"スマートシティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60585)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"スマートシティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The use of technology has becomes part of our day to day life. Besides individuals and corporates governments are now adapting various services by introduction automation and smart technology. Major segments like transport, traffic management energy management, water management, waste management, proper healthcare.Smart cities are coming of age due to various factors. Some of the key growing drivers for smart cities are the increasing rate of urbanization, initiative from the governments in developing countries and ageing infrastructure in developed countries which needs to be replaced by newer upgraded technology

Smart buildings and infrastructure forms the more than 30% of the smart city market. The assets associated with the infrastructure actually degrade with increase in population, migration, exponential growth of urbanization and they need regular upgradations which the latest technology is introduced. The market for global intelligent building automation technologies is likely to increase as better tools and technologies are launched and awareness increases. North America leads the intelligent building automation technologies market followed by the EMEA region. The market is likely to register a fast growth as Governments across countries are offering tax benefits to green initiatives.

Companies Profiled include
1. IBM
2. Cisco
3. Schneider Electric
4. Siemens
5. Hitachi
6. Accenture
7. Toshiba
8. General Electric
9. Oracle
10. Capgemini
11. AGT International
12. Alvarion
13. Atos
14. Echelon Corp
15. Libelium
16. Deutsche Telekom AG
17. Living PlanIT
18. Panasonic
19. Microsoft
20. Alstom
21. Honeywell
22. Intel
23. Landis & Gyr
24. Alcatel – Lucent
25. Arup
26. Johnson controls
27. Lockheed Martin
28. Mitsubishi
29. Oracle
30. SAP
31. Huawei
32. Itron
33. Silver Spring Networks
34. ABB
35. Ericsson

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"スマートシティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Executive Summary
2. Smart Cities Market: An Introduction
3. Segments of Smart Cities Market
3.1. Smart Buildings and Infrastructure
3.2. Smart Energy Management
3.3. Smart Transportation Management
3.4. Smart Healthcare System
3.5. Smart Water Management
3.6. Security and Safety Solutions
3.7. Others
4. Key Market Motivators in Smart Cities Market.
4.1 Improve Economic Model
4.2 Transportation
4.3 Improve Security
4.4 Proper Energy Management
4.5 Proper Healthcare
4.6 Buildings and Infrastructure
5. Restraints in Smart Cities Market.
5.1 Countries Regulation
5.2 High Cost in setup Smart Cities
5.3 Collection of Private Data – To create Roadmaps of Smart Cities
5.4 Waste Management in Water/Energy Resources
6. Opportunities in Smart Cities Market.
6.1. On the basis of Kinds of Opportunities
6.1.1. Consulting
6.1.1.1. Consulting Engagement
6.1.1.2. Roadmap Creation
6.1.2. System Integration
6.1.3. Application Support and Maintenance
6.2. On the basis of Geography
7. Challenges in Smart Cities Market
7.1. High Cost of New Technology
7.2. Subsidies are needed to be equally distributed in Public
7.3. Synergy between Sectors
7.4. Behavioral Change
7.5. Cyber Security
7.6. Disaster Management
7.7. Energy Management
8. Competitive Landscape
8.1 Key Service Providers.
8.2 Key Strategies.
8.3 Market Growth & Market Shares.
9. Geographical Analysis
9.1 America
9.1.1 North America
9.1.2 Latin America
9.2 Europe
1. UK
2. Germany
3. Italy
4. France
5. Spain
6. RoE
7. UK
8. Germany
9. Italy
10. France
11. Spain
12. RoE
9.3 Asia
9.3.1 China
9.3.2 India
9.3.3 Korea
9.3.4 Japan
9.3.5 Australia
9.3.6 Others
9.4 RoW
10. Corporate Profiling
1. IBM
2. Cisco
3. Schneider Electric
4. Siemens
5. Hitachi
6. Accenture
7. Toshiba
8. General Electric
9. Oracle
10. Capgemini
11. AGT International
12. Alvarion
13. Atos
14. Echelon Corp
15. Libelium
16. Deutsche Telekom AG
17. Living PlanIT
18. Panasonic
19. Microsoft
20. Alstom
21. Honeywell
22. Intel
23. Landis & Gyr
24. Alcatel – Lucent
25. Arup
26. Johnson controls
27. Lockheed Martin
28. Mitsubishi
29. Oracle
30. SAP
31. Huawei
32. Itron
33. Silver Spring Networks
34. ABB
35. Ericsson

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】スマートシティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年2月6日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60585
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】スマートシティ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
スマートシティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動発電制御(AGC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動発電制御(AGC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動発電制御(AGC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 洗車システムの世界市場2019-2023
    洗車システムは、車両を自動的に洗浄および清掃します。洗車システムにはトンネル式、タッチレス式、およびドライウォッシュなどがあります。洗車システムの市場収益は、2019~2023年の間、約80億米ドルにも上ると予測されています。 主な分析対象企業は、AUTOBASE、InterClean Equipment、VEHICLE WASH SYSTEMS、WashTec、Washworldなどです。 当調査レポートでは、洗車システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗車システム市場規模、エンドユーザー別(PC、CV、PC、CV、二輪車)分析、洗車タイプ別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗車システムの世界市場概要 ・洗車システムの世界市場環境 ・洗車システムの世界市場動向 ・洗車システムの世界市場規模 ・洗車システムの世界市場:業界構造分析 ・洗車システムの世界市場:エンドユーザー別(PC、CV、PC、CV、二輪車) ・洗車システ …
  • 世界の車椅子クッション市場2016
    本調査レポートでは、世界の車椅子クッション市場2016について調査・分析し、車椅子クッションの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ保護具材料の世界市場:フォーム、パッド、ゲル、金属、プラスチック
    当調査レポートでは、スポーツ保護具材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、材料種類別(フォーム、パッド、ゲル、金属、プラスチック、その他)分析、製品種類別(ヘルメット、その他のヘッドギア、パッドガード、チェストプロテクター、グローブ、保護メガネ、および顔の保護&マウスガード)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・スポーツ保護具材料の世界市場:材料種類別(フォーム、パッド、ゲル、金属、プラスチック、その他) ・スポーツ保護具材料の世界市場:製品種類別(ヘルメット、その他のヘッドギア、パッドガード、チェストプロテクター、グローブ、保護メガネ、および顔の保護&マウスガード) ・スポーツ保護具材料の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中枢神経系(CNS)治療薬市場規模、最終用途別(MHD、NDD、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場概要 ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場環境 ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場動向 ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場規模 ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場:業界構造分析 ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場:最終用途別(MHD、NDD、その他) ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・中枢神経系(CNS)治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・中枢神経系(CNS)治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・中枢神経系(CNS)治療薬のアジア市場規模・予測 ・中枢神経系(CNS)治療薬の主要国分析 ・中枢神経系(CNS)治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・中枢神 …
  • バイオインプラントの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 血友病の世界市場:タイプ別(血友病A、血友病B、血友病C)、治療別(オンデマンド療法、予防投与)、治療別(補充療法、遺伝子治療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、血友病の世界市場について調査・分析し、血友病の世界市場動向、血友病の世界市場規模、市場予測、セグメント別血友病市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 超崩壊剤の世界市場:種類別(合成、天然、その他)、剤型別(錠剤、カプセル剤)、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)、地域別予測
    本資料は、超崩壊剤の世界市場について調べ、超崩壊剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(合成、天然、その他)分析、剤型別(錠剤、カプセル剤)分析、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・超崩壊剤の世界市場概要 ・超崩壊剤の世界市場環境 ・超崩壊剤の世界市場動向 ・超崩壊剤の世界市場規模 ・超崩壊剤の世界市場規模:タイプ別(合成、天然、その他) ・超崩壊剤の世界市場規模:剤型別(錠剤、カプセル剤) ・超崩壊剤の世界市場規模:治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性) ・超崩壊剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超崩壊剤の北米市場規模・予測 ・超崩壊剤のアメリカ市場規模・予測 ・超崩壊剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・超崩壊剤のアジア市場規模・予測 ・超崩壊剤の日本市場規模・予測 ・超崩壊剤の中国市場規模・予測 ・関連企 …
  • 世界の血漿用凍結庫市場2015
    本調査レポートでは、世界の血漿用凍結庫市場2015について調査・分析し、血漿用凍結庫の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオマス成形燃料市場2016
    本調査レポートでは、世界のバイオマス成形燃料市場2016について調査・分析し、バイオマス成形燃料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産飼料成分・製品の世界市場
    当調査レポートでは、水産飼料成分・製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、水産飼料成分・製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医療廃棄物管理の世界市場分析:サービス別(オンサイト:回収、リサイクル、処理; オフサイト:収集、再利用、処理)、処理別(焼却、高圧蒸気滅菌、化学処理)、セグメント予測、- 2020
    本調査レポートでは、医療廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、医療廃棄物管理の世界市場動向、医療廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クライオポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クライオポンプの世界市場について調査・分析し、クライオポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クライオポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、クライオポンプ種類別分析( <1000std.リットル、1000-2000std.リットル、2000-4000std.リットル、>4000std.リットル)、クライオポンプ用途別分析(半導体製造、真空コーティング、粒子加速器、スパッタ堆積システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クライオポンプの市場概観 ・クライオポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クライオポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クライオポンプの世界市場規模 ・クライオポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クライオポンプのアメリカ市場規模推移 ・クライオポンプのカナダ市場規模推移 ・クライオポンプのメキシコ市場規模推移 ・クライオポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等 …
  • 航空宇宙用フロアパネルの世界市場2014–2025:原料別(ノーメックスハニカム・アルミニウムハニカム)、航空機タイプ別(ナローボディ機、ワイドボディ機、超大型航空機)、エンドユーズ別、地域別
    本調査レポートでは、航空宇宙用フロアパネルの世界市場について調査・分析し、航空宇宙用フロアパネルの世界市場動向、航空宇宙用フロアパネルの世界市場規模、市場予測、セグメント別航空宇宙用フロアパネル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートクレーブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オートクレーブの世界市場について調査・分析し、オートクレーブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オートクレーブシェア、市場規模推移、市場規模予測、オートクレーブ種類別分析(100L以下、100L-200L、200L以上)、オートクレーブ用途別分析(医療、歯科医院・個人開業、実験室、製薬、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オートクレーブの市場概観 ・オートクレーブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オートクレーブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オートクレーブの世界市場規模 ・オートクレーブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オートクレーブのアメリカ市場規模推移 ・オートクレーブのカナダ市場規模推移 ・オートクレーブのメキシコ市場規模推移 ・オートクレーブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オートクレーブのドイツ市場規模推移 ・オートクレーブのイギリス市場規模推移 ・オートクレーブのロシア …
  • コンクリートポンプの世界市場
    当調査レポートでは、コンクリートポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンクリートポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイレクトドライブ風力タービンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイレクトドライブ風力タービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイレクトドライブ風力タービンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場2019-2023
    ボツリヌス毒素注射に対する償還プログラムの増加に伴い、頚部ジストニアの治療に対する需要が高まっています。 償還プログラムを利用し、頚部ジストニアの治療用の高価なボツリヌス毒素療法を受けることができます。 この償還プログラムによって、患者は医療保険の有無にかかわらず、ボツリヌス毒素による治療に対する適正な償還を受けることができます。 例を挙げると、BOTOXの製造元であるAllerganは、BOTOX Reimbursement Solutions Programという包括的な償還プログラムをスポンサーしています。 このプログラムには、BOTOXの注射治療を受けている患者を支援するBOTOXホットラインとBOTOX患者支援プログラムが含まれています。 Technavioのアナリストは、頚部ジストニア治療の世界市場が2023年までに約5%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、Eisai、Ipsen Pharma、Merz Pharma、US WorldMedsなどです。 当調査レポートでは、頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場について調査・分析 …
  • ビニルエステルの世界市場予測(~2022年):ビスフェノールA、ノボラック、臭素化難燃剤、エラストマ変性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビニルエステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ビニルエステルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの心臓人工弁市場(~2021)
  • スマートテキスタイルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートテキスタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートテキスタイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉄道産業における発電機市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の鉄道産業における発電機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の鉄道産業における発電機市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の概要 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・未熟児網膜症(Retinopathy …
  • 鉄鋳物の北米市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉄鋳物の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄鋳物の北米市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉄鋳物の北米市場が2017-2021年期間中に年平均4.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、American Axle & Manufacturing、GIS、Hitachi Metals、Neenah Foundry、OSCO INDUSTRIES等です。
  • 中国の豚用飼料市場2015
    本調査レポートでは、中国の豚用飼料市場2015について調査・分析し、豚用飼料の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 加入者識別モジュール (SIM) カードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、加入者識別モジュール (SIM) カードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加入者識別モジュール (SIM) カードの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 SIMとはIMSI番号を記憶させているICカードです。IMSI番号は、携帯電話端末において加入者を識別し認証します。SIMカードは、32KB、64KB、128KB、256KB等の記憶容量があります。SIMカードは、Global System for Mobile communication (GSM)、code-division multiple access (CDMA)、LTE、衛星電話などの方式の電話で使われています。Technavio社は加入者識別モジュール (SIM) カードの世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bartronics• Eas …
  • 脊髄外傷(高エネルギー破断)装置の世界市場
    当調査レポートでは、脊髄外傷(高エネルギー破断)装置の世界市場について調査・分析し、脊髄外傷(高エネルギー破断)装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 二輪車用無段変速機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二輪車用無段変速機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用無段変速機の世界市場規模及び予測、容量別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星トランスポンダの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、衛星トランスポンダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、帯域幅別分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーム油の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、パーム油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーム油の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパーム油の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Golden Agri Resources、IOI Corporation、Sime Darby、Wilmar International等です。
  • オートバイ用酸素センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用酸素センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用酸素センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の大豆レシチン市場2015
    本調査レポートでは、中国の大豆レシチン市場2015について調査・分析し、大豆レシチンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 天然ガス貯蔵の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、天然ガス貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・天然ガス貯蔵の世界市場:イントロダクション ・天然ガス貯蔵の世界市場:市場概観 ・天然ガス貯蔵の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・天然ガス貯蔵の世界市場:セグメント別市場分析 ・天然ガス貯蔵の世界市場:貯蔵種類別分析/市場規模 ・天然ガス貯蔵の世界市場:地上貯蔵別分析/市場規模 ・天然ガス貯蔵の世界市場:主要地域別市場分析 ・天然ガス貯蔵の世界市場:関連企業分析
  • インキ用添加剤の世界市場予測(~2021年):レオロジー調整剤、スリップ剤/ラブ剤、消泡剤、分散剤
    当調査レポートでは、インキ用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、インキ用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)の概要 ・ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • リチウム化合物の世界市場:炭酸リチウム、水酸化リチウム、リチウム金属、ブチルリチウム
    当調査レポートでは、リチウム化合物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、誘導体別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アスレジャーの世界市場:製品別(スニーカー、ジョガー、レギンス、パーカー、その他)、性別(男性用、女性用)、流通経路別(オンライン、オフライン)
    当調査レポートでは、アスレジャーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、性別分析、製品別分析、流通経路別分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・アスレジャーの世界市場:性別(男性用、女性用) ・アスレジャーの世界市場:製品別(スニーカー、ジョガー、レギンス、パーカー、その他) ・アスレジャーの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・アスレジャーの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • 磁気センサーの世界市場
    当調査レポートでは、磁気センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、磁気センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスーパーキャパシタ(EDLC)市場2015
    本調査レポートでは、世界のスーパーキャパシタ(EDLC)市場2015について調査・分析し、スーパーキャパシタ(EDLC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート変圧器の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、スマート変圧器の世界市場について調査・分析し、スマート変圧器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 段ボールパッケージングソフトウェアを使用し、段ボールを設計、裁断、印刷、折りたたむことができます。スタンドローンもしくはパッケージソフトウェアとして販売されています。Technavio社は段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均30.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Epicor Software• Microsoft• Oracle• SAP等です。
  • 架橋剤の世界市場予測(~2022年):アミノ、アミン、イソシアン酸塩、アミド、アジリジン、カルボジイミド
    当調査レポートでは、架橋剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、化学成分別分析、用途別分析、地域別分析、架橋剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用データストレージの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、医療用データストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、配信別(リモート、ハイブリッド、オンプレミス)分析、構成別(ファイル、ブロック、オブジェクト)分析、種類別(テープ、フラッシュ、ソリッド)分析、システム別(直接、ネットワーク)分析、医療用データストレージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医療用データストレージの世界市場規模が2019年28億ドルから2024年54億ドルまで年平均14.3%成長すると予測しています。
  • スマート農業・畜産の世界市場2014-2025:タイプ別(精密農業、畜産監視、スマート温室、その他)、提供別、用途別
    本調査レポートでは、スマート農業・畜産の世界市場について調査・分析し、スマート農業・畜産の世界市場動向、スマート農業・畜産の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート農業・畜産市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場2014-2025:アーキテクチャ別(集中型、バーチャル・オンクラウド型)、構成要素別、ネットワーク別、展開別
    本調査レポートでは、世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場について調査・分析し、世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場動向、世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場規模、市場予測、セグメント別世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イソキサフルトールの世界市場
    当調査レポートでは、イソキサフルトールの世界市場について調査・分析し、イソキサフルトールの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 低温クーラーの世界市場:ギフォード・マクマホン冷凍機、パルス管冷凍機、スターリング冷凍機、ジュール・トムソン冷凍機、ブレイトン冷凍機
    当調査レポートでは、低温クーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽量素材の世界市場分析:製品別(アルミニウム、高強度鋼、チタン、マグネシウム、ポリマーおよび複合材)、用途別(自動車、航空、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、軽量素材の世界市場について調査・分析し、軽量素材の世界市場動向、軽量素材の世界市場規模、市場予測、セグメント別軽量素材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージ入ディップ食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パッケージ入ディップ食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージ入ディップ食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ディップ食品は、様々な塩味の食べ物に付けて食べる食品です。ディップは、様々な材料で作られ、食べ物に風味を加えます。小売りのパッケージ入りディップには、サワークリームと玉ねぎ、ほうれん草とマッシュルーム、タコディップなどがあり、消費者に人気があります。Technavio社はパッケージ入ディップ食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• PepsiCo• Strauss Group• The Kraft Heinz Company• T. Marzetti Company等です。
  • 食品加工 & ハンドリング装置の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(食品加工機器、食品包装機器、および外食機器)分析、用途別分析、フォーム別(固体、液体、および半固体)分析、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場規模が2019年1372億ドルから2025年1966億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"