"麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10568)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About ETT
ETT is a tube embedded into the trachea for the administration of anesthesia, maintenance of the airway passage, aspiration of secretions, ventilation of the lungs, and anticipation of the passageway of foreign material into the tracheobronchial tree. There are two types of ETT for anesthesia management: the orotracheal tube and the nasotracheal tube. The orotracheal tube is embedded through the mouth into the trachea and the nasotracheal tube is embedded through the nose into the trachea.

Technavio’s analysts forecast the global anesthesia endotracheal tubes (ETT) market to grow at a CAGR of 1.59% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global anesthesia endotracheal tubes (ETT) market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of anesthesia ETT.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Anesthesia Endotracheal Tubes (ETT) Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• C. R. Bard
• ConvaTec
• GE Healthcare
• Medtronic

[Other prominent vendors]
• KindWell Medical
• ROYAX
• Fuji Systems
• SEWOONMEDICAL
• Neurovision Medical
• Intersurgical

[Market driver]
• Increasing cases of chronic respiratory diseases
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Growing preference for anesthesia laryngeal masks over ETTs
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• EMG monitoring technique promoting the usage of ETTs
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by end-user
• Hospitals and clinics
• ASCs

PART 07: Geographical segmentation
• Anesthesia ETT market in Americas
• Anesthesia ETT market in EMEA
• Anesthesia ETT market in APAC

PART 08: Market drivers
• Growing volume of surgical procedures
• Increasing cases of chronic respiratory diseases
• Rise in image assisted airway operations

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges
• Complications of anesthesia delivery systems
• Growing preference for anesthesia laryngeal masks over ETTs
• Small number of trained ETT operators

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends
• Focus on silver-coated ETT for prevention of VAP
• EMG monitoring technique promoting the usage of ETTs
• Availability of online purchasing for anesthesia products

PART 13: Vendor landscape
• Competitive scenario

PART 14: Key vendor analysis
• Geographic presence – Key vendor analysis
• C. R. Bard
• ConvaTec
• GE Healthcare
• Medtronic
• Key companies to watch
• Smiths Medical
• Teleflex
• Other prominent vendors

PART 15: Appendix
• List of abbreviations

PART 16: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Different anesthesia disposable devices 2015
Exhibit 03: Anesthesia ETT market 2015
Exhibit 04: Advantages of uncuffed and cuffed ETT
Exhibit 05: Cuffed tubes – Merits and demerits
Exhibit 06: Anesthesia ETT market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 07: Five forces analysis
Exhibit 08: Global anesthesia ETT market by end-users 2015
Exhibit 09: Geographical segmentation of anesthesia ETT market in 2015 and 2020
Exhibit 10: Geographical share of anesthesia ETT market 2015-2020
Exhibit 11: Geographical share of anesthesia ETT market 2015-2020 ($ million)
Exhibit 12: Overview of anesthesia ETT market in Americas in 2015
Exhibit 13: Anesthesia ETT market in Americas ($ millions)
Exhibit 14: Overview of anesthesia ETT market in EMEA 2015
Exhibit 15: Anesthesia ETT market in EMEA ($ millions)
Exhibit 16: Overview of anesthesia ETT market in APAC in 2015
Exhibit 17: Anesthesia ETT market in APAC ($ millions)
Exhibit 18: Impact of drivers

Exhibit 19: Impact of drivers and challenges
Exhibit 20: Competitive structure analysis of global anesthesia ETT market 2015
Exhibit 21: Anesthesia ETT market: Competitive landscape 2015
Exhibit 22: Regional analysis of key vendors
Exhibit 23: C. R. Bard profile
Exhibit 24: C. R. Bard strength analysis
Exhibit 25: C. R. Bard, growth strategy matrix
Exhibit 26: C. R. Bard: Opportunity assessment
Exhibit 27: ConvaTec profile
Exhibit 28: ConvaTec strength analysis
Exhibit 29: ConvaTec growth strategy matrix
Exhibit 30: Covatec opportunity analysis
Exhibit 31: GE Healthcare profile
Exhibit 32: GE Healthcare strength analysis
Exhibit 33: GE Healthcare growth strategy matrix
Exhibit 34: GE Healthcare: opportunity assessment
Exhibit 35: Medtronic profile
Exhibit 36: Medtronic strength analysis
Exhibit 37: Medtronic growth strategy matrix
Exhibit 38: Medtronic: opportunity assessment
Exhibit 39: Smiths Medical strength assessment
Exhibit 40: Smiths Medical strength analysis
Exhibit 41: Smiths Medical strategy assessment
Exhibit 42: Smiths Medical strategy analysis
Exhibit 43: Smiths Medical opportunity assessment
Exhibit 44: Smiths Medical opportunity analysis
Exhibit 45: Teleflex strength assessment
Exhibit 46: Teleflex strength analysis
Exhibit 47: Teleflex strategy assessment
Exhibit 48: Teleflex strategy analysis
Exhibit 49: Teleflex opportunity assessment
Exhibit 50: Teleflex opportunity analysis

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月3日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10568
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【キーワード】麻酔用気管内チューブ(ETT)、気管内チューブ、気管挿管チューブ、病院、医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ブラックシードオイルの世界市場:液体、カプセル・ソフトジェル・パウダー
    Technavio社の本調査レポートでは、ブラックシードオイルの世界市場について調べ、ブラックシードオイルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ブラックシードオイルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(液体、カプセル・ソフトジェル・パウダー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はブラックシードオイルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ブラックシードオイルの市場状況 ・ブラックシードオイルの市場規模 ・ブラックシードオイルの市場予測 ・ブラックシードオイルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(液体、カプセル・ソフトジェル・パウダー) ・ブラックシードオイルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 骨成長刺激装置の世界市場分析・予測
  • 世界の高強度ポリエステル糸市場2016
    本調査レポートでは、世界の高強度ポリエステル糸市場2016について調査・分析し、高強度ポリエステル糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの事務用文房具市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの事務用文房具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの事務用文房具市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オリゼニンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、オリゼニンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オリゼニン市場規模、種類別(濃縮型、分離型、その他)分析、用途別(乳製品代替品、パン・菓子、飲料、スポーツ・エネルギー栄養、代用肉・増量剤、その他)分析、形状別(液体、乾燥)分析、機能別(発泡、乳化、テクスチャリング、ゲル化)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ オリゼニンの世界市場:市場動向分析 ・ オリゼニンの世界市場:競争要因分析 ・ オリゼニンの世界市場:種類別(濃縮型、分離型、その他) ・ オリゼニンの世界市場:用途別(乳製品代替品、パン・菓子、飲料、スポーツ・エネルギー栄養、代用肉・増量剤、その他) ・ オリゼニンの世界市場:形状別(液体、乾燥) ・ オリゼニンの世界市場:機能別(発泡、乳化、テクスチャリング、ゲル化) ・ オリゼニンの世界市場:主要地域別分析 ・ オリゼニンの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ オリゼニンのヨーロッパ市場規模 ・ オリゼニ …
  • ニューロン一酸化窒素シンターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロン一酸化窒素シンターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロン一酸化窒素シンターゼ阻害剤の概要 ・ニューロン一酸化窒素シンターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロン一酸化窒素シンターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロン一酸化窒素シンターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロン一酸化窒素シンターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用ステアリングモーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用ステアリングモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ステアリングモーター市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場概要 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場環境 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場動向 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場規模 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ステアリングモーターの北米市場規模・予測 ・自動車用ステアリングモーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ステアリングモーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用ステアリングモーターの主要国分析 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:意思決定フレー …
  • スペシャリティ保険の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スペシャリティ保険の世界市場について調査・分析し、スペシャリティ保険の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スペシャリティ保険シェア、市場規模推移、市場規模予測、スペシャリティ保険種類別分析()、スペシャリティ保険用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スペシャリティ保険の市場概観 ・スペシャリティ保険のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スペシャリティ保険のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スペシャリティ保険の世界市場規模 ・スペシャリティ保険の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スペシャリティ保険のアメリカ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のカナダ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のメキシコ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スペシャリティ保険のドイツ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のイギリス市場規模推移 ・スペシャリティ保険のロシア市場規模推移 ・スペシャ …
  • 企業向けリーダーシップトレーニングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、企業向けリーダーシップトレーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けリーダーシップトレーニングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 網膜症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、網膜症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、疾患概要、網膜症治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 眼病の大半は、治療が不要か最小限で済む軽微なものですが、中には専門医による治療が必要なものもあり、放置しておけば失明につながる恐れもあります。具体的には、網膜症や緑内障、ドライアイ、目の感染症/炎症、アレルギー性疾患などが挙げられます。特に網膜疾患向け治療薬は、眼病治療薬市場で最大のシェアを占めていますTechnavio社は網膜症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.1166成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bayer• F. Hoffmann-La Roche• Novartis• Regeneron等です。
  • マルチバンドアンテナの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マルチバンドアンテナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マルチバンドアンテナ市場規模、最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マルチバンドアンテナの世界市場概要 ・マルチバンドアンテナの世界市場環境 ・マルチバンドアンテナの世界市場動向 ・マルチバンドアンテナの世界市場規模 ・マルチバンドアンテナの世界市場:業界構造分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他) ・マルチバンドアンテナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マルチバンドアンテナのアメリカ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのヨーロッパ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのアジア市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナの主要国分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:意思決定フレームワーク ・マルチバンドアンテナの世界市場:成長要因、 …
  • 世界のフォーンケース市場2015
    本調査レポートでは、世界のフォーンケース市場2015について調査・分析し、フォーンケースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオ分解性ポリマー市場規模・予測2017-2025種類別(PLA型-based、スターチ型)、用途別(食料パッケージング、泡パッケージング、バイオ分解性バッグ、農業)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ分解性ポリマー市場について調査・分析し、世界のバイオ分解性ポリマー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ分解性ポリマー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 屋根材の世界市場
    当調査レポートでは、屋根材の世界市場について調査・分析し、屋根材の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • パーソナルケア用包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、パーソナルケア用包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • PoC血液凝固検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PoC血液凝固検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PoC血液凝固検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 企業用ソフトウェアの世界市場見通し2022
  • 手工具の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、手工具の世界市場について調査・分析し、手工具の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 手工具の世界市場:市場動向分析 - 手工具の世界市場:競争要因分析 - 手工具の世界市場:製品別 金属カッター用具 テープ及びペイント 配置及び測定用具 一般用具 - 手工具の世界市場:販売経路別 販売代理店販売 ネット販売 小売販売 - 手工具の世界市場:用途別 家庭用とDIY(日曜大工) 産業用 - 手工具の世界市場:主要地域別分析 - 手工具の北米市場規模(アメリカ市場等) - 手工具のヨーロッパ市場規模 - 手工具のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・手工具の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の禁煙製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の禁煙製品市場2015について調査・分析し、禁煙製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 三次元測定機(CMM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、三次元測定機(CMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、三次元測定機(CMM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 閉経期ほてりの世界市場
    当調査レポートでは、閉経期ほてりの世界市場について調査・分析し、閉経期ほてりの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自律走行トラックの世界市場分析
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自律走行トラックの世界市場について調査・分析し、自律走行トラックの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自律走行トラックの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自律走行トラックの世界市場:セグメント別市場分析 ・自律走行トラックの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 廃炉サービスの世界市場2019-2023
    廃炉サービスは、原子力発電所を廃止するための一連の措置です。主要なプロセスには、汚染除去、解体、廃棄物移送、現場の処理および再利用が含まれます。廃炉サービスの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率13.25%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Oranoなどです。 当調査レポートでは、廃炉サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、廃炉サービス市場規模、原子炉タイプ別(PWR、BWR、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・廃炉サービスの世界市場概要 ・廃炉サービスの世界市場環境 ・廃炉サービスの世界市場動向 ・廃炉サービスの世界市場規模 ・廃炉サービスの世界市場:業界構造分析 ・廃炉サービスの世界市場:原子炉タイプ別(PWR、BWR、その他) ・廃炉サービスの世界市場: …
  • 軍事用3Dプリンティングの世界市場:提供方式別(プリンター、材料、ソフトウェア、その他)、プラットフォーム別、用途別、プロセス別、技術別、地域別予測
    本資料は、軍事用3Dプリンティングの世界市場について調べ、軍事用3Dプリンティングの世界規模、市場動向、市場環境、提供方式別(プリンター、材料、ソフトウェア、その他)分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、プロセス別分析、技術別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・軍事用3Dプリンティングの世界市場概要 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場環境 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場動向 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場規模 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場規模:提供方式別(プリンター、材料、ソフトウェア、その他) ・軍事用3Dプリンティングの世界市場規模:プラットフォーム別 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場規模:用途別 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場規模:プロセス別 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場規模:技術別 ・軍事用3Dプリンティングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・軍事用3Dプリンティングの北米市場規模・予測 …
  • 日本の外傷固定処置動向(~2021)
  • 医療部門における人工知能(AI)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、医療部門における人工知能(AI)の世界市場について調べ、医療部門における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療部門における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(医療用画像及び診断、創薬、業務管理、仮想アシスタント、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は医療部門における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均28%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・医療部門における人工知能(AI)の市場状況 ・医療部門における人工知能(AI)の市場規模 ・医療部門における人工知能(AI)の市場予測 ・医療部門における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(医療用画像及び診断、創薬、業務管理、仮想アシスタント、その他) ・医療部門における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場 …
  • メキシコの股関節再建市場動向(~2021)
  • 航空機着陸装置の世界市場予測(~2021):主脚、前脚
    当調査レポートでは、航空機着陸装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、航空機型式別分析、航空機着陸装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国の食肉・鶏肉・魚介類包装市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の食肉・鶏肉・魚介類包装市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の食肉・鶏肉・魚介類包装市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 道路マーキングコーティングの世界市場分析:ペンキ、熱可塑性物質、プレフォームドポリマーテープ、エポキシ
    本調査レポートでは、道路マーキングコーティングの世界市場について調査・分析し、道路マーキングコーティングの世界市場動向、道路マーキングコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別道路マーキングコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血流感染検査の世界市場2016-2020:ポイントオブケア検査(POCT)、核酸検査
    当調査レポートでは、血流感染検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血流感染検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、企業種類別(SME、大企業)分析、業種別(IT&テレコミュニケーション、ヘルスケア&ライフサイエンス、教育、BFSI、政府)分析、PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PCaaS(サービスとしてのPC)の世界市場規模が2019年159億万ドルから2024年1416億万ドルまで年平均54.9%成長すると予測しています。
  • 自動車ポリカーボネート(PC)グレージングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車ポリカーボネート(PC)グレージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発芽キット/トレーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、発芽キット/トレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発芽キット/トレーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 構造用コア材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、構造用コア材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、構造用コア材料市場規模、種類別(バルサ、蜂の巣、泡沫)分析、外皮(ナイロン繊維強化ポリマー(NFRP)、ガラス繊維強化ポリマー(NFRP)、炭素繊維強化ポリマー(CFRP)、その他)分析、エンドユーザー別(建設、航空、輸送、風力発電、電気製品・電子機器、医薬品包装、海洋、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 構造用コア材料の世界市場:市場動向分析 ・ 構造用コア材料の世界市場:競争要因分析 ・ 構造用コア材料の世界市場:種類別(バルサ、蜂の巣、泡沫) ・ 構造用コア材料の世界市場:外皮(ナイロン繊維強化ポリマー(NFRP)、ガラス繊維強化ポリマー(NFRP)、炭素繊維強化ポリマー(CFRP)、その他) ・ 構造用コア材料の世界市場:エンドユーザー別(建設、航空、輸送、風力発電、電気製品・電子機器、医薬品包装、海洋、自動車、その他) ・ 構造用コア材 …
  • 世界の経皮吸収パッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界の経皮吸収パッチ市場2015について調査・分析し、経皮吸収パッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エチレンオキシド滅菌装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エチレンオキシド滅菌装置の世界市場について調査・分析し、エチレンオキシド滅菌装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エチレンオキシド滅菌装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、エチレンオキシド滅菌装置種類別分析()、エチレンオキシド滅菌装置用途別分析(医療用消耗品、医療用器具)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エチレンオキシド滅菌装置の市場概観 ・エチレンオキシド滅菌装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エチレンオキシド滅菌装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エチレンオキシド滅菌装置の世界市場規模 ・エチレンオキシド滅菌装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エチレンオキシド滅菌装置のアメリカ市場規模推移 ・エチレンオキシド滅菌装置のカナダ市場規模推移 ・エチレンオキシド滅菌装置のメキシコ市場規模推移 ・エチレンオキシド滅菌装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・エチレンオキシド滅菌装置のド …
  • 膣鏡の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、膣鏡の世界市場について調査・分析し、膣鏡の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別膣鏡シェア、市場規模推移、市場規模予測、膣鏡種類別分析(プラスチック、ステンレス)、膣鏡用途別分析(外科用、検査用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・膣鏡の市場概観 ・膣鏡のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・膣鏡のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・膣鏡の世界市場規模 ・膣鏡の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・膣鏡のアメリカ市場規模推移 ・膣鏡のカナダ市場規模推移 ・膣鏡のメキシコ市場規模推移 ・膣鏡のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・膣鏡のドイツ市場規模推移 ・膣鏡のイギリス市場規模推移 ・膣鏡のロシア市場規模推移 ・膣鏡のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・膣鏡の日本市場規模推移 ・膣鏡の中国市場規模推移 ・膣鏡の韓国市場規模推移 ・膣鏡のインド市場規模推移 ・膣鏡の東南アジア市場規模推移 ・膣鏡 …
  • 回生ブレーキシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、回生ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、回生ブレーキシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別回生ブレーキシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、回生ブレーキシステム種類別分析()、回生ブレーキシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・回生ブレーキシステムの市場概観 ・回生ブレーキシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・回生ブレーキシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・回生ブレーキシステムの世界市場規模 ・回生ブレーキシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・回生ブレーキシステムのアメリカ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのカナダ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのメキシコ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・回生ブレーキシステムのドイツ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのイギリス市場規模推移 ・回生ブレーキシステ …
  • アクティブシートベルトの世界市場予測2019-2024
    「アクティブシートベルトの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ベルト、ECUシステム、機械部品など、用途別には、Sedan & Hatchback、SUVなどに区分してまとめた調査レポートです。アクティブシートベルトのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アクティブシートベルトの世界市場概要(サマリー) ・アクティブシートベルトの企業別販売量・売上 ・アクティブシートベルトの企業別市場シェア ・アクティブシートベルトの世界市場規模:種類別(ベルト、ECUシステム、機械部品) ・アクティブシートベルトの世界市場規模:用途別(Sedan & Hatchback、SUV) ・アクティブシートベルトの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アクティブシートベルトのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アクティブシートベルトの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) …
  • インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのガス処理産業
  • プラスチック廃棄物管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、プラスチック廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチック廃棄物管理市場規模、出所別(住宅、工業施設、商業施設・機関、その他)分析、サービス別(撤去、リサイクル、運搬、組み立て、焼却、埋め立て)分析、設備別(焼却設備、組み立て・運搬施設、リサイクル施設)分析、エンドユーザー別(自動車、織物、家具、建設、包装、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ プラスチック廃棄物管理の世界市場:市場動向分析 ・ プラスチック廃棄物管理の世界市場:競争要因分析 ・ プラスチック廃棄物管理の世界市場:出所別(住宅、工業施設、商業施設・機関、その他) ・ プラスチック廃棄物管理の世界市場:サービス別(撤去、リサイクル、運搬、組み立て、焼却、埋め立て) ・ プラスチック廃棄物管理の世界市場:設備別(焼却設備、組み立て・運搬施設、リサイクル施設) ・ プラスチック廃棄物管理の世界市場:エンドユーザー別(自動車、織物、家 …
  • デジタルサイネージの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタルサイネージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルサイネージ市場規模、用途別(小売、QSR・レストラン、教育、ヘルスケア、その他)分析、製品別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AU Optronics, Daktronics, HP, Panasonic, SAMSUNG ELECTRONICSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタルサイネージの世界市場概要 ・デジタルサイネージの世界市場環境 ・デジタルサイネージの世界市場動向 ・デジタルサイネージの世界市場規模 ・デジタルサイネージの世界市場:業界構造分析 ・デジタルサイネージの世界市場:用途別(小売、QSR・レストラン、教育、ヘルスケア、その他) ・デジタルサイネージの世界市場:製品別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア) ・デジタルサイネージの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルサイネージの …
  • ボツリヌス毒素の世界市場分析:タイプ別(ボツリヌス毒素A型、ボツリヌス毒素B型)、エンドユーザー別(治療、美容)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013 – 2025
    本調査レポートでは、ボツリヌス毒素の世界市場について調査・分析し、ボツリヌス毒素の世界市場動向、ボツリヌス毒素の世界市場規模、市場予測、セグメント別ボツリヌス毒素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、水素添加炭化水素樹脂の世界市場について調査・分析し、水素添加炭化水素樹脂の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 水素添加炭化水素樹脂の概要 3. 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026 4. 用途別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 5. 需要先産業別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 6. 主要国の水素添加炭化水素樹脂市場予測2016-2026 7. 水素添加炭化水素樹脂市場のSWOT分析2016-2026 8. 専門家の意見 9. 水素添加炭化水素樹脂市場における主要企業2016 10. 結論
  • 海藻の世界市場2017-2021:紅藻、褐藻、緑藻
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、海藻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海藻の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は海藻の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.28%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCargill 、DuPont、Groupe Roullier、Irish Seaweeds、Qingdao Gather Great Ocean Algae Industry Group (GGOG)等です。
  • 世界の硫酸リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の硫酸リチウム市場2016について調査・分析し、硫酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 放電加工機(EDM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、放電加工機(EDM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、放電加工機(EDM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"