"疼痛の寒冷療法の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD-4660)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"疼痛の寒冷療法の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The cold pain therapy market is projected to grow at a CAGR of 4.6%.”The global cold pain therapy market is projected to reach USD 2.12 billion by 2023 from USD 1.69 billion in 2018, at a CAGR of 4.6%. The increasing incidence of sports injuries and rising emphasis on exercise and gym activities, growing number of hip and knee surgeries across the globe, and growing need for safer pain management modalities as opposed to oral drug therapy are expected to drive the demand for cold pain therapy products during the study period. On the other hand, lack of reimbursement and high usage of low-priced analgesic pills for immediate pain relief across the globe may limit market growth during the forecast period.

“The OTC products was the largest segment on the basis of products in 2017 ”
The OTC products segment accounted for the larger share of the global cold pain therapy market in 2017. This can be attributed to factors such as high patient preference for topical pharmaceuticals compared to oral medications owing to its lower side effects, fast pain relief, and convenience in use.

“The musculoskeletal disorders is the fastest growing segment of the cold pain therapy market during the forecast period.”
The market is segmented into musculoskeletal disorders, post-operative therapy, sports medicine, and post-trauma therapy on the basis of application. In 2017, the musculoskeletal disorders segment is growing at the highest CAGR during the forecast period. The increasing incidence of arthritis, osteoarthritis, back pain, and joint pain; rising geriatric population; increasing trend of self care; and the growing preference for topical analgesics to manage musculoskeletal pain are some of the major factors driving the growth of this market segment.

“Asia Pacific is expected to register the highest growth rate in the cold pain therapy market”
Geographically, the cold pain therapy market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific, and the RoW. APAC is projected to be the fastest-growing regional segment in the cold pain therapy market. The rising geriatric population, increasing incidence of arthritis, strong presence of major players in the cold pain therapy market with established product portfolios, increasing healthcare expenditure, and growing preference for topical analgesics, especially patches to manage pain are the factors expected to drive the growth of the market in the APAC region.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the market.

 By Company Type: Tier I: 45%, Tier II: 34%, and Tier III: 21%
 By Designation: C-Level: 14%, Director-Level: 10%, and Others: 76%
 By Region: North America: 40%, Europe: 32%, APAC: 20%, and RoW: 8%

Some of the major players operating in the cold pain therapy market are Sanofi (France), DJO Finance (US), Pfizer (US), 3M (US), Hisamitsu Pharmaceutical (Japan), Johnson & Johnson (US), Medline Industries (US), Össur (Iceland), Performance Health (US), Beiersdorf (Germany), Rohto Pharmaceutical (US), Breg (US), Romsons Group of Industries (India), Custom Ice (US), and Unexo Life Sciences (India).

Research Coverage

This report studies the cold pain therapy market based on product, application, and region. The report also studies factors affecting market growth, it analyzes opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends. The report forecasts the revenue of market segments with respect to the four key regions and respective countries.

Reasons to Buy the Report:

From an insights perspective, this research report has focused on various levels of analysis— market ranking and share analysis of top players and company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging segments of the cold pain therapy market; and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will enrich both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which in turn will help firms garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"疼痛の寒冷療法の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY
1.2 MARKET DEFINITION
1.3 MARKET SCOPE
1.3.1 MARKETS COVERED
1.3.2 GEOGRAPHIC SCOPE
1.3.3 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY
1.4. STAKEHOLDERS
1.5. CURRENCY
1.6. SCOPE OF THE STUDY
2 RESEARCH METHODOLOGY
2.1 RESEARCH DATA
2.1.1 SECONDARY DATA
2.1.1.1 KEY DATA FROM SECONDARY DATA
2.1.2 PRIMARY DATA
2.1.2.1 KEY DATA FROM SECONDARY DATA
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION
2.2.1 TOP-DOWN APPROACH
2.2.2 BOTTOM-UP APPROACH
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS
2.5 LIMITATIONS
3 EXECUTIVE SUMMARY
4 PREMIUM INSIGHTS
4.1 KEY DRIVERS IN THE COLD PAIN THERAPY MARKET (2018-2023)
4.2 GLOBAL COLD PAIN THERAPY MARKET, BY PRODUCT 2018 VS. 2023 (USD MILLION)
4.3 GLOBAL COLD PAIN THERAPY MARKET: BY APPLICATION (2018 VS. 2023)
4.4 NORTH AMERICA TO HOLD THE LARGEST MARKET SHARE IN THE COLD PAIN THERAPY MARKET IN 2018
4.5 ASIA-PACIFIC TO REGISTER THE HIGHEST CAGR IN COLD PAIN THERAPY MARKET DURING THE FORECAST PERIOD (2018–2023)
5 MARKET OVERVIEW
5.1 INTRODUCTION
5.2 KEY MARKET DRIVERS
5.2.1 INCREASING INCIDENCE OF SPORTS INJURIES AND RISING EMPHASIS ON EXERCISE AND GYM ACTIVITIES
5.2.2 GROWING NUMBER OF HIP AND KNEE SURGERIES ACROSS THE GLOBE
5.2.3 GROWING NEED FOR SAFER PAIN MANAGEMENT MODALITIES AS OPPOSED TO ORAL DRUG THERAPY
5.2.4 CLINICAL EVIDENCE IN FAVOROF MENTHOL-BASED TOPICAL ANALGESICS
5.3 KEY MARKET RESTRAINTS
5.3.1 HIGH USAGE OF LOW-PRICED ANALGESIC PILLS FOR IMMEDIATE PAIN RELIEF
5.3.2 LACK OF REIMBURSEMENT
5.3.3 LACK OF SUBSTANTIAL CLINICAL EVIDENCE IN FAVOR OF COLD PAIN THERAPY
5.3.4 HEALTH HAZARDS AND DISCOMFORT ASSOCIATED WITH COLD PAIN THERAPY PRODUCTS
5.4 KEY MARKET OPPORTUNITIES
5.4.1 GROWING ADOPTION OF ANALGESIC PATCHES BECAUSE OF THE ADVANTAGES ASSOCIATED WITH THE USE OF THEM
5.4.2 AGING POPULATION SENSITIVE TO TRAUMATIC INJURIES
5.4.3 GROWING AWARENESS AMONG CONSUMERS OWING TO PROMOTIONAL MARKETING STRATEGIES
5.4.4 GROWING USE OF COLD PAIN THERAPY AMONG MIDDLE-AGED WOMEN
5.4.5 INCREASING REGULATORY BARRIERS FOR ORAL PAIN MEDICATIONS
5.5 KEY MARKET CHALLENGES
5.5.1 AVAILABILITY OF ALTERNATIVE NON-DRUG/DEVICE PAIN MANAGEMENT THERAPIES
5.5.2 STRINGENT REGULATIONS ON AMMONIUM NITRATE USAGE
6 COLD PAIN THERAPY MARKET, BY PRODUCT
6.1 INTRODUCTION
6.2 OTC PRODUCTS
6.2.1 PHARMACEUTICALS
6.2.1.1 GELS, OINTMENTS, AND CREAMS
6.2.1.2 SPRAYS AND FOAMS
6.2.1.3 PATCHES
6.2.1.4 ROLL-ONS
6.2.2 MEDICAL DEVICES
6.2.2.1 COLD PACKS
6.2.2.2 COOLING TOWELS, COMPRESSES, WRAPS, AND PADS
6.3 PRESCRIPTION PRODUCTS
6.3.1 MOTORIZED DEVICES
6.3.2 NON-MOTORIZED DEVICES
7 COLD PAIN THERAPY MARKET, BY APPLICATION
7.1 INTRODUCTION
7.2 MUSCULOSKELETAL DISORDERS
7.3 POST-OPERATIVE THERAPY
7.4 SPORTS MEDICINE
7.5 POST-TRAUMA THERAPY
8 COLD PAIN THERAPY MARKET, BY REGION
8.1 GLOBAL MARKET
8.2 NORTH AMERICA
8.2.1 US
8.2.2 CANADA
8.3 EUROPE
8.3.1 GERMANY
8.3.2 UK
8.3.3 FRANCE
8.3.4 SPAIN
8.3.5 ITALY
8.3.6 REST OF EUROPE (ROE)
8.4 ASIA PACIFIC
8.4.1 JAPAN
8.4.2 CHINA
8.4.3 INDIA
8.4.5 REST OF ASIA PACIFIC (ROAPAC)
8.5 REST OF THE WORLD (ROW)
8.5.1 LATIN AMERICA
8.5.2 MIDDLE EAST AND AFRICA
9 COMPETITIVE LANDSCAPE
9.1 INTRODUCTION
9.2 MARKET SHARE ANALYSIS
9.3 COMPETITIVE SCENARIO
9.4 RECENT DEVELOPMENTS
9.4 .1 NEW PRODUCT LAUNCHES
9.4 .2 AGREEMENTS, PARTNERSHIPS, AND CONTRACTS
9.4 .3 EXPANSIONS
10 COMPANY PROFILES
10.1 BEIERSDORF
10.2 BREG
10.3 CUSTOM ICE
10.4 DJO FINANCE
10.5 HISAMITSU PHARMACEUTICAL
10.6 JOHNSON & JOHNSON
10.7 MEDLINE INDUSTRIES
10.8 ÖSSUR
10.9 PERFORMANCE HEALTH
10.10 PFIZER
10.11 SANOFI
10.13 ROHTO PHARMACEUTICAL
10.13 ROMSONS GROUP OF INDUSTRIES
10.14 UNEXO LIFE SCIENCES
10.15 3M
11 APPENDIX
11.1 DISCUSSION GUIDE
11.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL
11.3 MARKETSANDMARKETS KNOWLEDGE STORE: SNAPSHOT
11.4 INTRODUCING RT: REAL TIME MARKET INTELLIGENCE
11.5 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS
11.6 RELATED REPORTS

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】疼痛の寒冷療法の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年6月7日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD-4660
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【キーワード】疼痛治療、寒冷療法
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
疼痛の寒冷療法の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ビル用断熱材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビル用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビル用断熱材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はビル用断熱材の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BASF• Knauf Insulation• Owens Corning• Paroc Group• ROCKWOOL International等です。
  • 世界のオキシ塩化リン市場2015
    本調査レポートでは、世界のオキシ塩化リン市場2015について調査・分析し、オキシ塩化リンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートグリッド向けセキュリティソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、スマートグリッド向けセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、セキュリティ別分析、地域別分析、スマートグリッド向けセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車フロントガラス用ウォッシャシステム市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車フロントガラス用ウォッシャシステム市場2016について調査・分析し、自動車フロントガラス用ウォッシャシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の携帯型Bluetoothスピーカー市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型Bluetoothスピーカー市場2015について調査・分析し、携帯型Bluetoothスピーカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場予測(~2023年):ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンジニアリングプラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー)分析、最終用途産業(自動車・輸送、電気・電子、工業・機械、包装、民生機器)分析、エンジニアリングプラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 世界の西ナイル熱感染市場2019
    本調査レポートでは、世界の西ナイル熱感染市場2019について調査・分析し、西ナイル熱感染の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、西ナイル熱感染のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、西ナイル熱感染メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・西ナイル熱感染の市場概要 ・西ナイル熱感染の上流・下流市場分析 ・西ナイル熱感染のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・西ナイル熱感染のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・西ナイル熱感染のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・西ナイル熱感染のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・西ナイル熱感染の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・西ナイル熱感染の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・西ナイル熱感染の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・西ナイル熱感 …
  • 自動車用ゴムホースの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ゴムホースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ゴムホースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、OEM/アフターマーケット別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cardinal Glass Industrie、Guardian Glass、Nippon Sheet Glass、Saint-Gobain、Viracon等です。
  • 末梢血管インターベンション機器の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、末梢血管インターベンション機器の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・末梢血管インターベンション機器産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・末梢血管インターベンション機器の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・末梢血管インターベンション機器の製品パイプライン分析 ・末梢血管インターベンション機器の治験動向 ・主要企業分析 ・末梢血管インターベンション機器の世界市場規模予測 ・末梢血管インターベンション機器の地域別市場規模予測
  • 世界の電解コンデサー紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の電解コンデサー紙市場2015について調査・分析し、電解コンデサー紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の婦人科用診察台市場2016
    本調査レポートでは、世界の婦人科用診察台市場2016について調査・分析し、婦人科用診察台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の合成着色料市場2015
    本調査レポートでは、世界の合成着色料市場2015について調査・分析し、合成着色料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の概要 ・転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • ウェアラブル医療機器の世界市場予測(~2021):用途別(診断、治療)、需要先別、種類別(スマートウォッチ、パッチ)、流通チャネル別
    当調査レポートでは、ウェアラブル医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、需要先別分析、種類別分析、流通チャネル別分析、ウェアラブル医療機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの装具市場動向(~2021)
  • 世界の紫外線硬化性樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界の紫外線硬化性樹脂市場2015について調査・分析し、紫外線硬化性樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料向けコールドチェーン物流の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品・飲料向けコールドチェーン物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、食品・飲料向けコールドチェーン物流の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動液体処理(ALH)技術の世界市場:製品別(ワークステーション、試薬、消耗品)、用途別、エンドユーザー別、セグメント予測
    自動液体処理技術の世界市場は2025年には20億7,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。医薬品・バイオテクノロジー企業の研究開発施設の大幅な再構築を実現して、自動液体処理技術はウェットラボの研究工程に変革をもたらしました。従来のウェットラボベンチ作業領域に置き換わるように液体処理ロボットが急速に採用されることで、この市場の成長はさらに進むと考えられています。本調査レポートでは、自動液体処理(ALH)技術の世界市場について調査・分析し、自動液体処理(ALH)技術の世界市場動向、自動液体処理(ALH)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動液体処理(ALH)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用バーナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用バーナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用バーナーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニキビ治療装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビ治療装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、光線力学、レーザー、無線周波数、その他など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビ治療装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビ治療装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビ治療装置の企業別販売量・売上 ・ニキビ治療装置の企業別市場シェア ・ニキビ治療装置の世界市場規模:種類別(光線力学、レーザー、無線周波数、その他) ・ニキビ治療装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビ治療装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビ治療装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビ治療装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・ニキビ治療装置の中東・アフ …
  • 頚管内部固定ケージの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、頚管内部固定ケージの世界市場について調査・分析し、頚管内部固定ケージの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別頚管内部固定ケージシェア、市場規模推移、市場規模予測、頚管内部固定ケージ種類別分析(金属型、ポリマー型)、頚管内部固定ケージ用途別分析(脊椎疾患治療、脊柱変形治療、脊髄神経保護、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・頚管内部固定ケージの市場概観 ・頚管内部固定ケージのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・頚管内部固定ケージのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・頚管内部固定ケージの世界市場規模 ・頚管内部固定ケージの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・頚管内部固定ケージのアメリカ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのカナダ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのメキシコ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・頚管内部固定ケージのドイツ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのイギリス …
  • 世界のシュレッダ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシュレッダ市場2015について調査・分析し、シュレッダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 離型剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、離型剤の世界市場規模が2017年15.7億ドルから2026年28.9億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、離型剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、離型剤市場規模、種類別(溶剤型離型剤、水性離型剤、その他の種類)分析、製品別(内部離型剤、半永久離型剤、外部離型剤)分析、用途別(ゴム成形、プラスチック成形、ウッドコンポジット・パネルプレス、ダイカスト、コンクリート)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 離型剤の世界市場:市場動向分析 ・ 離型剤の世界市場:競争要因分析 ・ 離型剤の世界市場:種類別(溶剤型離型剤、水性離型剤、その他の種類) ・ 離型剤の世界市場:製品別(内部離型剤、半永久離型剤、外部離型剤) ・ 離型剤の世界市場:用途別(ゴム成形、プラスチック成形、ウッドコンポジット・パネルプレス、ダイカスト、コンクリート) ・ 離型剤の世界市場:主要地域別分析 ・ …
  • データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場:構成要素別(ソリューション、サービス)、導入方式別、企業規模別、産業別、地域別予測
    本資料は、データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場について調べ、データレジリエンシー(耐障害性)の世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別(ソリューション、サービス)分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場概要 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場環境 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場動向 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:構成要素別(ソリューション、サービス) ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:導入方式別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:企業規模別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:産業別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・データレジリエンシー(耐障害性)の北米市場規模・予測 ・データレ …
  • ジオシンセティックスの世界市場
    当調査レポートでは、ジオシンセティックスの世界市場について調査・分析し、ジオシンセティックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のスラックワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のスラックワックス市場2015について調査・分析し、スラックワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科矯正サービスの中国市場2017-2021:固定型、着脱可能型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、歯科矯正サービスの中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科矯正サービスの中国市場規模及び予測、製品別分析、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は歯科矯正サービスの中国市場が2017-2021年期間中に年平均16.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arrail Dental、Bybo Dental Group、Q & M Dental Group等です。
  • トルコの外傷固定装置市場見通し
  • シグマ受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシグマ受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シグマ受容体アゴニストの概要 ・シグマ受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のシグマ受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シグマ受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シグマ受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーストリアの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 家庭用空気質制御サービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用空気質制御サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用空気質制御サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フレックス燃料エンジンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フレックス燃料エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレックス燃料エンジンの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用保護具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用保護具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用保護具市場規模、エンドユーザー別分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ヘルメット、衣料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用保護具の世界市場概要 ・オートバイ用保護具の世界市場環境 ・オートバイ用保護具の世界市場動向 ・オートバイ用保護具の世界市場規模 ・オートバイ用保護具の世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用保護具の世界市場:エンドユーザー別 ・オートバイ用保護具の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・オートバイ用保護具の世界市場:製品別(ヘルメット、衣料、その他) ・オートバイ用保護具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用保護具の北米市場規模・予測 ・オートバイ用保護具のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オートバイ用保護具のアジア太平洋市場規模・予測 ・オートバイ用保 …
  • ジオシンセティックスの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のジオシンセティックス市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ジオシンセティックスの世界市場:イントロダクション ・ジオシンセティックスの世界市場:市場概観 ・ジオシンセティックスの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・ジオシンセティックスの世界市場:セグメント別市場分析 ・ジオシンセティックスの世界市場:主要地域別市場分析 ・ジオシンセティックスの世界市場:関連企業分析
  • インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のブチルアクリレート市場2016
    本調査レポートでは、世界のブチルアクリレート市場2016について調査・分析し、ブチルアクリレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの宝くじ市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの宝くじ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの宝くじ市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 大気炉の世界市場予測2019-2024
    「大気炉の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、水平、垂直など、用途別には、Aerospace Industry、Automotive Industry、Steel Industry、Food Industry、Medical Industry、Paint Industry、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。大気炉のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・大気炉の世界市場概要(サマリー) ・大気炉の企業別販売量・売上 ・大気炉の企業別市場シェア ・大気炉の世界市場規模:種類別(水平、垂直) ・大気炉の世界市場規模:用途別(Aerospace Industry、Automotive Industry、Steel Industry、Food Industry、Medical Industry、Paint Industry、Other) ・大気炉の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・大気炉のアジ …
  • 北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場2017-2023
    本調査レポートでは、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場について調査・分析し、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • リポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるリポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リポタンパクリパーゼ活性因子の概要 ・リポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のリポタンパクリパーゼ活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リポタンパクリパーゼ活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リポタンパクリパーゼ活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マルチパラメータ患者モニタリング装置市場規模、製品別(高精度モニタリング、中精度モニタリング、低精度モニタリング)分析、製品別(病院、外来診療所、在宅医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場概要 ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場環境 ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場動向 ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場規模 ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場:業界構造分析 ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場:製品別(高精度モニタリング、中精度モニタリング、低精度モニタリング) ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場:製品別(病院、外来診療所、在宅医療) ・マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場:地域別市場規模・分 …
  • マイクロ流体の世界市場予測
  • ボールバルブの世界市場予測(~2022年):サイズ別、種類別、材料別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ボールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サイズ別分析、種類別分析、材料別分析、産業別分析、ボールバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品検査機器及び消耗品の世界市場2017-2021:PCRシステム、クロマトグラフィーシステム、MSシステム、免疫測定システム、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品検査機器及び消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品検査機器及び消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品検査機器及び消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、BioMérieux、Danaher、Shimadzu等です。
  • フライトマネジメントシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フライトマネジメントシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フライトマネジメントシステム市場規模、ハードウェア別(コントロールディスプレイユニット(CDU)、フライト管理コンピューター(FMC)、ビジュアルディスプレイユニット(VDU))分析、航空機タイプ別(ワイドボディ(WB)機、超大型機(VLA)、リージョナルジェット(RTA)、ナローボディ(NB)機、ターボプロップ機)分析、施工タイプ別(ラインフィット、レトロフィット)分析、コンポーネント別(自動飛行誘導システム、航空機ナビゲーションシステム、電子飛行計器システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フライトマネジメントシステムの世界市場:市場動向分析 ・ フライトマネジメントシステムの世界市場:競争要因分析 ・ フライトマネジメントシステムの世界市場:ハードウェア別(コントロールディスプレイユニット(CDU)、フライト管理コンピューター(FMC)、 …
  • 法執行機関向けソフトウェアの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、法執行機関向けソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別分析、ソリューション別(コンピューター支援ディスパッチ、ケース管理、インシデントレスポンス)分析、サービス別(実装、コンサルティング、トレーニング・サポート)分析、導入タイプ別分析、法執行機関向けソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポジショニングクッション市場2015
    本調査レポートでは、世界のポジショニングクッション市場2015について調査・分析し、ポジショニングクッションの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"