"バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60539)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global bio-based chemical and polymer production (excluding bio-fuels) is currently estimated to be around 50 million tons. Compared to petrochemical based chemicals such as polyethylene, di-acids, diols, etc their use is miniscule but fast growing. Some examples of bio-based chemicals are non-food starch, regenerated cellulose fibers and derivatives, bio PET, Bio PE, PLA, PHA, bio-degradable polyesters, bio-fuels, bio fertilizers, bio enzymes, fatty acids and fermentation products such as ethanol and citric acid.Key Motivators of Bio-based Chemicals Market

For bio-based chemicals to compete against traditional petrochemicals products in terms of market and growth is definitely not easy. The growth, though slow, is however steady. A strong focus on consumer preference for products that are environment-friendly and bio-degradable and government mandates are helping the bio-based chemicals market to grow. High oil price is further motivating the growth of bio-based chemicals and polymers. The renewable resources of bio-energy and bio-fuels are produced as a result of development of bio-based building blocks (chemicals and polymers) and materials (fibre products, start derivatives, etc).

In addition to those mentioned above, there are a number of other drivers that are impacting the industry positively. These include the need for a global economy that is environmentally, economically and socially sustainable; limited reserves of non-renewable resources such as oil, gas, coal which are expected to reach their peak production; countries that are dependent on other nations for their fuel and energy resources are especially keen to find alternatives that can be commercialized soon; climate change and carbon emissions have resulted in increased focus on producing environment friendly alternatives and the wide use of these bio-based chemicals is also expected to have a positive effect on regional and rural development across global economies.

With the immense focus on the industry and the benefits and incentives provided by the government, there is hardly any doubt regarding its growth. Some of the challenges that are expected to restrict the industry include competition from petrochemicals-based chemicals, quality, consistency and cost of production. Production requires huge amount of investments resulting in slow growth.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Executive Summary
2. Market Overview
2.1. Introduction
2.2. Market trends of bio-based chemicals
2.2.1. Bio-based chemical market history and performance
2.2.2. Recent developments
2.2.3. Future of bio-based chemicals (predictive analysis)
2.3. Market shift from conventional chemical to bio-based chemicals
2.4. Value chain analysis
2.4.1. Raw materials
2.4.2. Suppliers
2.4.3. Manufacturers
2.4.4. Distributors
2.4.5. Retailers
2.4.6. End users
2.5. Key buying criteria
2.5.1. Price
2.5.2. Availability
2.5.3. Objectives
2.5.4. Alternatives
2.5.5. Environmental concern
2.6. Strategic recommendations
2.7. Conclusion
3. Market Determinants
3.1. Drivers
3.2. Restraints
3.3. Opportunities
3.4. Challenges
4. Market Segmentation
4.1. Market segmentation by products
4.1.1. Bioplastics
4.1.1.1. Bio-degradable bioplastics
4.1.1.1.1. PLA
4.1.1.1.2. PHA
4.1.1.1.3. Regenerated cellulose
4.1.1.1.4. Bio-degradable polyesters
4.1.1.1.5. Others
4.1.1.2. Non-biodegradable bioplastics
4.1.1.2.1. Bio-PET
4.1.1.2.2. Bio-PE
4.1.1.2.3. Bio-PA
4.1.1.2.4. Others
4.1.2. Bio-fuel
4.1.2.1. Bio-diesel
4.1.2.2. Ethanol
4.1.2.3. Other alcohols
4.1.2.4. Bio-Gas
4.1.2.5. Syngas
4.1.2.6. Bioether
4.1.2.7. Solid biomass
4.1.3. Industrial chemicals
4.1.3.1. Succinic acid
4.1.3.2. Alcohols
4.1.3.3. Bio-based dyes
4.1.3.4. Lactic acid
4.1.3.5. Glycerol
4.1.3.6. Acrylic acid
4.1.3.7. Other chemicals
4.1.4. Pharmaceuticals
4.1.4.1. Enzymes
4.1.4.2. Amino acid
4.1.4.3. Vitamins and related compounds
4.1.4.4. Antibiotics
4.1.4.5. Others
4.1.5. Food products
4.1.5.1. Alcoholic beverages
4.1.5.2. Others
4.1.6. Agriculture
4.1.6.1. Bio-fertilizers
4.1.6.2. Bio-pesticides
4.1.6.3. Others
5. Sector Analysis
5.1. Organic chemicals
5.1.1. Bio-based chemicals
5.1.2. Conventional chemicals
5.2. Inorganic chemicals
6. Competitive Intelligence
6.1. Key company analysis
6.2. Key strategies
7. Market Share Analysis
8. Geography Analysis
8.1. North America
8.1.1. USA
8.1.2. Canada
8.1.3. RoNA (Rest of North America)
8.2. Europe
8.2.1. UK
8.2.2. France
8.2.3. Germany
8.2.4. Italy
8.2.5. Spain
8.2.6. The Netherlands
8.2.7. RoE (Rest of Europe)
8.3. Asia Pacific
8.3.1. China
8.3.2. Japan
8.3.3. Thailand
8.3.4. Korea
8.3.5. India
8.3.6. RoAPac (Rest of APac)
8.4. RoW
8.4.1. Latin America
8.4.2. Africa
8.4.3. Middle East
9. Corporate Profiling
9.1. BioAmber Inc.
9.2. Mitsui & Co., Ltd.
9.3. Myriant Technologies LLC
9.4. BASF AG
9.5. Purac
9.6. Royal DSM
9.7. PTT Global
9.8. Natureworks
9.9. Mitsubishi Chemicals
9.10. Zhejiang Hisun Biomaterials Co., Ltd
9.11. Synbra
9.12. Tenjin
9.13. Metabolix Inc.
9.14. Braskem
9.15. Meredian Inc.
9.16. Indorama Ventures Public Co. Ltd
9.17. Novamont S.P.A
9.18. BlueFire Renewables
9.19. Raizen Energia Participacoes
9.20. Aventine Renewable Energy Holdings
9.21. Australian Renewable Fuels Limited
9.22. Renewable Energy Group
9.23. Solazyme Inc.
9.24. Tianjin GreenBio Materials Co. Ltd
9.25. Shenzhen Ecomann Technology Co. Ltd
9.26. Corbion NV
9.27. Innovia Films Ltd.
9.28. Bioome Technology PLC
9.29. Bio-On SRL

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月10日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60539
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】バイオ化学品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界及び米国の低温クーラー市場2017-2022
  • 世界のアイクリーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のアイクリーム市場2015について調査・分析し、アイクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米のキャップ及びクロージャー市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米のキャップ及びクロージャー市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のキャップ及びクロージャー市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、原料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脳波用ヘッドキャップ市場2015
    本調査レポートでは、世界の脳波用ヘッドキャップ市場2015について調査・分析し、脳波用ヘッドキャップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘアスタイリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘアスタイリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアスタイリング用品の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はヘアスタイリング用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Conair• Helen of Troy• Koninklijke Philips• Panasonic• TESCOM等です。
  • フラットパネルディスプレイの世界市場:技術別(OLED、量子ドット、LED、LCD、その他)、用途別(スマートフォン&タブレット、スマートウェアラブル、テレビ&デジタルサイネージ、PC&ラップトップ、車両ディスプレイ、その他)、業種別(ヘルスケア、小売、BFSI、 軍事および防衛、自動車、その他)
    当調査レポートでは、フラットパネルディスプレイの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、技術別分析、用途別分析、業種別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フラットパネルディスプレイの世界市場:技術別(OLED、量子ドット、LED、LCD、その他) ・フラットパネルディスプレイの世界市場:用途別(スマートフォン&タブレット、スマートウェアラブル、テレビ&デジタルサイネージ、PC&ラップトップ、車両ディスプレイ、その他) ・フラットパネルディスプレイの世界市場:業種別(ヘルスケア、小売、BFSI、 軍事および防衛、自動車、その他) ・フラットパネルディスプレイの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • フラッキング(水圧破砕法)流体及び化学薬品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フラッキング(水圧破砕法)流体及び化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フラッキング(水圧破砕法)流体及び化学薬品の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、金属包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属包装市場規模、タイプ別(キャップ・クロージャー、バレル・ドラム、缶、フォイル、ブリキ・箱、その他)分析、材料別(鋼、アルミニウム、その他)分析、用途別(食品、非耐久財、飲料、医療、パーソナルケア用品、ヘルスケア、耐久財)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 金属包装の世界市場:市場動向分析 ・ 金属包装の世界市場:競争要因分析 ・ 金属包装の世界市場:タイプ別(キャップ・クロージャー、バレル・ドラム、缶、フォイル、ブリキ・箱、その他) ・ 金属包装の世界市場:材料別(鋼、アルミニウム、その他) ・ 金属包装の世界市場:用途別(食品、非耐久財、飲料、医療、パーソナルケア用品、ヘルスケア、耐久財) ・ 金属包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 金属包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 金属包装のヨーロッパ市場規模 ・ 金属包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、イン …
  • 2-メタクリル酸の世界市場予測2019-2024
    「2-メタクリル酸の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、アセトンシアノヒドリン法、イソブチレン酸化法など、用途別には、Ester Synthesis、Coating Field、Adhesive Field、Textile Field、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。2-メタクリル酸のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2-メタクリル酸の世界市場概要(サマリー) ・2-メタクリル酸の企業別販売量・売上 ・2-メタクリル酸の企業別市場シェア ・2-メタクリル酸の世界市場規模:種類別(アセトンシアノヒドリン法、イソブチレン酸化法) ・2-メタクリル酸の世界市場規模:用途別(Ester Synthesis、Coating Field、Adhesive Field、Textile Field、Others) ・2-メタクリル酸の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・2-メタクリル酸のアジア …
  • スタンガンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スタンガンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スタンガンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リンパ浮腫(Lymphedema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるリンパ浮腫(Lymphedema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、リンパ浮腫(Lymphedema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・リンパ浮腫(Lymphedema)の概要 ・リンパ浮腫(Lymphedema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のリンパ浮腫(Lymphedema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リンパ浮腫(Lymphedema)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リ …
  • 熱エネルギー貯蔵の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、熱エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱エネルギー貯蔵市場規模、技術別(MSES、PCM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CALMAC, DN Tanks, EnergyNest, Ice Energy, SENER groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場概要 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場環境 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場動向 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場規模 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:業界構造分析 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:技術別(MSES、PCM) ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱エネルギー貯蔵の北米市場規模・予測 ・熱エネルギー貯蔵のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・熱エネルギー貯蔵のアジア太平洋市場規模・予測 ・熱エネルギー貯蔵の主要国分析 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:意思決定フレームワーク ・熱エネルギー貯蔵 …
  • ハラル化粧品の世界市場分析:製品別(スキンケア、ヘアケア、メイク)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ハラル化粧品の世界市場について調査・分析し、ハラル化粧品の世界市場動向、ハラル化粧品の世界市場規模、市場予測、セグメント別ハラル化粧品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオスティミュラント(生物刺激剤)の世界市場:フミン酸、フルボ酸、海藻抽出物、微生物、微量ミネラル、ビタミン、アミノ酸
    当調査レポートでは、バイオスティミュラント(生物刺激剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、成分別分析、用途別分析、作物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝臓-大腸転移(Hepatic – Colorectal Metastasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の概要 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 世界のトップ10自動車アフターマーケット部品市場
  • アルファ4ベータ7(A4b7)インテグリン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ4ベータ7(A4b7)インテグリン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ4ベータ7(A4b7)インテグリン阻害剤の概要 ・アルファ4ベータ7(A4b7)インテグリン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ4ベータ7(A4b7)インテグリン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ4ベータ7(A4b7)インテグリン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ4ベータ7(A4b7)インテグリン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 無機顔料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無機顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無機顔料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • CRISPR/Cas9の世界市場見通し2022:細胞株エンジニアリング、遺伝子工学、CRISPRプラスミド、遺伝子ライブラリー、ヒト幹細胞、遺伝子組換え(GM)生物/作物
    当調査レポートはCRISPR/Cas9の世界市場について調査・分析し、CRISPR/Cas9の世界市場規模、CRISPR/Cas9の世界市場動向、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けします。1. アナリストの見解 2. 調査方法 3. CRISPR/Cas9ゲノム編集の概要 4. 市場動向 5. CRISPR/Cas9世界市場見通し2022 6. 用途別CRISPR/Cas9市場 7. 需要先別CRISPR/Cas9市場 8. 地域別CRISPR/Cas9市場 9. M&A動向 10. 会社概要
  • スマートエアポートの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スマートエアポートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートエアポート市場規模、ソリューション別(エアサイド、ターミナルサイド、ランドサイド)分析、技術別(セキュリティシステム、旅客・貨物・手荷物の地上処理コントロール、航空・地上交通管理、通信システム、エンドポイントデバイス、その他)分析、サービス別(スマート B2Bサービス、スマートワークプレイスサービス、スマートエアポートプロセス、スマートトランスポート・駐車サービス、スマートリテール・ホスピタリティ・エンターテインメントサービス)分析、用途別(航空業務、コアオペレーション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマートエアポートの世界市場:市場動向分析 ・ スマートエアポートの世界市場:競争要因分析 ・ スマートエアポートの世界市場:ソリューション別(エアサイド、ターミナルサイド、ランドサイド) ・ スマートエアポートの世界市場:技術別(セキュリティシス …
  • 防腐剤・殺菌剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、防腐剤・殺菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防腐剤・殺菌剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック配合の世界市場:ポリマータイプ別(ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)および発泡ポリスチレン(EPS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリウレタン(PU)、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)など ポリマー)、エンドユーズ別(自動車、建築および建設、包装、電気および電子機器、医療、その他)
    本資料は、プラスチック配合の世界市場について調べ、プラスチック配合の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、ポリマータイプ別(ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)および発泡ポリスチレン(EPS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリウレタン(PU)、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)など ポリマー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プラスチック配合の世界市場概要 ・プラスチック配合の世界市場環境 ・プラスチック配合の世界市場動向 ・プラスチック配合の世界市場規模 ・プラスチック配合の世界市場:市場シェア ・プラスチック配合の世界市場:ポリマータイプ別(ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)および発泡ポリスチレン(EPS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリウレタン(PU)、アクリロニトリルブタジエンスチレ …
  • ベクトル信号発生器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベクトル信号発生器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベクトル信号発生器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代データストレージの世界市場予測(~2024年)
    次世代データストレージの世界市場は、2019年の568億米ドルから2024年には1,022億米ドルに達し、この期間中12.48%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、デジタルデータ量の大幅な増加、スマートフォン、ラップトップ、およびタブレットの普及、IoT市場の成長、そしてハイエンドクラウドコンピューティングの普及が考えられます。一方で、クラウドやサーバーベースサービスにおけるデータセキュリティの侵害、ならびに構造化されていないデータが、市場の成長を妨げる大きな要因となっています。当調査レポートでは、次世代データストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ストレージシステム別(直接接続型、ネットワーク接続型、ストレージエリアネットワーク)分析、ストレージアーキテクチャ別(ファイルベース・オブジェクトベース、ブロック)分析、ストレージメディア別(SSD、HDD、テープ)分析、エンドユーザー別分析、次世代データストレージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けい …
  • コールドプレスジュースの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、コールドプレスジュースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コールドプレスジュース市場規模、製品別(有機コールドプレスジュース、従来型コールドプレスジュース)分析、種類別(果物・野菜ブレンドシステム、フルーツジュース、野菜ジュース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コールドプレスジュースの世界市場概要 ・コールドプレスジュースの世界市場環境 ・コールドプレスジュースの世界市場動向 ・コールドプレスジュースの世界市場規模 ・コールドプレスジュースの世界市場:業界構造分析 ・コールドプレスジュースの世界市場:製品別(有機コールドプレスジュース、従来型コールドプレスジュース) ・コールドプレスジュースの世界市場:種類別(果物・野菜ブレンドシステム、フルーツジュース、野菜ジュース) ・コールドプレスジュースの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コールドプレスジュースの北米市場規模・予測 ・コールドプレスジュースのヨー …
  • 再生医療の世界市場:細胞治療、組織スキャフォールド、遺伝子治療
    当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、再生医療の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場:タイプ別(シングルドア、ダブルドア、サイドバイサイドドア、フレンチドア)、冷凍庫の位置別、セグメント予測
    家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場は2025年には1256億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、冷蔵庫の革新への投資拡大、所得水準の上昇、高仕様製品の低価格化などが考えられます。この市場は、消費者支出の増加と資金調達が容易になったことにより着実に成長しています。高級ブランド志向の高まりも、今後の市場の成長につながると期待されています。本調査レポートでは、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場について調査・分析し、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場動向、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場規模、市場予測、セグメント別家庭用冷蔵庫および冷凍庫市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 硝酸カルシウムの世界市場
    当調査レポートでは、硝酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、硝酸カルシウムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 多連装ロケットシステム(MLRS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、多連装ロケットシステム(MLRS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、多連装ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の骨成長因子市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨成長因子のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨成長因子の概要 ・骨成長因子の開発動向:開発段階別分析 ・骨成長因子の開発動向:セグメント別分析 ・骨成長因子の開発動向:領域別分析 ・骨成長因子の開発動向:規制Path別分析 ・骨成長因子の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨成長因子の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・骨成長因子の最近動向
  • 超音波センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は超音波センサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.37%成長すると予測しています。
  • 世界のメトキシポリエチレングリコール(MPEG)市場2016
    本調査レポートでは、世界のメトキシポリエチレングリコール(MPEG)市場2016について調査・分析し、メトキシポリエチレングリコール(MPEG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 毒性試験の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、毒性試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、毒性試験の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は毒性試験の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.67%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Bio-Rad Laboratories、GE Healthcare、Thermo Fisher Scientific等です。
  • 無水クロム酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無水クロム酸の世界市場について調査・分析し、無水クロム酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無水クロム酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、無水クロム酸種類別分析(純度99.7%、純度99.8%、純度99.9%)、無水クロム酸用途別分析(印刷・染色産業、電気メッキ産業、木材防腐、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無水クロム酸の市場概観 ・無水クロム酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無水クロム酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無水クロム酸の世界市場規模 ・無水クロム酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無水クロム酸のアメリカ市場規模推移 ・無水クロム酸のカナダ市場規模推移 ・無水クロム酸のメキシコ市場規模推移 ・無水クロム酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無水クロム酸のドイツ市場規模推移 ・無水クロム酸のイギリス市場規模推移 ・無水クロム酸のロシア市場規模推移 ・無水クロム酸のア …
  • 通信システムインテグレーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、通信システムインテグレーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、通信システムインテグレーション市場規模、展開方法別(クラウド、オンプレミス)分析、用途別(ネットワーク管理、運用支援システム、事業支援システム、デジタルサービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 通信システムインテグレーションの世界市場:市場動向分析 ・ 通信システムインテグレーションの世界市場:競争要因分析 ・ 通信システムインテグレーションの世界市場:展開方法別(クラウド、オンプレミス) ・ 通信システムインテグレーションの世界市場:用途別(ネットワーク管理、運用支援システム、事業支援システム、デジタルサービス) ・ 通信システムインテグレーションの世界市場:主要地域別分析 ・ 通信システムインテグレーションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 通信システムインテグレーションのヨーロッパ市場規模 ・ 通信システムインテグレーションのアジア市 …
  • 自動車用ドラムブレーキの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ドラムブレーキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ドラムブレーキの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 産業設備用テスターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業設備用テスターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業設備用テスター市場規模、製品の特長別分析、最終用途別(ディスクリート産業、プロセス産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業設備用テスターの世界市場概要 ・産業設備用テスターの世界市場環境 ・産業設備用テスターの世界市場動向 ・産業設備用テスターの世界市場規模 ・産業設備用テスターの世界市場:業界構造分析 ・産業設備用テスターの世界市場:製品の特長別 ・産業設備用テスターの世界市場:最終用途別(ディスクリート産業、プロセス産業) ・産業設備用テスターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業設備用テスターのアメリカ市場規模・予測 ・産業設備用テスターのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業設備用テスターのアジア市場規模・予測 ・産業設備用テスターの主要国分析 ・産業設備用テスターの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業設備用テスターの世界市場:成長 …
  • 乾癬治療薬の世界市場:治療クラス別(インターロイキン阻害剤、腫瘍壊死因子阻害剤)、治療別(局所、全身、生物製剤)、セグメント予測
    乾癬治療薬の世界市場は2022年には211億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、疾病の認知度の高まり、生物製剤に対する償還制度の増加、そして診断および技術的手法の高度化が考えられます。本調査レポートでは、乾癬治療薬の世界市場について調査・分析し、乾癬治療薬の世界市場動向、乾癬治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別乾癬治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ショ糖エステルの世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、ショ糖エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スマートパーキングシステムの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車用スマートパーキングシステムの世界市場について調査・分析し、自動車用スマートパーキングシステムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インドの外傷固定市場動向(~2021)
  • スペインのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬剤
  • ギャレー用機器の世界市場:単通路型ギャレー、双通路型ギャレー、ビジネス航空用ギャレー
    当調査レポートでは、ギャレー用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、フィット別分析、ギャレー種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の連鎖球菌感染症(Streptococcal Infections)治療薬剤
  • テレビインターホン装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、テレビインターホン装置の世界市場について調査・分析し、テレビインターホン装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別テレビインターホン装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、テレビインターホン装置種類別分析(アナログ型、IP型)、テレビインターホン装置用途別分析(住居用、商業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・テレビインターホン装置の市場概観 ・テレビインターホン装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・テレビインターホン装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・テレビインターホン装置の世界市場規模 ・テレビインターホン装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・テレビインターホン装置のアメリカ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のカナダ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のメキシコ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・テレビインターホン装置のドイツ市場規模推 …
  • 自律走行車市場動向
  • 自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • チタン粉末の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チタン粉末の世界市場について調査・分析し、チタン粉末の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チタン粉末シェア、市場規模推移、市場規模予測、チタン粉末種類別分析(高純度チタン粉末(CPTP)、合金チタン粉末 (ATP))、チタン粉末用途別分析(航空宇宙、自動車、石油化学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チタン粉末の市場概観 ・チタン粉末のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チタン粉末のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チタン粉末の世界市場規模 ・チタン粉末の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チタン粉末のアメリカ市場規模推移 ・チタン粉末のカナダ市場規模推移 ・チタン粉末のメキシコ市場規模推移 ・チタン粉末のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・チタン粉末のドイツ市場規模推移 ・チタン粉末のイギリス市場規模推移 ・チタン粉末のロシア市場規模推移 ・チタン粉末のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"