"アフェクティブ・コンピューティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60536)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アフェクティブ・コンピューティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Affective computing is projected to find its application in area such as artificial intelligence where it can help in strengthening machine-human relationship. The demand for affective computing is expected to increase in forecasted period due to increasing adoption of wearable devices and internet.
Factors that are driving the market are: Continuous research and development in body gesture, facial expression and blood pressure etc. Increasing tech savvy population and adoption of wearable devices and internet, arrival of large corporations in the market and the good processing speed of affective computing to record and analyse a human being response in real time are expected to result in the faster adoption of this technology in projected period. There are lot more factors driving the market such as applications in wide no of sectors such as government, healthcare etc. Due to the increase in the use of internet also the use and demand of affective computing market is increasing people have started using it in to day to day life such as in hands free computing, distance education, internet banking etc. application of affective computing is also widely spread across fields such as security sector, medical sector, neurology, psychiatry, Dialog/automatic call centre environment and robotics. Although several factors such as the application of affective computing differs from business to business and also depends on the product or service, Privacy concerns; devices can recognize interpret, process, and simulate human, Privacy concerns; devices can recognize interpret, process and simulate human are restraining factors for the growth of the market.

The market of affective computing is segmented by industrial sector, industrial application, and technological application and by application area. Geographically the market is segmented into North America (US, Canada), Europe (UK, Italy, Spain, France, Germany, RoE), Asia-Pacific (India, Japan, Australia, China, Korea, RoAPAC) and Rest of World (Latin America, MENA and Africa). The key providers of affective computing in the market include: Intel Corporation, Gestsure, Apple Inc, Qualcomm Inc, Microsoft Corporation, Texas Advanced Computing Center (TACC),Tacc (The Affective Computing Company) and IBM.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"アフェクティブ・コンピューティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1 Executive Summary
1.2 Estimation methodology
2. Market overview
2.1 Market definition
2.2 Market Scope
2.3 Key findings
2.4 Parametric analysis
2.4.1 Adoption rate across various sectors
2.4.2 Growing wearable device market
2.4.3 R& D investments in affective computing technology
2.5 Key market insights
2.5.1 Innovation Scenario
2.5.2 Dominant market segments
2.5.3 Future research directions
3. Competitive intelligence
3.1 Market share analysis
3.2 Key winning analysis
3.3 Case study; Top competitor’s move
3.4 Key research criteria
3.5 Key applications
4. Sector analysis
4.1 Parent market analysis
4.2 Competitor market analysis
4.3 Alternative market analysis
5. Market determinants
5.1 Market drivers
5.1.1 Emerging trends in wearable devices
5.1.2 Continuous research and development taking place in body gesture, and facial expression.
5.1.3 Applications various sectors such as government, healthcare etc
5.1.4 Rising tech savvy population
5.2 Market Restraints
5.2.1 Privacy concerns; devices can recognize interpret, process, and simulate human affects
5.2.2 Risk of misuse of the technology; Computers start to make emotionally distorted, harmful decision
5.2.3 Complex technology
5.3 Market opportunities
5.3.1 Research in multimodal detection and recognition to achieve higher accuracy
5.3.2 Collaboration among affection researchers from different disciplines
5.4 Market challenges
5.4.1 Risk of false interpretation
5.4.2 False or misleading emotions can lead to false results
6. Market Segmentation
6.1 Global affective computing market, by software, 2014-2021 ($ billion)
6.1.1 Global affective computing market , by speech recognition software, 2014-2021 ($ billion)
6.1.2 Global affective computing market, by gesture recognition software, 2014-2021 ($ billion)
6.1.3 Global affective computing market, by facial expression recognition software, 2014-2021 ($ billion)
6.1.4 Global affective computing market, by neural analytics software, 2014-2021 ($ billion)
6.1.5 Global affective computing market, by enterprise software, 2014-2021 ($ billion)
6.1.6 Others
6.2 Global affective computing market, by hardware, 2014-2021 ($ billion)
6.2.1 Global affective computing market, by sensors, 2014-2021 ($ billion)
6.2.2 Global affective computing market, by cameras, 2014-2021 ($ billion)
6.2.3 Global affective computing market, by storage devices and processors, 2014-2021 ($ billion)
6.2.4 Global affective computing market, by other hardware, 2014-2021 ($ billion)
6.3 Global affective computing market, by industrial sector, 2014-2021 ($ billion)
6.3.1 Global affective computing market, by Security sector, 2014-2021 ($ billion)
6.3.2 Global affective computing market, by Medical sector, 2014-2021 ($ billion)
6.3.3 Global affective computing market, by Neurology, 2014-2021 ($ billion)
6.3.4 Global affective computing market, by Psychiatry, 2014-2021 ($ billion)
6.3.5 Global affective computing market, by Dialog/Automatic call centre environment, 2014-2021 ($ billion)
6.3.6 Global affective computing market, by Robotics, 2014-2021 ($ billion)
6.4 Global affective computing market, by application, 2014-2021 ($ billion)
6.4.1 Global affective computing market , by Hands-free computing, 2014-2021 ($ billion)
6.4.2 Global affective computing market , by Distance education, 2014-2021 ($ billion)
6.4.3 Global affective computing market , by Internet banking, 2014-2021 ($ billion)
6.4.4 Global affective computing market, by Virtual sales assistant, 2014-2021 ($ billion)
6.4.5 Global affective computing market, by Social interfaces, 2014-2021 ($ billion)
7.3 Global affective computing market, by technology, 2014-2021 ($ billion)
7.3.1 Global affective computing market , by Emotional speech, 2014-2021 ($ billion)
7.3.2 Global affective computing market, by Facial effect detection, 2014-2021 ($ billion)
7.3.3 Global affective computing market, by Body gestures, 2014-2021 ($ billion)
7.3.4 Global affective computing market, by Blood volume pulse, 2014-2021 ($ billion)
7.3.5 Global affective computing market, by Facial electromyography, 2014-2021 ($ billion)
7.3.6 Global affective computing market, by Galvanic skin response, 2014-2021 ($ billion)
7.3.7 Global affective computing market, by Visual aesthetics, 2014-2021 ($ billion)
8 Geographic analysis
8.1 North America Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.1.1 U.S Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.1.2 Canada Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.2 Europe Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.2.1 U.K Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.2.2 Germany Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.2.3 France Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.3 Asia Pacific Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.3.1 China Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.3.2 India Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.3.3 Korea Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.3.4 Japan Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.3.5 Australia Affective computing market, 2014-2021,($ billion)
8.4 Rest of the world
9 Company Profiling
9.1 Tacc (The Affective Computing Company)
9.2 Intel Corporation
9.3 Gestsure Technologies, Inc.
9.4 Apple, Inc.
9.5 Vicon
9.6 Texas Advanced Computing Center (TACC)
9.7 Softkinetic
9.8 Saffron Technology
9.9 Qualcomm
9.10 Pyreos Limited
9.11 Palantir
9.12 Numenta
9.13 Microsoft
9.14 IBM
9.15 Gesturek
9.16 Eyesight Technologies
9.17 Emotient
9.18 Elliptic labs
9.19 Congnivue corporation
9.20 Cognitec systems
9.21 Affectiva

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アフェクティブ・コンピューティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月25日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60536
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】アフェクティブ・コンピューティング
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アフェクティブ・コンピューティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 印刷テープの世界市場分析:原材料別(ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル)、製品別(アクリル、ホットメルト、天然ゴム)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、印刷テープの世界市場について調査・分析し、印刷テープの世界市場動向、印刷テープの世界市場規模、市場予測、セグメント別印刷テープ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタルコインの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタルコインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルコインの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • HVACエアダクトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、HVACエアダクトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVACエアダクトの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイグラインダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ダイグラインダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイグラインダーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベネズエラの市場見通し(~2021年)
  • 卵管がん(Fallopian Tube Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における卵管がん(Fallopian Tube Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、卵管がん(Fallopian Tube Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・卵管がん(Fallopian Tube Cancer)の概要 ・卵管がん(Fallopian Tube Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の卵管がん(Fallopian Tube Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・卵管がん(Fallopian Tube Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 通気性フィルムの世界市場予測(~2021年):ポリエチレンフィルム、ポリウレタンフィルム、ポリプロピレンフィルム
    当調査レポートでは、通気性フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、通気性フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タルクの世界市場予測(~2021年):タルククロライト、タルクカーボネート
    当調査レポートでは、タルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、タルクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗真菌薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、抗真菌薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、抗真菌薬市場規模、投薬経路別(局所、経口)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・抗真菌薬の世界市場概要 ・抗真菌薬の世界市場環境 ・抗真菌薬の世界市場動向 ・抗真菌薬の世界市場規模 ・抗真菌薬の世界市場:業界構造分析 ・抗真菌薬の世界市場:投薬経路別(局所、経口) ・抗真菌薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・抗真菌薬の北米市場規模・予測 ・抗真菌薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・抗真菌薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・抗真菌薬の主要国分析 ・抗真菌薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・抗真菌薬の世界市場:成長要因、課題 ・抗真菌薬の世界市場:競争環境 ・抗真菌薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Astellas Pharma、Basilea Pharmaceutica、Merck、Pfizerなどです。
  • 世界のホウ化ジルコニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のホウ化ジルコニウム市場2016について調査・分析し、ホウ化ジルコニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィトステロールの世界市場
    当調査レポートでは、フィトステロールの世界市場について調査・分析し、フィトステロールの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オーストラリアの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のリスペリドン市場2016
    本調査レポートでは、世界のリスペリドン市場2016について調査・分析し、リスペリドンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田用特殊化学物質の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、油田用特殊化学物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティの世界市場2014-2025:システム別(アクセス制御、警告・通知、侵入検知、ビデオ監視、バリアシステム)、サービス別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、セキュリティの世界市場について調査・分析し、セキュリティの世界市場動向、セキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別セキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レンタル発電機付属品の世界市場2018-2022
    レンタル発電車は、ピーク負荷需要またはベース負荷供給に対応するために使用されます。また、様々な業界の待機予備電源としても使用されています。レンタル発電車は、レンタル発電所のメンテナンスに比べて安価です。Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間にレンタル発電車付属品の世界市場が、3.22%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Aggreko、Atlas Copco、Caterpillar、HIMOINSA、Northbridge Industrial Services、PT Sumberdaya Sewatama、などです。 当調査レポートでは、レンタル発電機付属品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レンタル発電機付属品市場規模、製品別(発電付属品、燃料付属品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レンタル発電機付属品の世界市場概要 ・レンタル発電機付属品の世界市場環境 ・レンタル発電機 …
  • EMI(電磁)シールドの世界市場予測(~2024年)
    EMI(電磁)シールドの世界市場は、2019年の63億米ドルから2024年には82億米ドルに達し、この期間中8.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全規制に対する要求、石油・ガス産業における安全システムに対する需要の高まり、人員・資産保護のための信頼性の高い安全システムに対するニーズの高まり、インダストリー4.0、危険な産業地域におけるオートメーションの拡大などが考えられます。EMI(電磁)シールドの需要は、クロック周波数の増加、高スルーレート、パッケージの高密度化、さらに小型、軽量、安価、低消費電力のデバイスへの需要の高まりによって高まっています。この市場の成長を促す要因として、5G技術の実行可能性を実現するための実地試験とパイロットプロジェクトによる継続的な実証および厳格なEMI規制などが考えられます。当調査レポートでは、EMI(電磁)シールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料(EMIシールドテープ・ラミネート、導電性コーティング剤・塗料、金属シールド、導電性 …
  • コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場分析:製品別(乳がん、肺がん、結腸/直腸がん、前立腺がん、肝臓がん、骨がん、神経/筋骨格/心臓血管がん)、乳房CAD画像診断法別(マンモグラフィー、磁気共鳴イメージング、超音波イメージング、トモシンセシス、核イメージング)、撮像方法別(X線イメージング、コンピュータ断層撮影、超音波イメージング、磁気共鳴、核医学イメージング)、セグメント予測
    本調査レポートでは、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場について調査・分析し、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場動向、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ支援診断(CAD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の神経内視鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経内視鏡市場2015について調査・分析し、神経内視鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モービルマッピングシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モービルマッピングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モービルマッピングシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電子テストと測定市場2019
    本調査レポートでは、世界の電子テストと測定市場2019について調査・分析し、電子テストと測定の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、電子テストと測定のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、電子テストと測定メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・電子テストと測定の市場概要 ・電子テストと測定の上流・下流市場分析 ・電子テストと測定のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子テストと測定のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子テストと測定のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電子テストと測定のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子テストと測定の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子テストと測定の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子テストと測定の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • ベビー用食品・飲料の世界市場2016-2026
  • 同期コンデンサーの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、同期コンデンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、冷却方式別分析、無効電力別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 通気包材の世界市場2019-2023
    通気包材は、レーザー穿孔または針穿孔技術を使用して孔を開けたプラスチックフィルムです。通気包材の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率7.51%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Amcor、Mondi、Sealed Air、Transcontinental、Uflexなどです。 当調査レポートでは、通気包材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、通気包材市場規模、技術別(レーザー穿孔、針穿孔)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・通気包材の世界市場概要 ・通気包材の世界市場環境 ・通気包材の世界市場動向 ・通気包材の世界市場規模 ・通気包材の世界市場:業界構造分析 ・通気包材の世界市場:技術別(レーザー穿孔、針穿孔) ・通気包材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・通気包材の北米市場規模・予測 ・通気包材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・通気包材のアジア太平洋市場規模・予測 ・通気包材の主要国 …
  • 世界のスチーム洗浄機市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチーム洗浄機市場2015について調査・分析し、スチーム洗浄機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セレン化亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セレン化亜鉛の世界市場について調査・分析し、セレン化亜鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セレン化亜鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、セレン化亜鉛種類別分析()、セレン化亜鉛用途別分析(レーザー用光学素子、医療分野、熱画像化システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セレン化亜鉛の市場概観 ・セレン化亜鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セレン化亜鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セレン化亜鉛の世界市場規模 ・セレン化亜鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・セレン化亜鉛のアメリカ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のカナダ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のメキシコ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・セレン化亜鉛のドイツ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のイギリス市場規模推移 ・セレン化亜鉛のロシア市場規模推移 ・セレン化亜鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • 較正装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、較正装置の世界市場について調査・分析し、較正装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別較正装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、較正装置種類別分析(機械較正、電気較正、物理/寸法較正、熱力較正)、較正装置用途別分析(工業用、研究用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・較正装置の市場概観 ・較正装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・較正装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・較正装置の世界市場規模 ・較正装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・較正装置のアメリカ市場規模推移 ・較正装置のカナダ市場規模推移 ・較正装置のメキシコ市場規模推移 ・較正装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・較正装置のドイツ市場規模推移 ・較正装置のイギリス市場規模推移 ・較正装置のロシア市場規模推移 ・較正装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・較正装置の日本市場規模推移 ・較正装置の中国市場規 …
  • アメリカのエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場
    当調査レポートでは、アメリカのエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマート・ドアロック市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・ドアロック市場2015について調査・分析し、スマート・ドアロックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • API管理の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、API管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、API管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フリップチップパッケージの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フリップチップパッケージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フリップチップパッケージ市場規模、バンプ加工技術別(銅ピラーバンプ加工、はんだバンプ加工、金バンプ加工)分析、エンドユーザー別(通信部門、コンピューティング・ネットワーク部門、産業部門、自動車部門、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Semiconductor Engineering, Chipbond Technology, Intel, Siliconware Precision Industries, Taiwan Semiconductor Manufacturing Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フリップチップパッケージの世界市場概要 ・フリップチップパッケージの世界市場環境 ・フリップチップパッケージの世界市場動向 ・フリップチップパッケージの世界市場規模 ・フリップチップパッケージの世界市場:業 …
  • 革用化学品の世界市場
    当調査レポートでは、革用化学品の世界市場について調査・分析し、革用化学品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 防塵システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、防塵システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防塵システム市場規模、エンドユーザー別(鉱業・治金、エネルギー、化学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Daikin Industries, Donaldson, Dust Control Systems, Nederman, Camfilなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防塵システムの世界市場概要 ・防塵システムの世界市場環境 ・防塵システムの世界市場動向 ・防塵システムの世界市場規模 ・防塵システムの世界市場:業界構造分析 ・防塵システムの世界市場:エンドユーザー別(鉱業・治金、エネルギー、化学、その他) ・防塵システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防塵システムの北米市場規模・予測 ・防塵システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・防塵システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・防塵システムの主要国分析 ・防塵システムの世界市場:意思決定 …
  • 世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ユーティリティにおけるIoTの世界市場規模が2019年286億ドルから2024年538億ドルまで年平均13.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のユーティリティにおけるIoT市場を広く調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション、サービス)分析、ソリューション別(資産監視&管理、安全性&セキュリティ、監視制御&データ取得、労働力管理、ネットワーク管理、顧客情報システム&請求システム)分析、サービス別(コンサルティング、統合&展開、サポート&メンテナンス)分析、用途別(上下水道管理、公益事業ガス管理、電力グリッド管理)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション、サービス) ・世界のユーティリティにおけるIoT市場:ソリューション別(資産監視&管理、安全性&セキュリティ、監視制御&データ取得、労 …
  • 一方向テープ(UDテープ)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、一方向テープ(UDテープ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、繊維種類(ガラス、炭素)別分析、樹脂別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、一方向テープ(UDテープ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 豚インフルエンザ(Swine Influenza):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における豚インフルエンザ(Swine Influenza)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)の概要 ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 船用エンジンの世界市場予測(~2021):出力別、船舶種類別(商用&海洋支援船)、燃料別、地域別
    当調査レポートでは、船用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、出力別分析、船舶種類別分析、燃料別分析、地域別分析、船用エンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サーマル(熱攻法)石油増進回収法(EOR)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、サーマル(熱攻法)石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 熱攻法EOR市場の概要 3. 熱攻法EORの世界市場 4. 熱攻法EORの2次市場 2016-2026 5. 主要国の熱攻法EOR市場予測 2016-2026 6. 熱攻法EOR市場のPEST分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 熱攻法EOR市場における主要企業 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • メキシコの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • フィンランドの関節鏡検査装置市場見通し
  • 皮膚科用装置の世界市場:最終用途別(診療所、病院)、製品・用途別(診断、治療)、セグメント予測
    皮膚科用装置の世界市場は2025年には257億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エステに対する関心の高まりが考えられます。毛髪および皮膚関連のさまざまなエステ施術についての認識が高まっています。特に女性は皮膚やヘアケアの施術により多く投資するため、市場の主要な収益源とみなされます。本調査レポートでは、皮膚科用装置の世界市場について調査・分析し、皮膚科用装置の世界市場動向、皮膚科用装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別皮膚科用装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブレーキシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、ブレーキシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブレーキシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブレーキシステム種類別分析(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ)、ブレーキシステム用途別分析(乗用車、商用車 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブレーキシステムの市場概観 ・ブレーキシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブレーキシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブレーキシステムの世界市場規模 ・ブレーキシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブレーキシステムのアメリカ市場規模推移 ・ブレーキシステムのカナダ市場規模推移 ・ブレーキシステムのメキシコ市場規模推移 ・ブレーキシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブレーキシステムのドイツ市場規模推移 ・ブレーキシステムのイギリス市場規模推移 ・ブレーキシステムのロシア市場規模推 …
  • 自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場予測(~2023年):バーコード、磁気ストライプカード、スマートカード、OCRシステム、RFID製品、生体認証システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(バーコード、磁気ストライプカード、スマートカード、OCRシステム、RFID製品、生体認証システム)別分析、提供方式別分析、産業別分析、地域別分析、自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場2014-2025:製品別(GaN無線周波数機器、光半導体、出力半導体)、ウェハサイズ別、用途別、地域別
    本調査レポートでは、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場について調査・分析し、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場動向、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別窒化ガリウム(GaN)半導体装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のプレミックス飼料市場2015
    本調査レポートでは、世界のプレミックス飼料市場2015について調査・分析し、プレミックス飼料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リモートセンシングサービスの世界市場予測(~2022年):衛星、無人機、航空機、地上
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、リモートセンシングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、需要先別分析、解像度別分析、地域別分析、リモートセンシングサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヴェトロニクスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ヴェトロニクスの世界市場について調査・分析し、ヴェトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ヴェトロニクスの世界市場:市場動向分析 - ヴェトロニクスの世界市場:競争要因分析 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:車種別 水陸両用装甲車 歩兵戦闘車 主力戦車 装甲人員輸送車 装輪装甲輸送車(MRAP) 軽装甲機動車 その他の車種 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:補足システム別 軍用通信、指揮統制システム(C3) センサー及び制御システム 動力システム 通信及びナビゲーションシステム 観測及び表示システム 車両防衛システム 兵器管理システム - ヴェトロニクスの世界市場見通し:用途別 国土防衛 自衛 - ヴェトロニクスの世界市場:主要地域別分析 - ヴェトロニクスの北米市場規模(アメリカ市場等) - ヴェトロニクスのヨーロッパ市場規模 - ヴェトロニクスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ヴェトロニクスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 穀物保護剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、穀物保護剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、防除法別(化学的、物理的)分析、標的有害生物別(昆虫、げっ歯類)分析、穀物の種類別分析、穀物保護剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のHDPEパイプ市場2016
    本調査レポートでは、世界のHDPEパイプ市場2016について調査・分析し、HDPEパイプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 倉庫用車両の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、倉庫用車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、倉庫用車両の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は倉庫用車両の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Crown、Jungheinrich、KION GROUP、Toyota等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"