"デジタルPCRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60567)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"デジタルPCRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

PCR enables quantification and detection of target DNA. PCR is a valuable tool in diagnosis, clinical trials and drug discovery. PCR application in critical research areas such as gene expression analysis, genotyping, viral quantification, HIV DNA detection and quantification etc. have provided valuable data to the field of medical science. Quantitative real-time PCR (qPCR) is being used largely by bio-pharma and academic labs. However, digital PCR (dPCR) are gaining focus currently. FDA approvals for clinical diagnosis and drugs depend on the clarity and consistency of results. For example qPCR based tests may have issues with respect to amplification efficiency that could vary with PCR primers and type of patient. Therefore, in such cases dPCR produces results that are more consistent. dPCR provide higher level of precision and greater sensitivity. This can directly affect the time span of FDA approvals.
This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"デジタルPCRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1.Exceutive Summary
2. Key Components of PCR – Instrumentation, Services, Reagents and Media etc: A Snap Shot
3. qPCR Verusus
4. Regulations
5. Conventional PCR, qPCR Versus dPCR
6. Key Application Areas of PCR Technology
7. Key Motivators for Adoption of dPCR
8. Key Restraints for Adoption of dPCR
9. Opportunity Analysis
10. Value Chain Analysis Across Stakeholders
(Instrument Manufacturers, Reagent Providers, Services etc)
11. Key Buying Criteria
12. Strategic Recommendations
13. Competitive Intelligence
13.1. Key Companies
13.2. Market Share
14. dPCR Market by Components ($Million), 2014 to 2021
14.1. dPCR Instrument Market
14.2. Reagents and Consumable
14.3. dPCR Software and Analytics
14.4. Others
15. dPCR Market by Applications ($Million), 2014 to 2021
15.1. Disease Diagnosis
15.2. Clinical Trials
15.3. Drug Development
15.4. Forensic Applications
15.5. Research Applications
15.6. Others
16. Geographic Analysis
16.1. North America ($Million), 2014 to 2021
16.1.1. U.S.
16.1.2. Canada
16.2. Europe ($Million), 2014 to 2021
16.2.1. Eastern
16.2.2. Western
16.2.3. Central
16.2.4. Southern
16.3. Asia ($Million), 2014 to 2021
16.3.1. China
16.3.2. India
16.3.3. Korea
16.3.4. Japan
16.3.5. Australia
16.3.6. Other Pacific
16.4. Row ($Million), 2014 to 2021
17. Corporate Profiling
17.1. Company Overview
17.2. Business Units and Services
17.3. Highlights
17.3.1. Strategic input 1
17.3.2. Strategic input 2
17.3.3. Strategic input 3
17.4. Financial Review
17.5. SCOT Analysis
17.6. List of Companies

1. Roche
2. Bio-Rad Labs
3. Life Technologies (Applied Biosystems and Invitrogen)
4. Qiagen
5. Promega
6. Agilent Technologies
7. Thermo Fisher Scientific
8. Sigma-Aldrich
9. Biorigami
10. Raindance technology
11. MDX health
12. GE
13. BIOKE
14. Integrated DNA technologies
15. Sony DADC
16. Ambry genetics
17. Pacific bio sciences
18. Bioline

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】デジタルPCRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年2月22日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60567
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】デジタルPCR
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
デジタルPCRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • クラウドサーバーの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドサーバーの世界市場について調査・分析し、クラウドサーバーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クラウドサーバーの世界市場:市場動向分析 - クラウドサーバーの世界市場:競争要因分析 - クラウドサーバーの世界市場:産業別 ・銀行取引、金融サービス、保険(BFSI) ・教育 ・政府 ・ヘルスケアおよび生命科学 ・製造 ・メディアと娯楽 ・小売 ・電気通信およびIT ・運送およびロジスティクス ・旅行およびサービス業 ・その他 - クラウドサーバーの世界市場:用途別 ・開発とテスト ・災害復旧 ・生産 ・その他 - クラウドサーバーの世界市場:展開モデル別 ・ハイブリッドクラウド ・プライベートクラウド ・パブリッククラウド - クラウドサーバーの世界市場:主要地域別分析 - クラウドサーバーの北米市場規模(アメリカ市場等) - クラウドサーバーのヨーロッパ市場規模 - クラウドサーバーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・クラウドサーバーの世界市場:主な市場 …
  • 高齢者医療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高齢者医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高齢者医療市場規模、薬効分類別(鎮痛剤、抗糖尿病薬、抗高血圧剤、抗鬱剤・抗精神病薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、スタチン、その他)分析、疾患別(関節炎、癌、心血管、脳疾患、骨粗しょう症、呼吸器官、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高齢者医療の世界市場:市場動向分析 ・ 高齢者医療の世界市場:競争要因分析 ・ 高齢者医療の世界市場:薬効分類別(鎮痛剤、抗糖尿病薬、抗高血圧剤、抗鬱剤・抗精神病薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、スタチン、その他) ・ 高齢者医療の世界市場:疾患別(関節炎、癌、心血管、脳疾患、骨粗しょう症、呼吸器官、その他) ・ 高齢者医療の世界市場:主要地域別分析 ・ 高齢者医療の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 高齢者医療のヨーロッパ市場規模 ・ 高齢者医療のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高齢者医療の世界市場: …
  • 大腸癌(Colorectal Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、大腸癌(Colorectal Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・大腸癌(Colorectal Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・大腸癌(Colorectal Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・大腸癌(Colorectal Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・大腸癌(Colorectal Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・大腸癌(Colorectal Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の大腸癌(Colorectal Cancer)治療薬剤
  • 有機リン及びカーバメート中毒:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における有機リン及びカーバメート中毒の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、有機リン及びカーバメート中毒治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・有機リン及びカーバメート中毒の概要 ・有機リン及びカーバメート中毒の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の有機リン及びカーバメート中毒治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・有機リン及びカーバメート中毒治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・有機リン及びカーバメート中毒治療薬開発 …
  • ENT用顕微鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ENT用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ENT用顕微鏡の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はENT用顕微鏡の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Carl Zeiss, • Danaher, • Olympus, • Seiler Instrument等です。
  • UV安定剤の世界市場予測(~2021年):光安定剤(HALS)、紫外線吸収剤(UVA)、消光剤
    当調査レポートでは、UV安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、UV安定剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Bcl-xlタンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBcl-xlタンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Bcl-xlタンパク質阻害剤の概要 ・Bcl-xlタンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のBcl-xlタンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Bcl-xlタンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Bcl-xlタンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 石こうボードの世界市場動向分析:製品別(ウォールボード、天井ボード、プリコートボード)、用途別(住宅、企業、商業、機関)、セグメント予測
    本調査レポートでは、石こうボードの世界市場について調査・分析し、石こうボードの世界市場動向、石こうボードの世界市場規模、市場予測、セグメント別石こうボード市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のプラスチック絶縁難燃性電力ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック絶縁難燃性電力ケーブル市場2015について調査・分析し、プラスチック絶縁難燃性電力ケーブルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場:用途別(家庭用、商業施設・産業施設、ユーティリティ)、タイプ別(集中型インバーター、ストリングインバーター、マイクロインバーター、その他)、地域別予測
    本資料は、太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場について調べ、太陽光発電(PV)用インバーターの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(家庭用、商業施設・産業施設、ユーティリティ)分析、タイプ別(集中型インバーター、ストリングインバーター、マイクロインバーター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場概要 ・太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場環境 ・太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場動向 ・太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場規模 ・太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場規模:用途別(家庭用、商業施設・産業施設、ユーティリティ) ・太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場規模:タイプ別(集中型インバーター、ストリングインバーター、マイクロインバーター、その他) ・太陽光発電(PV)用インバーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽光発電(PV)用インバーターの北 …
  • 湿疹(Eczema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、湿疹(Eczema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・湿疹(Eczema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬の状況 ・湿疹(Eczema)治療薬の市場規模(販売予測) ・湿疹(Eczema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の湿疹(Eczema)治療薬剤
  • メディカルツーリズム(医療観光)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、メディカルツーリズム(医療観光)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メディカルツーリズム(医療観光)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメディカルツーリズム(医療観光)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Apollo Hospitals、Asklepios Kliniken Verwaltungsgesellschaft、Bangkok Hospital、Bumrungrad International Hospital、Fortis Healthcare等です。
  • 高圧処理(HPP)装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、高圧処理装置の世界市場について調査・分析し、高圧処理装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 高圧処理装置の世界市場:市場動向分析 - 高圧処理装置の世界市場:競争要因分析 - 高圧処理装置の世界市場:容量別 500以上 250から500 100から250 100以下 - 高圧処理装置の世界市場:方向性別 水平HPP装置 垂直HPP装置 - 高圧処理装置の世界市場:用途別 果物及び野菜 ジュース及び飲料品 肉類 魚介類 その他の用途 - 高圧処理装置の世界市場:エンドユーザー別 中小企業 大量生産工場 - 高圧処理装置の世界市場:主要地域別分析 - 高圧処理装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 高圧処理装置のヨーロッパ市場規模 - 高圧処理装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高圧処理装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 分娩後出血用治療機器の世界市場予測
    本調査レポートでは、分娩後出血用治療機器の世界市場について調査・分析し、分娩後出血用治療機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 人工心肺装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人工心肺装置 の世界市場について調査・分析し、人工心肺装置 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人工心肺装置 シェア、市場規模推移、市場規模予測、人工心肺装置 種類別分析(シングルローラーポンプ、ダブルローラーポンプ、その他)、人工心肺装置 用途別分析(心臓手術、肺移植手術、急性呼吸不全治療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人工心肺装置 の市場概観 ・人工心肺装置 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人工心肺装置 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人工心肺装置 の世界市場規模 ・人工心肺装置 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人工心肺装置 のアメリカ市場規模推移 ・人工心肺装置 のカナダ市場規模推移 ・人工心肺装置 のメキシコ市場規模推移 ・人工心肺装置 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人工心肺装置 のドイツ市場規模推移 ・人工心肺装置 のイギリス市場規模推移 ・人工心肺装置 の …
  • X線装置の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、X線装置の世界市場について調べ、X線装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、X線装置の市場規模をセグメンテーション別(技術別(デジタル、アナログ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はX線装置の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・X線装置の市場状況 ・X線装置の市場規模 ・X線装置の市場予測 ・X線装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(デジタル、アナログ) ・X線装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中国のUVフィルター市場2015
    本調査レポートでは、中国のUVフィルター市場2015について調査・分析し、UVフィルターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウエビングの世界市場:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維)、用途別、地域別予測
    本資料は、ウエビングの世界市場について調べ、ウエビングの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウエビングの世界市場概要 ・ウエビングの世界市場環境 ・ウエビングの世界市場動向 ・ウエビングの世界市場規模 ・ウエビングの世界市場規模:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維) ・ウエビングの世界市場規模:用途別 ・ウエビングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウエビングの北米市場規模・予測 ・ウエビングのアメリカ市場規模・予測 ・ウエビングのヨーロッパ市場規模・予測 ・ウエビングのアジア市場規模・予測 ・ウエビングの日本市場規模・予測 ・ウエビングの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ポリマー修飾ビチューメン(PMB)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリマー修飾ビチューメン(PMB)の世界市場について調査・分析し、ポリマー修飾ビチューメン(PMB)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリマー修飾ビチューメン(PMB)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリマー修飾ビチューメン(PMB)種類別分析(SBS修飾ビチューメン、プラストマー修飾ビチューメン、クラムラバー修飾ビチューメン、その他)、ポリマー修飾ビチューメン(PMB)用途別分析(道路建設・舗装、屋根建設、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリマー修飾ビチューメン(PMB)の市場概観 ・ポリマー修飾ビチューメン(PMB)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリマー修飾ビチューメン(PMB)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリマー修飾ビチューメン(PMB)の世界市場規模 ・ポリマー修飾ビチューメン(PMB)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリマー修飾ビチューメン(PMB)のアメリカ市場規模推移 ・ポリマー修飾ビチ …
  • フローズンヨーグルトのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、フローズンヨーグルトのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローズンヨーグルトのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 知的所有権および使用料管理ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、知的所有権および使用料管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、知的所有権および使用料管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:酢酸ビニル変性ポリエチレン(低VA密度)、熱可塑性エチレン酢酸ビニル(中VA密度)、エチレン酢酸ビニルゴム(高VA密度)
    当調査レポートでは、エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(酢酸ビニル変性ポリエチレン(低VA密度)、熱可塑性エチレンビニルアセテート(中VA密度)、エチレンビニルアセテートゴム(高VA密度))分析、用途別(フィルム、フォーム、ホットメルト接着剤、ワイヤー&ケーブル、押出キャスティング、太陽電池カプセル化、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、包装&紙、塗料、コーティング、接着剤、エレクトロニクス&電気、医薬品、履物、太陽光発電パネル、およびその他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:種類別(酢酸ビニル変性ポリエチレン(低VA密度)、熱可塑性エチレンビニルアセテート(中VA密度)、エチレンビニルアセテートゴム(高VA密度)) ・エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:用途別(フィルム、フォーム、ホットメルト接着剤、ワイヤー&ケーブル、押出キャスティング、太陽電池カプセル化、その他) ・エチレン酢酸ビニル樹脂の世界市場:エンド …
  • プロピレングリコールの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、プロピレングリコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、プロピレングリコールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 潰瘍性大腸炎治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、潰瘍性大腸炎治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、潰瘍性大腸炎治療薬の世界市場規模及び予測、剤形別分析、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 化成肥料の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、化成肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、作物タイプ別分析、形状別分析、地域別分析、化成肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインクジェットヘッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のインクジェットヘッド市場2015について調査・分析し、インクジェットヘッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非弾力性床材の世界市場:セラミックス、木材・ラミネート
    当調査レポートでは、非弾力性床材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非弾力性床材市場規模、製品別(セラミックス、木材・ラミネート)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Armstrong Flooring, Grupo Lamosa, Kajaria Ceramics, Mohawk Industries, RAK Ceramicsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非弾力性床材の世界市場概要 ・非弾力性床材の世界市場環境 ・非弾力性床材の世界市場動向 ・非弾力性床材の世界市場規模 ・非弾力性床材の世界市場:業界構造分析 ・非弾力性床材の世界市場:製品別(セラミックス、木材・ラミネート) ・非弾力性床材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・非弾力性床材の北米市場規模・予測 ・非弾力性床材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・非弾力性床材のアジア太平洋市場規模・予測 ・非弾力性床材の主要国分析 ・非弾力性床材の世界市場:意思決定フ …
  • 医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 紹介管理ソフトウェアは、病院やクリニックにおいて医療提供者や医師により使用されています。紹介管理ソフトウェアの使用により、費用の削減・管理、事務作業の効率化、患者の治療やケアの質全般を向上させることができます。Technavio社は医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均21.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cerner• Eceptionist• eHealth Technologies• The Advisory Board Company• Persistent Systems等です。
  • 腹膜透析装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、腹膜透析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、腹膜透析装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小売自動化の世界市場2014-2025:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)、エンドユーザー別(大型スーパー、スーパー、コンビニ、ガソリンスタンド、薬局)、地域別
    本調査レポートでは、小売自動化の世界市場について調査・分析し、小売自動化の世界市場動向、小売自動化の世界市場規模、市場予測、セグメント別小売自動化市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱交換器の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、熱交換器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 経カテーテルの世界市場展望
    ※本調査レポートでは、経カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、経カテーテルの世界市場規模、地域別市場規模、セグメント別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場:製品別(固定型、ポータブル型)、技術別、電力別、アプリケーション別(家電製品、製造業、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場について調査・分析し、オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場動向、オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別オイルフリーエアーコンプレッサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヒューズホルダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヒューズホルダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒューズホルダーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自然言語処理(NLP)の世界市場:認識、IVR、OCR、音声認識、テキスト処理、パターンおよび画像認識
    当調査レポートでは、自然言語処理(NLP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの概要 ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 血液バンクおよびNAT検査の世界市場:地域別予測、企業分析
  • 世界の通気性フィルム市場:種類別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタンポリエーテル)、技術別(マイクロポーラス、モノリシック)、エンドユーズ産業別(衛生、医療、食品包装、建設、織物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、通気性フィルムの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年33億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。本書は、世界の通気性フィルム市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン、その他)分析、技術別(微孔性通気性フィルム、モノリシック通気性フィルム)分析、用途別(衛生管理、医療、建設、布製食品包装、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の通気性フィルム市場:種類別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン、その他) ・世界の通気性フィルム市場:技術別(微孔性通気性フィルム、モノリシック通気性フィルム) ・世界の通気性フィルム市場:用途別(衛生管理、医療、建設、布製食品包装、その他) ・世界の通気性フィルム市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 生体インプラントの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、生体インプラントの世界市場について調査・分析し、生体インプラントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生体インプラントの世界市場:市場動向分析 - 生体インプラントの世界市場:競争要因分析 - 生体インプラントの世界市場:用途別 ・心臓血管移植 ・歯科・人工インプラント ・脊椎生体インプラント ・整形外科用インプラント ・眼科インプラント ・神経刺激インプラント ・その他 - 生体インプラントの世界市場:材料別 ・金属 ・生体 ・セラミック ・ポリマー - 生体インプラントの世界市場:エンドユーザー別 ・製薬会社 ・研究機関 ・学術機関 ・医療機器製造会社 - 生体インプラントの世界市場:分類別 ・生体インプラント ・生物学的インプラント ・生物的機能的インプラント - 生体インプラントの世界市場:由来別 ・同種移植 ・自家移植 ・異種移植 ・人工 - 生体インプラントの世界市場:主要地域別分析 - 生体インプラントの北米市場規模(アメリカ市場等) - 生体インプラントのヨーロッパ …
  • 世界のデニム製ジーンズ市場2016
    本調査レポートでは、世界のデニム製ジーンズ市場2016について調査・分析し、デニム製ジーンズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の滅菌装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の滅菌装置市場2015について調査・分析し、滅菌装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高分子ベース溶解性強化賦形剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の高分子ベース溶解性強化賦形剤市場2015について調査・分析し、高分子ベース溶解性強化賦形剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの心臓補助装置市場見通し
  • 世界のセメント添加剤市場規模・予測2017-2025:種類別(化学品、ミネラル、・ファイバー別)、機能別(減水、着色剤、染剤、耐化学性・プラスチック化)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のセメント添加剤市場について調査・分析し、世界のセメント添加剤市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のセメント添加剤関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のリチウム電池陰極材料市場2016
    本調査レポートでは、世界のリチウム電池陰極材料市場2016について調査・分析し、リチウム電池陰極材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のNMRスペクトロメータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のNMRスペクトロメータ市場2016について調査・分析し、NMRスペクトロメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアクチュエータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のアクチュエータ市場2016について調査・分析し、アクチュエータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))のフェーズ3治験薬の状況 ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))治療薬の市場規模(販売予測) ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))治療薬剤
  • 世界の自動車ドアチェック市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車ドアチェック市場2015について調査・分析し、自動車ドアチェックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタングステン市場2015
    本調査レポートでは、世界のタングステン市場2015について調査・分析し、タングステンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"