"バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60539)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global bio-based chemical and polymer production (excluding bio-fuels) is currently estimated to be around 50 million tons. Compared to petrochemical based chemicals such as polyethylene, di-acids, diols, etc their use is miniscule but fast growing. Some examples of bio-based chemicals are non-food starch, regenerated cellulose fibers and derivatives, bio PET, Bio PE, PLA, PHA, bio-degradable polyesters, bio-fuels, bio fertilizers, bio enzymes, fatty acids and fermentation products such as ethanol and citric acid.Key Motivators of Bio-based Chemicals Market

For bio-based chemicals to compete against traditional petrochemicals products in terms of market and growth is definitely not easy. The growth, though slow, is however steady. A strong focus on consumer preference for products that are environment-friendly and bio-degradable and government mandates are helping the bio-based chemicals market to grow. High oil price is further motivating the growth of bio-based chemicals and polymers. The renewable resources of bio-energy and bio-fuels are produced as a result of development of bio-based building blocks (chemicals and polymers) and materials (fibre products, start derivatives, etc).

In addition to those mentioned above, there are a number of other drivers that are impacting the industry positively. These include the need for a global economy that is environmentally, economically and socially sustainable; limited reserves of non-renewable resources such as oil, gas, coal which are expected to reach their peak production; countries that are dependent on other nations for their fuel and energy resources are especially keen to find alternatives that can be commercialized soon; climate change and carbon emissions have resulted in increased focus on producing environment friendly alternatives and the wide use of these bio-based chemicals is also expected to have a positive effect on regional and rural development across global economies.

With the immense focus on the industry and the benefits and incentives provided by the government, there is hardly any doubt regarding its growth. Some of the challenges that are expected to restrict the industry include competition from petrochemicals-based chemicals, quality, consistency and cost of production. Production requires huge amount of investments resulting in slow growth.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Executive Summary
2. Market Overview
2.1. Introduction
2.2. Market trends of bio-based chemicals
2.2.1. Bio-based chemical market history and performance
2.2.2. Recent developments
2.2.3. Future of bio-based chemicals (predictive analysis)
2.3. Market shift from conventional chemical to bio-based chemicals
2.4. Value chain analysis
2.4.1. Raw materials
2.4.2. Suppliers
2.4.3. Manufacturers
2.4.4. Distributors
2.4.5. Retailers
2.4.6. End users
2.5. Key buying criteria
2.5.1. Price
2.5.2. Availability
2.5.3. Objectives
2.5.4. Alternatives
2.5.5. Environmental concern
2.6. Strategic recommendations
2.7. Conclusion
3. Market Determinants
3.1. Drivers
3.2. Restraints
3.3. Opportunities
3.4. Challenges
4. Market Segmentation
4.1. Market segmentation by products
4.1.1. Bioplastics
4.1.1.1. Bio-degradable bioplastics
4.1.1.1.1. PLA
4.1.1.1.2. PHA
4.1.1.1.3. Regenerated cellulose
4.1.1.1.4. Bio-degradable polyesters
4.1.1.1.5. Others
4.1.1.2. Non-biodegradable bioplastics
4.1.1.2.1. Bio-PET
4.1.1.2.2. Bio-PE
4.1.1.2.3. Bio-PA
4.1.1.2.4. Others
4.1.2. Bio-fuel
4.1.2.1. Bio-diesel
4.1.2.2. Ethanol
4.1.2.3. Other alcohols
4.1.2.4. Bio-Gas
4.1.2.5. Syngas
4.1.2.6. Bioether
4.1.2.7. Solid biomass
4.1.3. Industrial chemicals
4.1.3.1. Succinic acid
4.1.3.2. Alcohols
4.1.3.3. Bio-based dyes
4.1.3.4. Lactic acid
4.1.3.5. Glycerol
4.1.3.6. Acrylic acid
4.1.3.7. Other chemicals
4.1.4. Pharmaceuticals
4.1.4.1. Enzymes
4.1.4.2. Amino acid
4.1.4.3. Vitamins and related compounds
4.1.4.4. Antibiotics
4.1.4.5. Others
4.1.5. Food products
4.1.5.1. Alcoholic beverages
4.1.5.2. Others
4.1.6. Agriculture
4.1.6.1. Bio-fertilizers
4.1.6.2. Bio-pesticides
4.1.6.3. Others
5. Sector Analysis
5.1. Organic chemicals
5.1.1. Bio-based chemicals
5.1.2. Conventional chemicals
5.2. Inorganic chemicals
6. Competitive Intelligence
6.1. Key company analysis
6.2. Key strategies
7. Market Share Analysis
8. Geography Analysis
8.1. North America
8.1.1. USA
8.1.2. Canada
8.1.3. RoNA (Rest of North America)
8.2. Europe
8.2.1. UK
8.2.2. France
8.2.3. Germany
8.2.4. Italy
8.2.5. Spain
8.2.6. The Netherlands
8.2.7. RoE (Rest of Europe)
8.3. Asia Pacific
8.3.1. China
8.3.2. Japan
8.3.3. Thailand
8.3.4. Korea
8.3.5. India
8.3.6. RoAPac (Rest of APac)
8.4. RoW
8.4.1. Latin America
8.4.2. Africa
8.4.3. Middle East
9. Corporate Profiling
9.1. BioAmber Inc.
9.2. Mitsui & Co., Ltd.
9.3. Myriant Technologies LLC
9.4. BASF AG
9.5. Purac
9.6. Royal DSM
9.7. PTT Global
9.8. Natureworks
9.9. Mitsubishi Chemicals
9.10. Zhejiang Hisun Biomaterials Co., Ltd
9.11. Synbra
9.12. Tenjin
9.13. Metabolix Inc.
9.14. Braskem
9.15. Meredian Inc.
9.16. Indorama Ventures Public Co. Ltd
9.17. Novamont S.P.A
9.18. BlueFire Renewables
9.19. Raizen Energia Participacoes
9.20. Aventine Renewable Energy Holdings
9.21. Australian Renewable Fuels Limited
9.22. Renewable Energy Group
9.23. Solazyme Inc.
9.24. Tianjin GreenBio Materials Co. Ltd
9.25. Shenzhen Ecomann Technology Co. Ltd
9.26. Corbion NV
9.27. Innovia Films Ltd.
9.28. Bioome Technology PLC
9.29. Bio-On SRL

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月10日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60539
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】バイオ化学品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • バイオマスボイラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バイオマスボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオマスボイラーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラーコントロールガラスの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ソーラーコントロールガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラーコントロールガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用トラックの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、軍用トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(貨物/物流、軍隊、ユーティリティ)分析、アクスル別(4x4、6x6、8x8)分析、推進力別(電気、ガソリン、ディーゼル)分析、トラック別(軽、中、重)分析、軍用トラックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、軍用トラックの世界市場規模が2019年15677ユニットから2027年20171ユニットまで年平均3.2%成長すると予測しています。
  • 高等教育Mラーニングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高等教育Mラーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高等教育Mラーニングの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トラウマ固定装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、トラウマ固定装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・トラウマ固定装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・トラウマ固定装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・トラウマ固定装置の製品パイプライン分析 ・トラウマ固定装置の治験動向 ・主要企業分析 ・トラウマ固定装置の世界市場規模予測 ・トラウマ固定装置の地域別市場規模予測
  • アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:技術別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングのアメリカ市場規模予測 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ギラン・バレー症候群治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ギラン・バレー症候群治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ギラン・バレー症候群治療市場規模、製品別(免疫グロブリン、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場概要 ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場環境 ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場動向 ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場規模 ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場:業界構造分析 ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場:製品別(免疫グロブリン、その他) ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ギラン・バレー症候群治療の北米市場規模・予測 ・ギラン・バレー症候群治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ギラン・バレー症候群治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・ギラン・バレー症候群治療の主要国分析 ・ギラン・バレー症候群治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・ギラン・バレー症候群治療の世 …
  • 自律モバイルロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自律モバイルロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自律モバイルロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 採石の世界市場:種類別(規格石、砕石)、用途別(建物、記念碑)、地域別予測
    本資料は、採石の世界市場について調べ、採石の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(規格石、砕石)分析、用途別(建物、記念碑)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVulcan Materials Company、Martin Marietta Aggregates、Cemex S.A.B.、Adelaide Brighton、Rogers Group、Carmeuse Lime & Stone、Graphit Kropfmhl、Minerals Technologies、United States Lime & Mineralsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・採石の世界市場概要 ・採石の世界市場環境 ・採石の世界市場動向 ・採石の世界市場規模 ・採石の世界市場規模:種類別(規格石、砕石) ・採石の世界市場規模:用途別(建物、記念碑) ・採石の世界市場:地域別市場規模・分析 ・採石の北米市場規模・予測 ・採石のアメリカ市場規模・予測 ・採石の …
  • グルテンフリー製品の世界市場:製品別(ベーカリー製品、乳製品/乳製品代替製品、食肉/食肉代替製品)、 流通別(食料品店、量販店)
    本調査レポートでは、グルテンフリー製品の世界市場について調査・分析し、グルテンフリー製品の世界市場動向、グルテンフリー製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別グルテンフリー製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 半導体用加熱蒸着装置の世界市場
    当調査レポートでは、半導体用加熱蒸着装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用加熱蒸着装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)市場規模・予測2017-2025:用途別(ボトル、テクニカル、消費財、その他パッケージング)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)市場について調査・分析し、世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ型ポリエチレンテレフタレート(PET)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 電気自動車向けシリコーンの世界市場:製品別(エラストマー、流体、樹脂)、セグメント予測
    電気自動車向けシリコーンの世界市場は2025年には18億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.1%で成長すると予測されています。シリコーンは、優れた電気絶縁性、熱伝導性、化学安定性、難燃性、さらに熱、放射線、湿気、化学物質、および光に対する耐性といった特性を示します。本調査レポートでは、電気自動車向けシリコーンの世界市場について調査・分析し、電気自動車向けシリコーンの世界市場動向、電気自動車向けシリコーンの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気自動車向けシリコーン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 民間航空機・軍用航空機用ヘッドセットの世界市場
    当調査レポートでは、民間航空機・軍用航空機用ヘッドセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機・軍用航空機用ヘッドセットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベールハンドリング装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ベールハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベールハンドリング装置市場規模、製品別(ベールラッパー、ベールスピアーズ、ベールキャリア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベールハンドリング装置の世界市場概要 ・ベールハンドリング装置の世界市場環境 ・ベールハンドリング装置の世界市場動向 ・ベールハンドリング装置の世界市場規模 ・ベールハンドリング装置の世界市場:業界構造分析 ・ベールハンドリング装置の世界市場:製品別(ベールラッパー、ベールスピアーズ、ベールキャリア、その他) ・ベールハンドリング装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベールハンドリング装置の北米市場規模・予測 ・ベールハンドリング装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ベールハンドリング装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・ベールハンドリング装置の主要国分析 ・ベールハンドリング装置の世界市場:意思決定フレー …
  • 特殊食品成分の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、特殊食品成分の世界市場について調査・分析し、特殊食品成分の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別特殊食品成分シェア、市場規模推移、市場規模予測、特殊食品成分種類別分析(香料・着色料、繊維質、機能性食材、甘味料、酵素、その他)、特殊食品成分用途別分析(飲料、ソース・ドレッシング・調味料、パン、乳製品、菓子、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・特殊食品成分の市場概観 ・特殊食品成分のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・特殊食品成分のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・特殊食品成分の世界市場規模 ・特殊食品成分の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・特殊食品成分のアメリカ市場規模推移 ・特殊食品成分のカナダ市場規模推移 ・特殊食品成分のメキシコ市場規模推移 ・特殊食品成分のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・特殊食品成分のドイツ市場規模推移 ・特殊食品成分のイギリス市場規模推移 ・特殊食品成分のロシア市場規模推 …
  • 米国の農業機械市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、米国の農業機械市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の農業機械市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は米国の農業機械市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Deere & Company、CNH Industrial、AGCO、Kubota等です。
  • 世界のラクトビオン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のラクトビオン酸市場2015について調査・分析し、ラクトビオン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 止血診断検査の世界市場2016-2020
  • BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場
    当調査レポートでは、BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アンモニアの世界市場2014-2025:製品形状別(液体、ガス、粉)、用途別(肥料、テキスタイル、製薬、冷媒)、地域別
    本調査レポートでは、アンモニアの世界市場について調査・分析し、アンモニアの世界市場動向、アンモニアの世界市場規模、市場予測、セグメント別アンモニア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 酸化プロピレンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、酸化プロピレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酸化プロピレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 気管支拡張剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、気管支拡張剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、気管支拡張剤の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は気管支拡張剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.78%成長すると予測しています。
  • イタリアのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場について調査・分析し、デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタル放送・映画撮影用カメラシェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタル放送・映画撮影用カメラ種類別分析(2K、4K、8K、その他)、デジタル放送・映画撮影用カメラ用途別分析(映画撮影所、ライブ制作、ニュース・放送制作)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタル放送・映画撮影用カメラの市場概観 ・デジタル放送・映画撮影用カメラのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタル放送・映画撮影用カメラのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタル放送・映画撮影用カメラの世界市場規模 ・デジタル放送・映画撮影用カメラの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタル放送・映画撮影用カメラのアメリカ市場規模推移 ・デジタル放送・映画撮影用カメラのカナダ市場規模推移 ・デジタル放送・映画撮影用カメラのメキシコ市場規模推移 ・デジタ …
  • 完成車ロジスティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、完成車ロジスティクスの世界市場について調べ、完成車ロジスティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、完成車ロジスティクスの市場規模をセグメンテーション別(交通モード別(道路、レール、海、空)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は完成車ロジスティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・完成車ロジスティクスの市場状況 ・完成車ロジスティクスの市場規模 ・完成車ロジスティクスの市場予測 ・完成車ロジスティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:交通モード別(道路、レール、海、空) ・完成車ロジスティクスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  .. …
  • ノルウェーの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤の概要 ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のセミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ベネズエラの発電市場2016
  • 慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、慢性完全閉塞病変治療器具市場規模、用途別(自動車、建設、電子、防衛、その他)分析、種類別(ガラスFRP、カーボンFRP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場概要 ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場環境 ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場動向 ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場規模 ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場:業界構造分析 ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場:用途別(自動車、建設、電子、防衛、その他) ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場:種類別(ガラスFRP、カーボンFRP) ・慢性完全閉塞病変治療器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・慢性完全閉塞病変治療器具のアメリカ市場規模・予測 ・慢性完全閉塞病変治療器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・慢性完全閉塞病変治療器具のアジア市場規模・予測 ・慢 …
  • 自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)、シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート)、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)
    本資料は、自動車用シートの世界市場について調べ、自動車用シートの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用シートの世界市場概要 ・自動車用シートの世界市場環境 ・自動車用シートの世界市場動向 ・自動車用シートの世界市場規模 ・自動車用シートの世界市場:市場シェア ・自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革) ・自動車用シートの世界市場:シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート) ・自動車用シートの世界市場:車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用シートの世界市場:車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG) ・自動車用シートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用シートの北米市 …
  • 航空機用電気システムの世界市場予測(~2025年)
    航空機の電気・電子機器技術における最近の進歩は、部品メーカーに大きなチャンスをもたらしています。 航空機メーカーは、バリューチェーンのさまざまなレベルで新しい発電・配電技術の採用を検討しています。また、限られた航空機のスペースは今後、複雑な組み込みデジタルシステム、分散型アーキテクチャ、および主機関のスターター・発電システムにおけるパワーエレクトロニクスといった技術に占められると考えられています。当調査レポートでは、航空機用電気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、システム別(発電、変換、配電、エネルギー貯蔵)分析、コンポーネント別分析、プラットフォーム別(民間航空、軍用航空、ビジネス・一般航空)分析、エンドユーザー別分析、航空機用電気システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場:製品別(Webベース、インストール)、エンドユーザー別(病院、診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場について調べ、医療用スケジューリングソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(Webベース、インストール)分析、エンドユーザー別(病院、診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場概要 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場環境 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場動向 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模:製品別(Webベース、インストール) ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模:エンドユーザー別(病院、診療所、その他) ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用スケジューリングソフトウェアの北米市場規模・予測 ・医療用スケジューリングソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・医療用スケジューリ …
  • 自動車ウインドシールド(フロントガラス)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ウインドシールド(フロントガラス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ウインドシールド(フロントガラス)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、掘削土デサンダー及びデシルター市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場概要 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場環境 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場動向 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場規模 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場:業界構造分析 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削土デサンダー及びデシルターの北米市場規模・予測 ・掘削土デサンダー及びデシルターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・掘削土デサンダー及びデシルターのアジア太平洋市場規模・予測 ・掘削土デサンダー及びデシルターの主要国分析 ・掘削土デサン …
  • 物理セキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、物理セキュリティ市場規模、種類別(ハードウェア・ソフトウェア、サービス)分析、最終用途別(業務用、家庭用、政府機関用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・物理セキュリティの世界市場概要 ・物理セキュリティの世界市場環境 ・物理セキュリティの世界市場動向 ・物理セキュリティの世界市場規模 ・物理セキュリティの世界市場:業界構造分析 ・物理セキュリティの世界市場:種類別(ハードウェア・ソフトウェア、サービス) ・物理セキュリティの世界市場:最終用途別(業務用、家庭用、政府機関用、その他) ・物理セキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・物理セキュリティのアメリカ市場規模・予測 ・物理セキュリティのヨーロッパ市場規模・予測 ・物理セキュリティのアジア市場規模・予測 ・物理セキュリティの主要国分析 ・物理セキュリティの世界市場:意思決定フレームワ …
  • 生物兵器防衛の世界市場分析:製品別(炭疽菌、天然痘、ボツリヌス中毒、放射線/核、エボラ、出血熱)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、生物兵器防衛の世界市場について調査・分析し、生物兵器防衛の世界市場動向、生物兵器防衛の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物兵器防衛市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 酪農家畜管理の世界市場予測(~2022年):搾乳パーラー、メーター、センサー、生殖・健康、畜牛管理、ソフトウェア
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、酪農家畜管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品別分析、ソフトウェア別分析、用途別分析、需要先別分析、酪農家畜管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星電話の世界市場2019-2023
    現在、地球から22,000マイル以上離れて位置する静止軌道上の衛星は、衛星ベースのインターネットサービスを提供するために使用されています。この衛星ベースのインターネットサービスはコストおよびレイテンシの面で問題がありました。そこで、地球から約680マイル離れたナノサテライトとマイクロサテライトの集まりを使用することでレイテンシおよびコストの問題を解決しています。このような低コストの衛星ベースインターネットサービスへの進展は、衛星電話の市場の成長を促すと予測されています。衛星電話の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率4%以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Globalstar、Inmarsat、Iridium Communications、Thuraya Telecommunicationsなどです。 当調査レポートでは、衛星電話の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、衛星電話市場規模、衛生の種類別(GEO、LEO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します …
  • 半導体組立装置の世界市場
    当調査レポートでは、半導体組立装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体組立装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 加工用金製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、加工用金製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、加工用金製品市場規模、用途別(ジュエリー 、エレクトロニクス、公式コイン、医療、その他)分析、原材料(鉱山生産、スクラップ供給)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AngloGold Ashanti, Barrick Gold, Goldcorp, Kinross Gold, Newmont Miningなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・加工用金製品の世界市場概要 ・加工用金製品の世界市場環境 ・加工用金製品の世界市場動向 ・加工用金製品の世界市場規模 ・加工用金製品の世界市場:業界構造分析 ・加工用金製品の世界市場:用途別(ジュエリー 、エレクトロニクス、公式コイン、医療、その他) ・加工用金製品の世界市場:原材料(鉱山生産、スクラップ供給) ・加工用金製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・加工用金製品の北米市場規模・予測 ・加工用金製品のヨーロッパ・中東・ア …
  • ロボット掘削の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ロボット掘削の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、設置別分析、構成要素別分析、地域別分析、ロボット掘削の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クレンジングローションの世界市場:流通経路別、地域別
    本レポートは、クレンジングローションの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・クレンジングローションの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 電気・電子産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気・電子産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気・電子産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エンジニアリングサービスアウトソーシング市場規模、ソーシング別(オフショア、オンショア分析、エンドユーザ―別(自動車、家電、通信、半導体、航空宇宙、医療機器、 建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Accenture, HCL Technologies, Infosys, TCS, Wiproなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場概要 ・エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場環境 ・エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場動向 ・エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場規模 ・エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場:業界構造分析 ・エンジニアリングサービスアウトソーシングの世界市場:ソーシング別(オフショア、オンショア ・エンジニアリン …
  • 変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)の概要 ・変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・変性椎間板疾患(Degenerativ …
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場
    当調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴム加工油の世界市場:種類別(処理済蒸留芳香族抽出物、蒸留芳香族抽出物、中度抽出溶媒和物、残留芳香族抽出物・処理済残留芳香族抽出物、パラフィン系、ナフテン系)、地域別予測
    本資料は、ゴム加工油の世界市場について調べ、ゴム加工油の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(処理済蒸留芳香族抽出物、蒸留芳香族抽出物、中度抽出溶媒和物、残留芳香族抽出物・処理済残留芳香族抽出物、パラフィン系、ナフテン系)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNynas AB、Apar Industries Ltd.、Panama Petrochem Ltd.、Behran Oil Company、Gandhar Oil Refinery、HPCL、Unipetrol group、Repsol S.A.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ゴム加工油の世界市場概要 ・ゴム加工油の世界市場環境 ・ゴム加工油の世界市場動向 ・ゴム加工油の世界市場規模 ・ゴム加工油の世界市場規模:種類別(処理済蒸留芳香族抽出物、蒸留芳香族抽出物、中度抽出溶媒和物、残留芳香族抽出物・処理済残留芳香族抽出物、パラフィン系、ナフテン系) ・ゴム加工油の世界市場:地域別市場規 …
  • 女性用ランジェリー」の世界市場:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)、用途別(オンラインストア、店頭)、地域別予測
    本資料は、女性用ランジェリー」の世界市場について調べ、女性用ランジェリー」の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)分析、用途別(オンラインストア、店頭)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはArc’teryx、Black Diamond、Marmot、Outdoor Research、Patagonia、PRAna、The North Face などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・女性用ランジェリー」の世界市場概要 ・女性用ランジェリー」の世界市場環境 ・女性用ランジェリー」の世界市場動向 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他) ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:用途別(オンラインストア、店頭) ・女性用ランジェリー」の世界市場:地域別市場規模・分析 ・女性用ランジ …
  • クラウドDVRの世界市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クラウドDVRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドDVRの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドDVRの世界市場が2018-2022年期間中に年平均26.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ARRIS International, 、Cisco Systems, 、Ericsson,、Nokia等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"