"ジルコニウムの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10440)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ジルコニウムの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Zirconium
Zirconium (Zr) is a grayish-white chemical element sourced from mineral zircon (ZrSiO4) sand. It is strong, ductile, malleable, and extremely resistant to heat and corrosion by other agents in nature. It is very weak in absorbing thermal neutrons. Therefore, zirconium alloys are used in fuel cladding. Zirconium is widely used in various applications such as ceramics, chemicals, refractory, foundry, and television glass.

By volume, Technavio’s analysts forecast the global zirconium market to grow at a CAGR of 6.91% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global zirconium market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated through the sale of zirconium for end-uses such as ceramics, chemicals, foundry, refractories and others (zirconia, television glasses, and construction of nuclear plants).

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Zirconium Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Alkane Resources
• Exxaro Resources
• Iluka Resources
• Kenmare Resources
• Richards Bay Minerals (RBM)
• Tronox

[Other prominent vendors]
• Astron
• Chemours
• Cristal Mining (formerly Bemax Resources)
• Luxfer Group
• Molycorp
• Titanium

[Market driver]
• Demand from nuclear power sector
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Volatile raw material prices
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Increase in demand from new application areas
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"ジルコニウムの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Overview
• Chemical properties
• Value chain
• Zirconium reserves

PART 05: Market landscape
• Global zirconium market

PART 06: Segmentation by end-use
• Overview
• Global zirconium market for ceramics
• Global zirconium market for chemicals
• Global zirconium market for foundry
• Global zirconium market for refractories

PART 07: Segmentation by product type

PART 08: Segmentation by application

PART 09: Segmentation by geography
• Zirconium market in APAC
• Zirconium market in EMEA
• Zirconium market in Americas

PART 10: Key leading countries
• Australia
• South Africa
• China

PART 11: Market drivers
• Demand from nuclear power sector
• Growth in demand from ceramics industry
• Increase in demand from China

PART 12: Impact of drivers

PART 13: Market challenges
• Volatile raw material prices
• Supply and demand gap
• Stringent mining policy and high tariffs

PART 14: Impact of drivers and challenges

PART 15: Market trends
• Technological advances
• Increase in demand from new application areas
• Better replacement for titanium in dentistry

PART 16: Vendor landscape
• Competitive Scenario
• Other prominent vendors
• Key market vendors
• Alkane Resources
• Exxaro Resources
• Iluka Resources
• Kenmare Resources
• Richards Bay Minerals (RBM)
• Tronox

PART 17: Appendix
• List of abbreviations

PART 18: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Global zirconium market
Exhibit 02: Global zirconium market by product type
Exhibit 03: Global zirconium market by end-use
Exhibit 04: Global zirconium market by application
Exhibit 05: Global zirconium market by geography
Exhibit 06: Zirconium: Chemical properties
Exhibit 07: Utilization pattern: Zirconium compounds
Exhibit 08: Zirconium reserves 2015
Exhibit 09: Global zirconium market 2016-2020 (million metric tons)
Exhibit 10: Zirconium market by end-use 2015
Exhibit 11: Zirconium market by geography 2015
Exhibit 12: Five forces analysis
Exhibit 13: Global zirconium market by of end-use 2015 and 2020
Exhibit 14: Global zirconium market for ceramics 2016-2020 (million metric tons)
Exhibit 15: Global zirconium market for chemicals 2016-2020 (thousand metric tons)
Exhibit 16: Global zirconium market for foundry 2016-2020 (thousand metric tons)
Exhibit 17: Global zirconium market for refractories 2016-2020 (thousand metric tons)
Exhibit 18: Global zirconium market by product type 2015
Exhibit 19: Global zirconium market by application 2015
Exhibit 20: Global zirconium market by geography 2015 and 2020
Exhibit 21: Zirconium market in APAC 2016-2020 (million metric tons)
Exhibit 22: Key countries in APAC (MWe)
Exhibit 23: Zirconium market in EMEA 2016-2020 (thousand metric tons)
Exhibit 24: Key countries in EMEA (MWe)
Exhibit 25: Zirconium market in Americas 2016-2020 (thousand metric tons)
Exhibit 26: Key countries in Americas (MWe)
Exhibit 27: Key leading countries
Exhibit 28: Global nuclear industry facts 2015 (units)
Exhibit 29: Global housing price index 2000-2015 (equally weighted with 2000 as base year)
Exhibit 30: Global ceramics market 2014-2019 ($ billions)
Exhibit 31: Construction industry in China 2014-2019 ($ billions)
Exhibit 32: Impact of drivers
Exhibit 33: Zirconium prices in US ($ per metric ton)
Exhibit 34: Zirconium reserves 2015
Exhibit 35: Impact of drivers and challenges
Exhibit 36: Key buying criteria
Exhibit 37: Global zirconium market: Key vendors
Exhibit 38: Alkane Resources: Business segmentation
Exhibit 39: Exxaro Resources: Business segmentation
Exhibit 40: Kenmare resources: Product segmentation
Exhibit 41: Kenmare resources: Geographic segmentation
Exhibit 42: RBM: Product segmentation

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ジルコニウムの世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月5日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10440
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【キーワード】ジルコニウム、セラミック、化学、ジルコニウム用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ジルコニウムの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬剤
  • フローコンピュータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フローコンピュータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローコンピュータの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場:セグメント別市場分析 ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の赤外線温度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線温度計市場2015について調査・分析し、赤外線温度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱管理の世界市場予測(~2022年):熱管理材料、熱管理装置、熱管理サービス、用途
    当調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、材料種類別分析、デバイス種類別分析、サービス別分析、需要先別分析、熱管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤の概要 ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の第3世代太陽電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の第3世代太陽電池市場2015について調査・分析し、第3世代太陽電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フェイスケア(スキンケア)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • アジア太平洋の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 電力線搬送通信(PLC)の世界市場予測(~2023年):装置、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電力線搬送通信(PLC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、周波数別分析、用途別分析、産業別分析、電力線搬送通信(PLC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエーテルポリオール市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエーテルポリオール市場2015について調査・分析し、ポリエーテルポリオールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メラトニン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるメラトニン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・メラトニン受容体アゴニストの概要 ・メラトニン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のメラトニン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・メラトニン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・メラトニン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 一般消費者向けスキンケア機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一般消費者向けスキンケア機器の世界市場について調査・分析し、一般消費者向けスキンケア機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一般消費者向けスキンケア機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、一般消費者向けスキンケア機器種類別分析(洗浄用ブラシ、スチーマー、アンチエイジング用機器、ニキビケア機器、脱毛機器(エピレーター、IPL、レーザー))、一般消費者向けスキンケア機器用途別分析(オンライン、店頭)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一般消費者向けスキンケア機器の市場概観 ・一般消費者向けスキンケア機器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一般消費者向けスキンケア機器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一般消費者向けスキンケア機器の世界市場規模 ・一般消費者向けスキンケア機器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一般消費者向けスキンケア機器のアメリカ市場規模推移 ・一般消費者向けスキンケア機器のカナダ市場規模推移 ・一般消費者向けスキンケア機器 …
  • 世界の自動車信号用ワイヤー市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車信号用ワイヤー市場2016について調査・分析し、自動車信号用ワイヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サイレージ添加物の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、サイレージ添加物の世界市場について調査・分析し、サイレージ添加物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サイレージ添加物の世界市場:市場動向分析 - サイレージ添加物の世界市場:競争要因分析 - サイレージ添加物の世界市場:添加物別 ・化学抑制剤 ・吸収剤 ・酸添加剤 ・酵素 ・栄養 ・有機酸塩 ・接種剤 - サイレージ添加物の世界市場:用途別 ・穀物栽培 ・豆 ・その他 - サイレージ添加物の世界市場:主要地域別分析 - サイレージ添加物の北米市場規模(アメリカ市場等) - サイレージ添加物のヨーロッパ市場規模 - サイレージ添加物のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・サイレージ添加物の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場動向・予測(~2021年):ポリエステル繊維、エポキシ樹脂、炭素繊維、ガラス繊維
    当調査レポートでは、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チリの外傷固定装置市場見通し
  • 世界の真空炉市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空炉市場2015について調査・分析し、真空炉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チオレドキシン還元酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるチオレドキシン還元酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・チオレドキシン還元酵素阻害剤の概要 ・チオレドキシン還元酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のチオレドキシン還元酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・チオレドキシン還元酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・チオレドキシン還元酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 空港用報知システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空港用報知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港用報知システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は空港用報知システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、NEC、Rockwell Collins、RESA、Simpleway、SITA等です。
  • 救命救急診療の世界市場分析:テスト別(ルーチン・特殊化学、フローサイトメトリー、血液学、免疫タンパク質、微生物および感染症、凝固試験)、エンドユーザー別(手術室、緊急治療室、集中治療室)、地域別(米国、カナダ、ドイツ、英国、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、救命救急診療の世界市場について調査・分析し、救命救急診療の世界市場動向、救命救急診療の世界市場規模、市場予測、セグメント別救命救急診療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブラジルの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 生鮮食品包装の世界市場
    当調査レポートでは、生鮮食品包装の世界市場について調査・分析し、生鮮食品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生鮮食品包装の世界市場:市場動向分析 - 生鮮食品包装の世界市場:競争要因分析 - 生鮮食品包装の世界市場:材料別 ・ポリプロピレン(PP) ・ポリエチレン ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・紙 ・二軸延伸ポリエチレンテレフタレート(BOPET) ・アルミ ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:包装の種類別 ・ガセット袋 ・段ボール箱 ・半硬質 ・加工巻紙 ・軟質な紙およびボール紙 ・硬質のもの ・木 ・金属 ・ガラス ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:販売場所別 ・卸売業者 ・小売業者 - 生鮮食品包装の世界市場:用途別 ・野菜 ・肉および肉製品 ・果物 ・シーフード ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:主要地域別分析 - 生鮮食品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 生鮮食品包装のヨーロッパ市場規模 - 生鮮食品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生鮮食品 …
  • 飲料マルチパック用収縮フィルムの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、飲料マルチパック用収縮フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、パックサイズ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソーラートラッカー(太陽光追尾装置)市場2015
    本調査レポートでは、世界のソーラートラッカー(太陽光追尾装置)市場2015について調査・分析し、ソーラートラッカー(太陽光追尾装置)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インホイールモーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用インホイールモーター市場規模、技術別(ダイレクトドライブ、ギア減速)分析、駆動タイプ別(後輪駆動、前輪駆動、全輪駆動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用インホイールモーターの世界市場概要 ・自動車用インホイールモーターの世界市場環境 ・自動車用インホイールモーターの世界市場動向 ・自動車用インホイールモーターの世界市場規模 ・自動車用インホイールモーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用インホイールモーターの世界市場:技術別(ダイレクトドライブ、ギア減速) ・自動車用インホイールモーターの世界市場:駆動タイプ別(後輪駆動、前輪駆動、全輪駆動) ・自動車用インホイールモーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用インホイールモーターの北米市場規模・予測 ・自動車用インホイールモーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • eディスカバリソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、eディスカバリソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、eディスカバリソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の四塩化エチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の四塩化エチレン市場2015について調査・分析し、四塩化エチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動スクーター用電池の世界市場:鉛蓄電池、ニッケル・水素充電池、リチウムイオン電池
    当調査レポートでは、電動スクーター用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動スクーター用電池の世界市場規模及び予測、電池種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非破壊検査(NDT)の世界市場:目視試験、磁粉探傷試験、浸透探傷試験、渦電流探傷試験、超音波探傷試験、放射線透過試験、アコースティック・エミッション、テラヘルツイメージング
    当調査レポートでは、非破壊検査(NDT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のチューブパッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のチューブパッケージ市場2015について調査・分析し、チューブパッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 薫製魚の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、薫製魚の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薫製魚市場規模、処理方法別(温薫魚、冷薫魚)分析、製品別(スモークサーモン、薫製サバ、薫製ニシン、燻製マス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薫製魚の世界市場概要 ・薫製魚の世界市場環境 ・薫製魚の世界市場動向 ・薫製魚の世界市場規模 ・薫製魚の世界市場:業界構造分析 ・薫製魚の世界市場:処理方法別(温薫魚、冷薫魚) ・薫製魚の世界市場:製品別(スモークサーモン、薫製サバ、薫製ニシン、燻製マス、その他) ・薫製魚の世界市場:地域別市場規模・分析 ・薫製魚の北米市場規模・予測 ・薫製魚のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・薫製魚のアジア太平洋市場規模・予測 ・薫製魚の主要国分析 ・薫製魚の世界市場:意思決定フレームワーク ・薫製魚の世界市場:成長要因、課題 ・薫製魚の世界市場:競争環境 ・薫製魚の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • イスラエルの体外式除細動器市場見通し
  • NS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤の概要 ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS5Bポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 商用航空機用水中ビーコンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用航空機用水中ビーコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用航空機用水中ビーコンの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二重巻トランス(変圧器)市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 3Dアニメーションの世界市場予測(~2022年):3Dモデリング、モーショングラフィックス、3Dレンダリング、視覚効果
    当調査レポートでは、3Dアニメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、産業別分析、サービス別分析、地域別分析、3Dアニメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライム病検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場見通し2016-2022:モバイルコンピュータ、バーチャルマシン、POS端末、ワイヤレス通信装置、IPテレフォニー
    当調査レポートでは、DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場について調査・分析し、DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:市場動向分析 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:競争要因分析 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:バージョン別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:インフラストラクチャ別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の北米市場 …
  • 光線治療用装置の世界市場予測:ロングランプ、CFL、LED、光ファイバー
    当調査レポートでは、光線治療用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、光線治療用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンベヤシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コンベヤシステムの世界市場について調査・分析し、コンベヤシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コンベヤシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、コンベヤシステム種類別分析(ローラーコンベヤ、ベルトコンベヤ、オーバーヘッドコンベヤ、パレットコンベヤ、その他)、コンベヤシステム用途別分析(自動車、飲食料品、工学機械、小売り、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コンベヤシステムの市場概観 ・コンベヤシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コンベヤシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コンベヤシステムの世界市場規模 ・コンベヤシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コンベヤシステムのアメリカ市場規模推移 ・コンベヤシステムのカナダ市場規模推移 ・コンベヤシステムのメキシコ市場規模推移 ・コンベヤシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コンベヤシステムのドイツ市場規模推移 ・ …
  • スマートモーターの世界市場:可変速駆動(VSD)、モーターコントロールセンター(MCC)、モーター
    当調査レポートでは、スマートモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 世界の電子試験装置市場2019
    本調査レポートでは、世界の電子試験装置市場2019について調査・分析し、電子試験装置の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、電子試験装置のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、電子試験装置メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・電子試験装置の市場概要 ・電子試験装置の上流・下流市場分析 ・電子試験装置のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子試験装置のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子試験装置のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電子試験装置のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子試験装置の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子試験装置の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子試験装置の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電子試験装置の北米市場:市場予測(生産 …
  • 防湿絶縁コーティングの世界市場:アクリル塗料、エポキシ塗料、ウレタン塗料、シリコーン塗料、パリレン塗料
    当調査レポートでは、防湿絶縁コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)市場2018-2023
    本調査レポートでは、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場について調査・分析し、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(モノマーの重合、樹脂の劣化)、用途別市場規模(工業用プラスチック、インク、塗料、潤滑油・グリース、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場概要 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の企業別市場シェア ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の地域別市場規模 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の種類別市場規模(モノマーの重合、樹脂の劣化) ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の用途別市場 …
  • 空間光変調器(SLM)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、空間光変調器(SLM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、解像度別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用ウェアラブル装置の世界市場規模が2019年11億ドルから2024年86億ドルまで年平均50.2%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用ウェアラブル装置市場について調査・分析し、市場概要、装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド、その他)分析、コンポーネント別(プロセッサ&メモリモジュール、光学システム&ディスプレイ、電気機械、ケース、フレーム、タッチパッド&センサー、接続コンポーネント、カメラモジュール、その他)分析、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド、その他) ・世界の産業用ウェアラブル装置市場:コンポーネント別(プロセッサ&メモリモジュール、光学システム&ディスプレイ、電気機械、ケース、フレーム、タッチパ …
  • 世界の六ほう化ランタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の六ほう化ランタン市場2016について調査・分析し、六ほう化ランタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進CO2センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、先進CO2センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進CO2センサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"