"GaN高周波(RF)デバイスの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10579)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"GaN高周波(RF)デバイスの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About GaN
Silicon has been the preferred choice for computing and electronic devices since its invention almost 50 years ago. However, the constant evolution of technology demands high power and ever greater enhancements in the core semiconductor materials to ensure high performance. GaN has superior properties than silicon such as high breakdown voltage and saturation velocity. The bandgap in GaN is almost thrice the bandgap of silicon. Thus, GaN has the ability to improve power conversion efficiencies, raise power density levels, extend battery lives, and accelerate switching speeds in different end-user segments such as consumer electronics products, telecommunications hardware, electric vehicles, or domestic appliances.

Technavio’s analysts forecast the global GaN radio frequency (RF) devices market to grow at a CAGR of 18.94% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global GaN radio frequency (RF) devices market for 2016-2020. The report considers the use of GaN RF devices in different end-user segments such as cellular infrastructure (telecom towers, base stations, telecom infrastructure, and cellular networks); defense sector (military communications, radar, and electronic warfare); CATV (cable television dishes); and others (medical, satellite communications, broadband amplifiers, wired broadband, and ISM band applications).

The market is divided into the following segments based on geography:
• APAC
• Europe
• North America
• ROW

Technavio’s report, Global GaN Radio Frequency (RF) Devices Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• GAN Systems
• Infineon Technologies
• NXP Semiconductor
• Qorvo
• Wolfspeed (Cree)

[Other prominent vendors]
• Ampleon Netherlands B.V.
• Avago Technologies
• Efficient Power Conversion (EPC)
• Fujitsu Semiconductor
• INTEGRA Technologies
• MACOM
• Microsemi
• Northrop Grumman
• NTT Advanced Technology Corporation
• RFHIC
• Sumitomo Electric Device Innovations
• ST-Ericsson
• Texas Instruments
• Toshiba
• United Monolithic Semiconductors (UMS)
• WIN Semiconductors

[Market driver]
• Proliferation of next-generation LTE wireless networks
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Requirement for high investment
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• High adoption GaN power amplifiers
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"GaN高周波(RF)デバイスの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Definition
• Source year and forecast period
• Market overview
• Market segmentation
• Geographical coverage
• Vendor segmentation
• Common currency conversion rates
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Technology landscape

PART 06: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 07: Market segmentation by sector application
• Cellular infrastructure
• Defense sector
• CATV
• Others

PART 08: Geographical segmentation
• North America
• APAC
• Europe
• RoW

PART 09: Market drivers
• Proliferation of next-generation LTE wireless networks
• Dawn of carrier aggregation
• Large-scale use of GaN RF by defense sector
• Emerging companies focusing on gallium-based compounds
• GaN RF gaining ground in APAC

PART 10: Impact of drivers

PART 11: Market challenges
• Requirement for high investment
• Scarcity of professionals for GaN semiconductor devices
• Availability of substitute technologies
• Time to market pressures
• Uncertain economic conditions

PART 12: Impact of drivers and challenges

PART 13: Market trends
• High adoption GaN power amplifiers
• Growing number of smart cities
• Increasing prominence of GaN die
• Proliferation of IoT

PART 14: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Other prominent vendors

PART 15: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Global GaN RF devices market segmentation
Exhibit 02: List of countries in key regions
Exhibit 03: Market vendors
Exhibit 04: Currency conversions
Exhibit 05: Product offerings
Exhibit 06: Power devices and GaN applications
Exhibit 07: GaN versus other semiconductor materials
Exhibit 08: Global GaN RF devices market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 09: Five forces analysis
Exhibit 10: GaN RF device applications 2015-2020 (% share)
Exhibit 11: GaN RF device applications 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 12: Global GaN RF devices market in the cellular infrastructure sector 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 13: Global GaN RF devices market in the defense sector 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 14: Global GaN RF devices market in CATV 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: Global GaN RF devices market in other sectors 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 16: Regional breakdown of GaN RF devices 2015-2020 (% share)
Exhibit 17: Regional breakdown of GaN RF devices 2015-2020 (% share)
Exhibit 18: Global GaN RF devices market in North America 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 19: Global GaN RF devices market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Global GaN RF devices market in Europe 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 21: Global GaN RF devices market in RoW 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 22: LTE networks over the years
Exhibit 23: US funding to DoD for Procurement in FY2015
Exhibit 24: US funding to DoD for RDT&E programs in FY2015
Exhibit 25: Defense budget for military spending 2015 ($ billions)
Exhibit 26: Impact of drivers
Exhibit 27: Impact of drivers and challenges
Exhibit 28: Requirement for IoT
Exhibit 29: Factors of competition in global GaN RF devices market
Exhibit 30: Other prominent vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】GaN高周波(RF)デバイスの世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月5日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10579
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】GaN高周波デバイス、RFデバイス、移動通信インフラ、防衛、ケーブルテレビ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
GaN高周波(RF)デバイスの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 洋上風力発電の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、洋上風力発電の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・洋上風力発電の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・洋上風力発電の世界市場:構成要素別市場分析 ・洋上風力発電の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • マイクロタービンの世界市場予測(~2022年):電力定格、用途、エンドユーザー、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電力別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、マイクロタービンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の小関節処置動向(~2021)
  • 世界のイヤホンケーブルワイヤー市場2015
    本調査レポートでは、世界のイヤホンケーブルワイヤー市場2015について調査・分析し、イヤホンケーブルワイヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの体外式除細動器市場見通し
  • 卑金属採掘の世界市場
    当調査レポートでは、卑金属採掘の世界市場について調査・分析し、卑金属採掘の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 調味料・ドレッシング・ソースのイタリア市場
  • 肝臓-大腸転移(Hepatic – Colorectal Metastasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の概要 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 血液検査の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、血液検査の世界市場について調査・分析し、血液検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血液検査の世界市場:市場動向分析 - 血液検査の世界市場:競争要因分析 - 血液検査の世界市場:技術別 ・次世代シーケンシング(NGS) ・迅速試験 ・ウエスタンブロット解析 ・酵素結合免疫吸着測定法(ELISA) ・核酸増幅検査(NAT) - 血液検査の世界市場:製品・サービス別 ・ソフトウェア・サービス ・器具 ・試薬・検査キット - 血液検査の世界市場:用途別 ・糖尿病血液検査 ・心血管疾患血液検査 ・癌血液検査 ・血液疾患血液検査 ・自己免疫疾患および食物アレルギー検査 ・妊娠血液検査 ・肝疾患血液検査 ・腎疾患血液検査 ・家庭モニタリング血液検査 ・不妊症血液検査 - 血液検査の世界市場:エンドユーザー別 ・血液バンク ・病院 - 血液検査の世界市場:主要地域別分析 - 血液検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血液検査のヨーロッパ市場規模 - 血液検査のアジア市場規模(日本市場、中 …
  • 統合職場管理システム(IWMS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、統合職場管理システム(IWMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • K-12向けオンライン個別学習のアジア太平洋市場2017-2021
    当調査レポートでは、K-12向けオンライン個別学習のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12向けオンライン個別学習のアジア太平洋市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田用掘削エレベーターの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田用掘削エレベーターの世界市場について調べ、油田用掘削エレベーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田用掘削エレベーターの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は油田用掘削エレベーターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田用掘削エレベーターの市場状況 ・油田用掘削エレベーターの市場規模 ・油田用掘削エレベーターの市場予測 ・油田用掘削エレベーターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田用掘削エレベーターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 港湾・ターミナル業務の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、港湾・ターミナル業務の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、港湾・ターミナル業務の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スクリュー圧縮機の世界市場予測(~2021):種類別(オイルフリー、油冷式)、段別、技術別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、スクリュー圧縮機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、段別分析、技術別分析、需要先別分析、スクリュー圧縮機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ARMマイクロコントローラーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ARMマイクロコントローラーの世界市場について調査・分析し、ARMマイクロコントローラーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ARMマイクロコントローラーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ARMマイクロコントローラー種類別分析(80ピン未満、80-120ピン、121ピン以上)、ARMマイクロコントローラー用途別分析(工業、自動車、通信、医療、消費財、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ARMマイクロコントローラーの市場概観 ・ARMマイクロコントローラーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ARMマイクロコントローラーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ARMマイクロコントローラーの世界市場規模 ・ARMマイクロコントローラーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ARMマイクロコントローラーのアメリカ市場規模推移 ・ARMマイクロコントローラーのカナダ市場規模推移 ・ARMマイクロコントローラーのメキシコ市場規模推移 ・ARMマイク …
  • プラスチック包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチック包装市場規模、プラスチックの種類別(軟質、硬質)分析、材料別(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、ポリスチレン、その他)分析、製品タイプ別(バッグ、ボトル・ジャー、缶、パウチ、ラップ、その他)分析、エンドユーザー別(美容・パーソナルケア、食品・飲料、ヘルスケア・医薬品、ホームケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ プラスチック包装の世界市場:市場動向分析 ・ プラスチック包装の世界市場:競争要因分析 ・ プラスチック包装の世界市場:プラスチックの種類別(軟質、硬質) ・ プラスチック包装の世界市場:材料別(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、ポリスチレン、その他) ・ プラスチック包装の世界市場:製品タイプ別(バッグ、ボトル・ジャー、缶、パウチ、ラップ、その他) …
  • グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)市場規模、製品別(鮮肉、加工肉)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Conagra Brands, Hormel Foods, JBS, Sysco Corporation, Verde Farmsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場概要 ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場環境 ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場動向 ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場規模 ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場:業界構造分析 ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場:製品別(鮮肉、加工肉) ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)の北米市場規模・予測 ・グラスフェッドビ …
  • 青果用コーティング剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、青果用コーティング剤の世界市場について調べ、青果用コーティング剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、青果用コーティング剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(果物コーティング、野菜コーティング)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は青果用コーティング剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・青果用コーティング剤の市場状況 ・青果用コーティング剤の市場規模 ・青果用コーティング剤の市場予測 ・青果用コーティング剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(果物コーティング、野菜コーティング) ・青果用コーティング剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • メモリスタ素子の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、メモリスタ素子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メモリスタ素子の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はメモリスタ素子の世界市場が2017-2021年期間中に年平均69.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Hewlett-Packard、Intel、SAMSUNG、SK HYNIX等です。
  • スマートロックの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調べ、スマートロックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートロックの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(家庭用、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスマートロックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8.45%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートロックの市場状況 ・スマートロックの市場規模 ・スマートロックの市場予測 ・スマートロックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(家庭用、その他) ・スマートロックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • レベルセンサの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レベルセンサの世界市場について調査・分析し、レベルセンサの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レベルセンサシェア、市場規模推移、市場規模予測、レベルセンサ種類別分析(接触型、非接触型)、レベルセンサ用途別分析(石油・ガス、化学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レベルセンサの市場概観 ・レベルセンサのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レベルセンサのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レベルセンサの世界市場規模 ・レベルセンサの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レベルセンサのアメリカ市場規模推移 ・レベルセンサのカナダ市場規模推移 ・レベルセンサのメキシコ市場規模推移 ・レベルセンサのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レベルセンサのドイツ市場規模推移 ・レベルセンサのイギリス市場規模推移 ・レベルセンサのロシア市場規模推移 ・レベルセンサのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • バイオガス精製の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオガス精製の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオガス精製市場規模、技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄)分析、用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオガス精製の世界市場:市場動向分析 ・ バイオガス精製の世界市場:競争要因分析 ・ バイオガス精製の世界市場:技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄) ・ バイオガス精製の世界市場:用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト) ・ バイオガス精製の世界市場:主要地域別分析 ・ バイオガス精製の北米市場規模(アメリカ市 …
  • 高密度マルチプレックス診断検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 世界のスチロール樹脂市場2016
    本調査レポートでは、世界のスチロール樹脂市場2016について調査・分析し、スチロール樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビデオゲーム広告の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビデオゲーム広告の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビデオゲーム広告の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベビー・子供安全用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー・子供安全用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー・子供安全用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルコール依存症(Alcohol Addiction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)のフェーズ3治験薬の状況 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬の市場規模(販売予測) ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬剤
  • リビアの市場見通し(~2021年)
  • 核廃棄物管理の世界市場2017-2027:廃棄物種類別、原子炉別(沸騰水型、ガス冷却型、加圧水型、加圧重水炉型)、地域別
    当調査レポートでは、核廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、核廃棄物管理の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーGIS、開発者GIS、モバイルGIS、その他)、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)
    本資料は、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場について調べ、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場概要 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場環境 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場動向 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場規模 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーG …
  • 世界のナノコーティング市場:家庭用ケア、衛生、室内空気質用途
  • 歩行バイオメトリクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、歩行バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歩行バイオメトリクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のIVD市場
    当調査レポートでは、中国のIVD市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のIVD市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用タービンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用タービンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用タービン市場規模、製品別(ガスタービン、蒸気タービン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用タービンの世界市場概要 ・工業用タービンの世界市場環境 ・工業用タービンの世界市場動向 ・工業用タービンの世界市場規模 ・工業用タービンの世界市場:業界構造分析 ・工業用タービンの世界市場:製品別(ガスタービン、蒸気タービン) ・工業用タービンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用タービンのアメリカ市場規模・予測 ・工業用タービンのヨーロッパ市場規模・予測 ・工業用タービンのアジア市場規模・予測 ・工業用タービンの主要国分析 ・工業用タービンの世界市場:意思決定フレームワーク ・工業用タービンの世界市場:成長要因、課題 ・工業用タービンの世界市場:競争環境 ・工業用タービンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 農薬の世界市場分析:肥料、作物保護用化学品、植物成長調整剤
    本調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、農薬の世界市場動向、農薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別農薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シート・モールディング・コンパウンド(SMC)及びバルク・モールディング・コンパウンド(BMC)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、シート・モールディング・コンパウンド(SMC)及びバルク・モールディング・コンパウンド(BMC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボットトータルステーションの世界市場:0.5 ”-1 ”精度、2 ”-その他の精度
    当調査レポートでは、ロボットトータルステーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(0.5 ''-1 ''精度および2 ''-その他の精度)分析、用途別(調査、エンジニアリング、建設、および発掘)分析、エンドユーザー別(建設、ユーティリティ、鉱業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ロボットトータルステーションの世界市場:種類別(0.5 ''-1 ''精度および2 ''-その他の精度) ・ロボットトータルステーションの世界市場:用途別(調査、エンジニアリング、建設、および発掘) ・ロボットトータルステーションの世界市場:エンドユーザー別(建設、ユーティリティ、鉱業、その他) ・ロボットトータルステーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 血管パッチの世界市場:材料別(生物学的血管パッチ、人工血管パッチ)、用途別(頸動脈血管内膜切除術、腹部大動脈瘤の開腹手術、血管バイパス手術、その他)、地域別予測
    本資料は、血管パッチの世界市場について調べ、血管パッチの世界規模、市場動向、市場環境、材料別(生物学的血管パッチ、人工血管パッチ)分析、用途別(頸動脈血管内膜切除術、腹部大動脈瘤の開腹手術、血管バイパス手術、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・血管パッチの世界市場概要 ・血管パッチの世界市場環境 ・血管パッチの世界市場動向 ・血管パッチの世界市場規模 ・血管パッチの世界市場規模:材料別(生物学的血管パッチ、人工血管パッチ) ・血管パッチの世界市場規模:用途別(頸動脈血管内膜切除術、腹部大動脈瘤の開腹手術、血管バイパス手術、その他) ・血管パッチの世界市場:地域別市場規模・分析 ・血管パッチの北米市場規模・予測 ・血管パッチのアメリカ市場規模・予測 ・血管パッチのヨーロッパ市場規模・予測 ・血管パッチのアジア市場規模・予測 ・血管パッチの日本市場規模・予測 ・血管パッチの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の石油添加剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油添加剤市場2015について調査・分析し、石油添加剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術創感染(Surgical Wound Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における手術創感染(Surgical Wound Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、手術創感染(Surgical Wound Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・手術創感染(Surgical Wound Infections)の概要 ・手術創感染(Surgical Wound Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の手術創感染(Surgical Wound Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・手術創感染(Surgical Wound Infectio …
  • 航空機用ナノ技術コーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、航空機用ナノ技術コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用ナノ技術コーティングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空機用ナノ技術コーティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AnCatt• Applied Thin Films• FlightShield• Glonatech • triple等です。
  • パッシブ認証の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パッシブ認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素(ソリューション、サービス)別分析、業務機能別分析、導入方式別分析、産業別分析、パッシブ認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の眼科用レンズ&精密光学製造装置市場
    本調査レポートは眼科用レンズ&精密光学製造装置のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(眼科用レンズ、精密光学系)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・眼科用レンズ&精密光学製造装置のアジア太平洋市場:用途別(眼科用レンズ、精密光学系) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 脳脊髄液(CSF)管理機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、脳脊髄液(CSF)管理機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳脊髄液(CSF)管理機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の大豆レシチン市場2015
    本調査レポートでは、中国の大豆レシチン市場2015について調査・分析し、大豆レシチンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信
    当調査レポートでは、電力線搬送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力線搬送の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用カムレス型のエンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用カムレス型のエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用カムレス型のエンジンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 遅発性ジスキネジア治療薬の世界市場2019-2023
    遅発性ジスキネジアとは、統合失調症、双極性障害およびその他の脳状態を含む精神障害の治療に使用する抗精神病薬の副作用として発症する、顔や体の不随意運動を指します。遅発性ジスキネジア治療薬の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率4.44%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、F. Hoffmann-La Roche、Merck、Neurocrine Biosciences、Novartis、Teva Pharmaceuticalなどです。 当調査レポートでは、遅発性ジスキネジア治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遅発性ジスキネジア治療薬市場規模、製品別(AUSTEDO・INGREZZA、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・遅発性ジスキネジア治療薬の世界市場概要 ・遅発性ジスキネジア治療薬の世界市場環境 ・遅発性ジスキネジア治療薬の世界市場動向 ・遅発性ジスキネジア治療薬の世界市場規模 ・遅発 …
  • ニードルコークスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ニードルコークスの世界市場について調べ、ニードルコークスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ニードルコークスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(グラファイト産業、電池産業、その他)、)と地域別(米州、アジア、ヨーロッパ、中東・アフリカ)に分けて算出しました。Technavio社はニードルコークスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ニードルコークスの市場状況 ・ニードルコークスの市場規模 ・ニードルコークスの市場予測 ・ニードルコークスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(グラファイト産業、電池産業、その他) ・ニードルコークスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:米州、アジア、ヨーロッパ、中東・アフリカ ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"