"農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE5080)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

According to MarketsandMarkets’ forecast, the agricultural robots market, in terms of value, is expected to grow from USD 2.75 Billion in 2016 to USD 12.80 Billion by 2022, at a CAGR of 20.71% between 2017 and 2022. The major drivers for the agricultural robots market include the adoption of new technologies to increase farm efficiency and reduce production cost, increasing global demand for food owing to increasing population, increasing need for monitoring crop health for yield production, and the government’s support for adoption of modern agricultural techniques.
This report covers the agricultural robots market based on offering, type, application, and geography. The harvesting management application is expected to hold the largest share of the agricultural robots market between 2017 and 2022.

Harvesting management is the most widely used application in agricultural robots as it plays a vital role in understanding the field variability and helps farmers in maximizing their yields. Increasing labor cost is motivating farm owners to adopt automated harvesting system. Automated harvesting management held the largest market share among all applications due to the high adoption rate among farmers and growers.

The agricultural robots market for the services segment is expected to grow at the highest rate between 2017 and 2022. The agricultural robots market for services is segmented on the basis of five broad categories system integration and consulting, managed services, assisted professional services, connectivity services, and maintenance and support. The increasing demand for managed and assisted professional services is the major reason behind its high growth rate.

The agricultural robots market for driverless tractor is expected to grow at the highest rate between 2017 and 2022. The agricultural robots market based on type is divided into unmanned aerial vehicles (UAVs), milking robots, automated harvesting systems, and driverless tractor. The adoption rate of driverless tractor is expected to increase during the forecast period because this technology helps in applying the right amount of input at the right place on the field, which minimizes the input waste and increases the productivity of the land and crop.

The Americas held the largest share of the agricultural robots market in 2016. The demand for advanced agricultural solutions is expected to drive the growth of the agricultural robots market in this region. Farmers or growers in this region are increasingly adopting advanced farming systems and equipment such as steering and guidance systems, sensors, display devices, and farm management software. The agricultural robots market in APAC is expected to grow at the highest rate between 2017 and 2022.

The major challenges for the companies in the agricultural robots market are management of data for productive decision and lack of standardization. The major vendors in the agricultural robots market include Deere & Company (U.S.), AgJunction, Inc. (U.S.), and AGCO Corporation (U.S.), DJI (China), Lely Holding S.A.R.L (Netherlands), and Agribotix LLC (U.S.). These players adopted various strategies such as new product developments, mergers, partnerships, collaborations, and expansions to cater to the needs of the customers.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Data From Primary Sources
2.2 Secondary and Primary Research
2.2.1 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.1.1 Approach for Capturing the Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand-Side)
2.3.2 Top-Down Approach
2.3.2.1 Approach for Capturing the Market Share By Top-Down Analysis (Supply-Side)
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 29)

4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Agriculture Robotics Market
4.2 Agricultural Robots Market, By Offering
4.3 Agricultural Robots Market, By Application
4.4 Country-Wise Analysis of Agricultural Robots Market
4.5 Life Cycle Analysis of Agricultural Robots Market

5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Evolution
5.3 Market Segmentation
5.3.1 By Offering
5.3.2 By Type
5.3.3 By Application
5.3.4 By Geography
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 Increasing Strain on the Global Food Supply Owing to Increasing Population
5.4.1.2 Increasing Adoption of New Technologies in Farming for Maximum Profitability and Production
5.4.1.3 Substantial Cost Savings Associated With the Use of Agricultural Robots
5.4.1.4 Government Support to Adopt Modern Agricultural Techniques
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 High Capital Investments
5.4.2.2 Lack of Technical Awareness in Agricultural Robotics Technology
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Developing Countries to Offer Significant Growth Opportunities
5.4.3.2 Increasing Use of Unmanned Aerial Vehicles (UAVs)/Drones in Agricultural Farms
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Lack of Standardization and Safety Issues in the Agricultural Robots Industry
5.4.4.2 The Commercialization of Agricultural Robots is A Time-Consuming Process

6 Industry Trends (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Major Market Players in the Agricultural Robots Market
6.3 Supply Chain Analysis
6.4 Technology Roadmap
6.4.1 Technology Roadmap (2014–2030)
6.5 Porter’s Five Forces Analysis
6.5.1 Intensity of Competitive Rivalry
6.5.2 Threat of Substitutes
6.5.3 Bargaining Power of Buyers
6.5.4 Bargaining Power of Suppliers
6.5.5 Threat of New Entrants
6.6 Pestle Analysis
6.6.1 Political Factors
6.6.2 Economic Factors
6.6.3 Social Factors
6.6.4 Technological Factors
6.6.5 Legal Factors
6.6.6 Environmental Factors

7 Agricultural Robots Market, By Offering (Page No. – 61)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Automation & Control Systems
7.2.1.1 Display
7.2.1.2 Guidance & Steering
7.2.1.3 Gps/Gnss Systems
7.2.1.4 Cameras
7.2.1.4.1 Multispectral Cameras
7.2.1.4.2 Infrared Cameras
7.2.1.4.3 Thermal Camera
7.2.1.4.4 Lidar Camera
7.2.1.4.5 High-Resolution Camera
7.2.1.5 Mobile Devices/Handheld Computers
7.2.1.6 Flow & Application Control Devices
7.2.1.7 Others
7.2.2 Sensing & Monitoring Devices
7.2.2.1 Yield Monitors
7.2.2.2 Soil Sensors
7.2.2.2.1 Nutrient Sensors
7.2.2.2.2 Moisture Sensors
7.2.2.2.3 Temperature Sensors
7.2.2.3 Water Sensors
7.2.2.4 Climate Sensors
7.2.2.5 Others
7.3 Software
7.3.1 Local/Web-Based
7.3.2 Cloud-Based
7.4 Services
7.4.1 System Integration & Consulting
7.4.2 Managed Services
7.4.2.1 Farm Operation Services
7.4.2.2 Data Services
7.4.2.3 Analytics Services
7.4.3 Connectivity Services
7.4.4 Assisted Professional Services
7.4.4.1 Supply Chain Management Services
7.4.4.2 Climate Information Services
7.4.4.3 Others
7.4.5 Maintenance & Support Services

8 Agricultural Robots Market, By Type (Page No. – 88)
8.1 Introduction
8.2 Unmanned Aerial Vehicles (UAV)/Drones
8.2.1 Fixed Wing
8.2.2 Rotary Blade
8.2.3 Hybrid
8.3 Milking Robot
8.4 Driverless Tractors
8.5 Automated Harvesting Systems
8.6 Other Robots

9 Agricultural Robots Market, By Application (Page No. – 104)
9.1 Introduction
9.2 Harvest Management
9.3 Field Farming
9.3.1 Crop Monitoring
9.3.2 Plant Counting Systems
9.3.3 Crop Scouting
9.4 Dairy Farm Management
9.5 Soil Management
9.5.1 Moisture Monitoring
9.5.2 Nutrient Monitoring
9.6 Irrigation Management
9.7 Pruning
9.8 Weather Tracking & Monitoring
9.9 Inventory Management
9.10 Other Applications

10 Geographic Analysis (Page No. – 126)
10.1 Introduction
10.2 Americas
10.2.1 North America
10.2.1.1 U.S.
10.2.1.2 Canada
10.2.1.3 Mexico
10.2.2 South America
10.2.2.1 Brazil
10.2.2.2 Argentina
10.2.2.3 Rest of South America
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.2 U.K.
10.3.3 France
10.3.4 Italy
10.3.5 Netherlands
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia-Pacific
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 Australia
10.4.4 India
10.4.5 South Korea
10.4.6 Rest of Asia-Pacific
10.5 Rest of World
10.5.1 Africa
10.5.1.1 South Africa
10.5.2 Middle East
10.5.3 Russia

11 Competitive Landscape (Page No. – 155)
11.1 Overview
11.2 Market Share Analysis for the Agricultural Robots Market, 2016
11.3 Competitive Situation and Trends
11.4 Start-Up Scenario
11.4.1 Start-Up Categorization on the Basis of Solutions Provided
11.4.1.1 Hardware Providers
11.4.1.2 Software and Service Providers
11.5 Recent Developments
11.5.1 New Product Launches/Developments
11.5.2 Agreements, Partnerships, and Contracts
11.5.3 Mergers & Acquisitions

12 Company Profiles (Page No. – 162)
(Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments)*
12.1 Introduction
12.2 Deere & Company
12.3 Trimble Inc.
12.4 Agco Corporation
12.5 Agjunction, Inc.
12.6 DJI
12.7 Boumatic Robotics, B.V.
12.8 Lely Holding S.À.R.L
12.9 AG Leader Technology
12.10 Topcon Positioning Systems, Inc.
12.11 AG Eagle LLC
12.12 Agribotix LLC
12.13 Autocopter Corp

*Details on Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 195)
13.1 Insights From Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
13.5 Available Customization
13.6 Related Reports
13.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター
【発行日】2017年3月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE5080
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【キーワード】農業用ロボット、無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター、制御システム、センサ、監視装置、農業用ロボットソフトウェア、農業用ロボットサービス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクターについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ゴルフアパレルの世界市場2017-2021:ゴルフウェア、ゴルフシューズ
    当調査レポートでは、ゴルフアパレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフアパレルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パラキシレンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パラキシレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パラキシレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパラキシレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Braskem、BP、Chevron Phillips Chemical、Exxon Mobil、Reliance Industries等です。
  • 構造用コア材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、構造用コア材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、構造用コア材料市場規模、種類別(バルサ、蜂の巣、泡沫)分析、外皮(ナイロン繊維強化ポリマー(NFRP)、ガラス繊維強化ポリマー(NFRP)、炭素繊維強化ポリマー(CFRP)、その他)分析、エンドユーザー別(建設、航空、輸送、風力発電、電気製品・電子機器、医薬品包装、海洋、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 構造用コア材料の世界市場:市場動向分析 ・ 構造用コア材料の世界市場:競争要因分析 ・ 構造用コア材料の世界市場:種類別(バルサ、蜂の巣、泡沫) ・ 構造用コア材料の世界市場:外皮(ナイロン繊維強化ポリマー(NFRP)、ガラス繊維強化ポリマー(NFRP)、炭素繊維強化ポリマー(CFRP)、その他) ・ 構造用コア材料の世界市場:エンドユーザー別(建設、航空、輸送、風力発電、電気製品・電子機器、医薬品包装、海洋、自動車、その他) ・ 構造用コア材 …
  • 工業用テープの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用テープの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用テープ市場規模、用途別(アクリル系、溶剤系、感圧、ホットメルト)分析、製品別(接着剤転写テープ、フィラメントテープ、ダクトテープ、アルミテープ、その他)分析、テープバッキング材別(紙、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、その他)分析、用途別(包装、マスキング/保護用途、専用、その他)分析、エンドユーザー別(電気・電子、建設、製造、ロジスティクス、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用テープの世界市場:市場動向分析 ・ 工業用テープの世界市場:競争要因分析 ・ 工業用テープの世界市場:用途別(アクリル系、溶剤系、感圧、ホットメルト) ・ 工業用テープの世界市場:製品別(接着剤転写テープ、フィラメントテープ、ダクトテープ、アルミテープ、その他) ・ 工業用テープの世界市場:テープバッキング材別(紙、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、その他) ・ 工 …
  • FBDD(フラグメントベースの創薬)の世界市場
    当調査レポートでは、FBDD(フラグメントベースの創薬)の世界市場について調査・分析し、FBDD(フラグメントベースの創薬)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 神経リハビリテーション装置の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、神経リハビリテーション装置の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:イントロダクション ・神経リハビリテーション装置の世界市場:市場概観 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・神経リハビリテーション装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:用途別分析/市場規模 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:主要地域別市場分析 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:関連企業分析
  • 薄膜電池の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「薄膜電池の世界市場2020-2024」は、薄膜電池について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・薄膜電池の世界市場:エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • テザードローンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、テザードローンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テザードローン市場規模、エンドユーザー別(防衛、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テザードローンの世界市場概要 ・テザードローンの世界市場環境 ・テザードローンの世界市場動向 ・テザードローンの世界市場規模 ・テザードローンの世界市場:業界構造分析 ・テザードローンの世界市場:エンドユーザー別(防衛、通信、その他) ・テザードローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・テザードローンの北米市場規模・予測 ・テザードローンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テザードローンのアジア太平洋市場規模・予測 ・テザードローンの主要国分析 ・テザードローンの世界市場:成長要因、課題 ・テザードローンの世界市場:競争環境 ・テザードローンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ディスプレイ技術および用途の世界市場:透明ディスプレイ、3Dディスプレイ、フレキシブルディスプレイ
    当調査レポートでは、ディスプレイ技術および用途の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ディスプレイ技術および用途の世界市場:ディスプレイ種類別分析/市場規模 ・ディスプレイ技術および用途の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ディスプレイ技術および用途の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ディスプレイ技術および用途の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディスプレイ技術および用途のアメリカ市場規模予測 ・ディスプレイ技術および用途のヨーロッパ市場規模予測 ・ディスプレイ技術および用途のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 企業コンテンツ管理ソリューションの世界市場予測・分析(~2021)
    当調査レポートでは、企業コンテンツ管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、導入形式別分析、産業別分析、地域別分析、企業コンテンツ管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アドバンスト・アナリティクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アドバンスト・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アドバンスト・アナリティクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ワクチン受託製造の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、ワクチン受託製造の世界市場について調査・分析し、ワクチン受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ワクチン受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ワクチン受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・ワクチン受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のレーザープリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザープリンター市場2015について調査・分析し、レーザープリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデカブロモジフェニルエタン(DBDPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界のデカブロモジフェニルエタン(DBDPE)市場2016について調査・分析し、デカブロモジフェニルエタン(DBDPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場
    当調査レポートでは、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス添加物の世界市場分析:製品別(金属酸化物、ナノ粒子、希土類金属)、エンドユーザー別(包装、ビルディング・包装、電子機器)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガラス添加物の世界市場について調査・分析し、ガラス添加物の世界市場動向、ガラス添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラス添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用カメラの世界市場予測(~2021年):内視鏡カメラ、手術用顕微鏡カメラ、皮膚科用カメラ、眼科用カメラ、歯科用カメラ
    当調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、カメラ種類別分析、センサ別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニキビ除去装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビ除去装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、光線力学、レーザー、無線周波数、その他など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビ除去装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビ除去装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビ除去装置の企業別販売量・売上 ・ニキビ除去装置の企業別市場シェア ・ニキビ除去装置の世界市場規模:種類別(光線力学、レーザー、無線周波数、その他) ・ニキビ除去装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビ除去装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビ除去装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビ除去装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・ニキビ除去装置の中東・アフ …
  • 住宅用換気扉の世界市場:軸流ファン、遠心送風機、インラインファン
    当調査レポートでは、住宅用換気扉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用換気扉市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Air King America, Broan-NuTone, Panasonic, Systemair, Titonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用換気扉の世界市場概要 ・住宅用換気扉の世界市場環境 ・住宅用換気扉の世界市場動向 ・住宅用換気扉の世界市場規模 ・住宅用換気扉の世界市場:業界構造分析 ・住宅用換気扉の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・住宅用換気扉の世界市場:製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン) ・住宅用換気扉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用換気扉の北米市場規模・予測 ・住宅用換気扉のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・住宅用換気扉のアジア太平洋市 …
  • カナダの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • エステルクォートの世界市場2010-2024:用途別(衣類ケア、パーソナルケア、産業)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、GCC、KSA、残りのMEA)
    本調査レポートでは、エステルクォートの世界市場について調査・分析し、エステルクォートの世界市場動向、エステルクォートの世界市場規模、市場予測、セグメント別エステルクォート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤の概要 ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • RFID付き電子かんばん方式の世界市場分析:地域別(北アメリカ、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ベルギー、ポーランド、オランダ、スペイン、ドイツ、英国、フランス、アジア太平洋、中国、インド、日本、オーストラリア、ブラジル、アルゼンチン、チリ、GCC)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、RFID付き電子かんばん方式の世界市場について調査・分析し、RFID付き電子かんばん方式の世界市場動向、RFID付き電子かんばん方式の世界市場規模、市場予測、セグメント別RFID付き電子かんばん方式市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気トラックの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、電気トラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気トラック市場規模、製品別(ハイブリッドトラック、 全電気式トラック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電気トラックの世界市場概要 ・電気トラックの世界市場環境 ・電気トラックの世界市場動向 ・電気トラックの世界市場規模 ・電気トラックの世界市場:業界構造分析 ・電気トラックの世界市場:製品別(ハイブリッドトラック、 全電気式トラック) ・電気トラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電気トラックの北米市場規模・予測 ・電気トラックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電気トラックのアジア太平洋市場規模・予測 ・電気トラックの主要国分析 ・電気トラックの世界市場:意思決定フレームワーク ・電気トラックの世界市場:成長要因、課題 ・電気トラックの世界市場:競争環境 ・電気トラックの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの概要 ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • テレビ及びラジオ加入の世界市場:ケーブルテレビ、衛星テレビ、IPテレビ、ラジオ放送、衛星ラジオ、オンラインラジオ
    当調査レポートでは、テレビ及びラジオ加入の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレビ及びラジオ加入の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝細胞増殖因子模倣薬の概要 ・肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン概要 ・企業別開発中の肝細胞増殖因子模倣薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肝細胞増殖因子模倣薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・肝細胞増殖因子模倣薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 整形外科用医療画像の世界市場2017-2021:X線システム、CTスキャナ、MRIスキャナ、超音波システム、核撮像システム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、整形外科用医療画像の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用医療画像の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は整形外科用医療画像の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Hitachi、Philips Healthcare、Siemens Healthineers、Toshiba Medical Systems等です。
  • 世界の中空プレートバー市場2019
    本調査レポートでは、世界の中空プレートバー市場2019について調査・分析し、中空プレートバーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、中空プレートバーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、中空プレートバーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・中空プレートバーの市場概要 ・中空プレートバーの上流・下流市場分析 ・中空プレートバーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・中空プレートバーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・中空プレートバーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・中空プレートバーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・中空プレートバーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・中空プレートバーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・中空プレートバーの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • ラケットスポーツ用品の世界市場2017-2021:テニスラケット、バドミントンラケット、スカッシュラケット
    当調査レポートでは、ラケットスポーツ用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラケットスポーツ用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キノア種子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キノア種子の世界市場について調査・分析し、キノア種子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キノア種子シェア、市場規模推移、市場規模予測、キノア種子種類別分析(黒色、赤、白色)、キノア種子用途別分析(直接食用、加工食用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キノア種子の市場概観 ・キノア種子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キノア種子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キノア種子の世界市場規模 ・キノア種子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キノア種子のアメリカ市場規模推移 ・キノア種子のカナダ市場規模推移 ・キノア種子のメキシコ市場規模推移 ・キノア種子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キノア種子のドイツ市場規模推移 ・キノア種子のイギリス市場規模推移 ・キノア種子のロシア市場規模推移 ・キノア種子のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・キノア種子の日本市場規模推移 ・ …
  • 小型自動車用計器類及びコックピットの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用計器類及びコックピットの世界市場について調査・分析し、小型自動車用計器類及びコックピットの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • エアロゲルの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、エアロゲルの世界市場について調査・分析し、エアロゲルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エアロゲルの世界市場:市場動向分析 - エアロゲルの世界市場:競争要因分析 - エアロゲルの世界市場:種類別 ・カーボン ・ポリマー ・シリカ ・アルミナ ・その他 - エアロゲルの世界市場:用途別 ・自動車 ・海洋 ・航空 ・石油・ガス ・建設 ・高性能塗料 ・採光・LVHS ・化学薬品 ・電子製品 ・その他 - エアロゲルの世界市場:処理別 ・未加工エアロゲル ・加工エアロゲル - エアロゲルの世界市場:形状別 ・モノリス ・ブランケット ・粉体・粒体 ・パネル ・ブロック - エアロゲルの世界市場:主要地域別分析 - エアロゲルの北米市場規模(アメリカ市場等) - エアロゲルのヨーロッパ市場規模 - エアロゲルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エアロゲルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 土地測量機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、土地測量機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、土地測量機器市場規模、ソフトウェア別(農業用ソフトウェア、鉱業用ソフトウェア、石油・ガス用ソフトウェア、その他)分析、製品別(トータルステーション・セオドライト、3Dレーザースキャナー、無人航空機(UAVS)、GNSSシステム、レーザー、レベル、その他)分析、産業別(災害管理、農業、建設、鉱業、石油・ガス、その他)分析、用途別(容積計算、調査、レイアウトポイント、監視、その他)分析、エンドユーザー別(研究、商業用、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 土地測量機器の世界市場:市場動向分析 ・ 土地測量機器の世界市場:競争要因分析 ・ 土地測量機器の世界市場:ソフトウェア別(農業用ソフトウェア、鉱業用ソフトウェア、石油・ガス用ソフトウェア、その他) ・ 土地測量機器の世界市場:製品別(トータルステーション・セオドライト、3Dレーザースキャナー、無人航空機(UAV …
  • 軍用モバイルコンピューティングシステムの世界市場:ラジオ、スマートフォン、タブレット、パソコン
    当調査レポートでは、軍用モバイルコンピューティングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用モバイルコンピューティングシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC医薬品(市販薬)の世界市場予測2016-2026
  • アルゼンチンの心臓律動管理装置市場見通し
  • 皮膚引き締めクリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、皮膚引き締めクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、皮膚引き締めクリームの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 消化器内視鏡の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消化器内視鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消化器内視鏡の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスプリンクラーポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスプリンクラーポンプ市場2015について調査・分析し、スプリンクラーポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツテキスタイルの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スポーツテキスタイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スポーツテキスタイル市場規模、用途別(スポーツシューズ用部品、スポーツ用複合材料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スポーツテキスタイルの世界市場概要 ・スポーツテキスタイルの世界市場環境 ・スポーツテキスタイルの世界市場動向 ・スポーツテキスタイルの世界市場規模 ・スポーツテキスタイルの世界市場:業界構造分析 ・スポーツテキスタイルの世界市場:用途別(スポーツシューズ用部品、スポーツ用複合材料、その他) ・スポーツテキスタイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スポーツテキスタイルの北米市場規模・予測 ・スポーツテキスタイルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スポーツテキスタイルのアジア太平洋市場規模・予測 ・スポーツテキスタイルの主要国分析 ・スポーツテキスタイルの世界市場:意思決定フレームワーク ・スポーツテキスタイルの世界市 …
  • プリンテッドセンサの世界市場:バイオセンサ、タッチセンサ、画像センサ、温度センサ
    当調査レポートでは、プリンテッドセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、印刷技術別分析、用途別分析、地域別分析、プリンテッドセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動保存・検索システム市場
  • 世界のポリアミド(ナイロン)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド(ナイロン)市場2015について調査・分析し、ポリアミド(ナイロン)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート・エレベーターの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、スマート・エレベーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・エレベーターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルバッジの世界市場:種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、デジタルバッジの世界市場について調べ、デジタルバッジの世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルバッジの世界市場概要 ・デジタルバッジの世界市場環境 ・デジタルバッジの世界市場動向 ・デジタルバッジの世界市場規模 ・デジタルバッジの世界市場規模:種類別 ・デジタルバッジの世界市場規模:用途別 ・デジタルバッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルバッジの北米市場規模・予測 ・デジタルバッジのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルバッジのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルバッジのアジア市場規模・予測 ・デジタルバッジの日本市場規模・予測 ・デジタルバッジの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • コイン式洗濯機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コイン式洗濯機の世界市場について調査・分析し、コイン式洗濯機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コイン式洗濯機シェア、市場規模推移、市場規模予測、コイン式洗濯機種類別分析(洗濯機、乾燥機)、コイン式洗濯機用途別分析(ホテル、コインランドリー、病院、学校・アパート、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コイン式洗濯機の市場概観 ・コイン式洗濯機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コイン式洗濯機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コイン式洗濯機の世界市場規模 ・コイン式洗濯機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コイン式洗濯機のアメリカ市場規模推移 ・コイン式洗濯機のカナダ市場規模推移 ・コイン式洗濯機のメキシコ市場規模推移 ・コイン式洗濯機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コイン式洗濯機のドイツ市場規模推移 ・コイン式洗濯機のイギリス市場規模推移 ・コイン式洗濯機のロシア市場規模推移 ・コイン式 …
  • ベーカリー&シリアルの韓国市場
  • 医療ロボットの世界市場予測(~2021年):手術ロボット、リハビリロボット、病院ロボット、非侵襲手術ロボット
    当調査レポートでは、医療ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、医療ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の外科用シーラント及び接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の外科用シーラント及び接着剤市場2015について調査・分析し、外科用シーラント及び接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"