"コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60538)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The recent improvement in bandwidth cost has vastly increased the consumption of internet across different regions; however, its limited availability has given rise to traffic congestion and latency issues. Today, approx. 50% volume of content consumed over the internet, globally, is served by CDNs.
A content delivery network or content distribution network (CDN) is a large distributed system of proxy servers deployed in multiple data centres via Internet. The goal of a CDN is to serve content to end-users with high availability and high performance. CDNs serve a large fraction of the Internet content today including web objects (text, graphics and scripts), downloadable objects (media files, software, documents), applications (e-commerce, portals),live streaming media, on-demand streaming media, and social networks. The usage of Content Delivery Networks (CDNs) is rapidly growing in the era of mobile and app-based internet. The effort to simplify navigation and improve user experience is taken both by vendors and network operators.

Factors that are driving the market are fast browsing rate with less loading time and also the product associated with lowering cost to help desk. SEO benefits existing in the field also act as a major driving factor in content delivery network market. This is in turn increasing the market and proportion of service. Although several factors such as blocked access, security concerns and complexity of the system are restraining factors for the growth of the market.
CDN market in various industrial sectors, audience with mobile CDNs and pricing technique are the key factors which are affecting the overall market to a great extent

The market of affective computing is segmented on the basis of application, industrial sector, and by service and functionalities. Geographically the market is segmented into North America (US, Canada), Europe (UK, Italy, Spain, France, Germany, RoE), Asia-Pacific (India, Japan, Australia, China, Korea, RoAPAC) and Rest of World (Latin America, MENA and Africa). The key providers of Content delivery network providers include IOL Netcom, Aksh optifibre, Accelion etc.

Companies profiled include
1 Aksh Optifibre ltd
2 IOL Netcom
3 Time Broad Band Services Group
4 Accellion
5 Adobe
6 Amazon Cloudfront
7 AT&T
8 Bluecoat
9 Cisco
10 Edgecast
11 Edgestream
12 Ericsson
13 Inisoft
14 Internap
15 Kaltura
16 Level 3
17 Metacdn
18 Microsoft
19 Tata Communications
20 Telestream
21 Mirror Image
22 Peerapp
23 Skytide
24 Theplatform
25 Verivue
26 23Video
27 Envivo
28 Rapidedge (Peer 1 Hosting)
29 Splunk
30 Orange

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1 Content delivery market in various industrial sectors
2.3.2 Audience with mobile CDNs
2.3.3 Pricing based on aggregate usage
2.3.4 Percentile based pricing
2.4 Key market insight
2.4.1 Top 3 emerging countries
2.4.2 Top revenue generating segments
2.4.3 Top growing markets and emerging trends
2.4.5 Innovation
2.4.5.1 Telco CDNs
2.4.6 R&D scenario in Content delivery market
2.5 Competitive intelligence
2.5.1 Market share analysis
2.5.2 Top winning strategies
2.5.3 Case studies: Top competitive moves
2.6 Value chain analysis
2.7 Key buying criteria
2.8 Strategic recommendations
2.9 Strategic conclusions
3 Market determinants
3.1 Market drivers
3.1.1 SEO Benefits acts as an attractive factor
3.1.2 Transition from Capital Expenditure to Operational Expenditure
3.1.3 Fast browsing rate with less loading time
3.1.4 Products associated with lowering cost to help desk
3.2 Market restraints
3.2.1 Complexity of the system
3.2.2 Security related issues
3.2.3 Loss of control
3.3 Market opportunities
3.4.1 Growing market
3.4.2 Growing Proportion of service
3.4.3 Products associated with lowering cost to help desk
3.5 Market challenges
3.5.1 Blocked access
3.5.2 Security
3.5.3 Lack of awareness
4 Sector analysis
4.1 Parent market analysis
4.2 Sub-segment market analysis
4.3 Alternative market analysis
5 Market segmentation
5.1 Global Content delivery network market on the basis of application, 2014-2021, ($ millions)
5.1.1 Global Content provider CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.1.2 Global External service provider CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.1.3 Global Peer based CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.1.4 Global application level CDN market,2014-2021($ millions)
5.1.5 Global Original pull CDN market,2014-2021($ millions)
5.1.6 Global Partial site content market, 2014-2021 ($ millions)
5.1.7 Global Full site content market, 2014-2021 ($ millions)
5.1.8 Global DNS based routing CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.1.9 Global URL rewriting CDN market,2014-2021($ millions)
5.2 Content delivery network market on the basis industrial sector ,2014-2021 ,($ millions)
5.2.1 Global advertising CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.2.2 Global Media & entertainment CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.2.3 Global E commerce CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.2.4 Global Government CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.2.5 Global Healthcare CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.2.6 Global Education CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.3 Content delivery network market on the basis of service and functionalities of, 2014-2021 ($ millions)
5.3.1 Global storage and management CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.3.2 Global distribution of content CDN market 2014-2021 ($ millions)
5.3.3 Global Delivery of encoded media CDN market, 2014-2021 ($ millions)
5.3.4 Global Back up disaster recovery solution CDN market 2014-2021 ($ millions)
5.3.5 Global Monitoring CDN market 2014-2021 ($ millions)
5 Geographic analysis
6.1 North America Content delivery market, 2014-2021,($ millions)
6.1.1 U.S Content delivery market,2014-2021,($millions)
6.1.2 Canada Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.2 Europe Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.2.1 U.K Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.2.2 Germany Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.2.3 France Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.2.4 Spain Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.2.5 Italy Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.2.6 Others
6.3 Asia pacific Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.3.1 China Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.3.2 India Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.3.3 Korea Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.3.4 Japan Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.3.5 Australia Content delivery market,2014 -2021,($millions)
6.3.6 Others
6.4 Rest of the world
7 Company Profiling
7.1 Aksh Optifibre ltd.
7.2 IOL Netcom
7.3 Time Broad Band Services Group
7.4 Accellion
7.5 Adobe
7.6 Amazon Cloudfront
7.7 At&T
7.8 Bluecoat
7.9 Cisco
7.10 Edgecast
7.11 Edgestream
7.12 Ericsson
7.13 Inisoft
7.14 Internap
7.15 Kaltura
7.16 Level 3
7.17 Metacdn
7.18 Microsoft
7.19 Tata Communications
7.20 Telestream
7.21 Mirror Image
7.22 Peerapp
7.23 Skytide
7.24 Theplatform
7.25 Verivue
7.26 23Video
7.27 Envivo
7.28 Rapidedge (Peer 1 Hosting)
7.29 Splunk
7.30 Orang

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月28日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60538
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】コンテンツデリバリネットワーク(CDN)
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 特殊食品成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、特殊食品成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊食品成分市場規模、用途別(甘味・塩味スナック、ソース・ドレッシング・調味料、菓子、乾燥加工食品、乳製品、冷凍/冷蔵加工食品、飲料、ベーカリー製品、インスタント食品、肉製品、機能性食品、栄養補助食品、その他)分析、製品別(酵母、テクスチャラント、甘味料、高強度甘味料、膨脹剤、特殊デンプン、特殊油、タンパク質、食品防腐剤、フレーバー、乳化剤/安定剤、脂肪代替物・安定剤、培養菌.、色素、酸性化剤、酵素、栄養食品成分)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊食品成分の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊食品成分の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊食品成分の世界市場:用途別(甘味・塩味スナック、ソース・ドレッシング・調味料、菓子、乾燥加工食品、乳製品、冷凍/冷蔵加工食品、飲料、ベーカリー製品、インスタント食品、肉製品、機能性食品、栄養補助食品、その他) ・ 特殊食品成分の世界 …
  • 食品容器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品容器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品容器市場規模、製品別(フレキシブル包装、ガラス容器、硬質包装、板紙容器、袋・パウチ、金属容器、プラスチック容器、原料用、その他)分析、形状別(長方形、円形、正方形)分析、用途別(粉製品用、果実・野菜、食肉加工品用、ベーカリー食品用、乳製品用、飲料用、ソース用、缶詰用、ドレッシング用、乾物用、キャンディ用、菓子用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品容器の世界市場:市場動向分析 ・ 食品容器の世界市場:競争要因分析 ・ 食品容器の世界市場:製品別(フレキシブル包装、ガラス容器、硬質包装、板紙容器、袋・パウチ、金属容器、プラスチック容器、原料用、その他) ・ 食品容器の世界市場:形状別(長方形、円形、正方形) ・ 食品容器の世界市場:用途別(粉製品用、果実・野菜、食肉加工品用、ベーカリー食品用、乳製品用、飲料用、ソース用、缶詰用、ドレッシング用、乾物用、キ …
  • ブラジルのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • フレキシブルエレクトロニクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フレキシブルエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブルエレクトロニクス市場規模、コンポーネント別(フレキシブルバッテリー、フレキシブルメモリ、フレキシブルディスプレイ、フレキシブルセンサー)分析、回路構造別(硬質フレックス、両面フレックス、片面フレックス、ダブルアクセスフレックス、その他)分析、用途別(自動車、エネルギー・電力、センシング、家電、防衛・航空、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:市場動向分析 ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:競争要因分析 ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:コンポーネント別(フレキシブルバッテリー、フレキシブルメモリ、フレキシブルディスプレイ、フレキシブルセンサー) ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:回路構造別(硬質フレックス、両面フレックス、片面フレックス、ダブルアクセスフレックス、 …
  • ベルト駆動の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ベルト駆動の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベルト駆動市場規模、ベルト種類別(Vベルト、タイミングベルト、フラットベルト)分析、エンドユーザー別(工業機械、製油所、鉱業・鉱物、材料運搬業、自動車、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ベルト駆動の世界市場:市場動向分析 ・ ベルト駆動の世界市場:競争要因分析 ・ ベルト駆動の世界市場:ベルト種類別(Vベルト、タイミングベルト、フラットベルト) ・ ベルト駆動の世界市場:エンドユーザー別(工業機械、製油所、鉱業・鉱物、材料運搬業、自動車、農業、その他) ・ ベルト駆動の世界市場:主要地域別分析 ・ ベルト駆動の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ベルト駆動のヨーロッパ市場規模 ・ ベルト駆動のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ベルト駆動の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • パキスタンのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 整形外科用手術台の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、 整形外科用手術台の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、 整形外科用手術台の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は 整形外科用手術台の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.08 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allen Medical Systems • AMTAI Medical Equipment• INFIMED • medifa• Trumpf Medical 等です。
  • 種子脱穀機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、種子脱穀機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子脱穀機市場規模、製品別(ディスク式、インパクト式)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・種子脱穀機の世界市場概要 ・種子脱穀機の世界市場環境 ・種子脱穀機の世界市場動向 ・種子脱穀機の世界市場規模 ・種子脱穀機の世界市場:業界構造分析 ・種子脱穀機の世界市場:製品別(ディスク式、インパクト式) ・種子脱穀機の世界市場:用途別 ・種子脱穀機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・種子脱穀機のアメリカ市場規模・予測 ・種子脱穀機のヨーロッパ市場規模・予測 ・種子脱穀機のアジア市場規模・予測 ・種子脱穀機の主要国分析 ・種子脱穀機の世界市場:意思決定フレームワーク ・種子脱穀機の世界市場:成長要因、課題 ・種子脱穀機の世界市場:競争環境 ・種子脱穀機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場分析:用途別(注射、テキスタイル、フィルム)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場動向、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリプロピレン(PP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 台湾の関節鏡検査装置市場見通し
  • 濾紙の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、濾紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、濾紙の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊および高機能フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊および高機能フィルム市場2015について調査・分析し、特殊および高機能フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • アジアの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 心臓マーカー検査・PoCの世界市場分析・予測
  • 世界のネイルリムーバー(除光液)市場2015
    本調査レポートでは、世界のネイルリムーバー(除光液)市場2015について調査・分析し、ネイルリムーバー(除光液)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、皮膚鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、皮膚鏡の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界のコール酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のコール酸市場2016について調査・分析し、コール酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 在宅医療の世界市場予測(~2022年):製品、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、ソフトウェア・サービス別分析、地域別分析、在宅医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機過酸化物の世界市場予測(~2022年):ジアシル、ケトン、過炭酸塩、ジアルキル、ヒドロペルオキシド、パーオキシケタール、ペルオキシエステル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、有機過酸化物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、有機過酸化物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車フロントエンドモジュールの世界市場見通し2016-2022:空気質センサ、ブラケット組立体、バンパー、バンパービーム、コンデンサー
    当調査レポートでは、自動車フロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、自動車フロントエンドモジュールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車フロントエンドモジュールの世界市場:市場動向分析 ・自動車フロントエンドモジュールの世界市場:競争要因分析 ・自動車フロントエンドモジュールの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車フロントエンドモジュールの世界市場:材料別分析/市場規模 ・自動車フロントエンドモジュールの世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・自動車フロントエンドモジュールの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車フロントエンドモジュールの北米市場規模 ・自動車フロントエンドモジュールの欧州市場規模 ・自動車フロントエンドモジュールのアジア市場規模 ・自動車フロントエンドモジュールの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場分析:タイプ別(音声認識、テキスト – 音声認識)、サービス別(カスタマーサービス、マーケットアシスタント)、用途別(BFSI、自動車、IT・テレコム、小売、ヘルスケア、教育)、エンドユーザー別(中小企業、大企業、個人ユーザー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場について調査・分析し、インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場動向、インテリジェント仮想アシスタント(IVA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別インテリジェント仮想アシスタント(IVA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • テレマティクスの世界市場
    本資料は、テレマティクスの世界市場について調べ、テレマティクスの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(フリート/資産管理、ナビゲーション及びロケーションベース、インフォテインメント、保険テレマティクス、テレ-ヘルス、遠隔アラーム及びモニタリング、その他)分析、最終用途別(自動車、政府&防御、ヘルスケア、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlsident System、Engmar 、Fumex、Geovent A/S、Kemper、Klimawent、Lincoln Electric、Menegon Sp. z.o.o.、Norfi Absaugtehchnik GmbH、Plymovent、Teka、OSKAR、Airflow Systems、Nederman、Diversitech 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレマティクスの世界市場概要 ・テレマティクスの世界市場環境 ・テレマティクスの世界市場動向 ・テレマティクス …
  • 世界の歯科治療用椅子市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科治療用椅子市場2016について調査・分析し、歯科治療用椅子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品原料(API)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医薬品原料(API)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品原料(API)市場規模、薬剤種類別(一般処方薬、革新的医薬品、市販(OTC)薬、処方薬、効能)分析、製剤別(革新的原薬、一般的原薬)分析、製造者種類別(契約メーカー、自社製造、マーチャントメーカー)分析、製剤形式別(バイオテクノロジー原薬、合成原薬)分析、原薬種類別(生物学原薬、化学原薬)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医薬品原料(API)の世界市場:市場動向分析 ・ 医薬品原料(API)の世界市場:競争要因分析 ・ 医薬品原料(API)の世界市場:薬剤種類別(一般処方薬、革新的医薬品、市販(OTC)薬、処方薬、効能) ・ 医薬品原料(API)の世界市場:製剤別(革新的原薬、一般的原薬) ・ 医薬品原料(API)の世界市場:製造者種類別(契約メーカー、自社製造、マーチャントメーカー) ・ 医薬品原料(API)の世界市場:製剤形式別(バイオテクノロ …
  • キヌア種子の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キヌア種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キヌア種子の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 膣ペッサリーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、膣ペッサリーの世界市場について調査・分析し、膣ペッサリーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別膣ペッサリーシェア、市場規模推移、市場規模予測、膣ペッサリー種類別分析()、膣ペッサリー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・膣ペッサリーの市場概観 ・膣ペッサリーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・膣ペッサリーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・膣ペッサリーの世界市場規模 ・膣ペッサリーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・膣ペッサリーのアメリカ市場規模推移 ・膣ペッサリーのカナダ市場規模推移 ・膣ペッサリーのメキシコ市場規模推移 ・膣ペッサリーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・膣ペッサリーのドイツ市場規模推移 ・膣ペッサリーのイギリス市場規模推移 ・膣ペッサリーのロシア市場規模推移 ・膣ペッサリーのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・膣ペッサリーの日本市場規模推移 ・膣 …
  • 物流保険の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、物流保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物流保険の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は物流保険の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AGCS• AIG• Aon• AXA• Integrity Transportation Insurance Agency• Liberty Mutual Insurance• Marsh等です。
  • 高性能電動オートバイの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、高性能電動オートバイの世界市場について調べ、高性能電動オートバイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、高性能電動オートバイの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ストリート、オフロード)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は高性能電動オートバイの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均35%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・高性能電動オートバイの市場状況 ・高性能電動オートバイの市場規模 ・高性能電動オートバイの市場予測 ・高性能電動オートバイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(ストリート、オフロード) ・高性能電動オートバイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場:ブランド別(Opdivo、Revlimid、Zejula)、適応症別(肺がん、リンパ腫、多発性骨髄腫)、セグメント予測
    ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場は2027年には628億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、免疫療法へのシフトや適応拡大を目指した治験数の増加が考えられます。本調査レポートでは、ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場について調査・分析し、ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場動向、ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ブロックバスターブランド(腫瘍分野)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオセンサーの世界市場:用途別(医療、農業)、技術別(サーマル式、電気化学式、光学式)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオセンサーの世界市場について調査・分析し、バイオセンサーの世界市場動向、バイオセンサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオセンサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーストリアの股関節再建装置市場見通し
  • ゴミ袋の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ゴミ袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(スターシール、ドローストリング、ウェーブトップ、C折り、フラットシール、ガセットシール)分析、エンドユーズ別(小売、施設内、産業用)分析、ゴミ袋の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ゴミ袋の世界市場規模が2019年95億ドルから2024年121億ドルまで年平均4.9%成長すると予測しています。
  • 水溶性フィルムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水溶性フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水溶性フィルムの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場について調査・分析し、航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場規模:種類別分析 ・航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場規模:プラットフォーム別分析 ・航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場規模:技術別分析 ・航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場規模:用途別分析 ・航空機フライトコントロールシステム(FCS)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 硝酸ナトリウムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、硝酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硝酸ナトリウムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用殺虫剤の世界市場:スプレー、気化器、蚊取り線香、餌、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、家庭用殺虫剤の世界市場について調べ、家庭用殺虫剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、家庭用殺虫剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(スプレー、気化器、蚊取り線香、餌、その他)、流通チャンネル別、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は家庭用殺虫剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・家庭用殺虫剤の市場状況 ・家庭用殺虫剤の市場規模 ・家庭用殺虫剤の市場予測 ・家庭用殺虫剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(スプレー、気化器、蚊取り線香、餌、その他) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別 ・家庭用殺虫剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ヘルスケアCRMの世界市場分析:用途別(コミュニティー・アウトリーチ、ケース・コーディネーション・マネジメント、リレーションシップ・マネジメント)、技術別(クラウドベース、予測、協力的)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヘルスケアCRMの世界市場について調査・分析し、ヘルスケアCRMの世界市場動向、ヘルスケアCRMの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケアCRM市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 免疫タンパク診断検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、免疫タンパク診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免疫タンパク診断検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動保存・検索システム市場
  • 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:市場動向分析 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:競争要因分析 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:展開の種類別 ・苦情による詐欺 ・クレジット/デビットカード詐欺 ・なりすまし犯罪 ・マネーロンダリング ・購入予約詐欺 ・振り込め詐欺 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別 ・教育機関 ・金融企業 ・政府 ・ヘルスケア ・製造業部門 ・その他 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:主要地域別分析 - 金融詐欺検知ソフトウェアの北米市場規模(アメリカ市場等) - 金融詐欺検知ソフトウェアのヨーロッパ市場規模 - 金融詐欺検知ソフトウェアのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 電動歯ブラシの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動歯ブラシの世界市場について調査・分析し、電動歯ブラシの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動歯ブラシシェア、市場規模推移、市場規模予測、電動歯ブラシ種類別分析(充電式、電池式)、電動歯ブラシ用途別分析(大人向け、子供向け)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動歯ブラシの市場概観 ・電動歯ブラシのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電動歯ブラシのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電動歯ブラシの世界市場規模 ・電動歯ブラシの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電動歯ブラシのアメリカ市場規模推移 ・電動歯ブラシのカナダ市場規模推移 ・電動歯ブラシのメキシコ市場規模推移 ・電動歯ブラシのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電動歯ブラシのドイツ市場規模推移 ・電動歯ブラシのイギリス市場規模推移 ・電動歯ブラシのロシア市場規模推移 ・電動歯ブラシのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・電動 …
  • 世界のPINダイオード市場2016
    本調査レポートでは、世界のPINダイオード市場2016について調査・分析し、PINダイオードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるα1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)の概要 ・α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のα1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分 …
  • イタリアの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • IoTフリート管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、IoTフリート管理の世界市場について調査・分析し、IoTフリート管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - IoTフリート管理の世界市場:市場動向分析 - IoTフリート管理の世界市場:競争要因分析 - IoTフリート管理の世界市場:用途別 ・ドライバ情報システム ・燃料管理 ・ルート管理 ・車両メンテナンス ・走行時間分析 ・フリート管理 ・遠隔診断 ・追跡・モニタリング ・その他 - IoTフリート管理の世界市場:プラットフォーム別 ・ ネットワーク管理 ・装置管理 ・アプリケーション対応platform(AEP) - IoTフリート管理の世界市場:クラウド導入形態別 ・パブリック ・ハイブリッド ・プライベート - IoTフリート管理の世界市場:サービス別 ・マネージドサービス ・専門サービス - IoTフリート管理の世界市場::フリートタイプ別 ・公共用バス ・商用車 ・乗用車 - IoTフリート管理の世界市場:主要地域別分析 - IoTフリート管理の北米市場規模(アメリカ市 …
  • 世界のポンプモーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のポンプモーター市場2015について調査・分析し、 ポンプモーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インダストリアル・インターネットの世界市場2016-2021
  • 陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場について調査・分析し、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナー種類別分析(PET-CT、PET-MR、その他)、陽電子放射断層撮影(PET)スキャナー用途別分析(腫瘍学、心臓(病)学、神経学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの市場概観 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの世界市場規模 ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・陽電子放射断層撮影(PET)スキャナーのアメリカ市場規模推移 ・陽電子放射断層撮影(PE …
  • 油圧シリンダーの世界市場2016-2020:農業、建設業、鉱業、資材運搬機器産業、産業機器産業、航空宇宙・防衛産業
    当調査レポートでは、油圧シリンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、油圧シリンダーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"