"創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60561)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Drug discovery and development are key functions of pharmaceutical and biotechnology companies. Drug discovery programs are essential for the introduction of new drugs. As more number of patients are diagnosed with new symptoms and syndromes. Drug discovery programs are usually lengthy and involve target identification, target validation, clinical trials, registration and approval. The whole process takes 15 years before the drug is officially launched and marketed. It is important for the governments to make their processes more coherent and less time consuming. Also, policies should be made to make data sharing more efficient. Drugs discovery should be made cheaper by relaxing tax laws, decreasing duties on instrument exports, increasing government and private funding. Introduction of new drugs and changes in the laws can lead to reduced cost and pricing of new target drugs.
At present North American companies have the highest market share in the overall drug discovery market. Major drug discovery technology and service providers are established in the U.S. The market is driven by presence of manufacturing facilities and research labs of major drug manufacturers. North America is also the highest consumer of branded drugs. The assistance of government regulatory bodies and high level of awareness related to life threatening diseases also encourage drug manufacturers to work on target drug discovery. Similar factors along with common regulations across Europe are responsible for a well-developed market. European research labs and institutes are driven by favourable environment provided by the European Union. Chinese, Japanese and Indian companies are providing contract research services to major pharmaceutical companies in the West. China is the leading Asian country as major international pharmaceutical companies are building their manufacturing facilities in China.

Companies profiled include:
1. Sanofi
2. Johnson and Johnson
3. AstraZeneca
4. Bayer
5. BohringerIngheliem
6. Pfizer
7. GlaxoSmithKline
8. Eli Lily
9. Albany Molecular Research
10. Charles River Laboratories
11. Covance
12. Cyprotex
13. EVT innovate
14. Gen Script
15. Pharmaceutical Product Development
16. Quintiles
17. Viva Biotech
18. WIL research Laboratories
19. WUXI Apptech

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive Summary
1.2. Estimation Methodology
2. Market Overview
2.1. Key findings
2.2. Value Chain analysis
2.3. Key buying criteria
2.4. Drug Discovery Pipeline Process
2.4.1. Pre Discovery of target
2.4.2. Compound Discovery
2.4.3. Lead discovery and Optimization
2.4.4. Pre Clinical Study
2.4.5. Clinical Trials
2.4.6. Application/Approval
2.4.7. Manufacturing
2.4.8. Market launch and Market
2.5. Strategic recommendation
2.6. Strategic conclusions
2.7. Unit shipment in Drug Discovery market
2.8. Forecasted trends and emerging markets
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.2. Market restraints
3.3. Market challenges
3.4. Market opportunities
4. Market Segmentation
4.1. By Service
4.1.1. Biological Services
4.1.2. Chemical Services
4.1.3. Pharmaceutical Services
4.1.4. Drug Metabolism and Pharmacokinetics (DMPK) Services
4.2. By Science
4.2.1. Proteomics
4.2.2. Genomics
4.2.3. Bioinformatics
4.3. By technology
4.3.1. QPCR
4.3.2. DNA and protein microarrays
4.3.3. High-throughput screening
4.3.4. Mass spectrometry
4.3.5. Laboratory information management systems
4.3.6. Microfluidics
4.3.7. Gel electrophoresis
4.3.8. Chromatography
4.3.9. Protein and nucleic acid isolation.
4.3.10. Others
4.4. Novel technologies:
4.4.1. Back scattering interferometry
4.4.2. Cantilever array
5. Market Share and Strategy
6. Geographical Analysis
6.1. North America
6.1.1. United States (U.S.)
6.1.2. Canada
6.2. Europe
6.2.1. United Kingdom (UK)
6.2.2. France
6.2.3. Germany
6.2.4. Spain
6.2.5. Italy
6.3. Asia Pacific
6.3.1. India
6.3.2. China
6.3.3. Japan
6.3.4. Korea
6.3.5. Australia
6.4. Rest of the world
6.4.1. Latin America
6.4.2. MENA
6.4.3. Africa
7. Company Profiling:
7.1. Sanofi
7.2. Johnson and Johnson
7.3. AstraZeneca
7.4. Bayer
7.5. BohringerIngheliem
7.6. Pfizer
7.7. GlaxoSmithKline
7.8. Eli Lily
7.9. Albany Molecular Research
7.10. Charles River Laboratories
7.11. Covance
7.12. Cyprotex
7.13. EVT innovate
7.14. Gen Script
7.15. Pharmaceutical Product Development
7.16. Quintiles
7.17. Viva Biotech
7.18. WIL research Laboratories
7.19. WUXI Apptech

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月20日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60561
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】創薬、製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、水素添加炭化水素樹脂の世界市場について調査・分析し、水素添加炭化水素樹脂の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 水素添加炭化水素樹脂の概要 3. 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026 4. 用途別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 5. 需要先産業別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 6. 主要国の水素添加炭化水素樹脂市場予測2016-2026 7. 水素添加炭化水素樹脂市場のSWOT分析2016-2026 8. 専門家の意見 9. 水素添加炭化水素樹脂市場における主要企業2016 10. 結論
  • グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるグラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の概要 ・グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のグラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • データベースセキュリティの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、データベースセキュリティの世界市場について調査・分析し、データベースセキュリティの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・データベースセキュリティの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:展開モデル別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:ビジネス機能別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:垂直別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業における産業用バルブ市場規模、製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場概要 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場環境 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場動向 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場規模 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他) ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの北米市場規模・予測 ・石油・ガス産業における産業用バルブのヨーロッ …
  • ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質の概要 ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質のパイプライン概要 ・企業別開発中のミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 教育業界向け学習管理システム(LMS)の世界市場2017-2021:クラウド、オンプレミス
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、教育業界向け学習管理システム(LMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、教育業界向け学習管理システム(LMS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は教育業界向け学習管理システム(LMS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCivica、COMPanion、Ex Libris、Follett、SirsiDynix等です。
  • 切替スイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、切替スイッチの世界市場について調査・分析し、切替スイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別切替スイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、切替スイッチ種類別分析()、切替スイッチ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・切替スイッチの市場概観 ・切替スイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・切替スイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・切替スイッチの世界市場規模 ・切替スイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・切替スイッチのアメリカ市場規模推移 ・切替スイッチのカナダ市場規模推移 ・切替スイッチのメキシコ市場規模推移 ・切替スイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・切替スイッチのドイツ市場規模推移 ・切替スイッチのイギリス市場規模推移 ・切替スイッチのロシア市場規模推移 ・切替スイッチのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・切替スイッチの日本市場規模推移 ・切 …
  • 湿気硬化型接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、湿気硬化型接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、化学成分別分析、用途別分析、地域別分析、湿気硬化型接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 織物産業における自動化ソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、織物産業における自動化ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、織物産業における自動化ソリューションの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は織物産業における自動化ソリューションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.06%成長すると予測しています。
  • 量子ドットの世界市場予測(~2023年):QD医療機器、QD太陽電池、QD光検知器、QDセンサ、QDレーザー、QD照明、電池、エネルギー貯蔵システム、QDトランジスタ、QDタグ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、量子ドットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(QD医療機器、QD太陽電池、QD光検知器、QDセンサ、QDレーザー、QD照明、電池、エネルギー貯蔵システム、QDトランジスタ、QDタグ)別分析、材料別分析、産業別分析、地域別分析、量子ドットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーケア製品の世界市場2015-2022
  • アゾキシストロビンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アゾキシストロビンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アゾキシストロビンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 内視鏡検査機器の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(内視鏡(柔軟、剛性、カプセル)視覚化システム、内視鏡超音波、送気器)分析、用途別(GI内視鏡検査、腹腔鏡検査、膀胱鏡検査、気管支鏡検査、大腸内視鏡検査、関節鏡検査)分析、内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、内視鏡検査機器の世界市場規模が2019年256億ドルから2024年352億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • 心臓バイオマーカー検査の世界市場:種類別(心筋マッスルクレアチンキナーゼ、トロポニン、ミオグロビン、脳性ナトリウム利尿ペプチド、虚血修飾アルブミンなど)、用途別(心筋梗塞、うっ血性心不全、急性冠症候群、アテローム性動脈硬化症など)、検査場所別(ポイントオブケア検査、臨床検査)
    本資料は、心臓バイオマーカー検査の世界市場について調べ、心臓バイオマーカー検査の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(心筋マッスルクレアチンキナーゼ、トロポニン、ミオグロビン、脳性ナトリウム利尿ペプチド、虚血修飾アルブミンなど)分析、検査場所別(ポイントオブケア検査、臨床検査)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・心臓バイオマーカー検査の世界市場概要 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場環境 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場動向 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場規模 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:市場シェア ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:種類別(心筋マッスルクレアチンキナーゼ、トロポニン、ミオグロビン、脳性ナトリウム利尿ペプチド、虚血修飾アルブミンなど) ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:用途別(心筋梗塞、うっ血性心不全、急性冠症候群、アテローム性動脈硬化症など) ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:検査場所別(ポ …
  • 中国の股関節再建市場動向(~2021)
  • 耐熱性高分子の世界市場予測(~2021年):フルオロポリマ、ポリイミド、硫化ポリフェニレン、PBI、PEEK
    当調査レポートでは、耐熱性高分子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、耐熱性高分子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高速カメラの世界市場予測(~2023年)
    高速カメラの世界市場は、2018年の2億8800万米ドルから2023年には4億2200万米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コンパクトな高速カメラの需要の増加、メディア・エンターテインメントおよびスポーツにおける高速カメラの使用の増加、ならびに製造業における高速カメラの高い採用が考えれられます。一方で、高速カメラは高価格であることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、高速カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、使用法分析、フレームレート(1,000〜5,000、5,000〜20,000、20,000〜100,000、100,000超)分析、画像度(2MP未満、2~5MP、5MP超)分析、スループット分析、高速カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用顕微鏡の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、手術用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、手術用顕微鏡の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • B2B通信の世界市場:組織のタイプ別(大企業、中小企業)、ソリューション別(ユニファイドコミュニケーション・コラボレーション、VoIP、WAN、クラウドサービス、M2M通信)、導入モデル別(オンプレミス、クラウド)、用途別(商業、工業)、地域別予測
    本資料は、B2B通信の世界市場について調べ、B2B通信の世界規模、市場動向、市場環境、組織のタイプ別(大企業、中小企業)分析、ソリューション別(ユニファイドコミュニケーション・コラボレーション、VoIP、WAN、クラウドサービス、M2M通信)分析、導入モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(商業、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはComarch SA、Duetsche Telekom AG、NTT Communications、Verizon Communications Inc.、Vodafone Group Plc、AT&Tなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・B2B通信の世界市場概要 ・B2B通信の世界市場環境 ・B2B通信の世界市場動向 ・B2B通信の世界市場規模 ・B2B通信の世界市場規模:組織のタイプ別(大企業、中小企業) ・B2B通信の世界市場規模:ソリューション別(ユニファイドコミュニケーション・コラボレーション …
  • 温度センサーの世界市場:サーミスター、IC、RTD(測温抵抗体)、熱電対、その他
    当調査レポートでは、温度センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • MV保護リレーの世界市場予測(~2023年):電気機械的・静的リレー、デジタル・数値リレー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、MV保護リレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(電気機械的・静的リレー、デジタル・数値リレー)分析、接続負荷別(フィーダーライン、変圧器、モーター)分析、エンドユーザー別(ユーティリティ、工業、商業・機関)分析、MV保護リレーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 義眼の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、義眼の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、義眼市場規模、製品別(統合型、非統合型、網膜プロテーゼ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・義眼の世界市場概要 ・義眼の世界市場環境 ・義眼の世界市場動向 ・義眼の世界市場規模 ・義眼の世界市場:業界構造分析 ・義眼の世界市場:製品別(統合型、非統合型、網膜プロテーゼ) ・義眼の世界市場:地域別市場規模・分析 ・義眼の北米市場規模・予測 ・義眼のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・義眼のアジア太平洋市場規模・予測 ・義眼の主要国分析 ・義眼の世界市場:意思決定フレームワーク ・義眼の世界市場:成長要因、課題 ・義眼の世界市場:競争環境 ・義眼の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hyperte …
  • 航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場予測2019-2024
    「航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、商業用、軍事用など、用途別には、OEM、Aftermarketなどに区分してまとめた調査レポートです。航空機用カーボンブレーキディスクのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場概要(サマリー) ・航空機用カーボンブレーキディスクの企業別販売量・売上 ・航空機用カーボンブレーキディスクの企業別市場シェア ・航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場規模:種類別(商業用、軍事用) ・航空機用カーボンブレーキディスクの世界市場規模:用途別(OEM、Aftermarket) ・航空機用カーボンブレーキディスクの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空機用カーボンブレーキディスクのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空機用カーボンブレーキディスクの欧州市場規模(ドイツ、フラ …
  • パラグライダー用品の世界市場
    当調査レポートでは、パラグライダー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パラグライダー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • LED製造装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LED製造装置の世界市場について調査・分析し、LED製造装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LED製造装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、LED製造装置種類別分析(MOCVD装置、リソグラフィ装置、ドライエッチ装置、PECVD装置、PVD装置、後工程LED製造装置)、LED製造装置用途別分析(LED、OLED)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LED製造装置の市場概観 ・LED製造装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LED製造装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LED製造装置の世界市場規模 ・LED製造装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LED製造装置のアメリカ市場規模推移 ・LED製造装置のカナダ市場規模推移 ・LED製造装置のメキシコ市場規模推移 ・LED製造装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・LED製造装置のドイツ市場規模推移 ・LED製造装置のイギリス市場規模推移 …
  • 世界の酵母エキス市場2015
    本調査レポートでは、世界の酵母エキス市場2015について調査・分析し、酵母エキスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用アナンシエーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用アナンシエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用アナンシエーター市場規模、種類別(専用型、従来型装置)分析、製品別(タテ型、ヨコ型)分析、エンドユーザー別(組立製造業、プロセス工業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:市場動向分析 ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:競争要因分析 ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:種類別(専用型、従来型装置) ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:製品別(タテ型、ヨコ型) ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:エンドユーザー別(組立製造業、プロセス工業) ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:主要地域別分析 ・ 工業用アナンシエーターの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 工業用アナンシエーターのヨーロッパ市場規模 ・ 工業用アナンシエーターのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工業用アナンシエーターの世界 …
  • 世界のスポンジチタン市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポンジチタン市場2015について調査・分析し、スポンジチタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の滅菌器市場見通し(~2021)
  • 受動型赤外線モーションセンサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、受動型赤外線モーションセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、受動型赤外線モーションセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートパイロットシステムの世界市場
    当調査レポートでは、オートパイロットシステムの世界市場について調査・分析し、オートパイロットシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 研削砥石の世界市場2017-2021:平形、円筒、ダイヤモンド
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、研削砥石の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、研削砥石の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は研削砥石の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はSaint-Gobain、NORITAKE、KLINGSPOR、Ekamant等です。
  • ファイバーオプティックスの世界市場予測(~2021):光ケーブル、光ファイバー
    当調査レポートでは、ファイバーオプティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ケーブ種類別分析、光ファイバー種類別分析、用途別分析、地域別分析、ファイバーオプティックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 薄膜電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、薄膜電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薄膜電池市場規模、製品別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薄膜電池の世界市場概要 ・薄膜電池の世界市場環境 ・薄膜電池の世界市場動向 ・薄膜電池の世界市場規模 ・薄膜電池の世界市場:業界構造分析 ・薄膜電池の世界市場:製品別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル) ・薄膜電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・薄膜電池のアメリカ市場規模・予測 ・薄膜電池のヨーロッパ市場規模・予測 ・薄膜電池のアジア市場規模・予測 ・薄膜電池の主要国分析 ・薄膜電池の世界市場:意思決定フレームワーク ・薄膜電池の世界市場:成長要因、課題 ・薄膜電池の世界市場:競争環境 ・薄膜電池の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ワイヤレスインターホンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ワイヤレスインターホンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤレスインターホン市場規模、種類別(ビデオインターホン、屋外インターホン、ポータブルインターホン)分析、技術別(無線周波数、Wi-Fiバンド)分析、用途別(輸送・物流、セキュリティ・監視、ホスピタリティ、イベント管理、小売、その他)分析、エンドユーザー別(商業、企業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ワイヤレスインターホンの世界市場:市場動向分析 ・ ワイヤレスインターホンの世界市場:競争要因分析 ・ ワイヤレスインターホンの世界市場:種類別(ビデオインターホン、屋外インターホン、ポータブルインターホン) ・ ワイヤレスインターホンの世界市場:技術別(無線周波数、Wi-Fiバンド) ・ ワイヤレスインターホンの世界市場:用途別(輸送・物流、セキュリティ・監視、ホスピタリティ、イベント管理、小売、その他) ・ ワイヤレスインターホンの世界市場 …
  • 鉱業ラボオートメーションソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鉱業ラボオートメーションソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業ラボオートメーションソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍アブレーションの世界市場予測(~2021年):ラジオ波アブレーション、マイクロ波アブレーション、冷凍アブレーション、IREアブレーション、超音波アブレーション、レーザアブレーション
    当調査レポートでは、腫瘍アブレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、治療別分析、用途別分析、地域別分析、腫瘍アブレーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物由来特殊酵素の世界市場予測2019-2024
    「動物由来特殊酵素の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、ポリメラーゼ・ヌクレアーゼ、リパーゼなど、用途別には、Pharmaceuticals、Research & Biotechnology、Diagnostic、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。動物由来特殊酵素のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動物由来特殊酵素の世界市場概要(サマリー) ・動物由来特殊酵素の企業別販売量・売上 ・動物由来特殊酵素の企業別市場シェア ・動物由来特殊酵素の世界市場規模:種類別(カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、ポリメラーゼ・ヌクレアーゼ、リパーゼ) ・動物由来特殊酵素の世界市場規模:用途別(Pharmaceuticals、Research & Biotechnology、Diagnostic、Others) ・動物由来特殊酵素の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・動物 …
  • スポーツターフの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スポーツターフの世界市場について調査・分析し、スポーツターフの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スポーツターフシェア、市場規模推移、市場規模予測、スポーツターフ種類別分析()、スポーツターフ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スポーツターフの市場概観 ・スポーツターフのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スポーツターフのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スポーツターフの世界市場規模 ・スポーツターフの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スポーツターフのアメリカ市場規模推移 ・スポーツターフのカナダ市場規模推移 ・スポーツターフのメキシコ市場規模推移 ・スポーツターフのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スポーツターフのドイツ市場規模推移 ・スポーツターフのイギリス市場規模推移 ・スポーツターフのロシア市場規模推移 ・スポーツターフのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • アメリカの産業用ロボット市場
    当調査レポートでは、アメリカの産業用ロボット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの産業用ロボット市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ディスプレイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用ディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用ディスプレイ市場規模、製品別(液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ディスプレイの世界市場概要 ・医療用ディスプレイの世界市場環境 ・医療用ディスプレイの世界市場動向 ・医療用ディスプレイの世界市場規模 ・医療用ディスプレイの世界市場:業界構造分析 ・医療用ディスプレイの世界市場:製品別(液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED)) ・医療用ディスプレイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ディスプレイの北米市場規模・予測 ・医療用ディスプレイのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ディスプレイのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ディスプレイの主要国分析 ・医療用ディスプレイの世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用ディスプレイの世界市場:成長要因、 …
  • 希少血友病因子の世界市場:治療法別(新鮮冷凍血漿、因子濃縮製剤、寒冷沈降物)、地域別、市場勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、希少血友病因子の世界市場について調査・分析し、希少血友病因子の世界市場動向、希少血友病因子の世界市場規模、市場予測、セグメント別希少血友病因子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リン酸亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リン酸亜鉛の世界市場について調査・分析し、リン酸亜鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リン酸亜鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、リン酸亜鉛種類別分析(高含有、低含有)、リン酸亜鉛用途別分析(水性防食塗料、溶剤系防食塗料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リン酸亜鉛の市場概観 ・リン酸亜鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リン酸亜鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リン酸亜鉛の世界市場規模 ・リン酸亜鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リン酸亜鉛のアメリカ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のカナダ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のメキシコ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リン酸亜鉛のドイツ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のイギリス市場規模推移 ・リン酸亜鉛のロシア市場規模推移 ・リン酸亜鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リン酸亜鉛の日本市場規 …
  • グリセリンの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、グリセリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、プロセス別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、グリセリンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱電素子の世界市場
    当調査レポートでは、熱電素子の世界市場について調査・分析し、熱電素子の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 引火点試験器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、引火点試験器の世界市場について調査・分析し、引火点試験器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別引火点試験器シェア、市場規模推移、市場規模予測、引火点試験器種類別分析(開放式、密閉式)、引火点試験器用途別分析(化学・溶剤、化学薬品、塗料・インク、家庭用化学薬品、廃棄物処分、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・引火点試験器の市場概観 ・引火点試験器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・引火点試験器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・引火点試験器の世界市場規模 ・引火点試験器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・引火点試験器のアメリカ市場規模推移 ・引火点試験器のカナダ市場規模推移 ・引火点試験器のメキシコ市場規模推移 ・引火点試験器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・引火点試験器のドイツ市場規模推移 ・引火点試験器のイギリス市場規模推移 ・引火点試験器のロシア市場規模推移 ・引火点試験器のアジア市場分 …
  • 硬質パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硬質パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬質パッケージングの世界市場規模及び予測、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 果物・野菜用被膜剤の世界市場:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)、地域別予測
    本資料は、果物・野菜用被膜剤の世界市場について調べ、果物・野菜用被膜剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・果物・野菜用被膜剤の世界市場概要 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場環境 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場動向 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤) ・果物・野菜用被膜剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・果物・野菜用被膜剤の北米市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアメリカ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアジア市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の日本市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 一般消費者向けスキンケア機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一般消費者向けスキンケア機器の世界市場について調査・分析し、一般消費者向けスキンケア機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一般消費者向けスキンケア機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、一般消費者向けスキンケア機器種類別分析(洗浄用ブラシ、スチーマー、アンチエイジング用機器、ニキビケア機器、脱毛機器(エピレーター、IPL、レーザー))、一般消費者向けスキンケア機器用途別分析(オンライン、店頭)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一般消費者向けスキンケア機器の市場概観 ・一般消費者向けスキンケア機器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一般消費者向けスキンケア機器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一般消費者向けスキンケア機器の世界市場規模 ・一般消費者向けスキンケア機器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一般消費者向けスキンケア機器のアメリカ市場規模推移 ・一般消費者向けスキンケア機器のカナダ市場規模推移 ・一般消費者向けスキンケア機器 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"