"接着剤・シーラント剤の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10414)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"接着剤・シーラント剤の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Adhesives and SealantsAdhesives and sealants are differentiated by the type of bonding involved, especially by their physical and chemical mechanisms. Adhesives cover a broad segment, which includes materials such as glue, cement, mucilage, and others. It consists of polymers that help in hardening due to chemical or physical reactions.
Technavio’s analysts forecast the global adhesives and sealants market to grow at a CAGR of 5.06% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global adhesives and sealants market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of adhesives and sealants in building and construction, paper and packaging, transportation, leather and footwear, furniture, and other industries.
The market is divided into the following segments based on geography:
• North America
• APAC
• Europe
• ROW
Technavio’s report, Global Adhesives and Sealants Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• 3M
• Arkema
• Dow
• H.B. Fuller
• Henkel

[Other prominent vendors]
• Avery Dennison
• ITW
• Franklin International
• Mapei
• Royal Adhesives & Sealants
• RPM International
• Wacker Chemie

[Market driver]
• High growth of reactive technology-based products
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Expected rise in prices of adhesives
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Emerging technologies presenting growth opportunities
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"接着剤・シーラント剤の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Product definition
• Benefits of adhesives and sealants
• Market outlook

PART 05: Market landscape
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by technology
• Market overview
• Global adhesives and sealants market by water-based technology
• Global adhesives and sealants market by reactive technology
• Global adhesives and sealants market by hot-melt technology
• Global adhesives and sealants market by solvent-based technology

PART 07: Market segmentation by application
• Market overview
• Global adhesives and sealants market in building and construction segment
• Global adhesives and sealants market in paper and packaging segment
• Global adhesives and sealants market in transportation segment
• Global adhesives and sealants market in leather and footwear segment
• Global adhesives and sealants market in furniture segment
• Global adhesives and sealants market in others segment

PART 08: Geographical segmentation
• Market overview
• Adhesives and sealants market in APAC
• Adhesives and sealants market in North America
• Adhesives and sealants market in Europe
• Adhesives and sealants market in ROW

PART 09: Market drivers
• High growth of reactive technology-based products
• Recovering construction industry
• Increasing popularity of vinyl adhesives in major applications
• Growing demand from automotive industry

PART 10: Impact of drivers

PART 11: Market challenges
• Expected rise in prices of adhesives
• Threat from VOC emissions
• Production constraints

PART 12: Impact of drivers and challenges

PART 13: Market trends
• Emerging technologies presenting growth opportunities
• Demand for bioadhesives
• Increased application of high-temperature adhesives and sealants
• Growing demand for specialty adhesives and sealants

PART 14: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Major market vendors
• Other prominent vendors

PART 15: Key vendor analysis
• 3M
• Arkema
• Dow
• H.B. Fuller
• Henkel

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Global adhesives and sealants market 2016-2020
Exhibit 02: Global adhesives and sealants market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 03: Segmentation of adhesives and sealants market 2015
Exhibit 04: Global adhesives market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 05: Global sealants market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Global adhesives and sealants market by technology 2015
Exhibit 08: Global adhesives and sealants market by technology 2020
Exhibit 09: Global adhesives and sealants market by water-based technology 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Global adhesives and sealants market by reactive technology 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 11: Global adhesives and sealants market by hot-melt technology 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Global adhesives and sealants market by solvent-based technology 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 13: Global adhesives and sealants market by application 2015
Exhibit 14: Global adhesives and sealants market by application 2020
Exhibit 15: Global adhesives and sealants market in building and construction segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Global adhesives and sealants market in paper and packaging segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Global adhesives and sealants market in transportation segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Global adhesives and sealants market in leather and footwear segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Global adhesives and sealants market in furniture segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 20: Global adhesives and sealants market in others segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 21: Global adhesives and sealants market by geography 2015
Exhibit 22: Global adhesives and sealants market by geography 2020
Exhibit 23: Adhesives and sealants market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 24: Adhesives and sealants market in North America 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 25: Adhesives and sealants market in Europe 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 26: Adhesives and sealants market in ROW 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 27: Impact of drivers
Exhibit 28: Impact of drivers and challenges
Exhibit 29: Global bioadhesives market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 30: Global adhesives and sealants market: Major vendors 2015
Exhibit 31:M: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 32: Arkema: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 33: Arkema: Product offerings
Exhibit 34: Dow: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 35: H.B. Fuller: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 36: Henkel: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 37: Henkel: Product categories

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】接着剤・シーラント剤の世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月6日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10414
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【キーワード】接着剤、シーラント剤、シーリング剤、水性接着剤、溶剤系接着剤
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
接着剤・シーラント剤の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 振動モニタリングの世界市場予測(~2023年):装置、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、振動モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、システム別分析、モニタリングプロセス別分析、地域別分析、振動モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 安全プレフィルド注射器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、安全プレフィルド注射器の世界市場について調査・分析し、安全プレフィルド注射器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別安全プレフィルド注射器シェア、市場規模推移、市場規模予測、安全プレフィルド注射器種類別分析(ガラス製、プラスチック製)、安全プレフィルド注射器用途別分析(皮下(Sub-Q)、筋肉内(IM)、静脈内 (IV))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・安全プレフィルド注射器の市場概観 ・安全プレフィルド注射器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・安全プレフィルド注射器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・安全プレフィルド注射器の世界市場規模 ・安全プレフィルド注射器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・安全プレフィルド注射器のアメリカ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のカナダ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のメキシコ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・安全 …
  • バーチャル教室の世界市場予測(~2023年)
    バーチャル教室の世界市場は、2018年の93億米ドルから2023年には196億米ドルに達し、この期間中16.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、企業における研修や開発を目的としたAR・VRの幅広い受け入れ、VR・ARの継続的な技術革新、個別化された学習経験の需要、バーチャル教室でのコネクテッドデバイスの使用などが考えられます。一方で、この市場は、業界規格の欠如、相互運用性の欠如、リソースやインフラの不足など、さまざまな課題に直面しています。当調査レポートでは、バーチャル教室の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション(コンテンツ管理、デバイス管理、UCC、セキュリティ)分析、ハードウェア(モバイルコンピューター、VR機器)分析、サービス(プロフェッショナル、マネージド)分析、導入モード分析、バーチャル教室の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子商取引向けパッケージングの世界市場:段ボール箱、ポリ袋
    当調査レポートでは、電子商取引向けパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子商取引向けパッケージングの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のL‐チロシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL‐チロシン市場2015について調査・分析し、L‐チロシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車内装材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車内装材料の世界市場について調査・分析し、自動車内装材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車内装材料の世界市場:市場動向分析 - 自動車内装材料の世界市場:競争要因分析 - 自動車内装材料の世界市場:車種別 商業用軽自動車 商業用大型自動車 乗用車 - 自動車内装材料の世界市場:材料別 布生地 合成皮革 ビニール 熱可塑性ポリマー ガラス 人工皮革 本革 木材 その他の材料 - 自動車内装材料の世界市場:製品別 座席カバー ライトカバー 内装飾材 ダッシュボード バンパー リザーバー エアバッグ シートベルト スカッフプレート ドアトリム 送風ダクト フロアマット その他の製品 - 自動車内装材料の世界市場:主要地域別分析 - 自動車内装材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車内装材料のヨーロッパ市場規模 - 自動車内装材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車内装材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • プラスミン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプラスミン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プラスミン阻害剤の概要 ・プラスミン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のプラスミン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プラスミン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プラスミン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 日本の発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • アンチロックブレーキシステムの世界市場:サブシステム別、車種別
    当調査レポートでは、アンチロックブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、サブシステム別(センサー、電子制御ユニット(ECU)、油圧ユニット)分析、車種別(二輪車、乗用車、商用車)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・アンチロックブレーキシステムの世界市場:サブシステム別(センサー、電子制御ユニット(ECU)、油圧ユニット) ・アンチロックブレーキシステムの世界市場:車種別(二輪車、乗用車、商用車) ・アンチロックブレーキシステムの世界市場:地域別 ・企業動向
  • トルクセンサーの世界市場予測(~2024年)
    トルクセンサーの世界市場は、2018年の94億米ドルから2024年には148億米ドルに達し、7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高性能の高性能自動車に対する需要の増加、トルク測定の重要性の増大、および電動パワーステアリング(EPS)システム用のトルクセンサーに対する需要の増加などが考えれられます。一方で、ハイエンド用途に利用可能なトルクセンサーの信頼性が高くないことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、トルクセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(回転トルクセンサー、反作用トルクセンサー)分析、用途(テスト・計測、自動車、工業、航空宇宙・防衛、その他)分析、技術分析、トルクセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 獣医向け注入ポンプの米国市場予測(~2021):種類別(大容量注入ポンプ、シリンジ注入ポンプ)、需要先別
  • 痙縮(Spasticity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における痙縮(Spasticity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、痙縮(Spasticity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・痙縮(Spasticity)の概要 ・痙縮(Spasticity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の痙縮(Spasticity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・痙縮(Spasticity)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・痙縮(Spasticity)治療薬開発 …
  • アグリゲノミクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アグリゲノミクスの世界市場について調査・分析し、アグリゲノミクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アグリゲノミクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、アグリゲノミクス種類別分析(イルミナHiSeq、サンガーシーケンサー、PacBioシーケンサー、SOLiDシーケンサー、その他)、アグリゲノミクス用途別分析(穀物、家畜)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アグリゲノミクスの市場概観 ・アグリゲノミクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アグリゲノミクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アグリゲノミクスの世界市場規模 ・アグリゲノミクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アグリゲノミクスのアメリカ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのカナダ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのメキシコ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アグリゲノミクスのドイツ市場規模推移 ・アグリゲノミクス …
  • 殺虫剤種子処理の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、殺虫剤種子処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、形状別分析、作物別分析、殺虫剤種子処理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 霊安室装置の世界市場
    当調査レポートでは、霊安室装置の世界市場について調査・分析し、霊安室装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の低電圧リレー市場2016
    本調査レポートでは、世界の低電圧リレー市場2016について調査・分析し、低電圧リレーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトップ10高成長複合材料市場
  • 飼料用香味料と甘味料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、飼料用香味料と甘味料の世界市場について調査・分析し、飼料用香味料と甘味料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:由来別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:形状別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:家畜別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 光学イメージングシステムの世界市場分析:技術別(光音響トモグラフィ、光干渉断層撮影、ハイパースペクトル画像化、近赤外分光法)、製品別(イメージングシステム、光学イメージングソフトウェア、カメラ、照明システム、レンズ)、用途別(病理イメージング、術中イメージング)、エンドユーザー別、治療分野別(眼科、心臓病、腫瘍学、皮膚科、神経学)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光学イメージングシステムの世界市場について調査・分析し、光学イメージングシステムの世界市場動向、光学イメージングシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別光学イメージングシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パキスタンの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の補聴器市場2016
    本調査レポートでは、世界の補聴器市場2016について調査・分析し、補聴器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート煙感知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート煙感知器の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート煙感知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均47.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Birdi• BRK Brands• Nest Labs等です。
  • オランダの心臓血管手術装置市場見通し
  • メキシコの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • スフィンゴシン1-リン酸阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸阻害剤の概要 ・スフィンゴシン1-リン酸阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 組立ライン用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、組立ライン用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、組立ライン用ロボットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水質浄化剤の世界市場:タイプ別(凝固剤、凝集剤、PH安定剤)、最終用途別(自治体、パルプ・製紙、テキスタイル、石油化学、金属・鉱業、その他)、地域別予測
    本資料は、水質浄化剤の世界市場について調べ、水質浄化剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(凝固剤、凝集剤、PH安定剤)分析、最終用途別(自治体、パルプ・製紙、テキスタイル、石油化学、金属・鉱業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・水質浄化剤の世界市場概要 ・水質浄化剤の世界市場環境 ・水質浄化剤の世界市場動向 ・水質浄化剤の世界市場規模 ・水質浄化剤の世界市場規模:タイプ別(凝固剤、凝集剤、PH安定剤) ・水質浄化剤の世界市場規模:最終用途別(自治体、パルプ・製紙、テキスタイル、石油化学、金属・鉱業、その他) ・水質浄化剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水質浄化剤の北米市場規模・予測 ・水質浄化剤のアメリカ市場規模・予測 ・水質浄化剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・水質浄化剤のアジア市場規模・予測 ・水質浄化剤の日本市場規模・予測 ・水質浄化剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬の世界市場機会分析・予測
    当調査レポートでは、B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • ファストカジュアルレストランの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファストカジュアルレストランの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファストカジュアルレストランの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤の概要 ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 欧州主要国の血栓管理装置市場(~2021)
  • 生物製剤の世界市場分析:由来別(微生物、哺乳類)、製品別(モノクローナル抗体、ワクチン、組換えタンパク質、アンチセンス、RNAi、分子治療)、病気の種類別、製造法別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、生物製剤の世界市場について調査・分析し、生物製剤の世界市場動向、生物製剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物製剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のテレフタル酸ポリエチレン(PET)市場2016
    本調査レポートでは、世界のテレフタル酸ポリエチレン(PET)市場2016について調査・分析し、テレフタル酸ポリエチレン(PET)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高尿酸血症(Hyperuricemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高尿酸血症(Hyperuricemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高尿酸血症(Hyperuricemia)の概要 ・高尿酸血症(Hyperuricemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • クリーンインプレースの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、クリーンインプレースの世界市場について調べ、クリーンインプレースの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、クリーンインプレースの市場規模をセグメンテーション別(製品別(再利用、使い捨て)、提供別、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はクリーンインプレースの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・クリーンインプレースの市場状況 ・クリーンインプレースの市場規模 ・クリーンインプレースの市場予測 ・クリーンインプレースの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(再利用、使い捨て) ・市場セグメンテーション:提供別 ・クリーンインプレースの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企 …
  • ロボットオペレーティングシステムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ロボットオペレーティングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ロボット種類別(多関節、スカラ、平行、デカルト、協調)分析、産業別(自動車、電気および電子、金属および機械、食品および飲料、ヘルスケア)分析、ロボットオペレーティングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ロボットオペレーティングシステムの世界市場規模が2019年312百万ドルから2024年467百万ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。
  • 世界のベースオイル市場:グループ別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、油圧オイル、グリース、金属加工液)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカ、MEA)
    MarketsandMarkets社は、ベースオイルの世界市場規模が2019年337億ドルから2024年396億ドルまで年平均3.3%成長すると予測しています。本書は、世界のベースオイル市場について調査・分析し、市場概要、種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)分析、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のベースオイル市場:種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV) ・世界のベースオイル市場:用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他) ・世界のベースオイル市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 水力発電の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、水力発電の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水力発電市場規模、発電容量別(マイクロ/ピコ水力発電、小型水力発電、ミニ水力発電、大規模水力発電)分析、種類別(揚水式、流れ込み式、貯水式)分析、用途別(産業、住宅、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 水力発電の世界市場:市場動向分析 ・ 水力発電の世界市場:競争要因分析 ・ 水力発電の世界市場:発電容量別(マイクロ/ピコ水力発電、小型水力発電、ミニ水力発電、大規模水力発電) ・ 水力発電の世界市場:種類別(揚水式、流れ込み式、貯水式) ・ 水力発電の世界市場:用途別(産業、住宅、商業) ・ 水力発電の世界市場:主要地域別分析 ・ 水力発電の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 水力発電のヨーロッパ市場規模 ・ 水力発電のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・水力発電の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • UAEの小売産業予測
  • エンベデッド・アナリティクスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、エンベデッド・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:ビジネス用途別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:展開モデル別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:分析ツール別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • アデノシンA2受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンA2受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンA2受容体拮抗薬の概要 ・アデノシンA2受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンA2受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンA2受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンA2受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場:タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場について調べ、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはXpress Non-Emergency Medical Transportation、Overview、Financial (Subject to Data Availability)、Product Summary、Recent Developments、Logisticare、American Medical Response、ATS Healthcare Solutions、DHL Healthcare、ARAMARK Healthcare、Crothall Healthcare、ProHealth Care、Piedmont Healthcare、Watts Healthcare、MTM、Molina …
  • 世界の熱可塑性ポリオレフィン(TPO)市場2016
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性ポリオレフィン(TPO)市場2016について調査・分析し、熱可塑性ポリオレフィン(TPO)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のBcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ウェアラブルディスプレイの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェアラブルディスプレイの世界市場について調べ、ウェアラブルディスプレイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェアラブルディスプレイの市場規模をセグメンテーション別(製品別(OLEDディスプレイ、TFT LCD、マイクロLEDディスプレイ)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社はウェアラブルディスプレイの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均31%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウェアラブルディスプレイの市場状況 ・ウェアラブルディスプレイの市場規模 ・ウェアラブルディスプレイの市場予測 ・ウェアラブルディスプレイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(OLEDディスプレイ、TFT LCD、マイクロLEDディスプレイ) ・ウェアラブルディスプレイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EM …
  • 脳機能モニタリング装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 高性能ポリアミドの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、高性能ポリアミドの世界市場規模が2017年18.4億ドルから2026年37.7億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、高性能ポリアミドの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高性能ポリアミド市場規模、種類別( PPA、PA 12、 PA 11、 PARA、PA 9T )分析、製品別(ケブラー繊維、ノーメックス)分析、エンドユーザー別(医療、電気電子、産業、交通手段、他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高性能ポリアミドの世界市場:市場動向分析 ・ 高性能ポリアミドの世界市場:競争要因分析 ・ 高性能ポリアミドの世界市場:種類別( PPA、PA 12、 PA 11、 PARA、PA 9T ) ・ 高性能ポリアミドの世界市場:製品別(ケブラー繊維、ノーメックス) ・ 高性能ポリアミドの世界市場:エンドユーザー別(医療、電気電子、産業、交通手段、他のエンドユ …
  • 無針ドラッグデリバリーデバイスの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、無針ドラッグデリバリーデバイスの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(吸入器、経皮パッチ、ジェットインジェクター)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・無針ドラッグデリバリーデバイスの世界市場:製品別(吸入器、経皮パッチ、ジェットインジェクター) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エレクトロクロミックガラス・デバイス市場規模、製品別(鏡、ディスプレイ、窓、その他)分析、材料別(ナノ結晶、ポリマー、反射性水素化物、遷移金属酸化物(TMO)、ビオロゲン)分析、用途別(住居、輸送、サービス、小売、商業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:市場動向分析 ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:競争要因分析 ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:製品別(鏡、ディスプレイ、窓、その他) ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:材料別(ナノ結晶、ポリマー、反射性水素化物、遷移金属酸化物(TMO)、ビオロゲン) ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:用途別(住居、輸送、サービス、小売、商業、その他) ・ エレクトロクロミックガ …
  • IBS-C薬の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、IBS-C薬の世界市場について調査・分析し、IBS-C薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"