"高等教育Mラーニングの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10598)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"高等教育Mラーニングの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About M-learning
Students increasingly using smartphones and tablets for study purposes is the primary factor driving the growth of the m-learning market. However, to include m-learning as a part of the curriculum learning process, educational institutions must have a strong ICT infrastructure. For this, these establishments need to invest heavily in installing software and enhancing server capabilities. As a result, their overall operational expenditure will increase.

Technavio’s analysts forecast the global higher education m-learning market to grow at a CAGR of 21.01% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global higher education m-learning market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of m-learning products and related services to higher educational institutions.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Higher Education M-Learning Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Adobe Systems
• Blackboard
• D2L
• LearnCast

[Other prominent vendors]
• Adrenna
• Aptara
• Articulate
• City & Guilds
• Docebo
• Edmodo
• Haiku Learning
• Saba Software
• Schoology
• WizIQ

[Market driver]
• Increase in online content development and digitalization
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Limited data privacy and security
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Rise in gamification of m-learning
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"高等教育Mラーニングの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Global m-learning market
• Global higher education m-learning market
• Five forces analysis

PART 06: Market drivers

PART 07: Impact of drivers

PART 08: Market challenges

PART 09: Impact of drivers and challenges

PART 10: Market trends

PART 11: Market segmentation by type
• Global higher education m-learning market by type
• Global higher education m-learning market by learning applications
• Global higher education m-learning market by non-learning applications

PART 12: Geographic segmentation
• Global higher education m-learning market by geography
• Higher education m-learning market in North America
• Higher education m-learning market in Europe
• Higher education m-learning market by APAC
• Higher education m-learning market by ROW

PART 13: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Competitive benchmarking

PART 14: Key vendor analysis
• Adobe Systems
• Blackboard
• D2L
• LearnCast

PART 15: Other prominent vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Countries covered for market analysis
Exhibit 02: Product offerings
Exhibit 03: Global m-learning market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 04: Global higher education m-learning market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 05: Five forces analysis
Exhibit 06: Global smartphone shipments 2011-2015 (billions of units)
Exhibit 07: Percentage share of student enrollment 2014
Exhibit 08: Percentage share of number of virtual schools (2014)
Exhibit 09: Impact of drivers
Exhibit 10: Impact of drivers and challenges
Exhibit 11: Global gamification market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 12: Global higher education m-learning market by type 2015
Exhibit 13: Global higher education m-learning market by type 2020
Exhibit 14: Global higher education m-learning market by type 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Global higher education m-learning market by type 2015-2020
Exhibit 16: Global higher education m-learning market by learning applications 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Global higher education m-learning market by non-learning applications 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Global higher education m-learning market by geography 2015
Exhibit 19: Global higher education m-learning market by geography 2020
Exhibit 20: Global higher education m-learning market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 21: Global higher education m-learning market 2015-2020
Exhibit 22: Higher education m-learning market in North America 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 23: Higher education m-learning market in Europe 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 24: Higher education m-learning market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 25: Higher education m-learning market in ROW 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 26: Vendor analysis
Exhibit 27: Key vendors: Strategic initiatives overview
Exhibit 28: LeanCast: Features in mobile platforms

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】高等教育Mラーニングの世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月5日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10598
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】Mラーニング、モバイルラーニング、モバイル機器、学習、高等教育
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
高等教育Mラーニングの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ウイルス排除の世界市場:ウイルス検出、ウイルス除去、ウイルス不活性化
    当調査レポートでは、ウイルス排除の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、方式別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の可燃性ガス検知器市場2015
    本調査レポートでは、世界の可燃性ガス検知器市場2015について調査・分析し、可燃性ガス検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酢酸エチルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酢酸エチルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酢酸エチル市場規模、用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Jubilant Life Sciences, Lonza, SEKABなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酢酸エチルの世界市場概要 ・酢酸エチルの世界市場環境 ・酢酸エチルの世界市場動向 ・酢酸エチルの世界市場規模 ・酢酸エチルの世界市場:業界構造分析 ・酢酸エチルの世界市場:用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他) ・酢酸エチルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・酢酸エチルの北米市場規模・予測 ・酢酸エチルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・酢酸エチルのアジア太平洋市場規模・予測 ・酢酸エチルの主要国分析 ・酢酸 …
  • オールテレーン車両の世界市場2016-2020:UTV、ATV、スノーモービル
    当調査レポートでは、オールテレーン車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オールテレーン車両の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成ラテックスポリマーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、合成ラテックスポリマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、合成ラテックスポリマー市場規模、種類別(スチレンブタジエン、エチレン酢酸ビニル、アクリルスチレン、アクリル、ポリ酢酸ビニル、酢酸ビニル共重合体、その他)分析、用途別(接着剤・シーラント、紙・板紙、塗料、カーペット、不織布、織物、浸漬グローブ、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:市場動向分析 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:競争要因分析 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:種類別(スチレンブタジエン、エチレン酢酸ビニル、アクリルスチレン、アクリル、ポリ酢酸ビニル、酢酸ビニル共重合体、その他) ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:用途別(接着剤・シーラント、紙・板紙、塗料、カーペット、不織布、織物、浸漬グローブ、建設、その他) ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:主要地域別分析 ・ 合成ラテックスポ …
  • 自動車衝突修理の世界市場:製品類型別(塗料・コーティング、消耗品、予備部品)、車種別、サービスチャネル別(DIY(自己修理方式)、DIFM(業者依頼方式(部品は自己調達))、OE(業者依頼方式 (部品調達も依頼))           
    本調査レポートでは、自動車衝突修理の世界市場について調査・分析し、自動車衝突修理の世界市場動向、自動車衝突修理の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車衝突修理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用窒素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用窒素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用窒素市場規模、輸送区分別(トン/パイプライン、シリンダー・パッケージガス、バルク)分析、グレード別(低純度、高純度)分析、形態別(液体窒素、圧縮ガス)分析、技術別(圧力スイング吸着、膜分離、極低温フラクション蒸留)分析、エンドユーザー別(製薬・ヘルスケア、農薬、石油化学、石油・ガス、金属製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用窒素の世界市場:市場動向分析 ・ 産業用窒素の世界市場:競争要因分析 ・ 産業用窒素の世界市場:輸送区分別(トン/パイプライン、シリンダー・パッケージガス、バルク) ・ 産業用窒素の世界市場:グレード別(低純度、高純度) ・ 産業用窒素の世界市場:形態別(液体窒素、圧縮ガス) ・ 産業用窒素の世界市場:技術別(圧力スイング吸着、膜分離、極低温フラクション蒸留) ・ 産業用窒素の世界市場:エンドユーザー別(製薬・ヘルスケア、 …
  • 世界主要国における電子ブレーキ装置(EBS)市場2018-2023
    本調査レポートでは、電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場について調査・分析し、電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ディスクEBS、ドラムEBS)、用途別市場規模(トラック、トレーラー、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場概要 ・電子ブレーキ装置(EBS)の企業別市場シェア ・電子ブレーキ装置(EBS)の地域別市場規模 ・電子ブレーキ装置(EBS)の種類別市場規模(ディスクEBS、ドラムEBS) ・電子ブレーキ装置(EBS)の用途別市場規模(トラック、トレーラー、その他) ・電子ブレーキ装置(EBS)の主要企業分析 ・電子ブレーキ装置(EBS)の北米市場規模 ・電子ブレーキ装置(EBS) …
  • 心不全治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、心不全治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心不全の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・心不全の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・心不全治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・心不全治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・心不全治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・心不全治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 活性炭素繊維(ACF)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、活性炭素繊維(ACF)の世界市場について調査・分析し、活性炭素繊維(ACF)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別活性炭素繊維(ACF)シェア、市場規模推移、市場規模予測、活性炭素繊維(ACF)種類別分析(ピッチ系活性炭素繊維、ポリアクリロニトリル(PAN)系活性炭素繊維、ビスコースステープル系活性炭素繊維、その他)、活性炭素繊維(ACF)用途別分析(溶媒回収、空気浄化、水処理、触媒担体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・活性炭素繊維(ACF)の市場概観 ・活性炭素繊維(ACF)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・活性炭素繊維(ACF)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・活性炭素繊維(ACF)の世界市場規模 ・活性炭素繊維(ACF)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・活性炭素繊維(ACF)のアメリカ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF)のカナダ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF)のメキシコ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF) …
  • 魚粉の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、魚粉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、魚粉市場規模、製品種類別(脱脂魚粉、全魚粉、半脱脂魚粉)分析、用途別(肥料、飼料)分析、エンドユーザー別(水産養殖、豚、家禽、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 魚粉の世界市場:市場動向分析 ・ 魚粉の世界市場:競争要因分析 ・ 魚粉の世界市場:製品種類別(脱脂魚粉、全魚粉、半脱脂魚粉) ・ 魚粉の世界市場:用途別(肥料、飼料) ・ 魚粉の世界市場:エンドユーザー別(水産養殖、豚、家禽、その他) ・ 魚粉の世界市場:主要地域別分析 ・ 魚粉の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 魚粉のヨーロッパ市場規模 ・ 魚粉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・魚粉の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 双極性障害市場:現在・未来プレイヤー
  • 発泡パーライトの世界市場
    当調査レポートでは、発泡パーライトの世界市場について調査・分析し、発泡パーライトの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の1-オクタノール市場2016
    本調査レポートでは、世界の1-オクタノール市場2016について調査・分析し、1-オクタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳症(Encephalopathy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脳症(Encephalopathy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脳症(Encephalopathy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脳症(Encephalopathy)のフェーズ3治験薬の状況 ・脳症(Encephalopathy)治療薬の市場規模(販売予測) ・脳症(Encephalopathy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脳症(Encephalopathy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脳症(Encephalopathy)治療薬剤
  • 生物医学産業用ナノファイバー材料の世界市場
    当調査レポートでは、生物医学産業用ナノファイバー材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生物医学産業用ナノファイバー材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鶏肉加工装置の世界市場:屠殺・羽根抜き、内蔵除去、細断、脱骨・皮剥ぎ、油漬け・タンブリング
    当調査レポートでは、鶏肉加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、装置タイプ別分析、製品タイプ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの微生物培養市場動向(~2021)
  • デジタル病理学の世界市場:スキャナー、ソフトウェア、ストレージ&通信システム
    当調査レポートでは、デジタル病理学の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(スキャナー、ソフトウェア、ストレージ&通信システム)分析、用途別(電話相談、疾病診断、創薬、トレーニング、教育)分析、エンドユーザー別(教育、臨床、製薬、バイオテクノロジー企業)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・デジタル病理学の世界市場:製品別(スキャナー、ソフトウェア、ストレージ&通信システム) ・デジタル病理学の世界市場:用途別(電話相談、疾病診断、創薬、トレーニング、教育) ・デジタル病理学の世界市場:エンドユーザー別(教育、臨床、製薬、バイオテクノロジー企業) ・デジタル病理学の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 世界の三フッ化ホウ素フェノール市場2016
    本調査レポートでは、世界の三フッ化ホウ素フェノール市場2016について調査・分析し、三フッ化ホウ素フェノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療分野における人工知能(AI)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、医療分野における人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、提供商品別分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、医療分野における人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクター別(1U、2U、および4U)、サービス別、層タイプ別(層1、層2、層3、および層4)、データセンター種類別(中規模、エンタープライズ、および大規模なデータセンター)、産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、データセンターラックサーバーの世界市場規模が2019年521億ドルから2024年1025億ドルまで年平均14.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデータセンターラックサーバー市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、フォームファクタ別(1U、2U、4U、その他)分析、サービス別(設計&コンサルティング、インストール&展開、サポート&メンテナンス)分析、ティアタイプ別(ティア1、ティア2、ティア3、ティア4)分析、データセンター種類別(中規模データセンター、エンタープライズデータセンター、大規模データセンター)分析、業種別(政府&防衛、BFSI、IT&テレコム、ヘルスケア&ライフサイエンス、研究&学術、メディア&エンターテイメント、小売&eコマース、エネルギー&ユーティリティ、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクタ別(1U …
  • 世界の麻酔ガス掃気システム(AGSS)市場2016
    本調査レポートでは、世界の麻酔ガス掃気システム(AGSS)市場2016について調査・分析し、麻酔ガス掃気システム(AGSS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 結腸直腸癌治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、結腸直腸癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、結腸直腸癌治療薬市場規模、種類別(標的治療、免疫療法、化学療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場概要 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場環境 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場動向 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場規模 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:種類別(標的治療、免疫療法、化学療法) ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結腸直腸癌治療薬の北米市場規模・予測 ・結腸直腸癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・結腸直腸癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・結腸直腸癌治療薬の主要国分析 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:競争環境 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:関連企業情報( …
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 特大貨物輸送の世界市場
    当調査レポートでは、特大貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特大貨物輸送の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機エンジンの世界市場予測(~2022年):ターボプロップエンジン、ターボファンエンジン、ターボシャフトエンジン、ピストンエンジン
    当調査レポートでは、航空機エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、航空機エンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンクリート表面処理用化学薬品の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、コンクリート表面処理用化学薬品の世界市場について調べ、コンクリート表面処理用化学薬品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コンクリート表面処理用化学薬品の市場規模をセグメンテーション別(用途別(家庭用、非家庭用)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はコンクリート表面処理用化学薬品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・コンクリート表面処理用化学薬品の市場状況 ・コンクリート表面処理用化学薬品の市場規模 ・コンクリート表面処理用化学薬品の市場予測 ・コンクリート表面処理用化学薬品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(家庭用、非家庭用) ・コンクリート表面処理用化学薬品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連 …
  • 幹細胞技術及び用途の世界市場
    当調査レポートでは、幹細胞技術及び用途の世界市場について調査・分析し、幹細胞技術及び用途の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・幹細胞技術及び用途の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・幹細胞技術及び用途の世界市場:セグメント別市場分析 ・幹細胞技術及び用途の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 軽量素材の世界市場:製品別(アルミニウム、高張力鋼)、用途別(自動車、航空機、エネルギー)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、軽量素材の世界市場について調査・分析し、軽量素材の世界市場動向、軽量素材の世界市場規模、市場予測、セグメント別軽量素材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンタープライズビデオの世界市場予測(~2023年)
    エンタープライズビデオの世界市場は、2018年の135億米ドルから2023年には198億米ドルに達し、この期間中7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インターネットの普及と動画ストリーミングに対する需要の高まり、運用コストの削減に対する企業ニーズの高まりなどが考えれられます。一方で、ネットワーク接続の問題やそれをサポートするインフラの欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、エンタープライズビデオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ソリューション、サービス)分析、ソリューション(ウェブキャスティング、動画コンテンツ管理、ビデオ会議)分析、用途(コーポレートコミュニケーション、トレーニング・開発)分析、産業分析、エンタープライズビデオの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のフォトマスク市場2015
    本調査レポートでは、中国のフォトマスク市場2015について調査・分析し、フォトマスクの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラー充電器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ソーラー充電器の世界市場について調査・分析し、ソーラー充電器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ソーラー充電器シェア、市場規模推移、市場規模予測、ソーラー充電器種類別分析(5ワット未満、5-10ワット、10-20ワット、21ワット以上)、ソーラー充電器用途別分析(携帯型家電、自動車、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ソーラー充電器の市場概観 ・ソーラー充電器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ソーラー充電器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ソーラー充電器の世界市場規模 ・ソーラー充電器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ソーラー充電器のアメリカ市場規模推移 ・ソーラー充電器のカナダ市場規模推移 ・ソーラー充電器のメキシコ市場規模推移 ・ソーラー充電器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ソーラー充電器のドイツ市場規模推移 ・ソーラー充電器のイギリス市場規模推移 ・ソーラー充電器のロシア市場 …
  • 世界の商用薬剤分析市場予測2013-2027
    本調査レポートでは、世界の商用薬剤分析市場について調査・分析し、世界の商用薬剤分析市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ネパールのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のレーザ式ガス分析計市場2019
    本調査レポートでは、世界のレーザ式ガス分析計市場2019について調査・分析し、レーザ式ガス分析計の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、レーザ式ガス分析計のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、レーザ式ガス分析計メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レーザ式ガス分析計の市場概要 ・レーザ式ガス分析計の上流・下流市場分析 ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レーザ式ガス分析計の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・レーザ式ガス分析計の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レーザ式ガス分析計の北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 積層セラミックコンデンサの世界市場:クラス別(クラス1、クラス2)、用途別(民生機器、自動車、製造、ヘルスケア、その他)
    本資料は、積層セラミックコンデンサの世界市場について調べ、積層セラミックコンデンサの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、クラス別(クラス1、クラス2)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・積層セラミックコンデンサの世界市場概要 ・積層セラミックコンデンサの世界市場環境 ・積層セラミックコンデンサの世界市場動向 ・積層セラミックコンデンサの世界市場規模 ・積層セラミックコンデンサの世界市場:市場シェア ・積層セラミックコンデンサの世界市場:クラス別(クラス1、クラス2) ・積層セラミックコンデンサの世界市場:用途別(民生機器、自動車、製造、ヘルスケア、その他) ・積層セラミックコンデンサの世界市場:地域別市場規模・分析 ・積層セラミックコンデンサの北米市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのアメリカ市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのヨーロッパ市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのアジア市場規模・予測 ・積層セラミックコ …
  • ロシアの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場2017-2021:予燃焼回収、燃焼後回収、酸素燃焼回収
    当調査レポートでは、二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • NANDフラッシュメモリの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、NANDフラッシュメモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、NANDフラッシュメモリの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 業務用ドリンクディスペンサーの世界市場
    当調査レポートでは、業務用ドリンクディスペンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ドリンクディスペンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機着陸装置の世界市場予測(~2021):主脚、前脚
    当調査レポートでは、航空機着陸装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、航空機型式別分析、航空機着陸装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、データセンターの世界市場について調べ、データセンターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、データセンターの市場規模をセグメンテーション別(コンポーネント別(ITインフラ、電力管理システム、機械構造、一般的建設、セキュリティソリューション装置)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデータセンターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・データセンターの市場状況 ・データセンターの市場規模 ・データセンターの市場予測 ・データセンターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:コンポーネント別(ITインフラ、電力管理システム、機械構造、一般的建設、セキュリティソリューション装置) ・データセンターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因 …
  • マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場分析:製品別(スプリンクラー、ドリップ、中央ピボット、側方移動)、苗別(プランテーション作物、果樹園作物、畑作物)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場について調査・分析し、マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場動向、マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロ・機械化灌漑システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 地中熱ヒートポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、地中熱ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、地中熱ヒートポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管付着タンパク質1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管付着タンパク質1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管付着タンパク質1阻害剤の概要 ・血管付着タンパク質1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血管付着タンパク質1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管付着タンパク質1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管付着タンパク質1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • NMDA受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNMDA受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NMDA受容体アゴニストの概要 ・NMDA受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のNMDA受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NMDA受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NMDA受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 空港の動く歩道の世界市場
    当調査レポートでは、空港の動く歩道の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港の動く歩道の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 神経学診断装置の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"