"点滴流体用バックの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR10419)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"点滴流体用バックの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About IV Fluids Bags
Intravenous solutions contain amino acids, dextrose, mineral salts, vitamins, and trace elements, and therefore cover the basic essential components (carbohydrates, proteins, fats, water, electrolytes, vitamins, and minerals) required to build tissue, for energy expenditure, and other physiological activities. A complete mixture of all vital nutrients is also available in multi-chamber bags, which are gaining immense popularity.

Technavio’s analysts forecast the global IV fluids bags market to grow at a CAGR of 10.16% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global IV fluids bags market 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of IV fluid bags.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global IV Fluids Bags Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• B. Braun Melsungen
• Baxter
• Hospira
• SIPPEX

[Other prominent vendors]
• Amcor
• DiaMedical USA
• Fresenius Kabi
• JW Life Science
• MRK Healthcare
• Minigrip
• Nipro
• RENOLIT
• Smith Medical
• Terumo
• Technoflex
• Wipak

[Market driver]
• Increased risk of malnutrition among cancer patients
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Concerns over use of plastic IV fluid bags
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Popularity of IV vitamin C therapy in cancer treatment
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"点滴流体用バックの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Five forces analysis

PART 06: Geographical segmentation
• Global IV fluid bags market by geography
• IV fluid bags market in Americas
• IV fluid bags market in EMEA
• IV fluid bag market in APAC

PART 07: End-user segmentation
• Global IV fluid bags market by hospital
• Global IV fluid bag market by home
• Global IV fluid bag market by other centers

PART 08: Market drivers

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends

PART 13: Vendor landscape
• Competitive scenario
• B. Braun Melsungen
• Baxter
• Hospira
• SIPPEX

PART 14: Key vendor analysis
• Other prominent vendors

PART 15: Appendix
• List of abbreviations

PART 16: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Global parenteral nutrition market
Exhibit 03: Types of IV fluids
Exhibit 04: Global IV solutions market 2016-2020 ($ billions)
Exhibit 05: Global IV fluid bags market: Overview
Exhibit 06: Global IV fluid bags market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 07: Global IV fluid bags market: Overview
Exhibit 08: Five forces analysis
Exhibit 09: Global IV fluid bags market by geography 2015-2020
Exhibit 10: Global IV fluid bags market by geography 2015-2020
Exhibit 11: IV fluid bag market in Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 12: Estimated new cancer cases and deaths in US 2016
Exhibit 13: IV fluid bags market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 14: IV fluid bags market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: Analysis of global IV fluid bags market in developed and emerging markets
Exhibit 16: Global IV fluid bags market: Growth potential
Exhibit 17: Global IV fluid bag market by type of end-users 2015-2020 (% shares)
Exhibit 18: Snapshot: global IV fluid bags market by end-users
Exhibit 19: Global IV fluid bag market by hospital 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Countries with the most number of hospitals 2014
Exhibit 21: Global IV fluid bags market by home 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 22: Global IV fluid bags market by other centers 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 23: Global IV fluid bags market: Opportunity analysis
Exhibit 24: Impact of drivers
Exhibit 25: Impact of drivers and challenges
Exhibit 26: Strategic factors determining success for companies
Exhibit 27: B. Braun Melsungen: Key takeaways
Exhibit 28: Baxter: Key takeaways
Exhibit 29: Hospira: Key takeaways
Exhibit 30: SIPPEX: Key takeaways

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】点滴流体用バックの世界市場2016-2020
【発行日】2016年10月12日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR10419
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】点滴流体用バック、輸液
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
点滴流体用バックの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAnsaldo Energia、GE、KHI、MHPS、Siemens等です。
  • 全身型若年性特発性関節炎(SJIA):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の概要 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 5G市場動向:世界各国での取り組み、技術、ロードマップ
  • 世界の核磁気共鳴(NMR)分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界の核磁気共鳴(NMR)分光計市場2015について調査・分析し、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における携帯型超音波装置市場2018-2023
    本調査レポートでは、携帯型超音波装置の世界市場について調査・分析し、携帯型超音波装置の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(カート・トロリー型、ハンドヘルド型)、用途別市場規模(病院、診療所、在宅ケア、)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、携帯型超音波装置の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・携帯型超音波装置の世界市場概要 ・携帯型超音波装置の企業別市場シェア ・携帯型超音波装置の地域別市場規模 ・携帯型超音波装置の種類別市場規模(カート・トロリー型、ハンドヘルド型) ・携帯型超音波装置の用途別市場規模(病院、診療所、在宅ケア、) ・携帯型超音波装置の主要企業分析 ・携帯型超音波装置の北米市場規模 ・携帯型超音波装置の米国市場規模 ・携帯型超音波装置の南米市場規模 ・携帯型超音波装置の欧州市場規模 ・携帯型超音波装置のア …
  • インドの血栓管理装置市場(~2021)
  • 自動車金融の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車金融の世界市場について調査・分析し、自動車金融の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車金融の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車金融の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車金融の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のスチレン系ポリマー市場予測2018
    本調査レポートでは、世界のスチレン系ポリマー市場について調査・分析し、世界のスチレン系ポリマー市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 建築用石材の世界市場:建設用骨材、天然石
    当調査レポートでは、建築用石材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築用石材の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の放送用スイッチャー市場規模・予測2017-2025:商品別(プロダクションスイッチャー、マスターコントロールスイッチャー、ルーティングスイッチャー)、用途別(スポーツ放送、ニュースプロダクション、スタジオプロダクション、プロダクショントラック、ポストプロダクション)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の放送用スイッチャー市場について調査・分析し、世界の放送用スイッチャー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の放送用スイッチャー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • がん診断の世界市場分析:タイプ別(臨床検査、遺伝検査、画像検査、内視鏡検査)、用途別(乳房、肺、肝臓、子宮頸、結腸直腸、皮膚)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、がん診断の世界市場について調査・分析し、がん診断の世界市場動向、がん診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の酵母細胞壁エキス市場:詳細分析レポート2017-2022
  • パッケージボイラーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パッケージボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、燃料別分析、デザイン別分析、需要先別分析、パッケージボイラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 三次元計測システムの世界市場:CMM(座標測定機)、ODS(光デジタイザ・スキャナー)、VMM(画像測定機)
    当調査レポートでは、三次元計測システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、三次元計測システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シームテープの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、シームテープの世界市場について調べ、シームテープの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、シームテープの市場規模をセグメンテーション別(材料別(PU、PVC)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はシームテープの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・シームテープの市場状況 ・シームテープの市場規模 ・シームテープの市場予測 ・シームテープの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(PU、PVC) ・シームテープの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 整形外科用固定具と保持器具の世界市場分析:製品別(膝固定・支持、足と足首の固定・支持、脊柱矯正、上肢固定・支持)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、整形外科用固定具と保持器具の世界市場について調査・分析し、整形外科用固定具と保持器具の世界市場動向、整形外科用固定具と保持器具の世界市場規模、市場予測、セグメント別整形外科用固定具と保持器具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クマノミの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クマノミの世界市場について調査・分析し、クマノミの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クマノミシェア、市場規模推移、市場規模予測、クマノミ種類別分析(カクレクマノミ、マロンクマノミ、ハマクマノミ、トウアカクマノミ)、クマノミ用途別分析(商業用水族館、家庭用水槽 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クマノミの市場概観 ・クマノミのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クマノミのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クマノミの世界市場規模 ・クマノミの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クマノミのアメリカ市場規模推移 ・クマノミのカナダ市場規模推移 ・クマノミのメキシコ市場規模推移 ・クマノミのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・クマノミのドイツ市場規模推移 ・クマノミのイギリス市場規模推移 ・クマノミのロシア市場規模推移 ・クマノミのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・クマノミの日本市場規 …
  • 世界のバイ燃料市場規模・予測2017-2025:種類別(エタノール、バイオディーゼル)、構成要素別(スターチ、砂糖、リグノセルロース、植物油・動物性脂肪、・その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイ燃料市場について調査・分析し、世界のバイ燃料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイ燃料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 人工知能(AI)認定コースの世界市場2017-2021:ブレンド型学習、オンライン学習
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、人工知能(AI)認定コースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、人工知能(AI)認定コースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は人工知能(AI)認定コースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均34.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCoursera、edX、EIT、Udacity等です。
  • カーボン・ナノチューブの世界市場
    当調査レポートでは、カーボン・ナノチューブの世界市場について調査・分析し、カーボン・ナノチューブの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 認知機能向上用サプリメントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、認知機能向上用サプリメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、認知機能向上用サプリメント市場規模、用途別(サプリメント、医薬品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Accelerated Intelligence, HVMN, Onnit Labs, Purelife bioscience, Quincy Bioscienceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場概要 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場環境 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場動向 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場規模 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:業界構造分析 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:用途別(サプリメント、医薬品、化粧品) ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・認知機能向上用サプリメントの北米市場規模・予測 ・認知機能向上用サプリメントのヨ …
  • 湿式ガスメーターの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、湿式ガスメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、湿式ガスメーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は湿式ガスメーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAMETEK、Emerson、KROHNE Group、SEIL ENTERPRISE、TechnipFMC等です。
  • 工作物保持具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、工作物保持具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工作物保持具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)
    本資料は、スピルリナの世界市場について調べ、スピルリナの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)分析、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スピルリナの世界市場概要 ・スピルリナの世界市場環境 ・スピルリナの世界市場動向 ・スピルリナの世界市場規模 ・スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ) ・スピルリナの世界市場:用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他) ・スピルリナの世界市場:製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤) ・スピルリナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スピルリナの北米市場規模・予測 ・スピルリナのアメリカ市場規模・予測 ・スピルリナのヨーロッパ市場規模・予測 ・スピルリナのアジア市場規模・予測 ・スピルリナの日本市場規模・予測 ・スピルリナの中国市 …
  • オランダの心臓血管手術装置市場見通し
  • バングラデシュのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • レクリエーション用ハーネス型安全帯の世界市場
    当調査レポートでは、レクリエーション用ハーネス型安全帯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レクリエーション用ハーネス型安全帯の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用汚泥処理化学薬品の世界市場:凝固剤、凝集剤、腐食抑制剤、スケール防止剤、殺生物剤、消泡剤
    当調査レポートでは、産業用汚泥処理化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用汚泥処理化学薬品の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッド採掘の世界市場:コネクテッドアセット、コネクテッドロジスティクス、コネクテッドコントロールシステム、セーフティ・セキュリティ、遠隔管理ソリューション
    当調査レポートでは、コネクテッド採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、形態別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マス通報システムの世界市場:緊急通信、事業継続、障害復旧、大衆警報、ビジネス通信
    当調査レポートでは、マス通報システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペットフード用包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ペットフード用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ペットフード用包装市場規模、包装種類別(軟質包装、硬質包装、カップ、缶、タブ、その他)分析、材料種類別(金属、プラスチック、紙・板紙、その他)分析、ペットフード種類別(セミウェット・ペットフード、ペット用おやつ・ビスケット、高水分型ペットフード、乾燥ペレット、冷蔵・冷凍ペットフード、その他)分析、動物別(ドッグフード、キャットフード、魚餌、鳥用餌、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ペットフード用包装の世界市場:市場動向分析 ・ ペットフード用包装の世界市場:競争要因分析 ・ ペットフード用包装の世界市場:包装種類別(軟質包装、硬質包装、カップ、缶、タブ、その他) ・ ペットフード用包装の世界市場:材料種類別(金属、プラスチック、紙・板紙、その他) ・ ペットフード用包装の世界市場:ペットフード種類別(セミウェット・ペットフード、ペット用おやつ・ビス …
  • 自動車用アンダーフード電装品の世界市場:制御モジュール、ECU、センサー
    当調査レポートでは、自動車用アンダーフード電装品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アンダーフード電装品の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 多糖阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における多糖阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・多糖阻害剤の概要 ・多糖阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の多糖阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・多糖阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・多糖阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 患者ポータルの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、患者ポータルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、導入方式別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • B細胞性白血病(B-Cell Leukemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB細胞性白血病(B-Cell Leukemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)の概要 ・B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞性白血病(B-Cell Leukemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・B細胞性白血病(B-Cell Leukemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 有機乳製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、有機乳製品の世界市場について調査・分析し、有機乳製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別有機乳製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、有機乳製品種類別分析()、有機乳製品用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・有機乳製品の市場概観 ・有機乳製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・有機乳製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・有機乳製品の世界市場規模 ・有機乳製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・有機乳製品のアメリカ市場規模推移 ・有機乳製品のカナダ市場規模推移 ・有機乳製品のメキシコ市場規模推移 ・有機乳製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・有機乳製品のドイツ市場規模推移 ・有機乳製品のイギリス市場規模推移 ・有機乳製品のロシア市場規模推移 ・有機乳製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・有機乳製品の日本市場規模推移 ・有機乳製品の中国市場規模推移 ・有機乳製 …
  • 世界の洗浄液市場2015
    本調査レポートでは、世界の洗浄液市場2015について調査・分析し、洗浄液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業用ソフトウェアの世界市場見通し2022
  • 世界のホイールハブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のホイールハブ市場2016について調査・分析し、ホイールハブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • POS端末の世界市場:製品別(固定、モバイル)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、導入形態別(クラウド、オンプレミス)、アプリケーション別、セグメント予測
    本調査レポートでは、POS端末の世界市場について調査・分析し、POS端末の世界市場動向、POS端末の世界市場規模、市場予測、セグメント別POS端末市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タヒニの世界市場予測
  • アジアのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 高級包装の世界市場2017-2021:板紙、ガラス、プラスチック、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高級包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高級包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高級包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmcor、Crown Holdings、DS Smith、International Paper、Owens-Illinois等です。
  • 水ベースの顔料の世界市場分析:用途別(塗料・コーティング、インキ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、水ベースの顔料の世界市場について調査・分析し、水ベースの顔料の世界市場動向、水ベースの顔料の世界市場規模、市場予測、セグメント別水ベースの顔料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の内視鏡装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、内視鏡装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・内視鏡装置の概要 ・内視鏡装置の開発動向:開発段階別分析 ・内視鏡装置の開発動向:セグメント別分析 ・内視鏡装置の開発動向:領域別分析 ・内視鏡装置の開発動向:規制Path別分析 ・内視鏡装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別内視鏡装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・内視鏡装置の最近動向
  • 物理セキュリティの世界市場予測(~2021年):アクセス制御、ビデオ監視、PSIM、境界侵入検知・予防、セキュリティスキャニング、画像・金属探知、火災・人命セーフティー、サービス
    当調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、産業別分析、地域別分析、物理セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メディカルトランスクリプション(医学記録転写)市場規模、最終用途別(病院、医師会・クリニック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場概要 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場環境 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場動向 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場規模 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場:業界構造分析 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場:最終用途別(病院、医師会・クリニック) ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)のアメリカ市場規模・予測 ・メディカルトラン …
  • 急性高度難聴(Acute Sensorineural Hearing Loss):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性高度難聴(Acute Sensorineural Hearing Loss)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性高度難聴(Acute Sensorineural Hearing Loss)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性高度難聴(Acute Sensorineural Hearing Loss)の概要 ・急性高度難聴(Acute Sensorineural Hearing Loss)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性高度難聴(Acute Sensorineural Hearing Loss)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、推進力別分析、用途別(建設、鉱業、農業)分析、電池種類別分析、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場規模が2019年49億ドルから2027年298億ドルまで年平均25.2%成長すると予測しています。
  • クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場見通し2016-2022:ネットワーク設計&計画、クラウドアクセスポイント、メンテナンス&サポート、その他サービス
    当調査レポートでは、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場について調査・分析し、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:市場動向分析 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:競争要因分析 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:場所別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"