"バイオエレクトロニクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60564)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バイオエレクトロニクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Bioelectronics helps to create and evaluate new technologies which improve understanding of biological systems, increasing efficiency and effectiveness of the medical community. Bioelectronics uses a number of methods, ideas, and techniques, such as bioelectromagnetics, instrumentation, neural networks, robotics, and sensor technologies. This synergy between electronics and biology has resulted in a positive impact of electronic technologies to system, cell, and molecular biology. Experts expect the technologies to have far reaching effects such as vision restoration, reversing the effects of spinal cord injury, medical diagnoses without clinics, etc.
The drivers to bio-electronics industry include the overwhelming need of the healthcare industry. These include prevention of diseases such as neural degeneration, cancer, etc., detection of diseases, personalized medical diagnostics and monitoring among others. Applications such as personalized medical diagnostics and monitoring especially present near-term application opportunities. Other drivers include implantable medical devices and prosthetics, which have seen a lot of research to develop reliable and robust implantable devices. Medical imaging either requires high-resolution imaging or portable and affordable imaging systems and these can be met with innovations from the bio-electronics industry.

Currently Europe is making a huge impact in the industry with most of the research and innovations coming from there followed by Asia and the United States. Industry experts estimate that United States is likely to register the highest growth in terms of contribution due to the high instances of research and investment in biomedicine and semiconductors in the country. Currently, biomedical and life sciences applications have the largest market share among applications followed by environmental monitoring and remediation applications.

Companies profiled include
1. Bioelectronics Corporation
2. Avago
3. Honeywell International
4. Danaher Corporations
5. Omnivision Technologies
6. Sensirion
7. Medtronics
8. BodyMedia
9. Sotera Wireless
10. Siemens AG
11. Roche
12. Universal Biosensors
13. Abbott
14. Beckman Coulter
15. Life Sensors

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"バイオエレクトロニクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive Summary
1.2. Estimation Methodology
2. Market Overview
2.1. Key findings
2.2. Value Chain analysis
2.3. Key buying criteria
2.4. Market determinants
2.4.1. Market drivers
2.4.2. Market restraints
2.4.3. Market challenges
2.4.4. Market opportunities
2.5. Strategic recommendation
2.6. Strategic conclusions
2.7. Unit shipment in Bioelectronics market
2.8. Forecasted trends and emerging markets
3. Market Segmentation
3.1. Key components and technologies in bioelectronics
3.1.1. Bio Sensors
3.1.2. Optical Sensors
3.1.3. CMOS Platform (Semiconductor Platform)
3.2. By Applications
3.2.1. Biochips
3.2.1.1. DNA MICROARRAYS
3.2.1.2. LAB-ON-A-CHIP
3.2.2. Implantable Medical Devices
3.2.2.1. CARDIAC RHYTHM MANAGEMENT DEVICES
3.2.2.2. EAR IMPLANTS
3.2.2.3. BRAIN IMPLANTS
3.2.2.4. GASTRIC IMPLANTS
3.2.2.5. OTHERS
3.2.3. Prosthetic Devices
3.2.3.1. ARM
3.2.3.2. FOOT
3.2.4. Artificial Organs/Bionic Organs
3.2.4.1. BIONIC FINGER
3.2.4.2. HEART BIONICS AND ARTIFICIAL HEART
3.2.4.3. NEURAL/BRAIN BIONICS
3.2.2. BIONIC NOSE
3.2.4.4. OTHERS
3.2.5. Electronic Pills
4. Sector Analysis
5. Key company and strategic analysis
5.1. Market Share
5.2. Market Strategies
6. Geographical Analysis
6.1. North America
6.1.1. United States
6.1.2. Canada
6.1.3. RoNA
6.2. Europe
6.2.1. United Kingdom
6.2.2. France
6.2.3. Germany
6.2.4. Spain
6.2.5. Italy
6.3. Asia Pacific
6.3.1. China
6.3.2. Japan
6.3.3. India
6.3.4. South Korea
6.3.5. Australia
6.3.6. RoA
6.4. Rest of the world
6.4.1. Latin America
6.4.2. MENA
6.4.3. Africa
7. Company Profiling
7.1.1. Bioelectronics Corporation
7.1.2. Avago
7.1.3. Honeywell International
7.1.4. Danaher Corporations
7.1.5. Omnivision Technologies
7.1.6. Sensirion
7.1.7. Medtronics
7.1.8. BodyMedia
7.1.9. Sotera Wireless
7.1.10. Siemens AG
7.1.11. Roche
7.1.12. Universal Biosensors
7.1.13. Abbott
7.1.14. Beckman Coulter
7.1.15. Life Sensors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バイオエレクトロニクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月6日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60564
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】バイオエレクトロニクス、電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バイオエレクトロニクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のネオジ鉄系磁石市場2016
    本調査レポートでは、世界のネオジ鉄系磁石市場2016について調査・分析し、ネオジ鉄系磁石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用セラミックの世界市場分析:材料別(アルミナセラミックス、チタン酸セラミックス、ジルコン酸セラミックス、フェライトセラミックス、窒化アルミニウム、炭化ケイ素、窒化ケイ素)、製品別(モノリシック、コーティング、マトリックス複合材)、用途別(電気機器、触媒サポート、電子機器、摩耗部品、エンジン部品、フィルター、バイオセラミックス)、エンドユーザー別(電気・電子、自動車、機械、環境・医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、工業用セラミックの世界市場について調査・分析し、工業用セラミックの世界市場動向、工業用セラミックの世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用セラミック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 教育用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 性病(STD)検査の世界市場:軟性下疳、クラミジア、淋病、ヘルペス、HPV、梅毒
  • テレビの世界市場2020-2024
    「テレビの世界市場2020-2024」は、テレビについて市場概要、市場規模、技術別(HD、UHD)分析、ディスプレイサイズ別(最大43インチ、55-64インチ、48-50インチ、65インチ以上)分析、ディスプレイタイプ別(LCD、OLED)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・テレビの世界市場:技術別(HD、UHD) ・テレビの世界市場:ディスプレイサイズ別(最大43インチ、55-64インチ、48-50インチ、65インチ以上) ・テレビの世界市場:ディスプレイタイプ別(LCD、OLED) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 遊園地の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、遊園地の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、遊園地の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 両性界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、両性界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、両性界面活性剤市場規模、種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート)分析、用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 両性界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート) ・ 両性界面活性剤の世界市場:用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤) ・ 両性界面活性剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 両性界面活性剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 両性界面活性剤のヨーロッパ市場規模 ・ 両性界面活性剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・両性界面活性剤の世 …
  • 生体吸収性医用材料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生体吸収性医用材料の世界市場について調査・分析し、生体吸収性医用材料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生体吸収性医用材料シェア、市場規模推移、市場規模予測、生体吸収性医用材料種類別分析(ポリ乳酸 (PLA)、ポリグリコール酸(PGA)、多糖類、ポリカプロラクトン(PCL)、PLGA)、生体吸収性医用材料用途別分析(薬物送達、整形外科、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生体吸収性医用材料の市場概観 ・生体吸収性医用材料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生体吸収性医用材料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生体吸収性医用材料の世界市場規模 ・生体吸収性医用材料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生体吸収性医用材料のアメリカ市場規模推移 ・生体吸収性医用材料のカナダ市場規模推移 ・生体吸収性医用材料のメキシコ市場規模推移 ・生体吸収性医用材料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・生体吸収性医用 …
  • 中国の熱画像装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の熱画像装置市場2015について調査・分析し、熱画像装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬剤
  • トルコの心臓血管手術装置市場見通し
  • 世界のインスタントラーメン市場2015
    本調査レポートでは、世界のインスタントラーメン市場2015について調査・分析し、インスタントラーメンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセラミック繊維フェルール市場2016
    本調査レポートでは、世界のセラミック繊維フェルール市場2016について調査・分析し、セラミック繊維フェルールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • C5ISRの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、C5ISRの世界市場について調査・分析し、C5ISRの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - C5ISRの世界市場:市場動向分析 - C5ISRの世界市場:競争要因分析 - C5ISRの世界市場:基盤別 空軍 陸軍 海軍 - C5ISRの世界市場:用途別 偵察 諜報 コンピューター 管理 指令 通信 戦闘 監視 - C5ISRの世界市場:主要地域別分析 - C5ISRの北米市場規模(アメリカ市場等) - C5ISRのヨーロッパ市場規模 - C5ISRのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・C5ISRの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水耕栽培の世界市場:用途別(屋内農業、屋外農業)、コンポーネント別(灌漑コンポーネント、照明、センサー、空調、建築材料、その他)
    当調査レポートでは、水耕栽培の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別分析、コンポーネント別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め、以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・水耕栽培の世界市場:用途別(屋内農業、屋外農業) ・水耕栽培の世界市場:コンポーネント別(灌漑コンポーネント、照明、センサー、空調、建築材料、その他) ・水耕栽培の世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • PET医薬品包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、PET医薬品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、PET医薬品包装市場規模、包装種類別(ジャー、ボトル、パウチ・ストリップパック、医療用バッグ、その他分析、材料別(アルミホイル、プラスチック/ポリマー、紙・板紙)分析、サイズ別(50ml、5ml、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ PET医薬品包装の世界市場:市場動向分析 ・ PET医薬品包装の世界市場:競争要因分析 ・ PET医薬品包装の世界市場:包装種類別(ジャー、ボトル、パウチ・ストリップパック、医療用バッグ、その他 ・ PET医薬品包装の世界市場:材料別(アルミホイル、プラスチック/ポリマー、紙・板紙) ・ PET医薬品包装の世界市場:サイズ別(50ml、5ml、その他) ・ PET医薬品包装の世界市場:主要地域別分析 ・ PET医薬品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ PET医薬品包装のヨーロッパ市場規模 ・ PET医薬品包装のアジア市 …
  • 無人機(UAV)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、無人機(UAV)の世界市場について調査・分析し、無人機(UAV)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 無人機(UAV)の世界市場:市場動向分析 - 無人機(UAV)の世界市場:競争要因分析 - 無人機の世界市場:用途別 ・軍用・防衛 ・安全保障 ・商用 - 無人機の世界市場:移動手段別 ・無限軌道式UGV ・車輪付きUGV ・脚型UGV ・その他 - 無人機の世界市場:技術別 ・繋留 ・自律 ・半自律 ・遠隔操作 - 無人機の世界市場:観測機器別 ・カメラ ・センサー ・レーダー ・レーザー ・その他 - 無人機の世界市場:大きさ別 ・大型UGV ・中型UGV ・小型UGV ・超小型UGV ・その他 - 無人機(UAV)の世界市場:主要地域別分析 - 無人機(UAV)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 無人機(UAV)のヨーロッパ市場規模 - 無人機(UAV)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・無人機(UAV)の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 合成ピレスロイドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、合成ピレスロイド の世界市場について調査・分析し、合成ピレスロイド の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別合成ピレスロイド シェア、市場規模推移、市場規模予測、合成ピレスロイド 種類別分析()、合成ピレスロイド 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・合成ピレスロイド の市場概観 ・合成ピレスロイド のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・合成ピレスロイド のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・合成ピレスロイド の世界市場規模 ・合成ピレスロイド の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・合成ピレスロイド のアメリカ市場規模推移 ・合成ピレスロイド のカナダ市場規模推移 ・合成ピレスロイド のメキシコ市場規模推移 ・合成ピレスロイド のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・合成ピレスロイド のドイツ市場規模推移 ・合成ピレスロイド のイギリス市場規模推移 ・合成ピレスロイド のロシア市場規模推移 ・合成ピレ …
  • 乳製品ブレンドの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、乳製品ブレンドの世界市場について調査・分析し、乳製品ブレンドの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 乳製品ブレンドの世界市場:市場動向分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:競争要因分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:種類別 加工助剤としての乳成分 有効成分としての乳成分 乳製/非乳製成分 乳成分混合物 その他の種類 - 乳製品ブレンドの世界市場:形状別 スプレッド 粉末 液体 - 乳製品ブレンドの世界市場:パッケージ別 バッグ 袋 缶 瓶 箱 その他のパッケージ - 乳製品ブレンドの世界市場:用途別 乳幼児調製粉乳 乳製品 チョコレート 飲料品 薬品ラクトース ヨーグルト 菓子類 バター、チーズブレンド 飼料 アイスクリーム パン類 その他の用途 - 乳製品ブレンドの世界市場:主要地域別分析 - 乳製品ブレンドの北米市場規模(アメリカ市場等) - 乳製品ブレンドのヨーロッパ市場規模 - 乳製品ブレンドのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳製品ブレンドの世界市場:主な …
  • 単結晶透明セラミックの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、単結晶透明セラミックの世界市場について調査・分析し、単結晶透明セラミックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 単結晶透明セラミックの世界市場:市場動向分析 - 単結晶透明セラミックの世界市場:競争要因分析 - 単結晶透明セラミックの世界市場:用途別 健康管理 光学及び光電子工学 宇宙航空 防衛及び警備 その他の用途 - 単結晶透明セラミックの世界市場:材料別 酸窒化アルミニウム サファイア イットリア(Y2O3) イットリウアルミニウムガーネット t(YAG) - 単結晶透明セラミックの世界市場:主要地域別分析 - 単結晶透明セラミックの北米市場規模(アメリカ市場等) - 単結晶透明セラミックのヨーロッパ市場規模 - 単結晶透明セラミックのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・単結晶透明セラミックの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • サンドコントロールシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サンドコントロールシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サンドコントロールシステム市場規模、坑井タイプ別(ケーシング坑井、オープンホール坑井)分析、技術別(フラックパック法、グラベルパック法、流入制御デバイス法、サンドスクリーン法、スロットライナー法、その他)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サンドコントロールシステムの世界市場:市場動向分析 ・ サンドコントロールシステムの世界市場:競争要因分析 ・ サンドコントロールシステムの世界市場:坑井タイプ別(ケーシング坑井、オープンホール坑井) ・ サンドコントロールシステムの世界市場:技術別(フラックパック法、グラベルパック法、流入制御デバイス法、サンドスクリーン法、スロットライナー法、その他) ・ サンドコントロールシステムの世界市場:用途別(オフショア、オンショア) ・ サンドコントロールシステムの世界市場:主要地 …
  • イギリスの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 角膜計の世界市場:自動型、手動型
    当調査レポートでは、角膜計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、角膜計市場規模、製品別(自動型、手動型)分析、エンドユーザー別(眼科、病院、眼科研究所・その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Carl Zeiss Meditec, Essilor, Luneau, Micro Medical Devices, NIDEK, Reichertなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・角膜計の世界市場概要 ・角膜計の世界市場環境 ・角膜計の世界市場動向 ・角膜計の世界市場規模 ・角膜計の世界市場:業界構造分析 ・角膜計の世界市場:製品別(自動型、手動型) ・角膜計の世界市場:エンドユーザー別(眼科、病院、眼科研究所・その他) ・角膜計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・角膜計の北米市場規模・予測 ・角膜計のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・角膜計のアジア太平洋市場規模・予測 ・角膜計の主要国分析 ・角膜計の世界市場:意思決定フレー …
  • 世界主要国におけるN-ペンタン市場2018-2023
    本調査レポートでは、N-ペンタンの世界市場について調査・分析し、N-ペンタンの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(タイプ1、タイプ2)、用途別市場規模(溶媒、発泡剤、地熱発電、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、N-ペンタンの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・N-ペンタンの世界市場概要 ・N-ペンタンの企業別市場シェア ・N-ペンタンの地域別市場規模 ・N-ペンタンの種類別市場規模(タイプ1、タイプ2) ・N-ペンタンの用途別市場規模(溶媒、発泡剤、地熱発電、その他) ・N-ペンタンの主要企業分析 ・N-ペンタンの北米市場規模 ・N-ペンタンの米国市場規模 ・N-ペンタンの南米市場規模 ・N-ペンタンの欧州市場規模 ・N-ペンタンのアジア市場規模 ・N-ペンタンの日本国内市場規模 ・N-ペンタンの中国市場規模 …
  • 世界の歩数計市場2016
    本調査レポートでは、世界の歩数計市場2016について調査・分析し、歩数計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スリランカのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 血管性浮腫(Angioedema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管性浮腫(Angioedema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管性浮腫(Angioedema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管性浮腫(Angioedema)の概要 ・血管性浮腫(Angioedema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管性浮腫(Angioedema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管性浮腫(Angioedema)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血 …
  • オゾン発生技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オゾン発生技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オゾン発生技術の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の据置型ディーゼル発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国の据置型ディーゼル発電機市場2015について調査・分析し、据置型ディーゼル発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤の概要 ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オリゴヌクレオチド合成の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オリゴヌクレオチド合成の世界市場について調べ、オリゴヌクレオチド合成の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オリゴヌクレオチド合成の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(製薬およびバイオテクノロジー企業、研究機関および学術機関、診断検査室、病院)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はオリゴヌクレオチド合成の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オリゴヌクレオチド合成の市場状況 ・オリゴヌクレオチド合成の市場規模 ・オリゴヌクレオチド合成の市場予測 ・オリゴヌクレオチド合成の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(製薬およびバイオテクノロジー企業、研究機関および学術機関、診断検査室、病院) ・オリゴヌクレオチド合成の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • 常温保存可能食品用包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、常温保存可能食品用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、常温保存可能食品用包装市場規模、用途別(肉・家禽・魚介類、パスタ・麺類、ソース・ドレッシング・調味料、青果、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amcor, Bemis Company, Mondi, RPC Group, SIGなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・常温保存可能食品用包装の世界市場概要 ・常温保存可能食品用包装の世界市場環境 ・常温保存可能食品用包装の世界市場動向 ・常温保存可能食品用包装の世界市場規模 ・常温保存可能食品用包装の世界市場:業界構造分析 ・常温保存可能食品用包装の世界市場:用途別(肉・家禽・魚介類、パスタ・麺類、ソース・ドレッシング・調味料、青果、その他) ・常温保存可能食品用包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・常温保存可能食品用包装の北米市場規模・予測 ・常温保存可能食品用包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規 …
  • パスワード管理の世界市場:種類別、アクセス別、導入方式別、産業別、企業規模別、地域別予測
    本資料は、パスワード管理の世界市場について調べ、パスワード管理の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、アクセス別分析、導入方式別分析、産業別分析、企業規模別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パスワード管理の世界市場概要 ・パスワード管理の世界市場環境 ・パスワード管理の世界市場動向 ・パスワード管理の世界市場規模 ・パスワード管理の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・パスワード管理の世界市場規模:種類別 ・パスワード管理の世界市場規模:アクセス別 ・パスワード管理の世界市場規模:導入方式別 ・パスワード管理の世界市場規模:産業別 ・パスワード管理の世界市場規模:企業規模別 ・パスワード管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パスワード管理の北米市場規模・予測 ・パスワード管理のアメリカ市場規模・予測 ・パスワード管理のヨーロッパ市場規模・予測 ・パスワード管理のアジ …
  • 透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 授乳用品の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、授乳用品の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、授乳用品の米国市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は授乳用品の米国市場が2017-2021年期間中に年平均6.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ameda、Lansinoh、Medela、Philips AVENT、Pigeon Corporation等です。
  • 先進配電管理システム(ADMS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、先進配電管理システム(ADMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Eコマース(電子商取引)物流の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、Eコマース(電子商取引)物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eコマース(電子商取引)物流の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はEコマース(電子商取引)物流の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Aramex, • Deutsche Post DHL Group, • FedEx, • UPS等です。
  • トール様受容体3アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体3アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体3アゴニストの概要 ・トール様受容体3アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体3アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体3アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体3アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のガススプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のガススプリング市場2016について調査・分析し、ガススプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リード市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの概要 ・心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの開発動向:開発段階別分析 ・心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの開発動向:セグメント別分析 ・心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの開発動向:領域別分析 ・心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの開発動向:規制Path別分析 ・心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心血管ペーシングおよび植え込み型除細動器(ICD)リードの最近動向
  • ポリシリコンの世界市場2017-2021:光電池、電子
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポリシリコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ポリシリコンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポリシリコンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DAQO NEW ENERGY 、GCL-Poly Energy Holdings 、REC Silicon、Tokuyama Corporation、Wacker Chemie等です。
  • 凝固検査の世界市場2016
  • 人数計測システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人数計測システムの世界市場について調査・分析し、人数計測システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人数計測システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、人数計測システム種類別分析()、人数計測システム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人数計測システムの市場概観 ・人数計測システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人数計測システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人数計測システムの世界市場規模 ・人数計測システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人数計測システムのアメリカ市場規模推移 ・人数計測システムのカナダ市場規模推移 ・人数計測システムのメキシコ市場規模推移 ・人数計測システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人数計測システムのドイツ市場規模推移 ・人数計測システムのイギリス市場規模推移 ・人数計測システムのロシア市場規模推移 ・人数計測システムのアジア市場分析(日本、中 …
  • 食肉・鶏肉加工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食肉・鶏肉加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食肉・鶏肉加工機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 空気・ガス漏れ検知器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、空気・ガス漏れ検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気・ガス漏れ検知器の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 洗車システムの世界市場2019-2023
    洗車システムは、車両を自動的に洗浄および清掃します。洗車システムにはトンネル式、タッチレス式、およびドライウォッシュなどがあります。洗車システムの市場収益は、2019~2023年の間、約80億米ドルにも上ると予測されています。 主な分析対象企業は、AUTOBASE、InterClean Equipment、VEHICLE WASH SYSTEMS、WashTec、Washworldなどです。 当調査レポートでは、洗車システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗車システム市場規模、エンドユーザー別(PC、CV、PC、CV、二輪車)分析、洗車タイプ別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗車システムの世界市場概要 ・洗車システムの世界市場環境 ・洗車システムの世界市場動向 ・洗車システムの世界市場規模 ・洗車システムの世界市場:業界構造分析 ・洗車システムの世界市場:エンドユーザー別(PC、CV、PC、CV、二輪車) ・洗車システ …
  • 石油・ガス腐食防止の世界市場2017-2021:上流、中流、下流
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、石油・ガス腐食防止の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス腐食防止の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は石油・ガス腐食防止の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、Akzo Nobel、BASF、Hempel、The Sherwin-Williams Company等です。
  • 航空機気象レーダーシステムの世界市場2018-2022
    航空機搭載気象レーダーシステムは、安全な飛行軌道の戦略的かつ戦術的計画を可能にし、パイロットにとって必要不可欠なシステムです。航空業界は非常に競争が激しく、様々な要因により利益が生み出されています。 航空燃料価格の下落による航空交通量の増加によって、格安航空サービスが登場しました。 航空会社は、次世代航空機の調達と航空機の近代化を行っています。その結果、航空機搭載気象レーダー技術が大幅に進化し、多くの特長と機能を備えた製品が増えました。厳しい天候から航空機を保護する必要性が高まることにより、予測期間中の航空機用気象レーダーシステム市場が促進される見通しです。 主な分析対象企業は、Garmin、Honeywell International、Leonardo、Rockwell Collins、Telephonicsなどです。 当調査レポートでは、航空機気象レーダーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機気象レーダーシステム市場規模、用途別(商業航空、ビジネス・一般航空)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報など …
  • 電圧監視IC(リセットIC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電圧監視IC(リセットIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電圧監視IC(リセットIC)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"