"ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60532)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

IT robotic automation gives enhanced adaptability to effectively increasing or diminishing production levels at low expense. In businesses where interest for items and administration is similar to the case with financial items, enhanced versatility offered by robotic automation serves to adequately scale throughput at a settled level of value and known administration levels. IT robotic automation builds security of procedures inferable from diminished human mediation and constrained access to basic assets.Expanding beginning improvement expense may represent a challenge to the IT robotic automation market. Further, robotic automation administrations are lucrative to commercial enterprises where generation and administration levels are sufficiently high to strike the right balance in the middle of expense and yield. IT Robotic business sector is extensively grouped into model based application and procedure based application instruments. IT mechanical mechanization programming is utilized as a part of different commercial ventures such assembling and administration businesses. Robotization programming is utilized for preparing and expert administration mechanization. Expert administrations incorporate preparing and advancement, BPO and counseling administration. Preparing administrations can be advanced utilizing automation programming.

IPSoft, Inc., a conspicuous player in the IT robotic automation industry, consented to an arrangements with Indian IT organizations, for example, Cognizant Technology Solutions and Infosys, Ltd. for the execution of the previous’ RPA innovation. Most organizations that offer RPA instruments first go to the U.S., where there is a higher awareness and requirement for mechanized programming. The conditions in this business sector are likewise suitable for the advancement of the IT robotic automation market. On account of Europe, then again, the ‘near shore’ model of business outsourcing is getting on. This new service model depends on the higher utilization of robots for mechanizing procedures, bolstered by pro FTEs. The worldwide IT mechanical Robotization business sector can be portioned on the premise: Type, instruments for procedure mechanization, administrations for procedure computerization, and topographical district. As indicated by 2013 assessments, the section of mechanical procedure computerization drove the worldwide IT automated Robotization advertise fundamentally strong partnership between IT administrations organizations and RPA device suppliers. Since these two elements have solid business engagement models with one another, the improvement of the RPA administrations business sector is specifically controlled by the level of advancement of RPA innovation.

Companies Mentioned: –
1. Blue Prism
2. Be Informed B. V.
3. Appian Corporation
4. IPSoft, Inc.
5. Tata Consultancy Services Limited
Infosys Limited
7. Cognizant Technology Solutions Corp.
8. Atos SE
9. Capgemini
10. Genfour
11. Genpact Ltd.
12. Automation Anywhere, Inc.
13. Sutherland Global Services, Inc.
14. Bluebotics
15. Bosch
16. Ecovacs
17. Rethink Robotics
18. Williow Garage
19. Robotnik
20. Google
21. GE
22. Toshiba
23. Hitachi
24. FMC
25. Vega
26. Aspean Technology
27. Turck
28. ABB
29. Mitsubishi Electric
30. FANUC

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1.
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. Top 3 geography
2.5. Competitive Landscape
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: Top competitive Moves
2.6. Porter’s Five Force Model
2.6.1. Threat of New Entrants
2.6.2. Threat of Substitute Products or Services
2.6.3. Bargaining Power of Buyer
2.6.4. Bargaining Power of Supplier
2.6.5. Intensity of Competitive Rivalry
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Product Innovation
3.1.2. Robotic Automation in IT Acting as a Strong Alternative to Offshore Outsourcing
3.1.3. Ability to Leverage Other Application Software Without Integration
3.1.4. Increasing Adoption in Finance and Accounting (F&A) Sector to Cut Costs
3.1.5. Stagnation of industrial Manufacturing
3.1.6. High Adoption rate of robotics in SMEs
3.2. Market restraints
3.2.1. Security Concerns of the Technology over Increased Access to an Individual
3.2.2. Existing BPO Contracts will Hamper Adoption in the BPO Segment
3.2.3. Social Implication of Releasing People from their Roles

3.3. Market opportunities
3.3.1. Increased Demand IT robotics
3.3.2. Application and Infrastructure Management for the Growth of RPA
3.3.3. Robot-as-a-service and political and macroeconomic events offer huge growth potential in the coming years
3.4. Market challenges
3.4.1. High Cost and Uncertainty Sector Analysis
3.4.2. Stagnation of industrial Manufacturing
3.5. Parent Market
3.6. Competitors Market
3.7. Alternative Market
4. Market Segmentation
4.1. by Tools
4.1.1. Global IT Robotics Automation Model-based Application Tools Market, 2014-2021,($millions)
4.1.2. Global IT Robotics Automation Process-based Application Tools Market, 2014-2021,($millions)
4.2. by Services:
4.2.1. Global IT Robotics Automation Professional Market, 2014-2021,($millions)
4.2.2. Global IT Robotics Automation Consulting Market, 2014-2021,($millions)
4.2.3. Global IT Robotics Automation Integration and Development Market, 2014-2021,($millions)
4.2.4. Global IT Robotics Automation Application Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.5. Global IT Robotics Automation Infrastructure Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.6. Global IT Robotics Automation BPO Market, 2014-2021,($millions)
4.2.7. Global IT Robotics Automation Application Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.8. Global IT Robotics Automation Infrastructure Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.9. Global IT Robotics Automation Training Market, 2014-2021,($millions)
4.3. Technology
4.3.1. Global IT Robotics Automation Back office data driven process Market, 2014-2021,($millions)
4.3.2. Global IT Robotics Automation Voice Recognition Market, 2014-2021,($millions)
4.3.3. Global IT Robotics Automation Digital Detection Market, 2014-2021,($millions)
4.3.4. Global IT Robotics Automation Remote Infrastructure Management Market, 2014-2021,($millions)
4.3.5. Global IT Robotics Automation IVR systems Market, 2014-2021,($millions)
4.3.6. Global IT Robotics Automation internet retailers and service providers Market, 2014-2021,($millions)
5. Geographical analysis
5.1. North America IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.1.1. United States (U.S.) IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.1.2. Canada IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2. Europe IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.1. United Kingdom (UK) IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.2. France IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.3. Germany IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.4. Spain IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.5. Italy IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.6. RoE Market,2014-2021,($millions)
5.3. Asia Pacific IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.1. India IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.2. China IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.3. Japan IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.4. Korea IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.5. Australia IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.6. RoAPAC IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4. Rest of the world IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4.1. Latin America IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4.2. MENA IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4.3. Africa IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
6. Company Profiling: – (Over, SCOT analysis, strategic review)
6.1. Blue Prism
6.2. Be Informed B. V.
6.3. Appian Corporation
6.4. IPSoft, Inc.
6.5. Tata Consultancy Services Limited
6.6. Infosys Limited
6.7. Cognizant Technology Solutions Corp.
6.8. Atos SE
6.9. Capgemini
6.10. Genfour
6.11. Genpact Ltd.
6.12. Automation Anywhere, Inc.
6.13. Sutherland Global Services, Inc.
6.14. Bluebotics
6.15. Bosch
6.16. Ecovacs
6.17. Rethink Robotics
6.18. Williow Garage
6.19. Robotnik
6.20. Google
6.21. GE
6.22. Toshiba
6.23. Hitachi
6.24. FMC
6.25. Vega
6.26. Aspean Technology
6.27. Turck
6.28. ABB
6.29. Mitsubishi Electric
6.30. FANUC

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月2日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60532
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】ITロボット・オートメーション
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 家庭用殺虫剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家庭用殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用殺虫剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ流体工学の世界市場分析:用途別(医薬品、ゲノミクス、プロテオミクス、細胞ベースのアッセイおよびその他、インビトロ診断、POC、臨床、環境および産業、医療機器)、材料別(ポリマー、ガラス、シリコン、金属、セラミックス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、マイクロ流体工学の世界市場について調査・分析し、マイクロ流体工学の世界市場動向、マイクロ流体工学の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロ流体工学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • HomeWorks Tri-County Electric Cooperative, Inc.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 認証局の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、認証局の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、証明の種類(SSL、セキュア電子メール、コード署名、認証証明書)分析、サービス分析、SSL証明書検証タイプ分析、組織サイズ分析、認証局の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本のABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 世界の経皮吸収パッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界の経皮吸収パッチ市場2015について調査・分析し、経皮吸収パッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場予測(~2022年):SCR触媒、DEFタンク、インジェクター、供給モジュール、センサ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成品別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のミルクパウダー市場2015
    本調査レポートでは、中国のミルクパウダー市場2015について調査・分析し、ミルクパウダーの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの血栓管理装置市場見通し
  • ハンガリーのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 中国の感染症治療市場:抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗寄生虫薬
    当調査レポートでは、中国の感染症治療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の感染症治療市場規模及び予測、用途別分析、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セラミックタイルの北米市場
  • アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場:製品別(アンギオグラフィシステム、カテーテル、ガイドワイヤー、バルーン、造影剤)、技術別(X線、CT、MRA)、処置別(冠動脈、血管内、神経血管)、用途別(診断、治療)、地域別予測
    本資料は、アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場について調べ、アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(アンギオグラフィシステム、カテーテル、ガイドワイヤー、バルーン、造影剤)分析、技術別(X線、CT、MRA)分析、処置別(冠動脈、血管内、神経血管)分析、用途別(診断、治療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場概要 ・アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場環境 ・アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場動向 ・アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場規模 ・アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場規模:製品別(アンギオグラフィシステム、カテーテル、ガイドワイヤー、バルーン、造影剤) ・アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場規模:技術別(X線、CT、MRA) ・アンギオグラフィ(血管造影検査)装置の世界市場規模:処置別(冠 …
  • カーリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カーリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーリング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 カーリングとは、競技者がアイスシート上でカーリングストーンを滑らせて行う氷上競技です。4人ずつ2チームで行われます。体格の強さを必要としないので様々な年齢層の人に、レクレーションとしても人気があります。最も魅力的なスポーツとして、カーリングは氷上のチェス等と呼ばれています。Technavio社はカーリング用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Andrew Kay & Co (Curling Stones)• Asham Curling Supplies• BalancePlus Sliders• Goldline Curling• Olson Curling等です。
  • 心臓再同期療法(CRT)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、心臓再同期療法(CRT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品タイプ別(CRT除細動器・CRTペースメーカー)分析、エンドユーザー別(病院・心臓センター、外来外科センター)分析、心臓再同期療法(CRT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのアルミニウム線材市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヨーロッパのアルミニウム線材市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのアルミニウム線材市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ボトルウォーターの世界市場:製品別(精製水、ミネラルウォーター、スプリングウォーター、スパークリングウォーター)、セグメント予測
    ボトルウォーターの世界市場は2025年には2151億2000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.4%で成長すると予測されています。炭酸飲料と比較して健康上の利益が高く、栄養的な有用性が付加されているため、より高い成長が見込まれています。さらに、この市場の成長を促す要因として、1人当たり支出の増加や急速に進む都市化なども考えられます。本調査レポートでは、ボトルウォーターの世界市場について調査・分析し、ボトルウォーターの世界市場動向、ボトルウォーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別ボトルウォーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウェアラブルアプリケーションの世界市場2016-2020:ウェアラブルフィットネスアプリケーション、ウェアラブル産業用アプリケーション、ウェアラブルオンライン取引アプリケーション、ウェアラブルカスタマイズアプリケーション、ウェアラブルヘルスケアアプリケーション
    当調査レポートでは、ウェアラブルアプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルアプリケーションの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 性能添加剤の世界市場予測(~2021年):プラスチック添加剤、塗料添加剤、顔料添加剤、インク添加剤
    当調査レポートでは、性能添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、性能添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用火災安全装置の世界市場:火災報知機、消火器
    当調査レポートでは、産業用火災安全装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用火災安全装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロバイオティクス成分の世界市場分析:成分別(細菌(乳酸菌、ビフィドバクテリウム、連鎖球菌)、酵母、胞子形成菌)、エンドユーザー別(ヒトプロバイオティクス、動物プロバイオティクス)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、プロバイオティクス成分の世界市場について調査・分析し、プロバイオティクス成分の世界市場動向、プロバイオティクス成分の世界市場規模、市場予測、セグメント別プロバイオティクス成分市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 新規用途向けジェスチャ認識の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、新規用途向けジェスチャ認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新規用途向けジェスチャ認識の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床試験の世界市場:フェーズ別(I/II/III/IV)、試験デザイン別(インターベンション、利用範囲拡大)、適応別(腫瘍、糖尿病、肥満)、セグメント予測
    本調査レポートでは、臨床試験の世界市場について調査・分析し、臨床試験の世界市場動向、臨床試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 膝関節再建デバイスの世界市場分析・予測(~2020)
    当調査レポートでは、膝関節再建デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフクラブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ゴルフクラブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフクラブの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • OTT端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTT端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTT端末・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の保育器市場2015
    本調査レポートでは、世界の保育器市場2015について調査・分析し、保育器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体精密ろ過の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液体精密ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体精密ろ過の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bumi Armada、BW Offshore、MODEC、Petrobras、SBM Offshore等です。
  • 日本の輸液装置市場2016-2020
    当調査レポートでは、日本の輸液装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日本の輸液装置市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:用途別(成長ホルモン欠乏症、プラダー・ウィリー症候群、ターナー症候群、在胎不当過小、その他)、投与経路別(静脈内、筋肉内、皮下、経口)、流通経路別(病院薬局、小売薬局、クリニック、 オンライン薬局)
    本市場調査レポートではヒト成長ホルモン(hGH)について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(成長ホルモン欠乏症、プラダー・ウィリー症候群、ターナー症候群、在胎不当過小、その他)分析、投与経路別(静脈内、筋肉内、皮下、経口)分析、流通経路別(病院薬局、小売薬局、クリニック、 オンライン薬局)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:用途別(成長ホルモン欠乏症、プラダー・ウィリー症候群、ターナー症候群、在胎不当過小、その他) ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:投与経路別(静脈内、筋肉内、皮下、経口) ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:流通経路別(病院薬局、小売薬局、クリニック、 オンライン薬局) ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 抗ウイルス薬の世界市場分析:作用メカニズム別(ヌクレオチドポリメラーゼ阻害剤、逆転写酵素阻害剤、プロテアーゼ阻害剤)、用途別(HIV、肝炎、HSV、インフルエンザ)、タイプ別(ジェネリック、ブランド)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、抗ウイルス薬の世界市場について調査・分析し、抗ウイルス薬の世界市場動向、抗ウイルス薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別抗ウイルス薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シングルユース・バイオプロセシングの世界市場予測(~2021年):シングルユース・メディアバック/容器、シングルユース・バイオリアクター、濾過アセンブリ
    当調査レポートでは、シングルユース・バイオプロセシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、シングルユース・バイオプロセシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲルコートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲルコートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲルコート市場規模、エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲルコートの世界市場概要 ・ゲルコートの世界市場環境 ・ゲルコートの世界市場動向 ・ゲルコートの世界市場規模 ・ゲルコートの世界市場:業界構造分析 ・ゲルコートの世界市場:エンドユーザー別(海洋、輸送、風力エネルギー、建設、その他) ・ゲルコートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲルコートの北米市場規模・予測 ・ゲルコートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ゲルコートのアジア太平洋市場規模・予測 ・ゲルコートの主要国分析 ・ゲルコートの世界市場:意思決定フレームワーク ・ゲルコートの世界市場:成長要因、課題 ・ゲルコートの世界市場:競争環境 ・ゲルコートの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Ashland、BAS …
  • 自動車用排気センサーの世界市場:O2センサー、NOxセンサー
    当調査レポートでは、自動車用排気センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用排気センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、繊維機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、繊維機械市場規模、製品別(紡績機械、加工糸製造機、編み機、織機、仕上げ機械)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・繊維機械の世界市場概要 ・繊維機械の世界市場環境 ・繊維機械の世界市場動向 ・繊維機械の世界市場規模 ・繊維機械の世界市場:業界構造分析 ・繊維機械の世界市場:製品別(紡績機械、加工糸製造機、編み機、織機、仕上げ機械) ・繊維機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・繊維機械のアメリカ市場規模・予測 ・繊維機械のヨーロッパ市場規模・予測 ・繊維機械のアジア市場規模・予測 ・繊維機械の主要国分析 ・繊維機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・繊維機械の世界市場:成長要因、課題 ・繊維機械の世界市場:競争環境 ・繊維機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のβ-アラニン市場2016
    本調査レポートでは、世界のβ-アラニン市場2016について調査・分析し、β-アラニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業ロボットサービスの世界市場2017-2021:マテリアルハンドリング、溶接、組立てライン
    当調査レポートでは、産業ロボットサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボットサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コーテッドファブリックの世界市場:製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材)、用途別(輸送、防護服、工業、屋根材、日よけ・天蓋、家具・座席、その他)、地域別予測
    本資料は、コーテッドファブリックの世界市場について調べ、コーテッドファブリックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材)分析、用途別(輸送、防護服、工業、屋根材、日よけ・天蓋、家具・座席、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはContinental AG、Sioen Industries NV、Saint-Gobain S.A.、SRF Limited、Seaman Corporation、Spradling International PLCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コーテッドファブリックの世界市場概要 ・コーテッドファブリックの世界市場環境 ・コーテッドファブリックの世界市場動向 ・コーテッドファブリックの世界市場規模 ・コーテッドファブリックの世界市場規模:製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材) ・コー …
  • 世界のジクロロエタン(DCE)市場2016
    本調査レポートでは、世界のジクロロエタン(DCE)市場2016について調査・分析し、ジクロロエタン(DCE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 経腸用シリンジの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、経腸用シリンジの世界市場について調べ、経腸用シリンジの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、経腸用シリンジの市場規模をセグメンテーション別(製品別(使い捨てシリンジ、再利用可能シリンジ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は経腸用シリンジの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・経腸用シリンジの市場状況 ・経腸用シリンジの市場規模 ・経腸用シリンジの市場予測 ・経腸用シリンジの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(使い捨てシリンジ、再利用可能シリンジ) ・経腸用シリンジの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • シルク(絹)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、シルク(絹)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、シルク(絹)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用消耗品の世界市場予測(~2024年)
    歯科用消耗品の世界市場は、2019年の279億米ドルから2024年には387億米ドルに達し、この期間中6.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、歯科疾患の発生率の上昇、審美歯科の需要の増加、デンタルツーリズムの成長、発展途上国における可処分所得の増加などが考えられます。当調査レポートでは、歯科用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(インプラント、補綴物、歯列矯正、歯内治療、感染予防、歯周治療、ホワイトニング製品、予防薬、フッ化物、シーラント、スプリント)分析、エンドユーザー(病院・診療所、研究室)分析、歯科用消耗品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用化学品の世界市場2016-2020:保護コーティング、接着剤、シーラント、コンクリート混和剤、アスファルト添加剤、難燃剤
    当調査レポートでは、建設用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用化学品の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧品包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、化粧品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化粧品包装市場規模、タイプ別(ボトル、ペン、チューブ、キャップ・クロージャー、ジャー・コンテナ、ポンプ・ディスペンサー、ローラーボール、スティック、サシェ、その他)分析、材料別(金属、硬質プラスチック、紙、プラスチック、ガラス、軟質プラスチック、その他)分析、容量別(タイプ5(200ml超)、タイプ4(150ml~200ml)、タイプ3(100ml~150ml)、タイプ2(50ml~100ml)、タイプ1(50ml未満))分析、用途別(スキンケア用品、香水、ヘアケア用品、化粧品、ネイルケア用品、制汗剤、アイケア用品、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 化粧品包装の世界市場:市場動向分析 ・ 化粧品包装の世界市場:競争要因分析 ・ 化粧品包装の世界市場:タイプ別(ボトル、ペン、チューブ、キャップ・クロージャー、ジャー・コンテナ、ポンプ・ディスペンサー、ローラ …
  • 異常検知ソリューションの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、異常検知ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、技術別分析、導入形態別分析、産業別分析、異常検知ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 術後疼痛(Post-Operative Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・術後疼痛(Post-Operative Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬剤
  • テレプレゼンスロボットの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、テレプレゼンスロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、コンポーネント別(ヘッド、ボディ)分析、タイプ別分析、用途別(教育、ヘルスケア、企業、ホームケア)分析、テレプレゼンスロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)の概要 ・ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症I型(MPS I)(ハーラー症候群)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"