"バイオシミュレーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60502)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バイオシミュレーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Biosimulation is explained as a computer-aided mathematical simulation of biological processes and systems and hence is an integral part of systems biology. The main aim of Biosimulation is model-based prediction of the behavior and the dynamics of biological systems e.g. the response of an organ or a single cell towards a chemical. It is a predictive tool and used in discovery stage to determine the future outcomes of current experimental trials.
The demand for Biosimulation market is expected to increase in forecasted period due to increase in the factors such as use of personalized medicine.
Factors that are driving the market are: Increase in the use of personalized medicine also continuous research and development is going on in the field which has led to the improvement and simulation of modeling tools, also the growth in the biotechnological and pharmaceutical industries has helped Biosimulation industry to grow. Also, the industry is expecting growth due to the boom in drugs market as a result of increase in ageing population and increasing number of chronic diseases. Some of the factors which are restraining the market are shortage of skilled professionals, higher cost of the process, lack of standardized tools and applications and limited knowledge about biological process.

The market of Biosimulation market is segmented on the basis of products, end user, application, drug development. Geographically the market is divided in to North America (US, Canada), Europe (UK, Italy, Spain, France, Germany, rest of Europe), Asia-Pacific (India, Japan, Australia, China, Korea, Rest of Asia Pacific) and Rest of World (Latin America, MENA and Africa). The key providers of biosimulation technology are Certara, Biovia, Dassault Systèmes.

Companies profile include
1. Certara USA, Inc.
2. Rhenovia Pharma Ltd.
3. Physiomics PLC
4. Genedata Ag
5. Entelos Holding Corporation
6. Chemical Computing Group, Inc.
7. Advanced Chemistry Development, Inc.
8. Schrödinger Inc.
9. Dassault Systèmes SA
10. Simulation Plus Inc.
11. Biovia (Formerly Accelrys)
12. In silico biosciences
13. Inhibox
14. Leadinvent Technologies
15. Leadscope
16. Nimbus therapeutics
17. Open eye Scientific software
18. Physiomics Plc.
19. Rhenovia Pharma
20. Genedata

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2.Revenue forecasts, growth rates and CAGR up to 2022
3.Industry Analysis
4.Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"バイオシミュレーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1.1 Executive Summary
1.2 Estimation methodology
2. Market overview
2.1 Market definition and scope
2.2 Key findings
2.3 Parametric analysis
2.3.1 Personalized medicine market
2.3.2 Investment in R&D by various organizations
2.3.3 Healthcare expenditure across geographies
2.3.4 Disposable income of top emerging economies
2.4 Key market insights
2.4.1 Top 3 emerging countries
2.4.2 Top 3 revenue generating segments
2.4.3 Market trends
2.4.4 Winning strategy
2.4.5 Pipeline analysis
2.5 R & D Scenario
2.6 Competitive intelligence
2.6.1 Market share analysis
2.6.2 Top winning strategies
2.6.3 Case study; top competitive moves
2.7 Value chain analysis
2.8 Key buying criteria
2.9 Strategic recommendation
2.10 Strategic conclusion
3. Market determinants
3.1 Market driver
3.1.1 Increased use of personalized medicine
3.1.2 Research and development in the field
3.1.3 Growth in pharmaceutical and biotechnological industries.
3.1.4 Advent of improved simulation and modeling tools
3.1.5 Growing incidence of chronic diseases.
3.2 Market Restraints
3.2.1 Shortage of skilled professionals
3.2.2 High R&D costs of biosimulation software development
3.2.3 Lack of standardized tools and applications
3.3 Market opportunities
3.3.1 Drive in drugs market due to ageing population
3.3.2 Partnership among pharmaceutical players
3.4 Market challenges
3.4.1 Limited knowledge of biological process
3.4.2 Higher cost
4. Sector analysis
4.1 Parent market analysis
4.2 Competitor market analysis
4.3 Alternative market analysis
5. Market Segmentation
5.1 Global Biosimulation market on the basis of products, 2014-2021,($ millions)
5.1.1 Global Biosimulation market on the basis of services, 2014-2021,($ millions)
5.1.2 Global Biosimulation market on the basis of Trial Design software, 2014-2021,($ millions)
5.1.3 Global Biosimulation market on the basis of PBPK modeling, 2014-2021,($ millions)
5.1.4 Global Biosimulation market on the basis of Toxicity prediction software, 2014-2021,($ millions)
5.1.5 Global Biosimulation market on the basis of Molecular modeling and simulation software, 2014-2021,($ millions)
5.2 Global Biosimulation market on the basis of end user, 2014-2021($ millions)
5.2.1 Global Biosimulation market on the basis of Research institutes , 2014-2021,($ millions)
5.2.2 Global Biosimulation market on the basis of Pharmaceutical biotechnological companies, 2014-2021, ($ millions)
5.2.3 Global Biosimulation market on the basis of Regulatory athourities, 2014-2021,($ millions)
5.3 Global Biosimulation market on the basis of application, 2014-2021 ($ millions)
5.3.1 Global Biosimulation market on the basis of Drug development, 2014-2021,($ millions)
5.3.2 Global Biosimulation market on the basis of PK/PD, 2014-2021,($ millions)
5.3.3 Global Biosimulation market on the basis of Clinical trials, 2014-2021,($ millions)
5.3.4 Global Biosimulation market on the basis of Lead identification and Optimization, 2014-2021,($ millions)
5.4 Global biosimulation market on the basis of Drug development,2014-2021 ($ millions)
5.4.1 Global Biosimulation market on the basis of Preclinical testing, 2014-2021,($ millions)
5.4.2 Global Biosimulation market on the basis of Inpatient validation, 2014-2021,($ millions)
6 Geographic analysis
6.1 North America market, 2014-2021,($ millions)
6.1.1 U.S Biosimulation market,2014-2021,($millions)
6.1.2 Canada Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.2 Europe Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.2.1 U.K Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.2.2 Germany Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.2.3 France Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.2.4 Spain market Biosimulation,2014 -2021,($millions)
6.2.5 Italy market Biosimulation,2014 -2021,($millions)
6.3 Asia Pacific
6.3.1 China Biosimulation market ,2014 -2021,($millions)
6.3.2 India Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.3.3 Korea Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.3.4 Japan Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.3.5 Australia Biosimulation market,2014 -2021,($millions)
6.3.6 Rest of APAC
6.4 Rest of the world
7. Company Profiling
7.1 Certara USA, Inc.
7.2 Rhenovia Pharma Ltd.
7.3 Physiomics PLC
7.4 Genedata Ag
7.5 Entelos Holding Corporation
7.6 Chemical Computing Group, Inc.
7.7 Advanced Chemistry Development, Inc.
7.8 Schrödinger Inc.
7.9 Dassault Systèmes SA
7.10 Simulation Plus Inc.
7.11 Biovia (Formerly Accelrys)
7.12 In silico biosciences
7.13 Inhibox
7.14 Leadinvent Technologies
7.15 Leadscope
7.16 Nimbus therapeutics
7.17 Open eye Scientific software
7.18 Physiomics Plc.
7.19 Rhenovia Pharma
7.20 Genedata

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バイオシミュレーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月9日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60502
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ技術
【キーワード】バイオシミュレーション
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バイオシミュレーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 石油・ガス用海底アンビリカル、ライザー、フローライン(SURF)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、石油・ガス用海底アンビリカル、ライザー、フローライン(SURF)の世界市場について調査・分析し、石油・ガス用海底アンビリカル、ライザー、フローライン(SURF)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 海底アンビリカル、ライザー、フローライン市場の概要 3. 海底アンビリカル、ライザー、フローラインの世界市場予測2016-2026 4. 世界の海底アンビリカル、ライザー、フローライン2次市場予測2016-2026 5. 海底アンビリカル、ライザー、フローラインのアフリカ市場2016-2026 6. 海底アンビリカル、ライザー、フローラインのアジア太平洋市場2016-2026 7. 海底アンビリカル、ライザー、フローラインのユーラシア/中東市場2016-2026 8. 海底アンビリカル、ライザー、フローラインの北米市場2016-2026 9. 海底アンビリカル、ライザー、フローラインの南米市場2016-2026 10. 海底アンビリカル、ライザー、フローラインの西欧市場2016-2026 11 …
  • 圧力反応性接着剤の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、圧力反応性接着剤の世界市場について調査・分析し、圧力反応性接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 圧力反応性接着剤の世界市場:市場動向分析 - 圧力反応性接着剤の世界市場:競争要因分析 - 圧力反応性接着剤の世界市場:ポリマー種類別 ポリアミド エチレンビニールアセテート (EVA) アクリル ポリオレフィン ポリウレタン (PUR and PU) シリコン ポリエステル ゴム エラストマー その他のポリマー - 圧力反応性接着剤の世界市場:技術別 溶剤系PSA 放射性PSA 熱溶融PSA 水性PSA - 圧力反応性接着剤の世界市場:製品別 ラベル テープ グラフィックPSA その他の製品 - 圧力反応性接着剤の世界市場:エンドユーザー別 ビルディング及び建築 電化製品、電子通信 医療及び健康管理 梱包 自動車及び輸送 その他のエンドユーザー - 圧力反応性接着剤の世界市場:用途様式別 脱着可能 永久固定 - 圧力反応性接着剤の世界市場:主要地域別分析 - 圧力反応性接着剤の北 …
  • 超硬材料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超硬材料の世界市場について調査・分析し、超硬材料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超硬材料シェア、市場規模推移、市場規模予測、超硬材料種類別分析(合成ダイアモンド、立方窒化ほう素)、超硬材料用途別分析(石・建築、研摩材カテゴリ、複合多結晶工具、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超硬材料の市場概観 ・超硬材料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超硬材料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超硬材料の世界市場規模 ・超硬材料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超硬材料のアメリカ市場規模推移 ・超硬材料のカナダ市場規模推移 ・超硬材料のメキシコ市場規模推移 ・超硬材料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・超硬材料のドイツ市場規模推移 ・超硬材料のイギリス市場規模推移 ・超硬材料のロシア市場規模推移 ・超硬材料のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・超硬材料の日本市場規模推移 …
  • 光インターコネクトの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、光インターコネクトの世界市場について調査・分析し、光インターコネクトの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・光インターコネクトの世界市場規模:インターコネクトレベル別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:ファイバーモード別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:製品別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:用途別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • アジアの在宅医療市場:血圧モニター、心拍数モニター、排卵検査キット、HIV検査、ECG、EKG、EEG、補聴器、人工呼吸器、杖、歩行器、車いす
    当調査レポートでは、アジアの在宅医療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、主要国別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのマテリアルハンドリング装置市場2015-2019
    当調査レポートでは、ヨーロッパのマテリアルハンドリング装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのマテリアルハンドリング装置市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体窒素の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液体窒素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体窒素の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 規制関連業務アウトソーシングの世界市場 :サービス別(法定代理、規制コンサルティング、規制作成と発行)、地域別
    本調査レポートでは、規制関連業務アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、規制関連業務アウトソーシングの世界市場動向、規制関連業務アウトソーシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別規制関連業務アウトソーシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のX線フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界のX線フィルム市場2015について調査・分析し、X線フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 一次性進行型多発性硬化症(PPMS):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における一次性進行型多発性硬化症(PPMS)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、一次性進行型多発性硬化症(PPMS)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・一次性進行型多発性硬化症(PPMS)の概要 ・一次性進行型多発性硬化症(PPMS)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の一次性進行型多発性硬化症(PPMS)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・一次性進行型多発性硬化症(PPMS)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 不溶解性食物繊維の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、不溶解性食物繊維の世界市場について調査・分析し、不溶解性食物繊維の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 不溶解性食物繊維の世界市場:市場動向分析 - 不溶解性食物繊維の世界市場:競争要因分析 - 不溶解性食物繊維の世界市場: 起源別 果物 穀物 野菜 その他の起源 - 不溶解性食物繊維の世界市場:機能別 水結合剤 質感剤 膨張剤 固結防止剤 脂肪代替品 - 不溶解性食物繊維の世界市場:種類別 ヘミセルロース リグニン セルロース 難消化澱粉 キチン及びキトサン 繊維/ふすま その他の種類 - 不溶解性食物繊維の世界市場:エンドユーザー別 動物用飼料 薬品 ペットフード 食料品産業 その他のエンドユーザー - 不溶解性食物繊維の世界市場:主要地域別分析 - 不溶解性食物繊維の北米市場規模(アメリカ市場等) - 不溶解性食物繊維のヨーロッパ市場規模 - 不溶解性食物繊維のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・不溶解性食物繊維の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 極超音速ミサイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、極超音速ミサイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、極超音速ミサイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ミサイルは、自己推進装置を持つ精密誘導兵器システムで、照準もしくはミサイル誘導装置、飛行システム、エンジン、弾頭の4つのシステムから構成されています。ミサイルは、そのスピードから亜音速、超音速、そして極超音速に分類されます。Technavio社は極超音速ミサイルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Boeing• Lockheed Martin• NPO Mashinostroyenia• Raytheon等です。
  • ガスケット及びシールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ガスケット及びシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスケット及びシールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアのエチレングリコール市場
  • プロバイオティクスの世界市場分析:用途別(プロバイオティック食品および飲料(乳製品、非乳製品、穀物、焼いた食品、発酵した肉製品、乾燥食品)、プロバイオティクス栄養サプリ(食物サプリメント、栄養補助食品、特殊栄養素、乳児用調合乳)、動物飼料用プロバイオティクス)、エンドユーザー別(ヒトプロバイオティクス、動物プロバイオティクス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、プロバイオティクスの世界市場動向、プロバイオティクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別プロバイオティクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インダストリアル・インターネットの世界市場2016-2021
  • 工業用ホースの世界市場予測(~2023年):PVCホース、ポリウレタンホース、ゴムホース、シリコーンホース
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、工業用ホースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、工業用ホースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 天然痘治療法の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、天然痘治療法の世界市場について調べ、天然痘治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、天然痘治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(薬物、ワクチン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は天然痘治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・天然痘治療法の市場状況 ・天然痘治療法の市場規模 ・天然痘治療法の市場予測 ・天然痘治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(薬物、ワクチン) ・天然痘治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 有機ライスタンパク質の世界市場分析:製品別(ライスタンパク質分離物、ライスタンパク質濃縮物)、用途別(スポーツ・エネルギー栄養学、製パン・製菓、肉類代用品・増量剤、乳製品代替品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、有機ライスタンパク質の世界市場について調査・分析し、有機ライスタンパク質の世界市場動向、有機ライスタンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別有機ライスタンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 防爆装置の英国市場:業種別(医薬品、製造、海洋、食品加工、石油&ガス、鉱業、その他)、適用システム別(ケーブルグランド、ジャンクションボックス、照明システム、リフティング&マテリアルハンドリングシステム、自動化システム、監視および監視システム、シグナリングシステム、その他)、保護方法別(爆発防止、爆発封じ込め、および爆発分離)
  • コンテンツ連動型広告の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コンテンツ連動型広告の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、タイプ(アクティビティベースの広告、ロケーションベースの広告、その他)別分析、導入(モバイルデバイス、デスクトップ、デジタルビルボード)別分析、産業別分析、アプローチ別分析、コンテンツ連動型広告の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの脊椎手術装置市場見通し
  • ホームオフィス家具の世界市場:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)、地域別予測
    本資料は、ホームオフィス家具の世界市場について調べ、ホームオフィス家具の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)分析、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKnoll、Inter IKEA Group、Herman Miller、Ashley Furniture Industries、Poltrona Frau、Steelcase、Kimball International 、Sears Holdings、HNI、Mascoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホームオフィス家具の世界市場概要 ・ホームオフィス家具の世界市場環境 ・ホームオフィス家具の世界市場動向 ・ホームオフィス家具の世界市場規模 ・ホームオフィス家具の世界市場規模:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他) ・ホームオフィス家具の世界市場規模:販 …
  • 食品添加物の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、食品添加物の世界市場について調査・分析し、食品添加物の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・食品添加物の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・食品添加物の世界市場:セグメント別市場分析 ・食品添加物の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • カップとふた包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、カップとふた包装の世界市場について調査・分析し、カップとふた包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - カップとふた包装の世界市場:市場動向分析 - カップとふた包装の世界市場:競争要因分析 - カップとふた包装の世界市場:材料別 ・プラスチック ・板紙 ・ホイル ・金属 - カップとふた包装の世界市場:製品の種類別 ・カップ ・ふた ・その他 - カップとふた包装の世界市場:用途別 ・熱い飲み物 ・ソフトドリンク - カップとふた包装の世界市場:主要地域別分析 - カップとふた包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - カップとふた包装のヨーロッパ市場規模 - カップとふた包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・カップとふた包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 北米の道路貨物輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、北米の道路貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の道路貨物輸送の世界市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ココナッツウォーターの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、ココナッツウォーターの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツウォーターの欧州市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はココナッツウォーターの欧州市場が2017-2021年期間中に年平均25.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CHi• Coca-Cola• GraceKennedy• green coco europe• PepsiCo• Vaivai • Vita Coco等です。
  • アグリゲノミクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アグリゲノミクスの世界市場について調査・分析し、アグリゲノミクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アグリゲノミクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、アグリゲノミクス種類別分析(イルミナHiSeq、サンガーシーケンサー、PacBioシーケンサー、SOLiDシーケンサー、その他)、アグリゲノミクス用途別分析(穀物、家畜)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アグリゲノミクスの市場概観 ・アグリゲノミクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アグリゲノミクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アグリゲノミクスの世界市場規模 ・アグリゲノミクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アグリゲノミクスのアメリカ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのカナダ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのメキシコ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アグリゲノミクスのドイツ市場規模推移 ・アグリゲノミクス …
  • Eテーリングの世界市場:種類別(B2B(企業間)、B2C(企業-消費者間)C2B(消費者-企業間)、C2C(消費者間))、用途別(アパレル・衣料品、家電、食料品、総合、その他)、地域別予測
    本資料は、Eテーリングの世界市場について調べ、Eテーリングの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(B2B(企業間)、B2C(企業-消費者間)C2B(消費者-企業間)、C2C(消費者間))分析、用途別(アパレル・衣料品、家電、食料品、総合、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAmazon.com, Inc.、eBay, Inc. 、 Barnes & Noble, Inc.、Wal-Mart Stores, Inc.、ContextLogic, Inc.、Nordstorm, Inc.、Neiman Marcus Group、Staples, Inc.、Best Buy、The Home Depotなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・Eテーリングの世界市場概要 ・Eテーリングの世界市場環境 ・Eテーリングの世界市場動向 ・Eテーリングの世界市場規模 ・Eテーリングの世界市場規模:種類別(B2B(企業間)、B2C(企業-消費者間)C2B( …
  • クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、サービス種類別分析、ユーザー位置別分析、企業規模別分析、産業別分析、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用キッチンミキサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家庭用キッチンミキサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用キッチンミキサー市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(卓上型ミキサー、スティック・ミキサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cuisinart, Hamilton Beach Brands, Koninklijke, Philips, Newell Brands, Spectrum Brandsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用キッチンミキサーの世界市場概要 ・家庭用キッチンミキサーの世界市場環境 ・家庭用キッチンミキサーの世界市場動向 ・家庭用キッチンミキサーの世界市場規模 ・家庭用キッチンミキサーの世界市場:業界構造分析 ・家庭用キッチンミキサーの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・家庭用キッチンミキサーの世界市場:製品別(卓上型ミキサー、スティック・ミキサー) ・家庭用キッチンミキサーの世界市場: …
  • 低侵襲胸部手術の世界市場2014-2025:タイプ別(切除術、楔状切除、肺全摘術、その他)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、低侵襲胸部手術の世界市場について調査・分析し、低侵襲胸部手術の世界市場動向、低侵襲胸部手術の世界市場規模、市場予測、セグメント別低侵襲胸部手術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非侵襲的出生前検査(NIPT)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、非侵襲的出生前検査(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非侵襲的出生前検査(NIPT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は非侵襲的出生前検査(NIPT)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BGI Genomics、Illumina、Laboratory Corporation of America Holdings、Quest Diagnostics等です。
  • 鼻カニューレの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鼻カニューレの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鼻カニューレの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属)、ろ過媒体別(織布、不織布、メッシュ)、エンドユーザー別(市町村処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学、医薬品)、地域別
    MarketsandMarkets社は、液体ろ過の世界市場規模が2019年21億ドルから2024年29億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。本書は、世界の液体ろ過市場について調査・分析し、市場概要、生地材料別(ポリマー、綿、金属)分析、ろ過媒体別(織物、不織布、メッシュ)分析、エンドユーザー別(地方自治体用処理、産業用処理)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属) ・世界の液体ろ過市場:ろ過媒体別(織物、不織布、メッシュ) ・世界の液体ろ過市場:エンドユーザー別(地方自治体用処理、産業用処理) ・世界の液体ろ過市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • K-Electric Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 中国のモーターコントロールセンター市場2015
    本調査レポートでは、中国のモーターコントロールセンター市場2015について調査・分析し、モーターコントロールセンターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 潤滑油粘度グレード向上剤世界市場2017-2021:OCP系、PMA系、スチレン系
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、潤滑油粘度グレード向上剤世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潤滑油粘度グレード向上剤世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は潤滑油粘度グレード向上剤世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChevron Oronite、Evonik、Infineum 、Lubrizol、NewMarket等です。
  • 世界及び米国の防音ドア市場2017-2022
  • ハンドケア(スキンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 自動車用オーディオスピーカの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用オーディオスピーカの世界市場について調査・分析し、自動車用オーディオスピーカの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用オーディオスピーカシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用オーディオスピーカ種類別分析(2ウェイスピーカー、3ウェイスピーカー、4ウェイスピーカー、その他)、自動車用オーディオスピーカ用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用オーディオスピーカの市場概観 ・自動車用オーディオスピーカのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用オーディオスピーカのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用オーディオスピーカの世界市場規模 ・自動車用オーディオスピーカの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用オーディオスピーカのアメリカ市場規模推移 ・自動車用オーディオスピーカのカナダ市場規模推移 ・自動車用オーディオスピーカのメキシコ市場規模推移 ・自動車用オーディオスピーカのヨーロッパ市場分 …
  • 膀胱癌治療の世界市場
    当調査レポートでは、膀胱癌治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、膀胱癌治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属製伸縮継手の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属製伸縮継手の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属製伸縮継手の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 風味増強剤の世界市場予測(~2022年):酸味料、グルタミン酸塩、植物タンパク水解物、イースト抽出物
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、風味増強剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、風味増強剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾のPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 機能性流体の世界市場:トランスミッション液、油圧作動油、金属加工油、熱伝達流体、プロセス油
    当調査レポートでは、機能性流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性流体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オピオイド誘発性便秘治療薬のアジア太平洋市場
  • バイオプラスチック包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオプラスチック包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオプラスチック包装市場規模、包装材の種類別(軟質包装(フレキシブル包装)、硬質プラスチック包装)分析、材料種類別(生分解性プラスチック、非生分解性プラスチック、ポリヒドロキシ酪酸(PHB)、ポリカプロラクトン(PCL)、バイオポリエチレン(Bio-PE)、脂肪族・芳香族ポリエステル、成形繊維、脂肪族・芳香族コポリエステル(AAC)、水溶性ポリマー(WSP)、熱可塑性エラストマー(TPS)、バイオポリプロピレン(Bio-PP)、低密度ポリエチレン(LDPE))分析、プラスチックの種類別(加水分解型生分解性プラスチック、酸化型生分解性プラスチック)分析、技術別(バイオマスから直接抽出したバイオプラスチック、ペレット化、射出成型、非生物分解性の生物由来・熱可塑性プラスチック、石油化学製品から合成した生分解性ポリマー、生物由来モノマーから合成したバイオプラスチック、天然作物およびGMO(遺伝子組み換え)作物から製造したバイオプラスチック、その他)分析、用途別(ボトル・ジャー、食品用ラップ、ドライク …
  • 中東のクラウドインフラサービス市場予測(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"