"医療産業向け3Dアプリケーションの世界市場:インサイト、機会、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60563)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"医療産業向け3Dアプリケーションの世界市場:インサイト、機会、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

3D technology is one of the fastest growing markets in the world. 3D imaging market is an offshoot of the traditional diagnostic imaging market. Healthcare industry relies increasingly on the 3D imaging market. 3D printing in healthcare is slowly picking up popularity. The companies working on 3D printing technology are new and mainly focused on research and development. Virtual reality in 3D market is still new and being mainly used to treat posttraumatic stress disorders and phobias.
• 3D diagnostic imaging market is more than 80% of the market in the overall 3D healthcare technology market.
• Currently the main players in 3D diagnostic imaging are GE Healthcare, Siemens, Philips, Toshiba and BARCO.
• The market is well established in all the geographies and North America has the largest market share with almost 50% market share.
• The market has two main players in the 3D printing in healthcare, Stratasys and 3D Systems.
• The 3D printing market is growing in the Asia Pacific region. China has been working a lot in the 3D printing market.

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"医療産業向け3Dアプリケーションの世界市場:インサイト、機会、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chap 1. Executive Summary
Chap 2. Market Determinants
2.1. Key Drivers
2.1.1. Better choice over conventional methods
2.1.2. Customized products
2.1.3. Research and Development
2.1.4. Innovative and advanced technologies
2.1.5. FDA nod to 3D innovative technologies
2.2. Restraints
2.2.1. High cost to individual patient
2.2.2. Lower Adoption rate
2.2.3. Regulations
2.3. Opportunity
2.3.1. Increase in joint replacement surgeries
2.3.2. Medical Tourism
2.3.3. Bio printing technology
2.4. Challenges
2.4.1. Transplantation of vital organs
2.4.2. High adoption rate of 3D technology is a challenge
2.4.3. Regulations are a hindrance for 3D technology
Chap 3. 3D technology in healthcare – Application
3.1. 3D Printing
3.2. Implants
3.2.1. Example of use of 3D printing in implant
3.2.2. Advantages of 3D printing in healthcare
3.2.3. Dental Implants
3.2.4. Bio Engineering
3.2.5. Bio medical applications of 3D printing
3.3. 3D printing technologies
3.3.1. Electron beam melting
3.3.2. Laminated object manufacturing
3.3.3. Thermal Inkjet Printing
3.3.4. Selective Laser Sintering
3.3.5. Fused Deposition Modeling (FDM)
3.3.6. Photo polymerization
3.4. Raw material used for 3D printing in healthcare
3.4.1. Bio Ink
3.4.2. Ceramic
3.4.3. Polymers
3.4.4. Acrylonitrile Butadiene Styrene (ABS)
3.4.5. Polyactic Acid (PLA)
3.4.6. Metal
3.5. 3D Imaging
3.5.1. 3D mammography
3.5.2. 3D computed tomography
3.6. Virtual Reality
3.6.1. Use of virtual reality in therapy
Chap 4. Strategies to stay competitive in the 3D technology market in healthcare
4.1. Research and development give rise to innovative technologies
4.2. Stratasys partners with Worrell for new 3D printed medical devices
4.2.1. Organovo and Johnson & Johnson enter into partnership for 3D bio printing drug discovery research
4.2.2. Organovo enters into partnership with the Yale School of Medicine for 3D bioprinted tissue project
4.3. Acquisition gives upper hand over the competitors
4.3.1. Case Study
Chap 5. Geographical analysis
5.1. North America
5.1.1. United States
5.1.2. Canada
5.2. Europe
5.2.1. Regulations regarding medical devices in Europe
5.2.2. Prevalent diseases in Europe
5.2.3. United Kingdom (UK)
5.2.4. France
5.2.5. Germany
5.3. Asia Pacific (APAC)
5.3.1. China
5.3.1.1. Diseases prevalence in China
5.3.2. Japan
5.3.2.1. Regulations in Japan
5.3.3. India
Chap 6. Company Profiling
6.1. 3 D Imaging
6.1.1. GE Healthcare
6.1.1.1. Overview
6.1.1.2. Strategic Moves
6.1.1.3. SCOT Analysis
6.1.2. Siemens Healthcare
6.1.2.1. Overview
6.1.2.2. Siemens Healthcare Products Portfolio
6.1.2.3. Strategic Moves (2013-14)
6.1.2.4. SCOT Analysis
6.1.3. Philips Healthcare
6.1.3.1. Overview
6.1.3.2. Phillips Healthcare Products Portfolio
6.1.3.3. Strategic Moves (2013-14)
6.1.3.4. SCOT Analysis
6.1.4. Toshiba Medical Systems
6.1.4.1. Overview
6.1.4.2. Toshiba Medical System Products Portfolio
6.1.4.3. Strategic Moves (2013-14)
6.1.4.4. SCOT Analysis
6.1.5. BARCO NV
6.1.5.1. Overview
6.1.5.2. BARCO NV Products Portfolio
6.1.5.3. Strategic Moves (2013-14)
6.1.5.4. SCOT Analysis
6.1.6. Hitachi Medical Systems
6.1.6.1. Overview
6.1.6.2. Hitachi Medical System Products Portfolio
6.1.6.3. Strategic Moves (2013-14)
6.1.6.4. SCOT Analysis
6.2. 3 D Printing
6.2.1. Stryker
6.2.1.1. Overview
6.2.1.2. Strategic Moves (2013-14)
6.2.1.3. SCOT Analysis
6.2.2. 3D Systems Corporation
6.2.2.1. Overview
6.2.2.2. SCOT Analysis
6.2.3. Stratasys
6.2.3.1. Overview
6.2.3.2. SCOT Analysis
6.2.4. Arcam AB
6.2.4.1. Overview
6.2.4.2. SCOT Analysis
6.2.5. Envision TEC GMBH
6.2.5.1. Overview
6.2.5.2. SCOT Analysis
6.2.6. Materialise NV
6.2.6.1. Overview:
6.2.6.2. SCOT Analysis

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】医療産業向け3Dアプリケーションの世界市場:インサイト、機会、市場シェア、予測
【発行日】2016年2月25日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60563
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】3Dアプリケーション、3D画像、3D技術、3D診断、3Dプリンティング、医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
医療産業向け3Dアプリケーションの世界市場:インサイト、機会、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 分子診断の世界市場分析:製品別、テストロケーション別(Poc、中央検査室)、技術別(PCR、原位置ハイブリダイゼーション、INAAT、マイクロアレイ、MS、NGS、TMA))、用途別(腫瘍、乳がん、前立腺がん、子宮頸がん、薬理ゲノム学、感染症、MRSA、C。ディフィシル、バンコマイシン耐性腸球菌、カルバペネム耐性、インフルエンザ、RSV、カンジダ、結核、髄膜炎、GITテスト、クラミジア、淋病、HIV、HCV、HBV 、遺伝学、神経学、心臓血管)、セグメント予測
    本調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、分子診断の世界市場動向、分子診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別分子診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの整形外科処置動向(~2021)
  • ブラジルの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 工業用ベルトドライブの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用ベルトドライブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用ベルトドライブ市場規模、技術別分析、製品別(Vベルトドライブ、同期ベルトドライブ、プーリー)分析、最終用途別(マテリアルハンドリング産業、産業機械、農業、鉱業・鉱物産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用ベルトドライブの世界市場概要 ・工業用ベルトドライブの世界市場環境 ・工業用ベルトドライブの世界市場動向 ・工業用ベルトドライブの世界市場規模 ・工業用ベルトドライブの世界市場:業界構造分析 ・工業用ベルトドライブの世界市場:技術別 ・工業用ベルトドライブの世界市場:製品別(Vベルトドライブ、同期ベルトドライブ、プーリー) ・工業用ベルトドライブの世界市場:最終用途別(マテリアルハンドリング産業、産業機械、農業、鉱業・鉱物産業、その他) ・工業用ベルトドライブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用ベルトドライブのアメリカ市 …
  • 企業向けワークフォース開発トレーニングの世界市場2017-2021:オンライン学習、インストラクター付き学習
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、企業向けワークフォース開発トレーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けワークフォース開発トレーニングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は企業向けワークフォース開発トレーニングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.26%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEton Institute、LearnQuest、NIIT、Pearson、Wilson Learning等です。
  • マシンビジョン(MV)の世界市場:製品別(PCベース、スマートカメラベース)、用途別、地域別予測
    本資料は、マシンビジョン(MV)の世界市場について調べ、マシンビジョン(MV)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(PCベース、スマートカメラベース)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マシンビジョン(MV)の世界市場概要 ・マシンビジョン(MV)の世界市場環境 ・マシンビジョン(MV)の世界市場動向 ・マシンビジョン(MV)の世界市場規模 ・マシンビジョン(MV)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・マシンビジョン(MV)の世界市場規模:製品別(PCベース、スマートカメラベース) ・マシンビジョン(MV)の世界市場規模:用途別 ・マシンビジョン(MV)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・マシンビジョン(MV)の北米市場規模・予測 ・マシンビジョン(MV)のアメリカ市場規模・予測 ・マシンビジョン(MV)のヨーロッパ市場規模・予測 ・マシンビジョン(MV)の …
  • グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)の概要 ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)のパイプライン概要 ・企業別開発中のグリシン再取り込み阻害剤(GlyRI) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デジタルマーケティング費の世界市場:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)、用途別(デスクトップ、モバイル)、地域別予測
    本資料は、デジタルマーケティング費の世界市場について調べ、デジタルマーケティング費の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)分析、用途別(デスクトップ、モバイル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはComcast、AT&T、P&G、Verizon、General Motors、American Express、Fiat Chrysler、Ford、Johnson & Johnson、JPMorgan Chase、L’Oréal、Nissan、Pfizer、Toyota、Unileverなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルマーケティング費の世界市場概要 ・デジタルマーケティング費の世界市場環境 ・デジタルマーケティング費の世界市場動向 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシ …
  • プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストの概要 ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロスタグラジンF2-アルファ受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ナルコレプシー治療薬の世界市場:疾患種類別、治療種類別
    当調査レポートでは、ナルコレプシー治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、病気種類別(昼間極度眠気、カタプレニア、その他)分析、治療種類別(中枢神経系刺激薬、三環系抗うつ薬、オキシケイ酸ナトリウム、選択的セロトニン再取り込み阻害薬など)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ナルコレプシー治療薬の世界市場:病気種類別(昼間極度眠気、カタプレニア、その他) ・ナルコレプシー治療薬の世界市場:治療種類別(中枢神経系刺激薬、三環系抗うつ薬、オキシケイ酸ナトリウム、選択的セロトニン再取り込み阻害薬など) ・ナルコレプシー治療薬の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • ケーブルアセンブリの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ケーブルアセンブリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケーブルアセンブリ市場規模、用途別(自動車、家電、テレコム/データコム、工業、その他)分析、製品別(用途特化型、長方形、RF、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ケーブルアセンブリの世界市場概要 ・ケーブルアセンブリの世界市場環境 ・ケーブルアセンブリの世界市場動向 ・ケーブルアセンブリの世界市場規模 ・ケーブルアセンブリの世界市場:業界構造分析 ・ケーブルアセンブリの世界市場:用途別(自動車、家電、テレコム/データコム、工業、その他) ・ケーブルアセンブリの世界市場:製品別(用途特化型、長方形、RF、その他) ・ケーブルアセンブリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ケーブルアセンブリのアメリカ市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリのヨーロッパ市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリのアジア市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリの主要国分析 ・ケーブ …
  • UV安定剤の世界市場予測(~2021年):光安定剤(HALS)、紫外線吸収剤(UVA)、消光剤
    当調査レポートでは、UV安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、UV安定剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場について調査・分析し、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:市場動向分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:競争要因分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の北米市場規模・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の欧州市場・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術のアジア市場・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 台湾の心臓律動管理装置市場見通し
  • 電動ファン付き呼吸用保護具の世界市場:製品別(ハーフマスク、フルフェイスマスク)、エンドユーズ別(石油・ガス、工業、ヘルスケア)、地域別
    本調査レポートでは、電動ファン付き呼吸用保護具の世界市場について調査・分析し、電動ファン付き呼吸用保護具の世界市場動向、電動ファン付き呼吸用保護具の世界市場規模、市場予測、セグメント別電動ファン付き呼吸用保護具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アクリルエラストマーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アクリルエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ(アクリルコモノマーエラストマー・ACM、エチレンアクリルエラストマー・AEM)別分析、最終用途産業(自動車、建設、工業)別分析、アクリルエラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティペーパーの世界市場予測(~2023年)
    セキュリティペーパーの世界市場は、2018年の114億米ドルから2023年には148億米ドルに達し、この期間中5.42%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、紙幣の印刷、流通および再印刷、ならびに観光業の成長に伴うパスポートやビザの需要増加が考えられます。一方で、デジタル化の進展、小切手や紙幣に代わる電子決済ソリューション、さらには、流通する紙幣を制限する法律規制により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、セキュリティペーパーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(基材、透かし、スレッド、ホログラム)分析、用途(紙幣、パスポート、身分証明書、認証、法的文書・政府文書、小切手、切手)分析、セキュリティペーパーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械状態モニタリングの世界市場予測:振動モニタリング、サーモグラフィー、潤滑油分析、腐食モニタリング、超音波放射、電流徴候解析(MCSA)
    当調査レポートでは、機械状態モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、モニタリング種類別分析、商品別分析、産業別分析、モニタリングプロセス別分析、機械状態モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用ファブリックの世界市場:繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料)、用途別(コンベアベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防炎性衣類)、地域別予測
    本資料は、産業用ファブリックの世界市場について調べ、産業用ファブリックの世界規模、市場動向、市場環境、繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料)分析、用途別(コンベアベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防炎性衣類)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・産業用ファブリックの世界市場概要 ・産業用ファブリックの世界市場環境 ・産業用ファブリックの世界市場動向 ・産業用ファブリックの世界市場規模 ・産業用ファブリックの世界市場規模:繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料) ・産業用ファブリックの世界市場規模:用途別(コンベアベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防炎性衣類) ・産業用ファブリックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ファブリックの北米市場規模・予測 ・産業用ファブリックのアメリカ市場規模・予測 ・産業用ファブリックのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用ファ …
  • 季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の概要 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • 医療用膜の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療用膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用膜の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エアレス塗装システムの世界市場予測2019-2024
    「エアレス塗装システムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、電気、ガス、その他など、用途別には、Residential、Commercial、Industrialなどに区分してまとめた調査レポートです。エアレス塗装システムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・エアレス塗装システムの世界市場概要(サマリー) ・エアレス塗装システムの企業別販売量・売上 ・エアレス塗装システムの企業別市場シェア ・エアレス塗装システムの世界市場規模:種類別(電気、ガス、その他) ・エアレス塗装システムの世界市場規模:用途別(Residential、Commercial、Industrial) ・エアレス塗装システムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・エアレス塗装システムのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・エアレス塗装システムの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) …
  • 世界のリップクリーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のリップクリーム市場2015について調査・分析し、リップクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術器具追跡システムの世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(バーコード、RFID)、エンドユーザー別、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、手術器具追跡システムの世界市場について調査・分析し、手術器具追跡システムの世界市場動向、手術器具追跡システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別手術器具追跡システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の概要 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 胃腸用ステントの世界市場2016-2020:胆管・膵臓用ステント、食道ステント、十二指腸用ステント、結腸用ステント
    当調査レポートでは、胃腸用ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、胃腸用ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 内分泌機能検査の世界市場2016-2020
  • 世界のマンガン酸リチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のマンガン酸リチウム市場2015について調査・分析し、マンガン酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 回生ブレーキシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、回生ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、回生ブレーキシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別回生ブレーキシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、回生ブレーキシステム種類別分析()、回生ブレーキシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・回生ブレーキシステムの市場概観 ・回生ブレーキシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・回生ブレーキシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・回生ブレーキシステムの世界市場規模 ・回生ブレーキシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・回生ブレーキシステムのアメリカ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのカナダ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのメキシコ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・回生ブレーキシステムのドイツ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのイギリス市場規模推移 ・回生ブレーキシステ …
  • RWS (遠隔操作式無人銃架・砲塔) の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、RWS (遠隔操作式無人銃架・砲塔) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途(軍用、国土安全保障)別分析、プラットフォーム(陸軍、空軍、海軍)別分析、コンポーネント(センサー、HMI、武器・軍備)別分析、武器の種類(殺傷兵器、非殺傷兵器)別分析、RWS (遠隔操作式無人銃架・砲塔) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スタンドアップパウチの世界市場:種類別、形状別、密封タイプ別、用途別、地域別予測
    本資料は、スタンドアップパウチの世界市場について調べ、スタンドアップパウチの世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、形状別分析、密封タイプ別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スタンドアップパウチの世界市場概要 ・スタンドアップパウチの世界市場環境 ・スタンドアップパウチの世界市場動向 ・スタンドアップパウチの世界市場規模 ・スタンドアップパウチの世界市場規模:種類別 ・スタンドアップパウチの世界市場規模:形状別 ・スタンドアップパウチの世界市場規模:密封タイプ別 ・スタンドアップパウチの世界市場規模:用途別 ・スタンドアップパウチの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スタンドアップパウチの北米市場規模・予測 ・スタンドアップパウチのアメリカ市場規模・予測 ・スタンドアップパウチのヨーロッパ市場規模・予測 ・スタンドアップパウチのアジア市場規模・予測 ・スタンドアップパウチの日本市場規模・予測 ・スタンドアップパウチの中国市場規 …
  • 中国の搬送ロボット市場2015
    本調査レポートでは、中国の搬送ロボット市場2015について調査・分析し、搬送ロボットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸素テント市場2016
    本調査レポートでは、世界の酸素テント市場2016について調査・分析し、酸素テントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルペイメントの世界市場2016-2020:スマートウォッチペイメント、フィットネスバンドペイメント
    当調査レポートでは、ウェアラブルペイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルペイメントの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非ホジキンリンパ腫(NHL)の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、非ホジキンリンパ腫(NHL)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・非ホジキンリンパ腫(NHL)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・非ホジキンリンパ腫(NHL)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 調味料・ドレッシング・ソースのイタリア市場
  • 世界のペンタデカン二酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のペンタデカン二酸市場2016について調査・分析し、ペンタデカン二酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の形状記憶合金市場2015
    本調査レポートでは、世界の形状記憶合金市場2015について調査・分析し、形状記憶合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無線プリンター市場2016
    本調査レポートでは、世界の無線プリンター市場2016について調査・分析し、無線プリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用飼料添加物の世界市場分析:製品別(酸化防止剤、アミノ酸、酵素(フィターゼ、非澱粉多糖)、酸性化剤、家畜(豚肉/豚、鶏、牛、養殖漁業)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物用飼料添加物の世界市場について調査・分析し、動物用飼料添加物の世界市場動向、動物用飼料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物用飼料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用コネクタの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用コネクタの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プレキャスト建設の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、プレキャスト建設の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、プレキャスト建設の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 木材敷板の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、木材敷板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木材敷板の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プリンテッドエレクトロニクスの世界市場見通し2016-2022:スクリ—ン印刷、グラビア印刷、フレキソ印刷、インクジェット印刷、その他技術
    当調査レポートでは、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:市場動向分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:競争要因分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:装置別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:材料別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:技術別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの北米市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの欧州市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスのアジア市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 変更および構成管理の世界市場予測(~2021):構成要素別(ソフトウェア&サービス)、導入別、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、変更および構成管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、導入別分析、企業規模別分析、産業別分析、変更および構成管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • てんかん(Epilepsy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、てんかん(Epilepsy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・てんかん(Epilepsy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・てんかん(Epilepsy)のフェーズ3治験薬の状況 ・てんかん(Epilepsy)治療薬の市場規模(販売予測) ・てんかん(Epilepsy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・てんかん(Epilepsy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のてんかん(Epilepsy)治療薬剤
  • ニシンの世界市場:大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、ニシンの世界市場について調べ、ニシンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ニシンの市場規模をセグメンテーション別(種類別(大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はニシンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ニシンの市場状況 ・ニシンの市場規模 ・ニシンの市場予測 ・ニシンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他) ・ニシンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 キャリアイーサネットとは、通信事業者にイーサネットサービスを提供するサービスです。このサービスにはE-Line、E-LAN、E-Treeがあります。Technavio社はキャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcatel-Lucent Enterprise • Arista Networks• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell• HPE• Juniper Networks等です。
  • 止血剤および組織封止剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、止血剤および組織封止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、止血剤および組織封止剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"