"帯電防止パッケージングの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10578)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"帯電防止パッケージングの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Anti-Static Packaging
Anti-static packaging is used for devices or products that can be damaged by ESD. It is specially meant for devices that are prone to triboelectric charging. Triboelectric charging occurs due to friction between two material surfaces. The intensity of electrical charge depends on various factors such as surface roughness, strain, temperature, and other properties of the materials. There are various types of ESD protective materials as listed below:

Technavio’s analysts forecast the global anti-static packaging market to grow at a CAGR of 8.47% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of global anti-static packaging market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the major drivers that influence the growth of the global anti-static packaging market.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Anti-Static Packaging Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• 3M
• BASF
• Dow Chemical

[Other prominent vendors]
• DaklaPack
• Desco Industries
• Dou Yee
• GWP
• Kao-Chia Plastics
• Miller Supply
• Polyplus Packaging
• TIP
• Uline

[Market driver]
• Growing global demand for smartphones and smart devices
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• High dependency on electronics industry
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Growth of IoT and smart cities
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"帯電防止パッケージングの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by end-user
• Global anti-static packaging market by end-user
• Global anti-static packaging market by communication network infrastructure
• Global anti-static packaging market by consumer electronics industry
• Global anti-static packaging market by computer peripherals
• Global anti-static packaging market by aerospace and defense industry
• Global anti-static packaging market by healthcare and instrumentation industry
• Global anti-static packaging market by automotive industry
• Global anti-static packaging market by other industries

PART 07: Geographical segmentation
• Global anti-static packaging market by geography
• Anti-static packaging market in APAC
• Anti-static packaging market in Americas
• Anti-static packaging market in EMEA

PART 08: Key leading countries

PART 09: Market drivers

PART 10: Impact of drivers

PART 11: Market challenges

PART 12: Impact of drivers and challenges

PART 13: Market trends

PART 14: Vendor landscape
• Competitive Scenario
• 3M
• BASF
• Dow Chemical
• Other prominent vendors

PART 15: Appendix
• List of abbreviations

PART 16: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Countries covered in different geographies
Exhibit 02: Various type of ESD protective materials
Exhibit 03: Material type
Exhibit 04: Property/Function
Exhibit 05: Conductive materials
Exhibit 06: Resistance range 1K ohm – 1M ohm
Exhibit 07: Dissipative materials
Exhibit 08: Resistance range 1M ohm – 1T ohm
Exhibit 09: Shielding materials
Exhibit 10: These materials attenuate electric fields and current
Exhibit 11: Anti-static materials
Exhibit 12: These materials prevent triboelectric effects, thus limiting charge build-up
Exhibit 13: Typical anti-static agents
Exhibit 14: Anti-static agents functioning
Exhibit 15: Global anti-static packaging market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Various PCB products and their market share 2015
Exhibit 17: Various types of anti-static packaging products
Exhibit 18: Five forces analysis
Exhibit 19: Growth rate of anti-static packaging market by end-user 2016-2020
Exhibit 20: Percentage share of various end-users in anti-static packaging market 2015-2020 (% revenue)
Exhibit 21: Global anti-static packaging market in communication network infrastructure 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 22: Global anti-static packaging market in consumer electronics industry 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 23: Global anti-static packaging market in computer peripherals 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 24: Global anti-static packaging market in aerospace and defense industry 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 25: Global anti-static packaging market in healthcare and instrumentation industry 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 26: Global anti-static packaging market in automotive industry 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 27: Global anti-static packaging market in other industries 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 28: Growth rate of anti-static packaging market by geography 2016-2020
Exhibit 29: Percentage share of various geographies in anti-static packaging market 2015-2020 (% revenue)
Exhibit 30: Anti-static packaging market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 31: Global production capacity of integrated circuit wafers by country 2015
Exhibit 32: Anti-static packaging market in Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 33: Anti-static packaging market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Anti-static packaging market in China: PEST analysis
Exhibit 36: Anti-static packaging market in India: PEST analysis
Exhibit 37: Anti-static packaging market in Japan: PEST analysis
Exhibit 38: Anti-static packaging market in US: PEST analysis
Exhibit 39: Some unique characteristics of anti-static packaging
Exhibit 40: Global MEMS market 2015-2020 ($ billion)
Exhibit 41: Global smartphone sales 2007-2015 (million units)
Exhibit 42: Impact of drivers
Exhibit 43: Global semiconductor capital equipment market by geography 2014 and 2015 ($ billion)
Exhibit 44: China’s relative revenue exposure of various sectors (% share of global market)
Exhibit 45: Impact of drivers and challenges
Exhibit 46: Global car shipments 2015-2020 (shipment growth %)
Exhibit 47: Internet of Things estimated market during forecast period ($ billions)
Exhibit 48:M: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 49:M: Geographical segmentation by revenue 2015
Exhibit 50: BASF: Business segmentation by revenue 2014
Exhibit 51: BASF: Geographical segmentation by revenue 2014
Exhibit 52: Dow Chemical: Business segmentation by revenue 2014
Exhibit 53: Dow Chemical: Geographical segmentation by revenue 2014

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】帯電防止パッケージングの世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月4日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10578
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】包装
【キーワード】帯電防止パッケージング、帯電防止包装、静電気防止
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
帯電防止パッケージングの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヘアーエクステンション市場2015
    本調査レポートでは、世界のヘアーエクステンション市場2015について調査・分析し、ヘアーエクステンションの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • UAVドローンの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、UAVドローンの世界市場について調査・分析し、UAVドローンの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・UAVドローンの世界市場規模:ペイロード別分析 ・UAVドローンの世界市場規模:製品種類別分析 ・UAVドローンの世界市場規模:用途別分析 ・UAVドローンの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・UAVドローンの世界市場規模:サブシステム別分析 ・UAVドローンの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • うつ病(Depression):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、うつ病(Depression)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・うつ病(Depression):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・うつ病(Depression)のフェーズ3治験薬の状況 ・うつ病(Depression)治療薬の市場規模(販売予測) ・うつ病(Depression)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・うつ病(Depression)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のうつ病(Depression)治療薬剤
  • 温室土壌の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、温室土壌の世界市場について調査・分析し、温室土壌の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別温室土壌シェア、市場規模推移、市場規模予測、温室土壌種類別分析(培養土、庭園土壌、根おおい、表層土、その他 )、温室土壌用途別分析(室内園芸、グリーンハウス、芝生・造園、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・温室土壌の市場概観 ・温室土壌のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・温室土壌のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・温室土壌の世界市場規模 ・温室土壌の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・温室土壌のアメリカ市場規模推移 ・温室土壌のカナダ市場規模推移 ・温室土壌のメキシコ市場規模推移 ・温室土壌のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・温室土壌のドイツ市場規模推移 ・温室土壌のイギリス市場規模推移 ・温室土壌のロシア市場規模推移 ・温室土壌のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・温室土壌の日本市場規 …
  • 顔面紅潮(Hot Flashes):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における顔面紅潮(Hot Flashes)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・顔面紅潮(Hot Flashes)の概要 ・顔面紅潮(Hot Flashes)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・顔 …
  • 世界のクエン酸スフェンタニル市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエン酸スフェンタニル市場2015について調査・分析し、クエン酸スフェンタニルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッシブ認証の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パッシブ認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素(ソリューション、サービス)別分析、業務機能別分析、導入方式別分析、産業別分析、パッシブ認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 美容インプラントの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界の医療用枕市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用枕市場2015について調査・分析し、医療用枕の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動逆洗式ろ過装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動逆洗式ろ過装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動逆洗式ろ過装置市場規模、エンドユーザー別(W&WW、石油・ガス、M&M、C&P、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場概要 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場環境 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場動向 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場規模 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:業界構造分析 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:エンドユーザー別(W&WW、石油・ガス、M&M、C&P、その他) ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動逆洗式ろ過装置の北米市場規模・予測 ・自動逆洗式ろ過装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動逆洗式ろ過装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動逆洗式ろ過装置の主要国分析 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • シリアルデバイスサーバの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリアルデバイスサーバの世界市場について調査・分析し、シリアルデバイスサーバの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリアルデバイスサーバシェア、市場規模推移、市場規模予測、シリアルデバイスサーバ種類別分析(1ポート型、2ポート型、4ポート型、8ポート型、16ポート型、その他(32ポート型等))、シリアルデバイスサーバ用途別分析(アクセスコントロールシステム、アテンダンスシステム、POSシステム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリアルデバイスサーバの市場概観 ・シリアルデバイスサーバのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリアルデバイスサーバのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリアルデバイスサーバの世界市場規模 ・シリアルデバイスサーバの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリアルデバイスサーバのアメリカ市場規模推移 ・シリアルデバイスサーバのカナダ市場規模推移 ・シリアルデバイスサーバのメキシコ市場規模推移 ・シリアルデバイス …
  • 内視鏡装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、内視鏡装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、内視鏡装置市場規模、用途別(腹腔鏡検査、GI、その他)分析、製品別(内視鏡、付属品・その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、B. Braun Melsungen, HOYA, KARL STORZ, Medtronic, Olympus, Strykerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・内視鏡装置の世界市場概要 ・内視鏡装置の世界市場環境 ・内視鏡装置の世界市場動向 ・内視鏡装置の世界市場規模 ・内視鏡装置の世界市場:業界構造分析 ・内視鏡装置の世界市場:用途別(腹腔鏡検査、GI、その他) ・内視鏡装置の世界市場:製品別(内視鏡、付属品・その他) ・内視鏡装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・内視鏡装置の北米市場規模・予測 ・内視鏡装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・内視鏡装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・内視鏡装置の主要国分析 ・内視鏡装置の …
  • セラミックフィルターの世界市場:ウォーターフィルター、空気フィルター
    当調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックフィルターの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレーザ加工カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、レーザ加工の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レーザ加工市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、レーザ加工のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 世界のアイライナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のアイライナー市場2015について調査・分析し、アイライナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低侵襲手術(MIS)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、低侵襲手術(MIS)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低侵襲手術(MIS)装置の概要 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:開発段階別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:セグメント別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:領域別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:規制Path別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別低侵襲手術(MIS)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・低侵襲手術(MIS)装置の最近動向
  • 形質転換増殖因子アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における形質転換増殖因子アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤の概要 ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の形質転換増殖因子アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・形質転換増殖因子アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 垂直農法の世界市場分析:構造別(出荷コンテナ、建物ベース)、提供別(照明、水耕性成分、気候制御)、栽培方法別(空中栽培、水耕栽培)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、垂直農法の世界市場について調査・分析し、垂直農法の世界市場動向、垂直農法の世界市場規模、市場予測、セグメント別垂直農法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 坑井仕上げ装置・サービスの世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、坑井仕上げ装置・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアBPOの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヘルスケアBPOの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロバイダー別分析、プレイヤー別分析、業務機能別分析、地域別分析、ヘルスケアBPOの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶解空気浮上システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、溶解空気浮上システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、溶解空気浮上システム市場規模、用途別(工業用、地方自治体用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・溶解空気浮上システムの世界市場概要 ・溶解空気浮上システムの世界市場環境 ・溶解空気浮上システムの世界市場動向 ・溶解空気浮上システムの世界市場規模 ・溶解空気浮上システムの世界市場:業界構造分析 ・溶解空気浮上システムの世界市場:用途別(工業用、地方自治体用) ・溶解空気浮上システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・溶解空気浮上システムのアメリカ市場規模・予測 ・溶解空気浮上システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・溶解空気浮上システムのアジア市場規模・予測 ・溶解空気浮上システムの主要国分析 ・溶解空気浮上システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・溶解空気浮上システムの世界市場:成長要因、課題 ・溶解空気浮上システムの世界市場:競争環境 ・溶解空気 …
  • 使い捨ておむつのアジア市場
    本調査レポートでは、使い捨ておむつのアジア市場について調査・分析し、使い捨ておむつのアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 包装添加剤の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、包装添加剤の世界市場について調査・分析し、包装添加剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・包装添加剤の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・包装添加剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・包装添加剤の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 心臓再同期療法(CRT)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、心臓再同期療法(CRT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品タイプ別(CRT除細動器・CRTペースメーカー)分析、エンドユーザー別(病院・心臓センター、外来外科センター)分析、心臓再同期療法(CRT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性心不全(Chronic Heart Failure):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬剤
  • 産業用通信の世界市場予測(~2023年)
    産業用通信の世界市場は、2018年の832億米ドルから2023年には1,410億米ドルに達し、この期間中11.14%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、Industrial Internet of Things(IIoT)の採用増加と産業用ネットワーキング向けにM2M通信技術が進んだことが考えれられます。特にヨーロッパと北米においては、インダストリー4.0の実践が拡大し、産業用通信製品の導入が推進されています。一方で、機器メーカーによって採用されている規格が多岐にわたり、データ収集および情報生成プロセスが複雑化していることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、産業用通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供(コンポーネント、ソフトウェア、サービス)分析、通信プロトコル(フィールドバス、産業用イーサネット、ワイヤレス)分析、最終用途(自動車、石油・ガス、食品・飲料)分析、産業用通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします …
  • 世界の銅殺菌剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の銅殺菌剤市場2016について調査・分析し、銅殺菌剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドベース仮想学習プラットフォームの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドベース仮想学習プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、クラウドベース仮想学習プラットフォームの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の衛生陶器市場2015
    本調査レポートでは、世界の衛生陶器市場2015について調査・分析し、衛生陶器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防カビ剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の防カビ剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・防カビ剤の世界市場:イントロダクション ・防カビ剤の世界市場:市場概観 ・防カビ剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・防カビ剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:関連企業分析
  • 中国の太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の概要 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 調味料・ドレッシング・ソースのハンガリー市場
  • 世界の産業用無線送信機市場
  • 不妊検査・不妊治療の北米市場
    本調査レポートでは、不妊検査・不妊治療の北米市場について調査・分析し、不妊検査・不妊治療の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • バッテリーモニタリングシステムの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、バッテリーモニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バッテリーモニタリングシステムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • エネルギー管理システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エネルギー管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エネルギー管理システム市場規模、ソリューション別(ユーティリティ請求・顧客情報システム、需要対応管理、炭素管理システム)分析、デバイス別(スマートプラグ、負荷制御スイッチ、スマートサーモスタット、インハウスディスプレイ)分析、サービス別(コンサルティング・トレーニング、メンテナンス、実装・統合、監視・制御)分析、用途別(産業エネルギー管理システム、ビルエネルギーマネジメントシステム、住宅エネルギー管理システム)分析、ソフトウェア別(企業向けカーボン・エネルギー管理、住宅エネルギー管理システム、産業エネルギー管理システム、ユーティリティエネルギー管理システム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エネルギー管理システムの世界市場:市場動向分析 ・ エネルギー管理システムの世界市場:競争要因分析 ・ エネルギー管理システムの世界市場:ソリューション別( …
  • 使い捨てマスクの世界市場
    当調査レポートでは、使い捨てマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨てマスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の陽極箔市場2016
    本調査レポートでは、世界の陽極箔市場2016について調査・分析し、陽極箔の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)
    MarketsandMarkets社は、ハイパースペクトルイメージングシステムの世界市場規模が2019年111億ドルから2024年252億ドルまで年平均17.8%成長すると予測しています。本書は、世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場について調査・分析し、市場概要、製品別(カメラ、アクセサリー)分析、技術別(プッシュブルーム、スナップショット、その他の技術)分析、用途別(軍事監視、リモートセンシング、ライフサイエンス&医療診断、マシンビジョン&光学選別、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー) ・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:技術別(プッシュブルーム、スナップショット、その他の技術) ・世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:用途別(軍事監視、リモートセンシング、ライフサイエンス&医療診断、マシンビジョン&光学選別、その他) ・世界のハイパー …
  • 産業用ロボットの世界市場:関節ロボット、直角座標ロボット、SCARAロボット、円筒座標ロボット、パラレルロボット
    当調査レポートでは、産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド式PLMの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド式PLMの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーション別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド式PLMの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機エンジン用燃料ノズルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、民間航空機エンジン用燃料ノズルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機エンジン用燃料ノズルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMOSFET市場2015
    本調査レポートでは、世界のMOSFET市場2015について調査・分析し、MOSFETの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のn-ブタン市場2016
    本調査レポートでは、世界のn-ブタン市場2016について調査・分析し、n-ブタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 矯正歯科消耗品の世界市場分析:製品別(固定器具 – バッカルチューブ、ミニスクリュー、バンド; 合字 – エラストマー結紮、ワイヤ結紮; ブラケット – 美的ブラケット、自己連結ブラケット、金属ブラケット、化粧ブラケット; アーチワイヤー – ベータチタンアーチワイヤー、ニッケルチタンアーチワイヤー、ステンレススチールアーチワイヤー)、地域別(北アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、中東)、セグメント予測
    本調査レポートでは、矯正歯科消耗品の世界市場について調査・分析し、矯正歯科消耗品の世界市場動向、矯正歯科消耗品の世界市場規模、市場予測、セグメント別矯正歯科消耗品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、オーバーザトップサービス(OTT)の世界市場規模が2019年816億ドルから2024年1569億ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場を統合的に調査・分析し、市場概要、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース)分析、種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、ビデオオンデマンド、通信、その他)分析、ストリーミング装置別(スマートフォン&タブレット、デスクトップ&ラップトップ、インターネットプロトコルテレビ&コンソール)分析、サービス業種別(メディア&エンターテイメント、教育&学習、ゲーム、サービスユーティリティ)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース) ・世界のオーバーザトップサービス( …
  • オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用セミアクティブサスペンションシステム市場規模、最終用途別(OEM、アフターマーケット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場概要 ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場環境 ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場動向 ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場規模 ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場:最終用途別(OEM、アフターマーケット) ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用セミアクティブサスペンションシステムのアメリカ市場規模・ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"