"創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60561)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Drug discovery and development are key functions of pharmaceutical and biotechnology companies. Drug discovery programs are essential for the introduction of new drugs. As more number of patients are diagnosed with new symptoms and syndromes. Drug discovery programs are usually lengthy and involve target identification, target validation, clinical trials, registration and approval. The whole process takes 15 years before the drug is officially launched and marketed. It is important for the governments to make their processes more coherent and less time consuming. Also, policies should be made to make data sharing more efficient. Drugs discovery should be made cheaper by relaxing tax laws, decreasing duties on instrument exports, increasing government and private funding. Introduction of new drugs and changes in the laws can lead to reduced cost and pricing of new target drugs.
At present North American companies have the highest market share in the overall drug discovery market. Major drug discovery technology and service providers are established in the U.S. The market is driven by presence of manufacturing facilities and research labs of major drug manufacturers. North America is also the highest consumer of branded drugs. The assistance of government regulatory bodies and high level of awareness related to life threatening diseases also encourage drug manufacturers to work on target drug discovery. Similar factors along with common regulations across Europe are responsible for a well-developed market. European research labs and institutes are driven by favourable environment provided by the European Union. Chinese, Japanese and Indian companies are providing contract research services to major pharmaceutical companies in the West. China is the leading Asian country as major international pharmaceutical companies are building their manufacturing facilities in China.

Companies profiled include:
1. Sanofi
2. Johnson and Johnson
3. AstraZeneca
4. Bayer
5. BohringerIngheliem
6. Pfizer
7. GlaxoSmithKline
8. Eli Lily
9. Albany Molecular Research
10. Charles River Laboratories
11. Covance
12. Cyprotex
13. EVT innovate
14. Gen Script
15. Pharmaceutical Product Development
16. Quintiles
17. Viva Biotech
18. WIL research Laboratories
19. WUXI Apptech

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive Summary
1.2. Estimation Methodology
2. Market Overview
2.1. Key findings
2.2. Value Chain analysis
2.3. Key buying criteria
2.4. Drug Discovery Pipeline Process
2.4.1. Pre Discovery of target
2.4.2. Compound Discovery
2.4.3. Lead discovery and Optimization
2.4.4. Pre Clinical Study
2.4.5. Clinical Trials
2.4.6. Application/Approval
2.4.7. Manufacturing
2.4.8. Market launch and Market
2.5. Strategic recommendation
2.6. Strategic conclusions
2.7. Unit shipment in Drug Discovery market
2.8. Forecasted trends and emerging markets
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.2. Market restraints
3.3. Market challenges
3.4. Market opportunities
4. Market Segmentation
4.1. By Service
4.1.1. Biological Services
4.1.2. Chemical Services
4.1.3. Pharmaceutical Services
4.1.4. Drug Metabolism and Pharmacokinetics (DMPK) Services
4.2. By Science
4.2.1. Proteomics
4.2.2. Genomics
4.2.3. Bioinformatics
4.3. By technology
4.3.1. QPCR
4.3.2. DNA and protein microarrays
4.3.3. High-throughput screening
4.3.4. Mass spectrometry
4.3.5. Laboratory information management systems
4.3.6. Microfluidics
4.3.7. Gel electrophoresis
4.3.8. Chromatography
4.3.9. Protein and nucleic acid isolation.
4.3.10. Others
4.4. Novel technologies:
4.4.1. Back scattering interferometry
4.4.2. Cantilever array
5. Market Share and Strategy
6. Geographical Analysis
6.1. North America
6.1.1. United States (U.S.)
6.1.2. Canada
6.2. Europe
6.2.1. United Kingdom (UK)
6.2.2. France
6.2.3. Germany
6.2.4. Spain
6.2.5. Italy
6.3. Asia Pacific
6.3.1. India
6.3.2. China
6.3.3. Japan
6.3.4. Korea
6.3.5. Australia
6.4. Rest of the world
6.4.1. Latin America
6.4.2. MENA
6.4.3. Africa
7. Company Profiling:
7.1. Sanofi
7.2. Johnson and Johnson
7.3. AstraZeneca
7.4. Bayer
7.5. BohringerIngheliem
7.6. Pfizer
7.7. GlaxoSmithKline
7.8. Eli Lily
7.9. Albany Molecular Research
7.10. Charles River Laboratories
7.11. Covance
7.12. Cyprotex
7.13. EVT innovate
7.14. Gen Script
7.15. Pharmaceutical Product Development
7.16. Quintiles
7.17. Viva Biotech
7.18. WIL research Laboratories
7.19. WUXI Apptech

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月20日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60561
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】創薬、製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 4WDトランスファケース用アクチュエータの世界市場
  • 中小企業向け通信音声及びデータサービスの米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、中小企業向け通信音声及びデータサービスの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業向け通信音声及びデータサービスの米国市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は中小企業向け通信音声及びデータサービスの米国市場が2017-2021年期間中に年平均6.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAT&T、T-Mobile、Verizon等です。
  • 低甘味度甘味料の世界市場:キシリトール、タガトース、アルロース、トレハロース、イソマルツロース
    当調査レポートでは、低甘味度甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金庫・貴重品保管庫の世界市場:現金管理用金庫、ガンロッカー(銃の保管庫)、金庫、金庫・貴重品保管庫用扉、その他
    当調査レポートでは、金庫・貴重品保管庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金庫・貴重品保管庫市場規模、製品別(現金管理用金庫、ガンロッカー(銃の保管庫)、金庫、金庫・貴重品保管庫用扉、その他)分析、エンドユーザー別(非銀行系部門、銀行部門)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American Security Products, Diebold Nixdorf, dormakaba Group, Godrej Consumer Products Limited, Gunneboなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場概要 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場環境 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場動向 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場規模 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場:業界構造分析 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場:製品別(現金管理用金庫、ガンロッカー(銃の保管庫)、金庫、金庫・貴重品保管庫用扉、その他) ・金庫・貴重品 …
  • 米国の子供用自転車市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の子供用自転車市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の子供用自転車市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高機能合金の世界市場:非鉄合金、超合金
    当調査レポートでは、高機能合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高機能合金の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶射用セラミックコーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶射用セラミックコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶射用セラミックコーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • mTORC-1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmTORC-1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mTORC-1阻害薬の概要 ・mTORC-1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のmTORC-1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mTORC-1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mTORC-1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 半導体用ダイアモンド材料の世界市場
    当調査レポートでは、半導体用ダイアモンド材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用ダイアモンド材料の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スーパーコンピューターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スーパーコンピューターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スーパーコンピューターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 分子診断の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(感染症、がん診断、遺伝子検査)別分析、技術別分析、需要先別分析、製品・サービス別分析、分子診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊紙の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊紙の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストの概要 ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的糖質コルチコイド受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • メキシコの麻酔器市場動向(~2021)
  • 果汁飲料のドイツ市場:パッケージ別(プラスチック、カートン、ガラス)、フレーバー別(オレンジ、りんご、ミックス、ぶどう)、市場勢力図、セグメント予測
  • 世界のデニムジーンズ市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはデニムジーンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・デニムジーンズの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のシリンジ注入ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリンジ注入ポンプ市場2015について調査・分析し、シリンジ注入ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場について調査・分析し、自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:車両の種類別 ・商用車 ・乗用車 ・二輪車 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:製品の種類別 ・ハンドブレーキケーブル ・クラッチケーブル - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:販路別 ・アフターマーケット ・OEM - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチ …
  • セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場について調査・分析し、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)種類別分析(マニュアル、オートマチック)、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)用途別分析(軍事車両、民間車両)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の市場概観 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場規模 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の北米市場分析(アメリカ …
  • 世界の香水市場2015
    本調査レポートでは、世界の香水市場2015について調査・分析し、香水の世界市場概要、市場規模、市場動向、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボン・ナノチューブの世界市場
    当調査レポートでは、カーボン・ナノチューブの世界市場について調査・分析し、カーボン・ナノチューブの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ディープサイクルバッテリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディープサイクルバッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディープサイクルバッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クレーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クレーン市場規模、用途別分析、製品別(固定式クレーン、移動式クレーン、海洋・港湾用クレーン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クレーンの世界市場概要 ・クレーンの世界市場環境 ・クレーンの世界市場動向 ・クレーンの世界市場規模 ・クレーンの世界市場:業界構造分析 ・クレーンの世界市場:用途別 ・クレーンの世界市場:製品別(固定式クレーン、移動式クレーン、海洋・港湾用クレーン) ・クレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クレーンの北米市場規模・予測 ・クレーンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・クレーンのアジア太平洋市場規模・予測 ・クレーンの主要国分析 ・クレーンの世界市場:意思決定フレームワーク ・クレーンの世界市場:成長要因、課題 ・クレーンの世界市場:競争環境 ・クレーンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Colum …
  • デジタルプリント壁紙の世界市場:基材別(不織布、ビニール、紙、その他)、印刷技術(インクジェット、電子写真)、最終用途分野別(住宅、非住宅、自動車・輸送)、地域別予測
    本資料は、デジタルプリント壁紙の世界市場について調べ、デジタルプリント壁紙の世界規模、市場動向、市場環境、基材別(不織布、ビニール、紙、その他)分析、印刷技術(インクジェット、電子写真)分析、最終用途分野別(住宅、非住宅、自動車・輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルプリント壁紙の世界市場概要 ・デジタルプリント壁紙の世界市場環境 ・デジタルプリント壁紙の世界市場動向 ・デジタルプリント壁紙の世界市場規模 ・デジタルプリント壁紙の世界市場規模:基材別(不織布、ビニール、紙、その他) ・デジタルプリント壁紙の世界市場規模:印刷技術(インクジェット、電子写真) ・デジタルプリント壁紙の世界市場規模:最終用途分野別(住宅、非住宅、自動車・輸送) ・デジタルプリント壁紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルプリント壁紙の北米市場規模・予測 ・デジタルプリント壁紙のアメリカ市場規模・予測 ・デジタルプリント壁紙のヨーロッパ市場規模・ …
  • ジオクチルテレフタレートの世界市場:種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)、地域別予測
    本資料は、ジオクチルテレフタレートの世界市場について調べ、ジオクチルテレフタレートの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)分析、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF、Aekyung Petrochemical、Oxea、LG Chemical、Eastman、ExxonMobil、Meltem Kimya、Nan Ya Plastics、UPC Group、Iro Group、Bluesail Chemical Group、Xiongye Chemical、Lingchuang Chemical、Xiangfeng Plastic、Kunshan Hefeng Chemicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ジオクチルテレフタレートの世界市場概要 ・ジ …
  • ポイントオブケア診断の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、ポイントオブケア診断の世界市場規模が2019年285億ドルから2024年467億ドルまで年平均10.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ポイントオブケア診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(グルコースモニタリング製品、心臓代謝モニタリング製品、感染症検査製品、凝固モニタリング製品、妊娠および妊娠検査製品、腫瘍/がんマーカー検査製品、尿検査製品、コレステロール検査製品、血液検査製品、薬物乱用検査製品、 便潜血検査製品、その他のPOC製品)分析、プラットフォーム別(ラテラルフローアッセイ、ディップスティック、マイクロフルイディクス、分子診断、免疫アッセイ)分析、購入方法別(処方ベース製品、OTC製品)分析、エンドユーザー別(専門診断センター、病院/クリティカルケアセンター、在宅ケア施設、研究所、その他のエンドユーザー)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市 …
  • PP再利用可能バッグの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PP再利用可能バッグの世界市場について調査・分析し、PP再利用可能バッグの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PP再利用可能バッグシェア、市場規模推移、市場規模予測、PP再利用可能バッグ種類別分析()、PP再利用可能バッグ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PP再利用可能バッグの市場概観 ・PP再利用可能バッグのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PP再利用可能バッグのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PP再利用可能バッグの世界市場規模 ・PP再利用可能バッグの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PP再利用可能バッグのアメリカ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのカナダ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのメキシコ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PP再利用可能バッグのドイツ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのイギリス市場規模推移 ・PP再利用可能バッ …
  • アフリカのヘアケア製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アフリカのヘアケア製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アフリカのヘアケア製品市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用海藻類の世界市場:製品別(紅藻、褐藻、緑藻)、形態別(液体、粉末、フレーク)、用途別(動物用飼料、食品)、セグメント予測
    業務用海藻類の世界市場は2024年には221億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、海藻由来食品の需要の高まりが考えられます。肥料、飼料、ヘルスケア、医療分野での用途拡大も、海藻類の需要を押し上げています。さらに、寒天、粉末寒天、アルギン酸塩などの海藻抽出物の人気も高まっていることから、業務用海藻類の市場は成長していくものと期待されています。本調査レポートでは、業務用海藻類の世界市場について調査・分析し、業務用海藻類の世界市場動向、業務用海藻類の世界市場規模、市場予測、セグメント別業務用海藻類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 人工股関節の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、人工股関節の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、人工股関節の世界市場規模及び予測、処置別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル雑誌出版の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタル雑誌出版の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル雑誌出版の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Lckチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるLckチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のLckチロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 脊髄ポンプの世界市場分析:用途別(痙攣管理、疼痛管理、非悪性疼痛、悪性疼痛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、脊髄ポンプの世界市場について調査・分析し、脊髄ポンプの世界市場動向、脊髄ポンプの世界市場規模、市場予測、セグメント別脊髄ポンプ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 動物タンパク質加水分解物の世界市場予測2019-2024
    「動物タンパク質加水分解物の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、液状、 粉末状 など、用途別には、Infant Formula、Clinical Nutrition、Sports Nutrition & Dietary Supplementsなどに区分してまとめた調査レポートです。動物タンパク質加水分解物のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動物タンパク質加水分解物の世界市場概要(サマリー) ・動物タンパク質加水分解物の企業別販売量・売上 ・動物タンパク質加水分解物の企業別市場シェア ・動物タンパク質加水分解物の世界市場規模:種類別(液状、 粉末状 ) ・動物タンパク質加水分解物の世界市場規模:用途別(Infant Formula、Clinical Nutrition、Sports Nutrition & Dietary Supplements) ・動物タンパク質加水分解物の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシ …
  • 胃部・食道胃接合部腺癌市場:中国の治療薬市場
  • エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:展開タイプ別(クラウドおよびオンプレミス)、技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、および音声認識)、組織規模別(大企業および中小企業)、業種別(メディアおよび広告、BFSI、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、自動車&輸送、その他)
    当調査レポートでは、エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、展開タイプ別分析、技術別分析、組織規模別分析、業種別、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:展開タイプ別(クラウドおよびオンプレミス) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、および音声認識) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:組織規模別(大企業および中小企業) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:業種別(メディアおよび広告、BFSI、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、自動車&輸送、その他) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • 世界のはん用試験装置市場2016
    本調査レポートでは、世界のはん用試験装置市場2016について調査・分析し、はん用試験装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリフッ化ビニル(PVF)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリフッ化ビニル(PVF)市場2015について調査・分析し、ポリフッ化ビニル(PVF)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリー市場規模、製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場概要 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場環境 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場動向 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場規模 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:業界構造分析 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池) ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:地域別 …
  • 堅牢ディスプレイの世界市場2017-2021:航空宇宙・防衛、工業、商業
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、堅牢ディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、堅牢ディスプレイの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は堅牢ディスプレイの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Getac Technology、KYOCERA、Panasonic等です。
  • 自動重量選別機の世界市場予測:スタンドアロンシステム、組み合わせシステム
    MarketsandMarkets社は、自動重量選別機の世界市場規模が2019年238百万ドルから2024年289百万ドルまで年平均4.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動重量選別機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(スタンドアロンシステム、組み合わせシステム)分析、技術別(ひずみゲージ、EMFR)分析、産業別(食品および飲料、医薬品、消費者製品、化粧品、およびパーソナルケア)分析、自動重量選別機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場について調査・分析し、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:市場動向分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:競争要因分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の北米市場規模・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の欧州市場・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術のアジア市場・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • キルギスのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 組織バンキングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、組織バンキングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、組織バンキング市場規模、製品別(警報・監視装置、凍結保存システム、ラベル化・符号化装置、貯蔵システム、解凍装置、品質管理装置、媒体・付属品、消費財)分析、組織種類別(血液、骨、角膜、心臓弁、肌、軟組織、臍帯)分析、サービス種類別(微生物検査、加工、スクリーニング、血清学的検査、貯蔵・保存、組織修復)分析、用途別(臨床・治療、化粧品、創薬、研究開発)分析、エンドユーザー別(バイオテクノロジー企業、病院、研究・学術機関、組織バンク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 組織バンキングの世界市場:市場動向分析 ・ 組織バンキングの世界市場:競争要因分析 ・ 組織バンキングの世界市場:製品別(警報・監視装置、凍結保存システム、ラベル化・符号化装置、貯蔵システム、解凍装置、品質管理装置、媒体・付属品、消費財) ・ 組織バンキングの世界市場:組織種類別(血液、骨、角膜、心臓弁 …
  • エジプトの外傷固定装置市場見通し
  • アルミトラスの世界市場予測2019-2024
    「アルミトラスの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、平トラス、 三角トラス、四角トラス、円形・長円形トラス、その他など、用途別には、Stages、Outdoor Activities、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミトラスのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミトラスの世界市場概要(サマリー) ・アルミトラスの企業別販売量・売上 ・アルミトラスの企業別市場シェア ・アルミトラスの世界市場規模:種類別(平トラス、 三角トラス、四角トラス、円形・長円形トラス、その他) ・アルミトラスの世界市場規模:用途別(Stages、Outdoor Activities、Other) ・アルミトラスの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミトラスのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミトラスの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) …
  • 呼吸装置の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • 世界の食品用固化防止剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品用固化防止剤市場2015について調査・分析し、食品用固化防止剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体IP(知的財産)の世界市場予測(~2024年)
    半導体IPの世界市場は、2018年の49億米ドルから2024年には65億米ドルに達し、4.78%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家庭用電化製品分野におけるマルチコアテクノロジの進歩、および最新のSoCデザインに対する需要の増加が考えられます。メモリIP市場については、スイッチング速度、電力効率、そしてさまざまな家電製品や機器との適合性が高いという理由で、大幅な成長が期待されます。また自動車業界においては、より優れた安全性および高度な機能が要求され、車両あたりより多くの記憶装置を設置する必要性が生じます。当調査レポートでは、半導体IP(知的財産)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デザインIP(プロセッサIP、インターフェイスIP、メモリIP)分析、IPソース(ロイヤリティ、ライセンス)分析、産業(家電、テレコム、工業、自動車、商業)分析、半導体IP(知的財産)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッドマウントディスプレイの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイの世界市場について調査・分析し、ヘッドマウントディスプレイの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:市場動向分析 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:競争要因分析 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:技術別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイの北米市場規模・分析 ・ヘッドマウントディスプレイの欧州市場・分析 ・ヘッドマウントディスプレイのアジア市場・分析 ・ヘッドマウントディスプレイの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"