"腹膜透析の世界市場:治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD))、製品タイプ別(腹膜透析液、装置、腹膜透析セット、カテーテル、その他)、エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR806049)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"腹膜透析の世界市場:治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD))、製品タイプ別(腹膜透析液、装置、腹膜透析セット、カテーテル、その他)、エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Peritoneal dialysis (PD) is a form of dialysis that uses the inner lining of abdomen to filter blood when the kidneys are not functioning effectively. This procedure drains waste and excess fluid from body by using peritoneal membrane; it can be performed manually or via automated systems.

The global peritoneal dialysis market generated $3,213 million in 2017, and is projected to reach $5,074 million by 2025, growing at a CAGR of 5.8% from 2018 to 2025. The peritoneal dialysis market is expected to grow at a significant rate during the forecast period, owing to increase in prevalence of end stage renal disease (ESRD), technological advancement in PD devices, and growth in awareness regarding automated peritoneal dialysis (APD). In addition, shortage of kidneys for transplantation and rise in prevalence of diabetes & hypertension further facilitate the growth of the market. However, stringent government regulations for the approval of PD devices and complications associated with peritoneal dialysis impede the market growth.

The global peritoneal dialysis market is segmented based on treatment type, product type, end user, and region. Based on treatment type, the market is classified as continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD) and automated peritoneal dialysis (APD). Based on product type, the market is segmented as peritoneal dialysis solution, device, peritoneal dialysis set, catheter, and others. According to end user, the market is divided into home-based dialysis, and dialysis center & hospital based dialysis. Based on region, the market is studied across North America (U.S., Canada, and Mexico), Europe (Germany, France, UK, Italy, Spain, and rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, Australia, India, South Korea, and rest of Asia-Pacific), and LAMEA (Brazil, South Africa, Saudi Arabia, and rest of LAMEA).

KEY BENEFITS

The study provides an in-depth analysis of the market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
It offers a quantitative analysis from 2017 to 2025, which is expected to enable the stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
A comprehensive analysis of all the geographical regions is provided to determine the existing opportunities.
The profiles and growth strategies of the key players are thoroughly analyzed to understand the competitive outlook of the global market.

KEY MARKET SEGMENTS

By Treatment Type

Continuous Ambulatory Peritoneal Dialysis (CAPD)
Automated Peritoneal Dialysis (APD)

By Product Type

Peritoneal Dialysis Solution
Device
Peritoneal Dialysis Set
Catheter
Others

By End User

Home-Based Dialysis
Dialysis Center & Hospital Based Dialysis

By Region

North America
U.S.
Canada
Mexico
Europe
Germany
France
UK
Italy
Spain
Rest of Europe
Asia-Pacific
Japan
China
Australia
India
South Korea
Rest of Asia-Pacific
LAMEA
Brazil
Saudi Arabia
South Africa
Rest of LAMEA

LIST OF KEY PLAYERS PROFILED IN THE REPORT

Baxter International Inc.
Cook Inc.
Fresenius Medical Care AG & Co. KGaA
Medionics International, Inc.
Medtronic Plc.
Newsol Technologies Inc.
Poly Medicure Limited
Renax Biomedical Tech. Co., Ltd.
Terumo Corp.
Utah Medical Products, Inc.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"腹膜透析の世界市場:治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD))、製品タイプ別(腹膜透析液、装置、腹膜透析セット、カテーテル、その他)、エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments

1.3.1. List of key players profiled in the report

1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Top investment pockets
3.3. Market share analysis, 2017
3.4. Market dynamics

3.4.1. Drivers

3.4.1.1. Increase in the number of ESRD patients
3.4.1.2. Rise in incidence of diabetes & hypertension
3.4.1.3. Benefits of peritoneal dialysis over hemodialysis
3.4.1.4. Shortage of kidneys for transplantation

3.4.2. Restraints

3.4.2.1. Complications associated with peritoneal dialysis
3.4.2.2. Poor demand in underdeveloped countries

3.4.3. Opportunities

3.4.3.1. Rise in demand for home peritoneal dialysis treatment
3.4.3.2. Growth opportunities in the emerging markets

3.4.4. Impact analysis

CHAPTER 4: PERITONEAL DIALYSIS MARKET, BY TREATMENT TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD)

4.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2. Market size and forecast, by region
4.2.3. Market analysis, by country

4.3. Automated peritoneal dialysis (APD)

4.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2. Market size and forecast, by region
4.3.3. Market analysis, by country

CHAPTER 5: PERITONEAL DIALYSIS MARKET, BY PRODUCT

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Peritoneal dialysis solutions

5.2.1. Market size and forecast
5.2.2. Market analysis, by country

5.3. Peritoneal dialysis devices

5.3.1. Market size and forecast
5.3.2. Market analysis, by country

5.4. Peritoneal dialysis sets

5.4.1. Market size and forecast
5.4.2. Market analysis, by country

5.5. Peritoneal dialysis catheters

5.5.1. Market size and forecast
5.5.2. Market analysis, by country

5.6. Other peritoneal dialysis products

5.6.1. Market size and forecast
5.6.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: PERITONEAL DIALYSIS MARKET, BY END USER

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Home-based dialysis

6.2.1. Market size and forecast
6.2.2. Market analysis, by country

6.3. Dialysis centers & hospital-based dialysis

6.3.1. Market size and forecast
6.3.2. Market analysis, by country

CHAPTER 7: PERITONEAL DIALYSIS MARKET, BY REGION

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast

7.2. North America

7.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.2.2. Market size and forecast, by country

7.2.2.1. U.S.

7.2.2.1.1. U.S. peritoneal dialysis market, by treatment type
7.2.2.1.2. U.S. peritoneal dialysis market, by product
7.2.2.1.3. U.S.peritoneal dialysis market, by end user

7.2.2.2. Canada

7.2.2.2.1. Canada peritoneal dialysis market, by treatment type
7.2.2.2.2. Canada peritoneal dialysis market, by product
7.2.2.2.3. Canada peritoneal dialysis market, by end user

7.2.2.3. Mexico

7.2.2.3.1. Mexico peritoneal dialysis market, by treatment type
7.2.2.3.2. Mexico peritoneal dialysis market, by product
7.2.2.3.3. Mexico peritoneal dialysis market, by end user

7.2.3. North America peritoneal dialysis market, by treatment type
7.2.4. North America peritoneal dialysis market, by product
7.2.5. North America peritoneal dialysis market, by end user

7.3. Europe

7.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.3.2. Market size and forecast, by country

7.3.2.1. Germany

7.3.2.1.1. Germany peritoneal dialysis market, by treatment type
7.3.2.1.2. Germany peritoneal dialysis market, by product
7.3.2.1.3. Germany peritoneal dialysis market, by end user

7.3.2.2. France

7.3.2.2.1. France peritoneal dialysis market, by treatment type
7.3.2.2.2. France peritoneal dialysis market, by product
7.3.2.2.3. France peritoneal dialysis market, by end user

7.3.2.3. UK

7.3.2.3.1. UK peritoneal dialysis market, by treatment type
7.3.2.3.2. UK peritoneal dialysis market, by product
7.3.2.3.3. UK peritoneal dialysis market, by end user

7.3.2.4. Italy

7.3.2.4.1. Italy peritoneal dialysis market, by treatment type
7.3.2.4.2. Italy peritoneal dialysis market, by product
7.3.2.4.3. Italy peritoneal dialysis market, by end user

7.3.2.5. Spain

7.3.2.5.1. Spain peritoneal dialysis market, by treatment type
7.3.2.5.2. Spain peritoneal dialysis market, by product
7.3.2.5.3. Spain peritoneal dialysis market, by end user

7.3.2.6. Rest of Europe

7.3.2.6.1. Rest of Europe peritoneal dialysis market, by treatment type
7.3.2.6.2. Rest of Europe peritoneal dialysis market, by product
7.3.2.6.3. Rest of Europe peritoneal dialysis market, by end user

7.3.3. Europe peritoneal dialysis market, by treatment type
7.3.4. Europe peritoneal dialysis market, by product
7.3.5. Europe peritoneal dialysis market, by end user

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.4.2. Market size and forecast, by country

7.4.2.1. Japan

7.4.2.1.1. Japan peritoneal dialysis market, by treatment type
7.4.2.1.2. Japan peritoneal dialysis market, by product
7.4.2.1.3. Japan peritoneal dialysis market, by end user

7.4.2.2. China

7.4.2.2.1. China peritoneal dialysis market, by treatment type
7.4.2.2.2. China peritoneal dialysis market, by product
7.4.2.2.3. China peritoneal dialysis market, by end user

7.4.2.3. Australia

7.4.2.3.1. Australia peritoneal dialysis market, by treatment type
7.4.2.3.2. Australia peritoneal dialysis market, by product
7.4.2.3.3. Australia peritoneal dialysis market, by end user

7.4.2.4. India

7.4.2.4.1. India peritoneal dialysis market, by treatment type
7.4.2.4.2. India peritoneal dialysis market, by product
7.4.2.4.3. India peritoneal dialysis market, by end user

7.4.2.5. South Korea

7.4.2.5.1. South Korea peritoneal dialysis market, by treatment type
7.4.2.5.2. South Korea peritoneal dialysis market, by product
7.4.2.5.3. South Korea peritoneal dialysis market, by end user

7.4.2.6. Rest of Asia-Pacific

7.4.2.6.1. Rest of Asia-Pacific peritoneal dialysis market, by treatment type
7.4.2.6.2. Rest of Asia-Pacific peritoneal dialysis market, by product
7.4.2.6.3. Rest of Asia-Pacific peritoneal dialysis market, by end user

7.4.3. Asia-Pacific peritoneal dialysis market, by treatment type
7.4.4. Asia-Pacific peritoneal dialysis market, by product
7.4.5. Asia-Pacific peritoneal dialysis market, by end user

7.5. LAMEA

7.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.5.2. Market size and forecast, by country

7.5.2.1. Brazil

7.5.2.1.1. Brazil peritoneal dialysis market, by treatment type
7.5.2.1.2. Brazil peritoneal dialysis market, by product
7.5.2.1.3. Brazil peritoneal dialysis market, by end user

7.5.2.2. Saudi Arabia

7.5.2.2.1. Saudi Arabia peritoneal dialysis market, by treatment type
7.5.2.2.2. Saudi Arabia peritoneal dialysis market, by product
7.5.2.2.3. Saudi Arabia peritoneal dialysis market, by end user

7.5.2.3. South Africa

7.5.2.3.1. South Africa peritoneal dialysis market, by treatment type
7.5.2.3.2. South Africa peritoneal dialysis market, by product
7.5.2.3.3. South Africa peritoneal dialysis market, by end user

7.5.2.4. Rest of LAMEA

7.5.2.4.1. Rest of LAMEA peritoneal dialysis market, by treatment type
7.5.2.4.2. Rest of LAMEA peritoneal dialysis market, by product
7.5.2.4.3. Rest of LAMEA peritoneal dialysis market, by end user

7.5.3. LAMEA peritoneal dialysis market, by treatment type
7.5.4. LAMEA peritoneal dialysis market, by product
7.5.5. LAMEA peritoneal dialysis market, by end user

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. Baxter International Inc.

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Product portfolio
8.1.5. Business performance
8.1.6. Key strategic moves and developments

8.2. Cook Medical Inc.

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments
8.2.4. Product portfolio

8.3. Fresenius Medical Care AG & Co. KGaA

8.3.1. Company overview
8.3.2. Company snapshot
8.3.3. Operating business segments
8.3.4. Product portfolio
8.3.5. Business performance
8.3.6. Key strategic moves and developments

8.4. Medtronic Plc.

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Operating business segments
8.4.4. Product portfolio
8.4.5. Business performance

8.5. Medionics International, Inc.

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Product portfolio

8.6. Newsol Technologies Inc.

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Product portfolio

8.7. Poly Medicure Ltd.

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Operating business segments
8.7.4. Product portfolio
8.7.5. Business performance

8.8. Renax Biomedical Tech. Co., Ltd.

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Operating business segments
8.8.4. Product portfolio

8.9. Terumo Corporation

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Operating business segments
8.9.4. Product portfolio
8.9.5. Business performance

8.10. Utah Medical Products, Inc.

8.10.1. Company overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating business segments
8.10.4. Product portfolio
8.10.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】腹膜透析の世界市場:治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD))、製品タイプ別(腹膜透析液、装置、腹膜透析セット、カテーテル、その他)、エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析)
【発行日】2018年5月23日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR806049
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Medical Devices & Supplies
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
腹膜透析の世界市場:治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD))、製品タイプ別(腹膜透析液、装置、腹膜透析セット、カテーテル、その他)、エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 機能性飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機能性飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・流通経路別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • ベルギーの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤の概要 ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • シロアリ防除の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、シロアリ防除の世界市場について調査・分析し、シロアリ防除の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - シロアリ防除の世界市場:市場動向分析 - シロアリ防除の世界市場:競争要因分析 - シロアリ防除の世界市場:防除方式別 ・生物学的防除方式 ・物理的機械的防除方式 ・化学的防除方式 ・その他 - シロアリ防除の世界市場:種別 ・乾いた木に住むシロアリ ・湿った木に住むシロアリ ・地下シロアリ ・その他 - シロアリ防除の世界市場:用途別 ・農業・家畜農場 ・商用&産業 ・住宅用 ・その他 - シロアリ防除の世界市場:主要地域別分析 - シロアリ防除の北米市場規模(アメリカ市場等) - シロアリ防除のヨーロッパ市場規模 - シロアリ防除のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・シロアリ防除の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 細胞アッセイの世界市場予測(~2022年):試薬、アッセイキット、マイクロプレート、細胞株、サービス
    当調査レポートでは、細胞アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、細胞アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲性手術機器の世界市場:手持ち器具、ガイド装置、拡張装置、切断装置
    当調査レポートでは、低侵襲性手術機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防護用織物の世界市場:不燃性・耐熱性織物、耐薬品性織物、紫外線抵抗性織物
    当調査レポートでは、防護用織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの北米市場規模・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの欧州市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティのアジア市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ハイブリッドバスの世界市場:コンポーネント別(伝送装置、推進装置、動力伝導機構、その他)、産業別(高速道路輸送、公共輸送)、地域別予測
    本資料は、ハイブリッドバスの世界市場について調べ、ハイブリッドバスの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(伝送装置、推進装置、動力伝導機構、その他)分析、産業別(高速道路輸送、公共輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ハイブリッドバスの世界市場概要 ・ハイブリッドバスの世界市場環境 ・ハイブリッドバスの世界市場動向 ・ハイブリッドバスの世界市場規模 ・ハイブリッドバスの世界市場規模:コンポーネント別(伝送装置、推進装置、動力伝導機構、その他) ・ハイブリッドバスの世界市場規模:産業別(高速道路輸送、公共輸送) ・ハイブリッドバスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハイブリッドバスの北米市場規模・予測 ・ハイブリッドバスのアメリカ市場規模・予測 ・ハイブリッドバスのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハイブリッドバスのアジア市場規模・予測 ・ハイブリッドバスの日本市場規模・予測 ・ハイブリッドバスの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ジオシンセティックスの世界市場:ジオテクスタイル、ジオメンブレン、ジオグリッド
    当調査レポートでは、ジオシンセティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジオシンセティックスの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の海草肥料市場2015
    本調査レポートでは、世界の海草肥料市場2015について調査・分析し、海草肥料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷媒の世界市場予測(~2022年):HCFC、HFC、HFO、イソブタン、プロパン、アンモニア、CO2
    当調査レポートでは、冷媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、冷媒の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Wi-Fiモジュールの世界市場:タイプ別(ルーター方式Wi-Fiモジュール、組み込み式Wi-Fiモジュール) 、用途別(スマートグリッド・スマート家電、ハンドヘルドモバイル装置、医療・産業用検査装置・ルーター)
    本資料は、Wi-Fiモジュールの世界市場について調べ、Wi-Fiモジュールの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、タイプ別(ルーター方式Wi-Fiモジュール、組み込み式Wi-Fiモジュール) 分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・Wi-Fiモジュールの世界市場概要 ・Wi-Fiモジュールの世界市場環境 ・Wi-Fiモジュールの世界市場動向 ・Wi-Fiモジュールの世界市場規模 ・Wi-Fiモジュールの世界市場:市場シェア ・Wi-Fiモジュールの世界市場:タイプ別(ルーター方式Wi-Fiモジュール、組み込み式Wi-Fiモジュール) ・Wi-Fiモジュールの世界市場:用途別(スマートグリッド・スマート家電、ハンドヘルドモバイル装置、医療・産業用検査装置・ルーター) ・Wi-Fiモジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・Wi-Fiモジュールの北米市場規模・予測 ・Wi-Fiモジュールのアメリカ市場規模・予測 ・Wi-Fiモジュールのヨーロ …
  • 吸着装置の世界市場予測(~2023年)
    吸着装置の世界市場は、2018年の3億7,000万米ドルから2023年には4億7,800万米ドルに達し、この期間中5.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、様々な最終用途産業における吸着装置に対する需要の増加、そしてVOC排出量を制限するための厳しい規制が考えられます。一方で、固定床式吸着装置のような低コストの代替品も利用可能であることから、市場の成長は妨げられると予測されます。当調査レポートでは、吸着装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、容量(10,000CFM未満、10,000〜50,000CFM、50,000CFM超)分析、最終用途産業(自動車、化学品、半導体、印刷)分析、吸着装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • フィリピンの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • イギリスのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 濃縮フィブリノゲンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、濃縮フィブリノゲンの世界市場について調査・分析し、濃縮フィブリノゲンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別濃縮フィブリノゲンシェア、市場規模推移、市場規模予測、濃縮フィブリノゲン種類別分析(ヒトフィブリノーゲン濃縮物、動物フィブリノーゲン濃縮物)、濃縮フィブリノゲン用途別分析(先天性フィブリノーゲン欠乏、外科的処置)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・濃縮フィブリノゲンの市場概観 ・濃縮フィブリノゲンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・濃縮フィブリノゲンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・濃縮フィブリノゲンの世界市場規模 ・濃縮フィブリノゲンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・濃縮フィブリノゲンのアメリカ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのカナダ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのメキシコ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・濃縮フィブリノゲンのドイツ市場規模推移 ・濃 …
  • アジアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 土壌水分センサーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、土壌水分センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、土壌水分センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMOSFET市場2015
    本調査レポートでは、世界のMOSFET市場2015について調査・分析し、MOSFETの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 単細胞ゲノム配列決定の世界市場:製品別、技術別(PCR、NGS、qPCR)、ワークフロー別、用途別、疾患分野別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、単細胞ゲノム配列決定の世界市場について調査・分析し、単細胞ゲノム配列決定の世界市場動向、単細胞ゲノム配列決定の世界市場規模、市場予測、セグメント別単細胞ゲノム配列決定市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ASICの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ASICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ASICの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の限外ろ過市場:用途別、地域別
    本調査レポートは限外ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(都市用、産業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・限外ろ過の世界市場:用途別(都市用、産業用) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 入学管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、入学管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、入学管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 大学などの学校への入学は年に一、二度あり、その期間中、担当者には生徒や保護者からの入学に関する様々な質問に回答する負担がかかります。入学管理ソフトウェアで、入学等に関する学校のニーズに対処することができます。Technavio社は入学管理ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Blackbaud• Ellucian Company• Hyland Software等です。
  • 防火システムの世界市場予測(~2024年):火災感知、消火、スプリンクラー設備、火災分析、火災応答
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別(火災感知、消火、スプリンクラー設備、火災分析、火災応答)分析、サービス別分析、産業別分析、防火システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロケット推進の世界市場予測(~2023年):ロケットモーター、ロケットエンジン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ロケット推進の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ別(ロケットモーター、ロケットエンジン)分析、気道タイプ別(LEO、MEO、GEO、GEO圏外)分析、発射車両タイプ別(有人、無人)分析、エンドユーザー別(軍用・政府、商業)分析、ロケット推進の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:産業別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのアメリカ市場規模予測 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのヨーロッパ市場規模予測 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • インドの装具市場動向(~2021)
  • トール様受容体9アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体9アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体9アンタゴニストの概要 ・トール様受容体9アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体9アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体9アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体9アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 細菌性皮膚および皮膚組織感染症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬剤
  • 胸骨閉鎖システムの世界市場:製品別(閉鎖デバイス、骨セメント)、材質別(ステンレス、PEEK、チタン)、処置別、セグメント予測
    胸骨閉鎖システムの世界市場は2025年には29億6000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、複雑な心血管系疾患に対して行われる手術の数が増加していることが考えられます。例えば、米国心臓協会(AHA)によって公表されたデータによると、2014年に米国で約520,000件の冠状動脈バイパス術(CABG)手術が行われました。さらに、毎年世界中で80万以上のCABG手術が行われるとも報告されています。本調査レポートでは、胸骨閉鎖システムの世界市場について調査・分析し、胸骨閉鎖システムの世界市場動向、胸骨閉鎖システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別胸骨閉鎖システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場:自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー)、サービスタイプ別(試験、検査、認証)、調達別、サービス用途別、地域別予測
    本資料は、自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調べ、自動車試験・検査・認証(TIC)の世界規模、市場動向、市場環境、自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー)分析、サービスタイプ別(試験、検査、認証)分析、調達別分析、サービス用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場概要 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場環境 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場動向 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー) ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:サービスタイプ別(試験、検査、認証) ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:調達 …
  • 自動車用コネクタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用コネクタの世界市場について調査・分析し、自動車用コネクタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用コネクタシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用コネクタ種類別分析(電線対電線用コネクタ、電線対基板用コネクタ、基板対基板用コネクタ)、自動車用コネクタ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用コネクタの市場概観 ・自動車用コネクタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用コネクタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用コネクタの世界市場規模 ・自動車用コネクタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用コネクタのアメリカ市場規模推移 ・自動車用コネクタのカナダ市場規模推移 ・自動車用コネクタのメキシコ市場規模推移 ・自動車用コネクタのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用コネクタのドイツ市場規模推移 ・自動車用コネクタのイギリス市場規模推移 ・自動車用コネクタの …
  • 世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(粉末、フィラメント)、技術別(PBF、DED、バインダージェット、金属押出)、金属種類別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)、最終用途産業別(A&D、自動車、医療、歯科)、地域別
    MarketsandMarkets社は、3Dプリント金属の世界市場規模が2019年774百万ドルから2024年3159百万ドルまで年平均32.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の3Dプリント金属市場を広く調査・分析し、市場概要、フォーム別(パウダー、フィラメント)分析、種類別(チタン、アルミニウム、ニッケル、ステンレス、銀、金、その他)分析、最終用途産業別(航空宇宙および防衛、医療および歯科、自動車、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(パウダー、フィラメント) ・世界の3Dプリント金属市場:種類別(チタン、アルミニウム、ニッケル、ステンレス、銀、金、その他) ・世界の3Dプリント金属市場:最終用途産業別(航空宇宙および防衛、医療および歯科、自動車、その他) ・世界の3Dプリント金属市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ランニング用時計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ランニング用時計の世界市場について調査・分析し、ランニング用時計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ランニング用時計シェア、市場規模推移、市場規模予測、ランニング用時計種類別分析(歩数計付腕時計、GPS付腕時計、心拍系付腕時計、、GPS+HRM付腕時計)、ランニング用時計用途別分析(ランニング、自転車に乗るとき、登山、有酸素運動、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ランニング用時計の市場概観 ・ランニング用時計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ランニング用時計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ランニング用時計の世界市場規模 ・ランニング用時計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ランニング用時計のアメリカ市場規模推移 ・ランニング用時計のカナダ市場規模推移 ・ランニング用時計のメキシコ市場規模推移 ・ランニング用時計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ランニング用時計のドイツ市場規模推移 …
  • 世界の交通機関電化市場2019
    本調査レポートでは、世界の交通機関電化市場2019について調査・分析し、交通機関電化の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、交通機関電化のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、交通機関電化メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・交通機関電化の市場概要 ・交通機関電化の上流・下流市場分析 ・交通機関電化のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・交通機関電化のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・交通機関電化のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・交通機関電化のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・交通機関電化の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・交通機関電化の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・交通機関電化の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・交通機関電化の北米市場:市場予測(生産 …
  • 石油・ガス産業用ポンプの世界市場2016-2020:渦巻きポンプ、容積式ポンプ
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業用ポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウォールオーブン(ビルトインオーブン)の世界市場
    当調査レポートでは、ウォールオーブン(ビルトインオーブン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウォールオーブン(ビルトインオーブン)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊繊維の世界市場
    当調査レポートでは、特殊繊維の世界市場について調査・分析し、特殊繊維の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特殊繊維の世界市場:市場動向分析 - 特殊繊維の世界市場:競争要因分析 - 特殊繊維の世界市場:種類別 ・炭素繊維 ・アラミド繊維 ・機能繊維 ・弾性繊維 ・パラ系アラミドおよび部分酸化ポリアクリロニトリル繊維 ・高強度ポリエチレン繊維 ・ポリベンゾイミダゾール(PBI)繊維 ・メタ系アラミド ・耐食性繊維 ・難燃性繊維 ・その他の先端繊維 - 特殊繊維の世界市場:用途別 ・摩擦材料 ・補強材料 ・安全な用途 ・航空宇宙 ・耐衝撃性 ・工業用 ・国防 ・医療用 ・環境保護 ・商業用船舶 ・その他 - 特殊繊維の世界市場:主要地域別分析 - 特殊繊維の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特殊繊維のヨーロッパ市場規模 - 特殊繊維のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特殊繊維の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 航空機用アクチュエータシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機用アクチュエータシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用アクチュエータシステム市場規模、航空機種類別(戦闘機、ナローボディー機、輸送機、超大型機、ワイドボディー機)分析、製品別(電動アクチュエーター、電気油圧式アクチュエーター、電磁油圧式アクチュエーター、電気機械式アクチュエーター、油圧式アクチュエーター、空気圧式アクチュエーター、機械式アクチュエーター)分析、用途別(補助制御、飛行制御、着陸装置)分析、エンドユーザー別(航空宇宙、軍事/防衛、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:航空機種類別(戦闘機、ナローボディー機、輸送機、超大型機、ワイドボディー機) ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:製品別(電動アクチュエーター …
  • 合金管の世界市場予測2019-2024
    「合金管の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、シームレス、溶接など、用途別には、Oil and Gas、Food Industry、Automotive、Power Industry、Chemical Industry、Construction、Water Treatment、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。合金管のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・合金管の世界市場概要(サマリー) ・合金管の企業別販売量・売上 ・合金管の企業別市場シェア ・合金管の世界市場規模:種類別(シームレス、溶接) ・合金管の世界市場規模:用途別(Oil and Gas、Food Industry、Automotive、Power Industry、Chemical Industry、Construction、Water Treatment、Others) ・合金管の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ …
  • 繊維薬品の世界市場分析:製品別(コーティング・サイジング、着色剤および助剤、仕上げ剤、界面活性剤、脱サイジング剤、漂白剤、精練剤、糸潤滑剤)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、繊維薬品の世界市場について調査・分析し、繊維薬品の世界市場動向、繊維薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の安全弁市場2015
    本調査レポートでは、世界の安全弁市場2015について調査・分析し、安全弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 潤滑油の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、潤滑油の世界市場について調査・分析し、潤滑油の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・潤滑油の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・潤滑油の世界市場:セグメント別市場分析 ・潤滑油の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • HIV-2感染症(HIV-2 Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるHIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の概要 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のHIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のバイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:イントロダクション ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:市場概観 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:主要地域別市場分析 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:関連企業分析
  • 医療におけるモノのインターネット(IoT)の世界市場:構成要素別(サービス、システム・ソフトウェア)、接続技術別(衛星、携帯電話)、エンドユーズ別(CRO(医薬品開発業務受託機関)、病院・診療所)、用途別
    本調査レポートでは、医療におけるモノのインターネット(IoT)の世界市場について調査・分析し、医療におけるモノのインターネット(IoT)の世界市場動向、医療におけるモノのインターネット(IoT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療におけるモノのインターネット(IoT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用ロボットが転換するヘルスケア市場:価格、費用対効果分析、医療費償還、選定基準、購買サイクル
  • 呼吸保護装置(RPE)の世界市場:濾過式呼吸用保護具(APR)、自給式呼吸器(SCBA)
    当調査レポートでは、呼吸保護装置(RPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、呼吸保護装置(RPE)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"