"GaNデバイスの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10603)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"GaNデバイスの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About GaN
Silicon has been the preferred choice for computing and electronic devices since its invention almost 50 years ago. However, the constant evolution of technology demands high power and ever greater enhancements in the core semiconductor materials to ensure high performance. GaN has superior properties than silicon such as high breakdown voltage and saturation velocity. The bandgap in GaN is almost thrice the bandgap of silicon. Thus, GaN has the ability to improve power conversion efficiencies, raise power density levels, extend battery lives, and accelerate switching speeds in different end-user segments such as consumer electronics products, telecommunications hardware, electric vehicles, or domestic appliances.

Technavio’s analysts forecast the global GaN radio frequency (RF) devices market to grow at a CAGR of 18.94% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global GaN radio frequency (RF) devices market for 2016-2020. The report considers the use of GaN RF devices in different end-user segments such as cellular infrastructure (telecom towers, base stations, telecom infrastructure, and cellular networks); defense sector (military communications, radar, and electronic warfare); CATV (cable television dishes); and others (medical, satellite communications, broadband amplifiers, wired broadband, and ISM band applications).

The market is divided into the following segments based on geography:
• APAC
• Europe
• North America
• ROW

Technavio’s report, Global GaN Radio Frequency (RF) Devices Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• GAN Systems
• Infineon Technologies
• NXP Semiconductor
• Qorvo
• Wolfspeed (Cree)

[Other prominent vendors]
• Ampleon Netherlands B.V.
• Avago Technologies
• Efficient Power Conversion (EPC)
• Fujitsu Semiconductor
• INTEGRA Technologies
• MACOM
• Microsemi
• Northrop Grumman
• NTT Advanced Technology Corporation
• RFHIC
• Sumitomo Electric Device Innovations
• ST-Ericsson
• Texas Instruments
• Toshiba
• United Monolithic Semiconductors (UMS)
• WIN Semiconductors

[Market driver]
• Proliferation of next-generation LTE wireless networks
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Requirement for high investment
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• High adoption GaN power amplifiers
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"GaNデバイスの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Industry overview
• Technology landscape

PART 06: Market landscape
• GaN foundry overview
• Global GaN devices market size and forecast
• Five forces analysis

PART 07: Market segmentation by type
• Product segmentation
• Global GaN opto-semiconductor device market 2015-2020
• Global GaN power semiconductor devices market 2015-2020

PART 08: Market segmentation by end-user application
• Market overview
• GaN devices in cellular infrastructure sector
• GaN devices in the defense sector
• GaN devices in CATV
• GaN devices in other sectors

PART 09: Geographical segmentation
• Global GaN devices market by geography 2015-2020
• GaN devices market in APAC
• GaN devices market in Americas
• GaN devices market in EMEA

PART 10: Market drivers
• Growing popularity of GaN-based LED
• Increased use of GaN in EW in defense sector
• Adoption of GaN substrates in RF semiconductor devices

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges
• High investment requirements
• Limited thermal tolerance of GaN LEDs
• Scarcity of GaN semiconductor professionals

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends
• Growing prominence of GaN electric vehicle (EV) charger
• Increased adoption of GaN power amplifiers
• Rising prominence of GaN die
• Emergence of other GaN-based applications

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Major vendors 2015
• Other prominent vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Key regions
Exhibit 02: Types of GaN devices
Exhibit 03: Power devices and GaN applications
Exhibit 04: GaN versus other semiconductor materials
Exhibit 05: Global GaN devices market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Global GaN devices market by product segmentation 2015-2020 (% share)
Exhibit 08: Global GaN devices market by product segmentation 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 09: Global GaN opto-semiconductor devices market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 10: Global GaN power semiconductor devices market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 11: GaN device applications 2015-2020
Exhibit 12: Global GaN devices market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 13: Global GaN devices market segmentation by geography 2015-2020
Exhibit 14: Global GaN devices market segmentation by geography 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: GaN devices market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 16: GaN devices market in Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 17: GaN devices market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 18: Annual defense budget for military spending 2015
Exhibit 19: Impact of drivers
Exhibit 20: Impact of drivers and challenges
Exhibit 21: EV market share by countries 2014
Exhibit 22: Difference between GaN and GaAs
Exhibit 23: Evolution of quantum dots

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】GaNデバイスの世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月6日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10603
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】GaNデバイス、半導体デバイス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
GaNデバイスの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポンプジャックの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ポンプジャックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、重さ別分析、地域別分析、ポンプジャックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)の概要 ・化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • ハブモーターの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ハブモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、設置別(フロント、リア)分析、車両別(E-自転車、E-スクーター・モペット、E-バイク)分析、モーター別(ギヤード、ギヤレス)分析、販売チャネル別(OE、アフターマーケット)分析、ハブモーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-15(IL-15)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-15(IL-15)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-15(IL-15)阻害剤の概要 ・インターロイキン-15(IL-15)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-15(IL-15)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-15(IL-15)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-15(IL-15)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の射出成型プラスチック市場2015
    本調査レポートでは、世界の射出成型プラスチック市場2015について調査・分析し、射出成型プラスチックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ERPソフトウェアの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ERPソフトウェアの世界市場について調査・分析し、ERPソフトウェアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ERPソフトウェアの世界市場:市場動向分析 - ERPソフトウェアの世界市場:競争要因分析 - ERPソフトウェアの世界市場:展開別 ・オンクラウド ・オンプレミス - ERPソフトウェアの世界市場:機能別 ・金融 ・人材 ・マーケティング ・サプライチェーン ・その他 - ERPソフトウェアの世界市場:用途別 ・電気通信・IT ・行政・公共事業 ・銀行・金融サービス・保険(BFSI) ・航空宇宙・防衛・インテリジェンス ・製造 ・小売 ・その他 - ERPソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別 ・小企業 ・中企業 ・大企業 - ERPソフトウェアの世界市場:主要地域別分析 - ERPソフトウェアの北米市場規模(アメリカ市場等) - ERPソフトウェアのヨーロッパ市場規模 - ERPソフトウェアのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ERPソフトウェアの世界市 …
  • 中東の石油・ガスパイプライン産業見通し
  • 灌流装置の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、灌流装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、技術別分析、地域別分析、灌流装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トラック用ラックの世界市場2018–2025:製品別(スチール・アルミニウム)、用途別(OEM、アフターマーケット)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、中南米、MEA)
    本調査レポートでは、トラック用ラックの世界市場について調査・分析し、トラック用ラックの世界市場動向、トラック用ラックの世界市場規模、市場予測、セグメント別トラック用ラック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 患者エンゲージメントソリューションの世界市場:配信タイプ別(Web、クラウド、オンプレミス)、コンポーネント別、最終用途別、アプリケーション別、セグメント予測
    本調査レポートでは、患者エンゲージメントソリューションの世界市場について調査・分析し、患者エンゲージメントソリューションの世界市場動向、患者エンゲージメントソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別患者エンゲージメントソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 拡張現実(AR)及び仮想現実(VR)市場におけるM&A、未公開株式投資、特許申請分析
  • 網膜用治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、網膜用治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、網膜用治療薬市場規模、症状別(MD薬、DED薬、その他)分析、薬物クラス別(抗VEGF剤、コルチコステロイド、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・網膜用治療薬の世界市場概要 ・網膜用治療薬の世界市場環境 ・網膜用治療薬の世界市場動向 ・網膜用治療薬の世界市場規模 ・網膜用治療薬の世界市場:業界構造分析 ・網膜用治療薬の世界市場:症状別(MD薬、DED薬、その他) ・網膜用治療薬の世界市場:薬物クラス別(抗VEGF剤、コルチコステロイド、その他) ・網膜用治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・網膜用治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・網膜用治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・網膜用治療薬のアジア市場規模・予測 ・網膜用治療薬の主要国分析 ・網膜用治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・網膜用治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・網膜用治療薬の世界 …
  • デンタルサービスの世界市場:歯科インプラント、歯科矯正、美容歯科、歯周病サービス
    当調査レポートでは、デンタルサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デンタルサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モニター心電図の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モニター心電図の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モニター心電図の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用素材の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用素材の世界市場について調査・分析し、小型自動車用素材の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 次世代生物学的製剤の世界市場2016-2026
  • ZigBeeリモコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ZigBeeリモコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ZigBeeリモコンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 膵臓&胆汁用ステントの世界市場分析・予測
  • マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 風力タービン検査用ドローンの世界市場
    当調査レポートでは、風力タービン検査用ドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力タービン検査用ドローンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:ヨーロッパ主要国の治療薬市場
  • ラボ用冷凍機の世界市場:冷凍保存、血漿冷凍機、防爆形冷凍機、酵素冷凍機、極低冷凍機、貯蔵血液冷蔵庫、薬局冷蔵庫、クロマトグラフィー冷蔵庫
    当調査レポートでは、ラボ用冷凍機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の空気圧レギュレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界の空気圧レギュレータ市場2015について調査・分析し、空気圧レギュレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用温度調節器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用温度調節器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用温度調節器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシャフトドライブ自転車市場2015
    本調査レポートでは、世界のシャフトドライブ自転車市場2015について調査・分析し、シャフトドライブ自転車の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート灌漑の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、スマート灌漑の世界市場について調査・分析し、スマート灌漑の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・スマート灌漑の世界市場:市場動向分析 ・スマート灌漑の世界市場:競争要因分析 ・スマート灌漑の世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマート灌漑の世界市場:灌水制御装置別分析/市場規模 ・スマート灌漑の世界市場:ハードウェア・ネットワークコンポーネント別分析/市場規模 ・スマート灌漑の世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマート灌漑の北米市場規模・分析 ・スマート灌漑の欧州市場・分析 ・スマート灌漑のアジア市場・分析 ・スマート灌漑の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 腐食及びスケール防止剤の世界市場2017-2021:腐食防止剤、スケール防止剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、腐食及びスケール防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、腐食及びスケール防止剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は腐食及びスケール防止剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、Ashland、BASF、Evonik、Kemira等です。
  • HDPEパッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、HDPEパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HDPEパッケージングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モバイルコマースの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルコマースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルコマースの世界市場規模及び予測、プラットフォーム別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • ビスフェノールAの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビスフェノールAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビスフェノールAの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯肉炎(Gingivitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、歯肉炎(Gingivitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯肉炎(Gingivitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・歯肉炎(Gingivitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・歯肉炎(Gingivitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・歯肉炎(Gingivitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・歯肉炎(Gingivitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の歯肉炎(Gingivitis)治療薬剤
  • 医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場分析:用途別(股関節総置換、膝置換、肩置換、足首置換、小関節)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場について調査・分析し、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場動向、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるMT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの概要 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のMT-1メラトニン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・MT-1メラトニン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アルツハイマー病に伴う認知症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アルツハイマー病に伴う認知症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルツハイマー病に伴う認知症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アルツハイマー病に伴う認知症のフェーズ3治験薬の状況 ・アルツハイマー病に伴う認知症治療薬の市場規模(販売予測) ・アルツハイマー病に伴う認知症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アルツハイマー病に伴う認知症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアルツハイマー病に伴う認知症治療薬剤
  • アメリカのブラインド及びシェード市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのブラインド及びシェード市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのブラインド及びシェード市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州のステップストゥール市場-分析及び展望(~2022年)
  • ワクチン受託製造の世界市場2018–2025:ワクチンの種類別(弱毒生、不活化、サブユニット、トキソイド、DNA)、ワークフロー別(ダウンストリーム、アップストリーム)、用途別(人体用、動物用)
    本調査レポートでは、ワクチン受託製造の世界市場について調査・分析し、ワクチン受託製造の世界市場動向、ワクチン受託製造の世界市場規模、市場予測、セグメント別ワクチン受託製造市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のライスワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のライスワックス市場2015について調査・分析し、ライスワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット芝刈り機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ロボット芝刈り機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボット芝刈り機市場規模、最終用途別(家庭用、商業用)分析、作業範囲別(中規模(800~1,500平方メートル)、小規模(800平方メートル未満)、大規模(1500~10,500平方メートル))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボット芝刈り機の世界市場概要 ・ロボット芝刈り機の世界市場環境 ・ロボット芝刈り機の世界市場動向 ・ロボット芝刈り機の世界市場規模 ・ロボット芝刈り機の世界市場:業界構造分析 ・ロボット芝刈り機の世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・ロボット芝刈り機の世界市場:作業範囲別(中規模(800~1,500平方メートル)、小規模(800平方メートル未満)、大規模(1500~10,500平方メートル)) ・ロボット芝刈り機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット芝刈り機のアメリカ市場規模・予測 ・ロボット芝刈り機のヨーロッパ市 …
  • 世界のポリデキストロース市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリデキストロース市場2015について調査・分析し、ポリデキストロースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バス用シート装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バス用シート装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バス用シート装置の世界市場規模及び予測、バス車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバス用シート装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.97% (Decelerating)成長すると予測しています。
  • 電気外科デバイスの世界市場分析:方法別(モノポーラー、バイポーラー)、製品別(電気外科発電機、活性電極、分散電極、その他の付属品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電気外科デバイスの世界市場について調査・分析し、電気外科デバイスの世界市場動向、電気外科デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気外科デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のサーバ市場規模・予測2017-2025:計算サーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバ、通信サーバ
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のサーバ市場について調査・分析し、世界のサーバ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のサーバ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 船舶用エンジンの世界市場:船外機、船内機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用エンジンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用エンジンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Caterpillar、Cummins、Volvo Penta、Mercury Marine等です。
  • バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場予測(~2023年):非生分解性、生分解性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、タイプ別(非生分解性、生分解性)分析、最終用途産業別(パッケージング、消費財、自動車、テキスタイル、農業)分析、バイオプラスチック・バイオポリマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトマスクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フォトマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトマスクの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋用電気自動車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、海洋用電気自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海洋用電気自動車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(プレバイオティクス、プロバイオティクス、食品、医療食品、医薬品)分析、用途別(治療薬)分析、疾患別(感染性、代謝/内分泌、がん、血液、神経)分析、研究技術別(プロテオミクス、メタボロミクス)分析、ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場規模が2024年942百万ドルから2027年1731百万ドルまで年平均22.5%成長すると予測しています。
  • 歯科用硬化ライトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、歯科用硬化ライトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯科用硬化ライト市場規模、製品種類別(LED、ハロゲン、プラズマアーク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯科用硬化ライトの世界市場概要 ・歯科用硬化ライトの世界市場環境 ・歯科用硬化ライトの世界市場動向 ・歯科用硬化ライトの世界市場規模 ・歯科用硬化ライトの世界市場:業界構造分析 ・歯科用硬化ライトの世界市場:製品種類別(LED、ハロゲン、プラズマアーク) ・歯科用硬化ライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯科用硬化ライトのアメリカ市場規模・予測 ・歯科用硬化ライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・歯科用硬化ライトのアジア市場規模・予測 ・歯科用硬化ライトの主要国分析 ・歯科用硬化ライトの世界市場:意思決定フレームワーク ・歯科用硬化ライトの世界市場:成長要因、課題 ・歯科用硬化ライトの世界市場:競争環境 ・歯科用硬化ライトの世界市場:関連企業情報 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"