"メタボロミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60555)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"メタボロミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Metabolomics can be defined as the study of metabolites or low molecular weight molecules found inside the cells and the biological systems. This branch of science basically aims at the comparison finding out the differences between biological samples and is based on their metabolite profile. Metabolomics generally makes the use of analytical process like Chromatography, spectroscopy and multi variable analysis.
The market of metabolomics is expected to increase in forecasted period due to increasing adoption of the technology to various fields such as toxicology, nutrigenomics, and Functional genomics. North America is having the largest share of market, Europe and Asia pacific follow It respectively.

The major driving factors of the market are the continuous research and development made in the field also the funding allotted by various government of different geographic regions, Rising popularity of personalized medicine and development in metabolite profiling is also contributing to its growth. It has got its application in several other lucrative industries such as agriculture, Biomarker discovery etc. Some of the challenges in the field are its complexity in holding and interpreting large amount of data, unavailability of complete metabolite libraries and lack of standardized people also adds to the challenges of the field.

The market of metabolomics is segmented on the basis of techniques used, and the various fields of application. Geographically the market is segmented into North America (US, Canada), Europe (UK, Italy, Spain, France, Germany, RoE), Asia-Pacific (India, Japan, Australia, China, Korea, RoAPAC) and Rest of World (Latin America, MENA and Africa). The key providers of metabolomics in the market include: Agilent technologies, Waters Corporation, Big medicine INC, Biocrates Life Sciences etc.

Companies Profiled include
1. Agilent technologies
2. Big medicine INC.
3. Biocrates Life Sciences
4. Bio-Rad laboratories
5. Bruker Corporation
6. Chenomx
7. Danaher Corporation
8. Human Metabolomics Technologies, Inc.
9. LECO Corporation
10. Metabolon, Inc.
11. Shimadzu Corporation
12. Thermo Fisher Scientific Inc
13. Waters Corporation
14. Ingenuity systems
15. Metanomics heatlth
16. Molecular biometrics
17. Umetrics
18. Unilever

This Occams Research Report covers
1. Historical data
2.Revenue forecasts, growth rates and CAGR upto 2022
3.Industry Analysis
4.Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"メタボロミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Introduction

1.1 Executive Summary

1.2 Estimation methodology

2. Market overview

2.1 Market definition and scope

2.2 Key findings

2.3 Parametric analysis

2.3.1 Funding to the field by government

2.3.2 R&D expenditure in the sector across geographies

2.3.3 Use in various sectors

2.4 Key market insights

2.4.1 Top 3 emerging countries

2.4.2 Top 3 revenue generating segments

2.4.3 Market trends

2.4.4 Winning strategy

2.4.5 Pipeline analysis

2.5 R & D Scenario

2.6 Competitive intelligence

2.6.1 Market share analysis

2.6.2 Top winning strategies

2.6.3 Case study; top competitive moves

2.7 Value chain analysis

2.8 Key buying criteria

2.9 Strategic recommendation

2.10 Strategic conclusion

3. Market determinants

3.1 Market drivers

3.1.1 Research and development going in the field

3.1.2 Support of government

3.1.3 Rising popularity of personalized medicine

3.1.4 Use in sectors such as drug discovery and toxicology

3.2 Market Restraints

3.2.1 Low adoption rate

3.2.2 Data complexity

3.2.3 Shortage of skilled personal

3.3 Market opportunities

3.3.1 Proliferation of metabolomics laboratory management system

3.3.2 Developments in metabolite profiling

3.3.3 Biomarker discovery

3.4 Market challenges

3.4.1 unavailability of complete metabolite libraries

3.4.2 Lack of standardized protocols

4. Sector analyses

4.1 Parent market analysis

4.2 Competitor market analysis

4.3 Alternative market analysis

5 Market Segmentation

5.1 Global metabolomics market on the basis of techniques used, 2014-2021, ($ millions)

5.1.1 Global metabolomics market on the basis of Separation method, 2014-2021, ($ millions)

5.1.2 Global metabolomics market on the basis of Ionization method, 2014-2021, ($ millions)

5.1.3 Global metabolomics market on the basis of Detection method, 2014-2021, ($ millions)

5.1.4 Global metabolomics market on the basis of Statistical methods, 2014-2021, ($ millions)

5.2 Global metabolomics market on the basis of application, 2014-2021, ($ millions)

5.2.1 Global metabolomics market on the basis of use in agriculture, 2014-2021, ($ millions)

5.2.2 Global metabolomics market on the basis of use in Bio maker discover, 2014-2021, ($ millions)

5.2.3 Global metabolomics market on the basis of use in personalized medicine, 2014-2021, ($ millions)

5.2.4 Global metabolomics market on the basis of use in toxicology, 2014-2021, ($ millions)

5.2.5 Global metabolomics market on the basis of use in functional genomics, 2014-2021, ($ millions)

5.2.6 Global metabolomics market on the basis of use in Nutrigenomics, 2014-2021, ($ millions)

6. Geographic analysis

6.1 North America Metabolomics market, 2014-2021,($ millions)

6.1.1 U.S Metabolomics market,2014-2021,($millions)

6.1.2 Canada Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2 Europe Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2.1 U.K Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2.2 Germany Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2.3 France Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.1.1 Spain Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.1.2 Italy Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.1.3 others

6.2 Asia Pacific

6.2.1 China Metabolomics market ,2014 -2021,($millions)

6.2.2 India Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2.3 Korea Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2.4 Japan Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2.5 Australia Metabolomics market,2014 -2021,($millions)

6.2.6 Rest of apac

6.3 Rest of the world

7. Company Profiling

7.1 Agilent technologies

7.2 Big medicine INC.

7.3 Biocrates Life Sciences

7.4 Bio-Rad laboratories

7.5 Bruker Corporation

7.6 Chenomx

7.7 Danaher Corporation

7.8 Human Metabolome Technologies, Inc.

7.9 LECO Corporation

7.10 Metabolon, Inc.

7.11 Shimadzu Corporation

7.12 Thermo Fisher Scientific Inc

7.13 OWL

7.14 Takara bio

7.15 Merck

7.16 Waters Corporation

7.17 Cinmet

7.18 Metasysx

7.19 Prometheus metabolomics ltd.

7.20 Ms-Omnics

7.21 Ingenuity systems

7.22 Metanomics heatlth

7.23 Molecular biometrics

7.24 Umetrics

7.25 Unilever

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】メタボロミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月9日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60555
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【キーワード】メタボロミクス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
メタボロミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業用温度制御サービスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用温度制御サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用温度制御サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用温度制御サービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aggreko、Schneider Electric、Thermo Fischer Scientific、Yokogawa等です。
  • 電動リニアアクチュエータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動リニアアクチュエータの世界市場について調査・分析し、電動リニアアクチュエータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動リニアアクチュエータシェア、市場規模推移、市場規模予測、電動リニアアクチュエータ種類別分析(DC、AC)、電動リニアアクチュエータ用途別分析(工業用、医療用、商業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動リニアアクチュエータの市場概観 ・電動リニアアクチュエータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電動リニアアクチュエータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電動リニアアクチュエータの世界市場規模 ・電動リニアアクチュエータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電動リニアアクチュエータのアメリカ市場規模推移 ・電動リニアアクチュエータのカナダ市場規模推移 ・電動リニアアクチュエータのメキシコ市場規模推移 ・電動リニアアクチュエータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電動リニアア …
  • パワーバンクの世界市場
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、パワーバンクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スマートグリッドソリューションの世界市場:先端メータリングインフラ(AMI)、スマートグリッド配電、スマートグリッド通信、グリッド資産管理、地理情報システム、請求・顧客情報システム
    当調査レポートでは、スマートグリッドソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、水素添加炭化水素樹脂の世界市場について調査・分析し、水素添加炭化水素樹脂の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 水素添加炭化水素樹脂の概要 3. 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026 4. 用途別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 5. 需要先産業別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 6. 主要国の水素添加炭化水素樹脂市場予測2016-2026 7. 水素添加炭化水素樹脂市場のSWOT分析2016-2026 8. 専門家の意見 9. 水素添加炭化水素樹脂市場における主要企業2016 10. 結論
  • 高血圧治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高血圧治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプライン分析、高血圧治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 日本のバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016
  • タイプ1リゾホスファチジン酸受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタイプ1リゾホスファチジン酸受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タイプ1リゾホスファチジン酸受容体阻害剤の概要 ・タイプ1リゾホスファチジン酸受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタイプ1リゾホスファチジン酸受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タイプ1リゾホスファチジン酸受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タイプ1リゾホスファチジン酸受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 亜麻仁油の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、亜麻仁油の世界市場について調査・分析し、亜麻仁油の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別亜麻仁油シェア、市場規模推移、市場規模予測、亜麻仁油種類別分析(有機、無機)、亜麻仁油用途別分析(食料品、化粧品、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・亜麻仁油の市場概観 ・亜麻仁油のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・亜麻仁油のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・亜麻仁油の世界市場規模 ・亜麻仁油の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・亜麻仁油のアメリカ市場規模推移 ・亜麻仁油のカナダ市場規模推移 ・亜麻仁油のメキシコ市場規模推移 ・亜麻仁油のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・亜麻仁油のドイツ市場規模推移 ・亜麻仁油のイギリス市場規模推移 ・亜麻仁油のロシア市場規模推移 ・亜麻仁油のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・亜麻仁油の日本市場規模推移 ・亜麻仁油の中国市場規模推移 ・亜麻仁油 …
  • UAEの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • イギリスのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • バインディングマシーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バインディングマシーンの世界市場について調査・分析し、バインディングマシーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バインディングマシーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、バインディングマシーン種類別分析(手動バインディングマシーン、電動バインディングマシーン)、バインディングマシーン用途別分析(オフィス、大量業務、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バインディングマシーンの市場概観 ・バインディングマシーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バインディングマシーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バインディングマシーンの世界市場規模 ・バインディングマシーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バインディングマシーンのアメリカ市場規模推移 ・バインディングマシーンのカナダ市場規模推移 ・バインディングマシーンのメキシコ市場規模推移 ・バインディングマシーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) …
  • 農業経営管理ソフトウェアの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、農業経営管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 雲母の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、雲母の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、雲母市場規模、用途別(エレクトロニクス、塗料・コーティング剤、建設、化粧品、その他)分析、形状種類別(自然、合成)分析、グレード別(粉末、シート、ビルドアップ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Asheville-Schoonmaker Mica Company, Daruka Minerals, Mica Manufacturing, The Premier Mica Company, USAMICAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・雲母の世界市場概要 ・雲母の世界市場環境 ・雲母の世界市場動向 ・雲母の世界市場規模 ・雲母の世界市場:業界構造分析 ・雲母の世界市場:用途別(エレクトロニクス、塗料・コーティング剤、建設、化粧品、その他) ・雲母の世界市場:形状種類別(自然、合成) ・雲母の世界市場:グレード別(粉末、シート、ビルドアップ) ・雲母の世界市場:地域別市場 …
  • 世界及び米国のハイドロジェルドレッシング市場2017-2022
  • インドの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 採掘装置レンタルの世界市場:装置タイプ別(露天採掘装置、地下採掘装置、破砕・粉砕・スクリーニング装置)、用途別(石炭採掘、金属採掘、鉱物採掘)、地域別予測
    本資料は、採掘装置レンタルの世界市場について調べ、採掘装置レンタルの世界規模、市場動向、市場環境、装置タイプ別(露天採掘装置、地下採掘装置、破砕・粉砕・スクリーニング装置)分析、用途別(石炭採掘、金属採掘、鉱物採掘)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・採掘装置レンタルの世界市場概要 ・採掘装置レンタルの世界市場環境 ・採掘装置レンタルの世界市場動向 ・採掘装置レンタルの世界市場規模 ・採掘装置レンタルの世界市場規模:装置タイプ別(露天採掘装置、地下採掘装置、破砕・粉砕・スクリーニング装置) ・採掘装置レンタルの世界市場規模:用途別(石炭採掘、金属採掘、鉱物採掘) ・採掘装置レンタルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・採掘装置レンタルの北米市場規模・予測 ・採掘装置レンタルのアメリカ市場規模・予測 ・採掘装置レンタルのヨーロッパ市場規模・予測 ・採掘装置レンタルのアジア市場規模・予測 ・採掘装置レンタルの日本市場規模・予測 ・採掘装置レンタル …
  • 世界の炭酸ジエチル(DEC)市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸ジエチル(DEC)市場2016について調査・分析し、炭酸ジエチル(DEC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冠動脈ステントの世界市場:製品別(金属ステント、薬剤溶出性ステント、生体吸収性血管ステント)、セグメント予測
    本調査レポートでは、冠動脈ステントの世界市場について調査・分析し、冠動脈ステントの世界市場動向、冠動脈ステントの世界市場規模、市場予測、セグメント別冠動脈ステント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマート・パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・パッケージ市場2015について調査・分析し、スマート・パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 金融部門におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金融部門におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金融部門におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ピーナッツバターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ピーナッツバターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピーナッツバターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マウスダブルマイニュート2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマウスダブルマイニュート2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マウスダブルマイニュート2阻害剤の概要 ・マウスダブルマイニュート2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマウスダブルマイニュート2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マウスダブルマイニュート2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マウスダブルマイニュート2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ブラジルの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 自動車用パワースライドドアシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用パワースライドドアシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワースライドドアシステム市場規模、最終用途別(乗用バン、カーゴバン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場概要 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場環境 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場動向 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場規模 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:最終用途別(乗用バン、カーゴバン) ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワースライドドアシステムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用パワースライドドアシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用パワースライドドアシステムのアジア市場規模・予測 ・自動車用パワースライ …
  • 産業用緊急停止システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用緊急停止システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用緊急停止システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 蛋白質治療の世界市場2017-2021:mAbs、ヒトインスリン、凝固因子、EPO、ヒト成長ホルモン
    当調査レポートでは、蛋白質治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、蛋白質治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場:デバイスタイプ別(光、パワー、RF)、ウェハーサイズ別、用途別(電力駆動、電源・インバータ、RF、照明・レーザー)、産業別(テレコム、消費者、自動車)、地域別予測
    本資料は、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場について調べ、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界規模、市場動向、市場環境、デバイスタイプ別(光、パワー、RF)分析、ウェハーサイズ別分析、用途別(電力駆動、電源・インバータ、RF、照明・レーザー)分析、産業別(テレコム、消費者、自動車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCree、Samsung、Infineon、Qorvo、MACOM、Microsemi Corporation、Analog Devices、Mitsubishi Electric、Efficient Power Conversion、GaN Systems、Exagan、VisIC Technologies、Integra Technologies、Transphorm、Navitas Semiconductor、Nichia、Panasonic、Texas Instruments、Ampleon、Sumitomo Electric、N …
  • 世界の架空ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の架空ケーブル市場2015について調査・分析し、架空ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの血栓管理装置市場(~2021)
  • 量子暗号の世界市場
    当調査レポートでは、量子暗号の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、量子暗号の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカテーテルの世界市場予測(~2024年)
    マイクロカテーテルの世界市場は、2018年の6億8,800万米ドルから2024年には9億2,400万米ドルに達し、この期間中5.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、対象患者群の増加(心血管疾患、神経血管障害、がん)、低侵襲外科手術の採用の増加、およびマイクロカテーテルによる臨床研究の増加が考えられます。一方で、高額な製品価格、不利な課税方針、および貿易障壁により、市場の成長が制限されることが予測されています。当調査レポートでは、マイクロカテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(デリバリー、診断、吸引、操縦可能)分析、デザイン別(シングルルーメン、デュアルルーメン)分析、用途別(心血管、神経血管、末梢血管、腫瘍、泌尿器科)分析、エンドユーザー別(病院、専門クリニック)分析、マイクロカテーテルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トリエチレングリコール(TEG)の世界市場分析:用途別(天然ガス脱水、溶剤、可塑剤、ポリウレタン、保湿剤、ポリエステル樹脂)、セグメント予測
    本調査レポートでは、トリエチレングリコール(TEG)の世界市場について調査・分析し、トリエチレングリコール(TEG)の世界市場動向、トリエチレングリコール(TEG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別トリエチレングリコール(TEG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 腹腔鏡下アブレーションの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、腹腔鏡下アブレーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、腹腔鏡下アブレーション市場規模、技術別(高周波アブレーション、マイクロはアブレーション、冷凍アブレーション、その他)分析、用途別(がん、心臓血管 、 泌尿器、婦人科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場概要 ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場環境 ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場動向 ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場規模 ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場:業界構造分析 ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場:技術別(高周波アブレーション、マイクロはアブレーション、冷凍アブレーション、その他) ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場:用途別(がん、心臓血管 、 泌尿器、婦人科、その他) ・腹腔鏡下アブレーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・腹腔鏡下アブレーションの北米市場規模・予測 ・腹腔鏡下アブレーションの …
  • 音声分析の世界市場分析:展開別(ソリューション、サービス)、企業規模別(中小企業、大企業)、エンドユーザー別(BFSI、通信、IT、小売、ヘルスケア、ホスピタリティ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、音声分析の世界市場について調査・分析し、音声分析の世界市場動向、音声分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別音声分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フィルターの世界市場分析:製品別(流体、ICエンジン、空気)、用途別(自動車、消費者用、公益事業、産業用・製造業)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、フィルターの世界市場について調査・分析し、フィルターの世界市場動向、フィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別フィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:ソフトウェア別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:展開別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:サービス別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • アドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アドレナリン作用取り込み阻害剤の概要 ・アドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアドレナリン作用取り込み阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アドレナリン作用取り込み阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アドレナリン作用取り込み阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場について調査・分析し、商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 商用航空機分解・解体・リサイクル市場の概要 3. 商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場2016-2026 4. 世界の商用航空機分解・解体・リサイクル2次市場予測2016-2026 5. 主要国の商用航空機分解・解体・リサイクル市場予測2016-2026 6. 国別商用航空機分解・解体・リサイクル市場のSWOT分析2016-2026 7. 専門家の意見 8. 商用航空機分解・解体・リサイクル市場における上位12企業 9. 結論および提言 10. 用語集
  • 運動障害(Movement Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における運動障害(Movement Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、運動障害(Movement Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・運動障害(Movement Disorders)の概要 ・運動障害(Movement Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の運動障害(Movement Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・運動障害(Movement Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • MLaaS(クラウド式機械学習サービス)の世界市場予測
    当調査レポートでは、MLaaS(クラウド式機械学習サービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、企業規模別分析、用途別分析、サービス別分析、MLaaS(クラウド式機械学習サービス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の海中ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、中国の海中ポンプ市場2015について調査・分析し、海中ポンプの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒアルロン酸(HA)原材料の世界市場分析:用途別(眼科、整形外科、皮膚科、薬品送達、医療機器コーティング、バイオマテリアル・インプラント、組織保存)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、ヒアルロン酸(HA)原材料の世界市場について調査・分析し、ヒアルロン酸(HA)原材料の世界市場動向、ヒアルロン酸(HA)原材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒアルロン酸(HA)原材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 癌診断の世界市場:種類別(臨床検査、遺伝子検査、画像診断、内視鏡検査)、用途別(乳房、肺、肝臓、頸部、大腸、皮膚)、セグメント予測
    本調査レポートでは、癌診断の世界市場について調査・分析し、癌診断の世界市場動向、癌診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別癌診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 堅牢型サーマルカメラの世界市場
    当調査レポートでは、堅牢型サーマルカメラの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:カメラ種類別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:用途別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:地域別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラのアメリカ市場規模予測 ・堅牢型サーマルカメラのヨーロッパ市場規模予測 ・堅牢型サーマルカメラのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の小売産業における物理セキュリティ市場:EAS(電子商品監視)、ビデオ監視、アクセス制御・侵入者警報システム
    当調査レポートでは、世界の小売産業における物理セキュリティ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の小売産業における物理セキュリティ市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フットウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フットウェアの世界市場について調べ、フットウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フットウェアの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、製品別(非運動用靴、運動用靴)、エンドユーザ別(女性、男性、子供))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフットウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フットウェアの市場状況 ・フットウェアの市場規模 ・フットウェアの市場予測 ・フットウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:製品別(非運動用靴、運動用靴) ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(女性、男性、子供) ・フットウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意 …
  • ポリマー充填剤の世界市場:酸化物、水酸化物、塩類、ケイ酸塩、金属
    当調査レポートでは、ポリマー充填剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Gタンパク質共役受容体119アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGタンパク質共役受容体119アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Gタンパク質共役受容体119アゴニストの概要 ・Gタンパク質共役受容体119アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のGタンパク質共役受容体119アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Gタンパク質共役受容体119アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Gタンパク質共役受容体119アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 坑口装置の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、坑口装置の世界市場について調査・分析し、坑口装置の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・坑口装置の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・坑口装置の世界市場規模:用途別分析 ・坑口装置の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"