"プロピレンの世界市場:ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメン"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10434)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"プロピレンの世界市場:ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメン"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Propylene
Propylene is produced through traditional processes like steam cracking and fluid catalytic cracking (FCC). It is obtained as a byproduct of the steam cracking process of natural gas liquids and naphtha that is used for the production ethylene and from gasoline-producing refinery through the FCC process. Propylene and its derivatives are used in industries such as construction, automotive, furniture, decorative molding, and others.

Technavio’s analysts forecast the global propylene market to grow at a CAGR of 5.65% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global propylene market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the sales volume of downstream propylene derivatives like polypropylene, propylene oxide, acrylonitrile, cumene, acrylic acid, and others.

The market is divided into the following segments based on geography:
• APAC
• Europe
• North America
• ROW

Technavio’s report, Global Propylene Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• BASF
• Dow Chemical
• ExxonMobil Chemical
• INEOS
• LyondellBasell Industries

[Other prominent vendors]
• DuPont
• Sumitomo Chemical
• Saudi Basic Industries
• Chevron Phillips Chemical

[Market driver]
• Increase in demand for polyurethane
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Environmental concerns regarding production of propylene
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Growing preference for sustainable products
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"プロピレンの世界市場:ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメン"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Overview
• Propylene production process

PART 05: Market landscape
• Global propylene market
• Five forces analysis

PART 06: Segmentation by production process technology
• Global propylene market by production process technology
• Steam cracking production process
• Refinery production process
• On-purpose production process

PART 07: Market segmentation by downstream products
• Global propylene market by downstream products
• Polypropylene
• Propylene oxide
• Acrylonitrile
• Acrylic acid
• Cumene
• Others

PART 08: Market segmentation by geography
• Global propylene market by geography
• Propylene market in North America
• Propylene market in Europe
• Propylene market in APAC
• Propylene market in ROW

PART 09: Market drivers
• Growing demand from China
• Increase in demand for polyurethane

PART 10: Impact of drivers

PART 11: Market challenges
• Environmental concerns regarding production of propylene
• Fluctuating raw material prices

PART 12: Impact of drivers and challenges

PART 13: Market trends
• Increasing on-purpose production of propylene
• Growing preference for sustainable products

PART 14: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Key vendors
• Imports and exports
• Other prominent vendors
• BASF
• Dow Chemical
• ExxonMobil Chemical
• INEOS
• LyondellBasell Industries

PART 15: Appendix
• List of abbreviations

PART 16: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Segmentation of global propylene market
Exhibit 02: Market segmentation by production process
Exhibit 03: Market segmentation by downstream products
Exhibit 04: Segmentation by geography
Exhibit 05: Propylene production process
Exhibit 06: Global propylene market 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 07: Five forces analysis
Exhibit 08: Market segmentation by production process technology 2015
Exhibit 09: Market segmentation by production process technology 2020
Exhibit 10: Global propylene market: CAGR and market size 2015 (million metric tons)
Exhibit 11: Steam cracking process for propylene production 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 12: Refining technology process for propylene production 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 13: On-purpose process technology for propylene production 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 14: Market segmentation by downstream products 2015
Exhibit 15: Market segmentation by downstream products 2020
Exhibit 16: Global propylene market: CAGR and market size 2015 (million metric tons)
Exhibit 17: Downstream products of propylene and their application
Exhibit 18: Global polypropylene market 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 19: Global propylene oxide market 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 20: Global acrylonitrile market 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 21: Global acrylic acid market 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 22: Global cumene market 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 23: Global other downstream products market 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 24: Global propylene market by geography 2015
Exhibit 25: Global propylene market by geography 2020
Exhibit 26: Global propylene market: CAGR and market size 2015 (million metric tons)
Exhibit 27: Propylene market in North America 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 28: Propylene market in Europe 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 29: Propylene market in APAC 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 30: Propylene market in ROW 2015-2020 (million metric tons)
Exhibit 31: Chinese propylene demand (million metric tons), net equivalent import (million metric tons), and production share 2010-2020
Exhibit 32: Global polyurethane market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 33: Impact of drivers
Exhibit 34: Crude oil price 2009-2015 ($ per barrel)
Exhibit 35: Impact of drivers and challenges
Exhibit 36: Global propylene market: Key vendors 2015
Exhibit 37: Global propylene market: Major importing countries 2015 (million tons)
Exhibit 38: Global propylene market: Major exporting countries 2015 (million tons)
Exhibit 39: BASF: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 40: BASF: Product offerings
Exhibit 41: Dow Chemical: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 42: ExxonMobil Chemical: Product offerings
Exhibit 43: INEOS: Key businesses
Exhibit 44: LyondellBasell Industries: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 45: LyondellBasell Industries: Product offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】プロピレンの世界市場:ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメン
【発行日】2016年10月10日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10434
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】プロピレン、ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメン、プロピレン製造技術
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
プロピレンの世界市場:ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメンについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の概要 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • スタイラスペンの世界市場:タブレット用スタイラスペン、電子黒板用スタイラスペン
    当調査レポートでは、スタイラスペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スタイラスペンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の筋力トレーニング機器市場2015
    本調査レポートでは、世界の筋力トレーニング機器市場2015について調査・分析し、筋力トレーニング機器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートテレビの世界市場
    当調査レポートでは、スマートテレビの世界市場について調査・分析し、スマートテレビの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スマートテレビの世界市場:市場動向分析 - スマートテレビの世界市場:競争要因分析 - スマートテレビの世界市場:機能別 ・ネットサーフィン ・ライブビデオ ・番組録画 ・テレビ放送 ・ビデオ・オン・デマンド ・ソーシャルネットワーキング ・オンライン映画および音楽 ・その他 - スマートテレビの世界市場:用途別 ・教育 ・娯楽 ・インターネット接続 - スマートテレビの世界市場:主要地域別分析 - スマートテレビの北米市場規模(アメリカ市場等) - スマートテレビのヨーロッパ市場規模 - スマートテレビのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スマートテレビの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用保護フィルムのアメリカ市場分析
  • ノルウェーの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙用抗菌コーティング市場規模、原料別(銅、銀、その他)分析、適合別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(宇宙、航空)分析、用途別(航空、宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:市場動向分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:競争要因分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:原料別(銅、銀、その他) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:適合別(アフターマーケット、OEM) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:プラットフォーム別(宇宙、航空) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:用途別(航空、宇宙) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:主要地域別分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングのヨーロッ …
  • フルオロケイ酸の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フルオロケイ酸の世界市場について調べ、フルオロケイ酸の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フルオロケイ酸の市場規模をセグメンテーション別(用途別(水フッ化、化学製造、金属表面処理及び電気めっき、処理非表示、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフルオロケイ酸の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フルオロケイ酸の市場状況 ・フルオロケイ酸の市場規模 ・フルオロケイ酸の市場予測 ・フルオロケイ酸の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(水フッ化、化学製造、金属表面処理及び電気めっき、処理非表示、その他) ・フルオロケイ酸の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連 …
  • クラフト紙袋の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、クラフト紙袋の世界市場について調査・分析し、クラフト紙袋の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クラフト紙袋の世界市場:市場動向分析 - クラフト紙袋の世界市場:競争要因分析 - クラフト紙袋の世界市場:パッケージ別 開口袋 バルブ付き袋 - クラフト紙袋の世界市場:エンドユーザー別 セメント 化学薬品 動物飼料及びペットフード 農薬 産業用及び建築物用材料 食品 - クラフト紙袋の世界市場:等級別 茶色 白色 - クラフト紙袋の世界市場:種類別 上塗り処理済みクラフト紙袋 半拡大可能なクラフト紙袋 天然クラフト大袋 拡大可能なクラフト紙袋 - クラフト紙袋の世界市場:主要地域別分析 - クラフト紙袋の北米市場規模(アメリカ市場等) - クラフト紙袋のヨーロッパ市場規模 - クラフト紙袋のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・クラフト紙袋の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の蘇生用マスク市場2015
    本調査レポートでは、世界の蘇生用マスク市場2015について調査・分析し、蘇生用マスクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サービスとしてのITの世界市場:種類別(技術的インフラストラクチャ&建築、IT管理&構成、アプリケーション管理)、用途別(BFSI、テレコム、小売り、ヘルスケア、エネルギー&ユーティリティー)、地域別予測
    本資料は、サービスとしてのITの世界市場について調べ、サービスとしてのITの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(技術的インフラストラクチャ&建築、IT管理&構成、アプリケーション管理)分析、用途別(BFSI、テレコム、小売り、ヘルスケア、エネルギー&ユーティリティー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはWilmar、KLK OLED、Muslim Mas、Oleon、KAO、Permata Hijau などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・サービスとしてのITの世界市場概要 ・サービスとしてのITの世界市場環境 ・サービスとしてのITの世界市場動向 ・サービスとしてのITの世界市場規模 ・サービスとしてのITの世界市場規模:種類別(技術的インフラストラクチャ&建築、IT管理&構成、アプリケーション管理) ・サービスとしてのITの世界市場規模:用途別(BFSI、テレコム、小売り、ヘルスケア、エネルギー&ユーティリティー) ・サービスとしてのIT …
  • 家庭用電子金庫の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家庭用電子金庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用電子金庫の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルコール飲料の世界市場:ビール、ワイン、スピリッツ(蒸留酒)
    当調査レポートでは、アルコール飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アルコール飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別
    MarketsandMarkets社は、MVNOの世界市場規模が2019年640億ドルから2024年890億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、MVNOの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、運用モデル別(リセラー、サービスオペレーター、フルMVNO)分析、サブスクライバー別(コンシューマー、エンタープライズ)分析、組織規模別(SMES、大企業)分析、ビジネスモデル別(割引、民族、ビジネス)分析、MVNOの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポテトチップスの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 塗料保護フィルムの世界市場:用途別(自動車・輸送、電気・電子、航空宇宙・防衛)、地域別
    本調査レポートでは、塗料保護フィルムの世界市場について調査・分析し、塗料保護フィルムの世界市場動向、塗料保護フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別塗料保護フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場について調査・分析し、プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プラットフォーム補給船(PSV)シェア、市場規模推移、市場規模予測、プラットフォーム補給船(PSV)種類別分析(PSV < 3000 DWT、PSV > 3000 DWT)、プラットフォーム補給船(PSV)用途別分析(石油・ガス生産、海上工事、軍事、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プラットフォーム補給船(PSV)の市場概観 ・プラットフォーム補給船(PSV)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プラットフォーム補給船(PSV)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場規模 ・プラットフォーム補給船(PSV)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プラットフォーム補給船(PSV)のアメリカ市場規模推移 ・プラットフォーム補給船(PSV)のカナダ市場規模推移 ・プラット …
  • 太陽光発電トラッカーの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、太陽光発電トラッカーの世界市場について調査・分析し、太陽光発電トラッカーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・太陽光発電トラッカーの世界市場規模:技術別分析 ・太陽光発電トラッカーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の産業用無線送信機市場
  • 中国の鼻咽頭鏡市場2015
    本調査レポートでは、中国の鼻咽頭鏡市場2015について調査・分析し、鼻咽頭鏡の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品安定剤の世界市場
    当調査レポートでは、食品安定剤の世界市場について調査・分析し、食品安定剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • デジタルユーティリティーの世界市場:技術別(ハードウェア、統合ソリューション)、ネットワーク別(送配電、小売、発電)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、デジタルユーティリティーの世界市場について調査・分析し、デジタルユーティリティーの世界市場動向、デジタルユーティリティーの世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタルユーティリティー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cisco Systems、IBM、KaaIoT Technologies、Oracle、Trimble等です。
  • 世界のLEDペンライト市場2015
    本調査レポートでは、世界のLEDペンライト市場2015について調査・分析し、LEDペンライトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウォータージェット切断機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ウォータージェット切断機の世界市場について調査・分析し、ウォータージェット切断機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ウォータージェット切断機シェア、市場規模推移、市場規模予測、ウォータージェット切断機種類別分析(加圧水、砥粒混合)、ウォータージェット切断機用途別分析(自動車、石・タイル、ジョブショップ、航空宇宙・防衛、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ウォータージェット切断機の市場概観 ・ウォータージェット切断機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ウォータージェット切断機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ウォータージェット切断機の世界市場規模 ・ウォータージェット切断機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ウォータージェット切断機のアメリカ市場規模推移 ・ウォータージェット切断機のカナダ市場規模推移 ・ウォータージェット切断機のメキシコ市場規模推移 ・ウォータージェット切断機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フラ …
  • 脳症治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、脳症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳症治療市場規模、種類別(肝性脳症、糖尿病性脳症、感染性脳症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳症治療の世界市場概要 ・脳症治療の世界市場環境 ・脳症治療の世界市場動向 ・脳症治療の世界市場規模 ・脳症治療の世界市場:業界構造分析 ・脳症治療の世界市場:種類別(肝性脳症、糖尿病性脳症、感染性脳症、その他) ・脳症治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳症治療の北米市場規模・予測 ・脳症治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・脳症治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・脳症治療の主要国分析 ・脳症治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・脳症治療の世界市場:成長要因、課題 ・脳症治療の世界市場:競争環境 ・脳症治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場分析:用途別(BFSI、教育、ITサービス、政府、製造、ヘルスケア)、企業規模別(中小企業、大企業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場について調査・分析し、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場動向、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ソフトウェア定義ストレージ(SDS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • MaaS(サービスとしてのモビリティ)の世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、サービスとしてのモビリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サービス別(乗車、カーシェアリング、駅ベースモビリティ、バスシェアリング、電車)分析、ソリューション別(プラットフォーム、支払い、ナビゲーション、通信接続、発券、保険)分析、交通機関別(公共、民間)分析、車種別分析、サービスとしてのモビリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、サービスとしてのモビリティの世界市場規模が2020年68ドルから2030年1068億ドルまで年平均31.7%成長すると予測しています。
  • メキシコの病院用品市場(~2021)
  • 圧迫療法の世界市場分析:技術別(静的圧縮、動的圧縮療法)、製品別(圧縮ポンプ、ストッキング、包帯、テープ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、圧迫療法の世界市場について調査・分析し、圧迫療法の世界市場動向、圧迫療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧迫療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界主要国における胃腸薬市場2018-2023
    本調査レポートでは、胃腸薬の世界市場について調査・分析し、胃腸薬の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(処方箋、OTC(市販))、用途別市場規模(慢性胃炎、機能性胃腸疾患、消化性潰瘍、急性胃腸炎)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、胃腸薬の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・胃腸薬の世界市場概要 ・胃腸薬の企業別市場シェア ・胃腸薬の地域別市場規模 ・胃腸薬の種類別市場規模(処方箋、OTC(市販)) ・胃腸薬の用途別市場規模(慢性胃炎、機能性胃腸疾患、消化性潰瘍、急性胃腸炎) ・胃腸薬の主要企業分析 ・胃腸薬の北米市場規模 ・胃腸薬の米国市場規模 ・胃腸薬の南米市場規模 ・胃腸薬の欧州市場規模 ・胃腸薬のアジア市場規模 ・胃腸薬の日本国内市場規模 ・胃腸薬の中国市場規模 ・胃腸薬の中東・アフリカ市場規模 ・胃腸薬のコスト …
  • 4Kセットトップボックス(STB)の世界市場分析:製品別(インターネットプロトコルテレビ[IPTV]、衛星、地上デジタルテレビ[DTT]、オーバートップ[OTT]、ハイブリッド)、セグメント予測
    本調査レポートでは、4Kセットトップボックス(STB)の世界市場について調査・分析し、4Kセットトップボックス(STB)の世界市場動向、4Kセットトップボックス(STB)の世界市場規模、市場予測、セグメント別4Kセットトップボックス(STB)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 統合エンドポイント管理の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、統合エンドポイント管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、導入形態別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トップ10軍事CNS技術の世界市場予測
  • ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんのフェーズ3治験薬の状況 ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬の市場規模(販売予測) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんの市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんのフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬剤
  • Wi-Fiホットスポットの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、Wi-Fiホットスポットの世界市場について調査・分析し、Wi-Fiホットスポットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:市場動向分析 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:競争要因分析 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:サービス別 ・コンサルティング ・設置・統合 ・管理 ・専門 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:ソフトウェア別 ・Wi-Fiセキュリティソフト ・Wi-Fiホットスポット課金ソフト ・クラウドベースホットスポット管理 ・集中ホットスポット管理 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:構成要素別 ・モバイルホットスポット機器 ・ワイヤレスホットスポットコントローラー ・ワイヤレスホットスポットゲートウェイ - Wi-Fiホットスポットの世界市場:エンドユーザー別 ・企業 ・通信サービスプロバイダー,ネットワーク技術者 ・行政 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:用途別 ・教育 ・金融サービス ・医療 ・接客 ・小売 …
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場予測(~2022年):AR、VR
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • とうもろこし粉の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、とうもろこし粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、とうもろこし粉の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストの概要 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、サービス別分析、地域別分析、パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州のホームファーニシング市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のホームファーニシング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のホームファーニシング市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コンピュータ支援ディスパッチの世界市場2018–2025:構成要素別、用途別(通話管理、ディスパッチユニット管理、報告・分析)、業界別(政府、ヘルスケア、輸送機械)
    本調査レポートでは、コンピュータ支援ディスパッチの世界市場について調査・分析し、コンピュータ支援ディスパッチの世界市場動向、コンピュータ支援ディスパッチの世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ支援ディスパッチ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 変圧器オイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、変圧器オイルの世界市場について調査・分析し、変圧器オイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 変圧器オイルの世界市場:市場動向分析 - 変圧器オイルの世界市場:競争要因分析 - 変圧器オイルの世界市場:用途別 電力変圧器 配給変圧器 計器及びその他の変圧器 - 変圧器オイルの世界市場:種類別 シリコン基 バイオ基盤 ミネラルオイル基盤 - 変圧器オイルの世界市場:主要地域別分析 - 変圧器オイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 変圧器オイルのヨーロッパ市場規模 - 変圧器オイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・変圧器オイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 牛肉の世界市場:部位別(ブリスケット、すね肉、腰肉)別、屠殺方法別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、牛肉の世界市場について調査・分析し、牛肉の世界市場動向、牛肉の世界市場規模、市場予測、セグメント別牛肉市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の車線逸脱警報システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の車線逸脱警報システム市場2015について調査・分析し、車線逸脱警報システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サイドビューカメラシステムの世界市場予測:シングルカメラ、マルチカメラ
    MarketsandMarkets社は、サイドビューカメラシステムの世界市場規模が2020年2百万ドルから2027年388百万ドルまで年平均112.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、サイドビューカメラシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、カメラ種類別(シングルカメラ、マルチカメラ)分析、コンポーネント別(カメラ、ECU、ディスプレイ)分析、車両別(乗用車および商用車)分析、サイドビューカメラシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力発電システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、風力発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、風力発電システム市場規模、技術別(風力タービン、T&D、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・風力発電システムの世界市場概要 ・風力発電システムの世界市場環境 ・風力発電システムの世界市場動向 ・風力発電システムの世界市場規模 ・風力発電システムの世界市場:業界構造分析 ・風力発電システムの世界市場:技術別(風力タービン、T&D、その他) ・風力発電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・風力発電システムのアメリカ市場規模・予測 ・風力発電システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・風力発電システムのアジア市場規模・予測 ・風力発電システムの主要国分析 ・風力発電システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・風力発電システムの世界市場:成長要因、課題 ・風力発電システムの世界市場:競争環境 ・風力発電システムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 水素吸蔵の世界市場予測(~2026):吸蔵形態別(物理ベース、マテリアルベース)、吸蔵種類別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、水素吸蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、吸蔵形態別分析、吸蔵種類別分析、用途別分析、地域別分析、水素吸蔵の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • EラーニングITインフラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EラーニングITインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EラーニングITインフラの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)の概要 ・先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"