"電気電子機器廃棄物管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60529)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電気電子機器廃棄物管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The growing amount of e-waste has become a major challenge for both developed and developing economies. The shortening life span of the electrical and electronic equipment and the rapid technological advancements are the major driving force for the global e-waste management market. E-waste comprises discarded electronic appliances, of which computers and mobile telephones are disproportionately abundant because of their short lifespan. China is world’s largest importer of electronic waste.

The last several decades has brought significant explosion of electronic devices, with advancement in quality of life and communications. For example, transformation of telecom from landline phones to wireless mobile phone is one of the several examples. However, emergence of updated technology so frequently leads to reduced life span of the electronic devices. Electronic products are rapidly becoming obsolete and are being replaced at a very short life span. This reducing life span of electronic device is however a challenge before the technology industry. It serves as a major driver for the emerging e-waste management market. About 70% of the heavy metals in the U.S.A. landfills come from electronics, though only 2% of the trash is electronic waste. Tons of e-waste is exported to Asia and Africa each year for processing.

Currently most e-waste produced is disposed into landfills. Effective reprocessing technology, which recovers the valuable materials with minimal environmental impact, is expensive which is considered as the major restraint for the e-waste market. However, various government initiatives across the world for developing recycling infrastructure for electronic waste management is the key opportunity before the players.

The global electronic waste management market is segmented on the basis of raw material, i.e., metal, plastic, glass and other materials. Metal forms the largest part in the electronic waste globally. Among the various sources of e-waste generation, the report covers, household appliance, information technology & telecommunication equipment, entertainment & consumer electronics and others.The report profiles top 30 players of the e-waste management market including Aurubis AG, Electronic Recyclers International, Inc., SIMS Metal Management, Ltd., Umicore S.A., Boliden AB, MBA Polymers, Inc., Stena Metall AB, Enviro-Hub Holdings Ltd. S Global Electric Electronic Processing Inc., Tetronics International Ltd., CRT Recycling incorporation, Lifespan technology Recycling incorporation, Triple M Metal LP, MBA Polymers Incorporations, Enviro-Hub Holdings Limited and so on.

Companies profiled include
1. Aurubis AG
2. Electronic Recyclers International, Inc.
3. SIMS Metal Management, Ltd.
4. Umicore S.A.
5. Boliden AB
6. MBA Polymers, Inc.
7. Stena Metall AB
8. Enviro-Hub Holdings Ltd.
9. Global Electric Electronic Processing Inc.
10. Tetronics International Ltd.
11. CRT Recycling incorporation
12. Lifespan technology Recycling incorporation
13. Triple M Metal LP
14. MBA Polymers Incorporations
15. Enviro-Hub Holdings Limited.

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"電気電子機器廃棄物管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Market Overview
1.1. Market Definition
1.2. Value Chain Analysis
1.3. Key Findings
1.4. Regulatory Compliance
1.5. Strategic recommendation
2. Sector Analysis
3. Market Determinants
3.1. Market Drivers
3.2. Market Restraints
3.3. Market Opportunities
3.4. Market Challenges
4. Market Segmentation By Material
4.1. Metal
4.2. Plastic
4.3. Glass
4.4. others
5. Market Segmentation By Source Type
5.1. Household Appliances
5.1.1. Washing Machines
5.1.2. Refrigerators
5.1.3. Air Conditioners
5.1.4. Others
5.2. Information technology & Telecommunication Equipment
5.2.1. Computers
5.2.2. Phone
5.2.3. Others
5.3. Entertainment & Consumer Electronics
5.3.1. Television
5.3.2. Audio/Video Recorders
5.3.3. Others
5.4. Others
6. By Geography
6.1. North America
6.1.1. U.S.
6.1.2. Canada
6.1.3. Mexico
6.1.4. Others
6.2. Europe
6.2.1. U.K.
6.2.2. Germany
6.2.3. France
6.2.4. Rest of Europe
6.3. Asia-Pacific
6.3.1. China
6.3.2. Japan
6.3.3. India
6.3.4. Rest of APAC
6.4. RoW
6.4.1. South America
6.4.2. Middle East
6.4.3. Africa
6.5. Competitive Landscape
6.5.1. Market Share Analysis
6.5.2. Key Market Strategies

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電気電子機器廃棄物管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月13日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60529
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】電気電子機器廃棄物
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電気電子機器廃棄物管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場について調査・分析し、製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場:セグメント別市場分析 ・製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 結晶セルロース(MCC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、結晶セルロース(MCC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品・パーソナルケア用品)分析、原材料別(木材系、非木材系)分析、結晶セルロース(MCC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMastic Asphalt市場2015
    本調査レポートでは、世界のMastic Asphalt市場2015について調査・分析し、Mastic Asphaltの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 獣医用手術機器の世界市場予測:縫合糸、鉗子、鋏、電気外科器具、カニューレ
    当調査レポートでは、獣医用手術機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、動物別分析、用途別分析、地域別分析、獣医用手術機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場:種類別(再生セルロース、バイオポリエチレン、デンプンブレンド、バイオポリエチレンテレフタレート、生分解性ポリエステル、ポリヒドロキシアルカノエート、ポリ乳酸)、用途別(農業、消費財、包装、自動車、ボトル、その他)、地域別予測
    本資料は、バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場について調べ、バイオプラスチック・バイオポリマーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(再生セルロース、バイオポリエチレン、デンプンブレンド、バイオポリエチレンテレフタレート、生分解性ポリエステル、ポリヒドロキシアルカノエート、ポリ乳酸)分析、用途別(農業、消費財、包装、自動車、ボトル、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNatureworks、BASF SE、Novamont、Total Carbion PLA、Biome plastics 、Bio-on、Toray Industries、Plantic Technologiesなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場概要 ・バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場環境 ・バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場動向 ・バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場規模 ・バイオプラ …
  • 咳(Cough):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における咳(Cough)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、咳(Cough)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・咳(Cough)の概要 ・咳(Cough)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の咳(Cough)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・咳(Cough)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・咳(Cough)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 不揮発性メモリの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、不揮発性メモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、不揮発性メモリの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • GNSSチップの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、GNSSチップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、デバイス別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、GNSSチップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用砂糖の世界市場予測(~2022年):白砂糖、黒砂糖、液糖
    当調査レポートでは、工業用砂糖の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、原料別分析、工業用砂糖の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メタクリル酸メチル系接着剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、メタクリル酸メチル系接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、基質別(金属、プラスチック、複合材)分析、最終用途産業別(自動車・輸送、船舶、風力発電、建築・建設、組立全般)分析、メタクリル酸メチル系接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クロロベンゼンの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のクロロベンゼン市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・クロロベンゼンの世界市場:イントロダクション ・クロロベンゼンの世界市場:市場概観 ・クロロベンゼンの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・クロロベンゼンの世界市場:セグメント別市場分析 ・クロロベンゼンの世界市場:主要地域別市場分析 ・クロロベンゼンの世界市場:関連企業分析
  • クラスター弾の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラスター弾の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラスター弾の世界市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ゴムの世界市場
    当調査レポートでは、産業用ゴムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・産業用ゴムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・産業用ゴムの世界市場:製品別分析/市場規模 ・産業用ゴムの世界市場:ゴム種類別分析/市場規模 ・産業用ゴムのアメリカ市場規模予測 ・産業用ゴムのヨーロッパ市場規模予測 ・産業用ゴムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、企業研修部門におけるゲーミフィケーション市場規模、用途別(構造ベース、コンテントベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場概要 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場環境 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場動向 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場規模 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場:業界構造分析 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場:用途別(構造ベース、コンテントベース) ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションのアメリカ市場規模・予測 ・企業研修部門におけるゲーミフィケーションのヨーロッパ市場規模・予測 ・企業研 …
  • 3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場予測2019-2024
    「3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、3Dグラフェンインク印刷、カーボンナノチューブ、ナノセラミック樹脂、ナノ複合体など、用途別には、Electronics、Energy、Healthcare and Medicine、Textiles、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。3Dプリンテッドナノマテリアルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場概要(サマリー) ・3Dプリンテッドナノマテリアルの企業別販売量・売上 ・3Dプリンテッドナノマテリアルの企業別市場シェア ・3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場規模:種類別(3Dグラフェンインク印刷、カーボンナノチューブ、ナノセラミック樹脂、ナノ複合体) ・3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場規模:用途別(Electronics、Energy、Healthcare and Medic …
  • 自動液体処理(ALH)技術の世界市場:製品別(ワークステーション、試薬、消耗品)、用途別、エンドユーザー別、セグメント予測
    自動液体処理技術の世界市場は2025年には20億7,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。医薬品・バイオテクノロジー企業の研究開発施設の大幅な再構築を実現して、自動液体処理技術はウェットラボの研究工程に変革をもたらしました。従来のウェットラボベンチ作業領域に置き換わるように液体処理ロボットが急速に採用されることで、この市場の成長はさらに進むと考えられています。本調査レポートでは、自動液体処理(ALH)技術の世界市場について調査・分析し、自動液体処理(ALH)技術の世界市場動向、自動液体処理(ALH)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動液体処理(ALH)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の光高温計市場2015
    本調査レポートでは、世界の光高温計市場2015について調査・分析し、光高温計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のテレフタル酸ポリエチレン(PET)市場2016
    本調査レポートでは、世界のテレフタル酸ポリエチレン(PET)市場2016について調査・分析し、テレフタル酸ポリエチレン(PET)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーキング成分(ベーカリー&シリアル)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 産業用フレキシブル包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用フレキシブル包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用フレキシブル包装市場規模、最終用途別(化学業界、建設業界、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用フレキシブル包装の世界市場概要 ・産業用フレキシブル包装の世界市場環境 ・産業用フレキシブル包装の世界市場動向 ・産業用フレキシブル包装の世界市場規模 ・産業用フレキシブル包装の世界市場:業界構造分析 ・産業用フレキシブル包装の世界市場:最終用途別(化学業界、建設業界、その他) ・産業用フレキシブル包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用フレキシブル包装のアメリカ市場規模・予測 ・産業用フレキシブル包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用フレキシブル包装のアジア市場規模・予測 ・産業用フレキシブル包装の主要国分析 ・産業用フレキシブル包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用フレキシブル包装の世界市場:成長要因、課題 ・産 …
  • 世界の光学顕微鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の光学顕微鏡市場2016について調査・分析し、光学顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 高機能プラスチックの世界市場予測(~2026):種類別(フルオロポリマー、高性能ポリアミド、PPS、SP、LCP、AKP、PI)、需要先別(輸送、電気&電子、医療、産業)、地域別
    当調査レポートでは、高機能プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、高機能プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ対応パッケージングの世界市場分析:技術別(アクティブパッケージ、インテリジェント・スマートパッケージ、コントロールリリースパッケージ)、用途別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア・化粧品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ナノ対応パッケージングの世界市場について調査・分析し、ナノ対応パッケージングの世界市場動向、ナノ対応パッケージングの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ対応パッケージング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バーチャル教室の世界市場予測(~2023年)
    バーチャル教室の世界市場は、2018年の93億米ドルから2023年には196億米ドルに達し、この期間中16.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、企業における研修や開発を目的としたAR・VRの幅広い受け入れ、VR・ARの継続的な技術革新、個別化された学習経験の需要、バーチャル教室でのコネクテッドデバイスの使用などが考えられます。一方で、この市場は、業界規格の欠如、相互運用性の欠如、リソースやインフラの不足など、さまざまな課題に直面しています。当調査レポートでは、バーチャル教室の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション(コンテンツ管理、デバイス管理、UCC、セキュリティ)分析、ハードウェア(モバイルコンピューター、VR機器)分析、サービス(プロフェッショナル、マネージド)分析、導入モード分析、バーチャル教室の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 重工業向けロボットの世界市場:マテリアルハンドリングロボット、組み立てラインロボット、溶接ロボット
    当調査レポートでは、重工業向けロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、重工業向けロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用差動装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用差動装置の世界市場について調べ、自動車用差動装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用差動装置の市場規模をセグメンテーション別(車種別(乗用車、商用車)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用差動装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用差動装置の市場状況 ・自動車用差動装置の市場規模 ・自動車用差動装置の市場予測 ・自動車用差動装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:車種別(乗用車、商用車) ・自動車用差動装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • シクロペンタンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、シクロペンタンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シクロペンタンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シクロペンタン種類別分析(含有量<95%、含有量95%-98%、含有量>98%)、シクロペンタン用途別分析(冷蔵庫、ヒーター、化学溶剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シクロペンタンの市場概観 ・シクロペンタンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シクロペンタンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シクロペンタンの世界市場規模 ・シクロペンタンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シクロペンタンのアメリカ市場規模推移 ・シクロペンタンのカナダ市場規模推移 ・シクロペンタンのメキシコ市場規模推移 ・シクロペンタンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シクロペンタンのドイツ市場規模推移 ・シクロペンタンのイギリス市場規模推移 ・シクロペンタンのロシア市場規 …
  • 性機能障害治療薬の世界市場2017-2021:経口、静脈内、ホルモン療法、経尿道
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、性機能障害治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、性機能障害治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は性機能障害治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbVie、Bayer、Eli Lilly、Pfizer等です。
  • 自動車用テレインレスポンスシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用テレインレスポンスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用テレインレスポンスシステムの世界市場規模及び予測、OEM別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用材料の世界市場予測(~2022年):アルミニウム合金、鋼合金、チタン合金、スーパー合金、複合材料
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機用材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、航空機タイプ別分析、地域別分析、航空機用材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートパイロットシステムの世界市場
    当調査レポートでは、オートパイロットシステムの世界市場について調査・分析し、オートパイロットシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 花火の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、花火の世界市場について調査・分析し、花火の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別花火シェア、市場規模推移、市場規模予測、花火種類別分析(カテゴリA、カテゴリB、カテゴリC、カテゴリD)、花火用途別分析(政府、商業用、個人用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・花火の市場概観 ・花火のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・花火のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・花火の世界市場規模 ・花火の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・花火のアメリカ市場規模推移 ・花火のカナダ市場規模推移 ・花火のメキシコ市場規模推移 ・花火のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・花火のドイツ市場規模推移 ・花火のイギリス市場規模推移 ・花火のロシア市場規模推移 ・花火のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・花火の日本市場規模推移 ・花火の中国市場規模推移 ・花火の韓国市場規模推移 ・花火のインド市場規模推移 ・ …
  • 膝インプラントの世界市場分析:手順別(全体、部分、膝関節再置換術)、コンポーネント別(固定ベアリング、可動ベアリングインプラント)、セグメント予測
    本調査レポートでは、膝インプラントの世界市場について調査・分析し、膝インプラントの世界市場動向、膝インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別膝インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 船用エンジンの世界市場予測(~2021):出力別、船舶種類別(商用&海洋支援船)、燃料別、地域別
    当調査レポートでは、船用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、出力別分析、船舶種類別分析、燃料別分析、地域別分析、船用エンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場:用途別(ユーティリティ、住宅、非住宅)、タイプ別(反射防止(AR)膜付きガラス、強化ガラス、透明導電膜(TCO)付きガラス、その他)、エンドユーザー別(結晶シリコンPVモジュール、薄膜PVモジュール)、地域別予測
    本資料は、太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場について調べ、太陽光発電(PV)用ガラスの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(ユーティリティ、住宅、非住宅)分析、タイプ別(反射防止(AR)膜付きガラス、強化ガラス、透明導電膜(TCO)付きガラス、その他)分析、エンドユーザー別(結晶シリコンPVモジュール、薄膜PVモジュール)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場概要 ・太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場環境 ・太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場動向 ・太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場規模 ・太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場規模:用途別(ユーティリティ、住宅、非住宅) ・太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場規模:タイプ別(反射防止(AR)膜付きガラス、強化ガラス、透明導電膜(TCO)付きガラス、その他) ・太陽光発電(PV)用ガラスの世界市場規模:エンドユーザー別(結晶シリコンPVモジュール、薄膜 …
  • 試験データ管理の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験データ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、試験データ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナル線量計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、パーソナル線量計の世界市場について調査・分析し、パーソナル線量計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別パーソナル線量計シェア、市場規模推移、市場規模予測、パーソナル線量計種類別分析(ペン形線量計、直読式電子線量計)、パーソナル線量計用途別分析(医療、原子力発電所、工業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・パーソナル線量計の市場概観 ・パーソナル線量計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・パーソナル線量計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・パーソナル線量計の世界市場規模 ・パーソナル線量計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・パーソナル線量計のアメリカ市場規模推移 ・パーソナル線量計のカナダ市場規模推移 ・パーソナル線量計のメキシコ市場規模推移 ・パーソナル線量計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・パーソナル線量計のドイツ市場規模推移 ・パーソナル線量計のイギリス市場規模推移 ・パーソナル線量計のロ …
  • セラミック装甲の世界市場:素材別(セラミック・金属複合材、炭化ケイ素)、用途別(身体、航空機、防衛、海洋)、プラットフォーム別、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミック装甲の世界市場について調査・分析し、セラミック装甲の世界市場動向、セラミック装甲の世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミック装甲市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脈絡膜炎(Choroiditis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脈絡膜炎(Choroiditis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脈絡膜炎(Choroiditis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脈絡膜炎(Choroiditis)のフェーズ3治験薬の状況 ・脈絡膜炎(Choroiditis)治療薬の市場規模(販売予測) ・脈絡膜炎(Choroiditis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脈絡膜炎(Choroiditis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脈絡膜炎(Choroiditis)治療薬剤
  • ドイツの装具市場動向(~2021)
  • 体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別、地域別
    本レポートは、体外膜酸素化装置の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 自律型無人潜水機(AUV)の世界市場見通し2016-2022:中海域AUV、浅海域AUV、深海域AUV
    当調査レポートでは、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場について調査・分析し、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:市場動向分析 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:競争要因分析 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の北米市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の欧州市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)のアジア市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • マイクロキャリアの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロキャリアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機器別(バイオリアクター、培養容器、細胞カウンター、ろ過システム)分析、消費財別(血清培地、無血清培地)分析、マイクロキャリア別(カチオン性、コラーゲンコート、プロテインコート)分析、用途別(ワクチン、細胞療法)分析、マイクロキャリアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のポリエーテル・ワックス市場2015
    本調査レポートでは、中国のポリエーテル・ワックス市場2015について調査・分析し、ポリエーテル・ワックスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道車両の世界市場2018–2025:製品別(機関車、高速鉄道車両、ワゴン)、種類別(ディーゼル・電気)、電車の種類別(貨物列車・旅客鉄道)
    本調査レポートでは、鉄道車両の世界市場について調査・分析し、鉄道車両の世界市場動向、鉄道車両の世界市場規模、市場予測、セグメント別鉄道車両市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 口腔粘膜炎(Oral Mucositis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の概要 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • マリンバイオテクノロジーのアジア太平洋市場
  • スタンドアップ型ポーチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スタンドアップ型ポーチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スタンドアップ型ポーチの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"