"医療VR(仮想現実)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60565)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"医療VR(仮想現実)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Virtual Reality technology is a computer-simulated environment that can recreate sensory experiences and stimulate presence in locations that are from the real world or may be from an imagined world. It has generated tremendous excitement in the healthcare industry where the applications of virtual reality technology extend to psychiatric, training, medical practice, and among other branches of medicine as a part of alternate therapies. Depression & PTSD, surgery simulation, phobia treatment, robotic surgery and skills training are the most common situations where the use of Virtual Reality Technology has proven successful.
Virtual Reality has also proven effective in treating pain by distracting the brain and reducing the need for drugs during painful and physically unpleasant treatments which reduce exposure to strong narcotics and addictive painkillers. Due to the expensive nature of this new technology, it is available in very limited parts of the world, mostly in developed countries. The demand for Virtual Reality Technology for treatments is increasing in healthcare, but expensive hardware, inadequate training of medical practitioners and lack of awareness amongst the patient population are some of the challenges faced by this market. However, the market is lucrative in the developed countries of Europe and North America though the opportunities are huge in emerging economies as the technology is still inaccessible in those countries.
U.S. market is driven by strong research and development and investment by government and private firm. In the U.S. virtual reality is being widely used in the training and development of healthcare professionals, it is being widely used in the treatment of depression and phobia.

Companies profiled include
1. Artificial Life Inc.
2. Aruba Networks
3. CAE healthcare
4. Foursquare
5. Simulab Corp
6. Laster technologies
7. Immersion Corporation
8. Qualcomm
9. Samsung
10. Theraism
11. Vuxix Corp.
12. Worldciz LLC
13. The Virtual Reality Medical Center
14. Brainlab AG
15. GE Healthcare
16. Medtronic, Inc.
17. Intuitive Surgical, Inc
18. Stryker Corporation
19. Vital Images, Inc.

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"医療VR(仮想現実)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Executive Summary
2. Virtual Reality in Healthcare: Introduction
2.1. Virtual Reality Technology
2.1.1. Semi-immersive
2.1.2. Fully immersive
2.2. VR in Healthcare
3. Market Overview
3.1. Market definition
3.2. Recent innovations
3.3. Regulatory framework by geography
3.4. Key buying criteria
3.5. Top market analysis
3.6. End user analysis
3.7. Stakeholder analysis and supply chain management
3.8. Key findings
3.9. Strategic Recommendation
4. Drivers of Virtual Reality in Healthcare
4.1. Demand in healthcare industry
4.2. Technology market boost up
5. Restraints of Virtual Reality in Healthcare
5.1. Expensive hardware
5.2. Awareness about technology
6. Opportunities of Virtual Reality in Healthcare
6.1. R&D investment
7. Challenges of Virtual Reality in Healthcare
7.1. Low awareness levels
7.2. Phobia of new technology for treatment of major diseases
8. Segmentation
8.1. Segmentation on the basis on applications
8.1.1. VR in Medicine
8.1.2. VR in Nursing
8.1.3. VR in Dentistry
8.1.4. VR in Surgery
8.1.5. VR in treatment for phobia
8.1.6. VR for disabled people
8.1.7. VR for treatment of PTSD
8.1.8. VR therapies
8.1.9. VR in treatment of Autism
8.1.10. Other treatment through VR
9. Competitive Landscape
9.1. Key Service Provider
9.2. Key Strategies
9.3. Market Growth and Shares
9.4. Market Forecast
10. Geography Analysis
10.1.1. America
10.1.1.1. North America
10.1.1.2. Brazil
10.1.1.3. Mexico
10.1.2. Europe
10.1.3. APAC
10.1.3.1. Japan
10.1.3.2. Australia
10.1.3.3. China
10.1.3.4. Korea
10.1.4. Row
11. Company Profiling
1. Artificial Life Inc.
2. Aruba Networks
3. CAE healthcare
4. Foursquare
5. Simulab Corp
6. Laster technologies
7. Immersion Corporation
8. Qualcomm
9. Samsung
10. Theraism
11. Vuxix Corp.
12. Worldciz LLC
13. The Virtual Reality Medical Center
14. Brainlab AG
15. GE Healthcare
16. Medtronic, Inc.
17. Intuitive Surgical, Inc
18. Stryker Corporation
19. Vital Images, Inc.

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】医療VR(仮想現実)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年2月25日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60565
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】VR(仮想現実)、医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
医療VR(仮想現実)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ワイヤレスヘルスの世界市場:技術別(WLAN、WPAN、WiMAX、WWAN)、コンポーネント種類別、用途別(患者、プロバイダー)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ワイヤレスヘルスの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスヘルスの世界市場動向、ワイヤレスヘルスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ワイヤレスヘルス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空宇宙用材料の世界市場予測2019-2024
    「航空宇宙用材料の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、アルミニウム合金、合金鋼、チタン合金、超合金、複合材料、その他など、用途別には、Commercial Aircraft、Military Aircraftなどに区分してまとめた調査レポートです。航空宇宙用材料のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空宇宙用材料の世界市場概要(サマリー) ・航空宇宙用材料の企業別販売量・売上 ・航空宇宙用材料の企業別市場シェア ・航空宇宙用材料の世界市場規模:種類別(アルミニウム合金、合金鋼、チタン合金、超合金、複合材料、その他) ・航空宇宙用材料の世界市場規模:用途別(Commercial Aircraft、Military Aircraft) ・航空宇宙用材料の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空宇宙用材料のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空宇宙用材料の欧州市場規模(ドイツ、 …
  • 施肥機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、施肥機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、施肥機市場規模、肥料種類別(乾燥肥料、液体肥料)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・施肥機の世界市場概要 ・施肥機の世界市場環境 ・施肥機の世界市場動向 ・施肥機の世界市場規模 ・施肥機の世界市場:業界構造分析 ・施肥機の世界市場:肥料種類別(乾燥肥料、液体肥料) ・施肥機の世界市場:製品別 ・施肥機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・施肥機の北米市場規模・予測 ・施肥機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・施肥機のアジア太平洋市場規模・予測 ・施肥機の主要国分析 ・施肥機の世界市場:意思決定フレームワーク ・施肥機の世界市場:成長要因、課題 ・施肥機の世界市場:競争環境 ・施肥機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 灌漑用タイマーおよびコントローラーの世界市場2018-2022
    リモートアクセスの利便性のため、スマート灌漑用タイマーやコントローラーを導入するエンドユーザ―が増えています。上記のようなスマート灌漑システムにより、日照、ノズル、土壌、植物の種類に応じ灌水のスケジュール設定やカスタマイズを行うことができます。 またスマート灌水灌漑システムはAmazon Alexa、Google Assistant、Wink、IFTTT、Nest、Nexia、and Control4と統合することができます。 たとえば、Rachioによって開発されたRachio Wi-Fiスプリンクラーコントローラーは、Amazon Alexaと統合され、音声指示とアプリケーションにより制御されます。 Technavioのアナリストは、灌漑用タイマーおよびコントローラー市場が2022年までに約16%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、HUNTER INDUSTRIES、Lindsay、Rain Bird、The Toro Company、Valmont Industriesなどです。 当調査レポートでは、灌漑用タイマーおよびコントローラーの世界市場について調査 …
  • 世界の神経血管用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経血管用デバイス市場2015について調査・分析し、神経血管用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘアドライヤーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘアドライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアドライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロケーションインテリジェンスの世界市場:用途別(セールス・マーケティングの最適化、リモート監視)、サービス別、産業別(輸送、小売)、セグメント予測
    ロケーションインテリジェンスの世界市場は2025年には252億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率15.3%で成長すると予測されています。ネットワークインフラとスマートデバイスおよびデジタル化の急速な普及により、消費者、システムパフォーマンス、資産などのさまざまな情報にアクセスできるようになります。これにより、市場の成長が促進されると予想されます。さらに、事業運営を強化し、パーソナル化されたサービスを提供するための位置データの需要が高まっていることも成長を後押しする要因です。本調査レポートでは、ロケーションインテリジェンスの世界市場について調査・分析し、ロケーションインテリジェンスの世界市場動向、ロケーションインテリジェンスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ロケーションインテリジェンス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 肥料添加剤の世界市場:固化防止剤、脱塵剤、消泡剤、疎水剤、腐食抑制剤
    当調査レポートでは、肥料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、機能別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、肥料添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオメガ3市場:種類別(DHA、EPA、およびALA)、用途別(栄養補助食品、機能性食品および飲料、医薬品、乳児用調製粉乳、ペットフードおよび飼料)、由来別(海洋および植物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、オメガ3の世界市場規模が2019年41億ドルから2025年85億ドルまで年平均13.1%成長すると予測しています。当資料では、世界のオメガ3市場を統合的に調査・分析し、市場概要、種類別(ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、アルファリノレン酸(ALA))分析、由来別(海洋由来、植物由来)分析、用途別(栄養補助食品、機能性食品および飲料、医薬品、乳児用ペットフードおよび飼料)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のオメガ3市場:種類別(ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、アルファリノレン酸(ALA)) ・世界のオメガ3市場:由来別(海洋由来、植物由来) ・世界のオメガ3市場:用途別(栄養補助食品、機能性食品および飲料、医薬品、乳児用ペットフードおよび飼料) ・世界のオメガ3市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 世界のナイロン共重合体市場2016
    本調査レポートでは、世界のナイロン共重合体市場2016について調査・分析し、ナイロン共重合体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 耳チューブ装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、耳チューブ装置の世界市場について調べ、耳チューブ装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、耳チューブ装置の市場規模をセグメンテーション別(材料別(ふっ素樹脂チューブ、シリコーンチューブ、金属チューブ、その他)、エンドユーザー別(病院、ASC、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は耳チューブ装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・耳チューブ装置の市場状況 ・耳チューブ装置の市場規模 ・耳チューブ装置の市場予測 ・耳チューブ装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(ふっ素樹脂チューブ、シリコーンチューブ、金属チューブ、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(病院、ASC、その他) ・耳チューブ装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動 …
  • カードプリンターの世界市場2017-2021:熱技術、その他技術
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、カードプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カードプリンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はカードプリンターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Entrust Datacard、HID Global、Zebra Technologies等です。
  • 含浸用樹脂の世界市場予測(~2023年)
    含浸用樹脂の世界市場は、2018年の15億米ドルから2023年には20億米ドルに達し、この期間中6.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動車産業の技術的進歩、ならびに送配電網の強化および近代化が考えれられます。一方で、原材料価格の変動や溶剤系樹脂の効率低下などにより、市場の成長は抑制されています。含浸樹脂の製造に使用される原料のほとんどは石油製品です。これらの原材料の価格は、最近5年ぶりの安値を記録し、結果として市場の成長に影響を与えました。当調査レポートでは、含浸用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(無溶剤系、溶剤系)分析、用途(モーター・発電機、家電製品、トランス、自動車部品)分析、含浸用樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、幼児用電動バウンサー・スイング市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、4moms, Artsana, Joie International, Kids II, Mattel, Newell Brandsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場概要 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場環境 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場動向 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場規模 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:業界構造分析 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・幼児用電動バウンサー・スイングの北米市場規模・予測 ・幼児用電動バウンサー・スイ …
  • マイクロカーの世界市場
    当調査レポートでは、マイクロカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管炎治療薬の世界市場機会分析・予測
    当調査レポートでは、血管炎治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・血管炎の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・血管炎治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場:材料種類別(銅、アルミニウム)
    本資料は、IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場について調べ、IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界規模、市場動向、市場環境、材料種類別(銅、アルミニウム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場概要 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場環境 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場動向 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場規模 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場:材料種類別(銅、アルミニウム) ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場:地域別市場規模・分析 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの北米市場規模・予測 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクのアメリカ市場規模・予測 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクのヨーロッパ市場規模・予測 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクのアジア市場規模・予測 ・IGBT用ピンフィンヒートシンクの日本市場規模・予測 ・IGBT用ピンフィ …
  • 医薬品包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タイル接着剤および石材接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、化学成分別分析、用途別分析、建設種類別分析、地域別分析、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタンクレス給湯器市場規模・予測2017-2025:電力供給源(ガス・電気)、エンドユーズ別(住宅用・商業用)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のタンクレス給湯器市場について調査・分析し、世界のタンクレス給湯器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のタンクレス給湯器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 高吸収性ポリマーの世界市場:用途別(農業、ベビー用おむつ、成人用失禁用品、女性衛生用品)、セグメント予測
    高吸収性ポリマーの世界市場は2022年には110億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、衛生およびパーソナルケアとは別に様々な分野における高吸収性ポリマーの使用増加が考えられます。本調査レポートでは、高吸収性ポリマーの世界市場について調査・分析し、高吸収性ポリマーの世界市場動向、高吸収性ポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別高吸収性ポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 潤滑剤の世界市場2018–2025:用途別(産業、自動車、船舶、航空宇宙)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、CSA、MEA)、競争状況別
    本調査レポートでは、潤滑剤の世界市場について調査・分析し、潤滑剤の世界市場動向、潤滑剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別潤滑剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 骨髄移植の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、骨髄移植の世界市場について調査・分析し、骨髄移植の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・骨髄移植の世界市場:市場動向分析 ・骨髄移植の世界市場:競争要因分析 ・骨髄移植の世界市場:病気の兆候別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:移植タイプ別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:地域別分析/市場規模 ・骨髄移植の北米市場規模・分析 ・骨髄移植の欧州市場・分析 ・骨髄移植のアジア市場・分析 ・骨髄移植の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の前立腺がん診断検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、前立腺がん診断検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・前立腺がん診断検査装置の概要 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:領域別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別前立腺がん診断検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・前立腺がん診断検査装置の最近動向
  • 熱画像カメラの世界市場
    本資料は、熱画像カメラの世界市場について調べ、熱画像カメラの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アクティブ受信、パッシブ受信)分析、用途別(軍事用、市民用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはArkema、Chevron Philips、Toray Fine Chemicals、BASF、Sipcam Oxon 、Hubei Xingchi、Dexing Zhongke Fine Chemicals、Taizhou Sunny Chemicals、Langfang Jinshenghui Chemical、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・熱画像カメラの世界市場概要 ・熱画像カメラの世界市場環境 ・熱画像カメラの世界市場動向 ・熱画像カメラの世界市場規模 ・熱画像カメラの世界市場規模:種類別(アクティブ受信、パッシブ受信) ・熱画像カメラの世界市場規模:用途別(軍事用、市民用) ・熱画像カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱画像カメ …
  • 膵がんの治療の世界市場分析:影響を受ける部分別(外分泌、内分泌腺)、タイプ別(化学療法、標的療法、その他)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、膵がんの治療の世界市場について調査・分析し、膵がんの治療の世界市場動向、膵がんの治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別膵がんの治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 解乳化剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、解乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、解乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるインフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の概要 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のインフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • 米国の事務用文房具・事務用品B2B市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、米国の事務用文房具・事務用品B2B市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の事務用文房具・事務用品B2B市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は米国の事務用文房具・事務用品B2B市場が2017-2021年期間中に年平均0.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Costco Wholesale Corporation、Office Depot、Staples、Target、Wal-Mart Stores等です。
  • 電動ウィンチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電動ウィンチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動ウィンチの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 2型糖尿病の疫学的予測
    当調査レポートでは、2型糖尿病の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・2型糖尿病の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・2型糖尿病の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 世界のトリフルオロメタンスルホン酸リチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリフルオロメタンスルホン酸リチウム市場2015について調査・分析し、トリフルオロメタンスルホン酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 精密収穫の世界市場予測(~2023年)
    精密収穫の世界市場は、2018年の104億米ドルから2023年には175億米ドルに達し、この期間中10.94%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、アジア太平洋およびアフリカの発展途上国における農業機械化の増加、収穫ロボットおよび自律型コンバインの採用の増加、および熟練労働力の不足による人件費の高騰が考えられます。さらに、世界的な食料需要の増加、収益性と収穫高の拡大、収穫時の作物の無駄が最小限になることも、市場の成長を後押しする要因となっています。当調査レポートでは、精密収穫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(コンバイン、収穫ロボット、飼料収穫機)分析、用途(作物、園芸、温室)分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、精密収穫の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光トランシーバの世界市場見通し2016-2022:データセンター、企業、通信
    当調査レポートでは、光トランシーバの世界市場について調査・分析し、光トランシーバの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・光トランシーバの世界市場:市場動向分析 ・光トランシーバの世界市場:競争要因分析 ・光トランシーバの世界市場:用途別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:フォームファクタ別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:距離別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:データ転送率別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:波長別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:地域別分析/市場規模 ・光トランシーバの北米市場規模 ・光トランシーバの欧州市場規模 ・光トランシーバのアジア市場規模 ・光トランシーバの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 治療抵抗性うつ病(Treatment Resistant Depression):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における治療抵抗性うつ病(Treatment Resistant Depression)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、治療抵抗性うつ病(Treatment Resistant Depression)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・治療抵抗性うつ病(Treatment Resistant Depression)の概要 ・治療抵抗性うつ病(Treatment Resistant Depression)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の治療抵抗性うつ病(Treatment Resistant Depression)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • フランスの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 建設用骨材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、建設用骨材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、建設用骨材市場規模、製品種類別(砂、砕石、砂利、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・建設用骨材の世界市場概要 ・建設用骨材の世界市場環境 ・建設用骨材の世界市場動向 ・建設用骨材の世界市場規模 ・建設用骨材の世界市場:業界構造分析 ・建設用骨材の世界市場:製品種類別(砂、砕石、砂利、その他) ・建設用骨材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・建設用骨材のアメリカ市場規模・予測 ・建設用骨材のヨーロッパ市場規模・予測 ・建設用骨材のアジア市場規模・予測 ・建設用骨材の主要国分析 ・建設用骨材の世界市場:意思決定フレームワーク ・建設用骨材の世界市場:成長要因、課題 ・建設用骨材の世界市場:競争環境 ・建設用骨材の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 植物性タンパク質製品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、植物性タンパク質製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物性タンパク質製品市場規模、製品別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、えんどう豆タンパク質、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・植物性タンパク質製品の世界市場概要 ・植物性タンパク質製品の世界市場環境 ・植物性タンパク質製品の世界市場動向 ・植物性タンパク質製品の世界市場規模 ・植物性タンパク質製品の世界市場:業界構造分析 ・植物性タンパク質製品の世界市場:製品別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、えんどう豆タンパク質、その他) ・植物性タンパク質製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・植物性タンパク質製品の北米市場規模・予測 ・植物性タンパク質製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・植物性タンパク質製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・植物性タンパク質製品の主要国分析 ・植物性タンパク質製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・植物性タ …
  • 調味料・ドレッシング・ソースのイタリア市場
  • 世界のマイクロ流体デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロ流体デバイス市場2015について調査・分析し、マイクロ流体デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水質検査・分析の世界市場:製品別(TOCアナライザー、pHメーター、溶存酸素計、導電率センサー、濁度計)、製品タイプ別(ポータブル、ハンドヘルド、ベンチトップ、その他)、用途別(研究室、工業、環境、政府、その他)、地域別予測
    本資料は、水質検査・分析の世界市場について調べ、水質検査・分析の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(TOCアナライザー、pHメーター、溶存酸素計、導電率センサー、濁度計)分析、製品タイプ別(ポータブル、ハンドヘルド、ベンチトップ、その他)分析、用途別(研究室、工業、環境、政府、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbb Ltd. 、 General Electric Company 、 Danaher Corporation 、 Thermo Fisher Scientific, Inc. 、 Tintometer Gmbh 、 Agilent Technologies Inc. 、 Emerson Electric Co. 、 Horiba, Ltd. 、 Honeywell International Inc. 、Shimadzu Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・水質検査・分析の世界市場概要 ・水質検査 …
  • 自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場2016-2020:遠隔操作自撮り棒、有線式自撮り棒、Bluetooth自撮り棒
    当調査レポートでは、自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カーダンパーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、カーダンパーの世界市場について調査・分析し、カーダンパーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - カーダンパーの世界市場:市場動向分析 - カーダンパーの世界市場:競争要因分析 - カーダンパーの世界市場:エンドユーザー別 鉄鉱石部門 石炭部門 水質保全部門 建設 非金属鉱物部門 その他のエンドユーザー - カーダンパーの世界市場:製品別 二重ブリッジダンプカー 単ブリッジダンプカー その他の製品 - カーダンパーの世界市場:主要地域別分析 - カーダンパーの北米市場規模(アメリカ市場等) - カーダンパーのヨーロッパ市場規模 - カーダンパーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・カーダンパーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用軽量素材の世界市場予測(~2021):金属、複合材、ゴム、プラスチック
    当調査レポートでは、自動車用軽量素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、用途別分析、構成品別分析、車両種類別分析、自動車用軽量素材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミホイル包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルミホイル包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミホイル包装市場規模、エンドユーザー別(飲食品産業、医薬品産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミホイル包装の世界市場概要 ・アルミホイル包装の世界市場環境 ・アルミホイル包装の世界市場動向 ・アルミホイル包装の世界市場規模 ・アルミホイル包装の世界市場:業界構造分析 ・アルミホイル包装の世界市場:エンドユーザー別(飲食品産業、医薬品産業、その他) ・アルミホイル包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミホイル包装の北米市場規模・予測 ・アルミホイル包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アルミホイル包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・アルミホイル包装の主要国分析 ・アルミホイル包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・アルミホイル包装の世界市場:成長要因、課題 ・アルミホイル包装の世界市場:競争環境 ・アルミホイル包装の …
  • キッチンフードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キッチンフードの世界市場について調査・分析し、キッチンフードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キッチンフードシェア、市場規模推移、市場規模予測、キッチンフード種類別分析(キャビネット下設置型、天井取付型(アイランド型キッチン用)、ダウンドラフト型)、キッチンフード用途別分析(商業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キッチンフードの市場概観 ・キッチンフードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キッチンフードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キッチンフードの世界市場規模 ・キッチンフードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キッチンフードのアメリカ市場規模推移 ・キッチンフードのカナダ市場規模推移 ・キッチンフードのメキシコ市場規模推移 ・キッチンフードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キッチンフードのドイツ市場規模推移 ・キッチンフードのイギリス市場規模推移 ・キッチンフードのロシア市 …
  • 世界のキシロオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のキシロオリゴ糖市場2015について調査・分析し、キシロオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無針注射器市場2015
    本調査レポートでは、世界の無針注射器市場2015について調査・分析し、無針注射器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別予測
    本資料は、保険業界におけるブロックチェーンの世界市場について調べ、保険業界におけるブロックチェーンの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場概要 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場環境 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場動向 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:組織規模別(中小企業、大企業) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・保険業界におけるブロックチェーンの北米市場規模・予測 ・保険業界におけるブロック …
  • アジア太平洋のインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"