ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロピリン1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロピリン1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ホルモン避妊薬の世界市場:手法別(ピル、子宮内避妊器具(IUD)、パッチ、インプラント、避妊リング、注射剤)、地域別、供給業者勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、ホルモン避妊薬の世界市場について調査・分析し、ホルモン避妊薬の世界市場動向、ホルモン避妊薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別ホルモン避妊薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 遺伝子検査の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、遺伝子検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・遺伝子検査の世界市場:市場動向分析 ・遺伝子検査の世界市場:競争要因分析 ・遺伝子検査の世界市場:用途別分析/市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:種類別分析/市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:技術別分析/市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:地域別分析/市場規模 ・遺伝子検査の北米市場規模 ・遺伝子検査の欧州市場規模 ・遺伝子検査のアジア市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"