"フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-3839)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The flexible battery market is expected to be worth USD 958.4 Million by 2022, at a CAGR of 46.6% between 2016 and 2022. The growth of this market is propelled by the increasing miniaturization of electronics devices, need for thin and flexible batteries in consumer electronics, and the growing demand for wearable devices. The market has been segmented on the basis of type, chargeability, application, and region.
Thin-film battery type is expected to hold a large share of the overall flexible battery market in 2016. Thin-film batteries are used widely in applications such as smart packaging, smart cards, wearable devices, and medical devices. With the advent of technology in these applications, there is a growing demand for thin-film batteries during the forecast period. The advancement in these applications is increasing the demand for thin-film batteries and thus driving the growth further.

Rechargeable flexible battery held the largest share of the flexible battery market in 2015. Applications such as consumer electronics, wearable device, medical devices, and wireless communication require rechargeable batteries with longer life span. Flexible batteries such as thin-film battery and curved battery are mostly rechargeable batteries which can be used in mobile devices and wearable devices. The increasing use of rechargeable batteries in consumer electronics and wearable device applications is expected to drive the flexible battery market during the forecast period.

The market for the smart packaging application segment held the largest share of the flexible battery market in 2015. Smart packaging includes printed electronics products such as disposable batteries, sensors, printed displays, and circuits as well as other electronic features such as anti-theft tags, RFID tags, and smart labels. The packaging requirements have been growing over the years as the packaging of the products has a direct impact on customers’ decision. Therefore, packaging manufacturers are integrating sound and display text and interactive media in packages using flexible power sources.

The APAC region is expected to be the fastest-growing region in the flexible battery market. In APAC, China currently holds the largest market share and it is also expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. China is a developing economy and has a huge consumer electronics manufacturing capacity, which is one of the emerging applications for flexible battery. The advancement of technology in the smart packaging and consumer electronics sector as well as the growing popularity of wearable devices are driving the demand for flexible battery in the APAC region. Moreover, APAC is home to major consumer electronics and wearable devices manufacturers such as Samsung Electronics Co., Ltd. (South Korea), Panasonic Corp. (Japan), Sony Corp. (Japan), and LG Electronics Inc. (South Korea), which are integrating flexible batteries into miniaturized electronic devices.

One of the key restraining factors for this market is the development of flexible batteries which requires high initial investment, especially in the area of research and development and its manufacturing setup. It requires the implementation of sophisticated and expensive machinery along with the technology for manufacturing flexible battery. As the machinery and technology comes at high cost, it increases the requirement for investments.

Key market players such as Samsung SDI Co., Ltd. (South Korea), and STMicroelectronics N.V. (Switzerland) are focusing on new product launches and developments, acquisitions, and collaborations strategies to enhance their product offerings and expand their business.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Break Down of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights – Flexible Battery Market (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Market Between 2016 and 2022
4.2 Market, By Application (2016–2022)
4.3 Market, By Type and Region (2016)
4.4 Market, By Chargeability (2016)
4.5 Market, By Geography (2016)

5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Market Segmentation
5.3.1 By Type
5.3.2 By Chargeability
5.3.3 By Application
5.3.4 By Geography
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 Growing Demand for Wearable Electronics
5.4.1.2 Demand for Thin and Flexible Batteries in Electronic Devices
5.4.1.3 Increasing Miniaturization of Electronic Devices
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 Requirement for High Initial Investment
5.4.2.2 Lack of Standardization in the Development of Flexible Batteries
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Implementation of Flexible Lithium-Air Batteries in Next-Generation Wearable Electronics
5.4.3.2 Huge Opportunity for Thin and Flexible Battery From Internet of Things
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Fabrication of Flexible Lithium Ion Batteries
5.4.4.2 Absence of Material That Can Provide Sufficient Power Supply

6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain
6.3 Porter’s Five Forces Model (2015)
6.3.1 Threats of New Entrants
6.3.2 Threats of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Flexible Battery Market, By Type (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Thin-Film Battery
7.2.1 Lithium-Ion Battery
7.2.1.1 Applications
7.2.2 Lithium Polymer Battery
7.2.2.1 Applications
7.3 Printed Battery
7.3.1 Applications
7.4 Curved Battery
7.4.1 Lithium-Ion Battery
7.4.1.1 Applications
7.4.2 Lithium Polymer
7.4.2.1 Applications
7.5 Other Types
7.5.1 Paper Battery
7.5.1.1 Applications
7.5.2 Aluminum Battery
7.5.2.1 Applications

8 Flexible Battery Market, By Chargeability (Page No. – 67)
8.1 Introduction
8.2 Rechargeable Battery
8.3 Single-Use Battery

9 Flexible Battery Market, By Application (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 Smart Packaging
9.2.1 RFID Tags
9.2.2 Smart Labels
9.3 Smart Cards (E-Cards)
9.4 Wearable Devices
9.4.1 Smartwatches
9.4.2 Fitness Bands
9.4.3 Smart Glasses
9.5 Medical Devices
9.5.1 Pacemaker
9.5.2 Medical Patches
9.5.3 Drug Delivery System
9.6 Consumer Electronics
9.6.1 Mobile Devices
9.6.2 Cosmetics
9.7 Entertainment
9.7.1 Greeting Cards
9.7.2 Toys
9.8 Wireless Communication
9.8.1 Wireless Sensor Networks
9.9 Other Applications

10 Geographic Analysis (Page No. – 97)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 U.S.
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.2 U.K.
10.3.3 France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia-Pacific (APAC)
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 South Korea
10.4.4 Rest of APAC
10.5 Rest of the World
10.5.1 South America
10.5.2 Middle East
10.5.3 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 115)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis
11.3 Competitive Situation and Trends
11.3.1 New Product Launches
11.3.2 Partnerships and Collaborations
11.3.3 Acquisitions

12 Company Profiles (Page No. – 120)
(Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments)*
12.1 Introduction
12.2 LG Chem Ltd.
12.3 Samsung SDI Co., Ltd.
12.4 Stmicroelectronics N.V.
12.5 Enfucell OY Ltd.
12.6 Ultralife Corp.
12.7 Blue Spark Technologies, Inc.
12.8 Brightvolt Inc.
12.9 Panasonic Corp.
12.10 NEC Energy Solutions Inc.

*Details on Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 142)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Report
13.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別
【発行日】2017年1月6日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-3839
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【キーワード】フレキシブル電池、フレキシブル電池種類、薄膜、リチウムイオン、リチウムポリマー、プリンテッド、曲面、充電性、フレキシブル電池用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • H 2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるH 2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のH 2アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 植物育成ライトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、植物育成ライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、植物育成ライトの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は植物育成ライトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Philips Lighting Holding• GENERAL ELECTRIC• OSRAM Licht • Gavita International • LumiGrow等です。
  • 重症型乾癬(Severe Psoriasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症型乾癬(Severe Psoriasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症型乾癬(Severe Psoriasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症型乾癬(Severe Psoriasis)の概要 ・重症型乾癬(Severe Psoriasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症型乾癬(Severe Psoriasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症型乾癬(Severe Psoriasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • メカニカルキーボードの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • イタリアの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 風力タービンタワーの世界市場2016:市場規模、平均価格、競争状況、主要国分析
  • 電気油圧式サーボ弁の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気油圧式サーボ弁の世界市場について調査・分析し、電気油圧式サーボ弁の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気油圧式サーボ弁シェア、市場規模推移、市場規模予測、電気油圧式サーボ弁種類別分析(ノズルフラッパ弁、ジェット弁、動弁 )、電気油圧式サーボ弁用途別分析(航空宇宙産業、製鋼工業、電力事業、化学産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気油圧式サーボ弁の市場概観 ・電気油圧式サーボ弁のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気油圧式サーボ弁のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気油圧式サーボ弁の世界市場規模 ・電気油圧式サーボ弁の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気油圧式サーボ弁のアメリカ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のカナダ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のメキシコ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気油圧式サーボ弁のドイツ市場規模推移 ・電気油圧 …
  • 世界の再生可能化学物質市場2015
    本調査レポートでは、世界の再生可能化学物質市場2015について調査・分析し、再生可能化学物質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー貯蔵システムの世界市場:技術別、用途別、需要先別、地域別予測
    本資料は、エネルギー貯蔵システムの世界市場について調べ、エネルギー貯蔵システムの世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エネルギー貯蔵システムの世界市場概要 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場環境 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場動向 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模:技術別 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模:用途別 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模:需要先別 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エネルギー貯蔵システムの北米市場規模・予測 ・エネルギー貯蔵システムのアメリカ市場規模・予測 ・エネルギー貯蔵システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・エネルギー貯蔵システムのアジア市 …
  • 世界のカムフォロア市場2016
    本調査レポートでは、世界のカムフォロア市場2016について調査・分析し、カムフォロアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PTFE (ポリテトラフルオロエチレン) ファブリックの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PTFE (ポリテトラフルオロエチレン) ファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(PTFE被覆ファブリック、不識布、PTFEファイバーのファブリック)分析、最終用途産業別(食品、建設、ろ過)分析、PTFE (ポリテトラフルオロエチレン) ファブリックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコロイドシリカ市場2016
    本調査レポートでは、世界のコロイドシリカ市場2016について調査・分析し、コロイドシリカの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臭素の世界市場:有機臭素、臭化水素酸、清澄塩水
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、誘導体別分析、用途別分析、地域別分析、臭素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用レーザー・ヘッドライトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用レーザー・ヘッドライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用レーザー・ヘッドライトの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用レーザー・ヘッドライトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均162.77%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BMW• OSRAM• ZKW等です。
  • 実験室用オーブン及び冷凍機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、実験室用オーブン及び冷凍機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用オーブン及び冷凍機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル医療機器の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、ウェアラブル医療機器の世界市場について調べ、ウェアラブル医療機器の世界規模、市場動向、市場環境、機器別(診断・モニタリング装置、治療装置)分析、製品タイプ別(スマートウォッチ、活動モニター、パッチ、スマートウェア)分析、用途別(スポーツ・フィットネス、在宅医療、遠隔患者モニタリング)分析、流通経路別(オンライン、薬局、ハイパーマーケット)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・ウェアラブル医療機器の世界市場動向 ・ウェアラブル医療機器の世界市場環境 ・ウェアラブル医療機器の世界市場規模 ・ウェアラブル医療機器の世界市場規模:機器別(診断・モニタリング装置、治療装置) ・ウェアラブル医療機器の世界市場規模:製品タイプ別(スマートウォッチ、活動モニター、パッチ、スマートウェア) ・ウェアラブル医療機器の世界市場規模:用途別(スポーツ・フィットネス、在宅医療、遠隔患者モニ …
  • 塗料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塗料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塗料添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・剤型別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 淡水化装置の世界市場分析
    本調査レポートでは、淡水化装置の世界市場について調査・分析し、淡水化装置の世界市場動向、淡水化装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別淡水化装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カラーコンタクトレンズの世界市場
    当調査レポートでは、カラーコンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カラーコンタクトレンズの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 疼痛管理治療薬の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、疼痛管理治療薬の世界市場について調査・分析し、疼痛管理治療薬の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別疼痛管理治療薬シェア、市場規模推移、市場規模予測、疼痛管理治療薬種類別分析(ジェネリックオピオイド、ブランドオピオイド、NSAID、その他 )、疼痛管理治療薬用途別分析(病院、クリニック、薬局)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・疼痛管理治療薬の市場概観 ・疼痛管理治療薬のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・疼痛管理治療薬のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・疼痛管理治療薬の世界市場規模 ・疼痛管理治療薬の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・疼痛管理治療薬のアメリカ市場規模推移 ・疼痛管理治療薬のカナダ市場規模推移 ・疼痛管理治療薬のメキシコ市場規模推移 ・疼痛管理治療薬のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・疼痛管理治療薬のドイツ市場規模推移 ・疼痛管理治療薬のイギリス市場規模推移 ・疼痛管理治療薬のロシア市場規 …
  • 股関節・膝外科手術用インプラントの世界市場分析
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:ヨーロッパ主要国の治療薬市場
  • バイオ技術用試薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バイオ技術用試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオ技術用試薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のプログルミド市場2015
    本調査レポートでは、中国のプログルミド市場2015について調査・分析し、プログルミドの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペットフードのアジア市場
    本調査レポートでは、ペットフードのアジア市場について調査・分析し、ペットフードのアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ドイツのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 生体認証システムの世界市場予測(~2023年):単要素認証、多要素認証
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、生体認証システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、認証種類別(単要素、多要素)分析、機能別(接触、非接触、混合)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別分析、生体認証システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ユニバーサルプロセスコントローラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ユニバーサルプロセスコントローラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ユニバーサルプロセスコントローラの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はユニバーサルプロセスコントローラの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.90%成長すると予測しています。
  • 衛星対応IoT(モノのインターネット)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、衛星対応IoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、衛星対応IoT(モノのインターネット)の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • サービスロボットの北米市場
  • 水素生成の世界市場予測(~2023年)
    水素生成の世界市場は、2018年の1,355億米ドルから2023年には1,991億米ドルに達し、8.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、米国、中国、日本などの国々で燃料電池車の採用が増えたこと、よりクリーンな燃料を製造するための石油およびガス精製における水素需要が増加したことなどが考えれられます。一方で、電池技術への投資の増加および水素技術を取り巻く安全性への懸念により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、水素生成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(石油精製、アンモニア製造、メタノール製造、輸送、発電)分析、技術(水蒸気改質、水電解、その他)分析、貯蔵分析、水素生成の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのフィリピン市場
  • 世界の医療用ロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用ロボット市場2015について調査・分析し、医療用ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンピュータオンモジュール(COM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンピュータオンモジュール(COM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンピュータオンモジュール(COM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アグロテキスタイルの世界市場2014–2025:製品別(シェードネット、マルチマット、防鳥ネット、漁網)、用途別(農業、水産業、園芸業・花卉園芸)
    本調査レポートでは、アグロテキスタイルの世界市場について調査・分析し、アグロテキスタイルの世界市場動向、アグロテキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別アグロテキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ターボチャージャーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ターボチャージャー市場規模、技術別(流路可変ターボチャージャー(VGT)・可変ノズル式ターボチャージャ(VNT)、ウェイストゲート技術、ツインターボ、その他)分析、車両種類別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PV)、農業用トラクター、建設用機械、二輪車、オフロード車(OTR)、スポーツカー)分析、燃料種類別(ディーゼル、ガソリン)分析、価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯)分析、エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用ターボチャージャーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用ターボチャージャーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用ターボチャージャーの世界市場:技術別(流路可変ターボチャージャー(VGT)・可変ノズル式ターボチャージャ(VNT)、ウェイストゲート技術、ツインタ …
  • 外来外科センターの世界市場2016-2020:専門センター、総合センター
    当調査レポートでは、外来外科センターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、外来外科センターの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヴェトロニクスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ヴェトロニクスの世界市場について調査・分析し、ヴェトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ヴェトロニクスの世界市場:市場動向分析 - ヴェトロニクスの世界市場:競争要因分析 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:車種別 水陸両用装甲車 歩兵戦闘車 主力戦車 装甲人員輸送車 装輪装甲輸送車(MRAP) 軽装甲機動車 その他の車種 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:補足システム別 軍用通信、指揮統制システム(C3) センサー及び制御システム 動力システム 通信及びナビゲーションシステム 観測及び表示システム 車両防衛システム 兵器管理システム - ヴェトロニクスの世界市場見通し:用途別 国土防衛 自衛 - ヴェトロニクスの世界市場:主要地域別分析 - ヴェトロニクスの北米市場規模(アメリカ市場等) - ヴェトロニクスのヨーロッパ市場規模 - ヴェトロニクスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ヴェトロニクスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 脊髄刺激装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脊髄刺激装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脊髄刺激装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク尿(Proteinuria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるタンパク尿(Proteinuria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、タンパク尿(Proteinuria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・タンパク尿(Proteinuria)の概要 ・タンパク尿(Proteinuria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク尿(Proteinuria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク尿(Proteinuria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 中国のLNG給油所市場2015
    本調査レポートでは、中国のLNG給油所市場2015について調査・分析し、LNG給油所の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの病院用品市場(~2021)
  • 化粧品用チューブ・瓶の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、化粧品用チューブ・瓶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化粧品用チューブ・瓶の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 溶接用換気製品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶接用換気製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接用換気製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は溶接用換気製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Miller Electric• The Lincoln Electric Company• Donaldson Company• Kemper America等です。
  • 飲料パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、飲料パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・飲料パッケージングの世界市場:材料別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・飲料パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・飲料パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・飲料パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • クラウドストレージの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 建築用パネルの世界市場:コンクリートパネル、真空断熱パネル、構造断熱パネル、木製パネル
    当調査レポートでは、建築用パネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、原材料別分析、需要先別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 2輪車用ブレーキシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、2輪車用ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、2輪車用ブレーキシステム市場規模、用途別(オートバイ、スクーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場概要 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場環境 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場動向 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場規模 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:業界構造分析 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:用途別(オートバイ、スクーター) ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・2輪車用ブレーキシステムの北米市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムの主要国分析 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・2輪車用ブレーキシステムの世 …
  • 導電性塗料の世界市場
    当調査レポートでは、導電性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、導電性塗料の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"