"プロバイオティクス飲料の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10563)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"プロバイオティクス飲料の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Probiotics
Probiotics are microorganisms, which on consumption, exert a positive effect on the health of human beings and animals. Probiotics have been generating interest among many since the 1990s. Doctors today often prescribe probiotics to combat issues like digestive problems, bowel irregularities, and weak immune system. The most common types of microbes used at a commercial level in products and applications in the market are lactic acid bacteria (LAB) and bifidobacteria.

Technavio’s analysts forecast the global probiotic drinks market to grow at a CAGR of 7.01% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global probiotic drinks market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from retail sales of probiotic drinks.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• Europe
• MEA

Technavio’s report, Global Probiotic Drinks Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Bio-K Plus International
• Danone
• GoodBelly
• KeVita
• Nestlé
• Yakult

[Other prominent vendors]
• Amul
• Bright Dairy
• Grupo Lala
• Lifeway

[Market driver]
• Increasing awareness among consumers in developing countries
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Lack of standardization in government guidelines
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Prominence of probiotic drinks in weight management
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"プロバイオティクス飲料の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Global probiotic drinks market
• Five forces analysis

PART 06: Segmentation by product type
• Global probiotic drinks market by product type
• Global probiotic dairy drinks market
• Global probiotic juice drinks market

PART 07: Geographical segmentation
• Global probiotic drinks market by geography
• Probiotic drinks market in APAC
• Probiotic drinks market in Europe
• Probiotic drinks market in Americas
• Probiotic drinks market in MEA

PART 08: Key leading countries

PART 09: Market segmentation by distribution channel

PART 10: Market drivers

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitor landscape
• Competitive positioning assessment for probiotic drinks players
• Bio-K Plus International
• Danone
• GoodBelly
• KeVita
• Nestlé
• Yakult
• Other prominent vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Global probiotic drinks market by product segmentation
Exhibit 02: Key countries in each region
Exhibit 03: Global probiotic drinks market by distribution channel
Exhibit 04: Product offerings
Exhibit 05: Probiotic drinks as a product type in global functional drinks market in 2015
Exhibit 06: Global probiotic drinks market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 07: Five forces analysis
Exhibit 08: Global probiotic drinks market by product type 2015 (% revenue)
Exhibit 09: Global probiotic drinks market by product type 2020 (% revenue)
Exhibit 10: Global probiotic dairy drinks market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 11: Global probiotic juice drinks market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Attributes associated with probiotics
Exhibit 13: Global probiotic drinks market by geography 2015 and 2020 (% revenue)
Exhibit 14: Comparison of CAGR and revenue for different geographies
Exhibit 15: Probiotic drinks market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Probiotic drinks market in Europe 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Probiotic drinks market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Probiotic drinks market in MEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Demographic and economic indicators in Japan 2012-2016
Exhibit 20: Demographic and economic indicators in China 2012-2016
Exhibit 21: Demographic and economic indicators in India 2012-2015
Exhibit 22: Demographic and economic indicators in US 2012-2016
Exhibit 23: Demographic and economic indicators in Germany 2012-2016
Exhibit 24: Global probiotic drinks market by distribution channel 2015
Exhibit 25: Global lactose-intolerant population 2007-2015
Exhibit 26: Average annual old population growth rate 1950-2030 (%)
Exhibit 27: Impact of drivers
Exhibit 28: Impact of drivers and challenges
Exhibit 29: Key vendors
Exhibit 30: Competitive positioning matrix for probiotic drinks players in 2015
Exhibit 31: Bio-K Plus International: Product segmentation in global probiotic drinks market
Exhibit 32: Bio-K Plus International: Strength and weakness
Exhibit 33: Danone: Business and geographical segmentation by revenue in 2015
Exhibit 34: Danone: Product segmentation in global probiotic drinks market
Exhibit 35: Danone: Strength and weakness
Exhibit 36: Recent developments
Exhibit 37: GoodBelly: Product segmentation in global probiotic drinks market
Exhibit 38: GoodBelly: Strength and weakness
Exhibit 39: KeVita: Product segment in global probiotic drinks market
Exhibit 40: KeVita: Strength and weakness
Exhibit 41: Nestlé: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 42: Nestlé: Product segmentation in global probiotic drinks market
Exhibit 43: Nestlé: Strength and weakness
Exhibit 44: Recent developments
Exhibit 45: Yakult: Business and geographical segmentation by revenue in 2015
Exhibit 46: Yakult: Product segmentation in global probiotic drinks market

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】プロバイオティクス飲料の世界市場2016-2020
【発行日】2016年9月30日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10563
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】飲料
【キーワード】プロバイオティクス飲料、プロバイオティクス、善玉菌、乳製品、ジュース
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
プロバイオティクス飲料の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 血友病の世界市場:疫学予測
  • 硝子液タンポナーデの世界市場
    当調査レポートでは、硝子液タンポナーデの世界市場について調査・分析し、硝子液タンポナーデの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • eスポーツの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、eスポーツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、eスポーツの世界市場規模及び予測、ゲームジャンル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの装具市場動向(~2021)
  • 世界の抗真菌薬市場規模・予測2017-2025:薬剤クラス別(エキノカンジン、アゾール、ポリエン、アリルアミン)、適応別(アスペルギルス症、カンジダ症、皮膚糸状菌症)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の抗真菌薬市場について調査・分析し、世界の抗真菌薬市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の抗真菌薬関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場:種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)、地域別予測
    本資料は、放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場について調べ、放電加工(EDM)用グラファイトの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)分析、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPoco Graphite、 Tokai Carbon、SGL Group、 Mersen、 GTD Graphit Technologie GmbH、 IBIDEN Fine Graphite Material、 Novotecなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場概要 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場環境 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場動向 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模: …
  • 繊維薬品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、繊維薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、繊維薬品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル機器用接着剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウェアラブル機器用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブル機器用接着剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子廃棄物管理の世界市場:処理材料別(金属、プラスチック、ガラス)、発生源別(産業、消費者)、用途別(廃棄、再利用)、セグメント予測
    電子廃棄物管理の世界市場は2025年には6370万5000米ドルに達すると予測されています。開発途上国における可処分所得の増加と、高度なガジェットに対する消費者の選好の高まりにより、電子機器の販売が著しくなり、この市場の成長が促されると考えられています。本調査レポートでは、電子廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、電子廃棄物管理の世界市場動向、電子廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別電子廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用内装材の世界市場2014–2025:製品別(本皮、複合材料、プラスチック、メタル、生地(ファブリック))、用途別(ダッシュボード、座席、エアバッグ・シートベルト、ドアパネル・トリム、カーペット・ヘッドライナー)、地域別
    本調査レポートでは、自動車用内装材の世界市場について調査・分析し、自動車用内装材の世界市場動向、自動車用内装材の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用内装材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のメラミンフォーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のメラミンフォーム市場2015について調査・分析し、メラミンフォームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼内レンズの世界市場
    当調査レポートでは、眼内レンズの世界市場について調査・分析し、眼内レンズの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 眼内レンズの世界市場:市場動向分析 - 眼内レンズの世界市場:競争要因分析 - 眼内レンズの世界市場:エンドユーザー別 ・病院 ・外来外科センター(ASCs) ・眼科のクリニック ・眼科研究機関 - 眼内レンズの世界市場:種類別 ・高品質な眼内レンズ ・単焦点眼内レンズ - 眼内レンズの世界市場:主要地域別分析 - 眼内レンズの北米市場規模(アメリカ市場等) - 眼内レンズのヨーロッパ市場規模 - 眼内レンズのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・眼内レンズの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 通気性フィルムの世界市場分析:原材料別(ポリエステル、ポリエチレン、ポリプロピレン)、製品別(微孔質、微小空孔、非多孔質)、用途別(衛生、医療、建築・建設、工業用防護服、梱包、スポーツウェア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、通気性フィルムの世界市場について調査・分析し、通気性フィルムの世界市場動向、通気性フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別通気性フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 液体用板紙の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、液体用板紙の世界市場について調べ、液体用板紙の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、液体用板紙の市場規模をセグメンテーション別(用途別(乳製品、ジュース製品、その他の飲料)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は液体用板紙の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・液体用板紙の市場状況 ・液体用板紙の市場規模 ・液体用板紙の市場予測 ・液体用板紙の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(乳製品、ジュース製品、その他の飲料) ・液体用板紙の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 5Gサービスの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、5Gサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、産業(スマートシティ、コネクテッドビークル、コネクテッドファクトリー、スマートビルディング、スマートユーティリティ、コネクテッドヘルスケア、ブロードバンドサービス)分析、用途(eMBB、MMTC・URLLC、FWA)分析、5Gサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の冠動脈ステント市場2016
    本調査レポートでは、世界の冠動脈ステント市場2016について調査・分析し、冠動脈ステントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトリクロロメタン市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリクロロメタン市場2015について調査・分析し、トリクロロメタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • システムインテグレーターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、システムインテグレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、サービス別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、システムインテグレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブライダルウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ブライダルウェアの世界市場について調べ、ブライダルウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ブライダルウェアの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はブライダルウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ブライダルウェアの市場状況 ・ブライダルウェアの市場規模 ・ブライダルウェアの市場予測 ・ブライダルウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ブライダルウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ハンドリング・吊り上げ装置の世界市場:クレーン、フォークリフト、コンベアベルト、ホイスト
    当調査レポートでは、ハンドリング・吊り上げ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンドリング・吊り上げ装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電磁環境適合性(EMC)試験装置市場規模、エンドユーザー別(自動車、家電エレクトロニクス、電気通信、航空宇宙・防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場概要 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場環境 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場動向 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場規模 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場:業界構造分析 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場:エンドユーザー別(自動車、家電エレクトロニクス、電気通信、航空宇宙・防衛、その他) ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置の北米市場規模・予測 ・電磁環境適合性(EMC)試験装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • 糖尿病治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、糖尿病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、糖尿病治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの風力発電市場2016
  • マンガン鉱業の世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「マンガン鉱業の世界市場2020-2024」は、マンガン鉱業について市場概要、市場規模、用途別(合金、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・マンガン鉱業の世界市場:用途別(合金、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の自動車用コントロールアーム市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用コントロールアーム市場2015について調査・分析し、自動車用コントロールアームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性添加物の世界市場2017-2021:脱酸素剤、UV安定剤、帯電防止剤、抗菌剤、清澄剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、機能性添加物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性添加物の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は機能性添加物の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、ALTANA、BASF、Clariant、Solvay等です。
  • 補完代替医療の世界市場:介入別(植物、鍼、心、身体、ヨガ)、流通別(直接接触、e-トレーニング)
    本調査レポートでは、補完代替医療の世界市場について調査・分析し、補完代替医療の世界市場動向、補完代替医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別補完代替医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 粗ト—ル油の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、粗ト—ル油の世界市場について調査・分析し、粗ト—ル油の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別粗ト—ル油シェア、市場規模推移、市場規模予測、粗ト—ル油種類別分析(ChTO、CTO Iクラス)、粗ト—ル油用途別分析(金属加工作業、鉱業における浮揚用、環境配慮型燃料の一部である腐食抑制剤の獲得のため、掘削流体生産、圧延用金属加工液生産、コンクリート製品産業用液体分離)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・粗ト—ル油の市場概観 ・粗ト—ル油のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・粗ト—ル油のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・粗ト—ル油の世界市場規模 ・粗ト—ル油の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・粗ト—ル油のアメリカ市場規模推移 ・粗ト—ル油のカナダ市場規模推移 ・粗ト—ル油のメキシコ市場規模推移 ・粗ト—ル油のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・粗ト—ル油のドイツ市場規模推移 ・粗ト—ル油のイギリス市場規模推移 ・粗 …
  • 天井仕上材の世界市場
    当調査レポートでは、天井仕上材の世界市場について調査・分析し、天井仕上材の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 神経栄養因子モジュレーターのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における神経栄養因子モジュレーターのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経栄養因子モジュレーターの概要 ・神経栄養因子モジュレーターのパイプライン概要 ・企業別開発中の神経栄養因子モジュレーター ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経栄養因子モジュレーターの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・神経栄養因子モジュレーター開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 樹脂カプセルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、樹脂カプセルの世界市場について調査・分析し、樹脂カプセルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 樹脂カプセルの世界市場:市場動向分析 - 樹脂カプセルの世界市場:競争要因分析 - 樹脂カプセルの世界市場:樹脂タイプ別 ・エポキシ ・アクリル ・ポリエステル ・その他 - 樹脂カプセルの世界市場:触媒タイプ別 ・油性 ・水性 ・有機過酸化物 - 樹脂カプセルの世界市場:エンドユーザー別 ・製造 ・鉱業 ・建設 ・その他 - 樹脂カプセルの世界市場:主要地域別分析 - 樹脂カプセルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 樹脂カプセルのヨーロッパ市場規模 - 樹脂カプセルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・樹脂カプセルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、企業規模別分析、応用分野別分析、地域別分析、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物性飲料の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、植物性飲料の世界市場について調べ、植物性飲料の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、植物性飲料の市場規模をセグメンテーション別(由来別(アーモンド、大豆、ココナッツ、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は植物性飲料の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・植物性飲料の市場状況 ・植物性飲料の市場規模 ・植物性飲料の市場予測 ・植物性飲料の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:由来別(アーモンド、大豆、ココナッツ、その他) ・植物性飲料の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • D3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD3アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 人工知能(AI)認定コースの世界市場2017-2021:ブレンド型学習、オンライン学習
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、人工知能(AI)認定コースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、人工知能(AI)認定コースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は人工知能(AI)認定コースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均34.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCoursera、edX、EIT、Udacity等です。
  • 世界のスーパーキャパシタバッテリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のスーパーキャパシタバッテリー市場2015について調査・分析し、スーパーキャパシタバッテリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 三相UPS装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、三相UPS装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、三相UPS装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデュアルリレーボード市場2015
    本調査レポートでは、世界のデュアルリレーボード市場2015について調査・分析し、デュアルリレーボードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)の概要 ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 自動車用スモークフィルムの世界市場2014-2025:用途別(窓、フロントガラス)、車両タイプ別(乗用車、軽商用車、大型商用車)
    本調査レポートでは、自動車用スモークフィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用スモークフィルムの世界市場動向、自動車用スモークフィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用スモークフィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PINフォトダイオードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PINフォトダイオードの世界市場について調査・分析し、PINフォトダイオードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PINフォトダイオードシェア、市場規模推移、市場規模予測、PINフォトダイオード種類別分析(シリコン、InGaAs 、その他)、PINフォトダイオード用途別分析(航空宇宙・防衛、家電、自動車、医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PINフォトダイオードの市場概観 ・PINフォトダイオードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PINフォトダイオードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PINフォトダイオードの世界市場規模 ・PINフォトダイオードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PINフォトダイオードのアメリカ市場規模推移 ・PINフォトダイオードのカナダ市場規模推移 ・PINフォトダイオードのメキシコ市場規模推移 ・PINフォトダイオードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PIN …
  • メチオニンの世界市場2017-2021:動物飼料、食品・栄養補助食品、医薬品
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、メチオニンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メチオニンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメチオニンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、China National BlueStar、CJ CheilJedang、Evonik Industries、Sumitomo Chemical、TOKYO CHEMICAL INDUSTRY等です。
  • 神経学診断装置の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • モーター及びドライブサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モーター及びドライブサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モーター及びドライブサービスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中電圧モーターコントロールセンターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、中電圧モーターコントロールセンターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中電圧モーターコントロールセンター市場規模、製品別(インテリジェント型、従来型)分析、最終用途別(石油・ガス、金属・鉱業、ユーティリティ、化学・石油化学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場概要 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場環境 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場動向 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場規模 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:業界構造分析 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:製品別(インテリジェント型、従来型) ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:最終用途別(石油・ガス、金属・鉱業、ユーティリティ、化学・石油化学、その他) ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 臭素・臭素誘導体の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、臭素・臭素誘導体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臭素・臭素誘導体市場規模、用途別(難燃剤、掘削液、水処理、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Albemarle Corporation, Gulf Resources, ICL, LANXESS, TETRA Technologies, Tosoh Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・臭素・臭素誘導体の世界市場概要 ・臭素・臭素誘導体の世界市場環境 ・臭素・臭素誘導体の世界市場動向 ・臭素・臭素誘導体の世界市場規模 ・臭素・臭素誘導体の世界市場:業界構造分析 ・臭素・臭素誘導体の世界市場:用途別(難燃剤、掘削液、水処理、農業、その他) ・臭素・臭素誘導体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・臭素・臭素誘導体の北米市場規模・予測 ・臭素・臭素誘導体のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・臭素・臭素誘導体のアジア太平洋市場規 …
  • 世界の電磁放射線検出器市場2016
    本調査レポートでは、世界の電磁放射線検出器市場2016について調査・分析し、電磁放射線検出器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 全般性不安障害(General Anxiety Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全般性不安障害(General Anxiety Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の概要 ・全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全般性不安障害(General Anxiety Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全般性不安障害(General Anxiety …
  • 脳症治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、脳症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳症治療市場規模、種類別(肝性脳症、糖尿病性脳症、感染性脳症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳症治療の世界市場概要 ・脳症治療の世界市場環境 ・脳症治療の世界市場動向 ・脳症治療の世界市場規模 ・脳症治療の世界市場:業界構造分析 ・脳症治療の世界市場:種類別(肝性脳症、糖尿病性脳症、感染性脳症、その他) ・脳症治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳症治療の北米市場規模・予測 ・脳症治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・脳症治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・脳症治療の主要国分析 ・脳症治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・脳症治療の世界市場:成長要因、課題 ・脳症治療の世界市場:競争環境 ・脳症治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 航空機シート用装飾材料の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機シート用装飾材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(レザー、ビニール、布)分析、シートカバー種類別(ヘッドレスト、アームレスト)分析、シート種類別(ファースト、ビジネス、プレミアム、エコノミー)分析、航空機種類別(コマーシャル、ビジネスジェット、ヘリコプター)分析、航空機シート用装飾材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機シート用装飾材料の世界市場規模が2019年12億ドルから2025年18億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"