"医療放射線検出&監視の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60558)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"医療放射線検出&監視の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The market which is segmented on the basis of industry, application and composition is a highly competitive market. The industries include healthcare, manufacturing, homeland security and defence, nuclear energy and power plants and others. Healthcare industry is the largest market segment and is expected to grow at a CAGR of approximately 6% during the forecasted period. The market is mainly driven by high use of radiation therapies and nuclear medicines, high prevalence of cancer diseases and technological advancement. The awareness is rising amongst health and radiation professionals. The introduction of new and portable technology is also pushing the market forward. However, lack of trained professionals is major concern for the growth of market. Lack of professional leads to poor and adequate standardization of the devices. Another major issue is the availability of raw materials.
Government regulations are also near term challenge for the market growth. Market finds ample opportunities in the developed market with ageing population and a growing preference of radiation therapies.

North America is leading among all geographies. The market is driven by various factors such as developed market, high awareness and availability of technology. Europe is followed by North American market. Asia pacific is expected to grow rapidly, driven by growing markets in India, China and other countries. Some of the macro economical factors such as growing healthcare expenditure, government support for the market are also key drivers for the market.
The market is highly competitive with player such as Landleur, Mirion technologies, Thermo Fisher Scientific, Biodex Medical systems and other major companies. The competitors follow various strategies such as technology leverage, innovation, partnership and collaborations, merger and acquisitions to stay competitive in the market.

Companies Mentioned: -
1. Mirion Technologies Inc.
2. Landaeur Inc.
3. Radiation detection company
4. Pro-tech radiation therapy
5. Thermo Fisher Scientific Inc.
6. AmRay medical
7. Bar-Ray products Inc.
8. ProtecX
9. Pro-Tech Radiation Safety
10. Kromek Group Inc.
11. Centronic Limited
12. Infab corporation
13. Unfors Ray safe
14. Burlington Medical Supplies Inc.
15. Aadco medical Inc.
16. Lundlum measurements Inc.
17. COMECER S.P.A.
18. Biodex Medical systems
19. Gammasonics Institute for Medical Research Pty Ltd
20. Laurus systems
21. CANBERRA Industries
22. ELSE nuclear
23. Rotem industries limited
24. Berkley Nucleonics
25. Polimaster
26. Rapid Scan
27. RAE systems
28. General electric measurements
29. Fuji electronic co
30. Atomtex SPE

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data
6. In-depth profiling of companies


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"医療放射線検出&監視の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1. Executive summary
1.2. Estimation methodology
2. Market overview
2.1. Market definition and scope
2.2. Key findings
2.3. Parametric analysis
2.3.1. Number of diagnosis using nuclear medicines
2.3.2. Prevalence and incidence of cancer
2.3.3. Unit shipments
2.3.4. Healthcare expenditure across geographies
2.3.5. Disposable income of top emerging economies
2.4. Key market insights
2.4.1. Top 3 emerging countries
2.4.2. Top 3 revenue generating segments
2.4.3. Top growing markets and emerging trends
2.4.4. R&D scenario
2.4.5. Pricing analysis
2.5. Competitive intelligence
2.5.1. Market share analysis
2.5.2. Top winning strategies
2.5.3. Case studies: Top competitive moves
2.6. Value Chain analysis
2.7. Key buying criteria
2.8. Strategic recommendation
2.9. Strategic conclusions
3. Market determinants
3.1. Market drivers
3.1.1. Increasing incidence and prevalence rate of cancer
3.1.2. Use of nuclear medicine and radiation therapy is on a rise
3.1.3. Technology advancements
3.2. Market Restraints
3.2.1. Inadequate standardization and calibration of devices
3.2.2. Lack of trained professionals
3.2.3. Government policies
3.3. Market challenges
3.3.1. High price
3.3.2. Weak research and development in emerging markets
3.4. Market opportunities
3.4.1. Ageing population in developed nations has increased the demand for radiological imaging equipment
3.4.2. Markets in emerging geographies
4. Sector Analysis
4.1. Parent market
4.2. Sub-segment market
4.3. Alternative market
5. Market Segmentation
5.1. Global medical radiation detection & monitoring market, by sectors, 2014-2021 ($millions)
5.1.1. Medical radiation detection & monitoring market, by sectors, 2014-2021 ($millions)
5.1.2. Homeland security and defense radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.1.3. Nuclear energy and power plants radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.1.4. Occupational safety radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.1.5. Manufacturing radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.1.6. Others radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2. Global medical radiation detection and monitoring market, by composition, 2014-2021 ($millions)
5.2.1. Gas filled detectors radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.1.1. Geiger counters radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.1.2. Ionization chambers radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.1.3. Proportional counters radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.2. Scintillators radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.2.1. Inorganic scintillators radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.2.2. Organic scintillators radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.3. Solid state detectors radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.2.4. Others radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3. Global radiation detection & monitoring market, by applications, 2014-2021 ($millions)
5.3.1. Personal dosimeters radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.2. Radioisotope identification devices radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.3. Personal radiation devices radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.4. Environmental radiation monitors radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.5. Area process monitors radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.6. Others radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.7. Global radiation detection & monitoring market, by medical applications, 2014-2021 ($millions)
5.3.7.1. Full body protection radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.7.2. Face protection radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.7.3. Hand safety radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
5.3.7.4. Others radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
6. Competitive Landscape
6.1. Market share
6.2. Strategy – An analysis across tiers
7. Geographical analysis
7.1. North America radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.2. United States (U.S.) radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.3. Canada radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.4. Europe radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.4.1. United Kingdom (UK) radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.4.2. France radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.4.3. Germany radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.4.4. Spain radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.4.5. Italy radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.4.6. RoE radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.5. Asia Pacific radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.5.1. India radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.5.2. China radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.5.3. Japan radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.5.4. Korea radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.5.5. Australia radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.5.6. RoAPAC radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.6. Rest of the world radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.6.1. Latin America radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.6.2. MENA radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
7.6.3. Africa radiation detection & monitoring market, 2014-2021 ($millions)
8. Company Profiles:
8.1. Mirion Technologies Inc.
8.2. Landaeur Inc.
8.3. Radiation detection company
8.4. Pro-tech radiation therapy
8.5. Thermo Fisher Scientific Inc.
8.6. AmRay medical
8.7. Bar-Ray products Inc.
8.8. ProtecX
8.9. Pro-Tech Radiation Safety
8.10. Kromek Group Inc.
8.11. Centronic Limited
8.12. Infab corporation
8.13. Unfors Ray safe
8.14. Burlington Medical Supplies Inc.
8.15. Aadco medical Inc.
8.16. Lundlum measurements Inc.
8.17. COMECER S.P.A.
8.18. Biodex Medical systems
8.19. Gammasonics Institute for Medical Research Pty Ltd
8.20. Laurus systems
8.21. CANBERRA Industries
8.22. ELSE nuclear
8.23. Rotem industries limited
8.24. Berkley Nucleonics
8.25. Polimaster
8.26. Rapid Scan
8.27. RAE systems
8.28. General electric measurements
8.29. Fuji electronic co
8.30. Atomtex SPE

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】医療放射線検出&監視の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月7日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60558
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【キーワード】放射線検出、放射線監視、医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
医療放射線検出&監視の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業制御および工場自動化の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業制御および工場自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、産業制御および工場自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者保温機器の世界市場
    当調査レポートでは、患者保温機器の世界市場について調査・分析し、患者保温機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の炭酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸カリウム市場2016について調査・分析し、炭酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気小型車の世界市場予測(~2018)
    ※本調査レポートでは、電気小型車の世界市場について調査・分析し、電気小型車の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • ブローチ盤の世界市場:種類別(水平型、垂直型)、エンドユーザー別(自動車産業、産業機械、精密工学機械など)
    本資料は、ブローチ盤の世界市場について調べ、ブローチ盤の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(水平型、垂直型)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ブローチ盤の世界市場概要 ・ブローチ盤の世界市場環境 ・ブローチ盤の世界市場動向 ・ブローチ盤の世界市場規模 ・ブローチ盤の世界市場:種類別(水平型、垂直型) ・ブローチ盤の世界市場:エンドユーザー別(自動車産業、産業機械、精密工学機械など) ・ブローチ盤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ブローチ盤の北米市場規模・予測 ・ブローチ盤のアメリカ市場規模・予測 ・ブローチ盤のヨーロッパ市場規模・予測 ・ブローチ盤のアジア市場規模・予測 ・ブローチ盤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 金属顔料の世界市場
    当調査レポートでは、金属顔料の世界市場について調査・分析し、金属顔料の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 欧州のEラーニング市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のEラーニング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のEラーニング市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 直腸腫瘍(Rectal Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における直腸腫瘍(Rectal Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、直腸腫瘍(Rectal Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・直腸腫瘍(Rectal Tumor)の概要 ・直腸腫瘍(Rectal Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の直腸腫瘍(Rectal Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・直腸腫瘍(Rectal Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 未分化大細胞型リンパ腫(Anaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における未分化大細胞型リンパ腫(Anaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、未分化大細胞型リンパ腫(Anaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・未分化大細胞型リンパ腫(Anaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL))の概要 ・未分化大細胞型リンパ腫(Anaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の未分化大細胞型リンパ腫(Anaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • アメリカの整形外科処置動向(~2021)
  • ディープサイクルバッテリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディープサイクルバッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディープサイクルバッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 検尿の世界市場分析:製品別(機器、消耗品)、用途別(尿路感染症、糖尿病、腎疾患、高血圧、肝臓病)、エンドユーザー別(病院、診療所、在宅医療、研究、学術研究)、セグメント予測
    本調査レポートでは、検尿の世界市場について調査・分析し、検尿の世界市場動向、検尿の世界市場規模、市場予測、セグメント別検尿市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非在来型ガスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、非在来型ガスの世界市場規模が2017年から2026年まで年平均10.61%成長すると予測しています。当調査レポートでは、非在来型ガスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非在来型ガス市場規模、種類別(タイトガス、シェールガス、炭層メタン(CBM)、その他の種類)分析、用途別(家庭用、交通手段、産業用、燃料産業、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 非在来型ガスの世界市場:市場動向分析 ・ 非在来型ガスの世界市場:競争要因分析 ・ 非在来型ガスの世界市場:種類別(タイトガス、シェールガス、炭層メタン(CBM)、その他の種類) ・ 非在来型ガスの世界市場:用途別(家庭用、交通手段、産業用、燃料産業、商業用) ・ 非在来型ガスの世界市場:主要地域別分析 ・ 非在来型ガスの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 非在来型ガスのヨーロッパ市場規模 ・ 非在来型ガスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、イン …
  • イノシン5′-ホスファターゼアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるイノシン5'-ホスファターゼアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イノシン5'-ホスファターゼアゴニストの概要 ・イノシン5'-ホスファターゼアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のイノシン5'-ホスファターゼアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・イノシン5'-ホスファターゼアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・イノシン5'-ホスファターゼアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用RFIDの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用RFIDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用RFIDの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無人水上艇(USV)の世界市場予測(~2023年)
    無人水上艇(USV)の市場は、2018年の534百万米ドルから2023年には1,020百万米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は13.8%と予測されているます。ISR、水質モニタリング、および海上保安と脅威に対する需要の増加、さらには海洋データとマッピングの必要性は、この市場の成長を後押しする原動力となると考えられています。無人水上艇に対するさまざまなメーカーの関心の高まりを受けて、この市場への投資が増加しています。政府機関および民間機関は、これまでと同様に高度かつ高効率な無人水上艇の製造と開発に大きく投資しています。当調査レポートでは、無人水上艇(USV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別(ISR、MCM、海洋学、水路学)分析、システム別(推進、通信、ペイロード、シャーシ)分析、タイプ別(水上艇、潜水艇)分析、動作モード別分析、無人水上艇(USV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーエレクトロニクス市場規模、製品別(IC、ディスクリート、モジュール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パワーエレクトロニクスの世界市場概要 ・パワーエレクトロニクスの世界市場環境 ・パワーエレクトロニクスの世界市場動向 ・パワーエレクトロニクスの世界市場規模 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:業界構造分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:製品別(IC、ディスクリート、モジュール) ・パワーエレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パワーエレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのアジア市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスの主要国分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:意思決定フレームワーク ・パワーエレクトロニクスの世界市場:成長要因、課題 …
  • ウシ胎仔血清の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ウシ胎仔血清の世界市場について調査・分析し、ウシ胎仔血清の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ウシ胎仔血清シェア、市場規模推移、市場規模予測、ウシ胎仔血清種類別分析(米国産、南米産、オーストラリア産、その他 )、ウシ胎仔血清用途別分析(科学研究、工業生産)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ウシ胎仔血清の市場概観 ・ウシ胎仔血清のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ウシ胎仔血清のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ウシ胎仔血清の世界市場規模 ・ウシ胎仔血清の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ウシ胎仔血清のアメリカ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のカナダ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のメキシコ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ウシ胎仔血清のドイツ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のイギリス市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のロシア市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のアジア市場分析(日本、中国、韓国、イ …
  • 血管炎(Vasculitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血管炎(Vasculitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管炎(Vasculitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血管炎(Vasculitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・血管炎(Vasculitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・血管炎(Vasculitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血管炎(Vasculitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血管炎(Vasculitis)治療薬剤
  • 繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • プラスチック添加剤の世界市場:可塑剤、スタビライザー、難燃剤、耐衝撃性改良剤
    当調査レポートでは、プラスチック添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、プラスチック別分析、用途別分析、地域別分析、プラスチック添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザ診断の世界市場2017-2021:POCT、分子診断
    当調査レポートでは、インフルエンザ診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インフルエンザ診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗号化ソフトウェアの世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド)、用途別(ディスク、クラウド、ネットワークトラフィック暗号化)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、暗号化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、暗号化ソフトウェアの世界市場動向、暗号化ソフトウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別暗号化ソフトウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーディエンスアナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、用途別(販売・マーケティング管理、顧客経験管理、競合他社の特別情報)、組織サイズ別、垂直産業別、地域別予測
    本資料は、オーディエンスアナリティクスの世界市場について調べ、オーディエンスアナリティクスの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、用途別(販売・マーケティング管理、顧客経験管理、競合他社の特別情報)分析、組織サイズ別分析、垂直産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オーディエンスアナリティクスの世界市場概要 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場環境 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場動向 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:用途別(販売・マーケティング管理、顧客経験管理、競合他社の特別情報) ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:組織サイズ別 ・オーディエンスアナリティクスの世界市場規模:垂直産業別 ・オーディエンスアナリティクスの世 …
  • 世界のポッティング化合物市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農村地域における臨床・医薬品ロジスティクス市場規模、サービス別(輸送、倉庫業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場概要 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場環境 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場動向 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場規模 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場:サービス別(輸送、倉庫業) ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスのアメリカ市場規模・予測 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・農村地域 …
  • 医療用エクソスケルトンの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、種類別(動力源付き、パッシブ)、モビリティ別(固定型、可搬型)、四肢別、地域別予測
    本資料は、医療用エクソスケルトンの世界市場について調べ、医療用エクソスケルトンの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、タイプ別(動力源付き、パッシブ)分析、モビリティ別(固定型、可搬型)分析、四肢別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療用エクソスケルトンの世界市場概要 ・医療用エクソスケルトンの世界市場環境 ・医療用エクソスケルトンの世界市場動向 ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模 ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:タイプ別(動力源付き、パッシブ) ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:モビリティ別(固定型、可搬型) ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:四肢別 ・医療用エクソスケルトンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用エクソスケルトンの北米市場規模・予測 ・医療用エクソスケルトンのアメ …
  • ジカンバ除草剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ジカンバ除草剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジカンバ除草剤市場規模、製品別(土壌用除草剤、葉用除草剤)分析、剤形別(酸、塩)分析、物理的形状別(乾燥、液体)分析、作物別(油糧種子・豆類、牧草地・飼料作物、穀草・穀物)分析、散布時期別(発芽前、発芽後)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ジカンバ除草剤の世界市場:市場動向分析 ・ ジカンバ除草剤の世界市場:競争要因分析 ・ ジカンバ除草剤の世界市場:製品別(土壌用除草剤、葉用除草剤) ・ ジカンバ除草剤の世界市場:剤形別(酸、塩) ・ ジカンバ除草剤の世界市場:物理的形状別(乾燥、液体) ・ ジカンバ除草剤の世界市場:作物別(油糧種子・豆類、牧草地・飼料作物、穀草・穀物) ・ ジカンバ除草剤の世界市場:散布時期別(発芽前、発芽後) ・ ジカンバ除草剤の世界市場:主要地域別分析 ・ ジカンバ除草剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ジカンバ除草剤のヨーロッパ …
  • 世界のトップ10高成長セラミックス市場
  • アレルギー用点眼薬の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、アレルギー用点眼薬の世界市場について調べ、アレルギー用点眼薬の世界規模、市場動向、市場環境、薬剤クラス別(抗ヒスタミン薬、非ステロイド系抗炎症薬、血管収縮薬)分析、タイプ別(季節性・通年性アレルギー性結膜炎、春季カタル、アトピー性角結膜炎、巨大乳頭性結膜炎)分析、流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・アレルギー用点眼薬の世界市場動向 ・アレルギー用点眼薬の世界市場環境 ・アレルギー用点眼薬の世界市場規模 ・アレルギー用点眼薬の世界市場規模:薬剤クラス別(抗ヒスタミン薬、非ステロイド系抗炎症薬、血管収縮薬) ・アレルギー用点眼薬の世界市場規模:タイプ別(季節性・通年性アレルギー性結膜炎、春季カタル、アトピー性角結膜炎、巨大乳頭性結膜炎) ・アレルギー用点眼薬の世界市場規模:流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局 …
  • ロシアの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • FPCの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、FPCの世界市場について調査・分析し、FPCの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別FPCシェア、市場規模推移、市場規模予測、FPC種類別分析(片面回路、両面回路、多層回路、リジッドフレックス回路)、FPC用途別分析(家電、自動車、航空宇宙・防衛/軍事、医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・FPCの市場概観 ・FPCのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・FPCのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・FPCの世界市場規模 ・FPCの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・FPCのアメリカ市場規模推移 ・FPCのカナダ市場規模推移 ・FPCのメキシコ市場規模推移 ・FPCのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・FPCのドイツ市場規模推移 ・FPCのイギリス市場規模推移 ・FPCのロシア市場規模推移 ・FPCのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・FPCの日本市場規模推移 ・FPCの中国市場 …
  • アルミニウム鋳造の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アルミニウム鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム鋳造の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアルミニウム鋳造の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.87%成長すると予測しています。
  • 液体分配装置の世界市場分析:製品別(フラックス、潤滑剤、はんだペースト、接着剤およびシーラント(エポキシ接着剤、エポキシアンダーフィル)、絶縁保護コーティング)、用途別(電気・電子(半導体実装、プリント基板)、医療機器、自動車、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、液体分配装置の世界市場について調査・分析し、液体分配装置の世界市場動向、液体分配装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体分配装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動圧力校正器の世界市場予測2019-2024
    「自動圧力校正器の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ベンチトップ、ポータブルなど、用途別には、Oil and Gas、Power and Energy、Pharmaceutical、Food & Beverage、Automotive、Aerospace & Defence、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動圧力校正器のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動圧力校正器の世界市場概要(サマリー) ・自動圧力校正器の企業別販売量・売上 ・自動圧力校正器の企業別市場シェア ・自動圧力校正器の世界市場規模:種類別(ベンチトップ、ポータブル) ・自動圧力校正器の世界市場規模:用途別(Oil and Gas、Power and Energy、Pharmaceutical、Food & Beverage、Automotive、Aerospace & Defence、Others) ・自動圧力校正器の米 …
  • CMV検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 婦人科ロボット手術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、婦人科ロボット手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、婦人科ロボット手術の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 11β-HSD阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における11β-HSD阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・11β-HSD阻害剤の概要 ・11β-HSD阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の11β-HSD阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・11β-HSD阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・11β-HSD阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬の状況 ・全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus)治療薬の市場規模(販売予測) ・全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus)治 …
  • エジプトの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • フォークリフトトラックの世界市場2018-2022
    運転効率向上と炭素排出量の削減を求める厳しい規制により、予測期間中の燃料電池式フォークリフトの導入が促進されています。水素燃料電池の置換頻度は、鉛蓄電池の置換頻度よりも低くなっています。 更に、水素燃料フォークリフトの給油時間は、電池式フォークリフトの給油時間よりも80%~85%少なくなっています。 水素は天然ガス由来の為、水素燃料はディーゼルおよびLPGよりもはるかに安価です。 こうした要因は、向上した性能、環境上のメリット、および低メンテナンス性とともに、燃料電池式のフォークリフトに対する需要を促進し、市場の成長を促進する主要動向となる見通しです。 Technavioのアナリストは、フォークリフトトラックの世界市場が2022年までに約6%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Crown Equipment、Jungheinrich、KION GROUP、Mitsubishi Heavy Industries、Toyota Industriesなどです。 当調査レポートでは、フォークリフトトラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フォークリフト …
  • 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場について調査・分析し、慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:市場動向分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:競争要因分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:エンドユーザー別 専門医診療所 病院 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:エンドユーザー別:薬剤クラス別 カルシウムチャネルブロッカー 抗高血圧薬 貧血治療薬 抗高脂血症薬 エリスロポイエシス刺激剤(ESAs) むくみ治療薬 ベータブロッカー 利尿剤 アンジオテンシンII受容体ブロッカー ACE阻害剤 その他の製薬クラス - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:主要地域別分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の北米市場規模(アメリカ市場等) - 慢性腎臓病薬 (CKD) のヨーロッパ市場規模 - 慢性腎臓病薬 (CKD) のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・慢性腎臓病薬 (CKD) の世界 …
  • マイクロラーニングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、マイクロラーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織規模別分析、展開種類別分析、産業別(小売、製造・物流、金融、通信およびIT、医療・ライフサイエンス)分析、マイクロラーニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、マイクロラーニングの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年27億ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。
  • 建設足場レンタルの世界市場2020-2024:用途別、製品別、エンドユーザー別、地域別
    「建設足場レンタルの世界市場2020-2024」は、建設足場レンタルについて市場概要、市場規模、製品別(サポート、モバイル、サスペンド)分析、用途別(新築、改修、解体)分析、エンドユーザー別(非居住、住宅)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・建設足場レンタルの世界市場:製品別(サポート、モバイル、サスペンド) ・建設足場レンタルの世界市場:用途別(新築、改修、解体) ・建設足場レンタルの世界市場:エンドユーザー別(非居住、住宅) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • データセンタ・インターコネクトの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、データセンタ・インターコネクトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、データセンタ・インターコネクトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタラキシル市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタラキシル市場2015について調査・分析し、メタラキシルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成ゴムの世界市場予測(~2022年):SBR、BR、SBC、EPDM、IIR、NBR
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、合成ゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、合成ゴムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 不織布の世界市場予測(~2022年):技術、素材、用途、機能、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、不織布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術別分析、材料別分析、用途別分析、機能別分析、不織布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アラミド繊維の世界市場予測(~2024年):パラアラミド繊維、メタアラミド繊維
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(パラアラミド繊維、メタアラミド繊維)分析、用途別(セキュリティ・保護、摩擦材料、工業用ろ過、光ファイバー、ゴム補強、タイヤ補強)分析、アラミド繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の幹細胞アッセイ市場規模・予測2017-2025:アッセイ(細胞生存・細胞毒性アッセイ、分離・精製アッセイ、細胞特定アッセイ、細胞増殖アッセイ、細胞分化アッセイ、細胞機能アッセイ、細胞アポトーシスアッセイ)、商品別(機器、検知キット)、キット、用途別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の幹細胞アッセイ市場について調査・分析し、世界の幹細胞アッセイ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の幹細胞アッセイ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"