"塩化メチレンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60559)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"塩化メチレンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Methylene chloride also called dichloromethane is colorless, volatile liquid with a sweet smell is widely used as a solvent. Methylene chloride is used in various applications such as adhesives, paints, medicines etc. It is also used in cold tanks, printing, detergents etc. Global market for methylene chloride is driven by high demand from developing countries, this demand is growing due to innovative technologies and high growth in commercial manufacturing. APAC is the most active market for methylene chloride globally. Also, due to high production and increasing population the market of methylene chloride is also growing. Another key driver for the methylene chloride market is using methylene chloride in various medicines, since the healthcare industry is growing in parallel the demand of methylene chloride. Also, its demand in pharmaceutical industries has been growing in the recent years. Also, in end-user segments, demand for methylene chloride is high in various applications such as refrigerant chemical, solvent market, manufacturing and production industries etc., also due to high consumption of fluorocarbon the demand of methylene chloride increases. Since the demand for methylene chloride is high, to meet this demand high investment in this market is required due to high availability of methylene. Methylene chloride is also used as end product in automotive products, insect sprays etc. APAC and Europe is the most mature markets in terms of strategies, innovations, etc. Easy availability of raw material and low price are the key drivers in the market.
The Cleaning Chemicals in Healthcare Industry market is segmented into various sub-segments like: By Applications (Halogenated, Pharmaceuticals, Manufacturing & Processing, Blowing Agents, Metallurgy, Paint Removal Products), By Ingredients (Methyl Chloride, Methane and Chlorine), By group which includes sub segment as Chloromethane.

The key methylene chloride manufacturers include Dow Chemical, AkzoNobel N.V., Ineos, Solvay S.A., Kem One, Shin-Etsu, Gujarat Alkalies & Chemicals Ltd., SRF ltd and Ercros S.A.

Companies profiled include
1. 3M
2. AkzoNobel N.V.
3. Gujarat Alkalies and Chemicals Ltd.,
4. INEOS, Occidental Chemicals Corporation
5. PPG Industries, Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.
6. Dow chemicals
7. Solvay
8. Tokuyama
9. KEM ONE
10. Occidental Petroleum
11. Ercros
12. SRF
13. Mitsuichem
14. Chemeurope
15. Asahi Glass
16. Acros Organics
17. Spectru Mchemical
18. Iris Biotech, Lee & Man Chemical
19. Zhejiang Juhua
20. Xiecheng Chemical
21. Juhua Chemical
22. ADCO Global Inc.
23. ACE Geosynthetics Enterprise Co., Ltd.
24. AICELLO CHEMICAL CO. LTD
25. Eastman Chemical Company
26. Spartan Chemical Company, Inc.
27. BASF
28. Bayer
29. DuPont
30. Culver international

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR up to 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"塩化メチレンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1. Raw material supplier
2.3.2. Production capacity geographically
2.3.3. New project investment
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. Top 3 geography
2.5. Competitive Landscape
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: Top competitive Moves
2.6. Porter’s Five Force Model
2.6.1. Threat of New Entrants
2.6.2. Threat of Substitute Products or Services
2.6.3. Bargaining Power of Buyer
2.6.4. Bargaining Power of Supplier
2.6.5. Intensity of Competitive Rivalry
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Strong supply chain impact on price
3.1.2. High demand from end user industries
3.1.3. High growth in developing countries
3.1.4. Easy availability and low price raw material
3.1.5. New applications of methylene chloride
3.2. Market restraints
3.2.1. High availability creates demand fall
3.3. Market opportunities
3.3.1. high demand from fluorocarbons can provide high growth in methylene chloride market
3.4. Market challenges
3.4.1. stringent government regulations
3.5. Parent Market
3.6. Competitors Market
3.7. Alternative Market
4. Market Segmentation
4.1. By Applications
4.1.1. Global Methylene chloride Halogenated Solvents market,2014-2021,($millions)
4.1.2. Global Methylene chloride Pharmaceuticals market,2014-2021,($millions)
4.1.3. Global Methylene chloride Chemical Manufacturing & Processing market,2014-2021,($millions)
4.1.4. Global Methylene chloride Blowing Agents market,2014-2021,($millions)
4.1.5. Global Methylene chloride Metallurgy market,2014-2021,($millions)
4.1.6. Global Methylene chloride Paint Removal Products market,2014-2021,($millions)
4.2. By Ingredients
4.2.1. Global Methylene chloride Methyl Chloride market,2014-2021,($millions)
4.2.2. Global Methylene chloride Methane market,2014-2021,($millions)
4.2.3. Global Methylene chloride Chlorine market,2014-2021,($millions)
4.3. By Groups
4.3.1. Global Methylene chloride Chloromethanes market,2014-2021,($millions)
5. Geographical analysis
5.1. North America Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.1.1. United States (U.S.) Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.1.2. Canada Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.2. Europe Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.2.1. United Kingdom (UK) Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.2.2. France Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.2.3. Germany Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.2.4. Spain Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.2.5. Italy Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.2.6. RoE Market,2014-2021,($millions)
5.3. Asia Pacific Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.3.1. India Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.3.2. China Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.3.3. Japan Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.3.4. Korea Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.3.5. Australia Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.3.6. RoAPAC Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.4. Rest of the world Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.4.1. Latin America Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.4.2. MENA Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
5.4.3. Africa Methylene chloride market,2014-2021,($millions)
6. Company Profiling: – (Overview, SCOT analysis, strategic review)
1. Akzonobel N.V.
2. DOW Chemical Company
3. Gujarat Alkalies and Chemicals Ltd..
4. Ineos..
5. KEM One
6. Shin-Etsu Chemical Co. Ltd.
7. Solvay
8. Ercros SA.
9. ASAHI GLASS CO. LTD.
10. ALFA AESAR
11. OCCIDENTAL CHEMICAL CORPORATION
12. SRF LTD.
13. TOKUYAMA CORPORATION
14. ADCO Global Inc.
15. ACE Geosynthetics Enterprise Co., Ltd.
16. AICELLO CHEMICAL CO. LTD
17. Mitsuichem
18. Chemeurope
19. Acros Organics
20. Spectru Mchemical
21. Iris Biotech
22. Lee & Man Chemical
23. Zhejiang Juhua
24. Xiecheng Chemical
25. Juhua Chemical
26. Sinopec
27. SABIC
28. Exxonmobil
29. DuPont
30. Shell

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】塩化メチレンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月7日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60559
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】塩化メチレン
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
塩化メチレンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ペット用品の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ペット用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペット用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ギヤボックスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ギヤボックス市場規模、設計別(傾斜軸、平行軸、その他)分析、種類別(ワーム、プラネタリー、ヘリカル-ベベル、スプール、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、輸送、風力、建設、農業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:競争要因分析 ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:設計別(傾斜軸、平行軸、その他) ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:種類別(ワーム、プラネタリー、ヘリカル-ベベル、スプール、その他) ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:エンドユーザー別(自動車、輸送、風力、建設、農業) ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:主要地域別分析 ・ 産業用ギヤボックスの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 産業用ギヤボックスのヨーロッパ市場規模 ・ 産業用ギヤボックスのアジア市場規模(日本市 …
  • 世界のラクターゼ市場2015
    本調査レポートでは、世界のラクターゼ市場2015について調査・分析し、ラクターゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工知能 (AI) チップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、人工知能 (AI) チップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工知能 (AI) チップの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 AI(人工知能)とは、機械、コンピューター、ソフトウェア、ロボット上で、人工的に人間の脳と同様の知能を実現し、複雑な問題に対する答えを見つけようとする試みを行う科学の一分野です。AIは、一般化、推論、学習、過去の経験による発見など人間の知能を必要とされるプロジェクトに応用されています。Technavio社は人工知能 (AI) チップの世界市場が2017-2021年期間中に年平均54.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AMD (Advanced Micro Devices)• Google• Intel• NVIDIA等です。
  • 世界の携帯型ゲーム機市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型ゲーム機市場2015について調査・分析し、携帯型ゲーム機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リグノセルロース原料ベースバイオ燃料の世界市場2020-2024
    「リグノセルロース原料ベースバイオ燃料の世界市場2020-2024」は、リグノセルロース原料ベースバイオ燃料について市場概要、市場規模、変換プロセス別(生化学、熱化学)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・リグノセルロース原料ベースバイオ燃料の世界市場:変換プロセス別(生化学、熱化学) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • スマートアンテナの世界市場
    当調査レポートでは、スマートアンテナの世界市場について調査・分析し、スマートアンテナの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 保護通信装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、保護通信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保護通信装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの心臓補助装置市場(~2021)
  • 持続血糖測定器(CGM)のアジア市場
    本調査レポートでは、持続血糖測定器(CGM)のアジア市場について調査・分析し、持続血糖測定器(CGM)のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 北米の折畳み箱市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米の折畳み箱市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の折畳み箱市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリプロピレンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ポリプロピレンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリプロピレン市場規模、種類別(共重合体、単独重合体、その他)分析、用途別(ブロー成形、繊維・ヤシ繊維、射出成形、フィルム・シート、その他)分析、製品別(ワイヤー、チューブ、パイプ・接続金具、フィルム・シート、瓶・容器、その他)分析、生産技術(Innovene社、Montedison社、Novolene社、Spheripol社、Unipol社)分析、エンドユーザー別(建物・建設、包装、医療、電気製品・電化製品、自動車、消費者製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ポリプロピレンの世界市場:市場動向分析 ・ ポリプロピレンの世界市場:競争要因分析 ・ ポリプロピレンの世界市場:種類別(共重合体、単独重合体、その他) ・ ポリプロピレンの世界市場:用途別(ブロー成形、繊維・ヤシ繊維、射出成形、フィルム・シート、その他) ・ ポリプロピレンの世界市場:製品別 …
  • 世界の電子セキュリティシステム市場規模・予測2017-2025:ソリューション別(センサー・感知器、コントロールプレーン、火災報知システム、ビデオ監視、アクセスコントロール、インターコムシステム)、サービス別(設置サービス、マネージドサービス、コンサルティング)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の電子セキュリティシステム市場について調査・分析し、世界の電子セキュリティシステム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の電子セキュリティシステム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アンチトロンビンIII検査の世界市場2016-2020
  • スマート水道メーターの世界市場:AMI、AMR
    Technavio社の本調査レポートでは、スマート水道メーターの世界市場について調べ、スマート水道メーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマート水道メーターの市場規模をセグメンテーション別(技術別(AMI、AMR)、エンドユーザー別(家庭用、商業用・産業用)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はスマート水道メーターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマート水道メーターの市場状況 ・スマート水道メーターの市場規模 ・スマート水道メーターの市場予測 ・スマート水道メーターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(AMI、AMR) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(家庭用、商業用・産業用) ・スマート水道メーターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、EMEA、米州 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  .. …
  • スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場2016-2020:SBS、SIS、SEBS、HSBC
    当調査レポートでは、スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エモリエント・エステルの世界市場:イソプロピルミリステート、C12-15安息香酸アルキル、カプリル酸トリグリセリド、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸ミリスチル
    当調査レポートでは、エモリエント・エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドキュメントスキャナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ドキュメントスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドキュメントスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の切換スイッチ市場2015
    本調査レポートでは、中国の切換スイッチ市場2015について調査・分析し、切換スイッチの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性流体の世界市場:プロセス油、作動液/トランスミッション液、金属加工油、伝熱流体
    当調査レポートでは、機能性流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの脊椎手術装置市場見通し
  • イギリスの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 油圧装置の世界市場:油圧ポンプ、油圧モータ、油圧バルブ、油圧シリンダ
    当調査レポートでは、油圧装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油圧装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無線スイッチ市場2016
    本調査レポートでは、世界の無線スイッチ市場2016について調査・分析し、無線スイッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場について調査・分析し、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:用途別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:製品別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ボロン酸アフィニティークロマトグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボロン酸アフィニティークロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボロン酸アフィニティークロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • VoLTEの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、VoLTEの世界市場について調査・分析し、VoLTEの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・VoLTEの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・VoLTEの世界市場:セグメント別市場分析 ・VoLTEの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 貨物輸送の世界市場:液体貨物、バラ積み乾貨物、一般貨物、コンテナー貨物
    当調査レポートでは、貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、貨物種類別分析、産業別分析、 交易路別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 温度伝送器および温湿度発信器の世界市場動向・予測(~2022)
    当調査レポートでは、温度伝送器および温湿度発信器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、検知技術別分析、とう載技術別分析、通信プロトコール別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用不織布消耗品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、手術用不織布消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用不織布消耗品の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術用不織布消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M Company、Cardinal Health、Johnson & Johnson、Medtronic等です。
  • 世界のアドバンストセラミック市場2016
    本調査レポートでは、世界のアドバンストセラミック市場2016について調査・分析し、アドバンストセラミックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクラウド移行サービス市場規模・予測2017-2025:サービスの種類別(クラウド統合、アプリケーション管理・監視、災害復旧、プロフェッショナルサービス・マネージドサービス)、用途別(プロジェクト管理、格納管理、パフォーマンス管理)、展開別、組織別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウド移行サービス市場について調査・分析し、世界のクラウド移行サービス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウド移行サービス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スマートシティICTインフラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートシティICTインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシティICTインフラの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小型ガスエンジンの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、小型ガスエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、エンジン排気量別分析、需要先別分析、地域別分析、小型ガスエンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CD4+T細胞活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD4+T細胞活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD4+T細胞活性因子の概要 ・CD4+T細胞活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD4+T細胞活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD4+T細胞活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD4+T細胞活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーGIS、開発者GIS、モバイルGIS、その他)、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)
    本資料は、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場について調べ、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場概要 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場環境 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場動向 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場規模 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーG …
  • 石油・ガス産業における交流電動機の世界市場予測(~2023年)
    石油・ガス産業における交流電動機の世界市場は、2018年の推定105億米ドルから2023年には132億米ドルに達し、4.62%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、石油・ガス産業における技術開発の進展、自動化の増加、およびアフリカ地域における埋蔵量の新たな発見が考えれられます。一方で、石油・ガス産業の成長の鈍化は、交流電動機の販売を妨げる要因となる可能性があります。当調査レポートでは、石油・ガス産業における交流電動機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(誘導、同期)分析、電圧(1KV未満、1~6.6kV、6.6kV超)分析、出力定格・HP(1HP未満、1HP超)分析、出力定格・kW(0.12~7.5kW、7.5~110kW, 110~1000kW、1000kW超)分析、石油・ガス産業における交流電動機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの遺伝子検査市場動向(~2021)
  • 業務用コンビオーブンの世界市場
    当調査レポートでは、業務用コンビオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用コンビオーブンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の減圧弁市場2015
    本調査レポートでは、中国の減圧弁市場2015について調査・分析し、減圧弁の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ムスカリン性アセチルコリン受容体M2アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるムスカリン性アセチルコリン受容体M2アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M2アンタゴニストの概要 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M2アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のムスカリン性アセチルコリン受容体M2アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M2アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M2アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:エンドユーザー別、流通チャンネル別、
    当調査レポートでは、高効率洗濯用液体洗剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、流通チャンネル別(独立型食料品店、スーパーマーケット&ハイパーマーケット、デパートメント&コンビニエンスストア、オンライン販売チャネル)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:エンドユーザー別(住宅、商業) ・高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:流通チャンネル別(独立型食料品店、スーパーマーケット&ハイパーマーケット、デパートメント&コンビニエンスストア、オンライン販売チャネル) ・高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:地域別 ・企業動向
  • クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模、製品別(cPDM、DM、CAD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場概要 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場環境 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場動向 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場規模 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:業界構造分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:製品別(cPDM、DM、CAD) ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)のアメリカ市場規模・予測 ・クラウドベースPLM(製品ラ …
  • シナモンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、シナモンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シナモン市場規模、製品別(シナニッケイ、セイロンニッケイ)分析、流通経路別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シナモンの世界市場概要 ・シナモンの世界市場環境 ・シナモンの世界市場動向 ・シナモンの世界市場規模 ・シナモンの世界市場:業界構造分析 ・シナモンの世界市場:製品別(シナニッケイ、セイロンニッケイ) ・シナモンの世界市場:流通経路別 ・シナモンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・シナモンの北米市場規模・予測 ・シナモンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・シナモンのアジア太平洋市場規模・予測 ・シナモンの主要国分析 ・シナモンの世界市場:意思決定フレームワーク ・シナモンの世界市場:成長要因、課題 ・シナモンの世界市場:競争環境 ・シナモンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 5-アルファレダクテーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-アルファレダクテーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤の概要 ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-アルファレダクテーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の止血鉗子市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、止血鉗子のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・止血鉗子の概要 ・止血鉗子の開発動向:開発段階別分析 ・止血鉗子の開発動向:セグメント別分析 ・止血鉗子の開発動向:領域別分析 ・止血鉗子の開発動向:規制Path別分析 ・止血鉗子の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別止血鉗子の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・止血鉗子の最近動向
  • 三輪自動車の世界市場
    当調査レポートでは、三輪自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、三輪自動車の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 性感染症(STD)検査の世界市場:疾患種類別(クラミジア、梅毒、淋病、単純ヘルペスウイルス、ヒト乳頭腫ウイルス、ヒト免疫不全ウイルスなど)、検査場所別(実験室テスト、POCテスト)
    本資料は、性感染症(STD)検査の世界市場について調べ、性感染症(STD)検査の世界規模、市場動向、市場環境、疾患種類別(クラミジア、梅毒、淋病、単純ヘルペスウイルス、ヒト乳頭腫ウイルス、ヒト免疫不全ウイルスなど)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・性感染症(STD)検査の世界市場概要 ・性感染症(STD)検査の世界市場環境 ・性感染症(STD)検査の世界市場動向 ・性感染症(STD)検査の世界市場規模 ・性感染症(STD)検査の世界市場:疾患種類別(クラミジア、梅毒、淋病、単純ヘルペスウイルス、ヒト乳頭腫ウイルス、ヒト免疫不全ウイルスなど) ・性感染症(STD)検査の世界市場:検査場所別(実験室テスト、POCテスト) ・性感染症(STD)検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・性感染症(STD)検査の北米市場規模・予測 ・性感染症(STD)検査のアメリカ市場規模・予測 ・性感染症(STD)検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・性感染症(STD)検査のアジア市場規模・予測 …
  • クラウドソースセキュリティの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラウドソースセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション)分析、展開モード別分析、組織規模別分析、業種別分析、クラウドソースセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラウドソースセキュリティの世界市場規模が2019年90百万ドルから2024年135百万ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。
  • 臨床検査サービスのラテンアメリカ市場規模・動向分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"