"自動売買システム(システムトレード)の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10617)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動売買システム(システムトレード)の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Automated Trading Systems
The automated trading systems are also referred to as algorithmic trading or mechanical trading systems where it allows the trader to establish specific rules for both trade entries and trade exits. They are generally programmed in a way so that they can be automatically executed through computer systems. The entry and exit in the trade is based on the moving average crossovers. Sometimes it also requires the understanding of the programming language that is specific to the user’s trading platform. The automated trading requires the use of software that is linked to a direct access broker and the specific rules that are written in the proprietary language in the platform. For instance, the TradeStation platform uses the Easy programming language.

Technavio’s analysts forecast the global automated trading market to grow at a CAGR of 10.31% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global automated trading market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the net commission earned from automated trading platform providers in the Americas, APAC, and EMEA.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Automated Trading Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Citadel
• KCG
• Optiver
• Two Sigma Investments

[Other prominent vendors]
• DRW Trading
• Flow Traders
• Hudson River Trading
• Jump Trading
• RSJ Algorithmic Trading
• Spot Trading
• Sun Trading
• Tower Research Capital
• Tradebot Systems
• Virtu Financial

[Market driver]
• Increased integration of financial markets
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Lack of awareness in automated trading
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Advancements in technology
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"自動売買システム(システムトレード)の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Countries covered
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Automated trading overview
• Advantages of automated trading
• Disadvantages of automated trading
• Use of automated trading
• Basic life cycle in automated trading
• Benefits of automated trading

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Geographical segmentation
• Geographical segmentation
• Americas
• EMEA
• APAC

PART 07: Market drivers
• Higher demand for market surveillance
• Increased integration of financial markets
• Algorithmic imports in Asia

PART 08: Impact of drivers

PART 09: Market challenges
• Lack of awareness in automated trading
• Wider bid-ask spread in Asia
• Insufficient risk valuation capabilities, operational inefficiencies, and limited legal certainty

PART 10: Impact of drivers and challenges

PART 11: Market trends
• Advancements in technology
• Portfolio risk solutions
• Early adopters in Asia

PART 12: Vendor landscape
• Competitive landscape
• Other prominent vendors

PART 13: Key vendor analysis
• Citadel
• KCG
• Optiver
• Two Sigma Investments

PART 14: Appendix
• List of abbreviations

PART 15: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Countries covered for market analysis
Exhibit 02: Product offerings
Exhibit 03: Advantages of automated trading
Exhibit 04: Disadvantages of automated trading
Exhibit 05: Use of automated trading
Exhibit 06: Basic life cycle in automated trading
Exhibit 07: Benefits of automated trading
Exhibit 08: Automated trading strategies
Exhibit 09: Global automated trading market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Key takeaways from HFT
Exhibit 11: VIX 2015-2016 (in days)
Exhibit 12: S&P 500 2015-2016 (price returns)
Exhibit 13: Five forces analysis
Exhibit 14: Geographical segmentation 2015 and 2020
Exhibit 15: Automated trading market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Automated trading market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 17: Significant factors in algorithmic trading
Exhibit 18: Impact of drivers
Exhibit 19: Impact of drivers and challenges
Exhibit 20: Reason for the success of the HFT
Exhibit 21: Factors contributing to low latency
Exhibit 22: Primary tools for latency arbitrage
Exhibit 23: Reasons for upgradation of algorithms
Exhibit 24: Requirements of automated trading
Exhibit 25: S&P Capital IQ’s Portfolio Risk advanced analytics
Exhibit 26: Other prominent vendors
Exhibit 27: Citadel: Business portfolio
Exhibit 28: KCG: Product and service portfolio
Exhibit 29: KCG: Recent developments
Exhibit 30: Optiver: Service portfolio
Exhibit 31: Optiver: Recent developments
Exhibit 32: Business divisions
Exhibit 33: Two Sigma Investments: Recent development

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動売買システム(システムトレード)の世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月7日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10617
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】金融
【キーワード】自動売買システム、システムトレード
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動売買システム(システムトレード)の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の溶接用消耗品市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶接用消耗品市場2015について調査・分析し、溶接用消耗品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルテキスタイル印刷の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタルテキスタイル印刷の世界市場について調査・分析し、デジタルテキスタイル印刷の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタルテキスタイル印刷シェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタルテキスタイル印刷種類別分析(反応染料インク、酸性インク、塗料インク、分散・昇華型インク)、デジタルテキスタイル印刷用途別分析(アパレル産業、テキスタイル産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタルテキスタイル印刷の市場概観 ・デジタルテキスタイル印刷のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタルテキスタイル印刷のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタルテキスタイル印刷の世界市場規模 ・デジタルテキスタイル印刷の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタルテキスタイル印刷のアメリカ市場規模推移 ・デジタルテキスタイル印刷のカナダ市場規模推移 ・デジタルテキスタイル印刷のメキシコ市場規模推移 ・デジタルテキスタイル印刷のヨーロッパ市場分析(ドイツ、 …
  • 溶接コントローラーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、溶接コントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、溶接コントローラー市場規模、用途別(スポット溶接、シーム溶接)分析、エンドユーザー別(自動車産業、エレクトロニクス産業、重機械産業、航空宇宙・防衛産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・溶接コントローラーの世界市場概要 ・溶接コントローラーの世界市場環境 ・溶接コントローラーの世界市場動向 ・溶接コントローラーの世界市場規模 ・溶接コントローラーの世界市場:業界構造分析 ・溶接コントローラーの世界市場:用途別(スポット溶接、シーム溶接) ・溶接コントローラーの世界市場:エンドユーザー別(自動車産業、エレクトロニクス産業、重機械産業、航空宇宙・防衛産業、その他) ・溶接コントローラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・溶接コントローラーの北米市場規模・予測 ・溶接コントローラーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・溶接コントローラーのアジ …
  • AEC(建築・工学・建設)ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、AEC(建築・工学・建設)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、AEC(建築・工学・建設)ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンブラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カーボンブラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カーボンブラック市場規模、用途別(タイヤ、タイヤ以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カーボンブラックの世界市場概要 ・カーボンブラックの世界市場環境 ・カーボンブラックの世界市場動向 ・カーボンブラックの世界市場規模 ・カーボンブラックの世界市場:業界構造分析 ・カーボンブラックの世界市場:用途別(タイヤ、タイヤ以外) ・カーボンブラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カーボンブラックのアメリカ市場規模・予測 ・カーボンブラックのヨーロッパ市場規模・予測 ・カーボンブラックのアジア市場規模・予測 ・カーボンブラックの主要国分析 ・カーボンブラックの世界市場:意思決定フレームワーク ・カーボンブラックの世界市場:成長要因、課題 ・カーボンブラックの世界市場:競争環境 ・カーボンブラックの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車連動型HVACの世界市場:種類別(手動、自動)、用途別(乗用車、商用車)、地域別予測
    本資料は、自動車連動型HVACの世界市場について調べ、自動車連動型HVACの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(手動、自動)分析、用途別(乗用車、商用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDenso、Hanon Systems、Valeo、MAHLE Behr、Delphi、Sanden、Calsonic Kansei 、SONGZ Automobile、Eberspacher、Xinhang Yuxin、Keihin、Gentherm、South Air International、Bergstrom、Xiezhong International などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車連動型HVACの世界市場概要 ・自動車連動型HVACの世界市場環境 ・自動車連動型HVACの世界市場動向 ・自動車連動型HVACの世界市場規模 ・自動車連動型HVACの世界市場規模:種類別(手動、自動) ・自動車連動型HVACの世界市場規模:用途別(乗 …
  • 体組成計の世界市場予測(~2021年):バイオ・インピーダンス分析装置、DEXA(二重エネルギーX線吸収測定法)、皮脂厚計、ADP(空気置換プレチスモグラフィー)、静水力学的計量装置
    当調査レポートでは、体組成計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、体組成計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リソグラフィーシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リソグラフィーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リソグラフィーシステム市場規模、技術別(ArF液浸リソグラフィシステム、EUVリソグラフィシステム、KrFリソグラフィシステム、ArF乾式リソグラフィシステム、i線リソグラフィシステム)分析、最終用途別(IDM、ピュアプレイファウンドリ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リソグラフィーシステムの世界市場概要 ・リソグラフィーシステムの世界市場環境 ・リソグラフィーシステムの世界市場動向 ・リソグラフィーシステムの世界市場規模 ・リソグラフィーシステムの世界市場:業界構造分析 ・リソグラフィーシステムの世界市場:技術別(ArF液浸リソグラフィシステム、EUVリソグラフィシステム、KrFリソグラフィシステム、ArF乾式リソグラフィシステム、i線リソグラフィシステム) ・リソグラフィーシステムの世界市場:最終用途別(IDM、ピュアプレイファウンドリ) …
  • 世界のイソブテン市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソブテン市場2015について調査・分析し、イソブテンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 試験・測定装置の世界市場予測(~2023年):汎用試験装置、機械試験装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験・測定装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、試験・測定装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水晶共振器市場2016
    本調査レポートでは、世界の水晶共振器市場2016について調査・分析し、水晶共振器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • わさびの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、わさびの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、わさび市場規模、用途別(食品・飲料、医療・栄養補助食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・わさびの世界市場概要 ・わさびの世界市場環境 ・わさびの世界市場動向 ・わさびの世界市場規模 ・わさびの世界市場:業界構造分析 ・わさびの世界市場:用途別(食品・飲料、医療・栄養補助食品、その他) ・わさびの世界市場:地域別市場規模・分析 ・わさびの北米市場規模・予測 ・わさびのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・わさびのアジア太平洋市場規模・予測 ・わさびの主要国分析 ・わさびの世界市場:意思決定フレームワーク ・わさびの世界市場:成長要因、課題 ・わさびの世界市場:競争環境 ・わさびの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スマート変圧器の世界市場
    当調査レポートでは、スマート変圧器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・スマート変圧器の世界市場:種類別分析/市場規模 ・スマート変圧器の世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマート変圧器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマート変圧器のアメリカ市場規模予測 ・スマート変圧器のヨーロッパ市場規模予測 ・スマート変圧器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のスマート・パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・パッケージ市場2015について調査・分析し、スマート・パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 産業用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、産業用サイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 子癇(Eclampsia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、子癇(Eclampsia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・子癇(Eclampsia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・子癇(Eclampsia)のフェーズ3治験薬の状況 ・子癇(Eclampsia)治療薬の市場規模(販売予測) ・子癇(Eclampsia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・子癇(Eclampsia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の子癇(Eclampsia)治療薬剤
  • レーザーダイオードコントローラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レーザーダイオードコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザーダイオードコントローラーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 有機スパイスの世界市場動向・予測
  • 抗凝固薬の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、 抗凝固薬の世界市場について調査・分析し、 抗凝固薬のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(未分画ヘパリン、ワルファリン、低分子量ヘパリン、 第Xa因子インヒビター、直接阻害インヒビター、その他)、用途別販売分析(病院、研究所)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、 抗凝固薬産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ 抗凝固薬市場概要 ・ 抗凝固薬のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・ 抗凝固薬の世界市場:種類別販売量(未分画ヘパリン、ワルファリン、低分子量ヘパリン、 第Xa因子インヒビター、直接阻害インヒビター、その他) ・ 抗凝固薬の世界市場:用途別販売量(病院、研究所) ・ 抗凝固薬の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・ 抗凝固薬の米国市場規模 ・ 抗凝固薬の中国市場規模 ・ 抗凝固薬の欧州市場規模 ・ 抗凝固薬の日本市場規模 ・ 抗凝固薬の東南アジア市場規模 ・ 抗凝固薬のインド市場規模 ・ 抗凝固薬のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等 …
  • 世界の産業用チェックバルブ市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは産業用チェックバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(石油及びガス、発電、化学、水及び廃水、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・産業用チェックバルブの世界市場:エンドユーザー別(石油及びガス、発電、化学、水及び廃水、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 光電感知器の世界市場2018–2025:技術別(拡散、再帰性反射、透過型ビーム)、エンドユーズ別(自動車、軍事・航空宇宙、電子機器・セミコンダクター、パッケージング)
    本調査レポートでは、光電感知器の世界市場について調査・分析し、光電感知器の世界市場動向、光電感知器の世界市場規模、市場予測、セグメント別光電感知器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 甲状腺がん(Thyroid Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺がん(Thyroid Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬剤
  • 膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)の概要 ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic E …
  • キレート剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キレート剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのデンマーク市場
  • 生体溶解性繊維の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生体溶解性繊維の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生体溶解性繊維市場規模、エンドユーザー別(石油化学、セラミック・ガラス、金属・鋳造、電力、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生体溶解性繊維の世界市場概要 ・生体溶解性繊維の世界市場環境 ・生体溶解性繊維の世界市場動向 ・生体溶解性繊維の世界市場規模 ・生体溶解性繊維の世界市場:業界構造分析 ・生体溶解性繊維の世界市場:エンドユーザー別(石油化学、セラミック・ガラス、金属・鋳造、電力、その他) ・生体溶解性繊維の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生体溶解性繊維の北米市場規模・予測 ・生体溶解性繊維のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・生体溶解性繊維のアジア太平洋市場規模・予測 ・生体溶解性繊維の主要国分析 ・生体溶解性繊維の世界市場:意思決定フレームワーク ・生体溶解性繊維の世界市場:成長要因、課題 ・生体溶解性繊維の世界市場:競争環境 ・生 …
  • 世界のポリジシクロペンタジエン(PDCPD)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリジシクロペンタジエン(PDCPD)市場2015について調査・分析し、ポリジシクロペンタジエン(PDCPD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの交通安全製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの交通安全製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの交通安全製品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非致死性兵器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非致死性兵器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 若年性黄斑変性症治療の世界市場:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)、用途別(診療所、病院、在宅医療)、地域別予測
    本資料は、若年性黄斑変性症治療の世界市場について調べ、若年性黄斑変性症治療の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)分析、用途別(診療所、病院、在宅医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAcucela Inc、Alkeus Pharmaceuticals Inc、Astellas Pharma Inc、Copernicus Therapeutics Inc、Grupo Ferrer International SA、IRIS Pharma、Sanofiなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・若年性黄斑変性症治療の世界市場概要 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場環境 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場動向 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、 …
  • 中国の真空リクローザ市場2015
    本調査レポートでは、中国の真空リクローザ市場2015について調査・分析し、真空リクローザの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッドシステムの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハイブリッドシステムの世界市場について調査・分析し、ハイブリッドシステムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:車両種類別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:電池種類別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:機構別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 医療用エクソスケルトンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用エクソスケルトンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、タイプ別(動力式、パッシブ)分析、四肢別(下肢、上肢)分析、モビリティ別(移動型、据置型)分析、医療用エクソスケルトンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イランの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場予測(~2025年):発電用、熱電併給システム用、軍事用
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 検尿の世界市場分析:製品別(機器、消耗品)、用途別(尿路感染症、糖尿病、腎疾患、高血圧、肝臓病)、エンドユーザー別(病院、診療所、在宅医療、研究、学術研究)、セグメント予測
    本調査レポートでは、検尿の世界市場について調査・分析し、検尿の世界市場動向、検尿の世界市場規模、市場予測、セグメント別検尿市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チクングニア熱(Chikungunya):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるチクングニア熱(Chikungunya)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、チクングニア熱(Chikungunya)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・チクングニア熱(Chikungunya)の概要 ・チクングニア熱(Chikungunya)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のチクングニア熱(Chikungunya)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・チクングニア熱(Chikungunya)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別
    MarketsandMarkets社は、クラウドアプリケーションの中東市場規模が2019年20億ドルから2024年45億ドルまで年平均17.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、中東のクラウドアプリケーション市場を広く調査・分析し、市場概要、用途別(エンタープライズリソース管理、顧客関係管理、人的資本管理、サプライチェーン管理、ビジネスインテリジェンスと分析、コラボレーションとコンテンツ管理、その他)分析、組織規模別(大企業、SME)分析、業種別(BFSI、エネルギーおよび公益事業、政府および公共部門、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造、小売および消費財、通信、その他の業種)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(エンタープライズリソース管理、顧客関係管理、人的資本管理、サプライチェーン管理、ビジネスインテリジェンスと分析、コラボレーションとコンテンツ管理、その他) ・中東のクラウドアプリケーション市場: …
  • 心臓バイオマーカーの世界市場分析:タイプ別(トロンポニン、クレアチンキナーゼ-MB(CK-MB)、ナトリウム利尿ペプチド-B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)・N末端プロb型ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)、ミオグロビン、虚血修飾アルブミン(IMA)、心臓型脂肪酸結合タンパク質(H-FABP)、LDHアイソザイム)、用途別(急性冠動脈症候群、心筋梗塞、うっ血性心不全、心筋症、虚血、心筋炎、心房細動)、エンドユーザー別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、心臓バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、心臓バイオマーカーの世界市場動向、心臓バイオマーカーの世界市場規模、市場予測、セグメント別心臓バイオマーカー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気通信におけるバッテリーの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、電気通信におけるバッテリーの世界市場について調べ、電気通信におけるバッテリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電気通信におけるバッテリーの市場規模をセグメンテーション別(製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電気通信におけるバッテリーの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電気通信におけるバッテリーの市場状況 ・電気通信におけるバッテリーの市場規模 ・電気通信におけるバッテリーの市場予測 ・電気通信におけるバッテリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池、その他) ・電気通信におけるバッテリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • スポーツ栄養のヨーロッパ市場
    当調査レポートでは、スポーツ栄養のヨーロッパ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ栄養のヨーロッパ市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はスポーツ栄養のヨーロッパ市場が2017-2021年期間中に年平均6.56 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Atlantic Multipower Germany• Glanbia• MaxiNutrition• THE COCA-COLA COMPANY等です。
  • 使い捨て保護服の世界市場:材料別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステルなど)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、最終用途産業別(製造、石油およびガス、ヘルスケア、防衛、その他)
    当調査レポートでは、使い捨て保護服の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、材料別分析、用途別分析、最終用途産業別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・使い捨て保護服の世界市場:材料別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステルなど) ・使い捨て保護服の世界市場:用途別(熱、機械、化学、放射線、その他) ・使い捨て保護服の世界市場:最終用途産業別(製造、石油およびガス、ヘルスケア、防衛、その他) ・使い捨て保護服の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • 視覚的分析の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、視覚的分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、視覚的分析の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のほう素肥料市場2015
    本調査レポートでは、世界のほう素肥料市場2015について調査・分析し、ほう素肥料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ターミナルオートメーションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ターミナルオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ターミナルオートメーションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 呼気検査機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、呼気検査機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、呼気検査機の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロインバーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロインバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、タイプ(単相、三相)分析、通信技術分析、販売チャネル分析、マイクロインバーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 変圧器油の世界市場動向・予測
  • 車両接近通報装置(AVAS)の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、車両接近通報装置(AVAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、推進タイプ別分析、車両タイプ別分析、電動二輪車別(Eスクーター/モペット、Eモーターサイクル)分析、販売チャンネル別(OEM、アフターマーケット)分析、車両接近通報装置(AVAS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、車両接近通報装置(AVAS)の世界市場規模が2019年425百万ドルから2027年5615百万ドルまで年平均38.1%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"