"モノのインターネットの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60584)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"モノのインターネットの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Internet of things solutions enables wireless connectivity of devices which is changing the way people live and interact within their environment. Various IoT developments and the meteoric rise of smart devices and cloud based software and apps are transforming nearly every aspect of our lives. The global internet of things market constitute of various wired and wireless technologies such as Radio Frequency Identification (RFID), Near Field Communication, Zigbee, Supervisory Control And Data Acquisition (SCADA) and so on. Various components that are used to establish the internet of things network such as sensors, device gateway, LAN, Router, Switch, Cloud also forms the internet of things market.
Key findings
• It is expected that globally up to 50 billion ‘smart’ devices, ranging from cars and parking meters to coffee machines and combine harvesters could be connected to the internet by 2022, whereas, in 2010 the number of connected devices was 12.5 billion globally.
• The major drivers are increasing awareness levels of the consumers for wearable technology and smart home appliances. The rising demand for increasing efficiency from the manufacturing industry is the major driving force.

Some key companies covered include
1. Alcatel-Lucent S.A
2. AT&T INC.
3. Cisco System Inc.
4. Huawei Technologies CO. LTD
5. Nxp Semiconductors NV
6. International Business Machine Corporation (IBM)
7. Google, INC.
8. Intel Corporation
9. Qualcomm Incorporated
10. Gemalto NV

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. Deep profiles top competitive companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"モノのインターネットの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chap1. Executive Summary
1.1. Market Estimations
Chap2. Market Overview
2.1. Market Definition
2.2. IoT Architecture
2.3. Evolution of IoT
2.4. Characteristics of IoT
2.5. Key Participants
2.6. Value Chain Analysis
2.7. Key Findings( Market Trend vs Market Opportunity)
2.8. Regional Regulatory Scenario
2.9. Agencies, Standards & Benchmarks
2.9.1. Ipso Alliance
2.9.2. NFC Forum
2.9.3. Vurb
2.9.4. EPC global
2.9.5. Smart Energy Profile (Sep)
2.9.6. Cluster Of European Research Projects On IoT (Cerp-Iot)
Chap3. Competitive Landscape
3.1. Market share
3.2. Key Strategies
Chap4. Market Determinants
4.1. Drivers of IoT Market
4.2. Restraints of IoT Market
4.3. Opportunities in IoT Market
4.4. Challenges in IoT Market
Chap5. Global Internet of Things Market by Enabling Technologies
5.1. Radio Frequency Identification (RFID)
5.2. M2M Communication Technology
5.2.1. Bluetooth (SIG)
5.2.2. Wi-Fi (Alliance)
5.2.3. Weightless (SIG)
5.2.4. Near Field Communication (NFC)
5.3. Supervisory Control And Data Acquisition (SCADA)
5.4. ZigBee
5.5. Cloud Management Technologies
5.6. Others
Chap6. Global Internet of Things Market By Component
6.1. Sensors
6.2. Device
6.3. LAN/ WLAN/ PAN
6.4. Device Gateway
6.5. Router/Switch/ Gateway
6.6. WAN
6.7. Cloud
6.8. Presentation Device
Chap7. Internet of Things Market by Applications
7.1. Consumer services and smart homes
7.2. Automotive and transit
7.3. Health care
7.4. Smart Energy: smart meters and grids
7.5. Logistics supply chain
7.6. Oil, gas, manufacturing and industrial
7.7. Government
7.8. Others
Chap8. Geographical Analysis
8.1. North America
8.1.1. US
8.1.2. Canada
8.2. Europe
8.2.1. UK
8.2.2. Germany
8.2.3. France
8.2.4. Italy
8.2.5. Spain
8.3. Asia-Pacific (APAC)
8.3.1. China
8.3.2. Japan
8.3.3. India
8.3.4. Australia
8.4. RoW
8.4.1. Middles East 7 Africa
8.4.2. Latin America
Chap9. Company Profiles
9.1. Alcatel-Lucent S.A.
9.2. At&T INC.
9.3. Cisco System Inc.
9.4. Huawei Technologies CO. LTD
9.5. Nxp Semiconductors NV
9.6. International Business Machine Corporation (IBM)
9.7. Google, INC.
9.8. Intel Corporation
9.9. Qualcomm Incorporated
9.10. Gemalto NV

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】モノのインターネットの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月13日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60584
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】モノのインターネット
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
モノのインターネットの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 心不全(心臓まひ)の疫学的予測
    当調査レポートでは、心不全(心臓まひ)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心不全(心臓まひ)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・心不全(心臓まひ)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 世界の浴室用手すり(つかみ棒)市場2016
    本調査レポートでは、世界の浴室用手すり(つかみ棒)市場2016について調査・分析し、浴室用手すり(つかみ棒)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工膵臓装置システム(APDS)の世界市場:装置タイプ別(閾値対応装置システム、CTTシステム)、セグメント予測
    本調査レポートでは、人工膵臓装置システム(APDS)の世界市場について調査・分析し、人工膵臓装置システム(APDS)の世界市場動向、人工膵臓装置システム(APDS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別人工膵臓装置システム(APDS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 着床前遺伝検査(PGT)の世界市場の規模および予測:タイプ別(染色体異常、X連鎖疾患、凍結胚テスト、異数性スクリーニング、ヒト白血球抗原[HLA]タイピング、性別選択)、用途別(胚HLAタイピング幹細胞療法、IVF予後、遅発性遺伝病、遺伝病、スクリーンプロバンド、凍結胚)、セグメント予測
    本調査レポートでは、着床前遺伝検査(PGT)の世界市場について調査・分析し、着床前遺伝検査(PGT)の世界市場動向、着床前遺伝検査(PGT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別着床前遺伝検査(PGT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セラミック織物の世界市場予測(~2021年):耐火セラミック繊維(RCF)、低生体内耐久性セラミック繊維、多結晶セラミック繊維
    当調査レポートでは、セラミック織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、繊維種類別分析、形状別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、セラミック織物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ファッションにおけるAIの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ファッションにおけるAIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、用途別(製品推奨、製品検索&発見、CRM)分析、展開モード別分析、カテゴリ別(アパレル、アクセサリー、美容&化粧品)分析、ファッションにおけるAIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ファッションにおけるAIの世界市場規模が2019年228百万ドルから2024年1260百万ドルまで年平均40.8%成長すると予測しています。
  • 飼料用香料および甘味料の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料用香料および甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、ソース別分析、飼料用香料および甘味料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用イーサネットケーブルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用イーサネットケーブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用イーサネットケーブル市場規模、プロトコル別(EtherNet/IP、PROFINET、EtherCAT、ModbusTCP/IP、POWERLINK、その他)分析、エンドユーザー別(ディスクリート産業、プロセス産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用イーサネットケーブルの世界市場概要 ・産業用イーサネットケーブルの世界市場環境 ・産業用イーサネットケーブルの世界市場動向 ・産業用イーサネットケーブルの世界市場規模 ・産業用イーサネットケーブルの世界市場:業界構造分析 ・産業用イーサネットケーブルの世界市場:プロトコル別(EtherNet/IP、PROFINET、EtherCAT、ModbusTCP/IP、POWERLINK、その他) ・産業用イーサネットケーブルの世界市場:エンドユーザー別(ディスクリート産業、プロセス産業) ・産業 …
  • ZigBeeリモコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ZigBeeリモコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ZigBeeリモコンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソリッドステートドライブ(SSD)市場2015
    本調査レポートでは、世界のソリッドステートドライブ(SSD)市場2015について調査・分析し、ソリッドステートドライブ(SSD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア)、ハードウェア別(ビーコン、RFIDタグ、センサー、ウェアラブル機器)、サービス別(専門サービス、マネージドサービス)、技術別(Bluetooth Low Energy、Near Field Communication、ZigBee、その他)、地域別予測
    本資料は、小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場について調べ、小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、ハードウェア別(ビーコン、RFIDタグ、センサー、ウェアラブル機器)分析、サービス別(専門サービス、マネージドサービス)分析、技術別(Bluetooth Low Energy、Near Field Communication、ZigBee、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場概要 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場環境 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場動向 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場規模 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場規模:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア) ・小売業向けIoT(モノのインター …
  • 鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場2019-2023
    鉄道車両用ワイヤーハーネスとは、鉄道用途において信号および電力を伝送するために使用されるワイヤーハーネスまたは配線アセンブリを指します。鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率6.43%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、FURUKAWA ELECTRIC、Hitachi Metals、LEONI、Nexans、Prysmian Groupなどです。 当調査レポートでは、鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道車両用ワイヤーハーネス市場規模、用途別(HVAC、照明、ブレーキシステム、トラクションシステム、エンジンハーネス、インフォテイメント)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場概要 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場環境 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場動向 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世 …
  • 中国のスラックワックス市場2015
    本調査レポートでは、中国のスラックワックス市場2015について調査・分析し、スラックワックスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バス・トランスミッション・システム(BTS)の世界市場
    当調査レポートでは、バス・トランスミッション・システム(BTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バス・トランスミッション・システム(BTS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • パキスタンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ボクシング用品の世界市場:ボクシンググローブ、防具、トレーニング用品
    当調査レポートでは、ボクシング用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ボクシング用品市場規模、製品別(ボクシンググローブ、防具、トレーニング用品)分析、販売経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、adidas, Century, Everlast Worldwide, Hayabusa Fightwear, Twins Specialなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ボクシング用品の世界市場概要 ・ボクシング用品の世界市場環境 ・ボクシング用品の世界市場動向 ・ボクシング用品の世界市場規模 ・ボクシング用品の世界市場:業界構造分析 ・ボクシング用品の世界市場:製品別(ボクシンググローブ、防具、トレーニング用品) ・ボクシング用品の世界市場:販売経路別(オフライン、オンライン) ・ボクシング用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ボクシング用品の北米市場規模・予測 ・ボクシング用品のヨーロッパ・中東・アフ …
  • ホスホリパーゼC阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホスホリパーゼC阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホスホリパーゼC阻害剤の概要 ・ホスホリパーゼC阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のホスホリパーゼC阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホスホリパーゼC阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホスホリパーゼC阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ハイパースペクトルイメージングの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、ハイパースペクトルイメージングの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ハイパースペクトルイメージングの世界市場:イントロダクション ・ハイパースペクトルイメージングの世界市場:市場概観 ・ハイパースペクトルイメージングの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・ハイパースペクトルイメージングの世界市場:セグメント別市場分析 ・ハイパースペクトルイメージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ハイパースペクトルイメージングの世界市場:主要地域別市場分析 ・ハイパースペクトルイメージングの世界市場:関連企業分析
  • 据置鉛蓄電池の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、据置鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、据置鉛蓄電池の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別据置鉛蓄電池シェア、市場規模推移、市場規模予測、据置鉛蓄電池種類別分析( 2 V、4 V、6 V、8 V、12V、16 V、その他)、据置鉛蓄電池用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・据置鉛蓄電池の市場概観 ・据置鉛蓄電池のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・据置鉛蓄電池のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・据置鉛蓄電池の世界市場規模 ・据置鉛蓄電池の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・据置鉛蓄電池のアメリカ市場規模推移 ・据置鉛蓄電池のカナダ市場規模推移 ・据置鉛蓄電池のメキシコ市場規模推移 ・据置鉛蓄電池のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・据置鉛蓄電池のドイツ市場規模推移 ・据置鉛蓄電池のイギリス市場規模推移 ・据置鉛蓄電池のロシア市場規模推移 ・据置鉛蓄電池のアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • 抗菌繊維の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、抗菌繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、活性剤別(合成有機化合物、金属および金属塩、バイオベース)分析、用途別(医療用テキスタイル、アパレル、ホームテキスタイル)分析、ファブリック別(綿、ポリエステル、ポリアミド)分析、抗菌繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、抗菌繊維の世界市場規模が2019年95億ドルから2024年123億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。
  • インドの体外式除細動器市場(~2021)
  • 輸血診断検査の世界市場2016
  • 世界の組織状大豆蛋白市場2015
    本調査レポートでは、世界の組織状大豆蛋白市場2015について調査・分析し、組織状大豆蛋白の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エアバッグ・シートベルトの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用エアバッグ・シートベルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用エアバッグ・シートベルト市場規模、電気自動車別(プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)、燃料電池車(FCEV)、バッテリー動力車(B分析、シートベルト技術別(バッグインベルト、ロードリミッター(負荷制限装置)、インフレータブル(空気注入式)、ロックリトラクター(自動ロック付座席ベルト巻取り装置)、シートベルトリマインダーシステム、その他)分析、装着車種別(トラック、乗用車(PC)、バス、商用車)分析、エアバッグ設計別(サイドエアバッグ、膝用エアバッグ、フロントエアバッグ、カーテンエアバッグ、リアカーテンエアバッグ)分析、シートベルト設計別(3点式、2点式、4点式、6点式、5点式、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用エアバッグ・シートベルトの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用エアバッグ・シートベル …
  • 救急車ベッドの世界市場予測2019-2024
    「救急車ベッドの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッドなど、用途別には、Hospital、Fire Department、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。救急車ベッドのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・救急車ベッドの世界市場概要(サマリー) ・救急車ベッドの企業別販売量・売上 ・救急車ベッドの企業別市場シェア ・救急車ベッドの世界市場規模:種類別(リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッド) ・救急車ベッドの世界市場規模:用途別(Hospital、Fire Department、Others) ・救急車ベッドの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・救急車ベッドのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・救急車ベッドの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・救急車ベッドの中東・アフリカ市場( …
  • 軍事用拡張現実(MAR)技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍事用拡張現実(MAR)技術の世界市場について調査・分析し、軍事用拡張現実(MAR)技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 軍用拡張現実市場の概要 3. 軍用拡張現実技術の世界市場 2016-2026 4. 世界の軍用拡張現実技術2次市場予測 2016-2026 5. 主要国の軍用拡張現実技術市場予測 2016-2026 6. 軍用拡張現実技術市場のSWOT分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 軍用拡張現実技術企業主要9社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • LED&OLEDディスプレイおよび照明製品のアフリカ市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 建築サービスの世界市場2014–2025:サービス別(アドバイザリー、プロジェクト管理、エンジニア、インテリアデザイン)、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、建築サービスの世界市場について調査・分析し、建築サービスの世界市場動向、建築サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別建築サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハイパーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイパーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイパーカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のOBDテレマティクス市場2015
    本調査レポートでは、世界のOBDテレマティクス市場2015について調査・分析し、OBDテレマティクスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エリテマトーデス(Lupus Erythematosus):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬の状況 ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬の市場規模(販売予測) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のエリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬剤
  • 鉱業向け個人用保護具の世界市場2017-2021:防護服、呼吸用保護具、眼保護具・顔面保護具、足保護具、安全帯
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉱業向け個人用保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け個人用保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け個人用保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Ansell、Honeywell International、MSA等です。
  • 動物診断の世界市場予測(~2022年):診断装置、消耗品、動物検査技術
    当調査レポートでは、動物診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別分析、技術別分析、動物種類別分析、需要先別分析、動物診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザーの世界市場2017-2021:O2レーザー、ファイバレーザー、SSL
    当調査レポートでは、レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストの概要 ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイン酸受容体ベータアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイン酸受容体ベータアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アメリカの妊婦向けパーソナルケア製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの妊婦向けパーソナルケア製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの妊婦向けパーソナルケア製品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)のフェーズ3治験薬の状況 ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬の市場規模(販売予測) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬剤
  • 脳・身体酸素濃度計の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、脳・身体酸素濃度計の世界市場について調べ、脳・身体酸素濃度計の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(デュアルエミッター・デュアル検出器、シングルエミッター・デュアル検出器、その他)分析、臨床応用別(心臓手術、血管手術、その他)分析、患者タイプ別(NICU、小児科、成人)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・脳・身体酸素濃度計の世界市場動向 ・脳・身体酸素濃度計の世界市場環境 ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模 ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模:種類別(デュアルエミッター・デュアル検出器、シングルエミッター・デュアル検出器、その他) ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模:臨床応用別(心臓手術、血管手術、その他) ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模:患者タイプ別(NICU、小児科、成人) ・脳・身体酸素濃度 …
  • アクセス制御の世界市場予測(~2024年)
    アクセス制御の世界市場は、2018年の75億米ドルから2024年には121億米ドルに達し、この期間中8.24%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、世界的に犯罪率が上昇しているためにアクセス制御ソリューションが広く採用されていること、セキュリティシステムにおける無線技術の進歩と展開、クラウドコンピューティングプラットフォームを用いたIoTベースのセキュリティシステムの採用、ACaaS(Access Control as a Service)の採用、モバイルベースのアクセス制御の実装、新興国で都市化が進むことなどが考えられます。一方で、高コストで信頼性が低いという認識により、この市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、アクセス制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(ハードウェアカードベースのリーダー、生体認証リーダー、電子ロック、コントローラー、ソフトウェア)分析、サービス(インストール、保守、ACaaS)分析、業種分析、アクセス制御の世界市場規模及び予測、市場動向、競 …
  • 浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、浸漬冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(単相および二相)分析、用途別(高性能コンピューティング、エッジコンピューティング、暗号通貨マイニング)分析、冷却液種類別(鉱油、合成油、フルオロカーボンベース)分析、浸漬冷却の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、浸漬冷却の世界市場規模が2019年177百万ドルから2024年501百万ドルまで年平均23.2%成長すると予測しています。
  • 世界の堅牢型タブレット市場2015
    本調査レポートでは、世界の堅牢型タブレット市場2015について調査・分析し、堅牢型タブレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キャリアアグリゲーションソリューション市場規模、導入形態別(ピコセル、メトロセル、マイクロセル、フェムトセル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場概要 ・キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場環境 ・キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場動向 ・キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場規模 ・キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場:業界構造分析 ・キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場:導入形態別(ピコセル、メトロセル、マイクロセル、フェムトセル) ・キャリアアグリゲーションソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・キャリアアグリゲーションソリューションの北米市場規模・予測 ・キャリアアグリゲーションソリューションのヨーロッパ・中東 …
  • 聴覚障害(Hearing Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における聴覚障害(Hearing Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、聴覚障害(Hearing Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・聴覚障害(Hearing Disorders)の概要 ・聴覚障害(Hearing Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の聴覚障害(Hearing Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・聴覚障害(Hearing Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 血栓除去機器の世界市場
    当調査レポートでは、血栓除去機器の世界市場について調査・分析し、血栓除去機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血栓除去機器の世界市場:市場動向分析 - 血栓除去機器の世界市場:競争要因分析 - 血栓除去機器の世界市場:用途別 ・末梢血管用 ・神経血管用 ・心臓血管用 - 血栓除去機器の世界市場:製品別 ・超音波血栓除去機器 ・流体力学的血栓除去機器 ・機械的/破砕的血栓除去機器 ・吸引型血栓除去機器 - 血栓除去機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・病院および外科センター ・研究所および学術機関 ・その他 - 血栓除去機器の世界市場:主要地域別分析 - 血栓除去機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血栓除去機器のヨーロッパ市場規模 - 血栓除去機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血栓除去機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の神経内視鏡装置市場:製品別、地域別
    本調査レポートは神経内視鏡装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、製品別(リジッド及びセミリジッド型内視鏡、フレキシブル内視鏡)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・神経内視鏡装置の世界市場:製品別(リジッド及びセミリジッド型内視鏡、フレキシブル内視鏡) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の概要 ・虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・虚血再潅流障害(I …
  • 鍛造機の世界市場:製品別(リング鍛造、自由鍛造、インプレッションダイ鍛造)、用途別(自動車産業、航空宇宙産業、石油・ガス産業、その他)、地域別予測
    本資料は、鍛造機の世界市場について調べ、鍛造機の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(リング鍛造、自由鍛造、インプレッションダイ鍛造)分析、用途別(自動車産業、航空宇宙産業、石油・ガス産業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAICHI STEEL、Alcoa、ATI、Bharat Forge、NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL、ThyssenKrupp、American Axle & Manufacturing Holding 、Ellwood Group、Precision Castparts、FRISA、HHI Forging、General Dynamics Ordnance & Tactical Systems、Scot Forge、Sypris Solutions などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・鍛造機の世界市場概要 ・鍛造機の世界市場環境 ・鍛造機の世界市場動向 ・鍛造機の世界市場規模 ・鍛造 …
  • 溶接電源供給の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、溶接電源供給の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、溶接電源供給市場規模、エンドユーザー別(自動車、建設、造船、A&D、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・溶接電源供給の世界市場概要 ・溶接電源供給の世界市場環境 ・溶接電源供給の世界市場動向 ・溶接電源供給の世界市場規模 ・溶接電源供給の世界市場:業界構造分析 ・溶接電源供給の世界市場:エンドユーザー別(自動車、建設、造船、A&D、その他) ・溶接電源供給の世界市場:地域別市場規模・分析 ・溶接電源供給の北米市場規模・予測 ・溶接電源供給のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・溶接電源供給のアジア太平洋市場規模・予測 ・溶接電源供給の主要国分析 ・溶接電源供給の世界市場:意思決定フレームワーク ・溶接電源供給の世界市場:成長要因、課題 ・溶接電源供給の世界市場:競争環境 ・溶接電源供給の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、 …
  • 世界の無線携帯型医療機器市場2015
    本調査レポートでは、世界の無線携帯型医療機器市場2015について調査・分析し、無線携帯型医療機器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"