"生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60507)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Life has become fast. People are now more workaholic which has affected every aspect of life. When on one side life style related diseases are growing, demand for organic food is also gaining steam. This has encouraged the farmers to use an organic fertilizer which is one of the main reasons for the rapid growth of bio-fertilizer market recently. As the demand for the organic food is increasing, the global bio-fertilizer market is also expected to grow at an impressive compounded annual growth rate. Our report on global bio-fertilizer market focuses on the opportunities in the overall market especially in the key areas such as Asia-Pacific (APAC), US and Europe.
North America and APAC are the leading consumer markets of bio-fertilizer on the back of good awareness and government policies which are among the key growth drivers in these regions. Price is also an important factor for bio-fertilizer market; currently price has negative impact on bio-fertilizer market; however, mass production and technological advancements are expected to reduce the overall production cost in future. Also, availability and cost of raw material will be a key motivator of bio-fertilizer market. Asia-Pacific is the most opportunistic market for bio-fertilizer because of availability of raw material, cheap labour force and large number of end- users.

Prolonged negative effects of chemical fertilizers are also one of the primary reasons behind the growth and demand for bio-fertilizers. Nitrogen-fixing bio-fertilizer is the largest segment of the market, which, however, is small as compared to chemical bio-fertilizers market but with the growing acceptance and demand, this is expected to be large market in the coming days.

Considering the positive impact of bio-fertilizers, governments in various countries are supporting the sector with framing friendly policies. For example, Mexico government has created new policy for promoting and commercialization of bio-fertilizers in the country. The policy report highlights opportunities of bio-fertilizers, how they can commercialize the products and the social and economic impact of bio-fertilizers in Mexico.

Companies profiled include:
1. Bio Nature Technology PTE Ltd.
2. Kribhco
3. Gujarat State Fertilizers & Chemicals Ltd.
4. Madras Fertilizers Limited
5. National Fertilizers Limited
6. Biofosfatos do Brasil
7. Embrafós
8. Instituto de Fosfato Biológico (IFB)
9. Liderfós. Embrafós
10. Bio Protan
11. Futureco Bioscience S.L.
12. Labiofam S.A.
13. Neochim
14. Novozymes A.S.
15. Symborg S.L.
16. BlackStone Agriculture
17. Circle-One Internatiomal, Inc.
18. hopeland
19. LABIOFAM S.A.
20. Rizobacter Argentina S.A.

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table Of Contents
1. Executive Summary
2. Market Overview
2.1. Introduction
2.2. Market Trends Of Bio-Fertilizer
2.2.1 Recent Developments
2.2.2 Future Of Bio-Fertilizer Industry (Predictive Analysis)
2.3 Value Chain Analysis
2.3.1 Raw Material
2.3.2 Manufacturer
2.3.3 Distributors
2.3.4 Retailer
2.3.5 End-Users
2.4 Key Buying Criteria
2.4.1 Price:
2.4.2 Alternatives:
2.4.3 Availability:
2.4.4 Quality
2.4.5 Environmental Concerns
3 Sector Analysis
3.1. Fertilizer Sector
3.1.1. Chemical Fertilizers
3.1.1.1. Nitrogen Fertilizer
3.1.1.2. Phosphate Fertilizers
3.1.1.3. Potassium Fertilizers
4. Market Segmentation
4.1. Fertilizer Type
4.1.1. Nitrogen Fixing Fertilizers
4.1.2. Phosphate-Solubilizing Bio-Fertilizers
4.1.3. Potash Mobilizing Bio-Fertilizers
4.1.4. Others
4.2. Segmentation By Microorganism:
4.2.1. Rhizobium
4.2.2. Azotobacter
4.2.3. Azospirillum
4.2.4. Bga
4.2.5. Phosphate Solubilizer
4.2.6. Others
5. Market Determinants
5.1. Driver
5.1.1. Preference Of Bio-Fertilizer Over Chemical Fertilizer
5.1.2. Increase In Demand Of Organic Food
5.1.3. Government Policy Backing Bio-Fertilizer
5.1.3.1. Us Policy For Bio-Fertilizer
5.1.3.2. India Policy For Bio-Fertilizer
5.1.4. New And Improved Products
5.1. Restraints
5.2.1. Lack Of Proper Training
5.2.2. Infrastructure Development
5.2.3. Retail Outlet And Distribution
5.3. Opportunity
5.3.1. Less Competition In The Market
5.3.2. More Production Is Possible
5.3.3. Fast Return On Investments
5.4. Challenges
5.4.1. Bio-Fertilizers are More Expensive Than Chemical Fertilizer
5.4.2. Bio-Fertilizer Have Low Shelf Life
5.4.3. Supply Chain Is Not Consistent
6. Competitive Intelligence
6.1. Market Share Analysis
6.2. Key Company Analysis
6.3. Key Strategies Of Leading Players
6.3.1. Patent Of The Formula And Innovation
6.3.2. Government Aid For Revival Of Bio-Fertilizer Plant
6.3.3. Product Positioning And Increase Market Awareness
6.3.4. Investment In New Plant And Products
7. Geography Analysis
7.1. North America
7.1.1. US
7.1.2. Canada
7.2. Europe
7.2.1. Germany
7.2.2. UK
7.2.3. Spain
7.2.4. Italy
7.2.5. France
7.3. Asia
7.3.1. China
7.3.2. India
7.3.3. Japan
7.4. RoW
8. Companies Profiled
1. Bio Nature Technology PTE Ltd.
2. Kribhco
3. Gujarat State Fertilizers & Chemicals Ltd. (
4. Madras Fertilizers Limited
5. National Fertilizers Limited
6. Biofosfatos do Brasil
7. Embrafós
8. Instituto de Fosfato Biológico (IFB)
9. Liderfós. Embrafós
10. Bio Protan
11. Futureco Bioscience S.L.
12. Labiofam S.A.
13. Neochim
14. Novozymes A.S.
15. Symborg S.L.
16. BlackStone Agriculture
17. Circle-One Internatiomal, Inc.
18. hopeland
19. LABIOFAM S.A.
20. Rizobacter Argentina S.A.

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月22日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60507
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【キーワード】生物肥料(バイオ肥料)
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 偽造防止包装技術の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、偽造防止包装技術の世界市場について調査・分析し、偽造防止包装技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・偽造防止包装技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・偽造防止包装技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・偽造防止包装技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 脱水調整剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、脱水調整剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(合成修飾天然(PAC、CMC)、合成(アクリルスルホン化ポリマー)、天然(デンプン、リグニン、ベントナイト))分析、用途別(掘削液、セメントスラリー)分析、脱水調整剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、脱水調整剤の世界市場規模が2019年315百万ドルから2024年376百万ドルまで年平均3.6%成長すると予測しています。
  • サメ肉の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、サメ肉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サメ肉市場規模、製品別(フカヒレ、サメ肉)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サメ肉の世界市場概要 ・サメ肉の世界市場環境 ・サメ肉の世界市場動向 ・サメ肉の世界市場規模 ・サメ肉の世界市場:業界構造分析 ・サメ肉の世界市場:製品別(フカヒレ、サメ肉) ・サメ肉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・サメ肉の北米市場規模・予測 ・サメ肉のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サメ肉のアジア太平洋市場規模・予測 ・サメ肉の主要国分析 ・サメ肉の世界市場:意思決定フレームワーク ・サメ肉の世界市場:成長要因、課題 ・サメ肉の世界市場:競争環境 ・サメ肉の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 産業用攪拌機の世界市場
    当調査レポートでは、産業用攪拌機の世界市場について調査・分析し、産業用攪拌機の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のPVDF市場2015
    本調査レポートでは、世界のPVDF市場2015について調査・分析し、PVDFの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療製品用滅菌包装の世界市場:材料(プラスチック、ガラス、金属、紙)、包装材種類、滅菌方式、用途別分析
    当調査レポートでは、医療製品用滅菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、滅菌方式別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の葬儀用テーブル市場2016
    本調査レポートでは、世界の葬儀用テーブル市場2016について調査・分析し、葬儀用テーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国のインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • オーソバイオロジクスの世界市場:幹細胞、骨誘導因子、合成移植骨、関節保護薬、骨基質、同種移植片
    当調査レポートでは、オーソバイオロジクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーソバイオロジクスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の三塩化ヒ素市場2015
    本調査レポートでは、世界の三塩化ヒ素市場2015について調査・分析し、三塩化ヒ素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 配電ユニットの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、配電ユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ベーシック、メーター、スイッチ、モニター、ATS、ホットスワップ、デュアルサーキット)分析、相別(単相&3相)分析、定格電力別(最大120V、120〜240V、240〜400V、400V以上)分析、エンドユーザー別分析、配電ユニットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、配電ユニットの世界市場規模が2019年37億ドルから2024年52億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。
  • 炭素繊維樹脂の世界市場:熱硬化性、熱可塑性、プリプレグ、非プリプレグ、用途
    当調査レポートでは、炭素繊維樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 材料除去ツールの世界市場2017-2021:機械、電動工具
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、材料除去ツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、材料除去ツールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は材料除去ツールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDMG MORI、Dalian Machine Tool Group (DMTG)、Makita、Robert Bosch、SMTCL等です。
  • 世界の高圧ポンプ市場:詳細分析レポート2017-2022
  • ECG装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 欧州主要国の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電子産業におけるコンフォーマルコーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電子産業におけるコンフォーマルコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子産業におけるコンフォーマルコーティングの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパラコート市場2015
    本調査レポートでは、世界のパラコート市場2015について調査・分析し、パラコートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)の概要 ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 皮膚および皮膚組織感染症(SSSI):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)の概要 ・皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 油圧シリンダの世界市場予測(~2023年):単動シリンダ、複動シリンダ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、油圧シリンダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、機能別分析、仕様別分析、用途別分析、地域別分析、油圧シリンダの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 騒音監視の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、騒音監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サンプリング方法別分析、種類別分析、ネットワーク別分析、用途別分析、騒音監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オフショアデコミッショニングの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、オフショアデコミッショニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別(ウェルプラグ&放棄、プラットフォーム削除、その他)分析、深さ別(浅い、深海)分析、構造別(上部、下部構造)分析、取り外し別(所定場所、部分的、完全)分析、オフショアデコミッショニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オフショアデコミッショニングの世界市場規模が2019年62億ドルから2027年89億ドルまで年平均4.8%成長すると予測しています。
  • エステルクォートの世界市場2010-2024:用途別(衣類ケア、パーソナルケア、産業)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、GCC、KSA、残りのMEA)
    本調査レポートでは、エステルクォートの世界市場について調査・分析し、エステルクォートの世界市場動向、エステルクォートの世界市場規模、市場予測、セグメント別エステルクォート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)、シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート)、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)
    本資料は、自動車用シートの世界市場について調べ、自動車用シートの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用シートの世界市場概要 ・自動車用シートの世界市場環境 ・自動車用シートの世界市場動向 ・自動車用シートの世界市場規模 ・自動車用シートの世界市場:市場シェア ・自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革) ・自動車用シートの世界市場:シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート) ・自動車用シートの世界市場:車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用シートの世界市場:車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG) ・自動車用シートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用シートの北米市 …
  • 創傷閉鎖用デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、 創傷閉鎖用デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、 創傷閉鎖用デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は 創傷閉鎖用デバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M• Abbott• B. Braun• Ethicon• Medtronic等です。
  • チョコレート菓子の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、チョコレート菓子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、チョコレート菓子市場規模、構成品目別(チョコレートクリーム、ナッツチョコレート、オーガニックチョコレート、ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ブラックチョコレート、その他)分析、製品種別(チョコレートキャンディ、おまけ付きチョコレート、型押し板チョコ・タブレット型チョコレート、ノベルティ、アルフォーレス、その他)分析、販売経路別(クラブストア、菓子専門店、コンビニエンスストア、ディスカウント店/ダラーストア、ドラッグストア、その他)分析、用途別(菓子工場、レストラン・喫茶店、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ チョコレート菓子の世界市場:市場動向分析 ・ チョコレート菓子の世界市場:競争要因分析 ・ チョコレート菓子の世界市場:構成品目別(チョコレートクリーム、ナッツチョコレート、オーガニックチョコレート、ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート …
  • ギリシャの心臓補助装置市場見通し
  • 風力タービン用ギヤボックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、風力タービン用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、風力タービン用ギヤボックス市場規模、設置型別(新規、置換)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ISHIBASHI Manufacturing, Moventas, Nanjing High Accurate Drive Equipment Manufacturing Group, Siemens, ZF Friedrichshafenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・風力タービン用ギヤボックスの世界市場概要 ・風力タービン用ギヤボックスの世界市場環境 ・風力タービン用ギヤボックスの世界市場動向 ・風力タービン用ギヤボックスの世界市場規模 ・風力タービン用ギヤボックスの世界市場:業界構造分析 ・風力タービン用ギヤボックスの世界市場:設置型別(新規、置換) ・風力タービン用ギヤボックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・風力タービン用ギヤボックスの北米市 …
  • 神経膠腫治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、神経膠腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、神経膠腫治療薬市場規模、製品別(小分子、生物製剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・神経膠腫治療薬の世界市場概要 ・神経膠腫治療薬の世界市場環境 ・神経膠腫治療薬の世界市場動向 ・神経膠腫治療薬の世界市場規模 ・神経膠腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・神経膠腫治療薬の世界市場:製品別(小分子、生物製剤) ・神経膠腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・神経膠腫治療薬の北米市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬の主要国分析 ・神経膠腫治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・神経膠腫治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・神経膠腫治療薬の世界市場:競争環境 ・神経膠腫治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、F. Hoffmann …
  • 世界のブロノポール市場2016
    本調査レポートでは、世界のブロノポール市場2016について調査・分析し、ブロノポールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ディープラーニング(深層学習)の世界市場予測(~2022): 画像認識、信号認識、データマイニング
    当調査レポートでは、ディープラーニング(深層学習)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、提供形態別分析、需要先別分析、地域別分析、ディープラーニング(深層学習)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの整形外科装置市場見通し
  • ブラジルの脊椎手術市場動向(~2021)
  • IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス
    当調査レポートでは、IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス)分析、用途別(銀行、金融セクター、小売、政府、高セキュリティ、製造、企業、住宅、エンターテイメント、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:製品種類別(ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス) ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:用途別(銀行、金融セクター、小売、政府、高セキュリティ、製造、企業、住宅、エンターテイメント、ヘルスケア、その他) ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:地域別 ・企業動向
  • スマートロックの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調べ、スマートロックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートロックの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(家庭用、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスマートロックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8.45%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートロックの市場状況 ・スマートロックの市場規模 ・スマートロックの市場予測 ・スマートロックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(家庭用、その他) ・スマートロックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 親水コロイドの世界市場:ゼラチン、キサンタン、カラゲーニン、アルジネート、寒天、ペクチン、グアー、イナゴマメ、アラビアガム、CMC
    当調査レポートでは、親水コロイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 床洗浄機用バッテリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、床洗浄機用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、床洗浄機用バッテリーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は床洗浄機用バッテリーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Crown Battery • East Penn Manufacturing • EnerSys• Exide Technologies• Trojan Battery等です。
  • カザフスタンの火力発電市場2016
  • 世界の電解質分析装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の電解質分析装置市場2016について調査・分析し、電解質分析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動手押し車の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、電動手押し車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動手押し車市場規模、製品別(電動リフト型、電動可動型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動手押し車の世界市場概要 ・電動手押し車の世界市場環境 ・電動手押し車の世界市場動向 ・電動手押し車の世界市場規模 ・電動手押し車の世界市場:業界構造分析 ・電動手押し車の世界市場:製品別(電動リフト型、電動可動型) ・電動手押し車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電動手押し車の北米市場規模・予測 ・電動手押し車のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電動手押し車のアジア太平洋市場規模・予測 ・電動手押し車の主要国分析 ・電動手押し車の世界市場:意思決定フレームワーク ・電動手押し車の世界市場:成長要因、課題 ・電動手押し車の世界市場:競争環境 ・電動手押し車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Etesia UK、Macauto、Po …
  • 糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)の概要 ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • ハンガリーの血栓管理装置市場見通し
  • スペインの心臓人工弁市場(~2021)
  • リヨセル繊維の世界市場
    当調査レポートでは、リヨセル繊維の世界市場について調査・分析し、リヨセル繊維の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 塩化メチレンの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、塩化メチレンの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・塩化メチレンの世界市場:イントロダクション ・塩化メチレンの世界市場:市場概観 ・塩化メチレンの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・塩化メチレンの世界市場:セグメント別市場分析 ・塩化メチレンの世界市場:用途別分析/市場規模 ・塩化メチレンの世界市場:成分別分析/市場規模 ・塩化メチレンの世界市場:グループ別分析/市場規模 ・塩化メチレンの世界市場:主要地域別市場分析 ・塩化メチレンの世界市場:関連企業分析
  • ディジタイザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディジタイザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディジタイザーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 動物用クロストリジウムワクチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動物用クロストリジウムワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動物用クロストリジウムワクチンの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 クロストリジウム属の菌は、土壌内部や様々な動物の腸内などで広く生息している嫌気性菌であり、動物の様々な病気に繋がる多くの種類の毒素を持っています。これら病気のいくつかは、人畜共通感染症です。動物をすべてのクロストリジウム感染症から保護する上で、ワクチンは大きな役割を果たしています。Technavio社は動物用クロストリジウムワクチンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Elanco• Merck• Merial (now part of Boehringer Ingelheim)• Zoetis等です。
  • MV保護リレーの世界市場予測(~2023年):電気機械的・静的リレー、デジタル・数値リレー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、MV保護リレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(電気機械的・静的リレー、デジタル・数値リレー)分析、接続負荷別(フィーダーライン、変圧器、モーター)分析、エンドユーザー別(ユーティリティ、工業、商業・機関)分析、MV保護リレーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"