"プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60510)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The proteomics market is segmented on the basis of proteomics instrumentation technology such as protein micro array (biochips, micro array instruments), spectroscopy (Mass and NMR), X-ray crystallography, chromatography, electrophoresis, proteomics reagents, proteomics services (analytical lab services, protein identification, extraction, sequencing, data analysis, maintaining bioinformatics data bases). The market is driven by growing need of personalized medicines, new discoveries in the field of genomics, rise in funds for proteomics based research, growing research and development expenditure, advancement in technologies, new techniques, high output, high resolutions achiness and instruments have been developed, availability of private funds and rise in the Asian markets like China and Japan. . The top 10 companies own 40 to 50 percent of the market. Proteomic instrumentation market is dominated by proteomic microarray, accounting for around 50% of the revenue followed by spectroscopy techniques. Proteomic reagents market is dominated by immunoassays.
The market is restrained by various factors such as: success ratio of the researches is not very high, limitations of personalized medicines and lengthy regulatory approval process, reduction in funds by the US government, which owes 40% of this market, highly expensive medicines, which are 1000 fold costlier than the normal medicines present in the market and research and market is limited to a few developed nations only.

Major opportunities for the market lie in the Asian markets where contract research organizations are on a rise. Proteomics is science with broad applications in the field of therapeutics and diagnostics. Growing R&D and emergence of new players will create more market opportunities. Major players in the proteomics market are Thermo Fischer scientific corporation , Agilent technologies , Luminex corporation , Sigma-Aldrich corporation , Danaher corporation , Bio-Rad corporation , Waters corporation , PerkinElmer , Affymetrix and others.

Companies profiled
1. Genzyme Corporation
2. Thermo Fischer scientific corporation
3. Becton Dickinson and Co
4. BG medicine
5. Agilent technologies
6. Luminex corporation
7. Sigma-Aldrich corporation
8. Danaher corporation
9. Anaspec Inc
10. Asterand PLC
11. Applied biosystems Inc
12. Bayer technology
13. Bio-Rad corporation
14. Waters corporation
15. PerkinElmer
16. Affymetrix
17. GE healthcare
18. Genesystems Inc
19. Activx Biosciences Inc
20. Amgen Inc
21. Beckman coulter
22. Biacore International AB
23. Biocarta Inc
24. Bruker biosciences
25. Caliper Lifesciences
26. Cellzome AG
27. Commonwealth biotechnologies
28. Digilab biovision GmBH
29. Dionex Corp
30. Dualsystems biotech AG

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1. Global proteomic R&D expenditure
2.3.2. Global personalized medicine market
2.3.3. Global drug discovery programs
2.3.4. Healthcare expenditure across geographies
2.3.5. Disposable income of top emerging economies
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. R&D scenario in proteomics market
2.4.5. Pricing analysis
2.5. Competitive intelligence
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: Top competitive moves
2.6. Value Chain analysis
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Increased funding by government and private firms in research and development
3.1.2. Increased demand for personalized medicine
3.1.3. High elderly population and prevalence of lifestyle diseases
3.1.4. Technology advancements
3.1.5. Increased understanding of human genome
3.2. Market Restraints
3.2.1. The success ratio of the researches is not very high
3.2.2. Number of non responders is very high
3.2.3. Reduction in funds by the US government, which owes 40% of this market
3.2.4. Highly expensive medicines, which are 1000 fold costlier than the normal medicines present in the market and research
3.2.5. Market is limited to a few developed nations only.
3.3. Market challenges
3.3.1. High price
3.3.2. Weak research and development in emerging markets
3.4. Market opportunities
3.4.1. Development in drug discovery and nanotechnolgy
3.4.2. Markets in emerging geographies
4. Sector Analysis
4.1. Parent market
4.2. Sub-segment market
4.3. Alternative market
5. Market Segmentation
5.1. Global proteomics market, by technology, 2014-2021, ($millions)
5.1.1. Global protein microarray in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.1. Global biochips in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.2. Global microarray instruments proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.3. Global spectroscopy in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.4. Global X-ray crystallography in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.5. Global chromatography in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.6. Global chromatography in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.7. Global surface plasmon resonance in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.1.8. Global protein fractionation in proteomics market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2. Global proteomics reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.1. Global microarray reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.2. Global X-ray crystallography reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.3. Global spectroscopy reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.4. Global immunoassay reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.5. Global chromatography reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.6. Global electrophoresis reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.1.2.7. Global protein fractionation reagents market, 2014-2021, ($millions)
5.2. Global proteomics services market, 2014-2021
5.2.1. Global analytical lab services market, 2014-2021, ($millions)
5.2.1.1. Global protein identification market, 2014-2021, ($millions)
5.2.1.2. Global protein extraction market , 2014-2021, ($millions)
5.2.1.3. Global protein sequencing market, 2014-2021, ($millions)
5.2.2. Global data analysis and maintenance market, 2014-2021, ($millions)
5.2.2.1. Global bioinformatics database market, 2014-2021, ($millions)
5.2.2.2. Global bioinformatics tools market, 2014-2021, ($millions)
5.3. Global proteomics market by applications, 2014-2021, ($millions)
5.3.1. Global proteomics in drug discovery market, 2014-2021, ($millions)
5.3.1.1. Neuro-medicine
5.3.1.2. Maternal
5.3.1.3. Cancer
5.3.1.4. Antibody
5.3.1.5. Cardiovascular
5.3.1.6. Diabetes
5.3.1.7. Nutrition
5.3.1.8. Others
5.3.2. Global proteomics in clinical diagnosis market, 2014-2021, ($millions)
6. Competitive Landscape
6.1. Market share
6.2. Strategy – An analysis across tiers
7. Geographical analysis
7.1. North America Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.2. United States (U.S.) Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.3. Canada Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4. Europe Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.1. United Kingdom (UK) Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.2. France Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.3. Germany Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.4. Spain Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.5. Italy Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.4.6. RoE Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5. Asia Pacific Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.1. India Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.2. China Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.3. Japan Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.4. Korea Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.5. Australia Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.5.6. RoAPAC Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6. Rest of the world Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6.1. Latin America Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6.2. MENA Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
7.6.3. Africa Proteomic market, 2014-2021, ($millions)
8. Company Profiles:
8.1. Genzyme Corporation
8.2. Thermo Fischer scientific corporation
8.3. Becton Dickinson and Co.
8.4. BG medicine
8.5. Agilent technologies
8.6. Luminex corporation
8.7. Sigma-Aldrich corporation
8.8. Danaher corporation
8.9. Anaspec Inc
8.10. Asterand PLC
8.11. Applied biosystems Inc.
8.12. Bayer technology
8.13. Bio-Rad corporation
8.14. Waters corporation
8.15. PerkinElmer
8.16. Affymetrix
8.17. GE healthcare
8.18. Genesystems Inc.
8.19. Activx Biosciences Inc.
8.20. Amgen Inc
8.21. Beckman coulter
8.22. Biacore International AB
8.23. Biocarta Inc
8.24. Bruker biosciences
8.25. Caliper Lifesciences
8.26. Cellzome AG
8.27. Commonwealth biotechnologies
8.28. Digilab biovision GmBH
8.29. Dionex Corp.
8.30. Dualsystems biotech AG

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年3月31日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60510
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ技術
【キーワード】プロテオミクス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 携帯型酸素濃縮器の世界市場
    当調査レポートでは、携帯型酸素濃縮器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:酸素デリバリシステム別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:販売チャネル別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:技術別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器のアメリカ市場規模予測 ・携帯型酸素濃縮器のヨーロッパ市場規模予測 ・携帯型酸素濃縮器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • インバータエアコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インバータエアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インバータエアコンの世界市場規模及び予測、小売別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタンフォームの世界市場予測(~2021年):軟質ポリウレタンフォーム、硬質ポリウレタンフォーム、スプレーフォーム
    当調査レポートでは、ポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ポリウレタンフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の股関節再建装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、股関節再建装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・股関節再建装置の概要 ・股関節再建装置の開発動向:開発段階別分析 ・股関節再建装置の開発動向:セグメント別分析 ・股関節再建装置の開発動向:領域別分析 ・股関節再建装置の開発動向:規制Path別分析 ・股関節再建装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別股関節再建装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・股関節再建装置の最近動向
  • オートパイロット装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートパイロット装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートパイロット装置の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインキ用添加剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のインキ用添加剤市場2015について調査・分析し、インキ用添加剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 検査/計測装置および医療機器向けLEDの世界市場予測・分析
  • 2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場2019-2023
    2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡は、細胞や組織を3次元で観察することを可能にする顕微鏡の一種です。2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率2.52%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Bruker、Danaher、Nikon Instruments、Oxford Instruments、ZEISSなどです。 当調査レポートでは、2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡市場規模、エンドユーザー別(PB、AR、CRO)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場概要 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場環境 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場動向 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場規模 ・2光子励起共焦点レー …
  • 肥料用固化防止剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、肥料用固化防止剤の世界市場について調査・分析し、肥料用固化防止剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別肥料用固化防止剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、肥料用固化防止剤種類別分析(固化防止剤パウダー、固化防止剤ペースト、水溶性固化防止剤)、肥料用固化防止剤用途別分析(複合肥料、尿素、カリ肥料、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・肥料用固化防止剤の市場概観 ・肥料用固化防止剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・肥料用固化防止剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・肥料用固化防止剤の世界市場規模 ・肥料用固化防止剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・肥料用固化防止剤のアメリカ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のカナダ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のメキシコ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・肥料用固化防止剤のドイツ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のイギリス市場規模 …
  • 芝生保護の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、芝生保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、芝生保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ashley Furniture Industries• IKEA• Steelcase• Williams-Sonoma等です。
  • イタリアの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • クラッディングの世界市場分析:クラッディング、鋼、アルミ、複合材パネル、繊維セメント、テラコッタ、セラミック
    本調査レポートでは、クラッディングの世界市場について調査・分析し、クラッディングの世界市場動向、クラッディングの世界市場規模、市場予測、セグメント別クラッディング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 耐擦傷性ガラスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、耐擦傷性ガラスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、耐擦傷性ガラス市場規模、製品別(サファイアガラス、イオン強化ガラス)分析、種類別(強化度合い、形状)分析、用途別(石油・ガス、航空、自動車、内装建築、電化製品、スマートフォン・タブレット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:市場動向分析 ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:競争要因分析 ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:製品別(サファイアガラス、イオン強化ガラス) ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:種類別(強化度合い、形状) ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:用途別(石油・ガス、航空、自動車、内装建築、電化製品、スマートフォン・タブレット、その他) ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:主要地域別分析 ・ 耐擦傷性ガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 耐擦傷性ガラスのヨーロッパ市場規模 ・ 耐擦傷性ガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド …
  • スマートウィンドウの世界市場:電気作動式スマートウィンドウ、環境作動式スマートウィンドウ
    当調査レポートでは、スマートウィンドウの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウィンドウの世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の真珠岩市場2015
    本調査レポートでは、世界の真珠岩市場2015について調査・分析し、真珠岩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モノアミン酸化酵素A阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるモノアミン酸化酵素A阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・モノアミン酸化酵素A阻害剤の概要 ・モノアミン酸化酵素A阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のモノアミン酸化酵素A阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・モノアミン酸化酵素A阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・モノアミン酸化酵素A阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の混合キシレン市場2016
    本調査レポートでは、世界の混合キシレン市場2016について調査・分析し、混合キシレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ライム病検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • レチノイン酸受容体アルファアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイン酸受容体アルファアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイン酸受容体アルファアゴニストの概要 ・レチノイン酸受容体アルファアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイン酸受容体アルファアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイン酸受容体アルファアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイン酸受容体アルファアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 港湾・ターミナル業務の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、港湾・ターミナル業務の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、港湾・ターミナル業務の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソレノイド弁市場2015
    本調査レポートでは、世界のソレノイド弁市場2015について調査・分析し、ソレノイド弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミカーテンウォールの世界市場2014-2025:種類別(現場組み立て、半ユニット化、ユニット化)、用途別(業務用、住居用)、地域別
    本調査レポートでは、アルミカーテンウォールの世界市場について調査・分析し、アルミカーテンウォールの世界市場動向、アルミカーテンウォールの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルミカーテンウォール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 大腸内視鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、大腸内視鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大腸内視鏡の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚炎(Dermatitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、皮膚炎(Dermatitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・皮膚炎(Dermatitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・皮膚炎(Dermatitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・皮膚炎(Dermatitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・皮膚炎(Dermatitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・皮膚炎(Dermatitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の皮膚炎(Dermatitis)治療薬剤
  • 世界のガススプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のガススプリング市場2016について調査・分析し、ガススプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 獣医イメージングの世界市場:製品種類別(機器、試薬、その他)、動物種類別(伴侶動物、大型動物、その他の動物)、用途別(整形外科&外傷学、腫瘍学、心臓病、神経学、その他)、エンドユーザー別(クリニック&病院、リファレンスラボ、その他)
    本調査レポートでは、獣医イメージングの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(機器、試薬、その他)分析、動物種類別(伴侶動物、大型動物、その他の動物)分析、用途別(整形外科&外傷学、腫瘍学、心臓病、神経学、その他)分析、エンドユーザー別(クリニック&病院、リファレンスラボ、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております 。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・獣医イメージングの世界市場:製品種類別(機器、試薬、その他) ・獣医イメージングの世界市場:動物種類別(伴侶動物、大型動物、その他の動物) ・獣医イメージングの世界市場:用途別(整形外科&外傷学、腫瘍学、心臓病、神経学、その他) ・獣医イメージングの世界市場:エンドユーザー別(クリニック&病院、リファレンスラボ、その他) ・獣医イメージングの世界市場:地域別 ・企業概要
  • キャロブの世界市場
    当調査レポートでは、キャロブの世界市場について調査・分析し、キャロブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - キャロブの世界市場:市場動向分析 - キャロブの世界市場:競争要因分析 - キャロブの世界市場:流通経路別 ・オンライン ・フィットネスショップ ・健康食品店 ・その他 - キャロブの世界市場:形状別 ・液体 ・固体 - キャロブの世界市場:用途別 ・パン製品 ・スナック ・乳製品 ・食品&飲料 ・シリアル ・その他 - キャロブの世界市場:主要地域別分析 - キャロブの北米市場規模(アメリカ市場等) - キャロブのヨーロッパ市場規模 - キャロブのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・キャロブの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 背中支持体の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、背中支持体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、背中支持体の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動トラック積載システム(ATLS)の世界市場予測:チェーンコンベヤ、スラットコンベヤ、ベルトコンベヤ、スケートコンベヤ、ローラ・トラック、無人搬送車(AGV)
    当調査レポートでは、自動トラック積載システム(ATLS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、 搬出口別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、自動トラック積載システム(ATLS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の仮想ルーター市場2019
    本調査レポートでは、世界の仮想ルーター市場2019について調査・分析し、仮想ルーターの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、仮想ルーターのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、仮想ルーターメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・仮想ルーターの市場概要 ・仮想ルーターの上流・下流市場分析 ・仮想ルーターのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・仮想ルーターのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・仮想ルーターのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・仮想ルーターの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・仮想ルーターの北米市場:市場予測(生産 …
  • 耐酸ライニングのドイツ市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 住宅用太陽光発電システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、住宅用太陽光発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用太陽光発電システム市場規模、用途別分析、技術別(結晶シリコン、薄膜型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場概要 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場環境 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場動向 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場規模 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:業界構造分析 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:用途別 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:技術別(結晶シリコン、薄膜型) ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用太陽光発電システムの北米市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムの主要国分析 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場: …
  • 世界の分子量マーカー市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子量マーカー市場2015について調査・分析し、分子量マーカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートPPEの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートPPEの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートPPEの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートPPEの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、DAQRI、GENERAL ELECTRIC、Honeywell等です。
  • 暗号ATMの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、暗号ATMの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、タイプ別(1ウェイ、2ウェイ)分析、現金自動預け払い機ハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー)分析、暗号ATMの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 不織濾過媒体の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、不織濾過媒体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不織濾過媒体の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のプラスチック強化剤市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック強化剤市場2015について調査・分析し、プラスチック強化剤の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セックストイのアジア太平洋市場2016-2020
    当調査レポートでは、セックストイのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セックストイのアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス
    当調査レポートでは、IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス)分析、用途別(銀行、金融セクター、小売、政府、高セキュリティ、製造、企業、住宅、エンターテイメント、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:製品種類別(ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス) ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:用途別(銀行、金融セクター、小売、政府、高セキュリティ、製造、企業、住宅、エンターテイメント、ヘルスケア、その他) ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 肝炎検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 非プロトン性溶媒の世界市場2017-2021:石油・ガス、医薬品、塗料・コーティング、電子・電気、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、非プロトン性溶媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非プロトン性溶媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は非プロトン性溶媒の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、DowDuPont、Eastman Chemical Company、INEOS、Mitsui Chemicals、Shell International等です。
  • 間質性膀胱炎(膀胱痛症候群):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、間質性膀胱炎(膀胱痛症候群)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・間質性膀胱炎(膀胱痛症候群):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・間質性膀胱炎(膀胱痛症候群)のフェーズ3治験薬の状況 ・間質性膀胱炎(膀胱痛症候群)治療薬の市場規模(販売予測) ・間質性膀胱炎(膀胱痛症候群)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・間質性膀胱炎(膀胱痛症候群)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の間質性膀胱炎(膀胱痛症候群)治療薬剤
  • 回路材料の世界市場:材料クラス別、基板別、導電性材料別、外層別、用途別、地域別予測
    本資料は、回路材料の世界市場について調べ、回路材料の世界規模、市場動向、市場環境、材料クラス別分析、基板別分析、導電性材料別分析、外層別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・回路材料の世界市場概要 ・回路材料の世界市場環境 ・回路材料の世界市場動向 ・回路材料の世界市場規模 ・回路材料の世界市場規模:材料クラス別 ・回路材料の世界市場規模:基板別 ・回路材料の世界市場規模:導電性材料別 ・回路材料の世界市場規模:外層別 ・回路材料の世界市場規模:用途別 ・回路材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・回路材料の北米市場規模・予測 ・回路材料のアメリカ市場規模・予測 ・回路材料のヨーロッパ市場規模・予測 ・回路材料のアジア市場規模・予測 ・回路材料の日本市場規模・予測 ・回路材料の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 害虫駆除のヨーロッパ市場:化学的、機械的、生物学的
  • 液体屋根材の世界市場:PU塗料、アクリル塗料、PU/アクリル・ハイブリッド、歴青質塗料、シリコーン塗料、変性シラン・ポリマー、EPDMゴム、エラストマ膜、セメント系膜
    当調査レポートでは、液体屋根材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、液体屋根材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 教育・学習分析の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、教育・学習分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別(パフォーマンス管理、カリキュラム開発・介入管理、人材の獲得・保持)分析、コンポーネント別分析、分析タイプ別分析、導入別分析、教育・学習分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペンタデカノリド市場2015
    本調査レポートでは、世界のペンタデカノリド市場2015について調査・分析し、ペンタデカノリドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空管制装置の世界市場
    当調査レポートでは、航空管制装置の世界市場について調査・分析し、航空管制装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空管制装置の世界市場:市場動向分析 - 航空管制装置の世界市場:競争要因分析 - 航空管制装置の世界市場:製品別 ・安全およびナビゲーション機器 ・近接検知機器 ・レーダー機器 ・シミュレーター機器 ・情報システム機器 ・自動化機器 - 航空管制装置の世界市場:エンドユーザー別 ・民間航空機 ・自家用機 ・軍用機 - 航空管制装置の世界市場:用途別 ・監視用 ・ナビゲーション用 ・通信用 - 航空管制装置の世界市場:主要地域別分析 - 航空管制装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 航空管制装置のヨーロッパ市場規模 - 航空管制装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・航空管制装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"