"中枢神経系(CNS)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60509)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"中枢神経系(CNS)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

A biomarker is biological feature that can be used to measure the presence or progress of disease or the effects of treatment. For example, prostate specific antigen (PSA) is a biomarker for cancer of prostate. Biomarkers enable the researchers to quickly see large number of biological analytics.
In the present scenario, the research and development in CNS market has paced up due to support from government and private players. Additionally, FDA approvals are giving rise to significant scope in biomarker market. Moreover, Technological advancement in the CNS biomarker diagnostics enables to expand CNS biomarker market and innovations are giving rise to growth of CNS biomarker market. Presently, the global CNS biomarker market is undergoing rapid expansion with the discovery of new applications and the development of existing technologies. The key driving forces for the global CNS biomarker market are: Development in proteomics, genomics and imaging system in CNS biomarker. Funding from government and private players has also strengthened the CNS market. Increase in government spending/ private investment in healthcare budgets and R&D respectively, rising case of lifestyle related diseases and so on. Various factors such as High cost of CNS biomarker test and diagnostics are hindrances for the growth of CNS biomarker market. Reimbursement issues have left CNS biomarker market in doldrums.

The key players in global CNS biomarker market are Abastar MDX Inc, Thermo fisher scientific, Abiant Inc, EKFdiagnostics holdings Inc, Enzo biochem Inc, Acumen pharmaceuticals Inc, Adlyfe Inc, Alseres pharmaceuticals Inc, Apitope international, Aposense, Applied neurosolutions Inc, Avacta group plc, Merc & co. Inc, Avid radiopharmaceuticals Inc, Banyan biomarkers, Diagenic ASA, Exonhit therapeutics, Genenews ltd, Glycominds ltd, Great lakes neurotechnologies, Innogenetics biological, innovative neurotechnologies Inc, Metabolon Inc, Myriad RBM Inc, Oligomerix Inc, Opko health inc, Proteome sciences products, Ridge diagnostics and so on.

Companies Profiled
1. Abastar MDX Inc
2. Thermo fisher scientific
3. Abiant Inc
4. EKFdiagnostics holdings inc
5. Enzo biochem inc
6. Acumen pharmaceuticals Inc
7. Adlyfe Inc
8. Alseres pharmaceuticals Inc
9. Apitope international
10. Aposense
11. Applied neurosolutions Inc
12. Avacta group plc
13. Merck & co inc
14. Avid radiopharmaceuticals Inc
15. Banyan biomarkers
16. Diagenic ASA
17. Exonhit therapeutics
18. Genenews ltd
19. Glycominds ltd
20. Great lakes neurotechnologies
21. Innogenetics biologicals
22. Innovative neurotechnologies inc
23. Metabolon inc
24. Myriad RBM inc
25. Oligomerix inc
26. Opko health inc
27. Osta biotechnologies inc
28. Proteome sciences products
29. Psynova neurotech ltd
30. Ridge diagnostics
31. Satori pharmaceutical inc
32. Sabiosciences

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"中枢神経系(CNS)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1. Prevalence & incidence rate of alzheimer’s disease
2.3.2. Hospital and research center across geographies
2.3.3. Prevalence & incidence rate of parkinson’s disease
2.3.4. Prevalence & incidence rate of cancer disease
2.3.5. Healthcare expenditure across geographies
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. Pipeline analysis
2.4.5. Patent analysis
2.4.5.1. Patents for alzheimer’s disease biomarkers
2.4.5.2. Patents for multiple sclerosis biomarkers
2.4.5.3. Patents for parkinson’s disease biomarkers
2.4.5.4. Patents for ALS disease biomarkers
2.4.6. R&D scenario in CNS biomarker market
2.4.6.1. R&d in genomics
2.4.6.2. R&d in proteomics
2.4.6.3. Clinical trials on drug biomarkers in major CNS diseases
2.4.6.4. Clinical trials on diagnostic test biomarkers in major CNS diseases
2.5. Competitive intelligence
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: top competitive moves
2.6. Value chain analysis
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Development in proteomics, genomics and imaging system has increased demand for CNS biomarker.
3.1.2. Funding from government and private players to boost CNS biomarker market
3.1.3. Growth in life style oriented diseases
3.1.4. Growth in government and private funding in CNS biomarker market
3.1.5. Growth in public-private partnership
3.1.6. FDA approvals giving rise to significant scope in biomarker market
3.1.7. Technological advancement enables to expand CNS biomarker market
3.1.8. Innovation giving rise to growth of CNS biomarker market
3.1.9. Global increase in healthcare expenditure
3.2. Market restraints
3.2.1. High cost of CNS biomarker test and diagnostics
3.2.2. Reimbursement issues affecting the CNS biomarker market
3.3. Market challenges
3.3.1. Creating awareness for CNS biomarker market
3.3.2. Global economic slowdown may affect the CNS biomarker market
3.3.3. Technical issues of sample collection and storage
3.4. Market opportunities
3.4.1. Increasing adoption of personalized medicines
3.4.2. Untapped APAC region has huge scope for CNS biomarker market
3.4.3. Global increase in aging population has created huge scope for CNS biomarker market
3.4.4. Favorable government policies and support for CNS biomarkers
4. Sector Analysis
4.1. Parent market
4.2. Sub-segment market
4.3. Alternative market
5. Market Segmentation
5.1. Global CNS biomarker market
5.1.1. Global CNS biomarker market by application, 2014-2021,($ millions)
5.1.1.1. Global diagnostic development market, 2014-2021,($ millions)
5.1.1.2. Global drug discovery and development market, 2014-2021,($ millions)
5.1.1.3. Global personalized medicine market, 2014-2021,($ millions)
5.1.1.4. Global disease risk assessment market, 2014-2021,($ millions)
5.1.1.5. Global other market , 2014-2021,($ millions)
5.1.2. Global CNS biomarker market by type, 2014-2021,($ millions)
5.1.2.1. Global safety biomarker market , 2014-2021,($ millions)
5.1.2.2. Global efficacy biomarker market, 2014-2021,($ millions)
5.1.2.2.1. Global predictive biomarker market, 2014-2021,($ millions)
5.1.2.2.1.1. , 2014-2021,($ millions)
5.1.2.2.2. Global pharmacodynamic biomarker market, 2014-2021,($ millions)
5.1.2.2.3. Global prognostic biomarker market, 2014-2021,($ millions)
5.1.2.3. Global validation biomarker market, 2014-2021,($ millions)
5.2. Global CNS biomarker by end user, 2014-2021,($ millions)
5.2.1. Hospitals
5.2.2. Eye clinics
5.2.3. Diagnostic centers
5.2.4. Patients
6. Competitive Landscape
6.1. Market share
6.2. Strategy – An analysis across tiers
7. Geographical analysis
7.1. North America CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.1.1. United States (U.S.) CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.1.2. Canada CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.2. Europe CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.2.1. United Kingdom CNS biomarker (UK) market, 2014-2021,($millions)
7.2.2. France CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.2.3. Germany CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.2.4. Spain CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.2.5. Italy CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.2.6. RoE CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.3. Asia Pacific CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.3.1. India CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.3.2. China CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.3.3. Japan CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.3.4. Korea CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.3.5. Australia CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.3.6. RoAPAC CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.4. Rest of the world market, 2014-2021,($millions)
7.4.1. Latin America CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.4.2. MENA CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
7.4.3. Africa CNS biomarker market, 2014-2021,($millions)
8. Company Profiling: – (Over, SCOT analysis, strategic review)
8.1. Abastar MDX Inc
8.2. Thermo fisher scientific
8.3. Abiant Inc
8.4. EKFdiagnostics holdings inc
8.5. Enzo biochem inc
8.6. Acumen pharmaceuticals Inc
8.7. Adlyfe Inc
8.8. Alseres pharmaceuticals Inc
8.9. Apitope international
8.10. Aposense
8.11. Applied neurosolutions Inc
8.12. Avacta group plc
8.13. Merc & co. in
8.14. Avid radiopharmaceuticals Inc
8.15. Banyan biomarkers
8.16. Diagenic ASA
8.17. Exonhit therapeutics
8.18. Genenews ltd
8.19. Glycominds ltd
8.20. Great lakes neurotechnologies
8.21. Innogenetics biologicals
8.22. Innovative neurotechnologies inc
8.23. Metabolon inc
8.24. Myriad RBM inc
8.25. Oligomerix inc
8.26. Opko health inc
8.27. Osta biotechnologies inc
8.28. Proteome sciences products
8.29. Psynova neurotech ltd
8.30. Ridge diagnostics
8.31. Satori pharmaceutical inc
8.32. Sabiosciences

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】中枢神経系(CNS)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月3日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60509
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ技術
【キーワード】中枢神経系(CNS)
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
中枢神経系(CNS)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の先進運転支援システム(ADAS)市場
  • 肺動脈性肺高血圧症(PAH)の世界市場
    当調査レポートでは、肺動脈性肺高血圧症 (PAH) の世界市場について調査・分析し、肺動脈性肺高血圧症 (PAH) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 超解像顕微鏡の世界市場:技術別(STED、SIM、STORM)、用途別(ナノテクノロジー、生命科学)、地域別
    本調査レポートでは、超解像顕微鏡の世界市場について調査・分析し、超解像顕微鏡の世界市場動向、超解像顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別超解像顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 紫外線LED技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、紫外線LED技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紫外線LED技術の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カルナウバ蝋の世界市場分析:用途別(タイプ1、タイプ3、タイプ4)、用途別(化粧品、食品、自動車、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、カルナウバ蝋の世界市場について調査・分析し、カルナウバ蝋の世界市場動向、カルナウバ蝋の世界市場規模、市場予測、セグメント別カルナウバ蝋市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 鉱業向け水・汚水管理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱業向け水・汚水管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け水・汚水管理の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用クリーニング製品の世界市場2020-2024
    「家庭用クリーニング製品の世界市場2020-2024」は、家庭用クリーニング製品について市場概要、市場規模、製品別(表面洗浄剤、食器洗浄剤、トイレ洗浄剤、その他の洗浄剤(漂白剤))分析、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・家庭用クリーニング製品の世界市場:製品別(表面洗浄剤、食器洗浄剤、トイレ洗浄剤、その他の洗浄剤(漂白剤)) ・家庭用クリーニング製品の世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 繊維ガラスフローリングの世界市場分析:用途別(住宅、商業、工業用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM、MEA)、国別(米国、ドイツ、フランス、中国、ブラジル)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、繊維ガラスフローリングの世界市場について調査・分析し、繊維ガラスフローリングの世界市場動向、繊維ガラスフローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維ガラスフローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 呼吸器用吸入器の世界市場
    当調査レポートでは、呼吸器用吸入器の世界市場について調査・分析し、呼吸器用吸入器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・呼吸器用吸入器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・呼吸器用吸入器の世界市場:セグメント別市場分析 ・呼吸器用吸入器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 廃棄物系バイオマスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、廃棄物系バイオマスの世界市場について調査・分析し、廃棄物系バイオマスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:市場動向分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:競争要因分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:エンドユーザー別 ・自治体による発電 ・輸送燃料 ・オンサイト発電 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:種類別 ・工業廃水 ・農業廃水 ・埋立ガス ・下水 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:主要地域別分析 - 廃棄物系バイオマスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 廃棄物系バイオマスのヨーロッパ市場規模 - 廃棄物系バイオマスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・廃棄物系バイオマスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ユーイング肉腫治療の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ユーイング肉腫治療の世界市場について調べ、ユーイング肉腫治療の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ユーイング肉腫治療の市場規模をセグメンテーション別(種類別(併用療法、単独療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はユーイング肉腫治療の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ユーイング肉腫治療の市場状況 ・ユーイング肉腫治療の市場規模 ・ユーイング肉腫治療の市場予測 ・ユーイング肉腫治療の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(併用療法、単独療法) ・ユーイング肉腫治療の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • TEVAR(胸部大動脈瘤ステントグラフト治療)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、TEVAR(胸部大動脈瘤ステントグラフト治療)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、TEVAR(胸部大動脈瘤ステントグラフト治療)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • MS樹脂(SMMA)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、MS樹脂(SMMA)の世界市場について調べ、MS樹脂(SMMA)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、MS樹脂(SMMA)の市場規模をセグメンテーション別(種類別(射出成形グレード、押出グレード)、用途別(自動車、電子、食品、おもちゃ及びレジャー、医療、光学、その他の用途)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はMS樹脂(SMMA)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・MS樹脂(SMMA)の市場状況 ・MS樹脂(SMMA)の市場規模 ・MS樹脂(SMMA)の市場予測 ・MS樹脂(SMMA)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(射出成形グレード、押出グレード) ・市場セグメンテーション:用途別(自動車、電子、食品、おもちゃ及びレジャー、医療、光学、その他の用途) ・MS樹脂(SMMA)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課 …
  • 包装用接着剤の世界市場2014-2025:技術別(水ベース、溶液ベース、ホットメルト)、用途別(フレキシブル包装、折り畳み式段ボール、ケース・カートン、ラベリング)、地域別
    本調査レポートでは、包装用接着剤の世界市場について調査・分析し、包装用接着剤の世界市場動向、包装用接着剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別包装用接着剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フュームシリカの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フュームシリカの世界市場について調査・分析し、フュームシリカの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フュームシリカシェア、市場規模推移、市場規模予測、フュームシリカ種類別分析(BET 100-160、BET 160-210、BET 210-300、その他)、フュームシリカ用途別分析(シリコンゴム、接着剤・シーラント、ポリエステル、塗料、インク、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フュームシリカの市場概観 ・フュームシリカのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フュームシリカのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フュームシリカの世界市場規模 ・フュームシリカの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フュームシリカのアメリカ市場規模推移 ・フュームシリカのカナダ市場規模推移 ・フュームシリカのメキシコ市場規模推移 ・フュームシリカのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・フュームシリカのドイツ市場規模推移 ・フューム …
  • フォグコンピューティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フォグコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォグコンピューティングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場について調査・分析し、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナー種類別分析(PET-CT、PET-MR、その他)、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナー用途別分析(腫瘍学、心臓(病)学、神経学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの市場概観 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場規模 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーのアメリカ市場規模推移 ・陽電子放射断層撮影(PE …
  • 自律型無人潜水機(AUV)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業機械・林業機械の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、農業機械・林業機械の世界市場について調査・分析し、農業機械・林業機械の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 農業機械・林業機械の世界市場:市場動向分析 - 農業機械・林業機械の世界市場:競争要因分析 - 農業機械・林業機械の世界市場:製品別 ・農薬スプレー ・農林用トラクター ・耕作機械 ・飼料・麦わら用ベーラー ・刈取用機械 ・干し草・芝刈り機 ・搾乳器 ・植え付けおよび施肥機 ・養鶏機械 ・耕耘機 ・ロータベーター ・脱穀機 ・その他 - 農業機械・林業機械の世界市場:主要地域別分析 - 農業機械・林業機械の北米市場規模(アメリカ市場等) - 農業機械・林業機械のヨーロッパ市場規模 - 農業機械・林業機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農業機械・林業機械の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 融資処理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、融資処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、融資処理の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウドモニタリングの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウドモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、サービスモデル別分析、企業規模別分析、地域別分析、クラウドモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脅威検出装置の世界市場予測(~2022年):爆発物検知、放射線・核検知、化学・生物学的検知、麻薬検知、侵入検知
    当調査レポートでは、脅威検出装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、検出種類別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、脅威検出装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウコンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫酸第二鉄市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸第二鉄市場2015について調査・分析し、硫酸第二鉄の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの心臓補助装置市場見通し
  • 世界のプレミックス飼料市場2015
    本調査レポートでは、世界のプレミックス飼料市場2015について調査・分析し、プレミックス飼料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)治療薬剤
  • バスマティ米の世界市場:種別(白米、玄米、その他)、販売チャネル別(従来式販売、最新式販売、小売、HORECA)、地域別予測
    本資料は、バスマティ米の世界市場について調べ、バスマティ米の世界規模、市場動向、市場環境、種別(白米、玄米、その他)分析、販売チャネル別(従来式販売、最新式販売、小売、HORECA)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バスマティ米の世界市場概要 ・バスマティ米の世界市場環境 ・バスマティ米の世界市場動向 ・バスマティ米の世界市場規模 ・バスマティ米の世界市場規模:種別(白米、玄米、その他) ・バスマティ米の世界市場規模:販売チャネル別(従来式販売、最新式販売、小売、HORECA) ・バスマティ米の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バスマティ米の北米市場規模・予測 ・バスマティ米のアメリカ市場規模・予測 ・バスマティ米のヨーロッパ市場規模・予測 ・バスマティ米のアジア市場規模・予測 ・バスマティ米の日本市場規模・予測 ・バスマティ米の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • バイオ潤滑油の世界市場:植物油、動物性脂肪
    当調査レポートでは、バイオ潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、バイオ潤滑油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ炭酸カルシウムの世界市場分析、用途別(プラスチック、ゴム、建築物)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノ炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、ナノ炭酸カルシウムの世界市場動向、ナノ炭酸カルシウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ炭酸カルシウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バンカー燃料の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、バンカー燃料の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(高硫黄燃料、低硫黄燃料)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・バンカー燃料の世界市場:種類別(高硫黄燃料、低硫黄燃料) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 血管内カテーテルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、血管内カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、血管内カテーテル市場規模、製品別(統合/閉鎖型末梢静脈カテーテル(PIVC)、短末梢静脈カテーテル(PIVC))分析、適応別(感染症、腎臓病、腫瘍、消化器病、その他)分析、エンドユーザー別(在宅医療、クリニック、ASC、病院、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 血管内カテーテルの世界市場:市場動向分析 ・ 血管内カテーテルの世界市場:競争要因分析 ・ 血管内カテーテルの世界市場:製品別(統合/閉鎖型末梢静脈カテーテル(PIVC)、短末梢静脈カテーテル(PIVC)) ・ 血管内カテーテルの世界市場:適応別(感染症、腎臓病、腫瘍、消化器病、その他) ・ 血管内カテーテルの世界市場:エンドユーザー別(在宅医療、クリニック、ASC、病院、その他) ・ 血管内カテーテルの世界市場:主要地域別分析 ・ 血管内カテーテルの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 血管内カ …
  • 世界のメタクリル酸メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタクリル酸メチル市場2015について調査・分析し、メタクリル酸メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、生産・供給・販売動向、販売チャネル分析、主要メーカー分析、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(軟性尿道鏡、半硬性尿道鏡)分析、用途(尿路結石症、尿道狭窄症、腎臓がん)分析、用途(ASCS、病院)分析、軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中枢神経系治療の世界市場:タイプ別(神経変性、気分障害、統合失調症、自閉症、うつ病)、用途別(病院、診療所、家庭、その他)、地域別予測
    本資料は、中枢神経系治療の世界市場について調べ、中枢神経系治療の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(神経変性、気分障害、統合失調症、自閉症、うつ病)分析、用途別(病院、診療所、家庭、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPfizer、Janseen Pharmaceuticals、Allergan、Lundbeck、Teva、Camber Pharmaceuticals、Zhejiang Haisen Pharmaceuticals、Jewim Pharmaceuticals、Cipla、Merck Sharp & Dohme Corp.、Eli Lilly、GlaxoSmithKline、Novartis、LUPIN 、ZYDUS PHARMSなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・中枢神経系治療の世界市場概要 ・中枢神経系治療の世界市場環境 ・中枢神経系治療の世界市場動向 ・中枢神経系治療の世界市場規模 ・中枢神経系治療の世界市場規 …
  • アスタキサンチンの世界市場分析:天然アスタキサンチン、合成アスタキサンチン
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、アスタキサンチンの世界市場について調査・分析し、アスタキサンチンの世界市場動向、アスタキサンチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別アスタキサンチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートバイACC(アダプティブクルーズコントロール)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートバイACC(アダプティブクルーズコントロール)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイACC(アダプティブクルーズコントロール)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 360度カメラの世界市場2020-2024
    「360度カメラの世界市場2020-2024」は、360度カメラについて市場概要、市場規模、用途別(映画製作、イベント、その他)分析、エンドユーザー別(専門家、非専門家)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・360度カメラの世界市場:用途別(映画製作、イベント、その他) ・360度カメラの世界市場:エンドユーザー別(専門家、非専門家) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ベーカリー(パン類)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベーカリー(パン類)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベーカリー(パン類)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリミキシン(B/E)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリミキシン(B/E)市場2015について調査・分析し、ポリミキシン(B/E)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の概要 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 船舶用推進機関の世界市場:ディーゼルエンジン、ガスタービンエンジン
    当調査レポートでは、船舶用推進機関の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用推進機関の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロジェクト・ロジスティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロジェクト・ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ロジスティクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロジスティックスとは、製品や材料の全ての流れを計画、企画、管理、処理、コントロールするプロセス、また顧客の要求を満たすための出荷地から消費現場間の情報を指します。ロジスティックにより、現在の生産と流通プロセスの効率性・競争力が最適化されます。Technavio社はプロジェクト・ロジスティクスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CEVA Logistics• C.H.Robinson• DB Schenker• Deutsche Post DHL Group• Kuehne+Nagel等です。
  • 産業用通信の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用通信の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アンチセンス及びRNAi治療の世界市場:技術別(siRNA、miRNA)、用途別(腫瘍、心血管、神経変性疾患)、投与経路別、セグメント予測
    本調査レポートでは、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場について調査・分析し、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場動向、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別アンチセンス及びRNAi治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の炭酸ジメチル市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸ジメチル市場2016について調査・分析し、炭酸ジメチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米のキャップ及びクロージャー市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米のキャップ及びクロージャー市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のキャップ及びクロージャー市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、原料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の胆汁カテーテル市場2016
    本調査レポートでは、世界の胆汁カテーテル市場2016について調査・分析し、胆汁カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"