"5Gチップセットの世界市場予測(~2026年):RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave IC"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-6368)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"5Gチップセットの世界市場予測(~2026年):RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave IC"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“5G chipset market projected to grow at a CAGR of 49.2%”According to the new market research report on 5G chipset, the 5G chipset market is expected to be worth USD 2.03 billion in 2020 and is likely to reach USD 22.41 billion by 2026, at a CAGR of 49.2% from 2020 to 2026. The growth of the 5G chipset market can be attributed to the growing demand for high-speed internet and broad network coverage with reduced latency and power consumption and increasing M2M/IoT connections. However, high hardware cost involved in terrestrial network densification is restraining the growth of the 5G chipset market.
“Sub-6 GHz to hold largest market share from 2020 to 2026”
Sub-6 GHz operational frequency is expected to account for the largest market share from 2020 to 2026. The wide availability of this frequency band and the ability to cater to multiple 5G use cases are likely to be the prime factors driving the adoption of this spectrum.
“5G chipset market for automotive & transportation to witness highest growth between 2020 and 2026”
The 5G chipset market for the automotive & transportation end-user industry is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. 5G can allow system and application developers to develop a wide range of applications; the major applications include vehicle-to-vehicle (V2V), vehicle-to-infrastructure (V2I), vehicle-to-pedestrian (V2P), and vehicle-to-network (V2N). These applications of 5G would further help in the development of other applications, such as automated driving, digital logistics, and intelligent navigation.
“5G chipset market in APAC to grow at highest CAGR”
This report covers the 5G chipset market in North America, Europe, APAC, and RoW. High demand for advanced technologies such as connected cars, machine-to-machine communication, and artificial intelligence will offer huge opportunities for the growth of the 5G chipset market in North America. The growth of on-demand video services and IoT will drive the growth of the market in APAC. Moreover, in APAC, the 5G chipset market has huge opportunities in smart cities. Various countries in Asia have either initialized the implementation of smart city projects or are in the planning phase. China is the biggest marketplace in APAC for the development of smart cities.
Breakdown of profiles of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 = 45%, Tier 2 = 30%, and Tier 3 = 25%
• By Designation: C-Level Executives = 55%, Managers = 30%, and Others = 15%
• By Region: North America = 45%, Europe = 25%, APAC = 20%, and RoW = 10%
Companies profiled in this report are Intel (US), Xilinx (US), Samsung Electronics (South Korea), Qualcomm Technologies (US), IBM (US), Nokia (Finland), Qorvo (US), Infineon Technologies (US), Integrated Device Technology (US), Anokiwave (US), Analog Devices (US), Broadcom (Singapore/US), Huawei Technologies (China), Macom Technology Solutions (US), and Cavium (US). Some of the ecosystem companies profiled in the report are Ericsson (Sweden), Fujitsu (Japan), ZTE Corporation (China), Hewlett Packard Enterprise (US), and Korea Telecom (South Korea).
Research Coverage
The report describes the various types of chipsets associated with 5G and related developments across industry verticals and regions. It aims at estimating the size and growth potential of this market across segments such as IC type, operational frequency, product, end-user industry, and geography. Furthermore, the report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.
Reasons to Buy the Report
• The report includes the market statistics pertaining to various segments, along with their respective revenue.
• The report details the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the 5G chipset market.
• The report provides illustrative segmentation, analysis, and forecast for the 5G chipset market based on IC type, operational frequency, product, end-user industry, and geography to give an overall view of the 5G chipset market.
• The report provides a detailed competitive landscape including key players and their ranking.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"5Gチップセットの世界市場予測(~2026年):RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave IC"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 STUDY OBJECTIVES 15
1.2 DEFINITION 15
1.3 STUDY SCOPE 16
1.3.1 MARKETS COVERED 16
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THIS STUDY 16
1.4 CURRENCY 17
1.5 PACKAGE SIZE 17
1.6 LIMITATIONS 17
1.7 STAKEHOLDERS 17
2 RESEARCH METHODOLOGY 18
2.1 RESEARCH DATA 18
2.1.1 SECONDARY DATA 20
2.1.1.1 Major secondary sources 20
2.1.1.2 Secondary sources 20
2.1.2 PRIMARY DATA 21
2.1.2.1 Primary interviews with experts 21
2.1.2.2 Primary sources 21
2.1.2.3 Breakdown of primaries 22
2.1.2.4 Key industry insights 22
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 23
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 24
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 26
2.4 ASSUMPTIONS 27
3 EXECUTIVE SUMMARY 28
4 PREMIUM INSIGHTS 34
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES FOR 5G CHIPSET MARKET GROWTH 34
4.2 5G CHIPSET MARKET, BY IC TYPE 35
4.3 5G CHIPSET MARKET, BY OPERATIONAL FREQUENCY 35
4.4 5G CHIPSET MARKET IN APAC, BY IC TYPE AND COUNTRY 36
4.5 5G CHIPSET MARKET, BY COUNTRY 37

5 MARKET OVERVIEW 38
5.1 INTRODUCTION 38
5.2 MARKET DYNAMICS 39
5.2.1 DRIVERS 39
5.2.1.1 Growing demand for high-speed internet and broad network coverage with reduced latency and power consumption 39
5.2.1.2 Increasing M2M/IoT connections 40
5.2.1.3 Increasing demand for mobile data services 41
5.2.2 RESTRAINTS 41
5.2.2.1 High hardware cost involved in terrestrial network densification 41
5.2.2.2 Fragmented spectrum allocation 41
5.2.3 OPPORTUNITIES 42
5.2.3.1 Integration of 5G services with satellite communication 42
5.2.3.2 Strategic partnerships with system integrators in emerging economies 42
5.2.4 CHALLENGES 43
5.2.4.1 Technological design challenges 43
5.2.4.1.1 Power dissipation in massive MIMO antenna 43
5.2.4.1.2 Inter-cell interference 43
5.3 CASE STUDIES 44
5.3.1 NOKIA, DEUTSCHE TELEKOM, AND HAMBURG PORT AUTHORITY COLLABORATED FOR 5G RESEARCH IN INDUSTRIAL APPLICATIONS 44
5.3.2 VERIZON, KOREA TELECOM, AND SAMSUNG DEMONSTRATED 5G AT SUPER BOWL IN MINNEAPOLIS, US 44
5.3.3 5G AT WINTER OLYMPICS IN PYEONGCHANG, SOUTH KOREA 44
5.3.4 ERICSSON (SWEDEN) TESTED 5G INFRASTRUCTURE FOR CONNECTED CAR APPLICATION 44
5.3.5 IMPLEMENTATION OF 5G INFRASTRUCTURE BY INTEL AND ERICSSON IN COMMERCIAL CRUISE IN EUROPE 45
6 5G CHIPSET MARKET, BY IC TYPE 46
6.1 INTRODUCTION 47
6.2 RADIO FREQUENCY INTEGRATED CIRCUIT (RFIC) 49
6.3 APPLICATION-SPECIFIC INTEGRATED CIRCUIT (ASIC) 50
6.4 CELLULAR INTEGRATED CIRCUIT (CELLULAR IC) 52
6.5 MILLIMETER WAVE INTEGRATED CIRCUIT (MMWAVE IC) 53
7 5G CHIPSET MARKET, BY OPERATIONAL FREQUENCY 55
7.1 INTRODUCTION 56
7.2 SUB-6 GHZ 57
7.3 BETWEEN 26 AND 39 GHZ 58
7.4 ABOVE 39 GHZ 58

8 5G CHIPSET MARKET, BY PRODUCT 59
8.1 INTRODUCTION 60
8.2 DEVICES 61
8.3 CUSTOMER PREMISES EQUIPMENT (CPE) 63
8.4 NETWORK INFRASTRUCTURE EQUIPMENT 64
9 5G CHIPSET MARKET, BY END-USER INDUSTRY 68
9.1 INTRODUCTION 69
9.2 AUTOMOTIVE & TRANSPORTATION 70
9.3 ENERGY & UTILITIES 70
9.4 HEALTHCARE 71
9.5 RETAIL 72
9.6 BUILDING AUTOMATION 72
9.7 INDUSTRIAL AUTOMATION 73
9.8 CONSUMER ELECTRONICS 74
9.9 PUBLIC SAFETY & SURVEILLANCE 74
10 5G CHIPSET MARKET, GEOGRAPHIC ANALYSIS 76
10.1 INTRODUCTION 77
10.2 NORTH AMERICA 79
10.2.1 US 81
10.2.2 CANADA 81
10.2.3 MEXICO 81
10.3 EUROPE 82
10.3.1 UK 85
10.3.2 GERMANY 85
10.3.3 SWEDEN 86
10.3.4 FRANCE 86
10.3.5 FINLAND 86
10.3.6 REST OF EUROPE 86
10.4 APAC 87
10.4.1 CHINA 90
10.4.2 JAPAN 90
10.4.3 SOUTH KOREA 91
10.4.4 INDIA 91
10.4.5 REST OF APAC 91
10.5 ROW 92
10.5.1 MIDDLE EAST & AFRICA 93
10.5.2 SOUTH AMERICA 94

11 COMPETITIVE LANDSCAPE 95
11.1 OVERVIEW 95
11.2 MARKET PLAYER RANKING (2017–2018) 96
11.3 COMPETITIVE SCENARIO 98
11.3.1 PRODUCT LAUNCHES AND DEVELOPMENTS 99
11.3.2 PARTNERSHIPS AND COLLABORATIONS 100
11.3.3 OTHERS 101
12 COMPANY PROFILES 102
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 KEY PLAYERS 102
12.1.1 QUALCOMM TECHNOLOGIES 102
12.1.2 INTEL 106
12.1.3 NOKIA 109
12.1.4 SAMSUNG ELECTRONICS 112
12.1.5 XILINX 115
12.1.6 IBM 119
12.1.7 QORVO 121
12.1.8 INFINEON TECHNOLOGIES 124
12.1.9 INTEGRATED DEVICE TECHNOLOGY 126
12.1.10 ANOKIWAVE 128
12.2 OTHER CHIPSET PLAYERS 130
12.2.1 ANALOG DEVICES 130
12.2.2 BROADCOM 130
12.2.3 HUAWEI TECHNOLOGIES 131
12.2.4 MACOM TECHNOLOGY SOLUTIONS 131
12.2.5 CAVIUM 132
12.3 OTHER COMPANIES IN 5G ECOSYSTEM 133
12.3.1 ERICSSON 133
12.3.2 FUJITSU 133
12.3.3 ZTE CORPORATION 134
12.3.4 HEWLETT PACKARD ENTERPRISE 134
12.3.5 KOREA TELECOM 135
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View might not be captured in case of unlisted companies.

13 APPENDIX 136
13.1 INSIGHTS FROM INDUSTRY EXPERTS 136
13.2 DISCUSSION GUIDE 137
13.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 141
13.4 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 143
13.5 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 145
13.6 RELATED REPORTS 145
13.7 AUTHOR DETAILS 146

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】5Gチップセットの世界市場予測(~2026年):RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave IC
【発行日】2018年6月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-6368
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】5Gチップセット、5G通信、RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave IC
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
5Gチップセットの世界市場予測(~2026年):RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave ICについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用ゴムホースの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ゴムホースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ゴムホースの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ゴムホースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Eaton、Hutchinson、Nichirin、Sumitomo Riko、TOYODA GOSEI等です。
  • スマートピルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートピルの世界市場について調べ、スマートピルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートピルの市場規模をセグメンテーション別(用途別(診断、薬物治療)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はスマートピルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートピルの市場状況 ・スマートピルの市場規模 ・スマートピルの市場予測 ・スマートピルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(診断、薬物治療) ・スマートピルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • クラフトスピリッツの世界市場2017-2021:クラフトジン、クラフトウィスキー、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クラフトスピリッツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラフトスピリッツの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラフトスピリッツの世界市場が2017-2021年期間中に年平均26.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBacardi、Beam Suntory、Constellation Brands、Distell、Pernod Ricard等です。
  • 世界の地熱発電市場:種類別、地域別
    本調査レポートは地熱発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・地熱発電の世界市場:種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 骨髄抑制(Myelosuppression):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨髄抑制(Myelosuppression)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨髄抑制(Myelosuppression)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・骨髄抑制(Myelosuppression)の概要 ・骨髄抑制(Myelosuppression)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の骨髄抑制(Myelosuppression)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨髄抑制(Myelosuppression)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • ビタミン、ミネラル、サプリメント検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビタミン、ミネラル、サプリメント検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビタミン、ミネラル、サプリメント検査市場規模、機器別(ELISA検査、フーリエ変換赤外分光法(FTIR)装置、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)装置、質量分析計、旋光計)分析、種類別(抗体、化学薬品・試薬、ガラス製品、参照規格、その他)分析、顧客タイプ別(メーカー、第三者テスター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビタミン、ミネラル、サプリメント検査の世界市場:市場動向分析 ・ ビタミン、ミネラル、サプリメント検査の世界市場:競争要因分析 ・ ビタミン、ミネラル、サプリメント検査の世界市場:機器別(ELISA検査、フーリエ変換赤外分光法(FTIR)装置、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)装置、質量分析計、旋光計) ・ ビタミン、ミネラル、サプリメント検査の世界市場:種類別(抗体、化学薬品・試薬、ガラス製品、参照規格、その他) ・ …
  • フレーバー粉末飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フレーバー粉末飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレーバー粉末飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用トースターの世界市場
    当調査レポートでは、業務用トースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用トースターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの電気生理装置市場見通し
  • ロボット芝刈機の世界市場予測(~2025年)
    ロボット芝刈機の世界市場は、5億3,300万米ドルから2025年には12億6,200万米ドルに達し、この期間中13.10%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、人件費の増加、従来芝刈機に対する安全上の懸念、騒音の少ない運転の必要性などが考えられます。当調査レポートでは、ロボット芝刈機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー(住宅、商業用)分析、芝生のサイズ(小型、中型、大型)分析、コネクティビティタイプ(接続タイプ、非接続タイプ)分析、販売チャネル分析、ロボット芝刈機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バングラデシュのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • メチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Huntsman International• INEOS • Jet Technologies • Kuala Lumpur Kepong Berhad• Lion Corporation等です。
  • エアデータシステムの世界市場予測(~2021):需要先別(民間、軍用)、航空機種類別、構成要素別、地域別
    当調査レポートでは、エアデータシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、需要先別分析、航空機種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、エアデータシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーン接着剤の世界市場予測(~2022年):種類、技術、需要産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シリコーン接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、シリコーン接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の携帯型CTスキャンデバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型CTスキャンデバイス市場2015について調査・分析し、携帯型CTスキャンデバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 強皮症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、強皮症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、強皮症治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 外科用ステープラーの世界市場分析:製品別(電源式ステープリング装置、手動外科用ステープリング装置)、用途別(使い捨て外科用ステープル留めデバイス、再利用式外科用ステープル留めデバイス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、外科用ステープラーの世界市場について調査・分析し、外科用ステープラーの世界市場動向、外科用ステープラーの世界市場規模、市場予測、セグメント別外科用ステープラー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 乗客識別システムの世界市場予測(~2025年):圧力センサー、シートベルトテンションセンサー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、乗客識別システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、センサー別(圧力センサー、シートベルトテンションセンサー)分析、コンポーネント別(エアバッグ制御装置、センサー)分析、小型商用車別(エコノミー、中型、高級)分析、EVタイプ別分析、乗客識別システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地上支援装置(GSE)の世界市場予測(~2025年)
    地上支援装置(GSE)の世界市場は、2019年の75億米ドルから2025年には97億米ドルに達し、この期間中4.45%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、電動地上支援装置に対する需要の増加、空港での倉庫業務の増加、および増大する航空旅客輸送に対応するための継続的な空港の拡大が考えられます。当調査レポートでは、地上支援装置(GSE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(モバイル式、固定式)分析、動力(非電動、電動、ハイブリッド)分析、用途(民間、軍)分析、コンポーネント(新規、交換、保守)分析、地上支援装置(GSE)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用合金の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用合金の世界市場について調査・分析し、自動車用合金の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用合金の世界市場規模:用途別分析 ・自動車用合金の世界市場規模:合金種類別分析 ・自動車用合金の世界市場規模:車両種類別分析 ・自動車用合金の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 産業用ファブリックの世界市場予測(~2023年):ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、繊維別(ポリアミド、ポリエステル、アラミド、複合材料)分析、用途別(コンベヤベルト、トランスミッションベルト、防護服、自動車用カーペット、防火服)分析、産業用ファブリックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水圧プレス市場2016
    本調査レポートでは、世界の水圧プレス市場2016について調査・分析し、水圧プレスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • シロップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シロップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、シロップの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プリンテッドセンサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プリンテッドセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリンテッドセンサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肉代用品の世界市場:豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベース
    当調査レポートでは、肉代用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベースなど)分析、由来別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン、その他)分析、カテゴリー別(冷凍、冷蔵、棚安定)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・肉代用品の世界市場:製品別(豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベースなど) ・肉代用品の世界市場:由来別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン、その他) ・肉代用品の世界市場:カテゴリー別(冷凍、冷蔵、棚安定) ・肉代用品の世界市場:地域別 ・企業動向
  • ソレノイドバルブ(電磁弁)の世界市場
    当調査レポートでは、ソレノイドバルブ(電磁弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソレノイドバルブ(電磁弁)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 患者体温管理の世界市場
    本調査レポートでは、患者体温管理の世界市場について調査・分析し、患者体温管理の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の舶用低速ディーゼルエンジン市場2015
    本調査レポートでは、世界の舶用低速ディーゼルエンジン市場2015について調査・分析し、舶用低速ディーゼルエンジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ燃料の世界市場
    本調査レポートでは、バイオ燃料の世界市場について調査・分析し、バイオ燃料の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用ラップフィルムの世界市場分析:用途別(大型車両、中型車両、小型車両)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用ラップフィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用ラップフィルムの世界市場動向、自動車用ラップフィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ラップフィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ライフルスコープの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ライフルスコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、ライフルスコープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酵素の世界市場:タイプ別(プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼ、その他)、ソース別(微生物、植物、動物)、反応タイプ別(ヒドロラーゼ、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、リアーゼ、その他)、用途別(食品・飲料、家庭用ケア用品、バイオエネルギー、製薬・バイオテクノロジー、飼料、その他)
    本資料は、酵素の世界市場について調べ、酵素の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、タイプ別(プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼ、その他)分析、反応タイプ別(ヒドロラーゼ、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、リアーゼ、その他)分析、用途別(食品・飲料、家庭用ケア用品、バイオエネルギー、製薬・バイオテクノロジー、飼料、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・酵素の世界市場概要 ・酵素の世界市場環境 ・酵素の世界市場動向 ・酵素の世界市場規模 ・酵素の世界市場:市場シェア ・酵素の世界市場:タイプ別(プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼ、その他) ・酵素の世界市場:ソース別(微生物、植物、動物) ・酵素の世界市場:反応タイプ別(ヒドロラーゼ、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、リアーゼ、その他) ・酵素の世界市場:用途別(食品・飲料、家庭用ケア用品、バイオエネル …
  • 中国のトレハロース市場2015
    本調査レポートでは、中国のトレハロース市場2015について調査・分析し、トレハロースの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱可塑性複合材料の世界市場2017-2021:SFT、LFT、GFT、CFT
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、熱可塑性複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱可塑性複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は熱可塑性複合材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Celanese Corporation、DuPont 、LANXESS、SABIC等です。
  • 近接センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、近接センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、近接センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ポンプレンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ポンプレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ポンプレンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用ポンプレンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Xylem• MWI• United Rentals• Cornell Pump• Thompson Pump等です。
  • 特殊化学品の世界市場:種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物)
    本調査レポートでは、特殊化学品の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・特殊化学品の世界市場:種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物) ・特殊化学品の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 商業漁業の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、商業漁業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業漁業市場規模、種別(サーモン、マグロ、すり身用の魚、エビ、頭足類、その他)分析、タイプ別(単線ラインでの流し釣り、大きなネット、ライン、ポール、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 商業漁業の世界市場:市場動向分析 ・ 商業漁業の世界市場:競争要因分析 ・ 商業漁業の世界市場:種別(サーモン、マグロ、すり身用の魚、エビ、頭足類、その他) ・ 商業漁業の世界市場:タイプ別(単線ラインでの流し釣り、大きなネット、ライン、ポール、その他) ・ 商業漁業の世界市場:主要地域別分析 ・ 商業漁業の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 商業漁業のヨーロッパ市場規模 ・ 商業漁業のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・商業漁業の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • リテールクラウドの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、リテールクラウドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、サービス別分析、企業規模別分析、地域別分析、リテールクラウドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボトックスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボトックスの世界市場について調査・分析し、ボトックスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボトックスシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボトックス種類別分析(50U、100U、その他)、ボトックス用途別分析(医療、美容)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボトックスの市場概観 ・ボトックスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボトックスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボトックスの世界市場規模 ・ボトックスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボトックスのアメリカ市場規模推移 ・ボトックスのカナダ市場規模推移 ・ボトックスのメキシコ市場規模推移 ・ボトックスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボトックスのドイツ市場規模推移 ・ボトックスのイギリス市場規模推移 ・ボトックスのロシア市場規模推移 ・ボトックスのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ボトックスの日本市場規模推移 ・ボトッ …
  • FOWLPの世界市場:用途別、地域別予測
    本資料は、FOWLPの世界市場について調べ、FOWLPの世界規模、市場動向、市場環境、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・FOWLPの世界市場概要 ・FOWLPの世界市場環境 ・FOWLPの世界市場動向 ・FOWLPの世界市場規模 ・FOWLPの世界市場規模:用途別 ・FOWLPの世界市場:地域別市場規模・分析 ・FOWLPの北米市場規模・予測 ・FOWLPのアメリカ市場規模・予測 ・FOWLPのヨーロッパ市場規模・予測 ・FOWLPのアジア市場規模・予測 ・FOWLPの日本市場規模・予測 ・FOWLPの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • インベストメント鋳物の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インベストメント鋳物の世界市場について調査・分析し、インベストメント鋳物の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インベストメント鋳物シェア、市場規模推移、市場規模予測、インベストメント鋳物種類別分析(ケイ酸ナトリウム加工、テトラエチルオルトけい酸エステル/シリカゾル加工)、インベストメント鋳物用途別分析(自動車、航空宇宙・防衛、工業用ガスタービン、工業用機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インベストメント鋳物の市場概観 ・インベストメント鋳物のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インベストメント鋳物のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インベストメント鋳物の世界市場規模 ・インベストメント鋳物の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インベストメント鋳物のアメリカ市場規模推移 ・インベストメント鋳物のカナダ市場規模推移 ・インベストメント鋳物のメキシコ市場規模推移 ・インベストメント鋳物のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フ …
  • 温度伝送器および温湿度発信器の世界市場動向・予測(~2022)
    当調査レポートでは、温度伝送器および温湿度発信器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、検知技術別分析、とう載技術別分析、通信プロトコール別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ステアリングギアボックスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用ステアリングギアボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ステアリングギアボックス市場規模、用途別(電動式、油圧式、電気油圧式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ステアリングギアボックスの世界市場概要 ・自動車用ステアリングギアボックスの世界市場環境 ・自動車用ステアリングギアボックスの世界市場動向 ・自動車用ステアリングギアボックスの世界市場規模 ・自動車用ステアリングギアボックスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ステアリングギアボックスの世界市場:用途別(電動式、油圧式、電気油圧式) ・自動車用ステアリングギアボックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ステアリングギアボックスの北米市場規模・予測 ・自動車用ステアリングギアボックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ステアリングギアボックスのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用ステアリングギアボ …
  • 世界のプロピレングリコール市場:由来別(石油ベース、バイオベース)、グレード別(工業用、医薬品)、最終用途産業別(輸送、建築および建設、食品および飲料、医薬品、化粧品およびパーソナルケア)、地域別
    MarketsandMarkets社は、プロピレングリコールの世界市場規模が2019年38億ドルから2024年47億ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のプロピレングリコール市場を広く調査・分析し、市場概要、由来別(石油系プロピレングリコール、バイオ系プロピレングリコール)分析、グレード別(不飽和ポリエステル樹脂、不凍液&機能性流体、液体洗剤、可塑剤、塗料&コーティング、食品&飲料、医薬品、化粧品、その他の用途)分析、最終用途産業別(交通、建築・建設、飲食料品、医薬品、化粧品、パーソナルケア、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のプロピレングリコール市場:由来別(石油系プロピレングリコール、バイオ系プロピレングリコール) ・世界のプロピレングリコール市場:グレード別(不飽和ポリエステル樹脂、不凍液&機能性流体、液体洗剤、可塑剤、塗料&コーティング、食品&飲料、医薬品、化粧品、その他の用途) ・世界 …
  • パーソナルケア製品の有効成分の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品の有効成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア製品の有効成分の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパーソナルケア製品の有効成分の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ashland• BASF• Croda International• Solvay等です。
  • デンタルフロスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デンタルフロスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デンタルフロスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:用途別(成長ホルモン欠乏症、プラダー・ウィリー症候群、ターナー症候群、在胎不当過小、その他)、投与経路別(静脈内、筋肉内、皮下、経口)、流通経路別(病院薬局、小売薬局、クリニック、 オンライン薬局)
    本市場調査レポートではヒト成長ホルモン(hGH)について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(成長ホルモン欠乏症、プラダー・ウィリー症候群、ターナー症候群、在胎不当過小、その他)分析、投与経路別(静脈内、筋肉内、皮下、経口)分析、流通経路別(病院薬局、小売薬局、クリニック、 オンライン薬局)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:用途別(成長ホルモン欠乏症、プラダー・ウィリー症候群、ターナー症候群、在胎不当過小、その他) ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:投与経路別(静脈内、筋肉内、皮下、経口) ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:流通経路別(病院薬局、小売薬局、クリニック、 オンライン薬局) ・ヒト成長ホルモン(hGH)の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 教育玩具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育玩具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、教育玩具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 教育玩具は、乳児から中学生までの子供の認知、社会的、感情、身体的な発達のための玩具です。教育玩具には、組み立てセット、アクティビティセット、算数・理科教材、DIYクラフト教材、粘土などがあります。教育玩具は、子供の知的発達を目的とし、特定のスキルや教科の理解の助けとなります。Technavio社は教育玩具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Mattel• Toys "R" Us • Engino• Learning Resources• LEGO等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"