"マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60515)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Micro irrigation is the slow application of water on, above, or below the soil by surface drip, subsurface drip, bubbler, and micro-sprinkler systems. Where labor is scarce and expensive or where medium to large areas need to be irrigated precisely and frequently with minimum wastage of time and water, it is better to invest in micro irrigation systems. Micro irrigation systems are gaining significance because they help in protecting against drought situations and its ability to irrigate all the crops in the field even in the irregular terrain.
Some of the factors that are driving the market are the ability of the micro irrigation system to utilize the water to the maximum level as water is applied locally and leaching is reduced, fertilizer/nutrient loss is minimized, also this system helps in the weed control as no water is available for the weeds and their growth is kept under control. This kind of irrigation system is beneficial for the soil since it prevents soil erosion and along with that soil infiltration capacity is also increased, all these factors improves the seed germination rate which in turn improves the overall crop production.

Although there are many drivers that are driving the market but still exists some challenges that act as market restraint such as high initial cost needed to set up the whole system it may also cause clogging if water is not purified properly and detection of problem becomes even more difficult in larger farms.
The market was earlier dominated by North America. Now Asia-Pacific is projected to be the fastest-growing market. The growth in this market is however slow, but the market is expected to be a good business opportunity in the days to come.

Companies profile include
1. Jain Irrigation system limited (JISL).
2. Toro company
3. Netafim.
4. Naugra Export
5. Tirupati structurals limited
6. Harso steels pvt. Lyd.
7. Apollo pipes limited
8. Kisan Group of companies
9. Captain polyplast ltd.
10. Rivulis Irrigation
11. IWT
12. Paras drip Irrigation
13. KSNM Marketing
14. Sharan Polyplast
15. Lindsay corporation
16. Nelson irrigation corporation
17. Valmont industries
18. Rain Bird corporation
19. T-L irrigation
20. Chaitra irrigation
21. Sree vijetha irrigation pvt. Ltd.
22. Mahindra
23. Driptech
24. Finolex Plasson industries
25. EPC
26. Primium irrigation
27. Irritol systems
28. Rooted in hope
29. Dayu conserving water
30. Linyi Dogli plastics

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2.Revenue forecasts, growth rates and CAGR up to 2022
3.Industry Analysis
4.Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction
1. Executive summary
2. Estimation methodology
2. Market overview
1. Market definition and scope
2. Key findings
3. Parametric analysis
2.3.1 Farmers preferring micro irrigation.
2.3.2 Leading countries in micro irrigation
2.3.3 Different types of micro irrigation system
4. Key market insights
2.4.1 Top three emerging countries
2.4.2 Top three revenue generating segments
2.4.3 Top growing markets and emerging trends
2.4.4 Pipeline analysis
2.4.4.1 utilization of waste water for irrigation
2.4.4.2 Control on weeds and over irrigation
2.4.5 R&D scenario in personal cloud market
5. Competitive intelligence
2.5.1 Market share analysis
2.5.2 Top winning strategies
2.5.3 Case study: top competitive moves
6. Value chain analysis
7. Key buying criteria
8. Strategic recommendations
9. Strategic conclusions
3. Market determinants
1. Market drivers
3.1.1 Provides a high degree of water uniformity.
3.1.2 Allows control of the amount and timing of irrigation.
3.1.3 Works good even in irregular terrain.
3.1.4 Less evaporation and erosion
3.1.5 Simple in installation and use
3.1.6 Weed control is minimized.
3.1.7 Products are interchangeable among vendors
3.1.8 Used as “nurse system” for new plantings.
2. Market Challenges
3.2.1 Difficulty in detecting problems in large farms
3.2.2 Over irrigation.
3.2.3 Formation of clogs if there is poor water quality.
3.2.4 Initial set up usually costs high
3. Market Opportunities
3.3.1 Utilizing waste water.
3.3.2 Focusing on minimal wastage of fresh water
4. Market restraints
3.4.1 Hesitation of farmers to use new technology
4. Sector Analysis
1. Parent market
2. Sub-segment market
3. Alternative market
5. Market segmentation
1. Micro irrigation system market on the basis of Functioning ,2014-2021,($ millions)
5.1.1 Global Micro irrigation system market on the basis of Micro-sprayers/sprinklers,2014-2021,($ millions)
5.1.2 Global Micro irrigation system market on the basis of Micro-bubblers,2014-2021,($ millions)
5.1.3 Global Micro irrigation system market on the basis of Drippers,2014-2021,($ millions)
5.1.4 Global Micro irrigation system market on the basis of Drip tubing.
2. Global Micro irrigation system market on the basis of crop type, 2014-2021,($ millions)
5.2.1 Global Micro irrigation system market on the basis of Fields,2014-2021,($ millions)
5.2.2 Global Micro irrigation system market on the basis of Plantation,2014-2021,($ millions)
5.2.3 Global Micro irrigation system market on the basis of Forage and turf grasses,2014-2021,($ millions)
5.2.4 Global Micro irrigation system market on the basis of Orchard crops,2014-2021,($ millions)
6. Global Micro irrigation system market on the basis of Competitive landscape, 2014-2021,($ millions)
1. Global Micro irrigation system market on the basis of Market share,2014-2021,($ millions)
2. Global Micro irrigation system market on the basis of Strategy-An analysis across tiers,2014-2021,($ millions)
7. Geographic analysis
1. North America Micro irrigation system market , 2014-2021,($ millions)
7.1.1 U.S Micro irrigation system market ,2014-2021,($millions)
7.1.2 Canada Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
2. Europe Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.2.1 U.K Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions
7.2.2 Germany Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.2.3 France Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.2.4 Spain Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.2.5 Italy Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.2.6 others
3. Asia Pacific Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.3.1 China Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.3.2 India Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.3.3 Korea Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.3.4 Japan Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.3.5 Australia Micro irrigation system market ,2014 -2021,($millions)
7.3.6 Others
4. Rest of the world
8. Company profiling
1. Jain Irrigation system limited (JISL).
2. Toro company
3. Netafim.
4. Naugra Export
5. Tirupati structurals limited
6. Harso steels pvt. Lyd.
7. Apollo pipes limited
8. Kisan Group of companies
9. Captain polyplast ltd.
10. Rivulis Irrigation
11. IWT
12. Paras drip Irrigation
13. KSNM Marketing
14. Sharan Polyplast
15. Lindsay corporation
16. Nelson irrigation corporation
17. Valmont industries
18. Rain Bird corporation
19. T-L irrigation
20. Chaitra irrigation
21. Sree vijetha irrigation pvt. Ltd.
22. Mahindra
23. Driptech
24. Finolex Plasson industries
25. EPC
26. Primium irrigation
27. Irritol systems
28. Rooted in hope
29. Dayu conserving water
30. Linyi Dogli plastics

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月9日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60515
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【キーワード】マイクロ灌漑
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • マス通知システムの世界市場予測(~2022年):屋内、広域、分散受信者
    当調査レポートでは、マス通知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、用途別分析、導入方式別分析、産業別分析、マス通知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場について調べ、自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場規模をセグメンテーション別(サービス別(パワートレイン、完成車、電気/電子機器、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場状況 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場規模 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場予測 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別(パワートレイン、完成車、電気 …
  • セキュリティインテリジェンスおよび分析ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セキュリティインテリジェンスおよび分析ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セキュリティインテリジェンスおよび分析ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ITロボット自動化のアジア市場
    本調査レポートでは、ITロボット自動化のアジア市場について調査・分析し、ITロボット自動化のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場:技術別(従来型、回転式操縦システム)、部品別、用途別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場について調査・分析し、誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場動向、誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場規模、市場予測、セグメント別誘導式水平ドリル工法(HDD工法)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジア・北アフリカの救急救命装置市場:点滴ポンプ、人工呼吸器、患者モニター
  • ゲーミフィケーションの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ゲーミフィケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、アプリケーション別分析、導入形態別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の概要 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 世界のカーボンナノチューブ(CNT)市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートフォン用パワーマネジメントIC市場規模、価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場概要 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場環境 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場動向 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場規模 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:業界構造分析 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯) ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの北米市場規模・予測 ・スマートフォン用パワーマネジメントICのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートフォン用 …
  • 血液ガスおよび電解質分析装置の世界市場
    当調査レポートでは、血液ガスおよび電解質分析装置の世界市場について調査・分析し、血液ガスおよび電解質分析装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オランダの膝関節再建装置市場見通し
  • 反射材料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、反射材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、反射材料市場規模、用途別(コーティング剤、生地、シート、塗料・インク、その他)分析、最終用途別(建設、自動車、繊維、電子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・反射材料の世界市場概要 ・反射材料の世界市場環境 ・反射材料の世界市場動向 ・反射材料の世界市場規模 ・反射材料の世界市場:業界構造分析 ・反射材料の世界市場:用途別(コーティング剤、生地、シート、塗料・インク、その他) ・反射材料の世界市場:最終用途別(建設、自動車、繊維、電子) ・反射材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・反射材料のアメリカ市場規模・予測 ・反射材料のヨーロッパ市場規模・予測 ・反射材料のアジア市場規模・予測 ・反射材料の主要国分析 ・反射材料の世界市場:意思決定フレームワーク ・反射材料の世界市場:成長要因、課題 ・反射材料の世界市場:競争環境 ・反射材料の世界市場:関連企業情報( …
  • クールルーフコーティングの世界市場分析:製品別(エラストマー、IR反射)、用途別(スロースロープ、スティープスロープ)、エンドユーザー別(住宅、商業、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、クールルーフコーティングの世界市場について調査・分析し、クールルーフコーティングの世界市場動向、クールルーフコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別クールルーフコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ケーブル用導管システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブル用導管システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブル用導管システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドマネージドサービスの世界市場:ビジネスサービス、ネットワークサービス、セキュリティサービス、データセンターサービス、モビリティサービス
    当調査レポートでは、クラウドマネージドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、導入形態別分析、企業サイズ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 近赤外線分光法の世界市場
    当調査レポートでは、近赤外線分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、近赤外線分光法の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港向け太陽光発電の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空港向け太陽光発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港向け太陽光発電の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インシデントレスポンスシステムの世界市場:地理空間技術、バックアップ・ディザスタリカバリ、脅威管理、監視システム
    当調査レポートでは、インシデントレスポンスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インシデントレスポンスシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場予測2019-2024
    「3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、3Dグラフェンインク印刷、カーボンナノチューブ、ナノセラミック樹脂、ナノ複合体など、用途別には、Electronics、Energy、Healthcare and Medicine、Textiles、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。3Dプリンテッドナノマテリアルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場概要(サマリー) ・3Dプリンテッドナノマテリアルの企業別販売量・売上 ・3Dプリンテッドナノマテリアルの企業別市場シェア ・3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場規模:種類別(3Dグラフェンインク印刷、カーボンナノチューブ、ナノセラミック樹脂、ナノ複合体) ・3Dプリンテッドナノマテリアルの世界市場規模:用途別(Electronics、Energy、Healthcare and Medic …
  • ドイツの百貨店市場2016-2020
    当調査レポートでは、ドイツの百貨店市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドイツの百貨店市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用触媒の世界市場:不均一系触媒、均一系触媒
    当調査レポートでは、工業用触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓リハビリテーションの世界市場2014-2025:製品別(楕円形トレーナー、フィットネスバイク、バランスボール、ローワー、トレッドミル)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、心臓リハビリテーションの世界市場について調査・分析し、心臓リハビリテーションの世界市場動向、心臓リハビリテーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別心臓リハビリテーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の藻由来DHA市場2016
    本調査レポートでは、世界の藻由来DHA市場2016について調査・分析し、藻由来DHAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のベースオイル市場:グループ別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、油圧オイル、グリース、金属加工液)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカ、MEA)
    MarketsandMarkets社は、ベースオイルの世界市場規模が2019年337億ドルから2024年396億ドルまで年平均3.3%成長すると予測しています。本書は、世界のベースオイル市場について調査・分析し、市場概要、種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)分析、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のベースオイル市場:種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV) ・世界のベースオイル市場:用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他) ・世界のベースオイル市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • PET医薬品包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、PET医薬品包装の世界市場について調査・分析し、PET医薬品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - PET医薬品包装の世界市場:市場動向分析 - PET医薬品包装の世界市場:競争要因分析 - PET医薬品包装の世界市場:材料別 ・紙・板紙 ・アルミホイル ・プラスチック/ポリマー - PET医薬品包装の世界市場:サイズ別 ・5㎖ ・50㎖ ・その他 - PET医薬品包装の世界市場:包装の種類 ・瓶 ・ジャー ・医療用特殊バッグ ・小袋・ストリップパック ・その他 - PET医薬品包装の世界市場:主要地域別分析 - PET医薬品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - PET医薬品包装のヨーロッパ市場規模 - PET医薬品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・PET医薬品包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の光高温計市場2015
    本調査レポートでは、世界の光高温計市場2015について調査・分析し、光高温計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ワークフォース管理システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用ワークフォース管理システムの世界市場について調査・分析し、医療用ワークフォース管理システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用ワークフォース管理システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用ワークフォース管理システム種類別分析()、医療用ワークフォース管理システム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用ワークフォース管理システムの市場概観 ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用ワークフォース管理システムの世界市場規模 ・医療用ワークフォース管理システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用ワークフォース管理システムのアメリカ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのカナダ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのメキシコ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのヨーロッパ市 …
  • 分光法の世界市場:原子分光法、分子分光法
    当調査レポートでは、分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分光法の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラットモデルの世界市場分析:タイプ別(ノックアウト、異系交配、同系交配、ハイブリッド、免疫不全、コンディショニング)、技術別(核トランスフェラーゼ、マイクロインジェクション)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ラットモデルの世界市場について調査・分析し、ラットモデルの世界市場動向、ラットモデルの世界市場規模、市場予測、セグメント別ラットモデル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アイルランドの整形外科補綴市場見通し
  • 世界のモノリシックセラミックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のモノリシックセラミックス市場2015について調査・分析し、モノリシックセラミックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロタービンの世界市場予測・動向(~2021)
    当調査レポートでは、マイクロタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、出力定格別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データ品質ツールの世界市場予測(~2022年):顧客データ、製品データ、財務データ、コンプライアンスデータ、サプライヤーデータ
    当調査レポートでは、データ品質ツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、データ種類別分析、構成要素別分析、業務機能別分析、企業規模別分析、データ品質ツールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散型エネルギー発生の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、分散型エネルギー発生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分散型エネルギー発生の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • E-スクーターの世界市場2020-2024
    「E-スクーターの世界市場2020-2024」は、E-スクーターについて市場概要、市場規模、電池種類別(密閉型鉛蓄電池、リチウムイオン電池)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・E-スクーターの世界市場:電池種類別(密閉型鉛蓄電池、リチウムイオン電池) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 石膏ボードの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、石膏ボードの世界市場について調査・分析し、石膏ボードの世界市場動向、石膏ボードの世界市場規模、市場予測、セグメント別石膏ボード市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブタジエンの世界市場
    当調査レポートでは、ブタジエンの世界市場について調査・分析し、ブタジエンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の蓄熱装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の蓄熱装置市場2015について調査・分析し、蓄熱装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水路測量装置の世界市場予測(~2022年):センシングシステム、ポジショニングシステム、海底センサー、無人車両、ソフトウェア
    当調査レポートでは、水路測量装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、水路測量装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電磁弁(ソレノイドバルブ)市場
  • 肺炎検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肺炎検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肺炎検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンタルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外肺の世界市場:タイプ別(2Dセルモデル、3Dセルモデル)、地域別予測
    本資料は、体外肺の世界市場について調べ、体外肺の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(2Dセルモデル、3Dセルモデル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・体外肺の世界市場概要 ・体外肺の世界市場環境 ・体外肺の世界市場動向 ・体外肺の世界市場規模 ・体外肺の世界市場規模:タイプ別(2Dセルモデル、3Dセルモデル) ・体外肺の世界市場:地域別市場規模・分析 ・体外肺の北米市場規模・予測 ・体外肺のアメリカ市場規模・予測 ・体外肺のヨーロッパ市場規模・予測 ・体外肺のアジア市場規模・予測 ・体外肺の日本市場規模・予測 ・体外肺の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、界面活性剤市場規模、基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤)分析、種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤)分析、用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、洗剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 界面活性剤の世界市場:基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、 …
  • 飼料用酸味料の世界市場:プロピオン酸、フマル酸、乳酸、ぎ酸
    当調査レポートでは、飼料用酸味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心拍計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、心拍計の世界市場について調査・分析し、心拍計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別心拍計シェア、市場規模推移、市場規模予測、心拍計種類別分析(胸部、手首)、心拍計用途別分析(ファットバーン、心臓、ピーク)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・心拍計の市場概観 ・心拍計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・心拍計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・心拍計の世界市場規模 ・心拍計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・心拍計のアメリカ市場規模推移 ・心拍計のカナダ市場規模推移 ・心拍計のメキシコ市場規模推移 ・心拍計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・心拍計のドイツ市場規模推移 ・心拍計のイギリス市場規模推移 ・心拍計のロシア市場規模推移 ・心拍計のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・心拍計の日本市場規模推移 ・心拍計の中国市場規模推移 ・心拍計の韓国市場規模推移 ・心拍計のインド市場規模 …
  • 癌・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、癌・腫瘍プロファイリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(免疫測定法、NGS、PCR、In Situ Hybridization)分析、がん種類別(乳房、肺、結腸直腸)分析、バイオマーカー種類別(ゲノムバイオマーカー、タンパク質バイオマーカー)分析、用途別(診断、予後)分析、癌・腫瘍プロファイリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、癌・腫瘍プロファイリングの世界市場規模が2019年75億ドルから2024年124億ドルまで年平均10.5%成長すると予測しています。
  • 航空アナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空アナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空アナリティクス市場規模、事業部門別(営業・マーケティング、運営、サプライチェーン、財務・補修)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アプリケーション別(収益管理、在庫管理、フライトリスク管理、顧客分析、ナビゲーションサービス、その他)分析、エンドユーザー別(航空会社、空港、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空アナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ 航空アナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ 航空アナリティクスの世界市場:事業部門別(営業・マーケティング、運営、サプライチェーン、財務・補修) ・ 航空アナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ 航空アナリティクスの世界市場:アプリケーション別(収益管理、在庫管理、フライトリスク管理、顧客分析、ナビゲーションサービス、その他) ・ 航空アナリテ …
  • 急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性腎不全(急性腎傷害)(Acute Renal Failure (ARF)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"