"教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場:構成要素別、サービス別、地域別予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BZW805042)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場:構成要素別、サービス別、地域別予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Digital Signage in Education Market valued approximately USD xx billion in 2016 is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 10.4% over the forecast period 2017-2025. One trend in market is inclusion of social media. Social media is showing increasing penetration in the education system globally. These platforms are increasingly incorporated in teaching and learning systems to help students engage in informal chat with other students and teachers, apart from formal classroom sessions. The digital signage systems also promote such communication system, wherein content from the social media portals is taken and displayed on the system as well as shared with audience’s mobile devices such as tablets, web pages, and smartphones. This trigger inclusive communication, as the audience can comment and express their views about any subject shared on the digital signage system. Social networking platforms such as Twitter, YouTube, and Facebook are used by institutions to maintain communication with students and intimate them about any updates, such as student events and courses. Hence, in this way these social portals act as another reliable source of information, apart from institution websites.
The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Component:
 Hardware
 Software
By Service:

 Higher Education Institutions
 K-12 Schools

By Regions:
 Europe
o UK
o Germany
 Asia Pacific
o China
Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2015
Base year – 2016
Forecast period – 2017 to 2025

Some of the key manufacturers involved in the market are Cisco Systems, LG Electronics, Sony Corporation, Broad Sign International. Acquisitions and effective mergers are some of the strategies adopted by the key manufacturers. New product launches and continuous technological innovations are the key strategies adopted by the major players.

Target Audience of the Global Digital Signage in Education Market in Market Study:

 Key Consulting Companies & Advisors
 Large, medium-sized, and small enterprises
 Venture capitalists
 Value-Added Resellers (VARs)
 Third-party knowledge providers
 Investment bankers
 Investors


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Bizwit Research & Consultingが"教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場:構成要素別、サービス別、地域別予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1. Global Digital Signage in Education Market Definition and Scope
1.1. Research Objective
1.2. Market Definition
1.3. Scope of The Study
1.4. Years Considered for The Study
1.5. Currency Conversion Rates
1.6. Report Limitation
Chapter 2. Research Methodology
2.1. Research Process
2.1.1. Data Mining
2.1.2. Analysis
2.1.3. Market Estimation
2.1.4. Validation
2.1.5. Publishing
2.2. Research Assumption
Chapter 3. Executive Summary
3.1. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
3.2. Key Trends
Chapter 4. Global Digital Signage in Education Market Dynamics
4.1. Growth Prospects
4.1.1. Drivers
4.1.2. Restraints
4.1.3. Opportunities
4.2. Industry Analysis
4.2.1. Porter’s 5 Force Model
4.2.2. PEST Analysis
4.2.3. Value Chain Analysis
4.3. Analyst Recommendation & Conclusion

Chapter 5. Global Digital Signage in Education Market, By Component
5.1. Market Snapshot
5.2. Market Performance – Potential Model
5.3. Global Digital Signage in Education Market, Sub Segment Analysis
5.3.1. Hardware
5.3.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.1.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.2. Software
5.3.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.2.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)

Chapter 6. Global Digital Signage in Education Market, by Service
6.1. Market Snapshot
6.2. Market Performance – Potential Model
6.3. Global Digital Signage in Education Market, Sub Segment Analysis
6.3.1. Higher Education Institutions
6.3.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.1.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.2. K-12 Schools
6.3.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.2.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)

Chapter 7. Global Digital Signage in Education Market, by Regional Analysis
7.1. Digital Signage in Education Market, Regional Market Snapshot (2015-2025)
7.2. Europe Digital Signage in Education Market Snapshot
7.2.1. U.K.
7.2.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.1.2. Component breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.1.3. Service breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2. Germany
7.2.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2.2. Component breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2.3. Service breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.3. Rest of Europe
7.2.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.3.2. Component breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.3.3. Service breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3. Asia Digital Signage in Education Market Snapshot
7.3.1. China
7.3.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.1.2. Component breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.1.3. Service breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)

Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Company Market Share (Subject to Data Availability)
8.2. Top Market Strategies
8.3. Company Profiles
8.3.1. Cisco Systems Inc.
8.3.2. LG Electronics
8.3.3. Panasonic Corporation
8.3.4. Samsung Electronics Co., Ltd.
8.3.5. NEC Corporation
8.3.6. Broad Sign International
8.3.7. Sony Corporation
8.3.8. Sharp
8.3.9. Omni vex Corporation

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場:構成要素別、サービス別、地域別予測
【発行日】2018年5月7日
【調査会社】Bizwit Research & Consulting
【コード】BZW805042
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Consumer Electronics
【キーワード】教育分野におけるデジタル・サイネージ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場:構成要素別、サービス別、地域別予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 気管切開術用製品の世界市場
    当調査レポートでは、気管切開術用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、気管切開術用製品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカーの世界市場
    当調査レポートでは、マイクロカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚がん(Skin Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚がん(Skin Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚がん(Skin Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚がん(Skin Cancer)の概要 ・皮膚がん(Skin Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚がん(Skin Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚がん(Skin Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・皮 …
  • 骨髄移植の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、骨髄移植の世界市場について調査・分析し、骨髄移植の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・骨髄移植の世界市場:市場動向分析 ・骨髄移植の世界市場:競争要因分析 ・骨髄移植の世界市場:病気の兆候別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:移植タイプ別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:地域別分析/市場規模 ・骨髄移植の北米市場規模・分析 ・骨髄移植の欧州市場・分析 ・骨髄移植のアジア市場・分析 ・骨髄移植の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アンバープレックスの世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、アンバープレックスの世界市場について調査・分析し、アンバープレックスのメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(陽イオン交換膜、アニオン交換膜、両性イオン交換膜、複極式イオン交換膜、モザイクイオン交換膜)、用途別販売分析(電気透析、電解、クロマトグラフィー分離、淡水化、廃水処理、その他)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、アンバープレックス産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・アンバープレックス市場概要 ・アンバープレックスのメーカー別販売量・メーカー別シェア ・アンバープレックスの世界市場:種類別販売量(陽イオン交換膜、アニオン交換膜、両性イオン交換膜、複極式イオン交換膜、モザイクイオン交換膜) ・アンバープレックスの世界市場:用途別販売量(電気透析、電解、クロマトグラフィー分離、淡水化、廃水処理、その他) ・アンバープレックスの世界市場:地域別販売量・市場シェア ・アンバープレックスの米国市場規模 ・アンバープレックスの中国市場規模 ・アンバープレックスの欧州市場規 …
  • 在宅医療の世界市場:コンポーネント別(サービス、機器)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、在宅医療の世界市場動向、在宅医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別在宅医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 再生不良性貧血(Aplastic Anemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再生不良性貧血(Aplastic Anemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再生不良性貧血(Aplastic Anemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再生不良性貧血(Aplastic Anemia)の概要 ・再生不良性貧血(Aplastic Anemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再生不良性貧血(Aplastic Anemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再生不良性貧血(Aplastic Anemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 保護包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、保護包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保護包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 手術用スネアの世界市場予測(~2023年)
    手術用スネアの世界市場は、2018年の9億9200万米ドルから2023年には12億5500万米ドルに達し、この期間中4.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、結腸ポリープ切除術数の増加、ASC内視鏡センターの成長、および低侵襲手術に対する選好の高まりなどが考えれられます。当調査レポートでは、手術用スネアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ユーザービリティ(使い捨て、再利用可能)分析、用途(消化管内視鏡検査、腹腔鏡検査、泌尿器科内視鏡検査、婦人科内視鏡検査、関節鏡検査、気管支鏡検査、縦隔鏡検査、喉頭鏡検査)分析、エンドユーザー(病院、ASC)分析、手術用スネアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞増殖製品の世界市場:試薬、培地、フローサイトメーター、遠心分離機、バイオリアクター
    当調査レポートでは、細胞増殖製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、細胞種類別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の膵がん診断検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、膵がん診断検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膵がん診断検査装置の概要 ・膵がん診断検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・膵がん診断検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・膵がん診断検査装置の開発動向:領域別分析 ・膵がん診断検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・膵がん診断検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別膵がん診断検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・膵がん診断検査装置の最近動向
  • バラスト水処理の世界市場予測(~2022年):物理的消毒法、機械的方法、化学的方法
    当調査レポートでは、バラスト水処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、容量別分析、船舶種類別分析、地域別分析、バラスト水処理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のスプリンクラ消火設備市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のスプリンクラ消火設備市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のスプリンクラ消火設備市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター・コロケーションの世界市場
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションの世界市場について調査・分析し、データセンター・コロケーションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - データセンター・コロケーションの世界市場:市場動向分析 - データセンター・コロケーションの世界市場:競争要因分析 - データセンター・コロケーションの世界市場:産業別 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・エネルギー ・娯楽&メディア ・政府 ・ヘルスケア ・製造 ・電気通信&IT ・その他 - データセンター・コロケーションの世界市場:種類別 ・ホールセール型コロケーション ・リテール型コロケーション - データセンター・コロケーションの世界市場:エンドユーザー別 ・大企業 ・中小企業 - データセンター・コロケーションの世界市場:主要地域別分析 - データセンター・コロケーションの北米市場規模(アメリカ市場等) - データセンター・コロケーションのヨーロッパ市場規模 - データセンター・コロケーションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) …
  • 世界の歯科用インプラント市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、歯科用インプラントのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯科用インプラントの概要 ・歯科用インプラントの開発動向:開発段階別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:セグメント別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:領域別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:規制Path別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別歯科用インプラントの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・歯科用インプラントの最近動向
  • 養鶏用機械の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、養鶏用機械の世界市場について調査・分析し、養鶏用機械の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 養鶏用機械の世界市場:市場動向分析 - 養鶏用機械の世界市場:競争要因分析 - 養鶏用機械の世界市場:製品の種類別 ・ブロイラーの捕獲・食肉処理 ・温度制御 ・水やり ・餌やり ・孵化,繁殖,管理 ・残留物・ごみ管理 ・その他 - 養鶏用機械の世界市場:主要地域別分析 - 養鶏用機械の北米市場規模(アメリカ市場等) - 養鶏用機械のヨーロッパ市場規模 - 養鶏用機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・養鶏用機械の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 陸上移動無線システム(LMRシステム)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、陸上移動無線システム(LMRシステム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、周波数別分析、用途別分析、陸上移動無線システム(LMRシステム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 核酸単離および核酸精製の世界市場:製品別、タイプ別(DNA、RNA)、用途別(創薬、腫瘍学)、手法別、最終用途別、セグメント予測
    核酸単離および核酸精製の世界市場は2025年には36億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、DNAシーケンシングのコストの削減、遺伝学、オーダーメイド医療、および診断法の継続的な発展、そしてポリヌクレオチドの単離と精製に使用される機器やツールの自動化と技術進歩が考えられます。本調査レポートでは、核酸単離および核酸精製の世界市場について調査・分析し、核酸単離および核酸精製の世界市場動向、核酸単離および核酸精製の世界市場規模、市場予測、セグメント別核酸単離および核酸精製市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自走式フォーレージハーベスタの世界市場:油圧アクチュエータ、電子アクチュエーター
    当調査レポートでは、自走式フォーレージハーベスタの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自走式フォーレージハーベスタ市場規模、製品別(油圧アクチュエータ、電子アクチュエーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CLAAS, CNH Industrial, Deere & Company, Maschinenfabrik Bernard KRONE, Rostselmashなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場概要 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場環境 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場動向 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場規模 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場:業界構造分析 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場:製品別(油圧アクチュエータ、電子アクチュエーター) ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自走式フォーレージハーベスタの北米市場 …
  • 自動車用潤滑油の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用潤滑油の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 潤滑油とは、自動車部品の摩擦を低減するために使われます。自動車用の潤滑油として、エンジン油、ギヤ油、トランスミッション液、ブレーキ油があります。これら潤滑油は、接触面の摩擦を低減するために使用し、その結果エンジン、ブレーキ、ギアシステム等の自動車部品の性能が向上します。Technavio社は自動車用潤滑油の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Shell• ExxonMobil• BP• Chevron Corporation等です。
  • 燃料添加剤の世界市場2017-2021:付着物制御添加剤、セタン価向上剤、抗酸化剤、低温流動性向上剤、潤滑性向上剤、腐食抑制剤、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Afton Chemical、BASF、Chevron Oronite、Innospec、The Lubrizol Corporation等です。
  • 世界のトリクロサン市場2016
    本調査レポートでは、世界のトリクロサン市場2016について調査・分析し、トリクロサンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び日本の電動ドリル市場2017-2022
  • 飼料用植物性添加剤の世界市場:精油、ハーブ・香辛料、含油樹脂
    当調査レポートでは、飼料用植物性添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、機能別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDビルボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDビルボードの世界市場について調査・分析し、LEDビルボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDビルボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDビルボード種類別分析(単色ベースカラー、二色ベースカラー、フルカラー)、LEDビルボード用途別分析(室内用、室外用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDビルボードの市場概観 ・LEDビルボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDビルボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDビルボードの世界市場規模 ・LEDビルボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDビルボードのアメリカ市場規模推移 ・LEDビルボードのカナダ市場規模推移 ・LEDビルボードのメキシコ市場規模推移 ・LEDビルボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・LEDビルボードのドイツ市場規模推移 ・LEDビルボードのイギリス市場規模推移 ・LEDビルボードのロシ …
  • 検索およびコンテンツ分析の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、検索およびコンテンツ分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、検索およびコンテンツ分析の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動給飼装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動給飼装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、装置別分析、家畜別分析、地域別分析、自動給飼装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペット食品成分の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ペット食品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、成分別(穀物、肉および肉製品、野菜、果物、脂肪、および添加物)分析、由来別(動物ベース、植物ベース、合成)分析、ペット別(犬、猫、魚)分析、フォーム別(乾燥および液体)分析、ペット食品成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ペット食品成分の世界市場規模が2019年370億ドルから2025年543億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • 民間航空機用酸素系統の世界市場:乗客用酸素系統、乗員用酸素系統、酸素貯蔵装置、酸素供給装置、酸素マスク
    当調査レポートでは、民間航空機用酸素系統の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システム別分析、構成要素別分析、種類別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 凍結乾燥装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、凍結乾燥装置の世界市場について調査・分析し、凍結乾燥装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別凍結乾燥装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、凍結乾燥装置種類別分析(工業規模、試験規模、実験室規模)、凍結乾燥装置用途別分析(バイオ技術・環境、医薬品、食品加工、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・凍結乾燥装置の市場概観 ・凍結乾燥装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・凍結乾燥装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・凍結乾燥装置の世界市場規模 ・凍結乾燥装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・凍結乾燥装置のアメリカ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のカナダ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のメキシコ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・凍結乾燥装置のドイツ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のイギリス市場規模推移 ・凍結乾燥装置のロシア市場規模推移 ・凍結乾燥装置のアジア市場分析(日本、中 …
  • 自動車安全装置の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、自動車安全装置の世界市場について調査・分析し、自動車安全装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車安全装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車安全装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車安全装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 業務用ガスフライヤーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用ガスフライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ガスフライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット燃料補給システムの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ロボット燃料補給システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、燃料ポンプ別(ガソリン、天然ガス、石油化学製品)分析、積載量別(最大50 kg、50〜100 kg、100〜150 kg)分析、業種別(自動車、鉱業、石油およびガス、航空宇宙)分析、ロボット燃料補給システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ロボット燃料補給システムの世界市場規模が2019年25百万ドルから2030年22億ドルまで年平均50.0%成長すると予測しています。
  • 慣性航法装置(INS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、慣性航法装置(INS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、慣性航法装置(INS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のICP-MS分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界のICP-MS分光計市場2015について調査・分析し、ICP-MS分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 膜/電極接合体の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、膜/電極接合体の世界市場について調査・分析し、膜/電極接合体の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別膜/電極接合体シェア、市場規模推移、市場規模予測、膜/電極接合体種類別分析()、膜/電極接合体用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・膜/電極接合体の市場概観 ・膜/電極接合体のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・膜/電極接合体のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・膜/電極接合体の世界市場規模 ・膜/電極接合体の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・膜/電極接合体のアメリカ市場規模推移 ・膜/電極接合体のカナダ市場規模推移 ・膜/電極接合体のメキシコ市場規模推移 ・膜/電極接合体のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・膜/電極接合体のドイツ市場規模推移 ・膜/電極接合体のイギリス市場規模推移 ・膜/電極接合体のロシア市場規模推移 ・膜/電極接合体のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ノルウェーの脊椎手術装置市場見通し
  • スカッシュ用品の世界市場:ラケット、ボール、シューズ、その他
    当調査レポートでは、スカッシュ用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スカッシュ用品市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amer Sports, ASICS, Dunlop Sports, Harrow Sports, HEAD, Tecnifibreなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スカッシュ用品の世界市場概要 ・スカッシュ用品の世界市場環境 ・スカッシュ用品の世界市場動向 ・スカッシュ用品の世界市場規模 ・スカッシュ用品の世界市場:業界構造分析 ・スカッシュ用品の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スカッシュ用品の世界市場:製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他) ・スカッシュ用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スカッシュ用品の北米市場規模・予測 ・スカッシュ用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ス …
  • 微細セルポリウレタンフォームの世界市場:低密度フォーム、高密度フォーム
    当調査レポートでは、微細セルポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の内視鏡洗浄装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の内視鏡洗浄装置市場2015について調査・分析し、内視鏡洗浄装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの外傷固定装置市場見通し
  • 生命化学BPOの世界市場分析:サービス別(医薬品外注、医療機器外注、契約セールス、マーケティング外注)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生命化学BPOの世界市場について調査・分析し、生命化学BPOの世界市場動向、生命化学BPOの世界市場規模、市場予測、セグメント別生命化学BPO市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ゴム・プラスチック産業用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ゴム・プラスチック産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴム・プラスチック産業用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 過酢酸の世界市場:殺菌剤、清浄剤、滅菌剤
    当調査レポートでは、過酢酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートガラスの世界市場予測(~2022年):SPD(浮遊粒子デバイス)ガラス、エレクトロクロミックガラス、PDLCガラス、サーモクロミックガラス、フォトクロミックガラス
    当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、スマートガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオチップの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、バイオチップの世界市場について調査・分析し、バイオチップの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・バイオチップの世界市場:市場動向分析 ・バイオチップの世界市場:競争要因分析 ・バイオチップの世界市場:製品別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:機能別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオチップの北米市場規模・分析 ・バイオチップの欧州市場・分析 ・バイオチップのアジア市場・分析 ・バイオチップの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストの概要 ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 芳香族系溶剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、芳香族系溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、芳香族系溶剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は芳香族系溶剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Exxon Mobil、Pampa Energía、Reliance Industries、Shell International、SK global chemical、Total等です。
  • データセンター用液浸冷却の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データセンター用液浸冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター用液浸冷却の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用冷蔵・冷凍の世界市場2017-2021:コンプレッサー、コンデンサ、蒸発器、ラック、熱交換器
    当調査レポートでは、産業用冷蔵・冷凍の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用冷蔵・冷凍の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"