"先端画像診断の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60571)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"先端画像診断の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The emerging diagnostic imaging market is segmented on the basis of applications such as advanced conventional technologies, remote diagnostics, point-of-care diagnostics, nuclear medicine, biomarkers, imaging agents and other emerging technologies. The report includes emerging technologies which are commercialized and which are going through final phases of approvals. Market covered in the emerging diagnostic imaging are North America, Latin America, Europe, Middle-East and Africa (MEA) and Asia-Pacific.
The diagnostic equipment of conventional technologies are over burdened with the hospitals and diagnostic centers having limited resources and budgets, especially in emerging markets like India and China. Hence there is requirement of machines that are capable of performing multiple diagnoses. Portable diagnostic machines are one of the major advancement which enables providing point-of-care assistance and reaching out to more number of patients.

United States being the largest healthcare market is number one in making changes so that healthcare can become more affordable to people. There is an increase in demand of services as well as products that are value based in the industry that lacks resources as well as skills. Opportunities are growing for the industry with the emergence of new markets. They are situated in the developing economies with ever changing needs.

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"先端画像診断の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chap 1. Executive Summary
Chap 2. Key Findings
2.1. Finding 1: What is the need of hour for med imaging cos? – Patient care/Innovations/Cost/
Novel Business Model?
2.2. Finding 2: How are regulations to affect the future market?
2.3. Finding 3: Brown Water Strategy – Understanding Regional Markets
Chap 3. SECTOR ANALYSIS: Medical Devices Market
3.1. Orientation to Diagnostic Imaging Systems
Chap 4. Regulatory Implications
4.1. INTRODUCTION
4.1.1. Europe
4.1.1.1. ROHS II
4.1.2. U.S.
4.1.2.1. Class I devices
4.1.2.2. Class II devices
4.1.2.3. Class III devices
4.2. China
4.2.1. Japan
4.2.2. India
4.2.3. Indonesia
4.2.4. Korea
4.2.5. Malaysia
4.2.6. The Philippines
4.2.7. Singapore
4.2.8. Taiwan
4.2.9. Australia
4.2.10. Hong Kong
4.2.11. Vietnam
Chap 5. Market Determinants
5.1. Market Drivers
5.1.1. Aging population- A global issue to boost the need for diagnostics
5.1.2. Increase in lifestyle and chronic diseases
5.1.3. Other drivers include:
5.1.3.1. Limitations and Restrictions
5.1.3.2. Some other restrictive factors that are likely to impact the industry negatively are:
5.1.4. Opportunities
Chap 6. Diagnostic Imaging Devices Market
6.1. Magnetic Imaging Resonance (MRI) System
6.2. Rest of World
6.2.1. Market Dynamics
6.2.2. Competitive Intelligence & Key Strategies
6.2.2.1. GE Healthcare
6.2.2.2. Toshiba
6.2.2.3. Siemens
6.2.2.4. Hitachi
6.2.2.5. Philips
6.2.3. Market Share of Key Companies, 2012
6.2.4. Market Trends and Determinants
6.2.5. Geographic Analysis
6.2.5.1. Ultrasound Technologies Market
6.2.6. Market Trends and Determinants
6.2.7. Competitive Intelligence & Key Strategies
6.2.8. Geographic Analysis
6.2.9. Laser Imaging Market
6.2.10. Market Determinants
6.2.11. Competitive Intelligence and Key Strategies
6.2.12. Company Market Share, 2012
6.2.13. Geographic Analysis
6.2.13.1. Interventional Radiology Market
6.2.14. Market Trends and Determinants
6.2.15. Competitive intelligence and Key strategies
6.2.16. Geographic Analysis
6.2.16.1. X-ray
6.2.17. Market determinants
6.2.18. Competitive Intelligence & key Strategies
6.2.19. Market share of key players, 2012
6.2.20. Geographic Analysis
6.2.20.1. Nuclear Medicine
6.2.21. Market determinants
6.2.22. Competitive Intelligence & Key Strategies
6.2.23. Market share of key players, 2012
6.2.24. Geographic Analysis
Chap 7. Geography Analysis
7.1. North America
7.1.1. U.S.
7.1.2. Canada
7.1.2.1. Europe
7.1.3. Enabling people to live healthy and productive lives
7.1.4. Increasing the productivity and efficiency of healthcare systems
7.1.5. Contributing to economic growth
7.1.5.1. Benefits of the EU regulatory system in access to novel technologies
7.2. Asia
7.2.1. Population Size
7.2.2. Economics
7.2.3. Aging Populations
7.2.3.1. Asia’s Growing Market for Cardiovascular Devices
7.2.4. RAPIDLY GROWING DEMAND
7.2.5. Each country in Asia has different medical device regulations and classifications,
usually based on the level of risk to the patient.
7.2.5.1. Outsourcing Medical Devices to Asia: Trends and Tips
7.2.6. Conclusion
7.2.7. Increased Medical Device Regulations for Asia’s New Tigers
7.2.8. China
7.2.8.1. Understanding the China Medical Device Market
7.2.8.2. China Regulatory Agency for Medical Devices
7.2.8.3. Major healthcare issues for China to tackle include
7.2.8.4. Healthcare Development in Rural and Urban Areas
7.2.8.5. Greater Private-Sector Opportunities
7.2.8.6. More Affordable Healthcare
7.2.8.7. Tighter Medical Device Regulations
7.2.8.8. The Battle Over China’s Medical Device Market 2013
7.2.9. India
7.2.10. Japan
7.2.11. Korea
7.2.12. MALAYSIA
7.2.12.1. The Medical Device Act
7.2.12.2. The Medical Device Authority Act
7.2.13. INDONESIA
7.2.13.1. Infrastructure growth4
7.2.13.2. Online registration system
7.2.14. THAILAND
7.2.15. VIETNAM
7.2.16. SINGAPORE
7.2.17. South Korea
7.2.17.1. Rest of The World
7.2.18. Turkey
7.2.19. Iran
7.2.20. Brazil
Chap 8. Company profiles
8.1. LUMENIS LTD.
8.2. BIOLASE
8.3. PHOTOMEDEX
8.4. IRIDEX CORPORATION
8.5. SPECTRANETICS CORPORATION
8.6. GE HEALTHCARE
8.7. SIEMENS HEALTHCARE
8.8. PHILIPS HEALTHCARE
8.9. ABBOTT LABORATORIES
8.10. AGILENT TECHNOLOGIES
8.11. BIO RAD LABORATORIES
8.12. BRACCO IMAGING
8.13. CARDINAL HEALTH
8.14. COVIDIEN PLC

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】先端画像診断の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年2月29日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60571
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】先端画像診断、医療診断、遠隔診断、PoC診断、医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
先端画像診断の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • モジュラーロボットの世界市場予測(~2023年):関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モジュラーロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ロボットタイプ別(関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット)分析、産業別(自動車、電気・電子、プラスチック、ゴム・化学品)分析、モジュラーロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターラックPDUの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターラックPDUの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターラックPDUの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防曇剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、防曇剤の世界市場規模が2017年3004.1億ドルから2026年4905.6億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、防曇剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防曇剤市場規模、種類別(二酸化チタン、脂肪酸用ソルビタンエステル、オレイン酸用ポリオキシエチレンエステル、ポリグリセリンエステル、グリセロールエステル)分析、フォーム別(ぬれたワイプ、スプレーソリューション、ゲル、クリーム、その他のフォーム)分析、用途別(食品包装フィルム、農業用フィルム、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 防曇剤の世界市場:市場動向分析 ・ 防曇剤の世界市場:競争要因分析 ・ 防曇剤の世界市場:種類別(二酸化チタン、脂肪酸用ソルビタンエステル、オレイン酸用ポリオキシエチレンエステル、ポリグリセリンエステル、グリセロールエステル) ・ 防曇剤の世界市場:フォーム別(ぬれたワイプ、ス …
  • トルコの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 非悪性疼痛(Non Malignant pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非悪性疼痛(Non Malignant pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非悪性疼痛(Non Malignant pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非悪性疼痛(Non Malignant pain)の概要 ・非悪性疼痛(Non Malignant pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非悪性疼痛(Non Malignant pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非悪性疼痛(Non Malignant pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ネットワークアウトソーシングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ネットワークアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、ネットワークアウトソーシングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ネットワークアウトソーシングの世界市場:市場動向分析 - ネットワークアウトソーシングの世界市場:競争要因分析 - ネットワークアウトソーシングの世界市場:コンポーネント別 ・インターネットプロトコル(IP)/バーチャルプライベートネットワーク(VNP) ・インターネット電話 ・LAN/WLANネットワーク ・イーサネットリンク ・ビデオ会議 - ネットワークアウトソーシングの世界市場:技術別 ・ワイヤレスネットワーク技術 ・ウェブサービス ・VPNトポロジー ・ユニファイドメッセージ ・オープンスペシフィケーションサーバー ・モジュラーコンポーネントスタイルアーキテクチャ ・Java ・相互接続 ・インスタントメッセージ ・グラフィック ・デジタルループ搬送(DLC)ネットワークノード ・クロスレイヤートラフィック設計 ・ビジネスセンター技術 ・帯域管理 …
  • 自動運転車センサーの世界市場
    当調査レポートでは、自動運転車センサーの世界市場について調査・分析し、自動運転車センサーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動運転車センサーの世界市場:市場動向分析 - 自動運転車センサーの世界市場:競争要因分析 - 自動運転車センサーの世界市場:センサーの種類別 ・安全センサー ・圧力センサー ・MEMS(微小電気機械システム)センサー ・磁気センサー ・温度センサー ・慣性センサー ・レベルセンサー ・位置センサー ・酸素センサー ・速度センサー ・NOxセンサー ・その他 - 自動運転車センサーの世界市場:動作原理別 ・圧電性 ・磁気性 ・容量性 ・誘導性 ・光学性 - 自動運転車センサーの世界市場:車両の種類別 ・二輪車 ・バス ・車 ・トラック - 自動運転車センサーの世界市場:用途別 ・乗り物の安全確保 ・燃料噴射および排出 ・シャーシ ・安全&制御 ・エンジン ・パワートレイン ・テレマティックス ・その他 - 自動運転車センサーの世界市場:主要地域別分析 - 自動運転車センサーの北 …
  • みつろうの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、みつろうの世界市場について調査・分析し、みつろうの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別みつろうシェア、市場規模推移、市場規模予測、みつろう種類別分析(白ロウ、黄ロウ、その他)、みつろう用途別分析(食材、化粧品、製薬、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・みつろうの市場概観 ・みつろうのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・みつろうのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・みつろうの世界市場規模 ・みつろうの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・みつろうのアメリカ市場規模推移 ・みつろうのカナダ市場規模推移 ・みつろうのメキシコ市場規模推移 ・みつろうのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・みつろうのドイツ市場規模推移 ・みつろうのイギリス市場規模推移 ・みつろうのロシア市場規模推移 ・みつろうのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・みつろうの日本市場規模推移 ・みつろうの中国市場規模推移 ・ …
  • 医療用冷却システムの世界市場:種類別(液体ベースの冷却、空気ベースの冷却)、用途別(医療用画像システム、医療用レーザー、分析および実験装置、その他)、エンドユーザー別(OEM、病院および診療所、診断画像センター、 その他)
    本市場調査レポートでは医療用冷却システムについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(液体ベースの冷却、空気ベースの冷却)分析、用途別(医療用画像システム、医療用レーザー、分析および実験装置、その他)分析、エンドユーザー別(OEM、病院および診療所、診断画像センター、 その他)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・医療用冷却システムの世界市場:種類別(液体ベースの冷却、空気ベースの冷却) ・医療用冷却システムの世界市場:用途別(医療用画像システム、医療用レーザー、分析および実験装置、その他) ・医療用冷却システムの世界市場:エンドユーザー別(OEM、病院および診療所、診断画像センター、 その他) ・医療用冷却システムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • スプライシングテープの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スプライシングテープの世界市場について調べ、スプライシングテープの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スプライシングテープの市場規模をセグメンテーション別(材料別(アクリル、ゴム、シリコーン、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はスプライシングテープの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スプライシングテープの市場状況 ・スプライシングテープの市場規模 ・スプライシングテープの市場予測 ・スプライシングテープの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(アクリル、ゴム、シリコーン、その他) ・スプライシングテープの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・ …
  • アイルランドの電気生理装置市場見通し
  • 世界の自動車用ロードセンシングバルブ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用ロードセンシングバルブ市場2016について調査・分析し、自動車用ロードセンシングバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の概要 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ブチルアセテート(BAC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ブチルアセテート(BAC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブチルアセテート(BAC)市場規模、用途別(塗料・コーティング剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Thermo Fisher Scientific, Yip’s Chemical Holdings, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場概要 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場環境 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場動向 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場規模 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:業界構造分析 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:用途別(塗料・コーティング剤、その他) ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:地 …
  • デンマークの関節鏡検査装置市場見通し
  • ヘキサメチレンジアミンの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ヘキサメチレンジアミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ヘキサメチレンジアミンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ローズエキスの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ローズエキスの世界市場について調べ、ローズエキスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ローズエキスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ローズオイル、ローズヒップフルーツエキス、ローズウォーター)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はローズエキスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ローズエキスの市場状況 ・ローズエキスの市場規模 ・ローズエキスの市場予測 ・ローズエキスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ローズオイル、ローズヒップフルーツエキス、ローズウォーター) ・ローズエキスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 鉛蓄電池の世界市場2020-2024:用途別、製品別、地域別
    「鉛蓄電池の世界市場2020-2024」は、鉛蓄電池について市場概要、市場規模、用途別(自動車、静止、動機)分析、製品別(VRLAバッテリー、FLAバッテリー)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・鉛蓄電池の世界市場:用途別(自動車、静止、動機) ・鉛蓄電池の世界市場:製品別(VRLAバッテリー、FLAバッテリー) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • フランスの病院用品市場(~2021)
  • サフランの世界市場分析:用途別(食品、医療、化粧品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、サフランの世界市場について調査・分析し、サフランの世界市場動向、サフランの世界市場規模、市場予測、セグメント別サフラン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ゲノム編集/ゲノム工学の世界市場予測(~2022年):技術(CRISPR、TALEN、ZFN)、用途、エンドユーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ゲノム編集/ゲノム工学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ゲノム編集/ゲノム工学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サービスロボットのアジア太平洋市場
  • 産業用冷却装置の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、産業用冷却装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、需要先別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 車両用インターコム装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、車両用インターコム装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(軍用車両、商用車両、空港地上支援車両、緊急車両)分析、コンポーネントタイプ別(無線、有線)分析、技術別(アナログ、デジタル)分析、車両用インターコム装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アスタキサンチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アスタキサンチンの世界市場について調査・分析し、アスタキサンチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アスタキサンチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、アスタキサンチン種類別分析(天然、人口)、アスタキサンチン用途別分析(栄養補助食品、化粧品、飲食料品、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アスタキサンチンの市場概観 ・アスタキサンチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アスタキサンチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アスタキサンチンの世界市場規模 ・アスタキサンチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アスタキサンチンのアメリカ市場規模推移 ・アスタキサンチンのカナダ市場規模推移 ・アスタキサンチンのメキシコ市場規模推移 ・アスタキサンチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アスタキサンチンのドイツ市場規模推移 ・アスタキサンチンのイギリス市場規模推移 ・アスタキサンチンのロシア市場 …
  • アメリカのカジノゲーム市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのカジノゲーム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのカジノゲーム市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空用バッテリーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、航空用バッテリーの世界市場について調べ、航空用バッテリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、航空用バッテリーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ニッケル系バッテリー、チウムバッテリー、鉛系バッテリー)、)と地域別(グローバル、米州、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA))に分けて算出しました。Technavio社は航空用バッテリーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・航空用バッテリーの市場状況 ・航空用バッテリーの市場規模 ・航空用バッテリーの市場予測 ・航空用バッテリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(ニッケル系バッテリー、チウムバッテリー、鉛系バッテリー) ・航空用バッテリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、米州、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • アジアの免疫化学検査市場動向(~2021)
  • 韓国の整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 次世代サイバーセキュリティの世界市場予測2016-2021
  • アンチウイルスソフトウェアパッケージの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アンチウイルスソフトウェアパッケージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチウイルスソフトウェアパッケージの世界市場規模及び予測、需要先別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム鋳造の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アルミニウム鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム鋳造の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアルミニウム鋳造の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.87%成長すると予測しています。
  • 気道陽圧機器(PAP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、気道陽圧機器(PAP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、気道陽圧機器(PAP)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLED市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED市場2015について調査・分析し、LEDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリターダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のリターダー市場2015について調査・分析し、リターダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 感染症診断の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、感染症診断の世界市場について調査・分析し、感染症診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・感染症診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・感染症診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・感染症診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のIPカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のIPカメラ市場2015について調査・分析し、IPカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、半透明コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料種類別(コンクリート、光学素子)分析、用途別(ファサード&壁クラッディング、フローリング)分析、エンドユーズ産業別(建設、インフラ)分析、半透明コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、半透明コンクリートの世界市場規模が2019年から2024年まで年平均80.0%成長すると予測しています。
  • 種子処理用化学薬品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、種子処理用化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子処理用化学薬品市場規模、機能別(種子強化、種子保護)分析、種類別(生物刺激剤、農業用殺虫剤)分析、用途別(果物・野菜、穀物・穀類、大豆、小麦、トウモロコシ、その他)分析、製品別(殺菌製品、抗菌製品、化学製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:市場動向分析 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:競争要因分析 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:機能別(種子強化、種子保護) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:種類別(生物刺激剤、農業用殺虫剤) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:用途別(果物・野菜、穀物・穀類、大豆、小麦、トウモロコシ、その他) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:製品別(殺菌製品、抗菌製品、化学製品、その他) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:主要地域別分析 ・ 種子処理用化学薬品の北米市場規模(アメリカ市場等 …
  • イギリスのポリプロピレン市場(~2019)
  • 自動車用差動装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用差動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用差動装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バルーン血管形成術の世界市場
    当調査レポートでは、バルーン血管形成術の世界市場について調査・分析し、バルーン血管形成術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・バルーン血管形成術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・バルーン血管形成術の世界市場:セグメント別市場分析 ・バルーン血管形成術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別
    MarketsandMarkets社は、プラント資産管理(PAM)の世界市場規模が2019年55億ドルから2024年94億ドルまで年平均11.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のプラント資産管理(PAM)市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、提供別(ソフトウェアソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウドベース)分析、資産種類別(生産資産、自動化資産)分析、産業別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェアソリューション、サービス) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:展開モード別(オンプレミス、クラウドベース) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:資産種類別(生産資産、自動化資産) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:産業別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・地域分析 ・競合動向 ・企業概要
  • 含酸素溶剤の世界市場予測(~2022年):原料、種類、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、含酸素溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、原料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、含酸素溶剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 気道感染症(Respiratory Tract Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、気道感染症(Respiratory Tract Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・気道感染症(Respiratory Tract Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の気道感染症(Respiratory Tract Infections)治療薬剤
  • タイのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • D-アミノ酸の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、D-アミノ酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、D-アミノ酸市場規模、製品別(D-バリン、D-ロイシン、D-フェニルアラニン、D-アラニン、D-グルタミン酸、その他)分析、用途別(化粧品、食品・飲料、医薬品、動物飼料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ D-アミノ酸の世界市場:市場動向分析 ・ D-アミノ酸の世界市場:競争要因分析 ・ D-アミノ酸の世界市場:製品別(D-バリン、D-ロイシン、D-フェニルアラニン、D-アラニン、D-グルタミン酸、その他) ・ D-アミノ酸の世界市場:用途別(化粧品、食品・飲料、医薬品、動物飼料、その他) ・ D-アミノ酸の世界市場:主要地域別分析 ・ D-アミノ酸の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ D-アミノ酸のヨーロッパ市場規模 ・ D-アミノ酸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・D-アミノ酸の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 多汗症治療用エネルギーデバイスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、多汗症治療用エネルギーデバイスの世界市場について調査・分析し、多汗症治療用エネルギーデバイスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別多汗症治療用エネルギーデバイスシェア、市場規模推移、市場規模予測、多汗症治療用エネルギーデバイス種類別分析(レーザー機器、マイクロ波機器、超音波機器)、多汗症治療用エネルギーデバイス用途別分析(病院・クリニック、エステサロン)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・多汗症治療用エネルギーデバイスの市場概観 ・多汗症治療用エネルギーデバイスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・多汗症治療用エネルギーデバイスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・多汗症治療用エネルギーデバイスの世界市場規模 ・多汗症治療用エネルギーデバイスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・多汗症治療用エネルギーデバイスのアメリカ市場規模推移 ・多汗症治療用エネルギーデバイスのカナダ市場規模推移 ・多汗症治療用エネルギーデバイスのメキシコ市場規模推移 ・多 …
  • 炭酸水の世界市場2016-2020:ノンフレーバー炭酸水、フレーバー炭酸水
    当調査レポートでは、炭酸水の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭酸水の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ラテラルフローアッセイの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、ラテラルフローアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"