"難燃剤の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60577)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"難燃剤の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Flame retardants are the chemicals that can be mixed with the base materials as additive flame retardants or can also be chemically bonded to it as reactive flame retardants. These chemicals are usually used to suppress, delay or inhibit the production of flames so that spread of fire can be prevented. These flame retardant chemicals are used in the manufacture of number of products across a number of industries such as building and construction, automotive and transportation industry, wires and cables and last but not the least textile industry.
The major factors driving the market are the increasing regulations for safety in case of fire borne hazards, extensive use of flame retardant chemicals in various sectors such as furnishing, transportation, and electronic equipments. Continuous research and development is done in the field. As a result of which development of better quality of chemicals such as non-halogenated flame retardants are produced, and their market size is also increasing. Although, there are many factors which are driving the market but there are certain factors which act as a restraint for the market such as health concerns and stringent environmental regulations. Also, the increasing cost of the chemicals used in the production is increasing which is acting as a hurdle for the market.

Global flame retardant chemicals market can be segmented based on a number of factors such as on the basis of its type it can be divided in categories such as Aluminum trihydrate, Brominated, Antimony Oxide, and Organo phosphorous. On the basis of end user it can be divided as those used in building & construction industry, electronics industry, automotive and transportation industry, textiles industry etc. The geographic analysis done by us explains that Asia-pacific region has the largest share followed by North America. The major market leaders of the field are Basf Se, Chemtex speciality limited, Signum etc.

Companies profiled includes
1. Acoustical Surfaces
2. Acuro organics ltd.
3. Akzo Nobel N.V
4. Albemarle Corporation
5. Alfa India
6. Basf Se
7. Bayer Materialscience Lanxess
8. Broadview technologies
9. Chemtex speciality limited
10. Chemtura Corporation
11. Chicago tribunes
12. Clariant Ag
13. E.I. Du Pont De Nemours And Company
14. Eco Star
15. Hanwha
16. ic Corporation
17. Inolex
18. Israel Chemicals Ltd (ICL)
19. Jiangsu ENTC Nuclear Technology joint stock Co. Ltd.
20. JJI Technologies Painsville, OH
21. Lanxess ic Corporation
22. Mags Novel
23. Nantong luolai chemical fibre co. ltd.
24. Niknam chemicals pvt. Ltd.
25. Pyrotech Addison
26. Rheinchemie Additives
27. Runyuan
28. Signum
29. TCI Chemicals pvt. Ltd.
30. Turning Star, Inc. Leonia NJ

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR up to 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"難燃剤の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1 Executive Summary
1.2 Estimation methodology
2. Market overview
2.1 Market definition and scope
2.2 Key findings
2.3 Parametric analysis
2.3.1 Hazards due to fire in various sectors such as construction sites, Home appliances
2.3.2 Investment in flame retardant materials by various countries
2.4 Key market insights
2.4.1 Top 3 emerging countries
2.4.2 Top 3 revenue generating segments
2.4.3 Market trends
2.4.4 Winning strategy
2.4.5 Pipeline analysis
2.5 R & D Scenario
2.6 Competitive intelligence
2.6.1 Market share analysis
2.6.2 Top winning strategies
2.6.3 Case study;top competitive moves
2.7 Value chain analysis
2.8 Key buying criteria
2.9 Strategic recommendation
2.10 Strategic conclusion
3. Market determinants
3.1 Market drivers
3.1.1 Increasing safety regulations for fire
3.1.2 They prove to be a better tool to reduce fire risk with lesser production of toxic emissions
3.1.3 Increasing use of flame retardants in various sectors such as furnishing, transportation and electronic equipments
3.2 Market Restraints
3.2.1 Health concerns
3.2.2 Stringent environmental regulations
3.2.3 Increasing cost of flame retardant chemicals

3.3 Market opportunity
3.3.1 Growth in the demand of Non-halogenated flame retardants
3.3.2 Development of better quality flame retardants chemicals
3.4 Market Challenges
3.4.1 Ignorance of health related issues during the manufacturing of Flame retardant chemicals
3.4.2 Formation of toxic compounds after degradation of flame retardants
4. Sector analysis
4.1 Parent market analysis
4.2 Competitor market analysis
4.3 Alternative market analysis
5. Market Segmentation
5.1 Global flame retardant chemical market on the basis of its type, 2014-2021($ millions)
5.1.1 Global flame retardant chemical market of Aluminum trihydrate, 2014-2015($ millions )
5.1.2 Global flame retardant chemical market of Brominated type, 2014-2015($ millions )
5.1.3 Global flame retardant chemical market of Antimony Oxide, 2014-2015($ millions )
5.1.4 Global flame retardant chemical market of Organo phosphorous , 2014-2015($ millions )
5.2 Global flame retardant chemical market on the basis of end user, 2014-2021($ millions)
5.2.1 Global flame retardant chemical market by Building & Construction industry, 2014-2021 ($ millions)
5.2.2 Global flame retardant chemical market by Electronics industry, 2014-2021 ($ millions)
5.2.3 Global flame retardant chemical market by Automotive and Transportation industry, 2014-2021 ($ millions)
5.2.4 Global flame retardant chemical market by Wires and cables industry, 2014-2021 ($ millions)
5.2.5 Global flame retardant chemical market by Textiles industry, 2014-2021 ($ millions)
6. Geographic analysis
6.1 North America flame retardant chemical market, 2014-2021,($ millions)
6.1.1 U.S flame retardant chemical market,2014-2021,($millions)
6.1.2 Canada flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.2 Europe flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.2.1 U.K flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.2.2 Germany flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.2.3 France flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.2.4 Spain flame retardant chemical market ,2014 -2021,($millions)
6.2.5 Italy flame retardant chemical market market,2014 -2021,($millions)
6.2.6 Rest of Europe flame retardant chemical market, 2014 -2021,($millions)
6.3 Asia Pacific flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.3.1 China flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.3.2 India flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.3.3 Korea flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.3.4 Japan flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.3.5 Australia flame retardant chemical market,2014 -2021,($millions)
6.3.6 Rest of Asia flame retardant chemical market, 2014-2021, ($ millions)
6.4 Rest of the world flame retardant chemical market, 2014-2021, ($ millions)
Company Profiling
1. Acoustical Surfaces
2. Acuro organics ltd.
3. Akzo Nobel N.V
4. Albemarle Corporation
5. Alfa India
6. Basf Se
7. Bayer Materialscience Lanxess
8. Broadview technologies
9. Chemtex speciality limited
10. Chemtura Corporation
11. Chicago tribunes
12. Clariant Ag
13. E.I. Du Pont De Nemours And Company
14. Eco Star
15. Hanwha
16. IC Corporation
17. Inolex
18. Israel Chemicals Ltd (ICL)
19. Jiangsu ENTC Nuclear Technology joint stock Co. Ltd.
20. JJI Technologies Painsville, OH
21. Lanxess ic Corporation
22. Mags Novel
23. Nantong luolai chemical fibre co. ltd.
24. Niknam chemicals pvt. Ltd.
25. Pyrotech Addison
26. Rheinchemie Additives
27. Runyuan
28. Signum
29. TCI Chemicals pvt. Ltd.
30. Turning Star, Inc. Leonia NJ

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】難燃剤の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年2月2日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60577
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】難燃剤
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
難燃剤の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 腫瘍(がん)プロファイリングの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、腫瘍(がん)プロファイリングの世界市場について調べ、腫瘍(がん)プロファイリングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、腫瘍(がん)プロファイリングの市場規模をセグメンテーション別(技術別(イムノアッセイ、次世代シーケンス、ポリメラーゼ連鎖反応、現場ハイブリダイゼーション)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は腫瘍(がん)プロファイリングの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・腫瘍(がん)プロファイリングの市場状況 ・腫瘍(がん)プロファイリングの市場規模 ・腫瘍(がん)プロファイリングの市場予測 ・腫瘍(がん)プロファイリングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(イムノアッセイ、次世代シーケンス、ポリメラーゼ連鎖反応、現場ハイブリダイゼーション) ・腫瘍(がん)プロファイリングの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・ …
  • ドッキングステーションの世界市場
    当調査レポートでは、ドッキングステーションの世界市場について調査・分析し、ドッキングステーションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 制吐薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、制吐薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、制吐薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 帯電防止フィルムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、帯電防止フィルムの世界市場について調査・分析し、帯電防止フィルムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別帯電防止フィルムシェア、市場規模推移、市場規模予測、帯電防止フィルム種類別分析(PE 帯電防止フィルム、PET帯電防止フィルム、PVC帯電防止フィルム、その他)、帯電防止フィルム用途別分析(エレクトロニクス分野、工業分野、製薬分野、食品分野、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・帯電防止フィルムの市場概観 ・帯電防止フィルムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・帯電防止フィルムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・帯電防止フィルムの世界市場規模 ・帯電防止フィルムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・帯電防止フィルムのアメリカ市場規模推移 ・帯電防止フィルムのカナダ市場規模推移 ・帯電防止フィルムのメキシコ市場規模推移 ・帯電防止フィルムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・帯電防止フィルムのドイツ市場 …
  • スクアレン生成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクアレン生成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクアレン生成酵素阻害剤の概要 ・スクアレン生成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクアレン生成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクアレン生成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクアレン生成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スリランカのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • のり付きラベルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、のり付きラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、のり付きラベルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CD 40阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 40阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 40阻害薬の概要 ・CD 40阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 40阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 40阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 40阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ゲルコートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲルコートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲルコート市場規模、エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲルコートの世界市場概要 ・ゲルコートの世界市場環境 ・ゲルコートの世界市場動向 ・ゲルコートの世界市場規模 ・ゲルコートの世界市場:業界構造分析 ・ゲルコートの世界市場:エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他) ・ゲルコートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲルコートの北米市場規模・予測 ・ゲルコートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ゲルコートのアジア太平洋市場規模・予測 ・ゲルコートの主要国分析 ・ゲルコートの世界市場:意思決定フレームワーク ・ゲルコートの世界市場:成長要因、課題 ・ゲルコートの世界市場:競争環境 ・ゲルコートの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Ashland、BAS …
  • ゲノミクスの世界市場予測(~2022年):装置/システム、消耗品、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ゲノミクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品・サービス別分析、技術別分析、プロセス別分析、用途別分析、ゲノミクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の自動車用生体認証アクセスシステム市場2017-2022
  • 脈絡膜炎(Choroiditis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脈絡膜炎(Choroiditis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脈絡膜炎(Choroiditis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脈絡膜炎(Choroiditis)のフェーズ3治験薬の状況 ・脈絡膜炎(Choroiditis)治療薬の市場規模(販売予測) ・脈絡膜炎(Choroiditis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脈絡膜炎(Choroiditis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脈絡膜炎(Choroiditis)治療薬剤
  • デジタル英語学習の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタル英語学習の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル英語学習の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の燃料用酸化防止剤市場
  • 日本の微生物培養市場動向(~2021)
  • 自動配管洗浄システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動配管洗浄システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動配管洗浄システム市場規模、種類別(ブラシ式、ボール式)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、発電、ホスピタリティ、商業スペース、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:種類別(ブラシ式、ボール式) ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、発電、ホスピタリティ、商業スペース、その他) ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動配管洗浄システムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 自動配管洗浄システムのヨーロッパ市場規模 ・ 自動配管洗浄システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動配管洗浄システムの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界の米澱粉市場2015
    本調査レポートでは、世界の米澱粉市場2015について調査・分析し、米澱粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品コーチング成分の世界市場
    当調査レポートでは、食品コーチング成分の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・食品コーチング成分の世界市場:用途別分析/市場規模 ・食品コーチング成分の世界市場:製品別分析/市場規模 ・食品コーチング成分の世界市場:地域別分析/市場規模 ・食品コーチング成分のアメリカ市場規模予測 ・食品コーチング成分のヨーロッパ市場規模予測 ・食品コーチング成分のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アジア太平洋の電気生理学装置市場(~2021)
  • ネットワークインタフェースカードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ネットワークインタフェースカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワークインタフェースカードの世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はネットワークインタフェースカードの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(2.44)%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• StarTech.com, • Allied Telesis, • AVM International等です。
  • 結核診断の世界市場の規模と予測:試験別(放射線検査法、診断検査法、核酸検査、ファージアッセイ、潜伏感染の検出、サイトカイン検出アッセイ、薬剤耐性の検出)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、結核診断の世界市場について調査・分析し、結核診断の世界市場動向、結核診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別結核診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 輸送産業におけるヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、輸送産業におけるヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送産業におけるヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 潰瘍性大腸炎(UC)治療薬の世界市場予測・分析
  • ジェネレーティブデザインの世界市場予測(~2023年)
    ジェネレーティブデザインの世界市場は、2018年の1億1,100万米ドルから2023年には2億7,500万米ドルに達し、この期間中19.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、先進的な製品設計用ソフトウェアの必要性の高まり、環境に優しい建造物に対する需要の高まり、そして生産効率の向上が考えられます。一方で、ジェネレーティブデザインソフトウェアの使用は複雑であることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ジェネレーティブデザインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(製品の設計・開発、コスト最適化)分析、コンポーネント分析、導入モデル分析、業種(自動車、航空宇宙・防衛、工業生産)分析、ジェネレーティブデザインの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 製品エンジニアリングサービスの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、製品エンジニアリングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、製品エンジニアリングサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における酸化染毛剤市場2018-2023
    本調査レポートでは、酸化染毛剤の世界市場について調査・分析し、酸化染毛剤の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(PPD(パラフェニレンジアミン)ベース、PTD(パラトルエンジアミン)ベース、その他)、用途別市場規模(家庭用、商用)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、酸化染毛剤の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・酸化染毛剤の世界市場概要 ・酸化染毛剤の企業別市場シェア ・酸化染毛剤の地域別市場規模 ・酸化染毛剤の種類別市場規模(PPD(パラフェニレンジアミン)ベース、PTD(パラトルエンジアミン)ベース、その他) ・酸化染毛剤の用途別市場規模(家庭用、商用) ・酸化染毛剤の主要企業分析 ・酸化染毛剤の北米市場規模 ・酸化染毛剤の米国市場規模 ・酸化染毛剤の南米市場規模 ・酸化染毛剤の欧州市場規模 ・酸化染毛剤のアジア市場 …
  • スマートカードの材料の世界市場:材料別(PVC、ポリカーボネート)、タイプ別(接触式、非接触式、マルチコンポーネント式)、用途別(テレコム、BFSI、小売、政府)、セグメント予測
    スマートカードの材料の世界市場は2025年には12億9000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全で信頼できる支払い取引に対する需要の増加、クレジットカード会社のコスト削減スキーム、さらにキャッシュレス支払いに対する意識の高まりなどが考えられます。本調査レポートでは、スマートカードの材料の世界市場について調査・分析し、スマートカードの材料の世界市場動向、スマートカードの材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートカードの材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリビニルブチラールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリビニルブチラールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリビニルブチラール市場規模、用途別(フィルム・シート、塗料・コーティング剤、接着剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリビニルブチラールの世界市場概要 ・ポリビニルブチラールの世界市場環境 ・ポリビニルブチラールの世界市場動向 ・ポリビニルブチラールの世界市場規模 ・ポリビニルブチラールの世界市場:業界構造分析 ・ポリビニルブチラールの世界市場:用途別(フィルム・シート、塗料・コーティング剤、接着剤、その他) ・ポリビニルブチラールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリビニルブチラールのアメリカ市場規模・予測 ・ポリビニルブチラールのヨーロッパ市場規模・予測 ・ポリビニルブチラールのアジア市場規模・予測 ・ポリビニルブチラールの主要国分析 ・ポリビニルブチラールの世界市場:意思決定フレームワーク ・ポリビニルブチラールの世界市場:成 …
  • 無菌包装の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、無菌包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・無菌包装の世界市場:市場動向分析 ・無菌包装の世界市場:競争要因分析 ・無菌包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・無菌包装の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・無菌包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・無菌包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・無菌包装の北米市場規模 ・無菌包装の欧州市場規模 ・無菌包装のアジア市場規模 ・無菌包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アジアのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 食品・飲料産業用金属缶の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品・飲料産業用金属缶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料産業用金属缶の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック包装の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、プラスチック包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・プラスチック包装の世界市場:市場動向分析 ・プラスチック包装の世界市場:競争要因分析 ・プラスチック包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・プラスチック包装の世界市場:製品別分析/市場規模 ・プラスチック包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・プラスチック包装の北米市場規模 ・プラスチック包装の欧州市場規模 ・プラスチック包装のアジア市場規模 ・プラスチック包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 再発性多発性硬化症(Relapsing Multiple Sclerosis (RMS)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、再発性多発性硬化症(Relapsing Multiple Sclerosis (RMS))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・再発性多発性硬化症(Relapsing Multiple Sclerosis (RMS)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・再発性多発性硬化症(Relapsing Multiple Sclerosis (RMS))のフェーズ3治験薬の状況 ・再発性多発性硬化症(Relapsing Multiple Sclerosis (RMS))治療薬の市場規模(販売予測) ・再発性多発性硬化症(Relapsing Multiple Sclerosis (RMS))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・再発性多発性硬化症(Relapsing Multiple Sclerosis (RMS))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の再発性多発性硬化症(Relapsin …
  • ドイツの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • オストミー製品の世界市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オストミー製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オストミー製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオストミー製品の世界市場が2018-2022年期間中に年平均4.97%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ALCARE、B. Braun Melsungen、Coloplast、ConvaTec、Hollister、Marlen Manufacturing等です。
  • イソブテンの世界市場の規模と予測:製品別(メチルtert-ブチルエーテル(MTBE)、エチルtert-ブチルエーテル(ETBE))、用途別(自動車、航空宇宙、酸化防止剤、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、イソブテンの世界市場について調査・分析し、イソブテンの世界市場動向、イソブテンの世界市場規模、市場予測、セグメント別イソブテン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 糖尿病性眼疾患用デバイスの世界市場:硝子体切除術パック、網膜レーザー、硝子体切除機械
    当調査レポートでは、糖尿病性眼疾患用デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、糖尿病性眼疾患用デバイスの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート兵器の世界市場
    当調査レポートでは、スマート兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート兵器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ディスプレイ装置の世界市場予測(~2022年):オープンフレーム型モニター、パネル取付型モニター、船舶用ディスプレイ、ビデオウォール
    当調査レポートでは、産業用ディスプレイ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、パネルサイズ別分析、用途別分析、産業用ディスプレイ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンパニオン診断の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、コンパニオン診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品及びサービス別(アッセイ、キット、ソフトウェア及びサービス)分析、技術別(PCR、NGS、ISH、IHC)分析、疾患別(乳がん、肺がん、結腸直腸がん、心血管疾患)分析、エンドユーザー別(製薬会社、CRO)分析、コンパニオン診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、コンパニオン診断の世界市場規模が2019年35億ドルから2024年73億ドルまで年平均15.7%成長すると予測しています。
  • 世界の赤外線式炭化水素センサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線式炭化水素センサ市場2015について調査・分析し、赤外線式炭化水素センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カプノグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カプノグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カプノグラフィーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビタミン消費の世界市場:製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他)、用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料)、地域別予測
    本資料は、ビタミン消費の世界市場について調べ、ビタミン消費の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他)分析、用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビタミン消費の世界市場概要 ・ビタミン消費の世界市場環境 ・ビタミン消費の世界市場動向 ・ビタミン消費の世界市場規模 ・ビタミン消費の世界市場規模:製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他) ・ビタミン消費の世界市場規模:用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料) ・ビタミン消費の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビタミン消費の北米市場規模・予測 ・ビタミン消費のアメリカ市場規模・予測 ・ビタミン消費のヨーロッパ市場規模・予測 ・ビタミン消費のアジア市場規模・予測 ・ビタミン消費の日本市場規模・予測 ・ビタミン消費 …
  • ノルウェーの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • ハイブリッドデバイスの世界市場
    当調査レポートでは、ハイブリッドデバイスの世界市場について調査・分析し、ハイブリッドデバイスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 教育分野における3Dプリンティングの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、教育分野における3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育分野における3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は教育分野における3Dプリンティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3D Systems、EnvisionTEC、ExOne、Stratasys等です。
  • 世界の塗料及びコーティング剤市場:樹脂種類別、技術別、用途別、地域別
    本調査レポートは塗料及びコーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、樹脂種類別(アクリル樹脂、エポキシ樹脂、アルキド樹脂、ポリウレタン樹脂、その他)分析、技術別(水性、溶剤系、その他)分析、用途別(建築用、工業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・塗料及びコーティング剤の世界市場:樹脂種類別(アクリル樹脂、エポキシ樹脂、アルキド樹脂、ポリウレタン樹脂、その他) ・塗料及びコーティング剤の世界市場:技術別(水性、溶剤系、その他) ・塗料及びコーティング剤の世界市場:用途別(建築用、工業用) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ロシアの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • アメリカの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • グリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はグリーン及びリサイクル携帯電話の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arrow Electronics、Ingram Micro ITAD、Corporate Mobile Recycling、Redeem、SIMS RECYCLING等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"