"軟骨修復の世界市場:モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント)、タイプ別(硝子軟骨、繊維軟骨)、用途別(膝、肩、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR806036)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"軟骨修復の世界市場:モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント)、タイプ別(硝子軟骨、繊維軟骨)、用途別(膝、肩、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Articular cartilage is a complex tissue, which is devoid of blood supply (avascular). It is composed of distinct cells called chondrocytes suspended in a collagenous matrix. The key function of this tissue is to smoothen bone movements, and absorbs shock along with providing cushioning to the joints.

Cartilage repair is a type of cartilage restoration method, wherein the injured cartilage is healed by replacing it with extracellular matrix and new cells. The global cartilage repair market was valued at $713 million in 2017, and is estimated to reach at $2,195 million by 2025, registering a CAGR of 15.0% from 2018 to 2025.

Upsurge in geriatric population, surge in prevalence of degenerative conditions such as osteoarthritis, and rise in sports-related injuries are the key factors that augment the growth of the global cartilage repair market. Furthermore, increase in obesity among the population is expected to boost the market growth.

However, high costs associated with cartilage repair products and an unclear regulatory scenario are some of the factors that impede the market growth. Conversely, high potential of emerging economies and increase in demand for cartilage repair products are expected to provide new opportunities for the market players in future.

The cartilage repair market is segmented based on modality, type, application, end user, and region. On the basis of modality, the market is divided into chondroplasty & microfracture, autologous chondrocyte implantation, osteochondral allograft and juvenile allograft fragments.

By type, it is bifurcated into hyaline cartilage and fibrocartilage. According to application, it is fragmented into knee, shoulder, and others. Depending on end user, it is categorized into hospitals & clinics, ambulatory surgical centers, and others. Region wise, it is analyzed across the North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

This report entails a detailed quantitative analysis of the current market trends from 2017 to 2025 to identify the prevailing opportunities along with strategic assessment of global cartilage repair market.
Market size and estimations are based on comprehensive analysis of the modalities, applications, end users, and developments in the industry.
An in-depth analysis based on region assists to understand the regional market and facilitate the strategic business planning.
The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market.

KEY MARKET SEGMENTS

By Modality

Chondroplasty & Microfracture
Autologous Chondrocyte Implantation
Osteochondral Allograft
Juvenile Allograft Fragments

By Type

Hyaline Cartilage
Fibrocartilage

By Application

Knee
Shoulder
Others

By End User

Hospitals & Clinics
Ambulatory Surgical Centers
Others

By Region

North America
U.S.
Canada
Mexico
Europe
Germany
France
UK
Italy
Spain
Rest of Europe
Asia-Pacific
Japan
China
India
Australia
South Korea
Taiwan
Rest of Asia-Pacific
LAMEA
Brazil
Saudi Arabia
South Africa
Rest of LAMEA

The list of key players operating in this market includes:

Arthrex, Inc.
B. Braun Melsungen AG
Conmed Corporation
Johnson & Johnson
Osiris Therapeutics, Inc.
RTI Surgical, Inc.
Smith & Nephew PLC
Stryker Corporation
Vericel Corporation
Zimmer Biomet Holdings, Inc.

The other players included in the value chain analysis (and not included in the report) include:

Anika Therapeutics, Inc.
Collagen Solutions LLP
Histogenics Corporation


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"軟骨修復の世界市場:モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント)、タイプ別(硝子軟骨、繊維軟骨)、用途別(膝、肩、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments

1.3.1. List of key players profiled in the report

1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study

2.1.1. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies

3.3. Top Player Positioning, 2017
3.4. Patent analysis, 2014-2017

3.4.1. Patent analysis, by year (2014-2017)
3.4.2. Patent analysis, by country

3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Surge in obesity in the population
3.5.1.2. Rise in sports-related injuries
3.5.1.3. Rapid increase in geriatric population

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. High costs associated with cartilage repair procedures
3.5.2.2. Unclear regulatory scenario

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Untapped potential of the emerging economies

CHAPTER 4: CARTILAGE REPAIR MARKET, BY MODALITY

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Microfracture & chondroplasty

4.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2. Market size and forecast, by region
4.2.3. Market analysis, by country

4.3. Autologous chondrocyte implantation

4.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2. Market size and forecast, by region
4.3.3. Market analysis, by country

4.4. Osteochondral Allograft

4.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.4.2. Market size and forecast, by region
4.4.3. Market analysis, by country

4.5. Juvenile Allograft Fragment

4.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.5.2. Market size and forecast, by region
4.5.3. Market analysis, by country

CHAPTER 5: CARTILAGE REPAIR MARKET, BY TYPE

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Hyaline cartilage

5.2.1. Market size and forecast, by region
5.2.2. Market analysis, by country

5.3. Fibrocartilage

5.3.1. Market size and forecast, by region
5.3.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: CARTILAGE REPAIR MARKET BY APPLICATION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Knee

6.2.1. Market size and forecast, by region
6.2.2. Market analysis, by country

6.3. Shoulder

6.3.1. Market size and forecast, by region
6.3.2. Market analysis, by country

6.4. Others

6.4.1. Market size and forecast, by region
6.4.2. Market analysis, by country

CHAPTER 7: CARTILAGE REPAIR MARKET, BY END USER

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast

7.2. Hospital & clinic

7.2.1. Market size and forecast, by region
7.2.2. Market analysis, by country

7.3. Ambulatory surgical center (ASC)

7.3.1. Market size and forecast, by region
7.3.2. Market analysis, by country

7.4. Others

7.4.1. Market size and forecast, by region
7.4.2. Market analysis, by country

CHAPTER 8: CARTILAGE REPAIR MARKET, BY REGION

8.1. Overview

8.1.1. Market size and forecast

8.2. North America

8.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
8.2.2. North America cartilage repair market size and forecast, by country

8.2.2.1. U.S. market size and forecast

8.2.2.1.1. U.S. cartilage repair market, by modality
8.2.2.1.2. U.S. cartilage repair market, by type
8.2.2.1.3. U.S. cartilage repair market, by application
8.2.2.1.4. U.S. cartilage repair market, by end user

8.2.2.2. Canada market size and forecast

8.2.2.2.1. Canada cartilage repair market, by modality
8.2.2.2.2. Canada cartilage repair market, by type
8.2.2.2.3. Canada cartilage repair market, by application
8.2.2.2.4. Canada cartilage repair market, by end user

8.2.2.3. Mexico market size and forecast

8.2.2.3.1. Mexico cartilage repair market, by modality
8.2.2.3.2. Mexico cartilage repair market, by type
8.2.2.3.3. Mexico cartilage repair market, by application
8.2.2.3.4. Mexico cartilage repair market, by end user

8.2.3. North America cartilage repair market size and forecast, by modality
8.2.4. North America cartilage repair market size and forecast, by type
8.2.5. North America cartilage repair market size and forecast, by application
8.2.6. North America cartilage repair market size and forecast, by end user

8.3. Europe

8.3.1. Key market trends, growth factors and opportunities
8.3.2. Europe cartilage repair market size and forecast, by country

8.3.2.1. Germany market size and forecast

8.3.2.1.1. Germany cartilage repair market, by modality
8.3.2.1.2. Germany. cartilage repair market, by type
8.3.2.1.3. Germany cartilage repair market, by application
8.3.2.1.4. Germany cartilage repair market, by end user

8.3.2.2. France market size and forecast

8.3.2.2.1. France cartilage repair market, by modality
8.3.2.2.2. France cartilage repair market, by type
8.3.2.2.3. France cartilage repair market, by application
8.3.2.2.4. France cartilage repair market, by end user

8.3.2.3. UK market size and forecast

8.3.2.3.1. UK cartilage repair market, by modality
8.3.2.3.2. UK cartilage repair market, by type
8.3.2.3.3. UK cartilage repair market, by application
8.3.2.3.4. UK cartilage repair market, by end user

8.3.2.4. Italy market size and forecast

8.3.2.4.1. Italy cartilage repair market, by modality
8.3.2.4.2. Italy cartilage repair market, by type
8.3.2.4.3. Italy cartilage repair market, by application
8.3.2.4.4. Italy cartilage repair market, by end user

8.3.2.5. Spain market size and forecast

8.3.2.5.1. Spain cartilage repair market, by modality
8.3.2.5.2. Spain. cartilage repair market, by type
8.3.2.5.3. Spain cartilage repair market, by application
8.3.2.5.4. Spain cartilage repair market, by end user

8.3.2.6. Rest of Europe market size and forecast

8.3.2.6.1. Rest of Europe cartilage repair market, by modality
8.3.2.6.2. Rest of Europe cartilage repair market, by type
8.3.2.6.3. Rest of Europe cartilage repair market, by application
8.3.2.6.4. Rest of Europe cartilage repair market, by end user

8.3.3. Europe cartilage repair market size and forecast, by modality
8.3.4. Europe cartilage repair market size and forecast, by type
8.3.5. Europe cartilage repair market size and forecast, by application
8.3.6. Europe cartilage repair market size and forecast, by end user

8.4. Asia-Pacific

8.4.1. Key market trends, growth factors and opportunities
8.4.2. Asia-Pacific cartilage repair market size and forecast, by country

8.4.2.1. Japan market size and forecast

8.4.2.1.1. Japan cartilage repair market, by modality
8.4.2.1.2. Japan cartilage repair market, by type
8.4.2.1.3. Japan cartilage repair market, by application
8.4.2.1.4. Japan cartilage repair market, by end user

8.4.2.2. China market size and forecast

8.4.2.2.1. China cartilage repair market, by modality
8.4.2.2.2. China cartilage repair market, by type
8.4.2.2.3. China cartilage repair market, by application
8.4.2.2.4. China cartilage repair market, by end user

8.4.2.3. India market size and forecast

8.4.2.3.1. India cartilage repair market, by modality
8.4.2.3.2. India cartilage repair market, by type
8.4.2.3.3. India cartilage repair market, by application
8.4.2.3.4. India cartilage repair market, by end user

8.4.2.4. Australia market size and forecast

8.4.2.4.1. Australia cartilage repair market, by modality
8.4.2.4.2. Australia cartilage repair market, by type
8.4.2.4.3. Australia cartilage repair market, by application
8.4.2.4.4. Australia cartilage repair market, by end user

8.4.2.5. South Korea market size and forecast

8.4.2.5.1. South Korea cartilage repair market, by modality
8.4.2.5.2. South Korea cartilage repair market, by type
8.4.2.5.3. South Korea cartilage repair market, by application
8.4.2.5.4. South Korea cartilage repair market, by end user

8.4.2.6. Taiwan market size and forecast

8.4.2.6.1. Taiwan cartilage repair market, by modality
8.4.2.6.2. Taiwan cartilage repair market, by type
8.4.2.6.3. Taiwan cartilage repair market, by application
8.4.2.6.4. Taiwan cartilage repair market, by end user

8.4.2.7. Rest of Asia-Pacific market size and forecast

8.4.2.7.1. Rest of Asia-Pacific cartilage repair market, by modality
8.4.2.7.2. Rest of Asia-Pacific cartilage repair market, by type
8.4.2.7.3. Rest of Asia-Pacific cartilage repair market, by application
8.4.2.7.4. Rest of Asia-Pacific cartilage repair market, by end user

8.4.3. Asia-Pacific cartilage repair market size and forecast, by modality
8.4.4. Asia-Pacific cartilage repair market size and forecast, by type
8.4.5. Asia-Pacific cartilage repair market size and forecast, by application
8.4.6. Asia-Pacific cartilage repair market size and forecast, by end user

8.5. LAMEA

8.5.1. Key market trends
8.5.2. LAMEA cartilage repair market size and forecast, by country

8.5.2.1. Brazil market size and forecast

8.5.2.1.1. Brazil cartilage repair market, by modality
8.5.2.1.2. Brazil cartilage repair market, by type
8.5.2.1.3. Brazil cartilage repair market, by application
8.5.2.1.4. Brazil cartilage repair market, by end user

8.5.2.2. Saudi Arabia market size and forecast

8.5.2.2.1. Saudi Arabia cartilage repair market, by modality
8.5.2.2.2. Saudi Arabia. cartilage repair market, by type
8.5.2.2.3. Saudi Arabia cartilage repair market, by application
8.5.2.2.4. Saudi Arabia cartilage repair market, by end user

8.5.2.3. South Africa market size and forecast

8.5.2.3.1. South Africa cartilage repair market, by modality
8.5.2.3.2. South Africa cartilage repair market, by type
8.5.2.3.3. South Africa cartilage repair market, by application
8.5.2.3.4. South Africa cartilage repair market, by end user

8.5.2.4. Rest of LAMEA market size and forecast

8.5.2.4.1. Rest of LAMEA cartilage repair market, by modality
8.5.2.4.2. Rest of LAMEA cartilage repair market, by type
8.5.2.4.3. Rest of LAMEA cartilage repair market, by application
8.5.2.4.4. Rest of LAMEA cartilage repair market, by end user

8.5.3. LAMEA cartilage repair market size and forecast, by modality
8.5.4. LAMEA cartilage repair market size and forecast, by type
8.5.5. LAMEA cartilage repair market size and forecast, by application
8.5.6. LAMEA cartilage repair market size and forecast, by end user

CHAPTER 9: COMPANY PROFILES

9.1. Johnson & Johnson

9.1.1. Company overview
9.1.2. Company snapshot
9.1.3. Operating business segments
9.1.4. Business performance

9.2. B. Braun Melsungen AG

9.2.1. Company overview
9.2.2. Company snapshot
9.2.3. Operating business segments
9.2.4. Business performance

9.3. Smith & Nephew Plc.

9.3.1. Company overview
9.3.2. Company snapshot
9.3.3. Operating business segments
9.3.4. Business performance
9.3.5. Key strategic moves and developments

9.4. Stryker Corporation

9.4.1. Company overview
9.4.2. Company snapshot
9.4.3. Operating business segments
9.4.4. Business performance
9.4.5. Key strategic moves and developments

9.5. Zimmer Biomet Holdings, Inc.

9.5.1. Company overview
9.5.2. Company snapshot
9.5.3. Operating business segments
9.5.4. Business performance
9.5.5. Key strategic moves and developments

9.6. Conmed Corporation

9.6.1. Company overview
9.6.2. Company snapshot
9.6.3. Operating business segments
9.6.4. Business performance

9.7. Arthrex, Inc.

9.7.1. Company overview
9.7.2. Company snapshot
9.7.3. Operating business segments

9.8. RTI Surgical, Inc.

9.8.1. Company overview
9.8.2. Company snapshot
9.8.3. Operating business segments
9.8.4. Business performance

9.9. Vericel Corporation

9.9.1. Company overview
9.9.2. Company snapshot
9.9.3. Operating business segments
9.9.4. Business performance
9.9.5. Key strategic moves and developments

9.10. Osiris Therapeutics, Inc.

9.10.1. Company overview
9.10.2. Company snapshot
9.10.3. Operating business segments
9.10.4. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】軟骨修復の世界市場:モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント)、タイプ別(硝子軟骨、繊維軟骨)、用途別(膝、肩、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他)
【発行日】2018年5月23日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR806036
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Medical Devices & Supplies
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
軟骨修復の世界市場:モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント)、タイプ別(硝子軟骨、繊維軟骨)、用途別(膝、肩、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 膿瘍(Abscess):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膿瘍(Abscess)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膿瘍(Abscess):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膿瘍(Abscess)のフェーズ3治験薬の状況 ・膿瘍(Abscess)治療薬の市場規模(販売予測) ・膿瘍(Abscess)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膿瘍(Abscess)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の膿瘍(Abscess)治療薬剤
  • エアブレーキシステムの世界市場予測(~2025年)
    エアブレーキシステムの世界市場は、2018年の45億米ドルから2025年には56億米ドルに達し、この期間中に3.31%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、商用トラックおよびOHVトラックの収益と生産が増加したこと、鉄道と高速列車の増加、ならびに油圧ブレーキと比較した場合のエアブレーキのフェールセーフ性が考えれられます。一方で、油圧ブレーキよりもエアブレーキのコストが高くかつ停止距離が長くなることにより、市場の成長が抑制されます。当調査レポートでは、エアブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(ディスク、ドラム)分析、コンポーネント(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター)分析、車両分析、車種(高剛性ボディトラック、大型バス、セミトレーラー・バス)分析、エアブレーキシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 広帯域幅メモリの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、広帯域幅メモリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、広帯域幅メモリ市場規模、用途別(HPC、グラフィックス、その他)分析、製品別(GPU、CPU、APU、ASIC、FPGA)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Micro Devices, Intel, SAMSUNG, SK HYNIX, XILINXなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・広帯域幅メモリの世界市場概要 ・広帯域幅メモリの世界市場環境 ・広帯域幅メモリの世界市場動向 ・広帯域幅メモリの世界市場規模 ・広帯域幅メモリの世界市場:業界構造分析 ・広帯域幅メモリの世界市場:用途別(HPC、グラフィックス、その他) ・広帯域幅メモリの世界市場:製品別(GPU、CPU、APU、ASIC、FPGA) ・広帯域幅メモリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・広帯域幅メモリの北米市場規模・予測 ・広帯域幅メモリのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • 成形相互接続デバイス(MID)の世界市場:プロセス別(LDS、二個取り成形、フィルム技術)、製品別(アンテナ・接続モジュール、コネクタ・スイッチ、センサー、照明)、産業別、地域別予測
    本資料は、成形相互接続デバイス(MID)の世界市場について調べ、成形相互接続デバイス(MID)の世界規模、市場動向、市場環境、プロセス別(LDS、二個取り成形、フィルム技術)分析、製品別(アンテナ・接続モジュール、コネクタ・スイッチ、センサー、照明)分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場概要 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場環境 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場動向 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模:プロセス別(LDS、二個取り成形、フィルム技術) ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模:製品別(アンテナ・接続モジュール、コネクタ・スイッチ、センサー、照明) ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模:産業別 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・成形相互接続デバイス( …
  • 軍用サイバーセキュリティの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、軍用サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軍用サイバーセキュリティ市場規模、種類別(ネットワークセキュリティ、データセキュリティ、ID・アクセス、クラウドセキュリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場概要 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場環境 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場動向 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場規模 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場:業界構造分析 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場:種類別(ネットワークセキュリティ、データセキュリティ、ID・アクセス、クラウドセキュリティ) ・軍用サイバーセキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・軍用サイバーセキュリティの北米市場規模・予測 ・軍用サイバーセキュリティのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・軍用サイバーセキュリティのアジア太平洋市場規模・予測 ・軍用サイバ …
  • 世界の野外テント市場2015
    本調査レポートでは、世界の野外テント市場2015について調査・分析し、野外テントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • コーンミールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コーンミールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コーンミールの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腹水(Ascites):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腹水(Ascites)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腹水(Ascites):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腹水(Ascites)のフェーズ3治験薬の状況 ・腹水(Ascites)治療薬の市場規模(販売予測) ・腹水(Ascites)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腹水(Ascites)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腹水(Ascites)治療薬剤
  • 学校用ノートパソコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校用ノートパソコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用ノートパソコンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙用顔料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、紙用顔料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、紙用顔料市場規模、用途別(コート紙、非コート紙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・紙用顔料の世界市場概要 ・紙用顔料の世界市場環境 ・紙用顔料の世界市場動向 ・紙用顔料の世界市場規模 ・紙用顔料の世界市場:業界構造分析 ・紙用顔料の世界市場:用途別(コート紙、非コート紙) ・紙用顔料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・紙用顔料の北米市場規模・予測 ・紙用顔料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・紙用顔料のアジア太平洋市場規模・予測 ・紙用顔料の主要国分析 ・紙用顔料の世界市場:意思決定フレームワーク ・紙用顔料の世界市場:成長要因、課題 ・紙用顔料の世界市場:競争環境 ・紙用顔料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 水圧破砕法・サービスの世界市場
    当調査レポートでは、水圧破砕法・サービスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水圧破砕法・サービスの世界市場:材料別分析/市場規模 ・水圧破砕法・サービスの世界市場:流体種類別分析/市場規模 ・水圧破砕法・サービスの世界市場:技術別分析/市場規模 ・水圧破砕法・サービスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・水圧破砕法・サービスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・水圧破砕法・サービスのアメリカ市場規模予測 ・水圧破砕法・サービスのヨーロッパ市場規模予測 ・水圧破砕法・サービスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 視力測定・眼科検診機器の世界市場:最終用途別(病院、診療所)、製品別(眼科用超音波映像システム、OCT)、セグメント予測
    視力測定・眼科検診機器の世界市場は2025年には88億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、眼科疾患の罹患率の増加に伴う高度な眼科治療に対する需要が考えられます。本調査レポートでは、視力測定・眼科検診機器の世界市場について調査・分析し、視力測定・眼科検診機器の世界市場動向、視力測定・眼科検診機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別視力測定・眼科検診機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015
    本調査レポートでは、中国の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015について調査・分析し、水酸化マグネシウム難燃剤の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • プロバイオティクスの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、プロバイオティクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・プロバイオティクスの世界市場:市場動向分析 ・プロバイオティクスの世界市場:競争要因分析 ・プロバイオティクスの世界市場:菌種別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの北米市場規模 ・プロバイオティクスの欧州市場規模 ・プロバイオティクスのアジア市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • メタリック顔料の世界市場2017-2021:アルミニウム顔料、銅顔料、亜鉛顔料、ステンレス鋼顔料
    当調査レポートでは、メタリック顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メタリック顔料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ケミカルピーリングの世界市場
    当調査レポートでは、ケミカルピーリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケミカルピーリングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用酸素センサーの世界市場:製品別(狭帯域ジルコニアセンサー、広帯域ジルコニアセンサー、チタニアセンサー)、用途別(乗用車、商用車、2輪車)、地域別予測
    本資料は、自動車用酸素センサーの世界市場について調べ、自動車用酸素センサーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(狭帯域ジルコニアセンサー、広帯域ジルコニアセンサー、チタニアセンサー)分析、用途別(乗用車、商用車、2輪車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用酸素センサーの世界市場概要 ・自動車用酸素センサーの世界市場環境 ・自動車用酸素センサーの世界市場動向 ・自動車用酸素センサーの世界市場規模 ・自動車用酸素センサーの世界市場規模:製品別(狭帯域ジルコニアセンサー、広帯域ジルコニアセンサー、チタニアセンサー) ・自動車用酸素センサーの世界市場規模:用途別(乗用車、商用車、2輪車) ・自動車用酸素センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用酸素センサーの北米市場規模・予測 ・自動車用酸素センサーのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用酸素センサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用酸素センサーのアジア市場規模・予測 ・自動車用 …
  • コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、コグニティブコラボレーションの世界市場規模が2019年983百万ドルから2024年1160百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コグニティブコラボレーションの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(IT&テレコム、エネルギー&ユーティリティ、銀行、金融サービス、保険、教育、ヘルスケア、小売、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・コグニティブコラボレーションの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・コグニティブコラボレーションの世界市場:応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援) ・ …
  • スプロケットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スプロケットの世界市場について調査・分析し、スプロケットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スプロケットシェア、市場規模推移、市場規模予測、スプロケット種類別分析()、スプロケット用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スプロケットの市場概観 ・スプロケットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スプロケットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スプロケットの世界市場規模 ・スプロケットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スプロケットのアメリカ市場規模推移 ・スプロケットのカナダ市場規模推移 ・スプロケットのメキシコ市場規模推移 ・スプロケットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スプロケットのドイツ市場規模推移 ・スプロケットのイギリス市場規模推移 ・スプロケットのロシア市場規模推移 ・スプロケットのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・スプロケットの日本市場規模推移 ・ス …
  • カプノグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カプノグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カプノグラフィーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • EラーニングITインフラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EラーニングITインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EラーニングITインフラの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フォークリフトトラックの世界市場
    当調査レポートでは、フォークリフトトラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォークリフトトラックの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自然言語処理(NLP)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、自然言語処理(NLP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自然言語処理(NLP)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 敗血症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 世界の亜炭市場2015
    本調査レポートでは、世界の亜炭市場2015について調査・分析し、亜炭の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、大型トラック用車載故障診断システム(OBS)市場規模、車両総重量別(クラス8、クラス7)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場概要 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場環境 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場動向 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場規模 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場:業界構造分析 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場:車両総重量別(クラス8、クラス7) ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の北米市場規模・予測 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)のヨーロ …
  • The Hub Power Company Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 中空糸ろ過の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、中空糸ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(精密ろ過、限外ろ過)分析、材料(ポリマー、セラミック)分析、用途(ハーベスト・清澄化、濃縮、灌流)分析、エンドユーザー(製薬メーカー、CRO、CMO)分析、中空糸ろ過の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 寝室用家具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、寝室用家具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、寝室用家具市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、製品別(ベッド・寝台・ロフト・ヘッドボード、ワードローブ、マットレス・サポーター、チェスト・たんす、ドレッサー、椅子・ベンチ、ナイトテーブル、ウォールシェルフ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・寝室用家具の世界市場概要 ・寝室用家具の世界市場環境 ・寝室用家具の世界市場動向 ・寝室用家具の世界市場規模 ・寝室用家具の世界市場:業界構造分析 ・寝室用家具の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・寝室用家具の世界市場:製品別(ベッド・寝台・ロフト・ヘッドボード、ワードローブ、マットレス・サポーター、チェスト・たんす、ドレッサー、椅子・ベンチ、ナイトテーブル、ウォールシェルフ) ・寝室用家具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・寝室用家具のアメリカ市場規模・予測 ・寝室用家具のヨーロッ …
  • エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:展開タイプ別(クラウドおよびオンプレミス)、技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、および音声認識)、組織規模別(大企業および中小企業)、業種別(メディアおよび広告、BFSI、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、自動車&輸送、その他)
    当調査レポートでは、エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、展開タイプ別分析、技術別分析、組織規模別分析、業種別、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:展開タイプ別(クラウドおよびオンプレミス) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、および音声認識) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:組織規模別(大企業および中小企業) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:業種別(メディアおよび広告、BFSI、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、自動車&輸送、その他) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • スマート照明の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマート照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート照明市場規模、用途別(商業用、住居用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Acuity Brands Lighting, Cree, OSRAM, Philips Lighting, Zumtobel Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマート照明の世界市場概要 ・スマート照明の世界市場環境 ・スマート照明の世界市場動向 ・スマート照明の世界市場規模 ・スマート照明の世界市場:業界構造分析 ・スマート照明の世界市場:用途別(商業用、住居用) ・スマート照明の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート照明の北米市場規模・予測 ・スマート照明のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマート照明のアジア太平洋市場規模・予測 ・スマート照明の主要国分析 ・スマート照明の世界市場:意思決定フレームワーク ・スマート照明の世界市場:成長要因、課題 ・ス …
  • イギリスの外傷固定処置動向(~2021)
  • スピルパレットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スピルパレットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スピルパレット市場規模、製品別(PSP、SSP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brady Corporation, DENIOS, New Pig, Nilkamal, UltraTech Internationalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スピルパレットの世界市場概要 ・スピルパレットの世界市場環境 ・スピルパレットの世界市場動向 ・スピルパレットの世界市場規模 ・スピルパレットの世界市場:業界構造分析 ・スピルパレットの世界市場:製品別(PSP、SSP) ・スピルパレットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スピルパレットの北米市場規模・予測 ・スピルパレットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スピルパレットのアジア太平洋市場規模・予測 ・スピルパレットの主要国分析 ・スピルパレットの世界市場:意思決定フレームワーク ・スピルパレットの …
  • フランスの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 航空用潤滑油の世界市場分析:製品別(ガスタービンオイル、ピストンエンジンオイル、作動液)、エンドユーザー別(民間、防衛、宇宙)、セグメント予測 2022
    本調査レポートでは、航空用潤滑油の世界市場について調査・分析し、航空用潤滑油の世界市場動向、航空用潤滑油の世界市場規模、市場予測、セグメント別航空用潤滑油市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の液体麦芽エキス市場2015
    本調査レポートでは、世界の液体麦芽エキス市場2015について調査・分析し、液体麦芽エキスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の蚊取機市場2015
    本調査レポートでは、世界の蚊取機市場2015について調査・分析し、蚊取機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット燃料補給システムの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ロボット燃料補給システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、燃料ポンプ別(ガソリン、天然ガス、石油化学製品)分析、積載量別(最大50 kg、50〜100 kg、100〜150 kg)分析、業種別(自動車、鉱業、石油およびガス、航空宇宙)分析、ロボット燃料補給システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ロボット燃料補給システムの世界市場規模が2019年25百万ドルから2030年22億ドルまで年平均50.0%成長すると予測しています。
  • トロンボキサンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトロンボキサンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トロンボキサンアンタゴニストの概要 ・トロンボキサンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトロンボキサンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トロンボキサンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トロンボキサンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • サウジアラビアの股関節再建装置市場見通し
  • インスリン様増殖因子1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインスリン様増殖因子1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インスリン様増殖因子1阻害剤の概要 ・インスリン様増殖因子1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインスリン様増殖因子1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インスリン様増殖因子1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インスリン様増殖因子1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車フライホイールの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車フライホイールの世界市場について調査・分析し、自動車フライホイールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車フライホイールの世界市場:市場動向分析 - 自動車フライホイールの世界市場:競争要因分析 - 自動車フライホイールの世界市場見通し:用途別 商用軽自動車 (LCVs) 商用中型及び大型自動車 (M&HCV) 自家用車 - 自動車フライホイールの世界市場:主要地域別分析 - 自動車フライホイールの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車フライホイールのヨーロッパ市場規模 - 自動車フライホイールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車フライホイールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015について調査・分析し、マグネシウムはリグノスルホン酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科の北米市場
    本調査レポートでは、整形外科の北米市場について調査・分析し、整形外科の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 段ボールパッケージングソフトウェアを使用し、段ボールを設計、裁断、印刷、折りたたむことができます。スタンドローンもしくはパッケージソフトウェアとして販売されています。Technavio社は段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均30.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Epicor Software• Microsoft• Oracle• SAP等です。
  • 音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ableton、Cakewalk 、PreSonus Audio Electronics 、Steinberg Media Technologies 等です。
  • ブラジルの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 世界の航空機シート用材料市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"