"フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-3839)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The flexible battery market is expected to be worth USD 958.4 Million by 2022, at a CAGR of 46.6% between 2016 and 2022. The growth of this market is propelled by the increasing miniaturization of electronics devices, need for thin and flexible batteries in consumer electronics, and the growing demand for wearable devices. The market has been segmented on the basis of type, chargeability, application, and region.
Thin-film battery type is expected to hold a large share of the overall flexible battery market in 2016. Thin-film batteries are used widely in applications such as smart packaging, smart cards, wearable devices, and medical devices. With the advent of technology in these applications, there is a growing demand for thin-film batteries during the forecast period. The advancement in these applications is increasing the demand for thin-film batteries and thus driving the growth further.

Rechargeable flexible battery held the largest share of the flexible battery market in 2015. Applications such as consumer electronics, wearable device, medical devices, and wireless communication require rechargeable batteries with longer life span. Flexible batteries such as thin-film battery and curved battery are mostly rechargeable batteries which can be used in mobile devices and wearable devices. The increasing use of rechargeable batteries in consumer electronics and wearable device applications is expected to drive the flexible battery market during the forecast period.

The market for the smart packaging application segment held the largest share of the flexible battery market in 2015. Smart packaging includes printed electronics products such as disposable batteries, sensors, printed displays, and circuits as well as other electronic features such as anti-theft tags, RFID tags, and smart labels. The packaging requirements have been growing over the years as the packaging of the products has a direct impact on customers’ decision. Therefore, packaging manufacturers are integrating sound and display text and interactive media in packages using flexible power sources.

The APAC region is expected to be the fastest-growing region in the flexible battery market. In APAC, China currently holds the largest market share and it is also expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. China is a developing economy and has a huge consumer electronics manufacturing capacity, which is one of the emerging applications for flexible battery. The advancement of technology in the smart packaging and consumer electronics sector as well as the growing popularity of wearable devices are driving the demand for flexible battery in the APAC region. Moreover, APAC is home to major consumer electronics and wearable devices manufacturers such as Samsung Electronics Co., Ltd. (South Korea), Panasonic Corp. (Japan), Sony Corp. (Japan), and LG Electronics Inc. (South Korea), which are integrating flexible batteries into miniaturized electronic devices.

One of the key restraining factors for this market is the development of flexible batteries which requires high initial investment, especially in the area of research and development and its manufacturing setup. It requires the implementation of sophisticated and expensive machinery along with the technology for manufacturing flexible battery. As the machinery and technology comes at high cost, it increases the requirement for investments.

Key market players such as Samsung SDI Co., Ltd. (South Korea), and STMicroelectronics N.V. (Switzerland) are focusing on new product launches and developments, acquisitions, and collaborations strategies to enhance their product offerings and expand their business.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Break Down of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights – Flexible Battery Market (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Market Between 2016 and 2022
4.2 Market, By Application (2016–2022)
4.3 Market, By Type and Region (2016)
4.4 Market, By Chargeability (2016)
4.5 Market, By Geography (2016)

5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Market Segmentation
5.3.1 By Type
5.3.2 By Chargeability
5.3.3 By Application
5.3.4 By Geography
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 Growing Demand for Wearable Electronics
5.4.1.2 Demand for Thin and Flexible Batteries in Electronic Devices
5.4.1.3 Increasing Miniaturization of Electronic Devices
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 Requirement for High Initial Investment
5.4.2.2 Lack of Standardization in the Development of Flexible Batteries
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Implementation of Flexible Lithium-Air Batteries in Next-Generation Wearable Electronics
5.4.3.2 Huge Opportunity for Thin and Flexible Battery From Internet of Things
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Fabrication of Flexible Lithium Ion Batteries
5.4.4.2 Absence of Material That Can Provide Sufficient Power Supply

6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain
6.3 Porter’s Five Forces Model (2015)
6.3.1 Threats of New Entrants
6.3.2 Threats of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Flexible Battery Market, By Type (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Thin-Film Battery
7.2.1 Lithium-Ion Battery
7.2.1.1 Applications
7.2.2 Lithium Polymer Battery
7.2.2.1 Applications
7.3 Printed Battery
7.3.1 Applications
7.4 Curved Battery
7.4.1 Lithium-Ion Battery
7.4.1.1 Applications
7.4.2 Lithium Polymer
7.4.2.1 Applications
7.5 Other Types
7.5.1 Paper Battery
7.5.1.1 Applications
7.5.2 Aluminum Battery
7.5.2.1 Applications

8 Flexible Battery Market, By Chargeability (Page No. – 67)
8.1 Introduction
8.2 Rechargeable Battery
8.3 Single-Use Battery

9 Flexible Battery Market, By Application (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 Smart Packaging
9.2.1 RFID Tags
9.2.2 Smart Labels
9.3 Smart Cards (E-Cards)
9.4 Wearable Devices
9.4.1 Smartwatches
9.4.2 Fitness Bands
9.4.3 Smart Glasses
9.5 Medical Devices
9.5.1 Pacemaker
9.5.2 Medical Patches
9.5.3 Drug Delivery System
9.6 Consumer Electronics
9.6.1 Mobile Devices
9.6.2 Cosmetics
9.7 Entertainment
9.7.1 Greeting Cards
9.7.2 Toys
9.8 Wireless Communication
9.8.1 Wireless Sensor Networks
9.9 Other Applications

10 Geographic Analysis (Page No. – 97)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 U.S.
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.2 U.K.
10.3.3 France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia-Pacific (APAC)
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 South Korea
10.4.4 Rest of APAC
10.5 Rest of the World
10.5.1 South America
10.5.2 Middle East
10.5.3 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 115)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis
11.3 Competitive Situation and Trends
11.3.1 New Product Launches
11.3.2 Partnerships and Collaborations
11.3.3 Acquisitions

12 Company Profiles (Page No. – 120)
(Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments)*
12.1 Introduction
12.2 LG Chem Ltd.
12.3 Samsung SDI Co., Ltd.
12.4 Stmicroelectronics N.V.
12.5 Enfucell OY Ltd.
12.6 Ultralife Corp.
12.7 Blue Spark Technologies, Inc.
12.8 Brightvolt Inc.
12.9 Panasonic Corp.
12.10 NEC Energy Solutions Inc.

*Details on Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 142)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Report
13.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別
【発行日】2017年1月6日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-3839
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【キーワード】フレキシブル電池、フレキシブル電池種類、薄膜、リチウムイオン、リチウムポリマー、プリンテッド、曲面、充電性、フレキシブル電池用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 磁気冷凍の世界市場予測(~2023年):冷凍システム、エアコンシステム、ヒートポンプ
    当調査レポートでは、磁気冷凍の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、磁気冷凍の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの外傷固定市場動向(~2021)
  • 世界の分散剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の分散剤市場2015について調査・分析し、分散剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア用包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、パーソナルケア用包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • カラーコンセントレートの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、カラーコンセントレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、形状別分析、需要先別分析、地域別分析、カラーコンセントレートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオテクノロジーの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、バイオテクノロジーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バイオテクノロジーの世界市場規模:技術別分析 ・バイオテクノロジーの世界市場規模:用途別分析 ・バイオテクノロジーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界のトランスフェクション装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のトランスフェクション装置市場2015について調査・分析し、トランスフェクション装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スイスの整形外科装置市場見通し
  • 溶射法の世界市場2017-2021:コーティングサービス、材料、装置
    当調査レポートでは、溶射法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶射法の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルコール飲料の世界市場:ビール、ワイン、スピリッツ(蒸留酒)
    当調査レポートでは、アルコール飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アルコール飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 断熱塗料の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、断熱塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブプロジェクターの世界市場予測(~2022):デジタル光処理(DLP)、液晶表示(LCD)、反射型液晶素子(LCoS)
    当調査レポートでは、インタラクティブプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、映写距離別分析、次元別分析、用途別分析、インタラクティブプロジェクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ラベル用バリアブル印刷(VDP)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ラベル用バリアブル印刷(VDP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ラベル種類別分析、構成別分析、印刷技術別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線防護服の世界市場
    当調査レポートでは、放射線防護服の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、放射線防護服の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、双極性障害治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、双極性障害治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート輸送の世界市場:ソリューション別(駐車、交通管理、統合監視)、サービス別(クラウド、ビジネス、専門)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマート輸送の世界市場について調査・分析し、スマート輸送の世界市場動向、スマート輸送の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート輸送市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(レコーディング、エディティング、ミキシング)分析、エンドユーザー別(プロフェッショナル/オーディオエンジニア・ミキサー、エレクトロニクスミュージシャン、ミュージックスタジオ)分析、コンポーネント別分析、導入モデル別分析、デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチックフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プラスチックフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチックフィルム市場規模、素材別(PE、BOPP、BOPET)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プラスチックフィルムの世界市場概要 ・プラスチックフィルムの世界市場環境 ・プラスチックフィルムの世界市場動向 ・プラスチックフィルムの世界市場規模 ・プラスチックフィルムの世界市場:業界構造分析 ・プラスチックフィルムの世界市場:素材別(PE、BOPP、BOPET) ・プラスチックフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチックフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・プラスチックフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・プラスチックフィルムのアジア市場規模・予測 ・プラスチックフィルムの主要国分析 ・プラスチックフィルムの世界市場:意思決定フレームワーク ・プラスチックフィルムの世界市場:成長要因、課題 ・プラスチックフィルムの世界市場:競争環境 …
  • 胃潰瘍(Gastric Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の概要 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • ネットワークアナライザの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネットワークアナライザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワークアナライザの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無水酢酸の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、無水酢酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無水酢酸市場規模、最終用途別(アセチルセルロース、医薬品、TAED、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・無水酢酸の世界市場概要 ・無水酢酸の世界市場環境 ・無水酢酸の世界市場動向 ・無水酢酸の世界市場規模 ・無水酢酸の世界市場:業界構造分析 ・無水酢酸の世界市場:最終用途別(アセチルセルロース、医薬品、TAED、その他) ・無水酢酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無水酢酸のアメリカ市場規模・予測 ・無水酢酸のヨーロッパ市場規模・予測 ・無水酢酸のアジア市場規模・予測 ・無水酢酸の主要国分析 ・無水酢酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・無水酢酸の世界市場:成長要因、課題 ・無水酢酸の世界市場:競争環境 ・無水酢酸の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 超広帯域(UWB)の世界市場予測(~2022):エンドユーザー別(医療、自動車・運輸業、製造業、住宅販売)、用途別(RTLS / WSN、画像処理)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)
    当調査レポートでは、超広帯域(UWB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、超広帯域(UWB)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤の概要 ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アラントインの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アラントインの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アラントイン市場規模、用途別(口腔衛生、化粧品、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アラントインの世界市場:市場動向分析 ・ アラントインの世界市場:競争要因分析 ・ アラントインの世界市場:用途別(口腔衛生、化粧品、医薬品、その他) ・ アラントインの世界市場:主要地域別分析 ・ アラントインの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ アラントインのヨーロッパ市場規模 ・ アラントインのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アラントインの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • セーフティーハーネスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セーフティーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セーフティーハーネスの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電装置の輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、太陽光発電装置の輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、太陽光発電装置の輸送の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 北米の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • インクヘッドプリンターヘッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インクヘッドプリンターヘッドの世界市場について調査・分析し、インクヘッドプリンターヘッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インクヘッドプリンターヘッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、インクヘッドプリンターヘッド種類別分析(圧電型、感熱式)、インクヘッドプリンターヘッド用途別分析(一般消費者・企業用、商業用、工業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インクヘッドプリンターヘッドの市場概観 ・インクヘッドプリンターヘッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インクヘッドプリンターヘッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インクヘッドプリンターヘッドの世界市場規模 ・インクヘッドプリンターヘッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インクヘッドプリンターヘッドのアメリカ市場規模推移 ・インクヘッドプリンターヘッドのカナダ市場規模推移 ・インクヘッドプリンターヘッドのメキシコ市場規模推移 ・インクヘッドプリンターヘッドのヨーロッパ市場分析( …
  • ブラジルのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 自動車用可変容量ターボチャージャー(VGT)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用可変容量ターボチャージャー(VGT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用可変容量ターボチャージャー(VGT)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の塩化水素市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩化水素市場2016について調査・分析し、塩化水素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生可能な化学物質の世界市場:製品の種類別(アルコール、カルボン酸、ケトン、その他)、用途別(農業、肥料、環境、工業、テキスタイル、住宅、食品包装・飲料の瓶詰め、レクリエーション、輸送、健康・衛生学、バイオメディカル)、地域別予測
    本資料は、再生可能な化学物質の世界市場について調べ、再生可能な化学物質の世界規模、市場動向、市場環境、製品の種類別(アルコール、カルボン酸、ケトン、その他)分析、用途別(農業、肥料、環境、工業、テキスタイル、住宅、食品包装・飲料の瓶詰め、レクリエーション、輸送、健康・衛生学、バイオメディカル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBiome Technologies PLC、Metabolix Inc.、 BASF SE、 Mitsubishi Chemical Corp.、Reverdia 、 Genomatica Inc.、 Bioamber Inc. 、 Myriant Corporation、 Cobalt Technologies Inc.、Natureworks LLCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・再生可能な化学物質の世界市場概要 ・再生可能な化学物質の世界市場環境 ・再生可能な化学物質の世界市場動向 ・再生可能な化学物質の世 …
  • 食品用脱気器(デアレーター)の世界市場予測(~2023年):スプレートレイ型、スプレー型、真空型
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品用脱気器(デアレーター)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(スプレートレイ型、スプレー型、真空型)分析、機能別(酸素除去、湯せん、芳香・風味維持、その他)分析、用途別(食品、飲料)分析、食品用脱気器(デアレーター)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用エンジンの世界市場:船外機、船内機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用エンジンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用エンジンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Caterpillar、Cummins、Volvo Penta、Mercury Marine等です。
  • アセチルセルロースの世界市場2017-2021:ろ過、電子、織物・消費財、包装、水処理、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アセチルセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アセチルセルロースの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアセチルセルロースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCelanese、Daicel、Eastman Chemical Company、Solvay、Tembec等です。
  • イランの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • セバシン酸の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セバシン酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セバシン酸市場規模、用途別(ポリマー製造、冷却剤、産業、エステル製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セバシン酸の世界市場概要 ・セバシン酸の世界市場環境 ・セバシン酸の世界市場動向 ・セバシン酸の世界市場規模 ・セバシン酸の世界市場:業界構造分析 ・セバシン酸の世界市場:用途別(ポリマー製造、冷却剤、産業、エステル製造、その他) ・セバシン酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セバシン酸の北米市場規模・予測 ・セバシン酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セバシン酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・セバシン酸の主要国分析 ・セバシン酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・セバシン酸の世界市場:成長要因、課題 ・セバシン酸の世界市場:競争環境 ・セバシン酸の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動力率調整装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動力率調整装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動力率調整装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 自動力率調整装置は、自動コンデンサ認識方式を使い、負荷の変動による力率を調整します。自動力率調整装置で電圧変動やエネルギー浪費を減らすことにより、効率を上げ、消費エネルギーを下げられます。Technavio社は自動力率調整装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• General Electric• ON Semiconductor• STMicroelectronics• Texas Instruments等です。
  • オーストラリアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ドーナツの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドーナツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドーナツの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ドーナツは、揚げた菓子パンの一種であり、デザートや軽食として食されています。様々な国々で人気があり、甘い軽食として小売店で購入されたりしていますが、健康志向の上昇で、近年市場への影響が懸念されています。Technavio社はドーナツの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Daylight Donut Flour Company• Dunkin' Brands Group• Krispy Kreme Doughnuts• Mister Donut• Restaurant Brands International等です。
  • ピラティス用品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ピラティス用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ピラティス用品市場規模、製品別(ピラティスマシン、ピラティスマット、ピラティスリング、ピラティスボール、その他)分析、小売形態別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ピラティス用品の世界市場概要 ・ピラティス用品の世界市場環境 ・ピラティス用品の世界市場動向 ・ピラティス用品の世界市場規模 ・ピラティス用品の世界市場:業界構造分析 ・ピラティス用品の世界市場:製品別(ピラティスマシン、ピラティスマット、ピラティスリング、ピラティスボール、その他) ・ピラティス用品の世界市場:小売形態別 ・ピラティス用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ピラティス用品の北米市場規模・予測 ・ピラティス用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ピラティス用品のアジア太平洋市場規模・予測 ・ピラティス用品の主要国分析 ・ピラティス用品の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 骨減少症(Osteopenia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨減少症(Osteopenia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨減少症(Osteopenia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・骨減少症(Osteopenia)の概要 ・骨減少症(Osteopenia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の骨減少症(Osteopenia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨減少症(Osteopenia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・骨減少症(Os …
  • 中国の医療用ロボット市場2015
    本調査レポートでは、中国の医療用ロボット市場2015について調査・分析し、医療用ロボットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 土壌湿潤剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、土壌湿潤剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、形態別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物医療の世界市場2016:市場展望、企業戦略、マーケティング、技術
  • ロボットシミュレーターの世界市場2019-2023
    ロボットシミュレーターは、設計およびプログラミングコードを含む仮想ロボットを作成するために使用されます。ロボットシミュレーターの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率11.37%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、ABB、FANUC、Midea Group、NVIDIA、Siemens、などです。 当調査レポートでは、ロボットシミュレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボットシミュレーター市場規模、タイプ別(オンプレミス、クラウドベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボットシミュレーターの世界市場概要 ・ロボットシミュレーターの世界市場環境 ・ロボットシミュレーターの世界市場動向 ・ロボットシミュレーターの世界市場規模 ・ロボットシミュレーターの世界市場:業界構造分析 ・ロボットシミュレーターの世界市場:タイプ別(オンプレミス、クラウドベース) ・ロボットシミュレーターの世界市場:地 …
  • 自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ロータリーエンジン (別名ワンケルエンジン) は、内燃機関 (ICE)の中で最も古いものの一つです。ロータリーエンジンには、奇数のシリンダーが放射状に並んでいます。自動車用途としては、ロータリーエンジンは多くの自動車会社で使われています。Technavio社は自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ferrari• Mazda Motor• Porsche等です。
  • CD 33阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 33阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 33阻害薬の概要 ・CD 33阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 33阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 33阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 33阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のターボチャージャー(ディーゼル)市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボチャージャー(ディーゼル)市場2015について調査・分析し、ターボチャージャー(ディーゼル)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 核燃料の世界市場
    当調査レポートでは、核燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、核燃料の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"