"ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60532)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

IT robotic automation gives enhanced adaptability to effectively increasing or diminishing production levels at low expense. In businesses where interest for items and administration is similar to the case with financial items, enhanced versatility offered by robotic automation serves to adequately scale throughput at a settled level of value and known administration levels. IT robotic automation builds security of procedures inferable from diminished human mediation and constrained access to basic assets.Expanding beginning improvement expense may represent a challenge to the IT robotic automation market. Further, robotic automation administrations are lucrative to commercial enterprises where generation and administration levels are sufficiently high to strike the right balance in the middle of expense and yield. IT Robotic business sector is extensively grouped into model based application and procedure based application instruments. IT mechanical mechanization programming is utilized as a part of different commercial ventures such assembling and administration businesses. Robotization programming is utilized for preparing and expert administration mechanization. Expert administrations incorporate preparing and advancement, BPO and counseling administration. Preparing administrations can be advanced utilizing automation programming.

IPSoft, Inc., a conspicuous player in the IT robotic automation industry, consented to an arrangements with Indian IT organizations, for example, Cognizant Technology Solutions and Infosys, Ltd. for the execution of the previous’ RPA innovation. Most organizations that offer RPA instruments first go to the U.S., where there is a higher awareness and requirement for mechanized programming. The conditions in this business sector are likewise suitable for the advancement of the IT robotic automation market. On account of Europe, then again, the ‘near shore’ model of business outsourcing is getting on. This new service model depends on the higher utilization of robots for mechanizing procedures, bolstered by pro FTEs. The worldwide IT mechanical Robotization business sector can be portioned on the premise: Type, instruments for procedure mechanization, administrations for procedure computerization, and topographical district. As indicated by 2013 assessments, the section of mechanical procedure computerization drove the worldwide IT automated Robotization advertise fundamentally strong partnership between IT administrations organizations and RPA device suppliers. Since these two elements have solid business engagement models with one another, the improvement of the RPA administrations business sector is specifically controlled by the level of advancement of RPA innovation.

Companies Mentioned: –
1. Blue Prism
2. Be Informed B. V.
3. Appian Corporation
4. IPSoft, Inc.
5. Tata Consultancy Services Limited
Infosys Limited
7. Cognizant Technology Solutions Corp.
8. Atos SE
9. Capgemini
10. Genfour
11. Genpact Ltd.
12. Automation Anywhere, Inc.
13. Sutherland Global Services, Inc.
14. Bluebotics
15. Bosch
16. Ecovacs
17. Rethink Robotics
18. Williow Garage
19. Robotnik
20. Google
21. GE
22. Toshiba
23. Hitachi
24. FMC
25. Vega
26. Aspean Technology
27. Turck
28. ABB
29. Mitsubishi Electric
30. FANUC

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1.
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. Top 3 geography
2.5. Competitive Landscape
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: Top competitive Moves
2.6. Porter’s Five Force Model
2.6.1. Threat of New Entrants
2.6.2. Threat of Substitute Products or Services
2.6.3. Bargaining Power of Buyer
2.6.4. Bargaining Power of Supplier
2.6.5. Intensity of Competitive Rivalry
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Product Innovation
3.1.2. Robotic Automation in IT Acting as a Strong Alternative to Offshore Outsourcing
3.1.3. Ability to Leverage Other Application Software Without Integration
3.1.4. Increasing Adoption in Finance and Accounting (F&A) Sector to Cut Costs
3.1.5. Stagnation of industrial Manufacturing
3.1.6. High Adoption rate of robotics in SMEs
3.2. Market restraints
3.2.1. Security Concerns of the Technology over Increased Access to an Individual
3.2.2. Existing BPO Contracts will Hamper Adoption in the BPO Segment
3.2.3. Social Implication of Releasing People from their Roles

3.3. Market opportunities
3.3.1. Increased Demand IT robotics
3.3.2. Application and Infrastructure Management for the Growth of RPA
3.3.3. Robot-as-a-service and political and macroeconomic events offer huge growth potential in the coming years
3.4. Market challenges
3.4.1. High Cost and Uncertainty Sector Analysis
3.4.2. Stagnation of industrial Manufacturing
3.5. Parent Market
3.6. Competitors Market
3.7. Alternative Market
4. Market Segmentation
4.1. by Tools
4.1.1. Global IT Robotics Automation Model-based Application Tools Market, 2014-2021,($millions)
4.1.2. Global IT Robotics Automation Process-based Application Tools Market, 2014-2021,($millions)
4.2. by Services:
4.2.1. Global IT Robotics Automation Professional Market, 2014-2021,($millions)
4.2.2. Global IT Robotics Automation Consulting Market, 2014-2021,($millions)
4.2.3. Global IT Robotics Automation Integration and Development Market, 2014-2021,($millions)
4.2.4. Global IT Robotics Automation Application Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.5. Global IT Robotics Automation Infrastructure Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.6. Global IT Robotics Automation BPO Market, 2014-2021,($millions)
4.2.7. Global IT Robotics Automation Application Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.8. Global IT Robotics Automation Infrastructure Management Market, 2014-2021,($millions)
4.2.9. Global IT Robotics Automation Training Market, 2014-2021,($millions)
4.3. Technology
4.3.1. Global IT Robotics Automation Back office data driven process Market, 2014-2021,($millions)
4.3.2. Global IT Robotics Automation Voice Recognition Market, 2014-2021,($millions)
4.3.3. Global IT Robotics Automation Digital Detection Market, 2014-2021,($millions)
4.3.4. Global IT Robotics Automation Remote Infrastructure Management Market, 2014-2021,($millions)
4.3.5. Global IT Robotics Automation IVR systems Market, 2014-2021,($millions)
4.3.6. Global IT Robotics Automation internet retailers and service providers Market, 2014-2021,($millions)
5. Geographical analysis
5.1. North America IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.1.1. United States (U.S.) IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.1.2. Canada IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2. Europe IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.1. United Kingdom (UK) IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.2. France IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.3. Germany IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.4. Spain IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.5. Italy IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.2.6. RoE Market,2014-2021,($millions)
5.3. Asia Pacific IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.1. India IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.2. China IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.3. Japan IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.4. Korea IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.5. Australia IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.3.6. RoAPAC IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4. Rest of the world IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4.1. Latin America IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4.2. MENA IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
5.4.3. Africa IT Robotics Automation Market,2014-2021,($millions)
6. Company Profiling: – (Over, SCOT analysis, strategic review)
6.1. Blue Prism
6.2. Be Informed B. V.
6.3. Appian Corporation
6.4. IPSoft, Inc.
6.5. Tata Consultancy Services Limited
6.6. Infosys Limited
6.7. Cognizant Technology Solutions Corp.
6.8. Atos SE
6.9. Capgemini
6.10. Genfour
6.11. Genpact Ltd.
6.12. Automation Anywhere, Inc.
6.13. Sutherland Global Services, Inc.
6.14. Bluebotics
6.15. Bosch
6.16. Ecovacs
6.17. Rethink Robotics
6.18. Williow Garage
6.19. Robotnik
6.20. Google
6.21. GE
6.22. Toshiba
6.23. Hitachi
6.24. FMC
6.25. Vega
6.26. Aspean Technology
6.27. Turck
6.28. ABB
6.29. Mitsubishi Electric
6.30. FANUC

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月2日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60532
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】ITロボット・オートメーション
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ITロボット・オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 腎透析装置の世界市場:腹膜透析、血液透析機械、透析用付属品、持続的腎代替療法装置
    当調査レポートでは、腎透析装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・腎透析装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・腎透析装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・腎透析装置のアメリカ市場規模予測 ・腎透析装置のヨーロッパ市場規模予測 ・腎透析装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の医療用サイクロトロン市場:製品別、地域別
    本調査レポートは医療用サイクロトロンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(サイクロトロン20MeV以下、サイクロトロン20-35MeV、サイクロトロン35MeV以上)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用サイクロトロンの世界市場:製品別(サイクロトロン20MeV以下、サイクロトロン20-35MeV、サイクロトロン35MeV以上) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 自動車IoTの世界市場見通し2016-2022:車内通信、車車間(V2V)通信、路車間通信(V2I)
    当調査レポートでは、自動車IoTの世界市場について調査・分析し、自動車IoTの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車IoTの世界市場:市場動向分析 ・自動車IoTの世界市場:競争要因分析 ・自動車IoTの世界市場:通信種類別分析/市場規模 ・自動車IoTの世界市場:提供別分析/市場規模 ・自動車IoTの世界市場:接続形態別分析/市場規模 ・自動車IoTの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車IoTの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車IoTの北米市場規模 ・自動車IoTの欧州市場規模 ・自動車IoTのアジア市場規模 ・自動車IoTの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ワイヤーハーネス市場規模、車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、用途別(シャーシ、HVAC、センサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場概要 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場環境 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別(シャーシ、HVAC、センサー) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ワイヤーハーネスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのアジア市場規模・予測 …
  • アルコール入り発泡水の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルコール入り発泡水の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルコール入り発泡水市場規模、販路別(オフプレミス、オンプレミス)分析、製品カテゴリー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルコール入り発泡水の世界市場概要 ・アルコール入り発泡水の世界市場環境 ・アルコール入り発泡水の世界市場動向 ・アルコール入り発泡水の世界市場規模 ・アルコール入り発泡水の世界市場:業界構造分析 ・アルコール入り発泡水の世界市場:販路別(オフプレミス、オンプレミス) ・アルコール入り発泡水の世界市場:製品カテゴリー別 ・アルコール入り発泡水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルコール入り発泡水の北米市場規模・予測 ・アルコール入り発泡水のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アルコール入り発泡水のアジア太平洋市場規模・予測 ・アルコール入り発泡水の主要国分析 ・アルコール入り発泡水の世界市場:意思決定フレームワーク ・ア …
  • マレーシアのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるエンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の概要 ・エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のエンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・エンテロウイルス感染症(En …
  • 学校向けディスプレイ装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校向けディスプレイ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校向けディスプレイ装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のステンレス流し台市場2016
    本調査レポートでは、世界のステンレス流し台市場2016について調査・分析し、ステンレス流し台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペットケアの世界市場:ペットフード、ペットアクセサリー、ペットグルーミング
    当調査レポートでは、ペットケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペットケアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 炭素繊維樹脂の世界市場:熱硬化性、熱可塑性、プリプレグ、非プリプレグ、用途
    当調査レポートでは、炭素繊維樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 認知症(Dementia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、認知症(Dementia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・認知症(Dementia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・認知症(Dementia)のフェーズ3治験薬の状況 ・認知症(Dementia)治療薬の市場規模(販売予測) ・認知症(Dementia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・認知症(Dementia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の認知症(Dementia)治療薬剤
  • 企業VSATの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、企業VSATの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業VSATの世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トレッドミルエルゴメーターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、トレッドミルエルゴメーターの世界市場について調査・分析し、トレッドミルエルゴメーターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別トレッドミルエルゴメーターシェア、市場規模推移、市場規模予測、トレッドミルエルゴメーター種類別分析()、トレッドミルエルゴメーター用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・トレッドミルエルゴメーターの市場概観 ・トレッドミルエルゴメーターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・トレッドミルエルゴメーターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・トレッドミルエルゴメーターの世界市場規模 ・トレッドミルエルゴメーターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・トレッドミルエルゴメーターのアメリカ市場規模推移 ・トレッドミルエルゴメーターのカナダ市場規模推移 ・トレッドミルエルゴメーターのメキシコ市場規模推移 ・トレッドミルエルゴメーターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・トレッドミルエルゴメータ …
  • 老年医学の世界市場分析:分類別(鎮痛薬、抗高血圧薬、スタチン、抗糖尿病薬、プロトンポンプ阻害薬、抗凝固薬、抗精神病薬、抗うつ薬)、治療条件別(心臓血管、関節炎、神経学、がん、骨粗鬆症、呼吸器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、老年医学の世界市場について調査・分析し、老年医学の世界市場動向、老年医学の世界市場規模、市場予測、セグメント別老年医学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のコネクテッドオートバイ市場:サービス別(ドライバーアシスタンス、安全、車両管理とテレマティクス、インフォテインメント、保険)、ネットワーク別(セルラー、DSRC)、呼び出しサービス別(eCall、bCall)、エンドユーザー別、通信別、ハードウェア別、地域別
    MarketsandMarkets社は、コネクテッドオートバイの世界市場規模が2019年39百万ドルから2027年912百万ドルまで年平均48.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のコネクテッドオートバイ市場を広く調査・分析し、市場概要、呼び出しサービス別(緊急電話(eCall)、内訳電話(bCall)、情報電話(iCall))分析、サービス別(運転支援、インフォテインメント、安全性、車両管理およびテレマティクス、保険)分析、ハードウェア別(埋め込み、テザー)分析、通信種類別(V2V 、V2I )分析、ネットワーク種類別(セルラーV2X(C-V2X)、専用近距離通信(DSRC))分析、エンドユーザー別(プライベート、コマーシャル)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のコネクテッドオートバイ市場:呼び出しサービス別(緊急電話(eCall)、内訳電話(bCall)、情報電話(iCall)) ・世界のコネクテッドオートバイ市場: …
  • 世界の電解質分析装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の電解質分析装置市場2016について調査・分析し、電解質分析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫タンパク質検査の世界市場:市場シェア、競争戦略、市場規模、販売予測
  • 世界の自己潤滑性軸受市場2015
    本調査レポートでは、世界の自己潤滑性軸受市場2015について調査・分析し、自己潤滑性軸受の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の米澱粉市場2015
    本調査レポートでは、世界の米澱粉市場2015について調査・分析し、米澱粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 顕微鏡下手術器具の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、顕微鏡下手術器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(手術用顕微鏡、マイクロ縫合糸(非吸収性および吸収性)、鉗子、針ホルダー)分析、顕微手術別(プラスチック、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、GYN)分析、エンドユーザー別(病院、ASC、学界)分析、顕微鏡下手術器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、顕微鏡下手術器具の世界市場規模が2019年17億万ドルから2024年22億万ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。
  • ミリ波技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ミリ波技術の世界市場について調査・分析し、ミリ波技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ミリ波技術の世界市場:市場動向分析 - ミリ波技術の世界市場:競争要因分析 - ミリ波技術の世界市場:製品別 ・MMレーダー・衛星通信システム ・MM通信機器 ・MMスキャナーシステム ・その他 - ミリ波技術の世界市場:用途別 ・自動車 ・消費財 ・防衛 ・保安 ・医療 ・映像 ・工業 ・携帯電話・通信 - ミリ波技術の世界市場:機器別 ・アンプ ・アンテナ・トランシーバー ・通信・ネットワーク機器 ・制御機器 ・フェライト素子 ・周波電源・関連機器 ・映像機器 ・インターフェース機器 ・発振器 ・電源・電池部品 ・RF・ラジオ部品 ・センサー ・その他 - ミリ波技術の世界市場:周波数帯別 ・8GHz~57GHz ・57GHz~86GHz ・86GHz~300GHz - ミリ波技術の世界市場:ライセンス別 ・ライトライセンス周波数MM波 ・フルライセンス周波数MM波 ・ライセンスなし周波数 …
  • グルテンフリー製品の世界市場分析:製品別(製パン、乳製品代替品、デザート・アイスクリーム、調理済み食品、パスタ・ライス)、流通別(食料品店、量販店、クラブストア)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、グルテンフリー製品の世界市場について調査・分析し、グルテンフリー製品の世界市場動向、グルテンフリー製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別グルテンフリー製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • eクリニカル・ソリューションの世界市場:CDMS、EDC、CTMS、eCOA、解析、RTMS、eTMF、安全ソリューション
    当調査レポートでは、eクリニカル・ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、導入形態別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の混合キシレン市場2016
    本調査レポートでは、世界の混合キシレン市場2016について調査・分析し、混合キシレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小児用補聴器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小児用補聴器の世界市場について調査・分析し、小児用補聴器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小児用補聴器シェア、市場規模推移、市場規模予測、小児用補聴器種類別分析(耳掛型(BTE)、耳穴型(ITE)、その他)、小児用補聴器用途別分析(0-3歳用、3-6歳用、7歳以上用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小児用補聴器の市場概観 ・小児用補聴器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小児用補聴器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小児用補聴器の世界市場規模 ・小児用補聴器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小児用補聴器のアメリカ市場規模推移 ・小児用補聴器のカナダ市場規模推移 ・小児用補聴器のメキシコ市場規模推移 ・小児用補聴器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・小児用補聴器のドイツ市場規模推移 ・小児用補聴器のイギリス市場規模推移 ・小児用補聴器のロシア市場規模推移 ・小児用補聴器のアジア市場分析(日本 …
  • 世界の中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)市場2016
    本調査レポートでは、世界の中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)市場2016について調査・分析し、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブディスプレイの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、インタラクティブディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インタラクティブディスプレイ市場規模、技術別(発光ダイオード(LED)、液晶ディスプレイ(LCD))分析、製品別(インタラクティブフラットパネルディスプレイ、インタラクティブビデオウォール、インタラクティブホワイトボード、インタラクティブモニター、インタラクティブキオスク、インタラクティブテーブル、その他)分析、用途別(エンターテインメント、輸送・物流、医療、ホスピタリティ、教育、政府・企業、産業、小売・Eコマース、広告、軍事・防衛、オートメーション、その他)分析、パネルサイズ別(17インチ-32インチ、32インチ-65インチ、65インチ以上)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インタラクティブディスプレイの世界市場:市場動向分析 ・ インタラクティブディスプレイの世界市場:競争要因分析 ・ インタラクティブディスプレイの世界市場:技術別(発光ダイ …
  • ファイバーグラスロービングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ファイバーグラスロービングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、ファイバーグラス種類(E、ECR、H、AR、S)分析、製品タイプ(シングルエンド、マルチエンド、チョップド)分析、最終用途産業(輸送、建設、電気・電子、パイプ・タンク、風力、航空宇宙、船舶)分析、ファイバーグラスロービングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の難燃剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の難燃剤市場2015について調査・分析し、難燃剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレドーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のレドーム市場2015について調査・分析し、レドームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品卸売・物流の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、医薬品卸売・物流の世界市場について調査・分析し、医薬品卸売・物流の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 医薬品卸売・物流の概要 3. 医薬品卸売・物流の世界市場:2015-2026 4. 医薬品卸売・物流産業:主要国市場2015-2026 5. 主要な医薬品卸売業者・物流業者2016:現在および将来の業績 6. 医薬品卸売・物流市場の定性分析 7. 調査インタビュー 8. 結論
  • 世界のDEGDMA市場2016
    本調査レポートでは、世界のDEGDMA市場2016について調査・分析し、DEGDMAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用包装フィルム市場2019
    本調査レポートでは、世界の医療用包装フィルム市場2019について調査・分析し、医療用包装フィルムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、医療用包装フィルムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、医療用包装フィルムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用包装フィルムの市場概要 ・医療用包装フィルムの上流・下流市場分析 ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医療用包装フィルムの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 靴乾燥機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、靴乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、靴乾燥機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 缶詰食品の世界市場2017-2021:魚介類、野菜、肉製品、調理済食料、果物
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、缶詰食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、缶詰食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は缶詰食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBolton Group、Conagra Brands、Del Monte Foods、Kraft Heinz等です。
  • アジア太平洋のK-12教育技術支出市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のK-12教育技術支出市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のK-12教育技術支出市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場について調査・分析し、抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抵抗変化型メモリ(RRAM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、抵抗変化型メモリ(RRAM)種類別分析( 180nm、40nm、その他)、抵抗変化型メモリ(RRAM)用途別分析(コンピュータ、IoT、家電、医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)の市場概観 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場規模 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のアメリカ市場規模推移 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のカナダ市場規模推移 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のメキシコ市場規模推移 ・抵抗変化型メモリ(RRAM) …
  • 業務用食品陳列棚の世界市場
    当調査レポートでは、業務用食品陳列棚の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食品陳列棚の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター・コロケーションサービスの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、サービス種類別分析、産業別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動潤滑装置の世界市場:グリース潤滑、油潤滑
    当調査レポートでは、自動潤滑装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動潤滑装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 直動機構の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、直動機構の世界市場について調査・分析し、直動機構の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・直動機構の世界市場規模:用途別分析 ・直動機構の世界市場規模:種類別分析 ・直動機構の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 血液ガス分析装置市場の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液ガス分析装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液ガス分析装置市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・商品種類別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015について調査・分析し、クエチアピンフマル酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルチカイン塩酸塩の世界市場予測
  • 原子力用発電機の世界市場2017-2021:PWR、WWER、PHWR
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、原子力用発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原子力用発電機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は原子力用発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAREVA、The State Atomic Energy Corporation ROSATOM、Toshiba、Mitsubishi Heavy Industries、Doosan等です。
  • デンマークの心臓人工弁市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"