"高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-6366)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The Purified Terephthalic Acid (PTA) market is projected to grow at a CAGR of 5.1% from 2018 to 2023.”
The purified terephthalic acid market is estimated to be USD 48.14 billion in 2018 and is projected to reach USD 61.78 billion by 2023, at a CAGR of 5.1% from 2018 to 2023. The expansion of the textile industry contributes to the increased demand for polyester fiber & yarn, which in turn, is projected to drive the growth of the purified terephthalic acid market. PTA is used to manufacture PET bottles. The rising demand for PET packaging from the healthcare and food & beverage industries has led to the increased consumption of PTA. However, the overcapacity in the production of PTA in China has led to a decline in the global operating rate of PTA, thereby acting as a restraint to the growth of the purified terephthalic acid market.
“The polyester segment is expected to be the fastest-growing application segment of the purified terephthalic acid market during the forecast period.”
PTA is used to manufacture polyester, Polybutylene Terephthalate (PBT), and plasticizers. Based on application, the polyester segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, owing to the rising demand for polyester fiber & yarn from emerging economies, such as Brazil and Argentina.
“Asia Pacific is estimated to account for the largest share of the purified terephthalic acid market in 2018.”
China is the largest market for purified terephthalic acid in the Asia Pacific region, in terms of value. Key factors driving the growth of the China PTA market are increase in demand for fiber & yarn, rapid urbanization, and expansion of the packaged food industry in this country.
The South American region is expected to be the fastest-growing market for purified terephthalic acid during the forecast period. The growth of the purified terephthalic acid market in South America can be attributed to the increased demand for PTA from the textile industry in South American countries.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 75 %, Tier 2 – 10%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C level – 70%, Director level – 5%, and Others – 25%
• By Region: Asia Pacific – 45%, Europe – 30%, Middle East & Africa – 20%, and North America – 5%

As a part of the qualitative analysis, this research report provides a comprehensive overview of major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also discusses competitive strategies adopted by key players, such as British Petroleum (UK), Reliance Industries Limited (India), Sinopec Corporation (China), Indorama Ventures Public Company (Thailand), and SABIC (Saudi Arabia).
Research Coverage:

The report defines and segments the purified terephthalic acid market based on application and region. It provides detailed information regarding major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, opportunities, and challenges. The report also strategically profiles key players and comprehensively analyzes their market shares and core competencies. It analyzes competitive developments, such as partnerships, contracts, joint ventures, mergers & acquisitions, expansions, new product launches, and research & development activities undertaken by key players operating in the market.

Reasons to Buy the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them the closest approximations of revenue numbers for the overall purified terephthalic acid market and its subsegments. It will help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to better position their businesses and make suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 16
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 16
1.2 MARKET DEFINITION 16
1.3 SCOPE OF THE STUDY 17
1.3.1 REGIONAL SCOPE 17
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 18
1.4 CURRENCY 18
1.5 LIMITATIONS 18
1.6 STAKEHOLDERS 18
2 RESEARCH METHODOLOGY 19
2.1 RESEARCH DATA 19
2.1.1 SECONDARY DATA 20
2.1.1.1 Key data from secondary sources 20
2.1.2 PRIMARY DATA 20
2.1.2.1 Key data from primary sources 21
2.1.2.2 Key industry insights 22
2.1.2.3 Breakdown of primary interviews 22
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 23
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 24
2.3 DATA TRIANGULATION 25
2.4 ASSUMPTIONS 26
3 EXECUTIVE SUMMARY 27
4 PREMIUM INSIGHTS 31
4.1 SIGNIFICANT GROWTH OPPORTUNITIES IN THE PTA MARKET 31
4.2 PTA MARKET, BY REGION 31
4.3 ASIA PACIFIC PTA MARKET, BY COUNTRY AND POLYESTER GRADE 32
4.4 PTA MARKET, BY APPLICATION AND REGION 33
4.5 TOP 6 COUNTRIES IN THE PTA MARKET 33
5 MARKET OVERVIEW 34
5.1 INTRODUCTION 34
5.2 MARKET DYNAMICS 34
5.2.1 DRIVERS 35
5.2.1.1 Rising demand for polyester fibers 35
5.2.1.2 Increasing demand for PET from the bottling and packaging industry 35
5.2.2 RESTRAINTS 36
5.2.2.1 Overcapacity of PTA in China 36
5.2.2.2 Fluctuation in the prices of paraxylene 36
5.2.3 OPPORTUNITIES 36
5.2.3.1 Replacement of glass bottles for alcoholic beverages with PET bottles 36
5.2.4 CHALLENGES 37
5.2.4.1 Increasing demand for recycled PET 37
5.3 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 37
5.3.1 THREAT OF NEW ENTRANTS 38
5.3.2 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 38
5.3.3 THREAT OF SUBSTITUTES 38
5.3.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 38
5.3.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 39
5.4 MACROECONOMIC INDICATORS 39
5.4.1.1 Textile yarn market 39
5.4.1.2 PET packaging market 40
5.5 MANUFACTURING PROCESS OF PURIFIED TEREPHTHALIC ACID 40
5.5.1 INTRODUCTION 40
5.5.2 AMOCO PROCESS 40
5.5.3 BP PTA TECHNOLOGY 41
5.5.4 IPT TECHNOLOGY 41
5.5.5 MITSUBISHI CHEMICAL TECHNOLOGY PROCESS 41
5.5.6 EASTMAN CHEMICAL PTA TECHNOLOGY PROCESS 42
5.5.7 HENKEL PTA TECHNOLOGY PROCESS 42
5.6 PRICE ANALYSIS 43
5.6.1 SHORT-TERM PRICE TREND 43
5.6.2 LONG-TERM PRICE TREND 43
6 PTA MARKET, BY APPLICATION 45
6.1 INTRODUCTION 46
6.2 POLYESTER 47
6.2.1 POLYESTER APPLICATION, BY GRADE 47
6.2.2 POLYESTER APPLICATION, BY END USER 47
6.3 POLYBUTYLENE TEREPHTHALATE (PBT) 48
6.4 PLASTICIZERS 49
6.5 OTHERS 50

7 PTA MARKET, BY REGION 51
7.1 INTRODUCTION 52
7.2 ASIA PACIFIC 54
7.2.1 CHINA 57
7.2.2 INDIA 59
7.2.3 JAPAN 60
7.2.4 SOUTH KOREA 61
7.2.5 TAIWAN 62
7.2.6 THAILAND 63
7.2.7 INDONESIA 64
7.2.8 REST OF ASIA PACIFIC 65
7.3 NORTH AMERICA 66
7.3.1 US 69
7.3.2 CANADA 70
7.3.3 MEXICO 71
7.4 EUROPE 72
7.4.1 GERMANY 76
7.4.2 ITALY 77
7.4.3 FRANCE 78
7.4.4 UK 79
7.4.5 RUSSIA 80
7.4.6 THE NETHERLANDS 81
7.4.7 POLAND 82
7.4.8 REST OF EUROPE 83
7.5 MIDDLE EAST & AFRICA 84
7.5.1 SAUDI ARABIA 86
7.5.2 IRAN 87
7.5.3 TURKEY 88
7.5.4 REST OF MIDDLE EAST & AFRICA 89
7.6 SOUTH AMERICA 90
7.6.1 BRAZIL 93
7.6.2 ARGENTINA 94
7.6.3 REST OF SOUTH AMERICA 95
8 COMPETITIVE LANDSCAPE 97
8.1 OVERVIEW 97
8.2 MARKET SHARE ANALYSIS 99
8.3 COMPETITIVE SITUATIONS & TRENDS 100
8.3.1 EXPANSIONS 100
8.3.2 AGREEMENTS 101
8.3.3 ACQUISITIONS 101
9 COMPANY PROFILES 103
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
9.1 BRITISH PETROLEUM 103
9.2 RELIANCE INDUSTRIES LIMITED 106
9.3 SINOPEC CORPORATION 108
9.4 INDORAMA VENTURES PUBLIC COMPANY 111
9.5 SABIC 114
9.6 ALPEK 116
9.7 EASTMAN CHEMICAL COMPANY 117
9.8 INDIAN OIL CORPORATION 119
9.9 LOTTE CHEMICAL CORPORATION 121
9.10 MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION 123
9.11 PETKIM PETROKIMYA HOLDING A.Ş. 125
9.12 JBF PETROCHEMICALS 126
9.13 MCPI 127
9.14 JIAXING PETROCHEMICAL CO., LTD. (JPCL) 128
9.15 OTHER LEADING PLAYERS 129
9.15.1 CHINA PROSPERITY (JIANGYIN) PETROCHEMICAL CO. LTD., 129
9.15.2 HANWHA GENERAL CHEMICAL CO., LTD. 129
9.15.3 HENGLI PETROCHEMICAL CO., LTD. 129
9.15.4 OMPET 129
9.15.5 ORIENTAL PETROCHEMICAL (TAIWAN) 129
9.15.6 ORIENTAL PETROCHEMICAL (SHANGHAI) CORPORATION 129
9.15.7 SHAHID TONDGOOYAN PETROCHEMICAL COMPANY (STPC) 130
9.15.8 PKN ORLEN S.A. 130
9.15.9 PT ENERGI MEGA PERSADA (EMP) 130
9.15.10 TAEKWANG INDUSTRIAL CO., LTD. 130
9.15.11 ZHEJIANG HENGYI GROUP CO., LTD. 130
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
10 APPENDIX 131
10.1 DISCUSSION GUIDE 131
10.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 135
10.3 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 137
10.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 138
10.5 RELATED REPORTS 138
10.6 AUTHOR DETAILS 139

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年6月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-6366
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【キーワード】高純度テレフタル酸(PTA)
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ホワイトセメントの世界市場:種類別(ホワイトポートランドセメント、ホワイトメーソンリーセメント、その他)、エンドユーズ別(住宅、商業、産業)
    本資料は、ホワイトセメントの世界市場について調べ、ホワイトセメントの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(ホワイトポートランドセメント、ホワイトメーソンリーセメント、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホワイトセメントの世界市場概要 ・ホワイトセメントの世界市場環境 ・ホワイトセメントの世界市場動向 ・ホワイトセメントの世界市場規模 ・ホワイトセメントの世界市場:市場シェア ・ホワイトセメントの世界市場:種類別(ホワイトポートランドセメント、ホワイトメーソンリーセメント、その他) ・ホワイトセメントの世界市場:エンドユーズ別(住宅、商業、産業) ・ホワイトセメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホワイトセメントの北米市場規模・予測 ・ホワイトセメントのアメリカ市場規模・予測 ・ホワイトセメントのヨーロッパ市場規模・予測 ・ホワイトセメントのアジア市場規模・予測 ・ホワイトセメントの日本市場規模・予測 ・ホワイトセメン …
  • 多要素認証(MFA)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、多要素認証(MFA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、方式別分析、用途別分析、地域別分析、多要素認証(MFA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ココナッツウォーターのアメリカ市場2020-2024:製品別、流通チャンネル別、フレーバー別
  • 排煙脱硫(FGD)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、排煙脱硫(FGD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、排煙脱硫(FGD)市場規模、技術別(乾式・半乾式FGDシステム、湿式FGDシステム)分析、設備別(ブラウンフィールド、グリーンフィールド)分析、用途別(試薬・代用、新FGDシステム)分析、エンドユーザー別(鉄・鋼鉄、発電、化学、セメント製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 排煙脱硫(FGD)の世界市場:市場動向分析 ・ 排煙脱硫(FGD)の世界市場:競争要因分析 ・ 排煙脱硫(FGD)の世界市場:技術別(乾式・半乾式FGDシステム、湿式FGDシステム) ・ 排煙脱硫(FGD)の世界市場:設備別(ブラウンフィールド、グリーンフィールド) ・ 排煙脱硫(FGD)の世界市場:用途別(試薬・代用、新FGDシステム) ・ 排煙脱硫(FGD)の世界市場:エンドユーザー別(鉄・鋼鉄、発電、化学、セメント製造、その他) ・ 排煙脱硫(FGD)の世界市場:主要地域 …
  • 小型自動車用電線(配線)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用電線(配線)の世界市場について調査・分析し、小型自動車用電線(配線)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • 穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場:除草剤、殺菌剤、殺虫剤
    当調査レポートでは、穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 旋盤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、旋盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、旋盤の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合型交通システムの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、統合型交通システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、機能別(交通監視、交通管制、情報提供)分析、センサー別分析、ハードウェアタイプ別(ディスプレイボード、センサー、レーダー、インターフェースボード、監視カメラ)分析、統合型交通システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の概要 ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Ede …
  • Anti-CD105抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD105抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD105抗体の概要 ・Anti-CD105抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD105抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD105抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD105抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場について調査・分析し、指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:市場動向分析 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:競争要因分析 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:製品別 非致死性兵器 致死性兵器 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:用途別 防衛 国土安全保障 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:技術別 高出力電磁波技術 粒子ビーム兵器 高エネルギーレーザー技術 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:エンドユーザー別 陸上車両 船舶用指向性エネルギー兵器 銃砲 空輸 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:高エネルギーレーザー系別 ファイバーレーザー 自由電子レーザー 固定レーザー 化学物質レーザー - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:主要地域別分析 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の北米 …
  • 海軍戦闘システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、海軍戦闘システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海軍戦闘システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 旅行者下痢症(Traveler’s Diarrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)の概要 ・旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場:垂直産業別(ゲーム、オンラインストア、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア・医療、その他)、最終用途別(一般家庭ユーザー、中小企業、大企業)、種類別(ビデオIPTV CDN、非IPTV CDN)、サービス別(マネージドサービス、自社運用サービス)、地域別予測
    本資料は、インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場について調べ、インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界規模、市場動向、市場環境、垂直産業別(ゲーム、オンラインストア、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア・医療、その他)分析、最終用途別(一般家庭ユーザー、中小企業、大企業)分析、種類別(ビデオIPTV CDN、非IPTV CDN)分析、サービス別(マネージドサービス、自社運用サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場概要 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場環境 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場動向 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場規模 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場規模:垂直産業別(ゲーム、オンラインストア、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア・医療、その他) ・イン …
  • 自動車用触媒の世界市場予測(~2023年):白金、パラジウム、ロジウム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(白金、パラジウム、ロジウム)分析、車両タイプ別(小型商用車、大型商用車)分析、自動車用触媒の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍随伴体液性高カルシウム血症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の概要 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍随伴体液性高カルシウム …
  • コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンテナセキュリティ・トラッキング市場規模、技術別(RFID、RTLS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Honeywell International, IBM, Kirsen Global Security, ORBCOMM, Starcom Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場概要 ・コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場環境 ・コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場動向 ・コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場規模 ・コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場:業界構造分析 ・コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場:技術別(RFID、RTLS) ・コンテナセキュリティ・トラッキングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンテナセキュリティ・トラッキングの …
  • レジカウンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、レジカウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レジカウンターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビデオ監視の世界市場動向および予測:固定カメラ、ドームカメラ、パン/チルト/ズームカメラ、サーマルネットワークカメラ、隠しネットワークカメラ
  • アポトーシス阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアポトーシス阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アポトーシス阻害剤の概要 ・アポトーシス阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアポトーシス阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アポトーシス阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アポトーシス阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 末梢血管診断装置の世界市場2016-2020:糖尿病、 重症虚血肢
    当調査レポートでは、末梢血管診断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、末梢血管診断装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロピオン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロピオン酸市場2015について調査・分析し、プロピオン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用ソフトウェアの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の整形外科用ソフトウェア市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:イントロダクション ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場概観 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:主要地域別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:関連企業分析
  • 回腸嚢炎(Pouchitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における回腸嚢炎(Pouchitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、回腸嚢炎(Pouchitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・回腸嚢炎(Pouchitis)の概要 ・回腸嚢炎(Pouchitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の回腸嚢炎(Pouchitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・回腸嚢炎(Pouchitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・回腸嚢炎(Pouchiti …
  • 医療用吸引装置の世界市場2017-2021:標準/従来型、ポータブル
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療用吸引装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用吸引装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療用吸引装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAllied Healthcare Products、ATMOS MedizinTechnik、Drive DeVilbiss Healthcare、Precision Medical、SSCOR等です。
  • 世界のパッケージボイラー市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • アルゼンチンのオーソバイオロジクス市場見通し
  • オートバイ用クルーズコントロールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用クルーズコントロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用クルーズコントロールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境試験の世界市場:廃水/下水、土壌、水、空気
    当調査レポートでは、環境試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、標本別分析、汚染物質別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブル包装の世界市場:原料別(紙、アルミ箔、プラスチック、バイオプラスチック)、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、フレキシブル包装の世界市場について調査・分析し、フレキシブル包装の世界市場動向、フレキシブル包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別フレキシブル包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 汎用プラスチックの世界市場2017-2021:PE用、PP用、PVC用、PET用、PS用、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、汎用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、汎用プラスチックの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は汎用プラスチックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、China Petrochemical Corporation、DuPont、Exxon Mobil、LG Chem、LyondellBasell Industries Holdings、SABIC、Sumitomo Chemical、The Dow Chemical Company等です。
  • ラテンアメリカのクラウドコンピューティング市場
    当調査レポートでは、ラテンアメリカのクラウドコンピューティング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラテンアメリカのクラウドコンピューティング市場規模及び予測、サービス別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアセフェート市場2015
    本調査レポートでは、世界のアセフェート市場2015について調査・分析し、アセフェートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場について調査・分析し、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別柔軟包装用ラミネート接着剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、柔軟包装用ラミネート接着剤種類別分析()、柔軟包装用ラミネート接着剤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の市場概観 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場規模 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のアメリカ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のカナダ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメキシコ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・柔軟包装用ラミネート接着 …
  • データ統合の世界市場予測(~2022年):データ統合ツール、データ統合サービス
    当調査レポートでは、データ統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、ビジネス用途別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、データ統合の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 保険詐欺検知の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、保険詐欺検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(不正分析、認証、GRC)、サービス)分析、用途範囲別(請求詐欺、個人情報盗難、支払い・請求詐欺、マネーロンダリング)分析、展開モード別分析、組織規模別分析、保険詐欺検知の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、保険詐欺検知の世界市場規模が2019年25億ドルから2024年79億ドルまで年平均25.8%成長すると予測しています。
  • 車載カメラの世界市場見通し2016-2022:ドライブカメラ、センシングカメラ
    当調査レポートでは、車載カメラの世界市場について調査・分析し、車載カメラの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・車載カメラの世界市場:市場動向分析 ・車載カメラの世界市場:競争要因分析 ・車載カメラの世界市場:価格別分析/市場規模 ・車載カメラの世界市場:用途種類別分析/市場規模 ・車載カメラの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・車載カメラの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・車載カメラの世界市場:地域別分析/市場規模 ・車載カメラの北米市場規模 ・車載カメラの欧州市場規模 ・車載カメラのアジア市場規模 ・車載カメラの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • デジタルピッキングシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタルピッキングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルピッキングシステム市場規模、用途別(自動車、小売・Eコマース、3PL、食品・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタルピッキングシステムの世界市場概要 ・デジタルピッキングシステムの世界市場環境 ・デジタルピッキングシステムの世界市場動向 ・デジタルピッキングシステムの世界市場規模 ・デジタルピッキングシステムの世界市場:業界構造分析 ・デジタルピッキングシステムの世界市場:用途別(自動車、小売・Eコマース、3PL、食品・飲料、その他) ・デジタルピッキングシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルピッキングシステムの北米市場規模・予測 ・デジタルピッキングシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デジタルピッキングシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・デジタルピッキングシステムの主要国分析 ・デジ …
  • Alpha-1Aアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAlpha-1Aアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Alpha-1Aアゴニスト(作動薬)の概要 ・Alpha-1Aアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAlpha-1Aアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Alpha-1Aアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Alpha-1Aアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 前立腺癌検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、前立腺癌検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、前立腺癌検査市場規模、製品別(バイオマーカー、生検、イメージング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・前立腺癌検査の世界市場概要 ・前立腺癌検査の世界市場環境 ・前立腺癌検査の世界市場動向 ・前立腺癌検査の世界市場規模 ・前立腺癌検査の世界市場:業界構造分析 ・前立腺癌検査の世界市場:製品別(バイオマーカー、生検、イメージング) ・前立腺癌検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・前立腺癌検査のアメリカ市場規模・予測 ・前立腺癌検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・前立腺癌検査のアジア市場規模・予測 ・前立腺癌検査の主要国分析 ・前立腺癌検査の世界市場:意思決定フレームワーク ・前立腺癌検査の世界市場:成長要因、課題 ・前立腺癌検査の世界市場:競争環境 ・前立腺癌検査の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のサーバー市場2016
    本調査レポートでは、世界のサーバー市場2016について調査・分析し、サーバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の発電産業におけるスイッチギヤ市場2015:市場規模、シェア、主要国分析
  • ウエルネス旅行の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ウエルネス旅行の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウエルネス旅行の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックフィルターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミックフィルター市場規模、用途別(家庭用、商業用、工業用)分析、製品別(水フィルター、空気フィルター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミックフィルターの世界市場概要 ・セラミックフィルターの世界市場環境 ・セラミックフィルターの世界市場動向 ・セラミックフィルターの世界市場規模 ・セラミックフィルターの世界市場:業界構造分析 ・セラミックフィルターの世界市場:用途別(家庭用、商業用、工業用) ・セラミックフィルターの世界市場:製品別(水フィルター、空気フィルター) ・セラミックフィルターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミックフィルターのアメリカ市場規模・予測 ・セラミックフィルターのヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミックフィルターのアジア市場規模・予測 ・セラミックフィルターの主要国分析 ・セラミックフィルターの世界市場:意思決 …
  • 保険産業向けソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、保険産業向けソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保険産業向けソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLIDAR(光検出及び測距)市場2015
    本調査レポートでは、世界のLIDAR(光検出及び測距)市場2015について調査・分析し、LIDAR(光検出及び測距)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリプロピレン・ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレン・ケーブル市場2015について調査・分析し、ポリプロピレン・ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フラクショナルフローリザーブデバイスの世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「フラクショナルフローリザーブデバイスの世界市場2020-2024」は、フラクショナルフローリザーブデバイスについて市場概要、市場規模、製品別(FFRガイドワイヤー、FFR監視システム)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・フラクショナルフローリザーブデバイスの世界市場:製品別(FFRガイドワイヤー、FFR監視システム) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • バススイッチICの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バススイッチICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バススイッチICの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバススイッチICの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Toshiba• Texas Instruments• NXP Semiconductors等です。
  • オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"