"再生医療の世界市場:製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学)、材料別(合成材料、生体由来材料、遺伝子操作材料、医薬品)、用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR806004)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"再生医療の世界市場:製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学)、材料別(合成材料、生体由来材料、遺伝子操作材料、医薬品)、用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global regenerative medicine market was valued at $5,444 million in 2016, and is estimated to reach $39,325 million by 2023, registering a CAGR of 32.2% from 2017 to 2023. Regenerative medicines repair, replace, and regenerate tissues and organs affected due to injury, disease, or natural ageing process. These medicines help restore the functionality of cells & tissues and are applicable in numerous degenerative disorders such as dermatology, neurodegenerative diseases, cardiovascular, and orthopedic applications. Researchers focus on developing technologies based on biologics, genes, somatic as well as stem cells. Stem cells are capable of proliferation and differentiation and hence, are critical in this field.

The major factors that boost the market growth include technological advancements in tissue and organ regeneration, increase in prevalence of chronic diseases and trauma emergencies, prominent potential of nanotechnology, and emergence of stem cell technology. In addition, rise in degenerative diseases and shortage of organs for transplantation are expected to fuel the growth of the market. Moreover, utilization of nanomaterials in wound care, drug delivery, and immunomodulation has opened numerous growth avenues for the regenerative medicines market. However, stringent regulatory barriers and high cost of the treatment are likely to hinder the market growth.

The global regenerative medicine market is segmented based on product type, material, application, and geography. Based on product type, the market is classified into cell therapy, gene therapy, tissue engineering, and small molecule & biologic. Depending on material, it is categorized into synthetic material, biologically derived material, genetically engineered material, and pharmaceutical. Synthetic material is further divided into biodegradable synthetic polymer, scaffold, artificial vascular graft material, and hydrogel material. Biologically derived material is further bifurcated into collagen and xenogenic material. Genetically engineered material is further segmented into deoxyribonucleic acid, transfection vector, genetically manipulated cell, three-dimensional polymer technology, transgenic, fibroblast, neural stem cell, and gene-activated matrices. Pharmaceutical is further divided into small molecule and biologic. By application, it is categorized into cardiovascular, oncology, dermatology, musculoskeletal, wound healing, ophthalmology, neurology, and others. Geographically, it is analyzed across four regions, i.e., North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

KEY MARKET BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

This report offers a detailed quantitative analysis of the market trends from 2016 to 2023 to identify the prevailing opportunities.
The market estimations provided in this report are based on a comprehensive analysis of the key developments in the industry.
An in-depth analysis based on geography facilitates the study of the regional market to assist in strategic business planning.
The development strategies adopted by the key manufacturers are enlisted in the report to understand the competitive scenario of the market.

KEY MARKET SEGMENTS

By Product Type

Cell Therapy
Gene Therapy
Tissue Engineering
Small Molecule & Biologic

By Material

Synthetic Material
Biodegradable Synthetic Polymer
Scaffold
Artificial Vascular Graft Material
Hydrogel Material
Biologically Derived Material
Collagen
Xenogeneic Material
Genetically Engineered Material
Deoxyribonucleic Acid Transfection Vectors
Genetically Manipulated Cell
Three-Dimensional Polymer Technology
Transgenic
Fibroblast
Neural Stem Cell
Gene-Activated Matrices
Pharmaceuticals
Small Molecule
Biologic

By Application

Cardiovascular
Oncology
Dermatology
Musculoskeletal
Wound Healing
Ophthalmology
Neurology
Others

By Region

North America
U.S.
Canada
Mexico
Europe
Germany
France
UK
Italy
Spain
Russia
Netherlands
Sweden
Rest of Europe
Asia-Pacific
Japan
China
Australia
India
Singapore
Rest of Asia-Pacific
LAMEA
Brazil
Turkey
Saudi Arabia
South Africa
Rest of LAMEA

KEY PLAYERS PROFILED

Stryker Corporation
Zimmer Biomet Holdings, Inc.
Medtronic Plc.
Athersys, Inc.
U.S. Stem Cell, Inc. (Bioheart, Inc.)
Organogenesis, Inc. (Advanced Biohealing)
Integra Lifesciences Holdings Corporation
Acelity Holdings, Inc.
Isto Biologics (Isto Biologics Medical Systems, Inc.)
CryoLife, Inc.

The other players of the Regenerative Medicine market include (companies not profiled in the report):

Shimadzu Recursion Pharmaceuticals, Inc.
Baxter International, Inc.
DePuy Synthes
Siemens Healthineers
General Electric (GE) Company
Koninklijke Philips N.V.
Cloudmedx, Inc.
Bay Labs, Inc.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"再生医療の世界市場:製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学)、材料別(合成材料、生体由来材料、遺伝子操作材料、医薬品)、用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. CXO Perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies

3.3. Porters Five Forces Analysis
3.4. Market Dynamics

3.4.1. Drivers

3.4.1.1. High adoption of stem cell technology
3.4.1.2. Emerging application of nanotechnology
3.4.1.3. Increasing prevalence of chronic diseases and trauma emergencies
3.4.1.4. Advancements in medical equipment technologies

3.4.2. Restraints

3.4.2.1. Ethical hurdles
3.4.2.2. Costly treatment associated with regenerative medicine

3.4.3. Opportunities

3.4.3.1. Lucrative opportunities of novel stem cell technologies
3.4.3.2. Increasing potential in emerging economies
3.4.3.3. Growing need of regenerative medicine in organ transplantation

CHAPTER 4: REGENERATIVE MEDICINE MARKET, BY PRODUCT TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Cell Therapy

4.2.1. Key market trends
4.2.2. Key growth factors and growth opportunities
4.2.3. Market size and forecast

4.3. Gene Therapy

4.3.1. Key market trends
4.3.2. Key growth factors and growth opportunities
4.3.3. Market size and forecast

4.4. Tissue Engineering

4.4.1. Key market trends
4.4.2. Key growth factors and opportunities
4.4.3. Market size and forecast

4.5. Small Molecules And Biologics

4.5.1. Key market trends
4.5.2. Key growth factors and opportunities
4.5.3. Market size and forecast

CHAPTER 5: REGENERATIVE MEDICINE MARKET, BY MATERIAL

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Synthetic Materials

5.2.1. Market size and forecast, by region
5.2.2. Market size and forecast, by type
5.2.3. Biodegradable synthetic polymers

5.2.3.1. Market size and forecast

5.2.4. Scaffold

5.2.4.1. Market size and forecast

5.2.5. Artificial vascular graft materials

5.2.5.1. Market size and forecast

5.2.6. Hydrogel material

5.2.6.1. Market size and forecast

5.3. Biologically Derived Materials

5.3.1. Market size and forecast, by region
5.3.2. Market size and forecast, by type
5.3.3. Collagen

5.3.3.1. Market size and forecast

5.3.4. Xenogeneic material

5.3.4.1. Market size and forecast

5.4. Genetically Engineered Materials

5.4.1. Market size and forecast, by region
5.4.2. Market size and forecast, by type
5.4.3. Deoxyribonucleic acid transfection vectors

5.4.3.1. Market size and forecast

5.4.4. Genetically manipulated cells

5.4.4.1. Market size and forecast

5.4.5. Three-dimensional polymer technology

5.4.5.1. Market size and forecast

5.4.6. Transgenics

5.4.6.1. Market size and forecast

5.4.7. Fibroblasts

5.4.7.1. Market size and forecast

5.4.8. Neural stem cells

5.4.8.1. Market size and forecast

5.4.9. Gene-activated matrices

5.4.9.1. Market size and forecast

5.5. Pharmaceuticals

5.5.1. Market size and forecast, by region
5.5.2. Market size and forecast, by type
5.5.3. Small molecules

5.5.3.1. Market size and forecast

5.5.4. Biologics

5.5.4.1. Market size and forecast

CHAPTER 6: REGENERATIVE MEDICINE MARKET, BY APPLICATION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Cardiovascular

6.2.1. Market size and forecast

6.3. Oncology

6.3.1. Market size and forecast

6.4. Dermatology

6.4.1. Market size and forecast

6.5. Musculoskeletal

6.5.1. Market size and forecast

6.6. Wound Healing

6.6.1. Market size and forecast

6.7. Ophthalmology

6.7.1. Market size and forecast

6.8. Neurology

6.8.1. Market size and forecast

6.9. Others

6.9.1. Market size and forecast

CHAPTER 7: REGENERATIVE MEDICINE MARKET, BY REGION

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast

7.2. North America

7.2.1. Key market trends
7.2.2. Key growth factors and opportunities
7.2.3. Market size and forecast, by product type
7.2.4. Market size and forecast, by material
7.2.5. Market size and forecast, by application
7.2.6. Market size and forecast, by country

7.2.6.1. U.S. market size and forecast
7.2.6.2. Canada market size and forecast
7.2.6.3. Mexico market size and forecast

7.3. Europe

7.3.1. Key market trends
7.3.2. Key growth factors and opportunities
7.3.3. Market size and forecast, by product type
7.3.4. Market size and forecast, by material
7.3.5. Market size and forecast, by application
7.3.6. Market size and forecast, by country

7.3.6.1. Germany market size and forecast
7.3.6.2. France market size and forecast
7.3.6.3. UK market size and forecast
7.3.6.4. Italy market size and forecast
7.3.6.5. Spain market size and forecast
7.3.6.6. Russia market size and forecast
7.3.6.7. Rest of Europe market size and forecast

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key market trends
7.4.2. Key growth factors and opportunities
7.4.3. Market size and forecast, by product type
7.4.4. Market size and forecast, by material
7.4.5. Market size and forecast, by application
7.4.6. Market size and forecast, by country

7.4.6.1. Japan market size and forecast
7.4.6.2. China market size and forecast
7.4.6.3. Australia market size and forecast
7.4.6.4. India market size and forecast
7.4.6.5. South Korea market size and forecast
7.4.6.6. Taiwan market size and forecast
7.4.6.7. Rest of Asia-Pacific market size and forecast

7.5. Lamea

7.5.1. Key market trends
7.5.2. Key growth factors and opportunities
7.5.3. Market size and forecast, by product type
7.5.4. Market size and forecast, by material
7.5.5. Market size and forecast, by application
7.5.6. Market size and forecast, by country

7.5.6.1. Brazil market size and forecast
7.5.6.2. Turkey market size and forecast
7.5.6.3. Venezuela market size and forecast
7.5.6.4. Saudi Arabia market size and forecast
7.5.6.5. South Africa market size and forecast
7.5.6.6. Rest of LAMEA market size and forecast

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. Acelity Holdings, Inc. (Lifecell Corporation)

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Key strategic moves and developments

8.2. Athersys, Inc.

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments
8.2.4. Business performance
8.2.5. Key strategic moves and developments

8.3. Cryolife, Inc.

8.3.1. Company overview
8.3.2. Company snapshot
8.3.3. Operating business segments
8.3.4. Business performance

8.4. Integra Lifesciences Corporation

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Operating business segments
8.4.4. Business performance
8.4.5. Key strategic moves and developments

8.5. Isto Biologics (Isto Biologics Medical Systems, Inc.)

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Key strategic moves and developments

8.6. Medtronic Plc

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Business performance

8.7. Organogenesis Inc.

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Key strategic moves and developments

8.8. Stryker Corporation

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Operating business segments
8.8.4. Business performance
8.8.5. Key strategic moves and developments

8.9. U.S. Stem Cell, Inc. (Bioheart, Inc.)

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Operating business segments
8.9.4. Business performance
8.9.5. Key strategic moves and developments

8.10. Zimmer Biomet Holdings, Inc.

8.10.1. Company overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating business segments
8.10.4. Business performance
8.10.5. Key strategic moves and developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】再生医療の世界市場:製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学)、材料別(合成材料、生体由来材料、遺伝子操作材料、医薬品)、用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他)
【発行日】2018年5月23日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR806004
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Pharmaceuticals
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
再生医療の世界市場:製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学)、材料別(合成材料、生体由来材料、遺伝子操作材料、医薬品)、用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 腎臓移植治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、腎臓移植治療法の世界市場について調べ、腎臓移植治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、腎臓移植治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(選択的サイトカイン阻害剤、免疫抑制性代謝拮抗薬、他の薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は腎臓移植治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・腎臓移植治療法の市場状況 ・腎臓移植治療法の市場規模 ・腎臓移植治療法の市場予測 ・腎臓移植治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(選択的サイトカイン阻害剤、免疫抑制性代謝拮抗薬、他の薬) ・腎臓移植治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 3D細胞培養の世界市場分析:技術別(スカフォールドベース、ヒドロゲル、ポリマースカフォールド、マイクロパターン化表面マイクロプレートスカフォールドフリー、ハンギングドロップマイクロプレート、ULAコーティング付きスフェロイドマイクロプレート、マイクロフルイディック3D細胞培養、磁気浮上および3Dバイオプリント、バイオリアクター)、用途別(がん、組織工学および免疫組織化学、薬物開発、幹細胞研究、細胞間相互作用、トランスフェクション)、エンドユーザー別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3D細胞培養の世界市場について調査・分析し、3D細胞培養の世界市場動向、3D細胞培養の世界市場規模、市場予測、セグメント別3D細胞培養市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 遺伝子検査の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、遺伝子検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・遺伝子検査の世界市場:市場動向分析 ・遺伝子検査の世界市場:競争要因分析 ・遺伝子検査の世界市場:用途別分析/市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:種類別分析/市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:技術別分析/市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:地域別分析/市場規模 ・遺伝子検査の北米市場規模 ・遺伝子検査の欧州市場規模 ・遺伝子検査のアジア市場規模 ・遺伝子検査の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のスマートグラス市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートグラス市場2015について調査・分析し、スマートグラスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオレキシン受容体1型市場2019
    本調査レポートでは、世界のオレキシン受容体1型市場2019について調査・分析し、オレキシン受容体1型の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、オレキシン受容体1型のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、オレキシン受容体1型メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体1型の市場概要 ・オレキシン受容体1型の上流・下流市場分析 ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市 …
  • 建設用プラスチックの世界市場予測(~2023年)
    建設用プラスチックの世界市場は、2018年の756億米ドルから2023年には1,057億米ドルに達し、6.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、プラスチックなどの軽量材料の消費増加、そしてほかの代替材料と比較してプラスチックが低コストであることが考えられます。一方で、プラスチックの主要原料である原油の価格変動、中国の景気減速、およびグリーンビルディングでのPVC製品の使用禁止により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、建設用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、プラスチックの種類(発泡スチロール、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル)分析、用途(断熱材、窓・ドア、パイプ)分析、エンドユーザー分析、建設用プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気油圧式サーボ弁の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気油圧式サーボ弁の世界市場について調査・分析し、電気油圧式サーボ弁の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気油圧式サーボ弁シェア、市場規模推移、市場規模予測、電気油圧式サーボ弁種類別分析(ノズルフラッパ弁、ジェット弁、動弁 )、電気油圧式サーボ弁用途別分析(航空宇宙産業、製鋼工業、電力事業、化学産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気油圧式サーボ弁の市場概観 ・電気油圧式サーボ弁のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気油圧式サーボ弁のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気油圧式サーボ弁の世界市場規模 ・電気油圧式サーボ弁の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気油圧式サーボ弁のアメリカ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のカナダ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のメキシコ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気油圧式サーボ弁のドイツ市場規模推移 ・電気油圧 …
  • 熱伝導材料の世界市場:放熱パッド、放熱グリス、相変化物質、填隙剤、金属TIMS
    当調査レポートでは、熱伝導材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・熱伝導材料の世界市場:種類別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:材料別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・熱伝導材料のアメリカ市場規模予測 ・熱伝導材料のヨーロッパ市場規模予測 ・熱伝導材料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場:薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー)、種類別(小児および成人)
    本資料は、急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場について調べ、急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界規模、市場動向、市場環境、薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場概要 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場環境 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場動向 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場規模 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場:薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー) ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL) …
  • 電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤の概要 ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • モバイル・ホットスポットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル・ホットスポットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル・ホットスポットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 苛性ソーダの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、苛性ソーダの世界市場について調べ、苛性ソーダの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、苛性ソーダの市場規模をセグメンテーション別(生産工程別(膜細胞プロセス、ダイアフラムセルプロセス、水銀電池プロセス)、用途別(有機化学製品、石鹸・洗剤・繊維製品、紙・パルプ、アルミニウム、無機化学製品、水処理、その他の用途)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は苛性ソーダの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・苛性ソーダの市場状況 ・苛性ソーダの市場規模 ・苛性ソーダの市場予測 ・苛性ソーダの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:生産工程別(膜細胞プロセス、ダイアフラムセルプロセス、水銀電池プロセス) ・市場セグメンテーション:用途別(有機化学製品、石鹸・洗剤・繊維製品、紙・パルプ、アルミニウム、無機化学製品、水処理、その他の用途) ・苛性 …
  • 周辺侵入検知システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、周辺侵入検知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、導入方式別分析、周辺侵入検知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 救急キットの世界市場:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)、地域別予測
    本資料は、救急キットの世界市場について調べ、救急キットの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)分析、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAttucho、Blume、CIRMEDICAL、DHS Emergency、Thomas EMS、ELITEBAGS、Healthcare Logistics、HUM-Gesellschaftfur Homecare and Medizin Technik、Karl Bollmann、ME.BER.、Orient Med-International FZE、Peerless Plasticsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・救急キットの世界市場概要 ・救急キットの世界市場環境 ・救急キットの世界市場動向 ・救急キットの世界市場規模 ・救急キットの世界市場規模:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタ …
  • 先進可視化の世界市場予測(~2021):製品別、サービス別、ソリューション別、画像診断法別(MRI、CT、PET、超音波、放射線療法)、臨床応用別
    当調査レポートでは、先進可視化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、ソリューション別分析、画像診断法別分析、先進可視化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の肩関節置換処置動向(~2021)
  • ギヤードモーター及び駆動装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ギヤードモーター及び駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ギヤードモーター及び駆動装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ファイバーグラスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ファイバーグラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ファイバーグラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 予備電力レンタルの世界市場
    当調査レポートでは、予備電力レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、予備電力レンタルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • HIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるHIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・HIV-2プロテーゼ阻害剤の概要 ・HIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のHIV-2プロテーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIV-2プロテーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・HIV-2プロテーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マイクロディスプレイの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロディスプレイの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の静的破砕剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の静的破砕剤市場2015について調査・分析し、静的破砕剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アンテナモジュールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車アンテナモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車アンテナモジュールの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車アンテナモジュールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Continental、Delphi、HARADA、Hirschmann Car Communication、Kathrein Automotive、Laird、Yokowo等です。
  • インキ用添加剤の世界市場予測(~2021年):レオロジー調整剤、スリップ剤/ラブ剤、消泡剤、分散剤
    当調査レポートでは、インキ用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、インキ用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロックチェーンID管理の世界市場:サービスプロバイダー別(インフラストラクチャプロバイダー、ミドルウェアプロバイダー、アプリケーションプロバイダー)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、政府、ヘルスケア、自動車および輸送、小売)
    本市場調査レポートではブロックチェーンID管理について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ブロックチェーンID管理の世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・ブロックチェーンID管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ブロックチェーンID管理の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • アンマネージド産業用イーサネットスイッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アンマネージド産業用イーサネットスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、アンマネージド産業用イーサネットスイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタンタル市場2015
    本調査レポートでは、世界のタンタル市場2015について調査・分析し、タンタルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • アンチエイジング製品の世界市場2016-2020:アンチエイジング用スキンケア、アンチエイジング用ヘアケア
    当調査レポートでは、アンチエイジング製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチエイジング製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • グラム陽性菌感染の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、グラム陽性菌感染の世界市場について調べ、グラム陽性菌感染の世界規模、市場動向、市場環境、薬剤の種類別(抗生物質、抗真菌剤)分析、疾患別(MRSA、肺炎、敗血症、副鼻腔炎、蜂巣炎、中耳炎、咽頭炎、とびひ)分析、投与経路別(経腸、非経口)分析、流通経路別(院内薬局、ドラッグストア・小売薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・グラム陽性菌感染の世界市場動向 ・グラム陽性菌感染の世界市場環境 ・グラム陽性菌感染の世界市場規模 ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:薬剤の種類別(抗生物質、抗真菌剤) ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:疾患別(MRSA、肺炎、敗血症、副鼻腔炎、蜂巣炎、中耳炎、咽頭炎、とびひ) ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:投与経路別(経腸、非経口) ・グラム陽性菌感染の世界市場規模:流通経路別(院内薬局、ドラッグストア・小売薬局) ・グラム陽性菌感染の世 …
  • UAEの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 化学療法用機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、化学療法用機器の世界市場について調査・分析し、化学療法用機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別化学療法用機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、化学療法用機器種類別分析(LVP(大容量ポンプ)、シリンジポンプ、エラストマーポンプ)、化学療法用機器用途別分析(病院・クリニック、在宅治療)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・化学療法用機器の市場概観 ・化学療法用機器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・化学療法用機器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・化学療法用機器の世界市場規模 ・化学療法用機器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・化学療法用機器のアメリカ市場規模推移 ・化学療法用機器のカナダ市場規模推移 ・化学療法用機器のメキシコ市場規模推移 ・化学療法用機器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・化学療法用機器のドイツ市場規模推移 ・化学療法用機器のイギリス市場規模推移 ・化学療法用機器のロシア市場規模 …
  • レーダーセンサーの世界市場2017-2021:自動車、航空宇宙・防衛、工業、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、レーダーセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーダーセンサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレーダーセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はContinental、NXP Semiconductors、Robert Bosch、ZF Friedrichshafen等です。
  • 世界主要国における核磁気共鳴(NMR)分光計市場2018-2023
    本調査レポートでは、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場について調査・分析し、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(100MHz以下、300~400MHz、500MHz、600MHz、700~750MHz、800~850MHz、900MHz以上)、用途別市場規模(学術、製薬・生体工学、化学、農業・食品、石油・ガス、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場概要 ・核磁気共鳴(NMR)分光計の企業別市場シェア ・核磁気共鳴(NMR)分光計の地域別市場規模 ・核磁気共鳴(NMR)分光計の種類別市場規模(100MHz以下、300~400MHz、500MHz、600MHz、700~750MHz、800 …
  • 南米の工業用遠心分離機市場分析・予測
  • IoTデータ管理ソリューションの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、IoTデータ管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入方式別分析、地域別分析、IoTデータ管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステンレス鋼市場2015
    本調査レポートでは、世界のステンレス鋼市場2015について調査・分析し、ステンレス鋼の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート教育・学習の世界市場予測(~2021):製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ)、ユーザー別、学習モード別(共同学習、バーチャルインストラクター、シミュレーション、適応学習、社会的学習、ブレンディッドラーニング)、地域別
    当調査レポートでは、スマート教育・学習の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別分析、ユーザー別分析、学習モード別分析、地域別分析、スマート教育・学習の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド監視の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、クラウド監視の世界市場について調査・分析し、クラウド監視の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・クラウド監視の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・クラウド監視の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・クラウド監視の世界市場規模:サービス別分析 ・クラウド監視の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・クラウド監視の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 欧州主要国の末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 脂肪酸エステルの世界市場:モノステアリン酸グリセリン、パルミチン酸イソプロピル、中鎖脂肪酸トリグリセリド
    当調査レポートでは、脂肪酸エステルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・脂肪酸エステルの世界市場:製品別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルのアメリカ市場規模予測 ・脂肪酸エステルのヨーロッパ市場規模予測 ・脂肪酸エステルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 神経増殖因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における神経増殖因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経増殖因子阻害剤の概要 ・神経増殖因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の神経増殖因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経増殖因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・神経増殖因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 脊椎インプラントおよび手術機器の世界市場予測(~2021):胸椎固定装置、腰椎固定装置、頸椎固定装置、脊椎用生物製剤、VCF治療機器、脊髄減圧、非固定装置、脊椎骨刺激器
    当調査レポートでは、脊椎インプラントおよび手術機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析、脊椎インプラントおよび手術機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの交通安全製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの交通安全製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの交通安全製品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミ製調理器具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アルミ製調理器具の世界市場について調査・分析し、アルミ製調理器具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アルミ製調理器具シェア、市場規模推移、市場規模予測、アルミ製調理器具種類別分析(鋳造アルミニウム調理器具、陽極酸化アルミ調理器具)、アルミ製調理器具用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アルミ製調理器具の市場概観 ・アルミ製調理器具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アルミ製調理器具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アルミ製調理器具の世界市場規模 ・アルミ製調理器具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アルミ製調理器具のアメリカ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のカナダ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のメキシコ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アルミ製調理器具のドイツ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のイギリス市場規模推移 ・アルミ製調理器具のロ …
  • 溶射コーティングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、溶射コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料別分析、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、溶射コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子戦の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電子戦の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子戦市場規模、用途別(防御、援護、攻撃)分析、プラットフォーム別(宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BAE Systems, Cobham, Elbit Systems, Lockheed Martin, Northrop Grumman, Raytheonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子戦の世界市場概要 ・電子戦の世界市場環境 ・電子戦の世界市場動向 ・電子戦の世界市場規模 ・電子戦の世界市場:業界構造分析 ・電子戦の世界市場:用途別(防御、援護、攻撃) ・電子戦の世界市場:プラットフォーム別(宇宙) ・電子戦の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子戦の北米市場規模・予測 ・電子戦のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電子戦のアジア太平洋市場規模・予測 ・電子戦の主要国分析 ・電子戦の世界市場:意思決定フレームワーク ・電子戦の世界市場:成長要 …
  • セクシャルウェルネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セクシャルウェルネス市場規模、流通経路別(小売店、オンラインプラットフォーム)分析、製品別(アダルトグッズ、コンドーム・避妊具、潤滑剤、エロティックランジェリー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セクシャルウェルネスの世界市場概要 ・セクシャルウェルネスの世界市場環境 ・セクシャルウェルネスの世界市場動向 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模 ・セクシャルウェルネスの世界市場:業界構造分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場:流通経路別(小売店、オンラインプラットフォーム) ・セクシャルウェルネスの世界市場:製品別(アダルトグッズ、コンドーム・避妊具、潤滑剤、エロティックランジェリー、その他) ・セクシャルウェルネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セクシャルウェルネスのアメリカ市場規模・予測 ・セクシャルウェルネスのヨーロッパ市場規模・ …
  • 世界のコネクテッドカー市場:サービス別(OTAアップデート、ナビゲーション、サイバーセキュリティ、マルチメディアストリーミング、ソーシャルメディア、eコール、オートパイロット、ホームインテグレーション、その他)、フォーム別、エンド市場別(OE、アフターマーケット)、ネットワーク別、トランスポンダー別、ハードウェア別、地域別
    MarketsandMarkets社は、シリコーンの世界市場規模が2019年426億ドルから2027年2127億ドルまで年平均22.3%成長すると予測しています。本書は、世界のコネクテッドカー市場について調査・分析し、市場概要、サービス別(運用データ、ナビゲーション、リモート診断、マルチメディアストリーミング、ソーシャルメディア&その他のアプリ、大田更新、オンロードアシスタンス、E-Call&Sosアシスタンス、サイバーセキュリティ、リモート操作、衝突警告、自動駐車/接続駐車、自動操縦、ホームインテグレーション 、車両管理、資産追跡)分析、フォーム別(運用データ、埋め込み、テザー、統合)分析、エンド市場別(OEM、アフターマーケット)分析、ハードウェア別(ヘッドユニット、セントラルゲートウェイ(CGW)、インテリジェントアンテナ、電子制御ユニット(ECU)、テレマティックコントロールユニット(TCU)、キーレスエントリーシステム、センサー)分析、トレンスポンダー別(車載機、路側機)分析、ネットワーク別(運用データ、専用近距離通信(DSRC)、携帯電話)分析、地域別分析、競合環境、企業概 …
  • ステビアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ステビアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、ステビアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"