"プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60510)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The proteomics market is segmented on the basis of proteomics instrumentation technology such as protein micro array (biochips, micro array instruments), spectroscopy (Mass and NMR), X-ray crystallography, chromatography, electrophoresis, proteomics reagents, proteomics services (analytical lab services, protein identification, extraction, sequencing, data analysis, maintaining bioinformatics data bases). The market is driven by growing need of personalized medicines, new discoveries in the field of genomics, rise in funds for proteomics based research, growing research and development expenditure, advancement in technologies, new techniques, high output, high resolutions achiness and instruments have been developed, availability of private funds and rise in the Asian markets like China and Japan. . The top 10 companies own 40 to 50 percent of the market. Proteomic instrumentation market is dominated by proteomic microarray, accounting for around 50% of the revenue followed by spectroscopy techniques. Proteomic reagents market is dominated by immunoassays.
The market is restrained by various factors such as: success ratio of the researches is not very high, limitations of personalized medicines and lengthy regulatory approval process, reduction in funds by the US government, which owes 40% of this market, highly expensive medicines, which are 1000 fold costlier than the normal medicines present in the market and research and market is limited to a few developed nations only.

Major opportunities for the market lie in the Asian markets where contract research organizations are on a rise. Proteomics is science with broad applications in the field of therapeutics and diagnostics. Growing R&D and emergence of new players will create more market opportunities. Major players in the proteomics market are Thermo Fischer scientific corporation , Agilent technologies , Luminex corporation , Sigma-Aldrich corporation , Danaher corporation , Bio-Rad corporation , Waters corporation , PerkinElmer , Affymetrix and others.

Companies profiled
1. Genzyme Corporation
2. Thermo Fischer scientific corporation
3. Becton Dickinson and Co
4. BG medicine
5. Agilent technologies
6. Luminex corporation
7. Sigma-Aldrich corporation
8. Danaher corporation
9. Anaspec Inc
10. Asterand PLC
11. Applied biosystems Inc
12. Bayer technology
13. Bio-Rad corporation
14. Waters corporation
15. PerkinElmer
16. Affymetrix
17. GE healthcare
18. Genesystems Inc
19. Activx Biosciences Inc
20. Amgen Inc
21. Beckman coulter
22. Biacore International AB
23. Biocarta Inc
24. Bruker biosciences
25. Caliper Lifesciences
26. Cellzome AG
27. Commonwealth biotechnologies
28. Digilab biovision GmBH
29. Dionex Corp
30. Dualsystems biotech AG

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1. Global proteomic R&D expenditure
2.3.2. Global personalized medicine market
2.3.3. Global drug discovery programs
2.3.4. Healthcare expenditure across geographies
2.3.5. Disposable income of top emerging economies
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. R&D scenario in proteomics market
2.4.5. Pricing analysis
2.5. Competitive intelligence
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: Top competitive moves
2.6. Value Chain analysis
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Increased funding by government and private firms in research and development
3.1.2. Increased demand for personalized medicine
3.1.3. High elderly population and prevalence of lifestyle diseases
3.1.4. Technology advancements
3.1.5. Increased understanding of human genome
3.2. Market Restraints
3.2.1. The success ratio of the researches is not very high
3.2.2. Number of non responders is very high
3.2.3. Reduction in funds by the US government, which owes 40% of this market
3.2.4. Highly expensive medicines, which are 1000 fold costlier than the normal medicines present in the market and research
3.2.5. Market is limited to a few developed nations only.
3.3. Market challenges
3.3.1. High price
3.3.2. Weak research and development in emerging markets
3.4. Market opportunities
3.4.1. Development in drug discovery and nanotechnolgy
3.4.2. Markets in emerging geographies
4. Sector Analysis
4.1. Parent market
4.2. Sub-segment market
4.3. Alternative market
5. Market Segmentation
5.1. Global proteomics market, by technology, 2014-2021, ($millions)
5.1.1. Global protein microarray in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.1. Global biochips in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.2. Global microarray instruments proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.3. Global spectroscopy in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.4. Global X-ray crystallography in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.5. Global chromatography in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.6. Global chromatography in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.7. Global surface plasmon resonance in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.8. Global protein fractionation in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2. Global proteomics reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.1. Global microarray reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.2. Global X-ray crystallography reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.3. Global spectroscopy reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.4. Global immunoassay reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.5. Global chromatography reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.6. Global electrophoresis reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.7. Global protein fractionation reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.2. Global proteomics services market, 2014-2021
5.2.1. Global analytical lab services market, 2014-2021, ($millions)
5.2.1.1. Global protein identification market, 2014-2021, ($millions)
5.2.1.2. Global protein extraction market , 2014-2021, ($millions)
5.2.1.3. Global protein sequencing market, 2014-2021, ($millions)
5.2.2. Global data analysis and maintenance market, 2014-2021, ($millions)
5.2.2.1. Global bioinformatics database market, 2014-2021, ($millions)
5.2.2.2. Global bioinformatics tools market, 2014-2021, ($millions)
5.3. Global proteomics market by applications, 2014-2021, ($millions)
5.3.1. Global proteomics in drug discovery market, 2014-2021, ($millions)
5.3.1.1. Neuro-medicine
5.3.1.2. Maternal
5.3.1.3. Cancer
5.3.1.4. Antibody
5.3.1.5. Cardiovascular
5.3.1.6. Diabetes
5.3.1.7. Nutrition
5.3.1.8. Others
5.3.2. Global proteomics in clinical diagnosis market, 2014-2021, ($millions)
6. Competitive Landscape
6.1. Market share
6.2. Strategy – An analysis across tiers
7. Geographical analysis
7.1. North America Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.2. United States (U.S.) Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.3. Canada Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4. Europe Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.1. United Kingdom (UK) Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.2. France Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.3. Germany Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.4. Spain Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.5. Italy Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.6. RoE Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5. Asia Pacific Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.1. India Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.2. China Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.3. Japan Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.4. Korea Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.5. Australia Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.6. RoAPAC Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6. Rest of the world Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6.1. Latin America Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6.2. MENA Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6.3. Africa Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
8. Company Profiles:
8.1. Genzyme Corporation
8.2. Thermo Fischer scientific corporation
8.3. Becton Dickinson and Co.
8.4. BG medicine
8.5. Agilent technologies
8.6. Luminex corporation
8.7. Sigma-Aldrich corporation
8.8. Danaher corporation
8.9. Anaspec Inc
8.10. Asterand PLC
8.11. Applied biosystems Inc.
8.12. Bayer technology
8.13. Bio-Rad corporation
8.14. Waters corporation
8.15. PerkinElmer
8.16. Affymetrix
8.17. GE healthcare
8.18. Genesystems Inc.
8.19. Activx Biosciences Inc.
8.20. Amgen Inc
8.21. Beckman coulter
8.22. Biacore International AB
8.23. Biocarta Inc
8.24. Bruker biosciences
8.25. Caliper Lifesciences
8.26. Cellzome AG
8.27. Commonwealth biotechnologies
8.28. Digilab biovision GmBH
8.29. Dionex Corp.
8.30. Dualsystems biotech AG

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月31日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60510
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ技術
【キーワード】プロテオミクス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の低公害建築素材市場規模・予測2017-2025:商品タイプ別(外装用品、内装用品、建物システム、ソーラー商品、その他)、用途別(住宅用建物、非住宅用建物)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の低公害建築素材市場について調査・分析し、世界の低公害建築素材市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の低公害建築素材関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • モバイル決済の北米市場
  • 金属加工用流体の世界市場分析:製品別(ミネラル、合成、バイオベース)、用途別(ニート切削油、水溶性切削油、腐食防止油)、セグメント予測
    本調査レポートでは、金属加工用流体の世界市場について調査・分析し、金属加工用流体の世界市場動向、金属加工用流体の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属加工用流体市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハイブリッド・電気自動車用ヒューズ市場規模、用途別(HEV、BEV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場概要 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場環境 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場動向 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場規模 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:業界構造分析 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:用途別(HEV、BEV) ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのアメリカ市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのアジア市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの主要 …
  • 世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別
    MarketsandMarkets社は、無機顔料の世界市場規模が2019年220億ドルから2024年283億ドルまで年平均5.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の無機顔料市場を広く調査・分析し、市場概要、顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック、その他)分析、用途別(塗料&コーティング剤、プラスチック、インク、その他)分析、最終用途産業別(建築・建設、自動車、包装、紙・印刷、繊維、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック、その他) ・世界の無機顔料市場:用途別(塗料&コーティング剤、プラスチック、インク、その他) ・世界の無機顔料市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車、包装、紙・印刷、繊維、その他) ・世界の無機顔料市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ゴム用プロセスオイルの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ゴム用プロセスオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(ナフテン系、パラフィン系、処理留出物芳香族系抽出物、DAE、MES、RAE、TRAE)分析、ゴム用プロセスオイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 写真編集ソフトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、写真編集ソフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、写真編集ソフトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は写真編集ソフトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Adobe Systems• Corel• ACD Systems• CyberLink等です。
  • 世界の内視鏡洗浄装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の内視鏡洗浄装置市場2015について調査・分析し、内視鏡洗浄装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 果物・野菜ミックスジュースの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、果物・野菜ミックスジュースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、果物・野菜ミックスジュースの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤の概要 ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 代謝性疾患治療薬の世界市場:投与経路別、疾患別(糖尿病、リソソーム障害)、治療種類別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、代謝性疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、代謝性疾患治療薬の世界市場動向、代謝性疾患治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別代謝性疾患治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)のフェーズ3治験薬の状況 ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)治療薬の市場規模(販売予測) ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)治療薬剤
  • プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場規模及び予測、導入別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用熱交換器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用熱交換器市場規模、車両種類別(小型商用車、中型・大型商用車、乗用車、内燃機関(ICE)車、その他)分析、電気自動車別(プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテリー式電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(EHV))分析、オフハイウェー車種類別(建設機械、農業機械)分析、設計種類別(チューブフィン、プレートバー、その他)分析、用途別(中間冷却器、空調システム、ラジエーター、排ガス熱交換器、油冷却器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用熱交換器の世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用熱交換器の世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用熱交換器の世界市場:車両種類別(小型商用車、中型・大型商用車、乗用車、内燃機関(ICE)車、その他) ・ 自動車用熱交換器の世界市場:電気自動車別(プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテ …
  • 世界の超音波金属接合機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波金属接合機械市場2015について調査・分析し、超音波金属接合機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場について調査・分析し、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場動向、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別OTTデバイス及びOTTサービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Neyveli Lignite Corporation Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • エアサスペンションの世界市場:車両タイプ別(小型車両、トラック、およびバス)、コンポーネント別(空気ばね、タンク、電磁弁、ショックアブソーバー、空気圧縮機、電子制御ユニット(ECU)、高さおよび圧力センサーなど)、技術別(電子制御 、非電子制御)、販売チャネル別(OEM、アフターマーケット)
    当調査レポートでは、エアサスペンションの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、車両タイプ別分析、コンポーネント別分析、技術別分析、販売チャンネル別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・エアサスペンションの世界市場:車両タイプ別(小型車両、トラック、およびバス) ・エアサスペンションの世界市場:コンポーネント別(空気ばね、タンク、電磁弁、ショックアブソーバー、空気圧縮機、電子制御ユニット(ECU)、高さおよび圧力センサーなど) ・エアサスペンションの世界市場:技術別(電子制御 、非電子制御) ・エアサスペンションの世界市場:販売チャネル別(OEM、アフターマーケット) ・エアサスペンションの世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • カテプシンS阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカテプシンS阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カテプシンS阻害剤の概要 ・カテプシンS阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカテプシンS阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カテプシンS阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カテプシンS阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 機能性飲料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、機能性飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 署名検証の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、署名検証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、署名検証の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は署名検証の世界市場が2017-2021年期間中に年平均(8.67%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Biometric Signature ID• CERTIFY GLOBAL• Cyber-SIGN (Witswell Consulting and Services)• iSign Solutions等です。
  • 使い捨て医療用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、使い捨て医療用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨て医療用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 反射型光電センサの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、反射型光電センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、反射型光電センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は反射型光電センサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Broadcom、KEYENCE、OMRON、Panasonic、Rockwell Automation等です。
  • 世界の手術用メッシュ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、手術用メッシュのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・手術用メッシュの概要 ・手術用メッシュの開発動向:開発段階別分析 ・手術用メッシュの開発動向:セグメント別分析 ・手術用メッシュの開発動向:領域別分析 ・手術用メッシュの開発動向:規制Path別分析 ・手術用メッシュの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別手術用メッシュの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・手術用メッシュの最近動向
  • 太陽熱温水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、太陽熱温水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、太陽熱温水器の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業IoTの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、農業IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)分析、用途別(精密農業、精密林業、家畜監視、養魚場監視、スマート温室)分析、農業IoTの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、農業IoTの世界市場規模が2019年127億ドルから2024年209億ドルまで年平均10.4%成長すると予測しています。
  • 急性気管支炎(Acute Bronchitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬剤
  • 世界の硫酸コバルト市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸コバルト市場2015について調査・分析し、硫酸コバルトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RASP(ランタイムアプリケーションセルフプロテクション)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、RASP(ランタイムアプリケーションセルフプロテクション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、モバイルアプリケーション別分析、サービス別分析、産業別分析、RASP(ランタイムアプリケーションセルフプロテクション)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道車両の世界市場予測(~2025年):機関車、高速鉄道、貨車、客車
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、鉄道車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品タイプ別(機関車、高速鉄道、貨車、客車)分析、機関車の技術別(ディーゼル、電気)分析、用途別(乗客輸送、貨物輸送)分析、コンポーネント別分析、鉄道車両の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力モニタリング装置の世界市場:肺動脈圧モニタリング、BPモニタリング、ICPモニタリング
    当調査レポートでは、圧力モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力モニタリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場:サービス別(包括的試験、臨床検査)、原材料別(賦形剤、API)、セグメント予測
    バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場は2025年には7億992万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、最終製品の迅速な立ち上げのために原材料を詳細に評価する必要性が高まったことが考えられます。さらに、バイオ医薬品産業における社内基準や外部規制に関する意識の高まりも、この市場の成長を助けています。本調査レポートでは、バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場について調査・分析し、バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場動向、バイオ医薬品製造向け消耗品検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ医薬品製造向け消耗品検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 糖衣錠の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、糖衣錠の世界市場について調査・分析し、糖衣錠の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別糖衣錠シェア、市場規模推移、市場規模予測、糖衣錠種類別分析(色付、色)、糖衣錠用途別分析(循環器疾患、胃腸疾患、神経疾患、免疫疾患、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・糖衣錠の市場概観 ・糖衣錠のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・糖衣錠のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・糖衣錠の世界市場規模 ・糖衣錠の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・糖衣錠のアメリカ市場規模推移 ・糖衣錠のカナダ市場規模推移 ・糖衣錠のメキシコ市場規模推移 ・糖衣錠のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・糖衣錠のドイツ市場規模推移 ・糖衣錠のイギリス市場規模推移 ・糖衣錠のロシア市場規模推移 ・糖衣錠のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・糖衣錠の日本市場規模推移 ・糖衣錠の中国市場規模推移 ・糖衣錠の韓国市場規模推移 ・糖衣 …
  • ポリポリメラーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるポリポリメラーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリポリメラーゼ1阻害剤の概要 ・ポリポリメラーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のポリポリメラーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポリポリメラーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ポリポリメラーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 換気扇風機の世界市場
    当調査レポートでは、換気扇風機の世界市場について調査・分析し、換気扇風機の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 妊娠検査機器の世界市場:排卵予測キット、妊娠モニター(尿ベース、唾液ベース、基礎体温)
    当調査レポートでは、妊娠検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、購買形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の股関節置換処置動向(~2021)
  • 酸化アルミニウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酸化アルミニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酸化アルミニウム市場規模、用途別(冶金、冶金以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酸化アルミニウムの世界市場概要 ・酸化アルミニウムの世界市場環境 ・酸化アルミニウムの世界市場動向 ・酸化アルミニウムの世界市場規模 ・酸化アルミニウムの世界市場:業界構造分析 ・酸化アルミニウムの世界市場:用途別(冶金、冶金以外) ・酸化アルミニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・酸化アルミニウムの北米市場規模・予測 ・酸化アルミニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・酸化アルミニウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・酸化アルミニウムの主要国分析 ・酸化アルミニウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・酸化アルミニウムの世界市場:成長要因、課題 ・酸化アルミニウムの世界市場:競争環境 ・酸化アルミニウムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場について調査・分析し、DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:サービス別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:展開種類別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:ビジョン別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:用途別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファ …
  • カビ毒検出試験の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、カビ毒検出試験の世界市場について調査・分析し、カビ毒検出試験の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - カビ毒検出試験の世界市場:市場動向分析 - カビ毒検出試験の世界市場:競争要因分析 - カビ毒検出試験の世界市場:種類別 オクラトキシン アフラトキシン パツリン フサリウムトキシン その他のカビ毒 その他の種類 - カビ毒検出試験の世界市場:技術別 免疫測定法基盤/酵素結合免疫吸着法(ELISA) 分光学 クロマトグラフィ その他の技術 - カビ毒検出試験の世界市場:試験対象食品別 加工食品 ナッツ、種、スパイス 乳製品 シリアル、穀物、豆類 獣肉、鳥肉 - カビ毒検出試験の世界市場:試験対象飼料別 油かす かいば及びサイレージ 穀物及び穀物副産物 その他の飼料成分と濃縮物 - カビ毒検出試験の世界市場:用途別 研究所 企業 - カビ毒検出試験の世界市場:主要地域別分析 - カビ毒検出試験の北米市場規模(アメリカ市場等) - カビ毒検出試験のヨーロッパ市場規模 - カビ毒検出試験のア …
  • ハイドロコロイド被覆材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイドロコロイド被覆材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイドロコロイド被覆材の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 尿失禁(Urinary Incontinence):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尿失禁(Urinary Incontinence):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・尿失禁(Urinary Incontinence)のフェーズ3治験薬の状況 ・尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬の市場規模(販売予測) ・尿失禁(Urinary Incontinence)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・尿失禁(Urinary Incontinence)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬剤
  • パワーマネジメントIC(電源IC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パワーマネジメントIC(電源IC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パワーマネジメントIC(電源IC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の食品用でん粉誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品用でん粉誘導体市場2015について調査・分析し、食品用でん粉誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 自動倉庫システム(ASRS)の世界市場
    当調査レポートでは、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 機内エンターテイメント(IFE)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、機内エンターテイメント(IFE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機内エンターテイメント(IFE)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場見通し2016-2022:アクセスコントロール、NAT、ルーティング、セキュリティ、VPN、WAN最適化
    当調査レポートでは、仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場について調査・分析し、仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:市場動向分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:競争要因分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:サービスモデル別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:機能別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の北米市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の欧州市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)のアジア市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"