"クラウド式災害復旧サービス(Disaster Recovery as a Service)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60527)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"クラウド式災害復旧サービス(Disaster Recovery as a Service)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

With the rapid deployment of organizational data into cloud storage platforms, there has been a significant rise in demand for the data recovery services. Disaster recovery as a service (DRaaS) is a cloud security solution that secures and recovers the organizational data from any human disaster(such as communication failure, downtime data loss, security breaches, service disruptions) or natural disaster(such as fires, floods, hurricanes and so on). Data protection and security has become a vital concern for business organizations to ensure business continuity these days.
Disaster recovery services provided through by DR providers, telco providers, and cloud service providers are called disaster recovery as a service. The global disaster recovery as a service market is expected to reach up to $ 13.5 billion by 2021 growing at 44.2% CAGR during 2015-2021. The market is majorly driven by the rising demand for data protection, dynamic environmental changes that could lead to natural disaster, rising incidence of data loss, better efficiency and cost effectiveness from cloud deployment, rising adoption among SMEs and so on.

However, many organizations rarely have plans for disaster recovery thus budget allocation is a major challenge in the market. Moreover, due to lack of universal compatibility of disaster recovery solutions, the data may still at risk. Though, there has been continuous efforts from the service providers to overcome these issues. Also rising awareness levels will lead to pre planning in the organizations.

The global disaster recovery service market is segmented on the basis of solutions, by services, by company size, by application sector and by geography. On the basis of company size the market is segmented into small companies, mid-size companies, and large companies. Currently, the market is dominated by large companies as they have better plans and higher investments. However, increasing awareness levels are expected to drive the growth in small companies and mid sized companies. The major players discussed in the report includes, Amazon.com, Inc., Cisco Systems, Inc., IBM Corporation, Microsoft Corporation, VMWare, Inc., Rackspace Hosting Inc., Google Inc. and so on.

On the basis of application sectors the market is segmented into BFSI applications, government applications, telecom and IT applications, e commerce and retail, healthcare, education transport and logistics, media and entertainment, manufacturing and others. Currently the market is dominated by government, retail and ecommerce and media and entertainment industry holding more than 35% of the market altogether. However, over the forecasted period BFSI, healthcare, and transport & logistics are expected to be the fastest growing application sectors.

Geographically the market is dominated by North America region followed by Europe. The presence of number of active players, and the stringent government regulations for data protection are the major drivers for higher adoption in these two regions. However, there has been significant rise in demand from the developing countries in APAC region will lead the market growth. The Asia pacific disaster recovery as a service market is expected to grow at 50% CAGR. Rising efforts for digitalization in many developing countries is expected to boost the demand for disaster recovery solutions in Asia Pacific region.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"クラウド式災害復旧サービス(Disaster Recovery as a Service)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1. Data loss by organization
2.3.2. Technical resource mobilization among organization
2.3.3. Social media impact on disaster recovery solutions
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. Top 3 geography
2.5. Competitive Landscape
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: Top competitive Moves
2.6. Porter’s Five Force Model
2.6.1. Threat of New Entrants
2.6.2. Threat of Substitute Products or Services
2.6.3. Bargaining Power of Buyer
2.6.4. Bargaining Power of Supplier
2.6.5. Intensity of Competitive Rivalry
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Growing possibilities of natural disasters
3.1.2. Highly cost effective
3.1.3. Higher flexibility
3.1.4. High growth and potential in developing countries
3.1.5. High awareness create more demand in market
3.2. Market restraints
3.2.1. Minimal plans for disaster recovery in organizations
3.2.2. Applications are not universal compatible
3.3. Market opportunities
3.3.1. Higher rate of returns for the vendors and the organization
3.3.2. More investment in various regions
3.3.3. Increasing adoption0s among mobile service providers
3.4. Market challenges
3.4.1. Adequate Site Separation not Supported by DRaaS Solution Providers
3.4.2. Security & Compliance
3.4.3. Lack of infrastructure
4. Sector Analysis
4.1. Parent Market
4.2. Competitors Market
4.3. Alternative Market
5. Market Segmentation
5.1. Global DRaaS market, by solution, 2014-2022 ($ million)
5.1.1. Global Disaster Planning and Testing solution market, 2014-2022 ($ million)
5.1.2. Global Real-Time Replication solution market, 2014-2022 ($ million)
5.1.3. Global Backup Solutions solution market, 2014-2022 ($ million)
5.1.4. Global Data Security and Compliance solution market, 2014-2022 ($ million)
5.2. Global DRaaS market, by service, 2014-2022 ($ million)
5.2.1. Global Consulting and System Integration service market, 2014-2022 ($ million)
5.2.2. Global Support and Maintenance service market, 2014-2022 ($ million)
5.2.3. Global Managed service market, 2014-2022 ($ million)
5.3. Global DRaaS Market, By Provider, 2014-2022 ($ million)
5.3.1. Disaster Recovery Service Providers
5.3.2. Cloud Service Providers
5.3.3. Telecom and Communication Service Providers
5.4. Global DRaaS Market, By industrial applications, 2014-2022 ($ million)
5.4.1. Global DRaaS market applications in Banking and Financial Institutions (BFSI), 2014-2022 ($ million)
5.4.2. Global DRaaS market applications in Government and Public Sector, 2014-2022 ($ million)
5.4.3. Global DRaaS market applications in Telecommunication Sector, 2014-2022 ($ million)
5.4.4. Global DRaaS market applications in E-Commerce/Retail, 2014-2022 ($ million)
5.4.5. Global DRaaS market applications in Manufacturing Sector, 2014-2022 ($ million)
5.4.6. Others
6. Geographical analysis
6.1. North America Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.1.1. United States (U.S.) Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.1.2. Canada Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.2. Europe Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.2.1. United Kingdom (UK) Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.2.2. France Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.2.3. Germany Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.2.4. Spain Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.2.5. Italy Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.2.6. RoE Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.3. Asia Pacific Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.3.1. India Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.3.2. China Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.3.3. Japan Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.3.4. Korea Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.3.5. Australia Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.3.6. RoAPAC Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.4. Rest of the world Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.4.1. Latin America Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.4.2. MENA Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
6.4.3. Africa Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
7. Company Profiling: – (Over, SCOT analysis, strategic review)
7.1. Amazon.com, Inc.
7.2. Cisco Systems, Inc.
7.3. Columbus Business Solution/Cable & Wireless Communications Plc.)
7.4. Geminare, Incorporated
7.5. IBM Corporation
7.6. Microsoft Corporation
7.7. NTT Communications Corporation
7.8. SunGard Availability Services (AS)
7.9. VMWare, Inc.
7.10. Zerto, Ltd.
7.11. Lland internet solutions corporation
7.12. Hewlett- Packard company
7.13. Sungard availability service
7.14. NTT communications corporation
7.15. Rackspace Hosting Inc
7.16. Verizon Terremark eb Services, Inc.
7.17. Cosentry
7.18. Acronis international Gmbh
7.19. Databarracks Ltd
7.20. Peak 10 Inc
7.21. Data foundry
7.22. Agility recovery
7.23. Axcient
7.24. DRS
7.25. Seagate
7.26. Windstream
7.27. Google
7.28. Dropbox
7.29. Barracuda
7.30. DRJ

List of Tables
1. Global Disaster recovery as a service Product Market 2014-2022 ($ million)
2. Global Disaster recovery as a service Software Market 2014-2022 ($ million)
3. Global Disaster recovery as a service RaaS Platform Market 2014-2022 ($ million)
4. Global Disaster recovery as a service Hardware Market 2014-2022 ($ million)
5. Global Disaster recovery as a service Storage Market 2014-2022 ($ million)
6. Global Disaster recovery as a service TB and below Market 2014-2022 ($ million)
7. Global Disaster recovery as a service TB and 10 TB Market 2014-2022 ($ million)
8. Global Disaster recovery as a service 10TB and above Market 2014-2022 ($ million)
9. Global Disaster recovery as a service Servers Market 2014-2022 ($ million)
10. Global Disaster recovery as a service Switches/Routers Market 2014-2022 ($ million)
11. Global Disaster recovery as a service Others Market 2014-2022 ($ million)
12. Global Disaster recovery as a service Company Market 2014-2022 ($ million)
13. Global Disaster recovery as a service Small Companies Market 2014-2022 ($ million)
14. Global Disaster recovery as a service Mid-sized Companies Market 2014-2022 ($ million)
15. Global Disaster recovery as a service Large Companies Market 2014-2022 ($ million)
16. Global Disaster recovery as a service Application Sector Market 2014-2022 ($ million)
17. Global Disaster recovery as a service Banking and Financial Institutions Market 2014-2022 ($ million)
18. Global Disaster recovery as a service Government Market 2014-2022 ($ million)
19. Global Disaster recovery as a service Telecommunication and IT Market 2014-2022 ($ million)
20. Global Disaster recovery as a service E-commerce and Retail Market 2014-2022 ($ million)
21. Global Disaster recovery as a service Healthcare Market 2014-2022 ($ million)
22. Global Disaster recovery as a service Education Market 2014-2022 ($ million)
23. Global Disaster recovery as a service Transportation and logistics Market 2014-2022 ($ million)
24. Global Disaster recovery as a service Media and entertainment Market 2014-2022 ($ million)
25. Global Disaster recovery as a service Manufacturing Market 2014-2022 ($ million)
26. Global Disaster recovery as a service Others Market 2014-2022 ($ million)
27. North America Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
28. Europe Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
29. Asia Pacific Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
30. Rest of the world Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)

List of Figure
1. Global Disaster recovery as a service Product Market 2014-2022 ($ million)
2. Global Disaster recovery as a service Hardware Market 2014-2022 ($ million)
3. Global Disaster recovery as a service Company Market 2014-2022 ($ million)
4. Global Disaster recovery as a service Application Sector
5. Global Disaster recovery as a service Others Market 2014-2022 ($ million)
6. United States (U.S.) Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
7. Canada Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
8. United Kingdom (UK) Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
9. France Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
10. Germany Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
11. Spain Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
12. Italy Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
13. RoE Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
14. India Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
15. China Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
16. Japan Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
17. Korea Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
18. Australia Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
19. RoAPAC Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
20. Latin America Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
21. MENA Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)
22. Africa Global Disaster recovery as a service market 2014-2022 ($ million)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】クラウド式災害復旧サービス(Disaster Recovery as a Service)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月5日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60527
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】災害復旧、クラウドサービス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
クラウド式災害復旧サービス(Disaster Recovery as a Service)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の概要 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性細菌性副鼻腔炎 …
  • 工業用酵素の世界市場:セルラーゼ、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ
    当調査レポートでは、工業用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モノのインターネット(IoT)分析の世界市場:業種別(小売、ヘルスケア、製造、輸送)、組織規模、展開方法別、セグメント予測
    本調査レポートでは、モノのインターネット(IoT)分析の世界市場について調査・分析し、モノのインターネット(IoT)分析の世界市場動向、モノのインターネット(IoT)分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別モノのインターネット(IoT)分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 心臓弁の世界市場:機械式心臓弁、組織心臓弁、経カテーテル心臓弁
    当調査レポートでは、心臓弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓弁の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヒューマンマシンインターフェース(HMI)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホスフィン燻蒸剤の世界市場予測(~2022年):リン化アルミニウム、リン化マグネシウム、リン化カルシウム
    当調査レポートでは、ホスフィン燻蒸剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、ホスフィン燻蒸剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用可変作業技術(VRT)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農業用可変作業技術(VRT)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用可変作業技術(VRT)市場規模、技術別(地図ベース、センサーベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場概要 ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場環境 ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場動向 ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場規模 ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場:業界構造分析 ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場:技術別(地図ベース、センサーベース) ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用可変作業技術(VRT)のアメリカ市場規模・予測 ・農業用可変作業技術(VRT)のヨーロッパ市場規模・予測 ・農業用可変作業技術(VRT)のアジア市場規模・予測 ・農業用可変作業技術(VRT)の主要国分析 ・農業用可変作業技術(VRT)の世界市場:意思 …
  • メディカルツーリズムの世界市場:地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、メディカルツーリズムの世界市場について調査・分析し、メディカルツーリズムの世界市場動向、メディカルツーリズムの世界市場規模、市場予測、セグメント別メディカルツーリズム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ファイバーレーザーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ファイバーレーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファイバーレーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心臓健康用機能性食品のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 自動車用アクティブ空気力学システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アクティブ空気力学システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アクティブ空気力学システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用真空清掃機の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用真空清掃機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(乾式、湿式・乾式)分析、電源別(電気、空気圧)分析、産業別(食品・飲料、医薬品、製造、金属加工、建築・建設)分析、産業用真空清掃機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 言語学習ゲームの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、言語学習ゲームの世界市場について調べ、言語学習ゲームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、言語学習ゲームの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(子供、大人)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は言語学習ゲームの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均25%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・言語学習ゲームの市場状況 ・言語学習ゲームの市場規模 ・言語学習ゲームの市場予測 ・言語学習ゲームの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(子供、大人) ・言語学習ゲームの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 酵母の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、酵母の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酵母市場規模、形状別(生イースト、ドライイースト、その他)分析、種類別(飼料酵母、バイオエタノール酵母、パン用酵母、ぶどう酒酵母、醸造酵母、その他)分析、酵母菌株別(ビール酵母、トルラスポラ、サッカロマイセス・ルドヴィギ、クルイベロミセス・ラクチス、トルラ酵母、その他)分析、派生物別(酵母加水分解物、酵母培養、酵母担体結合、酵母自己消化物、高純度βグルカン、DDGS、その他)分析、用途別(医薬品、食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 酵母の世界市場:市場動向分析 ・ 酵母の世界市場:競争要因分析 ・ 酵母の世界市場:形状別(生イースト、ドライイースト、その他) ・ 酵母の世界市場:種類別(飼料酵母、バイオエタノール酵母、パン用酵母、ぶどう酒酵母、醸造酵母、その他) ・ 酵母の世界市場:酵母菌株別(ビール酵母、トルラスポラ、サッカロマイセス・ルドヴィギ、クルイベ …
  • ブラシレスDCモータの世界市場予測(~2021):種類別(インナーローター&アウターローター)、速度別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、ブラシレスDCモータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、速度別分析、需要先別分析、地域別分析、ブラシレスDCモータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターネットワークインフラの世界市場2016-2020:イーサネットスイッチ、ルータ、ストレージネットワーキング
    当調査レポートでは、データセンターネットワークインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターネットワークインフラの世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの外傷固定処置動向(~2021)
  • 燃料電池の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、燃料電池市場規模、用途別(ポータブル型、定置型、輸送型、その他)分析、製品別(低温型燃料電池(LTFC)、高温型燃料電池(HTFC)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 燃料電池の世界市場:市場動向分析 ・ 燃料電池の世界市場:競争要因分析 ・ 燃料電池の世界市場:用途別(ポータブル型、定置型、輸送型、その他) ・ 燃料電池の世界市場:製品別(低温型燃料電池(LTFC)、高温型燃料電池(HTFC)、その他) ・ 燃料電池の世界市場:主要地域別分析 ・ 燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 燃料電池のヨーロッパ市場規模 ・ 燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・燃料電池の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ワクチンの世界市場予測(~2022年):生ワクチン、結合型ワクチン、トキソイド・ワクチン、組み換えワクチン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、疾患別分析、経路別分析、需要先別分析、ワクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚科用装置の世界市場:最終用途別(診療所、病院)、製品・用途別(診断、治療)、セグメント予測
    皮膚科用装置の世界市場は2025年には257億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エステに対する関心の高まりが考えられます。毛髪および皮膚関連のさまざまなエステ施術についての認識が高まっています。特に女性は皮膚やヘアケアの施術により多く投資するため、市場の主要な収益源とみなされます。本調査レポートでは、皮膚科用装置の世界市場について調査・分析し、皮膚科用装置の世界市場動向、皮膚科用装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別皮膚科用装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のソーシャルメディア分析市場:コンポーネント別、用途別(販売およびマーケティング管理、カスタマーエクスペリエンス管理、および競合他社情報)、展開モデル別、組織規模別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ソーシャルメディア分析の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年94億ドルまで年平均25.4%成長すると予測しています。本書は、世界のソーシャルメディア分析市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(販売およびマーケティング管理、カスタマーエクスペリエンス管理、コンペティティブインテリジェンス、リスク管理および不正検出、公安および法執行、その他)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(BFSI、通信&IT、小売&eコマース、ヘルスケア&ライフサイエンス、政府&防衛、メディア&エンターテイメント、旅行&ホスピタリティ、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のソーシャルメディア分析市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・世界のソーシャルメディア分析市場:用途別(販売およびマーケティング管理、カスタマ …
  • 大人用おむつの世界市場
    当調査レポートでは、大人用おむつの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大人用おむつの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ潅漑装置の世界市場予測
    本調査レポートでは、マイクロ潅漑装置の世界市場について調査・分析し、マイクロ潅漑装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の輸送コンテナ市場2015
    本調査レポートでは、世界の輸送コンテナ市場2015について調査・分析し、輸送コンテナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の単層コンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の単層コンデンサ市場2015について調査・分析し、単層コンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の液晶ポリマー市場2016
    本調査レポートでは、世界の液晶ポリマー市場2016について調査・分析し、液晶ポリマーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用殺虫剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家庭用殺虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用殺虫剤市場規模、小売形態別分析、製品別(殺虫スプレー、殺虫ベーパライザー、蚊取線香、食毒剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用殺虫剤の世界市場概要 ・家庭用殺虫剤の世界市場環境 ・家庭用殺虫剤の世界市場動向 ・家庭用殺虫剤の世界市場規模 ・家庭用殺虫剤の世界市場:業界構造分析 ・家庭用殺虫剤の世界市場:小売形態別 ・家庭用殺虫剤の世界市場:製品別(殺虫スプレー、殺虫ベーパライザー、蚊取線香、食毒剤、その他) ・家庭用殺虫剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用殺虫剤のアメリカ市場規模・予測 ・家庭用殺虫剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・家庭用殺虫剤のアジア市場規模・予測 ・家庭用殺虫剤の主要国分析 ・家庭用殺虫剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・家庭用殺虫剤の世界市場:成長要因、課題 ・家庭用殺虫剤の世界市場:競争環境 ・家庭用 …
  • ボイラー水処理化学薬品の世界市場予測(~2022年):防錆剤、スケール防止剤、脱酸素剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボイラー水処理化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ボイラー水処理化学薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフ用距離計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゴルフ用距離計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴルフ用距離計市場規模、製品別(レーザー距離測定器、GPS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゴルフ用距離計の世界市場概要 ・ゴルフ用距離計の世界市場環境 ・ゴルフ用距離計の世界市場動向 ・ゴルフ用距離計の世界市場規模 ・ゴルフ用距離計の世界市場:業界構造分析 ・ゴルフ用距離計の世界市場:製品別(レーザー距離測定器、GPS) ・ゴルフ用距離計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゴルフ用距離計のアメリカ市場規模・予測 ・ゴルフ用距離計のヨーロッパ市場規模・予測 ・ゴルフ用距離計のアジア市場規模・予測 ・ゴルフ用距離計の主要国分析 ・ゴルフ用距離計の世界市場:意思決定フレームワーク ・ゴルフ用距離計の世界市場:成長要因、課題 ・ゴルフ用距離計の世界市場:競争環境 ・ゴルフ用距離計の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 気管切開術の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、気管切開術の世界市場について調査・分析し、気管切開術の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別気管切開術シェア、市場規模推移、市場規模予測、気管切開術種類別分析()、気管切開術用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・気管切開術の市場概観 ・気管切開術のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・気管切開術のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・気管切開術の世界市場規模 ・気管切開術の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・気管切開術のアメリカ市場規模推移 ・気管切開術のカナダ市場規模推移 ・気管切開術のメキシコ市場規模推移 ・気管切開術のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・気管切開術のドイツ市場規模推移 ・気管切開術のイギリス市場規模推移 ・気管切開術のロシア市場規模推移 ・気管切開術のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・気管切開術の日本市場規模推移 ・気管切開術の中国市場規模推移 ・気管切開 …
  • 音声クローニングの世界市場予測(~2023年)
    音声クローニングの世界市場は、2018年の4億5,600万米ドルから2023年には17億3,900万米ドルに達し、この期間中30.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、Internet of Thing(IoT)やコネクテッドデバイスの需要の急増、そして音声クローニングプロジェクトにかかわる取り組みの増加が考えれられます。一方で、この市場の成長を抑制する主な要因として、自然な音声の再現が複雑であることが考えられます。当調査レポートでは、音声クローニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(ソリューション、サービス)分析、用途(チャットボット・アシスタント、アクセシビリティ、デジタルゲーム、インタラクティブラーニング)分析、導入モード分析、産業分析、音声クローニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クロスボーダーEコマース物流の世界市場:サービス別、地域別
    本レポートは、クロスボーダーEコマース物流の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・クロスボーダーEコマース物流の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 感圧接着剤の世界市場の規模および予測:技術別(水ベース、溶剤ベース、ホットメルト、放射線硬化)、製品別(テープ、ラベル、グラフィックフィルム、特殊品)、エンドユーザー別(自動車および輸送、電気および電子、消費財、梱包、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、感圧接着剤の世界市場について調査・分析し、感圧接着剤の世界市場動向、感圧接着剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別感圧接着剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • EV充電アダプターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EV充電アダプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EV充電アダプターの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバコネクタの世界市場分析:製品別(SCコネクタ、LCコネクタ、FCコネクタ、STコネクタ、MTP / MPOコネクタ)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、光ファイバコネクタの世界市場について調査・分析し、光ファイバコネクタの世界市場動向、光ファイバコネクタの世界市場規模、市場予測、セグメント別光ファイバコネクタ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チェーンブロックの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チェーンブロックの世界市場について調査・分析し、チェーンブロックの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チェーンブロックシェア、市場規模推移、市場規模予測、チェーンブロック種類別分析(手動チェーンブロック、電動チェーンブロック、その他)、チェーンブロック用途別分析(工場・倉庫、建設現場、船舶・港、鉱業・掘削作業、エネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チェーンブロックの市場概観 ・チェーンブロックのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チェーンブロックのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チェーンブロックの世界市場規模 ・チェーンブロックの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チェーンブロックのアメリカ市場規模推移 ・チェーンブロックのカナダ市場規模推移 ・チェーンブロックのメキシコ市場規模推移 ・チェーンブロックのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・チェーンブロックのドイツ市場規模推移 ・チェーン …
  • 工業用イーサネットスイッチの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用イーサネットスイッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用イーサネットスイッチ市場規模、種類別(マネージド、アンマネージド)分析、組織構成別(小規模企業、中規模企業、大規模企業)分析、用途別(セキュリティ・監視、インテリジェント鉄道・交通用通信、スマートグリッド、その他)分析、エンドユーザー別(航空・防衛、石油・ガス、自動車・輸送、電気・電力、機械製造、食品・飲料、インテリジェント輸送システム、ビルオートメーション、鉱業・金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用イーサネットスイッチの世界市場:市場動向分析 ・ 工業用イーサネットスイッチの世界市場:競争要因分析 ・ 工業用イーサネットスイッチの世界市場:種類別(マネージド、アンマネージド) ・ 工業用イーサネットスイッチの世界市場:組織構成別(小規模企業、中規模企業、大規模企業) ・ 工業用イーサネットスイッチの世界市場:用途別(セキュ …
  • 農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター
    当調査レポートでは、農業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、提供商品別分析、用途別分析、地域別分析、農業用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IL-1アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-1アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-1アルファ阻害剤の概要 ・IL-1アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-1アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-1アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-1アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ブラジルのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 無線ルーターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無線ルーターの世界市場について調査・分析し、無線ルーターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無線ルーターシェア、市場規模推移、市場規模予測、無線ルーター種類別分析()、無線ルーター用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無線ルーターの市場概観 ・無線ルーターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無線ルーターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無線ルーターの世界市場規模 ・無線ルーターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無線ルーターのアメリカ市場規模推移 ・無線ルーターのカナダ市場規模推移 ・無線ルーターのメキシコ市場規模推移 ・無線ルーターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無線ルーターのドイツ市場規模推移 ・無線ルーターのイギリス市場規模推移 ・無線ルーターのロシア市場規模推移 ・無線ルーターのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・無線ルーターの日本市場規模推移 ・無 …
  • 動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場
    当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場:動物種類別分析/市場規模 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場:細菌種類別分析/市場規模 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)のアメリカ市場規模予測 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)のヨーロッパ市場規模予測 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • マイクロ波送信装置の世界市場予測(~2022):ハイブリッドマイクロ波、パケットマイクロ波、スモールセルバックホール、時分割多重(TDM)
    当調査レポートでは、マイクロ波送信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ネットワーク技術別分析、構成要素別分析、周波数帯別分析、設置種類別分析、マイクロ波送信装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • がん診断の世界市場分析:タイプ別(臨床検査、遺伝検査、画像検査、内視鏡検査)、用途別(乳房、肺、肝臓、子宮頸、結腸直腸、皮膚)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、がん診断の世界市場について調査・分析し、がん診断の世界市場動向、がん診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリアミドイミド(PAI)の世界市場分析:用途別(成形樹脂、ワイヤーエナメル、コーティング、繊維)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリアミドイミド(PAI)の世界市場について調査・分析し、ポリアミドイミド(PAI)の世界市場動向、ポリアミドイミド(PAI)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリアミドイミド(PAI)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 構造健全性監視の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、構造健全性監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別(有線、無線)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、垂直産業別(公共インフラ、エネルギー)分析、用途別分析、構造健全性監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 軍事用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロボットは、自立し完璧に実行することがプログラミングできるために、様々な産業で重宝されてきています。 軍隊は、高度な監視、照準、機密情報収集メカニズムを必要とするので、ロボットの利用が進められてきており、今後二年間にこの傾向はさらに高くなると予測されています。 Technavio社は軍事用ロボットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Boston Dynamics• General Dynamics (GD) • Lockheed Martin• Northrop Grumman• Thales Group等です。
  • 世界の自動車ピストンリング市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ピストンリング市場2016について調査・分析し、自動車ピストンリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空貨物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空貨物の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCathay Pacific Cargo、Emirates SkyCargo、FedEx、UPS等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"