"CRISPRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:OCCAM60512)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"CRISPRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Clustered regularly-interspaced short palindromic repeats also known as CRISPR is a gene editing tool. CRIPSR commercialization began in 2012 with emergence of number of startups and venture capitalists and showing their interest in infusing money into this technology. Academic and research firms are the main consumers of CRISPR gene editing tool followed by biotechnology companies. The number of patents for CRISPR is outclassing the patents of other gene editing tools such as ZFN and TALEN. The market is driven by high demand for plasmids, synthetic genes and high quality gene slicing techniques. Growing drug discovery, biotechnology and proteomics markets are also driving the market growth.
The market is This is driven by the fact that CRISPR is a new technology which is simple, more efficient and cost effective as compared to its peers. High adoption both in biotech and pharma industry along with high level of research is also responsible for high growth rate.

The market for CRISPR technology is niche. The number of companies are still very less and most of the companies are start-ups which are going through rounds of funding. Some of the major companies include Editas, Intellia, Sigma Eldrich, Oregene, Gene Script, Thermo Fisher Scientific and others. Most of the companies are working on developing CRISPR products along with the approval and commercialization of such products. These companies have successfully attracted major investments from big VC firms and companies such as Google and DuPont. These companies are relying on the disruptive nature of the technology. CRISPR has the capability to open new markets for gene surgery and genetically modified organisms. However, there are major concerns from the scientific community regarding the misuse of such technology in human cloning. Geographically North America leads the market race followed by Europe and Asia Pacific.

Companies profiled include
1. Thermo Fisher Scientific
2. Editas Medicine
3. Caribou Biosciences
4. CRISPR therapeutics
5. Intellia
6. Cellectis
7. Horizon discovery PLC
8. Sigma Aldrich
9. Precision biosciences
10. GenScript
11. Sangamo Biosciences Inc.
12. Lonza group limited
13. Integrated DNA technologies
14. New England Biolabs
15. Oregene Technologies
16. Transposgen Biopharmaceuticals

This Occams Research report covers
1. Historical data
2. Revenue forecasts, growth rates and CAGR up to 2021
3. Industry Analysis
4. Competitive Analysis
5. Key geographic growth data


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Occams Researchが"CRISPRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Executive Summary
1.1. Estimation Methodology

2. Market Overview
2.1. CRISPR- Introduction
2.2. Value chain analysis
2.3. Key buying criteria
2.4. Research and development
2.4.1. Patent analysis
2.5. CRISPR vs. Conventional gene editing tools
2.5.1. TALEN
2.5.2. ZFN
2.6. CRISPR: Novel initiatives
2.6.1. CRISPR/Cas9 technology
2.6.2. CRISPR as a gene editing tool to treat genetic disorders.
2.6.3. CRISP as a gene editing tool in drug development.
2.7. Strategic Recommendation and conclusion

3. Sector Analysis
3.1. Gene Editing Market

4. Market Determinants
4.1. Drivers
4.1.1. Rise in drug discovery market
4.1.2. Demand for synthetic genes
4.1.3. High prevalence of genetic birth disorders
4.1.4. Age related genetic disorders
4.1.5. Rise in the healthcare research and development budgets
4.1.6. Venture capital
4.2. Restraints
4.2.1. Ethical issues related to misuse of CRISPR gene editing tool
4.2.2 Limited awareness
4.2.3. Limited presence in Emerging markets
4.3. Opportunities
4.3.1 CRISPR gene editing can open the market for gene surgery.
4.3.2. Emerging contract research market in Asia
4.4. Challenges
4.4.1. Patent infringement
4.4.2. Presence of alternative gene editing tools

5. Market Segmentation
5.1. By Application
5.1.1. Genome Editing
5.1.2. Genetic engineering
5.1.3. gRNA Database/Gene Library
5.1.4. CRISPR Plasmid
5.1.5. Human Stem Cells
5.1.6. Genetically modified organisms/crops
5.1.7. Cell line engineering
5.2. By End user
5.2.1. Biotechnology companies
5.2.2. Pharmaceutical companies
5.2.3. Academic Institutes
5.2.4. Research and development institutes
5.3. Competitive Intelligence
5.3.1. Merger and Acquisitions
5.3.2. Innovation
5.3.3. Venture capital funding

6. Geographical Analysis
6.1. North America
6.1.1. United States
6.1.2. Canada
6.2. Europe
6.2.1. United Kingdom
6.2.2. France
6.2.3. Germany
6.2.4. Spain
6.2.5. Italy
6.3. Asia Pacific
6.3.1. China
6.3.2. Japan
6.3.3. India
6.4. Rest of the world

7. Company Profiling
1. Thermo Fisher Scientific
2. Editas Medicine
3. Caribou Biosciences
4. CRISPR therapeutics
5. Intellia
6. Cellectis
7. Horizon discovery PLC
8. Sigma Aldrich
9. Precision biosciences
10. GenScript
11. Sangamo Biosciences Inc.
12. Lonza group limited
13. Integrated DNA technologies
14. New England Biolabs
15. Oregene Technologies
16. Transposgen Biopharmaceuticals

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】CRISPRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
【発行日】2016年4月29日
【調査会社】Occams Research
【コード】OCCAM60512
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ技術
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
CRISPRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電気自動車(EV)用接着剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂種類別(エポキシ、ポリウレタン、シリコーン、アクリル)分析、用途別(外装、内装、パワートレイン)分析、フォーム別(液体、フィルム、テープ)分析、基材別(ポリマー、コンポジット、金属)分析、電気自動車(EV)用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電気自動車(EV)用接着剤の世界市場規模が2019年223百万ドルから2024年2158百万ドルまで年平均57.0%成長すると予測しています。
  • 軍事用射撃統制装置(FCS)の世界市場
    当調査レポートでは、軍事用射撃統制装置(FCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用射撃統制装置(FCS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 除湿機の世界市場:製品別(換気、化学吸収剤)、技術別(収着、再熱)、用途別、セグメント予測
    除湿機の世界市場は2025年には103億2160万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、湿度による食品の傷みを最小限に抑えることを目的とした、ホテル、レストラン、および保冷庫における除湿機の需要増加が考えられます。本調査レポートでは、除湿機の世界市場について調査・分析し、除湿機の世界市場動向、除湿機の世界市場規模、市場予測、セグメント別除湿機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のタブレット用プロセッサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット用プロセッサ市場2015について調査・分析し、タブレット用プロセッサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-1阻害剤の概要 ・インターロイキン-1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用コントロールアームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用コントロールアームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用コントロールアーム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用コントロールアームの世界市場概要 ・自動車用コントロールアームの世界市場環境 ・自動車用コントロールアームの世界市場動向 ・自動車用コントロールアームの世界市場規模 ・自動車用コントロールアームの世界市場:業界構造分析 ・自動車用コントロールアームの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用コントロールアームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用コントロールアームの北米市場規模・予測 ・自動車用コントロールアームのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用コントロールアームのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用コントロールアームの主要国分析 ・自動車用コントロールアームの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用コントロ …
  • 四輪駆動車の世界市場2018-2022
    自動車技術の向上により、よりスマートでインテリジェントな車両の開発がなされています。このような進歩は、自動車の四輪駆動システムにおいても達成されており、全体の乗り心地および安全性が著しく向上しています。自動車の四輪駆動システムの主な利点は、個々の車輪への動力とトルクのより良い分配です。さらに、各車輪へのエンジントルクの伝達は、外乱の影響を最小限に抑え、優れた直線安定性をもたらします。よって、様々な地形における改善された走行ダイナミクス、安定性、およびハンドリングが、四輪駆動車市場の成長を促進する見込みです。 主な分析対象企業は、ZF Friedrichshafen、Magna International、BorgWarner、GKN、LINAMAR、American Axle & Manufacturingなどです。 当調査レポートでは、四輪駆動車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、四輪駆動車市場規模、用途別(SUV/クロスオーバー、ピックアップトラック、セダン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の …
  • プレミアムA2P及びP2Aメッセージングの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、プレミアムA2P及びP2Aメッセージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーション別分析、プラットフォーム別分析、産業別分析、地域別分析、プレミアムA2P及びP2Aメッセージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人造黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人造黒鉛の世界市場について調査・分析し、人造黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人造黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、人造黒鉛種類別分析()、人造黒鉛用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人造黒鉛の市場概観 ・人造黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人造黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人造黒鉛の世界市場規模 ・人造黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人造黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・人造黒鉛のカナダ市場規模推移 ・人造黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・人造黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人造黒鉛のドイツ市場規模推移 ・人造黒鉛のイギリス市場規模推移 ・人造黒鉛のロシア市場規模推移 ・人造黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・人造黒鉛の日本市場規模推移 ・人造黒鉛の中国市場規模推移 ・人造黒鉛の韓国市場規模推移 ・人造黒鉛のインド市 …
  • 世界のDVD-R市場2015
    本調査レポートでは、世界のDVD-R市場2015について調査・分析し、DVD-Rの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別
    MarketsandMarkets社は、装飾用コーティング剤の世界市場規模が2019年670億ドルから2024年824億ドルまで年平均4.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の装飾用コーティング剤市場を広く調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、ポリウレタン樹脂、その他)分析、技術別(水系塗料、溶剤系塗料、粉体塗料)分析、コーティング種類別(インテリア、エクステリア、その他)分析、ユーザー種類別(DIY、プロ)分析、製品別(エマルジョン、ウッドコーティング、エナメル、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、ポリウレタン樹脂、その他) ・世界の装飾用コーティング剤市場:技術別(水系塗料、溶剤系塗料、粉体塗料) ・世界の装飾用コーティング剤市場:コーティング種類別(インテリア、エクステリア、その他) ・世界の装飾用コーティン …
  • ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場分析:製品別(スパンバウンド、ステープル、メルトブローン、コンポジット)、用途別(衛生、産業、医療、ジオテキスタイル、家具、カーペット、農業)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場について調査・分析し、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場動向、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリプロピレン(PP)不織布市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 細菌性膣症(Bacterial Vaginosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における細菌性膣症(Bacterial Vaginosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、細菌性膣症(Bacterial Vaginosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・細菌性膣症(Bacterial Vaginosis)の概要 ・細菌性膣症(Bacterial Vaginosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の細菌性膣症(Bacterial Vaginosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・細菌性膣症(Bacterial Vaginosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • オートバイ用ブレーキ・バイ・ワイヤ(BBW)システムの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用ブレーキ・バイ・ワイヤ(BBW)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用ブレーキ・バイ・ワイヤ(BBW)システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 赤痢菌感染症(赤痢)(Shigella Infections (Shigellosis)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における赤痢菌感染症(赤痢)(Shigella Infections (Shigellosis))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、赤痢菌感染症(赤痢)(Shigella Infections (Shigellosis))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・赤痢菌感染症(赤痢)(Shigella Infections (Shigellosis))の概要 ・赤痢菌感染症(赤痢)(Shigella Infections (Shigellosis))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の赤痢菌感染症(赤痢)(Shigella Infections (Shigellosis))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 世界のスマート・ロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・ロボット市場2015について調査・分析し、スマート・ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックコーティングの世界市場:窒化物コーティング、酸化物コーティング、炭化物コーティング
  • 南アフリカの整形外科装置市場見通し
  • 北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)
    MarketsandMarkets社は、核医学/放射性医薬品の北米市場規模が2019年22億ドルから2024年27億ドルまで年平均4.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、北米の核医学/放射性医薬品市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(診断核医学、治療核医学)分析、用途別(診断用途、治療用途)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断核医学、治療核医学) ・北米の核医学/放射性医薬品市場:用途別(診断用途、治療用途) ・北米の核医学/放射性医薬品市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 粒径分析の世界市場:レーザー回折、DLS(動的光散乱)、撮像(動的、静的)、コールター原理、NTA(ナノ粒子追尾解析)
    当調査レポートでは、粒径分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国のオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • UAEの整形外科装置市場見通し
  • POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、POC(ポイントオブケア)血液凝固検査市場規模、最終用途別(病院・クリニック、在宅医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場概要 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場環境 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場動向 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場規模 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場:業界構造分析 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場:最終用途別(病院・クリニック、在宅医療) ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査のアメリカ市場規模・予測 ・POC(ポイントオブケア)血液凝固検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・POC(ポイントオブケア …
  • 貿易金融の世界市場:製品種類別(サプライチェーンファイナンス、輸出&機関ファイナンス)、サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関、その他)、エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、貿易業者)
    本調査レポートでは、貿易金融の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(サプライチェーンファイナンス、輸出&機関ファイナンス)分析、サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関、その他)分析、エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、貿易業者)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・貿易金融の世界市場:製品種類別(サプライチェーンファイナンス、輸出&機関ファイナンス) ・貿易金融の世界市場:サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関、その他) ・貿易金融の世界市場:エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、貿易業者) ・貿易金融の世界市場:地域別 ・企業概要
  • パーソナルケア成分素材の世界市場:界面活性剤、調整剤、柔軟剤、制御剤、乳化剤
    当調査レポートでは、パーソナルケア成分素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア成分素材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エアゾールバルブの世界市場分析:製品別(定量弁、絞り弁)、用途別(パーソナルケア、家庭用、自動車・産業、食品、塗料、医療)、セグメント予測 2022
    本調査レポートでは、エアゾールバルブの世界市場について調査・分析し、エアゾールバルブの世界市場動向、エアゾールバルブの世界市場規模、市場予測、セグメント別エアゾールバルブ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場規模が2017年8028億ドルから2026年1兆5009億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器市場規模、デバイス種類別(パソコン、家庭用ビデオエンターテイメント機器、モバイルデバイス、家庭用機器)分析、用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:市場動向分析 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:競争要因分析 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:デバイス種類別(パソコン、家庭用ビデオエンターテイメント機器、モバイルデバイス、家庭用機器) ・ インテリ …
  • オーバーザトップのインドネシア市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、デバイスタイプ別(スマートフォン、スマートテレビ、ラップトップ、デスクトップおよびタブレット、ゲームコンソール)、コンテンツタイプ別(ビデオ、オーディオ/ VoIP、ゲーム、通信など)、収益 モデル別(サブスクリプション、広告、ハイブリッド、その他)、ユーザータイプ別(個人、商用)、エンドユーザー別(メディアおよびエンターテイメント、教育およびトレーニング、健康およびフィットネス、ITおよびテレコム、電子商取引)
  • PID制御器の世界市場2017-2021:PID温度制御器、PID運動量制御器、PID流量制御器、PID圧力制御器
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、PID制御器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PID制御器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はPID制御器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はABB、Eurotherm、Gefran、OMRON、Wachendorff Automation等です。
  • 病巣キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における病巣キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・病巣キナーゼ阻害剤の概要 ・病巣キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の病巣キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・病巣キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・病巣キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 種子の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、種子の世界市場について調査・分析し、種子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・種子の世界市場:市場動向分析 ・種子の世界市場:競争要因分析 ・種子の世界市場:製品別分析/市場規模 ・種子の世界市場:バイオテクノロジー形質別分析/市場規模 ・種子の世界市場:地域別分析/市場規模 ・種子の北米市場規模 ・種子の欧州市場規模 ・種子のアジア市場規模 ・種子の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(NovaSeq、NextSeq、Sequel、ナノポア)分析、消耗品・バイオインフォマティクス・サービス別(エクソーム、RNA、DeNovo)分析、技術別(イオン、SMRT)分析、用途別(診断、がん)分析、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシプロフロキサシンHCL市場2015
    本調査レポートでは、世界のシプロフロキサシンHCL市場2015について調査・分析し、シプロフロキサシンHCLの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフクリーニングガラスの世界市場:コーティングタイプ別(親水性、疎水性)、用途別(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車)、地域別予測
    本資料は、セルフクリーニングガラスの世界市場について調べ、セルフクリーニングガラスの世界規模、市場動向、市場環境、コーティングタイプ別(親水性、疎水性)分析、用途別(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セルフクリーニングガラスの世界市場概要 ・セルフクリーニングガラスの世界市場環境 ・セルフクリーニングガラスの世界市場動向 ・セルフクリーニングガラスの世界市場規模 ・セルフクリーニングガラスの世界市場規模:コーティングタイプ別(親水性、疎水性) ・セルフクリーニングガラスの世界市場規模:用途別(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車) ・セルフクリーニングガラスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セルフクリーニングガラスの北米市場規模・予測 ・セルフクリーニングガラスのアメリカ市場規模・予測 ・セルフクリーニングガラスのヨーロッパ市場規模・予測 ・セルフクリーニングガラスのアジア市場規模・ …
  • 半導体製造装置の世界市場予測(~2023年):フロントエンド装置、バックエンド装置
    当調査レポートでは、半導体製造装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、フロントエンド装置別分析、バックエンド装置別分析、地域別分析、半導体製造装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アセチレンガスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アセチレンガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アセチレンガスの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 痙縮(Spasticity):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、痙縮(Spasticity)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・痙縮(Spasticity):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・痙縮(Spasticity)のフェーズ3治験薬の状況 ・痙縮(Spasticity)治療薬の市場規模(販売予測) ・痙縮(Spasticity)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・痙縮(Spasticity)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の痙縮(Spasticity)治療薬剤
  • 親水性塗料の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、親水性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、基材別分析、需要先別分析、地域別分析、親水性塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のガスセンサー市場2016
    本調査レポートでは、世界のガスセンサー市場2016について調査・分析し、ガスセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の核磁気共鳴(NMR)分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界の核磁気共鳴(NMR)分光計市場2015について調査・分析し、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場について調査・分析し、ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場:市場動向分析 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場:競争要因分析 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の北米市場規模・分析 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実の欧州市場・分析 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現実のアジア市場・分析 ・ヘルスケアにおける拡張現実および仮想現 …
  • 光ファイバの世界市場分析:タイプ別(シングルモード、マルチモード、プラスチック光ファイバ)、用途別(通信、石油・ガス、軍事航空、BFSI、医療、鉄道)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、光ファイバの世界市場について調査・分析し、光ファイバの世界市場動向、光ファイバの世界市場規模、市場予測、セグメント別光ファイバ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Eディスカバリの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、Eディスカバリの世界市場について調査・分析し、Eディスカバリの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・Eディスカバリの世界市場規模:展開別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:サービス別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:ソリューション別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 使い捨て箸の世界市場分析:製品別(ポプラ、竹)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、使い捨て箸の世界市場について調査・分析し、使い捨て箸の世界市場動向、使い捨て箸の世界市場規模、市場予測、セグメント別使い捨て箸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤の概要 ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のコレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Merchant Research & Consulting 調査レポート一覧
  • 物理セキュリティの世界市場2014–2025:構成要素別、ハードウェア別、サービス別、エンドユーズ別(電力、ユーティリティ、小売、商業)
    本調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、物理セキュリティの世界市場動向、物理セキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別物理セキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブラスロッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブラスロッドの世界市場について調査・分析し、ブラスロッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブラスロッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブラスロッド種類別分析(従来型、特別型)、ブラスロッド用途別分析(機械、自動車、電気、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブラスロッドの市場概観 ・ブラスロッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブラスロッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブラスロッドの世界市場規模 ・ブラスロッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブラスロッドのアメリカ市場規模推移 ・ブラスロッドのカナダ市場規模推移 ・ブラスロッドのメキシコ市場規模推移 ・ブラスロッドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブラスロッドのドイツ市場規模推移 ・ブラスロッドのイギリス市場規模推移 ・ブラスロッドのロシア市場規模推移 ・ブラスロッドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • クラウドストレージの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、クラウドストレージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドストレージ市場規模、導入種類別(ハイブリッドクラウド、プライベートクラウド、パブリッククラウド)分析、企業規模別(中小企業、大企業)分析、種類別(サービス、ソリューション)分析、エンドユーザー別(IT・通信、研究・教育、メディア・エンターテイメント、製造、医療・生命科学、エネルギー・ユーティリティ、政府・民間部門、消費財・小売、BFSI、旅行・サービス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ クラウドストレージの世界市場:市場動向分析 ・ クラウドストレージの世界市場:競争要因分析 ・ クラウドストレージの世界市場:導入種類別(ハイブリッドクラウド、プライベートクラウド、パブリッククラウド) ・ クラウドストレージの世界市場:企業規模別(中小企業、大企業) ・ クラウドストレージの世界市場:種類別(サービス、ソリューション) ・ クラウドストレー …
  • 日本のパルスオキシメトリ市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、日本のパルスオキシメトリ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日本のパルスオキシメトリ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は日本のパルスオキシメトリ市場が2017-2021年期間中に年平均5.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Koninklijke Philips、Medtronic、NIHON KOHDEN等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"