"持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60568)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Emergence of continuous glucose monitoring systems is a major breakthrough in the glucose monitoring for diabetic patients. Medtronic and Dexcom are the only major players in this industry followed by Abbott in few regions. Companies are focusing more on research and development before introducing their products in the market. CGMS are highly regulated and go through strict tests before being approved. CGM manufacturers have faced competition from self-monitoring blood glucose devices (SMBG). SMBG devices are cheaper and easy to use and have an less stringent approval process from authorities like FDA. SMBG has more number of players and larger market share. However, CGM systems have been able to make a good market entry in the U.S. and are following the trend in other territories. CGM system market has seen good growth rates in past three years. Medtronic and Dexcom have introduced new systems which have witnessed lower frequency of errors. The MARD value for new sensors has decreased, new devices need lesser calibrations per day and most of the devices are approved for paediatric use. This has led to 50-60 percent jump in the revenues of some manufacturers.
Companies profiled include
1. Medtronic Inc.
2. Dexcom
3. Abbott
4. Johnson And Johnson (Animas Corp)
5. Insulet Corp
6. Tandem Diabetes
7. Echo Therapeutics

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chap 1. Executive Summary
Chap 2. Market Overview
2.1. What ARE CGMS?
2.2. Value Chain Analysis of the role of suppler, manufacturer, and end user in the CGMS market
2.2.1. Suppliers enabling financially weak players
2.2.2. Manufacturers facing regulations and operational cost issues
2.2.3. Pediatrics and hospitals will lead the future market growth
2.3. Key Buying Criteria
2.3.1. Convenience factor
2.3.2. Price is the key concern
2.3.3. Improved Accuracy leads to easier regulation norms
2.3.4. Collaboration of the two main manufacturers
2.3.5. Development of durable sensors
2.3.6. Development of APD
2.3.7. Focus on developing Asian markets
2.3.8. Partnerships and Collaborations – the winning strategies
2.3.9. Innovation Important for new entrants
Chap 3. Market Determinants
3.1. CGMS Market Motivators
3.1.1. Diabetes population rise leads to larger market opportunity
3.1.2. Rise in the global health expenditure and emerging Asian Market
3.1.3. Increased R&D funding for faster approvals and development of APD
3.1.4. Insulin Pump manufacturers willing to integrate CGMS and insulin pump technology
3.1.5. Private Insurers INCREASING CGMS AFFORDABILITY
3.1.6. New technology can bring down prices
3.2. RESTRAINTS
3.2.1. Government Regulations delaying the processes
3.2.2. Established SMBG DEVICE manufacturers restraining CGMS growth
3.2.3. Poor access to the healthcare services in developing markets
3.3. Opportunities
3.3.1. Growing diabetic population
3.3.2. Emergence of new segment – Pediatrics
3.3.3. Case study on pediatrics use
3.3.4. Development of artificial pancreas
3.4. Challenges in CGMS market
3.4.1. High Price
3.4.2. Unmet Diabetic needs
3.4.3. No government aid makes it difficult for the consumer
Chap 4. Sector Analysis: Diabetes Care
Chap 5. CGMS Market By devices
5.1. Long lasting Sensors: the need of the hour
5.1.1. Factors influencing CGM sensor development
5.2. Transmitters and receivers – The standalone system
5.2.1. Price the major restraint for transmitters and receivers
5.3. Insulin Pumps hold the future
5.3.1. Innovation and Collaboration the mainstay for insulin pumps

Chap 6. By Application
6.1. Professional CGMS (used by healthcare professionals)
6.1.1. Professional CGMS types
6.1.2. Case study on use of CGMS in hospital settings
6.1.3. Case study 2:Medtronic Real Time CGMS in rural Settings
6.1.4. Personal CGMS segmented on the basis of Age groups
Chap 7. Competitive Intelligence
7.1. Key Strategies to help CGMS market drive acceptance
7.1.1. Innovation The Key Industry to Overcome Competition
7.1.2. Technology Leveraging – Key focus of partnerships Among industry players
7.1.2.1. Key objective of partnerships and agreements in the CGMS market
7.1.2.2. Major agreements signed by CGMS manufacturers since 2007
7.1.3. Product Launch – a make or break marketing strategy
7.1.3.1. Recent product launches
7.1.4. Acquisitions Still Remain Niche in the CGMS Market
Chap 8. Market Share Analysis
8.1. Key Company Analysis
8.1.1. Dexcom
8.1.2. Medtronic
8.1.3. Abbott Diabetic Care
8.1.4. Market Share
8.1.5. Conclusion
Chap 9. Geographical Analysis
9.1. North America
9.1.1. United States of America
9.1.1.1. A developed economy a Major business driver
9.1.1.2. Awareness is the key to CGMS adoption
9.1.1.3. Medicare and reimbursements are the future drivers
9.1.1.4. High number of T1D
9.1.1.5. Regulations Obstructing market expansion
9.1.1.5.1. US FDA guidelines for the development of artificial pancreas
9.1.1.5.1.1. Primary components of an APD
9.1.1.5.1.2. Secondary component
9.1.1.6. Key Market Players in the US
9.2. Canada
9.2.1. Regulations in Canada
9.3. Europe
9.3.1. European Union (EU)
9.3.1.1. THE UK 87
9.3.1.1.1. Regulations in the UK
9.3.1.1.2. Key companies in the UK
9.3.1.2. France
9.3.1.3. Germany
9.3.1.4. CGMS business in the EU
9.4. Asia Pacific
9.4.1. China
9.4.1.1. Regulations in China
9.4.2. India
9.4.2.1. Regulation in India
9.4.2.2. CGMS in India
9.4.3. Australia
9.4.3.1.1. Regulations in Australia
9.5. Latin America
9.5.1. Factsheet of diabetes statistics in Latin America
9.5.1.1. Brazil
9.5.1.2. Argentina
9.5.1.3. Mexico
9.5.2. Rest of the World
9.5.2.1. Middle-East and North Africa
9.5.2.2. Africa
Chap 10. Corporate Profile: Benchmark Study
10.1. Medtronic Inc.
10.1.1. Business Profile
10.1.2. Product Portfolio
10.1.3. Revenue Analysis
10.1.4. Strategic Inputs
10.2. Dexcom
10.2.1. Location
10.2.2. Business Profile
10.2.3. Product Portfolio
10.2.4. Revenue Analysis
10.2.5. Strategic inputs
10.3. Abbott
10.3.1. Locations
10.3.2. Business Profile
10.3.3. Product Portfolio
10.3.4. Revenue Analysis
10.3.5. Strategic inputs
10.4. Johnson and Johnson (J&J) (Animas Corp)
10.4.1. Locations
10.4.2. Business Portfolio
10.4.3. Product Portfolio
10.4.4. Revenue Analysis
10.5. Insulet Corp
10.5.1. Geography
10.5.2. Business Portfolio
10.5.3. Product Portfolio
10.5.4. Revenue Analysis
10.5.5. Strategic inputs
10.6. Tandem Diabetes
10.6.1. Business Portfolio
10.6.2. Revenue Analysis
10.7. Echo Therapeutics
10.7.1. Business Portfolio
10.7.2. Product Portfolio
10.7.3. Revenue Analysis

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年2月19日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60568
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】持続血糖測定装置(CGM)
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 住居用洗濯機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、住居用洗濯機の世界市場について調査・分析し、住居用洗濯機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別住居用洗濯機シェア、市場規模推移、市場規模予測、住居用洗濯機種類別分析(全自動、半自動)、住居用洗濯機用途別分析(学校用、住居用、ホテル用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・住居用洗濯機の市場概観 ・住居用洗濯機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・住居用洗濯機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・住居用洗濯機の世界市場規模 ・住居用洗濯機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・住居用洗濯機のアメリカ市場規模推移 ・住居用洗濯機のカナダ市場規模推移 ・住居用洗濯機のメキシコ市場規模推移 ・住居用洗濯機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・住居用洗濯機のドイツ市場規模推移 ・住居用洗濯機のイギリス市場規模推移 ・住居用洗濯機のロシア市場規模推移 ・住居用洗濯機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジ …
  • 液浸式変圧器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液浸式変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液浸式変圧器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用空気清浄機の世界市場2020-2024
    「自動車用空気清浄機の世界市場2020-2024」は、自動車用空気清浄機について市場概要、市場規模、製品別(カウンターアップ、ビルトイン)分析、技術別(HEPAフィルター、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用空気清浄機の世界市場:製品別(カウンターアップ、ビルトイン) ・自動車用空気清浄機の世界市場:技術別(HEPAフィルター、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 警備・法執行用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、警備・法執行用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、警備・法執行用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライフサイエンス産業における産業オートメーション市場規模、製品別(DCS、SCADA、PLC、MES)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Emerson Electric, Honeywell, Rockwell Automation, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場概要 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場環境 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場動向 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場規模 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場:業界構造分析 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場:製品別(DCS、SCADA、PLC、MES …
  • 船舶向け省エネソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、船舶向け省エネソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶向け省エネソリューションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶向け省エネソリューションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GreenSteam• Marorka• Norsepower• Eniram• Haldor Topsoe• PowerCell Sweden等です。
  • 電気自動車(EV)向けリレー世界市場2017-2021:PCBリレー、プラグインリレー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気自動車(EV)向けリレー世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)向けリレー世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電気自動車(EV)向けリレー世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDENSO CORPORATION、Panasonic、TE connectivity等です。
  • セラミック管の世界市場予測(~2022年):アルミナ、ジルコニア
    当調査レポートでは、セラミック管の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、セラミック管の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場:サービス別(包括的試験、臨床検査)、原材料別(賦形剤、API)、セグメント予測
    バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場は2025年には7億992万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、最終製品の迅速な立ち上げのために原材料を詳細に評価する必要性が高まったことが考えられます。さらに、バイオ医薬品産業における社内基準や外部規制に関する意識の高まりも、この市場の成長を助けています。本調査レポートでは、バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場について調査・分析し、バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場動向、バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ医薬品製造向け消耗品検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 手術用ステープラーの世界市場予測(~2022年):手動、動力式
    当調査レポートでは、手術用ステープラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、手術用ステープラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人地上センサー(UGS)の世界市場予測(~2022年):地震センサー、音響センサー、磁気センサー、赤外線センサー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、無人地上センサー(UGS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、センサー種類別分析、導入方式別分析、需要先別分析、地域別分析、無人地上センサー(UGS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの外傷固定市場動向(~2021)
  • タイのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PVB中間膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(標準ポリビニルブチラール・構造ポリビニルブチラール)分析、エンドユーズ産業別(自動車、建築および建設、太陽光発電)分析、PVB中間膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PVB中間膜の世界市場規模が2019年31億ドルから2024年44億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
  • 世界のサブウーファースピーカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のサブウーファースピーカー市場2015について調査・分析し、サブウーファースピーカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)心血管診断市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, bioMérieux, Danaher, F. Hoffmann-La Roche, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)心血管診断の北米市場規模・予測 ・ポ …
  • 乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 胃不全麻痺(Gastroparesis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃不全麻痺(Gastroparesis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃不全麻痺(Gastroparesis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃不全麻痺(Gastroparesis)の概要 ・胃不全麻痺(Gastroparesis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃不全麻痺(Gastroparesis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃不全麻痺(Gastroparesis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • スピア型攻撃の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、スピア型攻撃の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、産業別分析、スピア型攻撃の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高速攻撃艇(FAC)の世界市場2017-202:ミサイル搭載FAC、ミサイル非搭載FAC
    当調査レポートでは、高速攻撃艇(FAC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高速攻撃艇(FAC)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の難燃剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の難燃剤市場2015について調査・分析し、難燃剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のブレーキチャンバ市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキチャンバ市場2016について調査・分析し、ブレーキチャンバの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 住宅用浄水器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、住宅用浄水器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用浄水器市場規模、製品別(複合技術型、限外ろ過膜(RO)式、重力式、紫外線(UV)式)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用浄水器の世界市場概要 ・住宅用浄水器の世界市場環境 ・住宅用浄水器の世界市場動向 ・住宅用浄水器の世界市場規模 ・住宅用浄水器の世界市場:業界構造分析 ・住宅用浄水器の世界市場:製品別(複合技術型、限外ろ過膜(RO)式、重力式、紫外線(UV)式) ・住宅用浄水器の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・住宅用浄水器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用浄水器のアメリカ市場規模・予測 ・住宅用浄水器のヨーロッパ市場規模・予測 ・住宅用浄水器のアジア市場規模・予測 ・住宅用浄水器の主要国分析 ・住宅用浄水器の世界市場:意思決定フレームワーク ・住宅用浄水器の世界市場: …
  • イギリスの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 音声及びスピーチ分析の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、音声及びスピーチ分析の世界市場について調べ、音声及びスピーチ分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、音声及びスピーチ分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(大企業、中小企業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は音声及びスピーチ分析の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・音声及びスピーチ分析の市場状況 ・音声及びスピーチ分析の市場規模 ・音声及びスピーチ分析の市場予測 ・音声及びスピーチ分析の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(大企業、中小企業) ・音声及びスピーチ分析の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 光伝達網(OTN)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、光伝達網(OTN)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・光伝達網(OTN)の世界市場:イントロダクション ・光伝達網(OTN)の世界市場:市場概観 ・光伝達網(OTN)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・光伝達網(OTN)の世界市場:セグメント別市場分析 ・光伝達網(OTN)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:主要地域別市場分析 ・光伝達網(OTN)の世界市場:関連企業分析
  • 繊維ガラス製電気・電子製品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、繊維ガラス製電気・電子製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、繊維ガラス製電気・電子製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のeクリニカルソリューション市場規模・予測2017-2025:商品別(CDMS、EDC、CTMS、eCOA、分析、RTMS、eTMF、安全)、展開モード別(オンデマンド、オンプレミス、クラウド型)、エンドユーザー別(ファーマ/バイオファーマ企業、CRO、病院)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のeクリニカルソリューション市場について調査・分析し、世界のeクリニカルソリューション市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のeクリニカルソリューション関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • オンライン・クラシファイド広告プラットフォームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オンライン・クラシファイド広告プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン・クラシファイド広告プラットフォームの世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオゾン分析計市場2015
    本調査レポートでは、世界のオゾン分析計市場2015について調査・分析し、オゾン分析計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国のフレキシブルパッケージング(軟包装)市場予測
  • タピオカの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タピオカの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、タピオカの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 加熱器具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、加熱器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加熱器具の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は加熱器具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Daikin Industries、Ingersoll-Rand、Lennox International、Robert Bosch、United Technologies等です。
  • 医薬品包装機械の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、医薬品包装機械の世界市場について調査・分析し、医薬品包装機械の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医薬品包装機械の世界市場:市場動向分析 - 医薬品包装機械の世界市場:競争要因分析 - 医薬品包装機械の世界市場:包装の種類別 ・ブリスター包装機 ・ストリップ包装機 ・充填キャッパー複合機 ・小箱詰機 ・包装機 ・トレー包装機 ・その他 - 医薬品包装機械の世界市場:製品の種類別 ・固形物包装機械 ・半固形物包装機械 ・液体包装機械 ・その他 - 医薬品包装機械の世界市場:主要地域別分析 - 医薬品包装機械の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医薬品包装機械のヨーロッパ市場規模 - 医薬品包装機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医薬品包装機械の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 液体細胞診の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:血液、尿、血漿、唾液、CSF
  • 色検出センサの世界市場:カラーセンサ、発光センサ、コントラストセンサ、明るさセンサ
    当調査レポートでは、色検出センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、色検出センサの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 尿崩症(Diabetes Insipidus):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、尿崩症(Diabetes Insipidus)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尿崩症(Diabetes Insipidus):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・尿崩症(Diabetes Insipidus)のフェーズ3治験薬の状況 ・尿崩症(Diabetes Insipidus)治療薬の市場規模(販売予測) ・尿崩症(Diabetes Insipidus)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・尿崩症(Diabetes Insipidus)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の尿崩症(Diabetes Insipidus)治療薬剤
  • 産業用排出物質浄化装置の世界市場
    当調査レポートでは、産業用排出物質浄化装置の世界市場について調査・分析し、産業用排出物質浄化装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 日本の脊椎手術処置動向(~2021)
  • サファイア半導体の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サファイア半導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サファイア半導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 通気性フィルムの世界市場:原材料別、製品別(マイクロポーラス(微多孔性)、非多孔性)、用途別(包装、工業用防護服)
    本調査レポートでは、通気性フィルムの世界市場について調査・分析し、通気性フィルムの世界市場動向、通気性フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別通気性フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のモーターサイクル(オートバイ)市場2015
    本調査レポートでは、世界のモーターサイクル(オートバイ)市場2015について調査・分析し、モーターサイクル(オートバイ)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低温コーティングの世界市場予測(~2021年):粉体塗装、液体塗装
    当調査レポートでは、低温コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、塗装タイプ別分析、樹脂タイプ別分析、需要先別分析、地域別分析、低温コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリマーフォームの世界市場分析:タイプ別(ポリウレタン発泡体、ポリスチレン発泡体、PVC発泡体、フェノール発泡体、ポリオレフィン発泡体、メラミン発泡体)、用途別(梱包、建築・建設、家具・寝具、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリマーフォームの世界市場について調査・分析し、ポリマーフォームの世界市場動向、ポリマーフォームの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリマーフォーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 髄膜炎(Meningitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎(Meningitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎(Meningitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎(Meningitis)の概要 ・髄膜炎(Meningitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎(Meningitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・髄膜炎(Meningitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・髄膜炎(Meningiti …
  • 世界のモジュール型データセンター市場規模・予測2017-2025:組織サイズ別(中小企業、大企業)、エンドユーズ別(BFSI、IT・テレコム、政府.・防衛、ヘルスケア、教育、小売、電力製造、その他)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のモジュール型データセンター市場について調査・分析し、世界のモジュール型データセンター市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のモジュール型データセンター関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 楽器の世界市場:パブリック・アドレス(PA)装置、弦楽器、キーボード、ピアノ、打楽器、DJギア、シンセサイザー
    当調査レポートでは、楽器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、楽器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非殺傷兵器 の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、非殺傷兵器 の世界市場について調査・分析し、非殺傷兵器 の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 非殺傷兵器 の世界市場:市場動向分析 - 非殺傷兵器 の世界市場:競争要因分析 - 非殺傷兵器 の世界市場:技術別 機械的及び運動学的非殺傷兵器 電磁的非殺傷兵器 化学物質非殺傷兵器 音響的非殺傷兵器 - 非殺傷兵器 の世界市場:製品別 指向性エネルギー兵器(DEW) 直接接触非殺傷兵器 - 非殺傷兵器の世界市場:エンドユーザー別 軍隊 警察関係 一般市民 - 非殺傷兵器 の世界市場:主要地域別分析 - 非殺傷兵器 の北米市場規模(アメリカ市場等) - 非殺傷兵器 のヨーロッパ市場規模 - 非殺傷兵器 のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・非殺傷兵器 の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の自動車エンジンオイル市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車エンジンオイル市場2016について調査・分析し、自動車エンジンオイルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"